安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>881号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------881号--2016.09.25------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「食品表示法施行から一年半」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず、前回の記事について、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつもメール楽しみにしています。

 先週のメルマガで、老人施施設のキュウリ由来O157食中毒の
件で、

 「以下の記事では「6人」になっていますが、6人目の死者が出
たというニュースは確認できませんでした。」

とありましたが、東京都と千葉県のHPに以下の発表があります。

 羽村市で1名と市原市で5名の計6名です。

ご参考までに。

市原市5名死亡
https://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/press/2016/h2809014.html
羽村市1名死亡
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/09/02/04.html

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 なるほど、私の勘違いだったわけですね。一ヶ所で6人目の死者
が出たのかと早とちりしてしまいました。二ヶ所「合わせて」とい
うことなら納得です。ご指摘ありがとうございました。

 この件に関しては、当の新聞記者からもメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 高齢者施設の食中毒の記事を書ききました産経新聞の平沢です。

 記事をよんでいただければ分かるはずですが、死亡者数は市川市
の5人と羽村市の1人を合わせた数字です。

 確認できないという書き方ではこちらが間違っているように思わ
れ、記事の信憑性にもかかわります。

 訂正した文章の配信をお願いします。

産経新聞文化部
平沢裕子

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 信じられないかもしれませんが、これがメールの全文です。新聞
記者というのはこんな物言いをするものなのですね。(知っていた)

 この件に関しては、こんな記事も出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■厚労省、生野菜の殺菌徹底を通知 老人ホーム食中毒受け

 千葉県市川市と東京都羽村市の有料老人ホームで腸管出血性大腸
菌O(オー)157による集団食中毒で計6人が死亡したのを受け、
厚生労働省は16日、高齢者施設で野菜を加熱せずに提供する場合、
次亜塩素酸ナトリウムでの殺菌を徹底するよう、都道府県などに通
知した。

 同省によると、両施設で8月22日に提供された「きゅうりのゆ
かり和え」を食べた84人が下痢や血便などの症状を訴え、うち8
0〜90代の男女6人が死亡した。キュウリは、生産や流通の過程
で汚染された可能性があるという。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9J4WMYJ9JULBJ013.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「生野菜は殺菌が必要」というのは、家庭でも同じと思いますの
で、家庭用の生野菜殺菌剤なんかが発売されると効果があるように
思います。

 次は「トクホ」関連です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■トクホ、初の取り消し…報告怠り「悪質性高い」

 消費者庁は23日、日本サプリメント(大阪)が販売している特
定保健用食品(トクホ)のサプリメント「ペプチドエースつぶタイ
プ」など6点が、関与成分の含有量が必要な量を満たしていないな
どとして、表示許可を取り消した。

 取り消しは1991年に制度が始まって以降、初めて。

 同庁によると、商品にはカツオ節由来の関与成分が1日摂取目安
量で5ミリ・グラム含まれるとして、「血圧が高めの方に適した食
品」と表示していた。しかし同社が自主検査したところ、5ミリ・
グラムに満たないことが2014年3月に判明。「糖の吸収をおだ
やかにする」と表示した別の商品では、関与成分が含まれていない
ことが分かり、合わせて今月15日に同庁に報告していた。同庁は
「2年以上報告を怠り、悪質性が高い」としており、異例の取り消
しに踏み切った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00050093-yom-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 トクホ6点が取り消しということですが、同じメーカーの商品の
ようです。以下はメーカーの「おわび」です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ペプチドシリーズについてのお詫びとお知らせ

 このたび、弊社の販売する対象商品(特定保健用食品)ペプチド
シリーズにおいて、関与成分として記載されているLKPNMの含
有量が規格値を満たさない疑義があること等が、弊社の自主検査に
より判明いたしました。弊社は、これを受けて、対象商品について、
特定保健用食品としての販売を終了いたします。

 商品をご愛用いただいておりますお客様にはご迷惑をお掛けし、
深くお詫び申し上げます。

<経緯>

 弊社において、特定保健用食品としての表示許可をいただいてお
りますペプチドシリーズについて、様々な角度から自主的に検証を
行ってまいりました。その結果、同シリーズの関与成分として記載
されているLKPNMの含有量が規格値を満たさない疑義があるこ
と等が判明したため、消費者庁にその旨報告すると共に、特定保健
用食品としての販売を終了することといたしました。

