安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>880号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------880号--2016.09.18------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「輸入米価格偽装」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 あるネットの読み物でメロンパンが危険だというのを目にしまし
た。これはほんとうでしょうか? もし危険ならば消費者庁や厚労
省も問題にしているはずですが・・・。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「Business Journal」というサイトの記事ですね。このサイトは
一件普通のニュースサイトのようですが、こういうトンデモ記事が
頻出するので有名なところです。

■メロンパンは人体に超危険?栄養なく危険成分まみれ、糖尿病等
の恐れ

 こんな題ですが、リンクはしません。読む価値は一切ありません
ので、放置が適当かと。

 次は食中毒事件の続報です。5人目の死者が出たということです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■O157、死亡5人に=千葉の老人ホーム集団食中毒

 千葉県市川市の介護付き有料老人ホーム「ウエルピア市川」で腸
管出血性大腸菌O157による集団食中毒が発生し、80〜90代
の入所者4人が死亡した問題で、千葉県は14日、新たに89歳の
女性入所者が腸管出血性大腸菌感染症で死亡したと発表した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091400760&g=soc
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下の記事では「6人」になっていますが、6人目の死者が出た
というニュースは確認できませんでした。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■高齢者施設でO157集団食中毒 野菜は流水でしっかり洗う

 千葉県市川市と東京都羽村市の高齢者施設で8月下旬、腸管出血
性大腸菌「O157」の集団食中毒があり、80〜90代の男女6
人が死亡した。2施設とも同じ給食サービス会社を利用していた。

http://www.sankei.com/life/news/160915/lif1609150034-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 次は森永で自主回収があったというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■森永製菓、焼菓子10万個を自主回収 カビ発生で

 森永製菓は15日、製造・販売している焼菓子「マクロビ派ブラ
ウニー」(参考小売価格216円)の一部商品でカビの発生が判明
したとして、自主回収すると発表した。回収対象は、賞味期限が平
成28年9月16日から29年2月28日までのもので約10万個。
健康被害の報告は今のところないとしている。

 8月29日以降、複数の消費者から「商品にカビが発生している」
という指摘があり、調査したところ、製造後、時間が経過するにつ
れ、商品中の水分量が増えてしまい、カビを発生させる規格値を超
えることが判明した。

http://www.sankei.com/economy/news/160915/ecn1609150031-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この記事では商品そのものの欠陥か、製造時のミスなのか不明で
すが、同じような別の記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■焼き菓子にカビ、最大10万個回収…森永製菓

 森永製菓は15日、焼き菓子「マクロビ派ブラウニー」にカビが
見つかったため、自主回収すると発表した。

 4月に新発売してからの全商品が対象で、最大で10万個に上る。

 8月29日以降、購入者から「カビのようなものがある」などの
苦情が4件あった。調査では、一部商品で時間がたつとカビが生え
やすい状態になる可能性がわかったという。これまでに健康被害の
報告はないとしている。

 商品は着払いで森永製菓に送れば、代金相当分のクオカードを返
送する。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160915-OYT1T50121.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 読売の方を読むと、「新発売してからの全商品」ですから、製造
ミスではなく、商品の設計ミスで、この商品が改めて製造されるこ
とはないようです。

 そのため、商品交換ではなく、「代金相当分のクオカードを返送
する」という対応になっています。

 新商品の開発時は、賞味期限設定のための保存検査をするはずで
すが、どこで間違えたのか興味があります。

 森永ほどの大企業でも、こういう失敗をするのですね。そもそも、
「マクロビ」などに手を出すから、こういう目にあうのです。目先
の利益を追わねばならない会社でもないでしょうに。

 最後はニュースショウのネタになってしまった、築地市場移転の
話題です。地下に空洞があったとか、たまった水がどうとかいうや
つです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■共産党都議団と都議会公明党の「視察動画」を公開!豊洲市場の
地下の水は「強アルカリ性」水深最大20センチ

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の
主要施設下で、都が土壌汚染対策に実施したとしていた4.5メー
トルの盛り土が行われていなかった問題で、共産党都議団は14日、
豊洲市場を視察し、盛り土のない青果棟の地下空洞にたまっていた
水を調べた結果、強アルカリ性だったと発表した。

