安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>883号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------883号--2016.10.09------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「誤報いろいろ」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 今、ネットで話題のこんな「事件」です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■大阪のすし店、外国人客に過剰わさび ネット炎上で謝罪

 大阪・ミナミのすし店「市場ずし難波店」(大阪市中央区難波3
丁目)で、外国人客に対してわさびを多めに入れたすしを提供して
いたとして、店を経営する藤井食品(大阪府茨木市)は2日、店の
ホームページに謝罪文を掲載した。インターネット上で「日本語の
できない客への嫌がらせ」などの批判が相次いでいたが、同社は
「差別的な意図は全くない」と否定している。

 難波店によると、外国人客からわさびの増量を求められることが
多く、1〜2年前から確認せずに通常の2倍程度に増量していたと
いう。同店には1日以降、批判の電話や無言電話が数十件寄せられ
ていた。今後は別添えにする方式に切り替える。

http://www.asahi.com/articles/ASJB26J7HJB2PTIL00M.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうもこれは誤解から生じた「事件」が悪意で拡散されたもので
はないかと思います。

 わさびの辛さはちょっと不思議で、日本人以外で辛さをほとんど
感じないらしい人がいることは事実です。

 そういう人がわさびを多い目に入れてほしいと言っていたのが発
端で、外国人と見ると多い目に入れていたというのが真相のようで
す。

 当然、辛すぎる人もいるので苦情になり、その上誰かが大量のわ
さびを仕込んだ写真をアップしたので、「事件」になったと考えて
います。

■市場ずしの画像検証 別添えわさびを客が盛った可能性が出てき
ました。メディアはちゃんと取材したのか?

http://togetter.com/li/1032735

 これは同じように考えた人が、報道された写真に疑問をもってい
るという記事です。

 この後、バスの切符に「キム・チョン」と書かれたという事件?
もありましたが、たぶん同根で、火のないところに騒ぎを起こそう
としているように思います。

 次は自主回収のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■炊き込みご飯の素を自主回収 殺菌不十分で出荷

 きのこの生産や加工をしている食品メーカー、最上まいたけ(本
社・山形県鮭川村、荒木正人社長)は東日本を中心に販売している
「炊き込みご飯の素」シリーズなど6品目を、殺菌が不十分なまま
出荷したとして自主回収すると9月30日に発表した。現時点で健
康被害などの連絡はないという。

 同社によると外部機関による検査で殺菌装置の作動不良が判明し
た。7月19日〜9月21日に製造した7563個の商品(賞味期
限2017年1月15日〜3月21日)に影響があるという。出荷
先は東北6県、茨城、栃木、神奈川、静岡、山梨、新潟、千葉の各
県と東京都、大阪府。

 回収する商品は、「炊き込みご飯の素」シリーズの釜めし膳(き
のこ)▽同(舞茸(まいたけ))▽同(やまぶしたけ)。スーパー
「ヨークベニマル」向けに出荷している炊き込みご飯の素 釜めし
膳(五目)▽同(きのこ)▽同(舞茸)も回収している。

http://www.asahi.com/articles/ASJB13K2ZJB1UZHB007.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 包装してから殺菌していると思いますが、その殺菌釜が不具合を
起こして加熱不足だったということでしょう。

 でも不思議なのは「炊き込みご飯の素」ですから、当然使用時に
加熱が必須の食品です。加熱せずに食べる食品とは求められるレベ
ルが違うので、回収する必要があったのか?という素朴な疑問です。
販売中に袋が膨らんでくるほど殺菌ができていなかったのでしょう
か?

 どなたかわかる人があれば、教えてください。

 次は「産地偽装」の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「丹波篠山牛」足りない…神戸ビーフを偽装表示

 JA丹波ささやま(兵庫県篠山市大沢)は30日、運営する農産
物直売所「味土里館」(同市東吹)で、兵庫県内産の神戸ビーフや
但馬牛を、篠山市内の農家が育てた但馬牛を認定した地域ブランド
牛「丹波篠山牛」と偽装表示して販売した、と発表した。偽装表示
は最近2年間で仕入れ量の約2割を占めていた。

 丹波篠山牛はコクや香ばしさから地元で人気があり、同館では神
戸ビーフや但馬牛の一般価格より安価で販売している。丹波篠山牛
が不足した際、仕入れ担当の契約職員が行っていた。仕入れや販売
はこの職員が1人で担当し「4、5年前からやっていた」と話して
いるという。