 なお、対象商品には、「本品はかつお節オリゴペプチドを配合し
た食品で、血圧が高めの方に適した食品です。」と表示されていま
す。かつお節オリゴペプチドが血圧が高めの方に適した食品である
ことは、ACE阻害活性の値から判断することができます。

 そして、弊社が販売した対象商品はかつお節オリゴペプチドを含
むものであり、かつ、原料(かつお節オリゴペプチド)レベルにお
いてACE阻害活性の必要値が満たされていることを確認しており
ます。

<対象商品>

ペプチドエースつぶタイプ、ペプチドエースつぶタイプハーフサイ
ズ、ペプチド茶、ペプチドストレート、ペプチドスープEX

http://www.nippon-sapuri.com/news/20160917_p.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 自主検査で判明したことを消費者庁に報告した、というのは本当
のようですが、報告が遅くて悪質だ、と判断されたようです。

 うまく終売まで持っていけたようですね。

 次は「輸入米価格偽装」の続報です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■輸入米入札を一時見合わせ 農相、実態調査終了まで

 山本有二農相は23日の閣議後の記者会見で、輸入米の売買入札
で不透明な取引があった問題に関し、農林水産省が実態調査を終え
るまで、入札の実施を一時見合わせる考えを示した。

 問題とされるのは、海外のコメを国の管理で輸入する「売買同時
入札」(SBS)。業者がリベートを使って国が管理する価格より
安く市場に流通させた可能性があると指摘されている。本年度は9
月7日に初回の入札が実施されており、例年、月1回程度のペース
で行われているが、山本氏は「問題点を把握するための重要な調査
なので、終了まで入札を行うつもりはない」と述べた。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0319146.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 制度の維持ができるかどうか、微妙なところのようです。

 最後は「朗報」です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■台風耐え大サイズ 北海道でタマネギ、ジャガイモも収穫進む

□出荷量に大きな目減りなし

 8月後半から続いた台風の影響で、主産地の十勝やオホーツクを
中心に遅れていた道産のジャガイモやタマネギの収穫作業が本格化
している。大雨で水に漬かるなどした畑が乾くまで収穫機が使えず、
出荷量の目減りが懸念されたが、ホクレンなどによると、現時点で
はともに大きな落ち込みはみられていないという。

□急激な値上がり避けられそう

 帯広市大正地区では、主力の「メークイン」の収穫がたけなわだ。
一連の台風で浸水した畑もあったが、その後の天候回復で畑の乾燥
が進み、今月3日ごろから機械による収穫が急ピッチで進む。帯広
大正農協によると、収穫量は当初目標より2割少ない約2万1千ト
ンを見込むが、「このような気象にも強いのがジャガイモ。多くの
人に味わってもらいたい」と話す。

 浸水被害が起きた北見市常呂町のタマネギ畑でも大型機械が忙し
く動き回る。常呂町農協によると、収穫作業は8月25日ごろから始
まったが、その後の台風で何度も中断を強いられ、例年なら5割近
い畑で終わっている作業が今年は3〜4割程度にとどまるという。
収穫したタマネギは大きなサイズが多く、「水に漬かり収穫できな
いものがあっても、全体の重量は平年より多くなるかもしれない」
(同農協販売課)という。

 十勝産とオホーツク産のジャガイモとタマネギは合わせて、それ
ぞれ国産の6割、4割。ホクレンによると、出荷量は、ジャガイモ
が台風や作付面積減少の影響で平年よりやや少ないが、タマネギは
平年並みに回復しており、「台風による品質低下の心配はあるが、
出荷量が例年より極端に落ち込むことはなさそう」(玉ねぎ馬鈴し
ょ課)という。全国的な品薄による価格の高止まりが続く半面、こ
のままなら急激な値上がりは避けられそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00010001-doshin-hok
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは北海道新聞が報じているのですが、他のマスコミもこうい
うニュースはもっと流してほしいものです。