 同都議団によると、青果棟の地下には最大約20センチの水が一
面にたまっていた。現時点で雨水か地下水かは不明だが、「大量の
水で、雨水がしみこんだとは考えにくい」とした。

 都議団はたまり水を約2リットル採取。床面で砂利がむき出しに
なった部分の水は薄茶色で、「ぬるぬるした感触だった」(都議)。
PH試験紙では、アルカリ性を示す濃い青色に変色したという。

 都議団は自然界の水は中性か弱酸性だと説明した上で、「通常の
地下水とはまったく違う。何らかの化学物質の影響がなければ、強
アルカリ性にはならない」と説明。採取した水は検査機関に調査を
依頼しており、早ければ16日にも結果が判明する。

http://www.sankei.com/politics/news/160915/plt1609150002-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「何らかの化学物質の影響がなければ、強アルカリ性にはならな
い」というのは噴飯ものです。コンクリートの上にたまった水がア
ルカリ性にならなければ、「コンクリートの中性化」という、深刻
な不良施行です。

 当然、いろいろとツッコミが入っていますが、今回は特に面白い
のが多かったです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■共産党(強酸党)だけに「豊洲の水が強アルカリ性なのは許せな
い」と主張か。「移転は塩基か」「自民には酸性しない」の声も

 都議会共産党が、豊洲市場の地下を調査。地下に溜まった水にリ
トマス試験紙を浸けたところ、青く変色して「強アルカリ性」を示
したことが話題になっています。

 そもそもコンクリートがアルカリ性なので、そこに溜まった水が
アルカリ性になるのは当然という見方もあり、科学の話題としても
興味を集めているようです。

 そんな中、ツイッターでは共産(きょうさん=強酸)党だけに
「強アルカリ性が許せなかった」のでは、などという意見が広がり
大喜利状態に。

 「アルカリ性だけに豊洲移転の塩基(延期)を求めたのか」

 「強酸党なのに自民党の法案には酸性しない」

 「強酸党だけにリトマス試験紙が赤くならないと許せない」

などという意見もあがっています。

http://matome.kawaiiav.mobi/archives/10590
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私は「おまえらの共産性で中和しろよ」というのが一番ウケまし
た。

 肝心の水質検査の結果はというと…。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

豊洲市場地下空間の水 現段階でベンゼン基準値以下

 豊洲市場の主要な建物の下に盛り土がされていなかった問題で、
都は地下空間にたまった水の分析を進めていますが、現段階ではベ
ンゼンなどの有害物質が基準値以下であることが分かりました。

 都は13日に地下空間にたまった水を採取し、ベンゼンなどの有害
物質が含まれていないか分析を始めています。関係者によりますと、
すべての分析は終わっていないとしながらも16日までの段階で、ベ
ンゼンについては基準値以下であることが分かりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160916-00000012-ann-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これについても、共産党はようやく検出限界以上の成分をみつけ
ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■豊洲市場空洞の水に基準値の4割のヒ素 共産都議団

 共産党は14日、青果棟地下を視察し、採取した水の分析を民間
の検査機関に依頼した。ヒ素は1リットル当たり0.004ミリグ
ラム検出された。ベンゼン、六価クロム、シアンについても分析を
依頼したが、測定できなかった。

http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00m/040/099000c
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ヒ素は水質基準の4割ということですが、水質基準は以下のよう
なことになっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■水質基準項目と基準値(51項目)

 水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省
令」で規定する水質基準に適合することが必要です。

ヒ素及びその化合物 ヒ素の量に関して、0.01mg/L以下
六価クロム化合物 六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下
ベンゼン 0.01mg/L以下

https://goo.gl/8QXdxI
(http://www.mhlw.go.jp/~kijunchi.html)
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 確かに基準の4割ですが、これは飲料水(水道水)の基準で、一
生、毎日飲み続けても問題ないという値です。それ以下ですから、
何をかいわんやですね。

 ついでに、ミネラルウォーターの実測データがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

ヒ素(mg/l)