 定期的な内部点検で発覚。2015年度から16年度8月末まで
の仕入れ21トン中4トンで偽装表示が行われていた。同JAの澤
本辰夫代表理事組合長は「内部管理やチェック体制が甘く、消費者
や組合員の信頼を裏切ってしまった」と謝罪。売り場担当者と管理
職を増員し、再発防止に努めるとした。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201609/0009541091.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「丹波篠山牛」の法が「但馬牛」「神戸ビーフ」より評価高いと
いうことはないと思うので、単に量が足りなくなったから、似たよ
うなもので代替していたということでしょう。

 「丹波篠山牛」を「但馬牛」「神戸ビーフ」より安い価格で売っ
ていたのに、中身は「但馬牛」「神戸ビーフ」だったという、冗談
のような話です。

 「景品表示法の課徴金」について、以前に紹介しましたが、たぶ
ん課徴金の対象にはならないだろうな、と思う事件でした。

 次は「植物工場」の話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■東芝、植物工場を閉鎖=価格高で赤字続く

 東芝は6日、レタスなどの野菜をほぼ無菌状態で育てる植物工場
「東芝クリーンルームファーム横須賀」(神奈川県横須賀市)を12
月末で閉鎖し、野菜の生産から撤退すると発表した。露地栽培の野
菜より価格が高いため販売が伸びず、赤字が続いていた。

 植物工場は、旧フロッピーディスク工場の建物を転用し、蛍光灯
の光でレタスや水菜などを栽培していた。2014年秋に生産を始め、
当初は1日約8400株を出荷したが、「露地物と差別化できず顧客が
付かなかった」(広報)という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000122-jij-bus_all
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 エネルギー問題さえ解決していけば、未来はこのような形になる
という予想はあるのですが、現時点では時期尚早で、先日も豊作で
穀物価格が下がっているという話題がありましたが、既成の農業の
底力も大したものです

 最後は中国ネタです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■賞味期限切れのインスタント麺を食べ腹痛に、男性がメーカーに
6800万円の賠償を要求したが…―中国

 2016年9月30日、央視新聞によると、賞味期限切れのインスタン
ト麺を食べて体調を崩した男性がメーカーを脅迫したとされる事件
について、このほど行われた二審で被告の男性に懲役5年の判決が
下された。

 2014年12月、黒竜江省に住む李海峰被告は、スーパーで今麦郎社
のインスタント麺を購入して食べたところ、下痢や腹痛などの症状
が出た。李被告が確認すると、購入したばかりのインスタント麺は
賞味期限が1年近く過ぎており、調味料の袋に異物らしきものが混
入しているのを発見した。

 李被告は同社に対して450万元(約6800万円)の賠償金の支払い
を求めた。同社は一定額の賠償には応じる姿勢を見せたが、李被告
の要求があまりにも高額だったため拒否。すると、李被告は西安市
にある検査機関に調味料袋の検査を依頼。中から水銀や亜硝酸塩が
検出された。この結果を同社に報告すると、賞味期限切れの商品を
検査すること自体に意味がないと取り合ってもらえなかった。

 李被告は中国版ツイッター・微博で18回にわたって「今麦郎社の
製品には発がん性物質が含まれている」とつぶやいたほか、協議中
だった同社の担当者に「メディアに連絡した。この事実を公表する」
などとするメールを送った。

 2015年3月、同社は李被告に恐喝されたと公安局に届け出、李被
告は拘束された。同年12月に行われた一審では、李被告に懲役8年
6カ月の判決が下されたが、このほど行われた二審では、一審の判
決はやや重いとして懲役5年の判決が下された。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161001/Recordchina_20161001036.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 適当な額の見舞金くらいで手を打っておけばよかったのに、腹痛
で6000万円では恐喝と言われてもしかたありません。

 この記事のうち、参考になるのは「賞味期限切れの商品を検査す
ること自体に意味がない」というところです。

 賞味期限はメーカーの保証期限です。それを過ぎたものを食べる
のは勝手ですが、食べた後のことはメーカーの責任ではありません。

 購入したばかりで賞味期限を一年以上過ぎていた、ということな
ら、メーカーではなく販売店の責任です。でも、販売店には賠償を
要求していないようですから、それも怪しいですね。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「誤報いろいろ」
------------------------------------------------------------