 台風のときの映像とか見ていると、「全滅した」と信じていまし
たが、どっこい生きてた、というわけです。

 宮沢賢治の詩に、こういう情景を歌ったものがあります。

たうたう稲は起きた
まったくのいきもの
まったくの精巧な機械
稲がそろって起きてゐる
雨のあひだまってゐた穎は
いま小さな白い花をひらめかし
しづかな飴いろの日だまりの上を
赤いとんぼもすうすう飛ぶ
あゝ
南からまた西南から
和風は河谷いっぱいに吹いて
汗にまみれたシャツも乾けば
熱した額やまぶたも冷える
あらゆる辛苦の結果から
七月稲はよく分けつし
豊かな秋を示してゐたが
この八月のなかばのうちに
十二の赤い朝焼けと
湿度九〇の六日を数へ
茎稈弱く徒長して
穂も出し花もつけながら、
ついに昨日のはげしい雨に
次から次と倒れてしまひ
うへには雨のしぶきのなかに
とむらふやうなつめたい霧が
倒れた稲を被ってゐた
あゝ自然はあんまり意外で
そしてあんまり正直だ
百に一つもなからうと思った
あんな恐ろしい開花期の雨は
もうまっかうからやって来て
力を入れたほどのものを
みんなばたばた倒してしまった
その代わりには
十に一つも起きれまいと思ってゐたものが
わづかな苗のつくり方のちがひや
燐酸のやり方のために
今日はそろってみな起きてゐる

(「和風は河谷いっぱいに吹く」より)

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.子供の給食に三陸産の茎わかめがでます。三陸産なので、放射
能汚染を心配しています。茎わかめの汚染はどうなっているのでし
ょうか。

------------------------------------------------------------

A.まず、失礼ながら距離感覚がおかしいです。以下の地図を見て
ください。

Googleマップ上に福島第一原発を中心とした同心円を描き、方角・
方位を表示します
http://www.benricho.org/map_energy/fukushimadaiichi.html

 三陸産わかめというのはたぶん宮古市のあたりが産地です。福島
第一原発からの距離は東京や新潟よりも遠いです。

 新潟県知事が岩手県のがれき受け入れを拒否したとき、新潟の方
が近いじゃないか、と馬鹿にされたのは有名な話です。

 次に海水については、原発近辺の海も含め、現在すでに汚染のひ
どい海域は存在しません。世界中の海の放射性物質濃度はみな同じ
程度です。

 ということでご心配には及びません。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「食品表示法施行から一年半」
------------------------------------------------------------

 FOOCOMの森田さんが、食品表示法関連で、こんな記事を書いてい
ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食品表示法施行から一年半、新表示への移行の現状

 食品表示の新しい法律「食品表示法」が2015年4月1日に施行され、
1年5カ月が経ちました。新法では、食品表示基準という下位法令で
細かいルールが定められており、食品事業者の皆さんはそれに沿っ
て表示をつくることになります。現在、各企業の表示担当者が対応
に追われているのではないでしょうか。

 今は移行措置期間中で、生鮮食品は2016年9月30日まで、加工食
品は2020年3月31日の製造分までは旧表示でもよいことになってい
ます。そのせいか、現在でも旧表示の商品がほとんどで、新表示へ
の移行はあまり進んでいません。

 先日もスーパーに並ぶ商品のうち、新表示に移行したものがどの
くらいあるか調べてみましたが、1割にも満たない状況でした。今
回はこれらの商品をもとに、移行の状況と新表示の変更点をあわせ
て解説したいと思います。

□アレルギー表示は、一括表示の商品が多い

□原材料名と添加物の区分は、スラッシュが多い

□ナトリウムは、食塩相当量に

□製造所固有記号のルール変更で、製造所を表示する事業者が増加

□生鮮食品の移行措置期間は2016年9月30日まで

 新基準への移行措置期間は、一般向け加工食品と添加物は2020年
3月31日までに“製造(または加工・輸入)”されるものとなって
います。業務用の加工食品と添加物は2020年3月31日までに“販売”
されるものとなっており、一般向けよりも短くなっているので早め
の移行が求められます。

 そして、生鮮食品の移行措置期間は1年半と最も短く、2016年9月
30日までです。生鮮食品は基本的に旧ルールからの変更点はほとん
どありません。ただし、栄養成分表示を任意表示をしているものは
新表示への移行が求められます。

□2016年4月1日より「景品表示法」で課徴金制度が導入

https://www.foods-ch.com/anzen/1473726786665/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「□」の見出しだけを引用し、中身の解説は省略しています。こ
の中で、「移行期間」が全部の食品で共通ではない、という部分に
着目してください。