支笏の秘水     0.004
オロフレ山渓水   0.004
カムイワッカ麗水  ND
六甲のおいしい水  0.003
南アルプス天然水  ND
富士山のうまい水  ND
富士ミネラル    ND
ボルビック     0.009
エビアン      0.002

http://www.rakuten.ne.jp/gold/lifeup/water/hikaku.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ということで、豊洲市場の地下のコンクリート上にたまった水の
ヒ素含有量は、ミネラルウォーター程度、ということのようです。

 ついでに言うと、千葉県で地下水のヒ素分析結果を地図にして公
表しています。検出限界0.005g/mlですから、件の地下水は検出限
界以下になりますが、検出限界以上のところも普通に存在すること
がわかります。

■地下水砒素濃度分布図
https://www.pref.chiba.lg.jp/suiho/chikasui/documents/chiba-as_1.pdf

 盛り土がどうとかいっていて、安全確保のために盛り土が必要か
のようなことを言われていますが、実際には汚染土そのものを浄化
する作戦が実行され、浄化済みだそうで、検査結果もそれを裏付け
てしまいました。

 要するに、豊洲市場の地下水は近辺の他の場所と別に変わらない
レベルだということです。

 浄化方法を解説した動画が以下のものです。さすがお金持ちの東
京都、なかなか手の込んだことをしています。

■豊洲汚染土壌処理 掘削微生物処理
https://www.youtube.com/watch?v=-S_dA1YDQmM

■豊洲汚染土壌処理 洗浄処理
https://www.youtube.com/watch?v=JXWMdkl8jpk

■豊洲汚染土壌処理 中温加熱処理
https://www.youtube.com/watch?v=RCR27cprnbc

 おまけに、こんなブログを紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■建築家は、おかしいと思ったらきちんと声を上げるべき

 最後に、なぜ森山高至さんがこんなところまでのさばったのか、
という点について、簡単に論じておきたいと思います。

 第一義に、俗にいう公共プロジェクトというのはその性質や内
容に限らず受注した民間企業に業務に対する「守秘義務」がかか
ります。業務にかかる問題点を協議する場合は、必ず担当省庁、
あるいは地方自治体の担当者に対して承認を得てからでないと開
示することができません。

 今回のように、森山高至さんや高野一樹さんが工事に関する憶
測やガセネタをメディアで流し、事実と違う内容が報じられても、
東京都が問題を確認し対外広報してよいとなるまで、設計を担当
した会社も施工を行ったゼネコン以下各社も、反論したくともで
きない、という状況に陥ります。

 その結果が、

□大型建築物においては当たり前に存在する地下ピットが「謎の
空洞」呼ばわりされ、

□地中深くまで汚染土壌が掘り出され綺麗な土壌に入れ替えられ
て地下水の汚染状況がモニタリングされているのに共産党が出て
きてリトマス試験紙が青くなったと騒ぎ、

□素手でゴーグルもマスクもせずジャム瓶やペットボトルに汲ん
だ水を簡易検査にかける所業となるわけです。

 良いコンクリートに接した水には石灰が溶けてアルカリ性にな
ることは中学校の理科のレベルであって、その程度のことさえも
公式に指摘し反論することができず、慎重に「検査結果を待つ」
みたいな馬鹿みたいなことで時間稼ぎをされている、というのが
現状です。

 じゃあ築地市場の空間ベンゼンはどうなのか、築地でのボーリ
ングによる予備調査は結果を見たのかという話になります。走り
回るネズミを退治するための殺鼠剤が、排煙をあげるトラックと
ノーヘル運転のターレーの間のドラム缶に野ざらしにされ、外気
に吹かれて舞っている状況を見て、共産党員はそこで働く従業員
の健康を考えることはないのでしょうか。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20160917-00062281/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 水をジャム瓶に入れている画像がありましたが、あれは正確にい
うと、キユーピーの瓶詰め離乳食ですね。我が家にもたくさんある
やつです。

 入れ物なんかなんでもよさそうですが、容器由来の成分でないこ
とを立証できなくなりますので、専門の検査用容器に入れていない
時点で、検査が無意味なものになってしまいます。

 容器にあらかじめ毒物を仕込んでおくことさえ可能なのですから、
こんな検査結果は聞くだけ無駄ということです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「輸入米価格偽装」
------------------------------------------------------------

 輸入米について、こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■<輸入米>高値に見せかけ 「調整金」還流、国は放置