 毎日新聞の10月4日朝刊に、こんな訂正記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■訂正します

9月25日朝刊一面「ダム底 高濃度セシウム」と同三面の記事で、
表層の水が「1リットルあたり1〜2ベクレル」、三面の図で「1.
63ベクレル/リットル(表層水)」とあるのは、いずれも「検出下
限未満」の誤りでした。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 何のことかわからないので、以下をごらんください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 毎日新聞は9月25日付朝刊1面トップで「ダム底 高濃度セシウム
/福島第1周辺 10カ所8000ベクレル超」と見出しをつけ、福島第一
原発周辺のダムの底に放射性セシウムが高濃度でたまり続けている
問題について、3面「クローズアップ」とあわせて詳しく報じた。
この中で、ダム表層の水のセシウム濃度を1リットルあたり「1〜2
ベクレル」と記し、大柿ダム(福島県)の図にも昨年11月16日採取
分として「1.63ベクレル/リットル(表層水)」と記載。しかし、
いずれも「検出下限値未満」の誤りだったとして、10月4日付朝刊1
面に訂正記事を掲載した。ニュースサイトの記事も上書き修正(図
は削除)されたが、訂正した旨の説明はなかった。

 「検出下限値」とは検出できる最小量を意味し、「検出下限値未
満」とは対象物質を検出できなかったこと(不検出)を意味する。
毎日新聞の記事は、ダムの底だけでなく表層水からも微量ながらセ
シウムが検出されていたとの誤解を与えるものだった。

 毎日新聞が今回の記事化にあたって参照したのは、環境省がウェ
ブサイトで公表している水質モニタリング結果とみられる。そのう
ち福島県の調査結果の資料には、大柿ダムの昨年11月16日採取分の
表層水(水深0.5メートル)の測定結果として、セシウム134は「<
0.75」、セシウム137は「<0.88」と記載されていた。記事に書か
れた「1.63ベクレル/リットル(表層水)」はこの2つの値の合計
値とみられる。だが、「<」の記号について、環境省の調査概要の
資料では「不検出の結果については、検出下限値を四捨五入して有
効数字2桁とした値に"<"を付して示した」と説明されていた。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161004-00062885/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 セシウム134と137の「検出限界」の数値を、検出値と思っ
て、足し算した結果が「「1.63ベクレル/リットル(表層水)」な
のですね。0.75+0.88=1.63でぴったり合っているので、疑問の余
地はありません。

 書いた記者が「不等号」の意味を知らなかったということなので
すが、ちょっと信じられない思いです。

 それ以前に、「不検出」=「検出限界未満」であるという認識も
なかったのではないかと思います。検出した値が「0」であること
が「不検出」だと思っている人は案外いるものです。

 以下は以前の「女性セブン」の誤報なのですが、「検出限界」が
らみということで紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

2013/10/22(火)

 今月発売された週刊誌の中で、和歌山県産の「トマト」や「桃」
から放射性物質が検出されたという記事が掲載され、県は事実に反
するとして出版社に抗議しました。出版社は誤りを認め、県に謝罪
することにしています。

 記事が掲載されたのは、小学館が今月10日に発売した週刊誌
「女性セブン」で、和歌山県産の「トマト」と「桃」に1キログラ
ムあたり20ベクレルの放射性物質が検出されたと掲載されました。

 県の検査では、これらの食品からは一度も放射性物質が検出され
ておらず、県が出版社に問い合わせたところ、厚生労働省が公表し
ている検査結果のデータを誤って記事にしたことがわかったという
ことです。

 女性セブン編集部によりますと、厚生労働省のデータでは放射性
物質が検出されていない場合でも「20ベクレル未満」などと表記
されますが、これを担当者が20ベクレル検出されたと誤解して記
事を掲載したということです。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382430209/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 雑誌記者の科学的知識というのは、この程度だということです。
こんな人たちの書いた「健康記事」など信じてはいけません

 以下は毎日新聞の記者で、この記事が出た直後から訂正記事が必
要と主張していたという、斗ヶ沢記者の発言です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「表層水1リットルから1・63ベクレルが検出されたのではなく、
表層水からは検出されませんでした」といった訂正の意味が分かる
表現が必要だと考えます。また、なぜこうした間違いが発生したか
の理由(記者が検出限界の「<」について理解していなかった等)
の明記も求められます。

https://twitter.com/hidetoga/status/783214543287693312
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 というようなことで、再度訂正記事が出たようです。(紙面では
未確認)

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■説明します「ダム底 高濃度セシウム」4日朝刊の訂正について

