安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>941号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------941号--2017.12.03------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「飲食店の完全禁煙化」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず、毎度おなじみのカンビロバクターの食中毒です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■奈良・橿原の居酒屋で女性6人が食中毒 3人からカンピロバク
ター検出

 奈良県は27日、同県橿原市内膳町の飲食店「六角鶏」で16日
に食事をした19〜20歳の女性6人が腹痛や下痢などの食中毒症
状を訴え、うち3人からカンピロバクターを検出したと発表した。
重症者はおらず、全員快方に向かっているという。

 県によると、女性らが食べたメニューには地鶏のお造りや塩ユッ
ケなど、未加熱の鶏肉が含まれていた。中和保健所は同店を27日
から3日間の営業停止処分とし、未加熱や加熱不十分な状態の鶏肉
の提供中止などを指導した。

http://www.sankei.com/west/news/171128/wst1711280009-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「鶏肉の刺身」を食べてはいけないという常識を無視して、結果
食中毒を出して店が潰れていく…。

 さて、今週はたまたまなんでしょうが、「自主回収」の記事が並
んでいました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■アーモンド飲料を自主回収 マルサンアイ、乳酸菌混入

 大豆加工食品のマルサンアイ(愛知県岡崎市)は24日、アーモ
ンド飲料「アーモンド・ブリーズ」で風味に異常が生じたとして、
約2万7千個を自主回収すると発表した。乳酸菌の一種が混入した
ためで、健康被害の報告はないという。

 対象は「アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用」と「アーモンド・
ブリーズ オリジナル」のいずれも1リットルパックで、賞味期限
が平成30年3月25日のもの。全国のスーパーなどで販売してい
る。

 11月中旬に複数の顧客から「酸味がある」と指摘を受けて調査。
製造委託先である飲料製造会社ゴールドパック(東京)のあずみ野
工場(長野県安曇野市)で9月27日に生産した商品で混入を確認
した。原因は調査中。

http://www.sankei.com/west/news/171124/wst1711240098-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ブリックパックに入った飲料で乳酸菌が出るというのは困ったも
のです。殺菌不良ということでしょうが、出たのが乳酸菌でよかっ
たですね。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■山崎製パンが「あんパン」自主回収 秋田の25店など

 山崎製パンは24日、秋田市のたけや製パンに製造を委託した商
品の一部に、パッケージには表記されていないピーナツクリーム入
りの菓子パンが混入していたことを明らかにした。秋田県の25店
と青森県の6店に同日納品された。ピーナツはアレルギー症状を引
き起こす恐れがあり、商品を自主回収している。

 山崎製パンによると、回収しているのは消費期限が26日、製造
所固有記号が「TK」の「十勝産小豆のつぶあんコッペパン(つぶ
あん&マーガリン)」。製造した83個の一部にピーナツクリーム
入りが混入した。購入した客からの指摘で判明し、急きょ回収した
が、17個が販売された。

 つぶあん入りの商品を製造後、同じラインでピーナツクリーム入
りを製造した際、パッケージの切り替えを忘れたのが原因だという。

http://www.sakigake.jp/news/article/20171125AK0002/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 人為的なミスのようですが、出荷まで気付かないのはいけません。

 「あん」と「ピーナツクリーム」を同じラインで製造していて、
先にあんの方を作り、なとからピーナツの方を作って、混入をふせ
ぐということをしていたようですが、人為的なミスはやはり起こる
ものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日清、カップそば自主回収 864食、容器取り違え

 日清食品は22日、20日に発売したカップそば「日清のどん兵
衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」の一部にカップうどんの容器を
誤って使っていたとして、864食を自主回収すると発表した。う
どんの容器にはアレルギー物質として「そば」が記載されておらず、
注意を呼び掛けている。

 回収対象は、関東工場(茨城県取手市)で10日に製造された商
品で、賞味期限は来年5月10日。人為ミスで生産ラインに「日清
御膳 肉だしうどん」の容器が混入し、抜き取り検査でも発見でき
なかった。顧客からの指摘で21日に発覚したという。再発防止の
ため全品検査を検討する。

http://www.sakigake.jp/news/article/20171122CO0131/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは実は「フタ」のみ間違っていたようです。商品名はフタを
見るわけですからね。