 安すぎる外国産米が輸入されないよう国の管理下で行われている
「売買同時入札」(SBS)を巡り、業者間で輸入価格を実際より
高く見せかける取引が横行していたことが内部資料などで分かった。
農水省は外部からの指摘を放置していた。同省は「環太平洋パート
ナーシップ協定(TPP)」承認のために「国産米と輸入米の価格
は同水準」と農家を説得してきたが、外国産米は国の説明より安く
流入しており、TPPによる輸入枠拡大に向けて対応が問われそう
だ。

 SBSにはコメを輸入する商社と卸業者がペアを組んで参加、国
は輸入米の平均価格を公表している。現在のSBSの輸入枠の上限
は年間10万トンだが、TPPが発効すれば最大計7万8400ト
ンの枠を新設することが決まっている。安値の輸入米流入により、
国産米に対する価格下落圧力がさらに高まる可能性がある。

 総合商社「兼松」(神戸市)や取引相手の卸業者の内部資料によ
ると、2013年10月のSBSで両者は「兼松が輸入米を1キロ
約145円で国に売り、国は1キロ約194円で卸業者に売る」と
の条件を示し308トン分を落札、国は社名を伏せて同様の情報を
公表した。

 一方で兼松は利益分を含め105円前後で輸入米を調達し、国か
ら支払われる代金との差額約40円を「調整金」として卸業者に渡
した。卸業者は公表価格より調整金分だけ安い154円前後で輸入
米を入手した。兼松は少なくとも11〜14年、こうした取引を繰
り返していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000009-mai-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ほぼ同じ内容で、農業新聞の記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■輸入米で偽装取引 公表より安く流通も

 政府が国家貿易で輸入する売買同時入札(SBS)米を巡り、公
表されている落札価格よりも安く取引される商慣習が業者間で横行
していたことが、関係者への取材で分かった。輸入商社が卸売業者
に「調整金」と呼ばれるリベートを支払い、米卸は公表されている
落札価格よりも事実上安く輸入米を買っていた。現在も行われてい
れば、輸入米が国産米よりも大幅に低い価格で流通している可能性
がある。農水省はこれを受け、実態把握に乗り出す方針だ。

■商社が卸に「調整金」

 米の輸入はミニマムアクセス(最低輸入機会=MA)として年間
77万トン輸入するが、そのうち10万トンは主食用米でSBS方
式で輸入する。SBSは輸入商社と卸売業者など実需者がペアで入
札に申し込む方法で、国を挟むが実質的には売り手と買い手の直接
取引だ。

 SBS取引に入札資格のある米卸は、調整金の仕組みについて
「業界の商慣習として行われてきた」と打ち明ける。国産価格が下
がり、輸入米との価格差が縮まるほど、調整金の金額は高くなる傾
向にあったという。別の米卸も「業界ではみんな知っている」。国
産米の取引でもスーパーなど販売先に、後から割戻し金を支払う慣
例があるという。

 例えば、輸入商社は1キロ100円で調達して国に150円で輸
入米を売り、国は米卸に200円で販売する。ただ、実際には、輸
入商社は調達価格と国に売る額との差額から、自社の利益を引いた
残りを「調整金」として米卸に渡す。調整金が40円だとすれば、
米卸は実質160円と公表されている落札価格より安く仕入れてい
ることになる。実際に考えられているよりも、大幅に安い価格で市
場に販売することも可能になる。

 政府は環太平洋連携協定(TPP)で、米国とオーストラリアか
ら7.8万トンをSBSで輸入することに合意。これまでの入札結
果を基に「SBS米は、国産業務用米と大きな差がない」と説明し
てきた。だが、調整金を得て米卸が市場に安く販売している場合、
この説明と矛盾することになる。

 農水省は、把握していないとした上で、今後過去の落札業者に聞
き取り調査し、公表価格で実際に取引しているか確認する方針だ。
また仮に調整金があったとしても、現在流通している米国産米の小
売価格は国産米と大差なく、大幅に安く流通している実態は見当た
らないと説明している。

https://www.agrinews.co.jp/p38740.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 業界ではみんな知っていることだとか…。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■SBS価格偽装「輸入米の影響ない」 整合性問われる