 9月25日朝刊「ダム底 高濃度セシウム」の1面と3面の記事
について、4日朝刊1面に訂正文を掲載しましたが、不十分な点が
ありましたので改めて説明します。

 この記事は環境省の調査をもとに、東京電力福島第1原発の周辺
にある10のダムの底に、放射性セシウム濃度が1キロ当たり80
00ベクレルを超える土がたまり続けている問題点を指摘しました。
その上で、表層の水の濃度は国の飲用水基準(1リットル当たり1
0ベクレル)を大きく下回る現状を伝えました。

 その中で、表層水の濃度を「1リットル当たり1〜2ベクレル」、
3面の図で2015年11月16日採取の大柿ダムの表層水を「1
リットル当たり1.63ベクレル」としたのは誤りでした。記事や
図の数値は、同省調査のセシウム134と137の濃度の検出下限
値(測定器で検出できる下限の値)を誤って足したものでした。実
際の調査結果は不検出(検出下限値未満)でした。

 検出下限値の意味を十分に理解しないまま同省のデータを引用し、
社内のチェックも不十分でした。今後は事実関係の確認を徹底しま
す。

http://mainichi.jp/articles/20161006/ddm/012/040/042000c
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ミスは誰でもやりますが、うっかりミスで無知がバレてしまった
というのは恥ずかしいですね。

 ついでに毎日新聞の訂正記事。このところミス続きです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 毎日新聞は9月30日付朝刊1面に「盛り土計画 変更時期不明」と
見出しをつけた記事を掲載した。その中で、豊洲市場の主要建物下
に盛り土がなされなかった問題を調査している東京都が「建物の設
計を担当した会社に直接のヒアリングの協力を得られなかった」と
報じたが、実際は、会社はヒアリングに応じており誤りだったとし
て10月1日付朝刊で訂正した。

http://gohoo.org/16100101/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 同じ時期に東京新聞の誤報もありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 東京新聞は9月24日付夕刊1面で「豊洲地下 大気から微量ベンゼ
ン」と見出しをつけ、建物下の地下空間(地下ピット)で15〜16日
に採取した大気を検査した結果、環境基準を下回る微量のベンゼン
を検出したと発表したことを報じた。その中で、地下空間から採取
した水の検査でも「微量のベンゼンを検出した」と報じたが、「不
検出」だったとして25日付朝刊で訂正した。

 東京都中央卸売市場が24日発表した資料には、3箇所の地下ピッ
トの水と6箇所の井戸水の水質検査結果が記されていた。それによ
ると、15日採取した地下ピットの水は3箇所ともベンゼンは「不検
出」となっていた。

 井戸水は5箇所から0.002〜0.008mg/L(1リットルあたりミリグラ
ム)のベンゼンが検出されていたが、環境基準の0.01mg/L未満だっ
た。一方、大気検査は6箇所の地下ピット、3箇所の1階地下ピット
入口部分で実施されていたが、0.0005〜0.0025mg/m3(1立方メート
ルあたりミリグラムのベンゼンが検出されていたが、※環境基準の
0.003mg/m3だった。

 担当記者が、井戸水からベンゼンが検出された結果を地下空間か
ら検出されたものと誤解した可能性がある。

 なお、東京都中央卸売市場は9月13、14日に行った地下空間の水
質検査の結果も発表しているが、いずれも有害物質は不検出もしく
は環境基準値を下回る結果となっている。9月29日には地下水モニ
タリングの検査速報値を発表し、201箇所の観測井のうち2箇所から
ベンゼン0.0011?0.0014mg/L、1箇所からヒ素0.0019mg/Lが検出され
た(いずれも環境基準値をやや上回る)としている。

http://gohoo.org/16100102/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この紹介記事自体もひどい文章で、「※環境基準の0.003mg/m3だ
った。」は「※環境基準の0.003mg/m3未満だった。」という意味で
しょう。(※は私が追加)おまけにこの文には「)」(カッコトジ
ル)がない…。

 地下ビットの水はすべて不検出(検出限界未満)で、井戸水では
6箇所中5箇所で検出限界以上だが環境基準以下のベンゼンがあっ
たというのが事実です。

 これは単なる勘違いということでしょうが、どうも井戸水と建物
内の水との区別がついていないようでもあります。

 東京の地下水(井戸水)で環境基準に適合しているものは、それ
ほどは多くないはずです。だから、上水道のある町で、井戸水を飲
用水として使うのは愚の骨頂というものなのです。