 表示と日付をライン上で見る、全面画像検査でも導入するのでし
ょうか。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■明星、カップ麺9万食を自主回収 別商品のラー油混入の可能性

 明星食品は22日、カップ麺の調味油に別の商品に使うラー油が
混ざっている可能性があるとして、9万食を自主回収すると発表し
た。食べても健康への影響はないという。

 回収対象は「明星 評判屋 コク豚骨ラーメン」で、賞味期限が
2018年4月13日と5月7日の商品。全国で販売された。20
日に購入した客から「スープの色が違う」との指摘があり発覚した。
明星は別の製造業者から調味油のパックを購入している。

http://www.sakigake.jp/news/article/20171122CO0102/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これも機械にセットするのを間違えたもののようです。中に入っ
てしまえば検査もできません。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ローソンのカップ味噌汁に漁網の断片か?苦情相次ぐ 11万個
を自主回収へ

 大手コンビニエンスストア、ローソンが今月23日まで販売した
自社製のカップ味噌汁に、異物が混入していたとして、同社は11
万3000個余りを自主回収すると発表した。

 自主回収の対象となるのは、ローソンが今月14日から23日に
かけて販売した「ローソンセレクトカップあおさのおみそ汁」11
万3454個。

 同社によると、商品を購入した5人の客から「ビニール状の紐の
ようなものが混入している」という苦情があり、調査した結果、あ
おさを収穫する際に使うポリエチレン樹脂製の漁網の断片である可
能性が高いことが判明した。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22848.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 あおさに漁網が入っているというのはよくあることではないでし
ょうか。商品に入ることを防ぐのは、それほど難しくはないと思う
のですが、そうでもないのかな。

 次は「卸売市場」の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■卸売市場、民営可能に=食品流通改革案−農水省

 農林水産省は29日、青果や魚を取引する卸売市場の運営方法を
抜本的に見直し、食品流通構造を効率化する改革案をまとめた。中
央卸売市場の開設・運営は現在、都道府県と市に限定されているが、
一定の条件を満たせば国の認定を受けて民間企業なども行えるよう
にする。農水省が自民党農林関係会合に提示した。年内にまとめる
方針。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112901291&g=eco
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 もう東京都にはまかせておけない、という声が聞こえてきそうな
ニュースです。築地市場は廃止、豊洲市場は民間売却して、東京都
(小池知事)には口出しさせない、とか(冗談です)。

 次は子宮頸ガンワクチンで推進派の論陣を張ってきた、医師・ジ
ャーナリストの村中璃子さんが、雑誌「ネイチャー」から表彰され
たというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■海外の一流科学誌「ネイチャー」 HPVワクチンの安全性を検証
してきた医師・ジャーナリストの村中璃子さんを表彰

□ネイチャーは日本の状況を、「このワクチンの信頼性を貶める誤
った情報キャンペーンが全国的に繰り広げられた」と厳しく批判。


 HPVワクチンの安全性を検証する発信を続けてきた医師でジャー
ナリストの村中璃子さんが11月30日(ロンドン時間)、イギリスの
一流科学誌「ネイチャー」元編集長の功績を記念したジョン・マド
ックス賞を受賞した。

 同賞は公共の利益のために科学や科学的根拠を広めることに貢献
した人に贈られている。

 ネイチャーは、HPVワクチンについて、「子宮頸がんやその他の
がんを防ぐ鍵として、科学界や医療界で認められ、WHO(世界保健機
関)に支持されている」と評価。

その上で、

「日本においては、このワクチンの信頼性を貶める誤った情報キャ
ンペーンが全国的に繰り広げられた。その結果、接種率は70%から1
%未満に落ち込んだ」と指摘し、日本の状況を厳しく批判した。

 そして、村中さんの言論活動を「困難や敵意に直面しながらも、
公共の利益のために科学や科学的根拠を広めた」と評価し、25か国、
100の候補者の中から選んだとしている。