一般向け加工食品・添加物:2020年3月31までに製造されるもの。

業務用加工食品・添加物:2020年3月31までに販売されるもの。

生鮮食品:2016年9月30日までに販売されるもの。

 生鮮食品はもう移行期間終了なのですね。

 業務用食品で、たとえば賞味期限が一年のものだったら、2019年
3月31日製造分以降は新表示に切り替わっていなければなりません。

 三年の賞味期限のある缶詰のようなものでしたら、2017年3月31
日で移行期間終了です。業務用食品については、早い目の対策が必
要です。

 もう一つ、業務用食品には、私が見落としていた「特例」があり
ます。以下は業務用食品の製造所固有記号について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

業務用食品

(固有記号−49)業務用食品も同一製品を2以上の製造所で製造し
ていなければ、製造所固有記号を使用できないのですか。

(答)

業務用食品は、

(1) 消費者には販売されないため、消費者が業務用食品の表示
を確認して情報を取得することはないこと

(2)事業者間では規格書等により製品情報の伝達・管理等がされ
るという商慣習となっているため、事業者において製造所の所在地
及び製造者の氏名又は名称が把握できないという事態は生じないと
考えられることから、同一製品を二以上の製造所で製造していなく
とも、製造所固有記号を使用することができます。

 また、業務用食品には、製造所固有記号を表示することによって
課される応答義務もありません。

 なお、業務用食品に製造所固有記号を使用する場合でも、製造所
固有記号制度届出データベースによる届出が必要です。


(固有記号−50)業務用食品に製造所固有記号を使用する場合、
「+」を冠して表示しなければならないのでしょうか。

(答)

 「+」を冠して表示する趣旨は、旧制度の記号と新制度の記号を
区別することにあるので、業務用食品の場合も、新制度に基づいて
製造所固有記号を使用する場合にあっては、「+」を冠して表示し
てください。

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/151224_qa9-betu1.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「原則製造者表記で、同じ商品を二か所以上で製造し、包装資材
を共通化しているときのみ、特例として製造所固有記号を認める」

とのみ理解していましたが、業務用食品については、自由に製造所
固有記号を使えるようです。私の理解が足りずに、申し訳ありませ
んでした。

 さて、上記の森田さんの記事の中に、「景品表示法」で課徴金制
度ということが書かれていましたが、もう今年の4月から始まって
いるのですね。

 これは一時話題になった、ホテルやレストランでの不実記載の問
題に対応したもので、以下に解説があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■改正景品表示法の「課徴金制度」が4月に開始

 ホテルやレストランでのメニュー誤表示問題を受け、2014年12月
に施行された改正景品表示法。今年4月からは不正表示に対する
「課徴金制度」もいよいよ始まり、外食企業に対する「正しい表示」
への取り組みが以前にも増して求められている。

□消費者の利益保護のための「景品表示法」

 まず理解しておきたいのが、景品表示法は、一般消費者に商品・
サービスの品質や価格について、実際のもの等より著しく優良、ま
たは有利であると誤認される『不当表示』を禁止しているというこ
とだ。景品表示法で禁止されている不当な表示は、大きく分けて3
つある。

<不当表示の種類>

■優良誤認

 商品、サービスの品質、規格、その他の内容について、著しく実
在より優良であるように示す不当表示

 例えば、『国産ブランド牛』の表示をしていたのに、実際は『外
国産』のものであった場合がこれにあたる。

■有利誤認

 サービスの価格、その他の取引条件について、実際のものよりも
著しく取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される
不当表示

 例えば、『期間限定半額セール中』と表示をしていたにも関わら
ず、実際には常に設定されている販売価格であるような場合が「有
利誤認」にあたる。

■その他の不当表示

(1)無果汁の清涼飲料水等についての不当な表示

(2)商品の原産国に関する不当な表示

(3)消費者信用の融資費用に関する不当な表示

(4)不動産のおとり広告に関する不当な表示

(5)有料老人ホームに関する不当な表示

<消費者庁のメニュー表示のガイドライン>
□対象となる商品
「表示名」(実際に使用されていた食材)
問題とならない(○)
問題となる(X)

□肉類

×「ビーフステーキ」「ステーキ」(牛の成形肉)(牛脂注入加工
肉)

×「霜降りビーフステーキ」「さし入りビーフステーキ」(牛脂注
入加工肉)

×「国産和牛のステーキ」(オーストラリア産の牛肉)