 建物内の水は井戸水よりきれいだったとしたら、何の問題がある
というのでしょうか。馬鹿騒ぎもいい加減にしてほしいものです。

 一連の「新市場」の報道では、こんなツッコミもありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■豊洲新市場の柱の傾きに関して、フジテレビ『新報道2001』にお
ける「捏造」疑惑

□番組の流れ

 今回検証に用いたのは、YouTubeにアップロードされていたこち
らの動画です。まず番組冒頭で、この「柱が傾いている疑惑」が報
じられます。関連箇所を文字起こししました。

(1:59より、VTR映像)

ナレーター「こうした問題は何も地下空間だけではない。我々はあ
る一枚の写真を入手。あれ、柱が傾いている。」

大島由香里アナ「えー中央区の、渡辺区議から提供していただいた
この写真なんですけども、豊洲市場加工パッケージ棟のこちら、4
階の写真なんですけれども、柱がですね、このように真っ直ぐ立っ
ている中で、この柱がちょとこっちに傾いているようにも見える
(「確かに見えますね」)写真があります。」

(中略)

□広角パース

 では、この報道の内容にツッコミを入れていきます。

 まず問題の発端、区議が撮影したという写真ですが、これは明ら
かに「広角パース」のついた写真です。完全に垂直に立つ柱がこの
ように写るのはよくあることですし、この画像からは豊洲市場の柱
に問題があるかどうかは全くわかりません。

 建造物などを、カメラを下向きに傾けて撮ると、垂直線が上から
下に向けてすぼまっていくパースがついて写ります。結果として、
柱などが一見「傾いている」ように見える写真になります。これは、
あらゆるカメラ・レンズで起こることです。スマホカメラを使って、
その辺の壁の模様なりドアなりで試してみて下さい。ちょっとでも
カメラを下に傾けると、垂直線が下に向けてすぼまっていくのがわ
かるはずです。

(中略)

□スタジオで使用された写真は加工されている?

 しかし、もっと深刻な疑惑があります。番組内VTRが終わった後、
場面はスタジオ内に移ります。そこでは説明用のボードが用意され、
その中に「柱が傾いている」写真も載っています。しかしこの写真、
見る限りどうもVTRで用いられたものと違うんですね。

(中略)

 まあ、簡単に言ってしまえば、これはおそらく区議から入手した
画像を、スタッフが回転させています。画面右側の柱が真っ直ぐに
見えるよう加工して、左端の柱が「傾いている」ことが際立つよう
にしています。(そこまでやったんだったらどうしてVTRの中の画
像はそのままなんだ、と悩みますが)

 画像の回転加工自体は僕もよく利用します。しかし問題なのは文
脈です。今回は「柱が傾いているのか?」という疑惑を報じる報道
番組が、その唯一の証拠である画像を傾けて使っていた、という疑
惑が生じています。これが事実であるなら、到底許容されるもので
はないと思います。

 最後に一言。こんな雑な「報道」、視聴者は相当ナメられてると
感じます。豊洲新市場移転問題に関する立場に関わらず、こんなに
いい加減に不安を煽るようなやり口には抗議していかなければなり
ません。最後に損をするのは自分達なんですから。

http://bluelines.hatenablog.com/entry/2016/10/03/003359
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 柱が傾いているかどうかは、現地に行けば誰でも即座に判別でき
ることなのに、当事者たちもガセは承知の上でネタを盛っているの
でしょう。これは誤報ではなくて、捏造というものです。

 反撃されないとわかっていると、ウソを平気で言うのがマスコミ
の習性だと、誰かが言っていましたねえ。

 築地市場移転の問題に関しては、いろいろと騒ぎすぎて、何が問
題かすらわからなくなっているのが原因にあると思います。

 混乱していて、たいしたネタがないときは、静観するのがよろし
いかと。もう少しまともなネタは、探せばいくらでもあると思いま
す。

 最後に、「移転問題」に関しては、小池知事も十分点数を稼いだ
と思いますので、そろそろ次に進むべきところです。結論は最初か
ら移転するしかないのですから。(移転せずに築地市場を廃止する
のが最善だという説もありますが、現市場を存続させる選択はあり
得ないでしょう。)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 前回の記事について、畝山さんの「食品安全情報blog」で言及が
ありました。畝山さんも読んでくれているのだとうれしく思いまし
た。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20161003#p7

 土曜日は孫の幼稚園の運動会で、久しぶりにずっと戸外にいて疲
れました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-883号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/