 村中さんは、「人の命を脅かす言説を放置できないし、真実を伝
えることが役割だと思って書いてきた。今回の受賞が、日本では止
まってしまったHPVワクチンについての議論を外から動かす“黒船”
になれば嬉しい」とBuzzFeed Japan Medicalの取材に話している。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/rikomuranakajohnmaddoxprize
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 日本国の特殊事情といいますか、日本政府のあまりの弱腰に国際
的な避難が集まっています。

 反ワクチン派という反社会的勢力に主導権をとられてどうするの
ですか。

 でも、野党だけでなく、与党内にも結構トンデモな議員さんがい
るのですよね…。

 最後は「減塩の食卓塩」というニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ロングセラーの赤いキャップに 緑が仲間入り!

塩分 50%カット「食卓塩 減塩タイプ 90g」 来春 新登場

“にがり”を加えた減塩商品「食塩 減塩タイプ 200g」も同時発売

□商品名 食卓塩 減塩タイプ 90g

原材料名 天日塩(メキシコ)/調味料(無機塩等)、炭酸マグネ
シウム
内容量  90g
製造方法 溶解、立釜、乾燥、混合
栄養成分(100g あたり)
 熱量    54kcal
 たんぱく質 0g
 脂質 0g
 炭水化物 14g
 食塩相当量 48.6g
 カリウム 19,000mg

※カリウムを使用していますので、腎臓病や食事療養中の方は医師
にご相談の上、ご使用ください。

□商品名 食塩 減塩タイプ 200g

原材料名 海水(徳島県)/粗製海水塩化カリウム、粗製海水塩化
マグネシウム(にがり)、炭酸マグネシウム
内容量  200g
製造方法 イオン膜、立釜、乾燥、混合
栄養成分(100g あたり)
 熱 量    0kcal
 たんぱく質 0g
 脂質 0g
 炭水化物 0g
 食塩相当量 49.0g
 マグネシウム 500mg
 カリウム 24,000mg

※カリウムを使用していますので、腎臓病や食事療養中の方は医師
にご相談の上、ご使用ください。

http://www.shiojigyo.com/news/upload/newsrelease20171124.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 塩は赤いキャップのビンに入っているというイメージがあります
が、「緑のキャップ」も出るわけです。

 以前、腎臓内科に通っていたときに、「カリウム制限」の話も聞
きました。普通の人は気にしなくてもよいのですが、カリウムを制
限しなければならないようになったら、人工透析も目前だとか。

 そんな人が食卓塩を使うはずはありませんが、注意は必要だとい
うことです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今週は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「飲食店の完全禁煙化」
------------------------------------------------------------

 大手外食産業が、完全禁煙化に向けて舵をきろうとしているニュ
ースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■サイゼリヤ、全店を全席禁煙へ 19年9月ごろまで

 外食チェーンのサイゼリヤは27日、2019年9月ごろまでに
約1千店の全店を全席禁煙にする方針を明らかにした。厚生労働省
が20年の東京五輪・パラリンピックまでに受動喫煙対策を強化す
る法改正を検討しており、ファミリーレストランなどが規制対象に
なる可能性があるため、対策を急ぐことにした。

 来年2月以降に出す新店から、店内に喫煙スペースを設けるなど
して、客席は全席禁煙にする。既存店も順次改装し、客席はすべて
禁煙にする方針だ。

 法改正をめぐる議論では、喫煙席のある店で未成年の就労を規制
する案もある。10月に会見した堀埜一成社長は「高校生のバイト
が働けなくなる」と人手確保の面から懸念を示し、いずれ全店を禁
煙にする考えを示していた。

 外食チェーンでは、ロイヤルホストホールディングス(HD)や
日本マクドナルドHDが全席禁煙化を完了。日本ケンタッキー・フ
ライド・チキンも9割以上の店を全席禁煙にしている。

http://www.asahi.com/articles/ASKCW6JY5KCWULFA02C.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 また、こんな発表をしたケースもあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■<すかいらーく>通勤中の喫煙ダメ 12月から社外も禁煙令