×「〜地鶏のグリル」(単なる国産鶏肉)

○「鴨南蛮」(合鴨肉)

□魚介類

×「クルマエビ」(ブラックタイガー)

×「イセエビ」(アメリカンロブスター)

△「イセエビ」(外国産のオーストラリアミナミイセエビ)

※イセエビの表示自体は問題ないが、伊勢志摩地方の風景写真とと
もにメニュー等に表示するのは、伊勢志摩産という誤解を招くので
不当表示

×「シバエビ」(バナメイエビ)

×「サザエ」(赤西貝)

×「アワビ」(ロコ貝)

×「房総あわび」(北海道産のエゾアワビ )

×「キングサーモン」(サーモントラウト )

×「日高産キングサーモン」(ニュージーランド産のキングサーモ
ン)

×「駿河湾産の魚」(駿河湾産以外の魚も使用)

○「鮮魚のムニエル」(解凍した魚)

×「キャビア」(ランプフィッシュ卵の塩漬け)

×「カラスミ」(サメやタラの卵を使用したいわゆるカラスミ風の
食材)

×「フカヒレ」(人工フカヒレを使用したいわゆるフカヒレ風の食
材)

×「岩海苔」(養殖した黒海苔)

□農作物

×「△△(地域名)野菜使用」(△△(地域名)野菜だけでなく、それ
以外の野菜を多く使用)

×「九条ねぎ」(一般的なねぎ)

×「フランス産の栗」(中国産の栗)

×「山形県産はえぬき使用」(山形県産の品種のブレンド米を使用)

×「有機野菜」(一部の野菜は有機野菜ではない)

□小麦製品

×「自家製パン」(市販品のパン)

×「手打ち麺」(機械打ちによる麺)

□乳製品

×「生クリームを使用」(植物油を泡立ててクリームと似たような
形状と色にしたホイップクリームを使用)

×「カマンベールチーズ」(カマンベールチーズ以外のチーズも使
用)

×「牛乳」(低脂肪牛乳)

□酒類

×「純米酒」(醸造アルコールなどを使用して製造された清酒)

×「シャンパン」(スパークリングワイン)

□飲料

×「フレッシュジュース」(既製品のオレンジジュースや紙パック
のジュース)

■表示した内容が、優良誤認表示に当たるかについては、2つのポ
イントがある。

 1つは「実際のものと、その表示から受ける一般消費者の印象・
認識との間に差が生じるといえるか否か」。社会常識や、用語等の
一般的意味、社会的に定着していると認められる他、法令等におけ
る定義・基準・規格などを考慮するという。

 例えば、『ビーフステーキ』と表示されているのに『成形肉』を
使っていた場合、一般消費者の「社会常識」に照らせば、ステーキ
に成形肉は使われているとは考えないだろう。また、『原産地』
『和牛』『有機』『地鶏』については、JAS法の品質表示基準、JAS
規格、ガイドラインなどでルールが定められており、これらに違反
した場合も問題があることが分かる。

 2つは、「その表示が、商品・役務の内容について著しく優良で
あると示す表示といえるか否か」。メニューと実際の食材が異なる
ことを消費者が知っていたら、その料理に惹きつけられることは通
常ないだろう、と思われる程度の誇大広告といえるかどうかで判断
される。

 例えば、『アメリカンロブスター』を使用しているのに、『イセ
エビ』を使用しているという表示をした場合、「その飲食店が、実
際のものをそのまま表示するよりも、売上げが伸びると期待してい
るから」として、問題になる。

 不当な表示にならないようにするために、まずは消費者の立場に
なり、実際の内容と比べて、誤解されるような情報とならないよう
にすることが大切だ。

https://www.foods-ch.com/anzen/1455278762379/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 レストランなどに限らず、一般の食品でも、あまり「優良誤認」
を狙っていると、これにひっかかりそうです。

 私は回転寿司が「無添加」を標榜するのはアウトだと思っていま
すが、どうなのでしょうか。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 台風が20日に通過してしまったので、21日から無事花巻に行って
きました。案外寒くはなくて、花巻では洪水などの被害もなさそう
でした。

久しぶりに宮沢賢治の詩を紹介しましたが、私のもう一つのサイト

「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/

では宮沢賢治の全作品を読むことができますので、興味のある方は
ぜひごらんください。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-881号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/