・「みんな知ってる」 業界

 調整金については米卸から「業界の商慣習」、「業界ではみんな
知っている」との声も上がる。こうした中で農水省は、過去にSBS
米の取引実績がある輸入業者およそ30社や、100社近い買い手側の
卸売業者などを対象に、調整金のやり取りがあったかどうか、聞き
取り調査に着手。「可能な限り多くの業者を調べ、農家の不安解消
につなげたい」(農産企画課)という。

・影響特定には課題 調整金

 一方で「あくまで民間企業間の契約で、強制的には調べられられ
ない。協力を求めていくしかない」(同)状況で、どこまで実態が
把握できるかは不透明だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00010000-agrinews-pol
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 悪徳業者しかいないという評判の米穀流通業界が、また悪どいこ
とをやっていたわけです。

 手口をもう一度確認すると、こんな感じです。( )内はわかり
やすく丸めた数字のキロ当たり単価です。

(1)通常に商社が輸入する(経費・利益込みで100円)

(2)国が買い上げる(150円)

(3)マークアップを付加して、卸業者に売却する(200円)

(4)卸業者は輸入商社から「調整金」を受け取り、実質は…
   (150円)

 ここで、(1)の100円のものを(2)で150円で売ってい
るのがこの手口のキモです。ここで不当に得た利益を(4)で卸業
者に回しているのです。

 だまし取られた50円分が、卸業者に渡り、更にその先で安価に
販売されています。もちろん、安く買っているのは普通の消費者で
はなく、大口需要家です。

 これは明白な詐欺行為です。事実関係が確認された時点で刑事事
件になると思います。

 ところで、解せないのは黙って高く買っていた国側の態度です。
輸入価格は正確にはわからなくても、国際市場の価格も為替レート
も、天下周知のものですから、不当に高いことくらいわかるはずで
す。

 可能性は二つ。一つは役人にも賄賂がわたっていて、「グル」だ
った可能性です。もう一つは「見て見ぬふり」をしていた可能性で
すが、それも何か役人側によいことがあっての話でしょう。

 ということで、私は農水省ぐるみの犯罪だと思っていますが、当
局は知らなかったと言っています。でも、こんな記事もあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■輸入米調整金:農水省見解を一転 14年に偽装把握

 国の管理下で行われる外国産米の「売買同時入札」(SBS)を
巡り、農林水産省は16日、「調整金」を介在させて輸入価格を高
く見せかける取引について、2014年10月には把握していたこ
とを認めた。同省は毎日新聞の取材に「調整金のことは知らなかっ
た」としてきたが、見解を一転させた。閣議後の記者会見で、山本
有二農相は「制度発足以来の我々の対応が十分であったか把握した
い」と述べ、職員からも聴取する方針を明らかにした。

 SBSでは商社がコメを輸入して国に買い取ってもらい、国が卸
業者に売却する。しかし複数の商社は国を介した取引の直後に国か
ら受け取った代金の一部を「調整金」名目で卸業者に還流。輸入米
は国が公表していた価格より安く国内に流入していた。

 こうした取引は1990年代から繰り返されていたとみられるが、
SBS米の品質を巡って14年10月に総合商社「兼松」を提訴し
た卸業者が、訴訟の過程で調整金に言及した。

 山本農相は会見で、提訴によって同省が調整金の存在を把握した
とし、同時期に担当職員が電子メールで調整金に関する情報提供を
受けていたことも認めた。ただ、こうした情報が省内でどのように
取り扱われたのかについては「正確には把握していない」と説明。
SBSに関わった商社や卸業者だけでなく、メールを受け取った職
員らにヒアリングの対象を広げ、同省の対応に問題がなかったか調
査する考えを示した。

http://cont.t-com.ne.jp/social/136997_1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 訴訟の課程で出てきた事があるので、その時点で把握していた、
という言い訳ですが、おそらくこれもウソだと思います。

 理由はそんなところから教えてもらわなくても分かっていたはず
だということです。

 これを機会に、この業界の浄化をお願いしたいですね。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 21日から恒例の花巻行きの予定ですが、台風がちょうどその頃
来るということで、はたして飛行機が飛ぶかどうか…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-880号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/