外食大手「すかいらーくグループ」(谷真社長)は12月から、東
京都武蔵野市の本社オフィスを全面禁煙にすると同時に、社員に通
勤途中の喫煙を禁じる。社屋が禁煙化されても敷地外に出れば「抜
け道」になるケースが多いため、効果が注目される。

 すかいらーくグループは11月末で屋上や社内の喫煙スペースを
すべて廃止。さらに土日祝日を含め、最寄りの駅やバス停から本社
までの間で喫煙することを禁じる。電気加熱式たばこも対象。本社
には約300人が勤務し、幹部の大半が禁煙している。2014年
から「全社禁煙運動」を続けており、広報担当者は「自然な流れと
受け止められている」と説明する。

 ただ、私生活の自由に配慮して罰則は設けない。違反を確認して
も注意する程度だが、同僚の目につきやすい通勤路で吸いにくくな
る状況を想定している。社員には改めて「ご自身やご家族のために
少しでも早く禁煙し、健康生活を始めましょう」と呼びかけ、全面
的な禁煙を促す。

 すかいらーくグループはファミリーレストラン「ガスト」「ジョ
ナサン」など全国で3079店(5月現在)を展開し、各店舗で禁
煙または分煙を実施中。従業員約10万人の受動喫煙対策について
も検討している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000057-mai-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ガストは完全禁煙ではないので、まず店の方をなんとかしろ、と
思いますが、いずれそういう方向に進むはずです。

 未成年の従業員を喫煙席で働かすのは法律違反でしょうし、また
どの店でも喫煙席はガラガラです。

 現場から見て、喫煙席が存在することにメリットはないので、あ
とは本部の決断です。

 そういう意味で、赤字を出して窮地にあったマクドナルドが全店
禁煙に踏み切ったのは大したものだったと思います。

 大手チェーン店は追随あるのみ。私は大阪に出たときは今でも大
手チェーン店の店しか入らないようにしています。そういう店が完
全禁煙に踏み切れば、零細飲食店は衰退していくでしょうね。

 以下はそのあたりの考察です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■外食産業の全店禁煙が進む 進まないのは飲み屋ばかりか

 2020年の東京五輪開催に合わせ、厚労省が受動喫煙防止のための
法律を制定しようとしていましたが、ニコチンと献金中毒におかさ
れた自民党議員たちの妨害にあって頓挫していました。東京都の小
池知事も独自に条例化を進めています。

 そのような中で、「禁煙」がクローズアップされたことになりま
した。

 ようやくタバコを吸わない人たちの声が通り始めたのです。

 従業員にとっての受動喫煙も重大な健康被害であり、職場環境を
よくするためには禁煙は不可欠です。しかも喫煙人口は、今後、減
少していくことは確実であり、増えることはありません。

 禁煙席を希望する顧客が増えているし、そういったファミリーレ
ストランでも喫煙席なら先に案内できますがということにもなって
きています。

 そういった中で全店内禁煙が進んでいくことは、ある意味では必
然的なことでした。厚労省案に自民党議員が反対している構図がど
うかしているのです。

「自民党議員のみなさん、もの言うのが受動喫煙防止法案だけとい
うのは恥ずかしくないですか。」

 タバコを吸いたい人の自由はどうなるのか、という問題もありま
すが、もとより憲法上の問題ではありませんし、場所と時間を選べ
ば吸えるわけですから全く問題はありません。

 すかいらーくが通勤途中の従業員に喫煙を禁止するといっても罰
則はなく、自主的なものという位置付けですから、それ自体は禁煙
を促すという意味合いとして許容できるものです。

 ラジオの中で、「面接のときにタバコを吸うかどうかを聞かれて
も仕方ないことのなのか」という質問を受けましたが、私は、これ
も時代の流れであり、仕方ないことかと回答しています。

 これで採否を決めるかどうかはともかく、全社を挙げて禁煙に取
り組んでいることの説明(応募者は事前に知っておくべき内容では
ありますが)は不可欠でしょう。

 実際、タバコを吸う人たちが勤務時間内に頻繁に業務を中座して
いることに対する他の従業員の不満が高まっているのですから、採
否にあたっての1つの判断要素にはなり得るものです。

 賃貸借契約における原状回復の範囲でもタバコのヤニによる汚れ
についても2011(平成23)年に国土交通省のガイドラインが変更さ
れ、賃借人の負担となりました。

「タバコのヤニは論外? 賃貸物件明け渡しのときの原状回復義務」

 こういった流れを止めることはありえません。

 喫煙者に求められていることは、時と場所を考えて喫煙してもら
いたい、タバコの煙、臭いを嫌っている人が多数いるということを
自覚してもらいたい、ただそれだけです。

 最後の抵抗勢力が飲み屋と自民党議員です。

http://blogos.com/article/261769/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■飲食店を全面禁煙にすると店の売上げは下がるのか

□昨年の厚労省案からの大幅な後退

 厚生労働省が受動喫煙防止策として、店舗面積150平方メートル
以下の飲食店での喫煙を認める新たな案を自民党と調整しているこ
とが16日分かった(参考記事:東京新聞 11月16日)。

 今回検討されているとされる新たな案は、飲食店内は原則禁煙だ
が、店舗面積150平方メートル(客席100平方メートル、厨房50平方
メートル)以下であれば、飲食店側の判断で喫煙を認めることが出
来るという注釈が付く。

 ただし、喫煙を認める店では客も従業員も20歳未満の立ち入りを
禁止する。これは既存店舗のみの臨時措置で、新規開業や大手チェ
ーンの店舗では全面禁煙となる。また、150平方メートル以上の店
舗の場合は、喫煙専用室を設置すれば喫煙を認める。

 10月24日、政府は今後6年間の国のがん対策の指針となる「第3
期がん対策推進基本計画」を閣議決定した。受動喫煙対策に関し
「受動喫煙ゼロ」も検討されたが、数値目標の記載が見送られて実
質的に断念した。今回新たに変更となった「150平方メートル以下」
という基準は、これまで厚労省が示していた当初案の「30平方メー
トル以下」から大幅に後退する内容で、これに反発して対案として
出された自民党案と合致する。厚労省が自民党に押し切られた形だ。

□世界から大きく遅れをとっている日本の受動喫煙対策

 2003年に世界保健機関(WHO)にて全会一致で採択された「たば
この規制に関する世界保健機関枠組条約」では、締約国数が条約の
発効要件である40ヶ国を遥かに超える168ヶ国に達した。日本も参
加しており、たばこのパッケージに警告文を大きく表記したり、成
人認証のICシステム「taspo」も導入している。

 この条約の中に「たばこの煙に晒されること(受動喫煙)からの
保護に関するガイドライン」があり、批准国はそのガイドラインに
沿って国内法を整備して環境を整えなければならない。

 国外に目をむけると、2004年にアイルランドが公共機関の屋内全
面禁煙を決定以来、2015年までのあいだに49ヶ国が屋内完全禁煙法
を定めている。

 しかしながら、日本はまったくと言っていいほどその対応が遅れ
ている。2010年に神奈川県、2012年に兵庫県で全国に先駆けて条例
による受動喫煙防止の取り組みが実施され一定の効果が上がったこ
とは事実だが、分煙も認めていたり小規模施設では努力義務である
ことから、完全な防止策にはなり得ていない。分煙では健康被害防
止の効果が期待出来ないということから、「屋内では完全禁煙」が
世界の常識になっているのだ。

□飲食店を完全禁煙にすると売上げは下がるのか

 今回、とくに対応が遅れていると指摘されているのが飲食店にお
ける受動喫煙防止対策である。飲食店の中でも居酒屋やバーなどの
喫煙率は7割に達するとも言われており、喫煙客離れが懸念されて
いることが対応の遅れを生んでいる。民間調査機関が飲食店にとっ
たアンケートからは、「外食産業で8,401億円の売上減、55.9%の客
数減」が予想されている(参考資料:株式会社富士経済 2017年3
月7日)。

 しかしながらこれらの数値は飲食店側だけにアンケートした結果
に基づく予測でしかなく、消費者側の意見は反映されていない。

 飲食店を完全禁煙にすると売上げは下がるのか。JTの調査による
と、2017年5月現在の全国の喫煙者率は18.2%(男性28.2%、女性9.0
%)である(参考資料:JT 2017年「全国たばこ喫煙者率調査」2017
年7月27日)。

 つまり8割以上の客は非喫煙者ということになる。店を完全禁煙
にした場合、2割の喫煙客を失うかもしれないが、8割の非喫煙客
にリーチする可能性が高まるのだ。

 また、喫煙者の中でも食事の時には喫煙をしないという人も増え
ているので、実際に失う喫煙客はそれよりも低いだろう。

 当然のことながら既存客を考えた場合、上記の比率はそのまま適
用されない。例えばこれまで5割の喫煙客がいた店の場合は5割の
喫煙客を失うリスクがある。前述したアンケートの結果もその懸念
から導き出されたものだ。その場合、一時は売上げが下がるかもし
れないがそれを埋めるか上回る非喫煙客の来店が期待出来る。

 さらに完全屋内禁煙化した飲食店の場合は、従業員確保も容易に
なることが予想できる。受動喫煙を嫌うのは客だけではなく従業員
も同じだ。

 国や地方自治体がどのような策を打つのかを見守っている飲食店
も多いと思うが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向
けて、受動喫煙防止の流れは確実に高まっていく。屋内完全禁煙が
一般的になっている諸外国から来る観光客などが選ぶのはどういう
店なのか。諸外国に遅れをとっている行政に付き合うことなく、い
ち早く諸外国なみの基準を取り入れた飲食店が選ばれるのは明確だ。

 多くの非喫煙客の来店が見込まれ、外国人観光客にも選ばれ、従
業員確保もできる。飲食店が取るべき答えはひとつしかないと思う
のだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ymjrky/20171125-00078228/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 大手チェーン店の敬虔からすれば、完全禁煙化すれば必ず売上が
上がります。

 二割を叩き切って、八割を相手に商売するという道を選ばない理
由はないですね。

 しかもその二割はこれからどんどん減っていきますし、店にきて
も客単価が低く、マナーが悪く、長時間粘る客です。なに一つよい
ことはありません。

 最後に、「禁煙外来」をやっている病院が処分をくらった理由が
情けないニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■禁煙外来病院で、職員ら日常的喫煙…診療報酬返還へ

 島根県江津市の済生会江津総合病院(300床)が、禁煙外来を
設けながら職員らが日常的に敷地内で喫煙し、保険適用が認められ
る基準を満たしていなかったとして、診療報酬を返還することがわ
かった。

 日本禁煙学会(東京)によると、病院敷地内の喫煙を理由に禁煙
治療の診療報酬が返還されるのは異例という。

 厚生労働省は、禁煙治療に保険適用を受ける病院に対し、敷地内
の全面禁煙を条件にし、分煙も認めていない。

 済生会江津総合病院によると、厚労省中国四国厚生局島根事務所
(松江市)に「職員らが喫煙している」と情報提供があり、同事務
所職員が8月23日、病棟北側の裏口近くなどで複数の職員らが喫
煙しているのを確認。同事務所は「保険適用の基準を満たさない」
として禁煙外来の休止と診療報酬の返還を指導した。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161003-OYTET50003/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 馬鹿すぎて笑える案件ですね。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 食品メーカーの方から、製品の殺菌についてのご質問をいただい
たのですが、私は個別の技術的なことについて回答できる立場では
ありませんので、回答はしていません。あしからずご了承ください。

 金曜日は朝から内科の診察、抗ガン剤投与、午後には眼科の診察
と一日病院でした。再来週の金曜日に白内障の手術が決まりまして、
次々回を書くときは片目です。残りの片目は1月に手術します。こ
わいですね…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-941号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/