安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>875号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------875号--2016.08.14------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「Q&A」「オメガ脂肪酸」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■スーパー2社に是正指示…原産国非表示で農水省近畿農政局

 農林水産省近畿農政局は9日、傘下のスーパーで枝豆の原産国名
を表示していなかったなどとして、食品販売業「スーパーサンエー」
(大阪府岸和田市)と食品販売業「ハートフレンド」(京都市)の
2社に対して、食品表示法に基づく表示の是正や再発防止策の実施
を指示した。

 近畿農政局によると、スーパーサンエーでは、枝豆など計約50
食品で原産国の非表示や誤った原材料名の表示があった。中国産の
ウナギを鹿児島産と表示し、ウナギのかば焼き7パックも販売して
いたという。

 ハートフレンドでは、傘下のスーパー約100店舗で、原産国を
表示していない枝豆約6万8千パックを販売するなどしていた。い
ずれも近畿農政局の立ち入り検査で発覚した。

http://www.sankei.com/west/news/160809/wst1608090064-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 生鮮食品は「原産国表示」をする必要があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■農産物

 国産品は都道府県名を記載(市町村名その他一般に知られている
地名を原産地として記載することができる。)

 輸入品は原産国名を記載(一般に知られている地名を原産地とし
て記載することができる。)

■畜産物

 国産品は国産である旨を記載(主たる飼養地が属する都道府県名、
市町村名その他一般に知られている地名を原産地として記載するこ
とができる。)

 輸入品は原産国名を記載

■水産物

 国産品は水域名又は地域名(主たる養殖場が属する都道府県名を
いう。)を記載。水域名の記載が困難な場合は水揚港名又は水揚港
が属する都道府県名を記載することができる。(水域名に水揚港名
又は水揚港が属する都道府県名を併記することができる。)

 輸入品は原産国名を記載(水域名を併記することができる。)

http://www.caa.go.jp/foods/qa/seisen01_qa.html#a02
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは生鮮食品の輸入を抑制する効果があったそうですが、いろ
んな問題をはらんでいます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食品の原産国表示の意義と国際貿易上の問題点

 日本は、1990年代後半から、野菜の輸入が増加し、野菜生産
者は原産国表示をすれば特に低価格の野菜輸入を抑制できるのでな
ないかと期待し、政府に対して原産国表示を導入するよう要請した。
これを受け、政府は1996年にしょうが、にんにく、さといも、
ブロッコリ, しいたけにつて原産国表示を義務付けた。また、19
98年には対象品目をさらに4品目追加した。

 一方、輸入食品の品質や安全性に不安を感じていた消費者は原産
国表示を支持し、対象品目の拡大を要求するようになった。政府は、
2000年に全生鮮食品(農産物、水産物)について原産国表示を
義務付けることとし、生鮮食品品質表示基準を策定した。これによ
り、国産品については原産地の県名(産地名も可)を、外国産につい
ては原産国名を表示することになった。

 その後、加工食品についても国産であっても原料の多くの部分を
輸入に依存している食品があるのでこのような場合について原料の
原産国表示を義務付けるべきではないかとの消費者の意見が強くな
った。政府は、このような事情から2002年に4品目の加工食品
について原料原産国の表示を義務付け、さらに、2004年に加工
食品品質表示基準を改正し、20の食品群の加工食品について義務
付けた。その後若干の改正が行われ、品目が追加されているが、消
費者にはさらなる対象加工食品の追加の意見が強く、現在、検討が
行われている。

http://www.ab.auone-net.jp/~ttt/cooljapan.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ここで指摘されている「加工食品の原料原産地表示」が現在進行
形で検討されていることは以前に紹介しました。

 これは「TPP対策」の意味が強く、政府は強引に進めていく方
針のようです。肝心のTPPは、アメリカ大統領候補の二人がそろ
って反対を表明しているため、日米ともに現大統領の任期のうちに
批准したいとか言っていますが、たぶん無理なのでは…。

 次は商品回収のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ローソンのゼリーにカビ 17万個を回収

 ローソンは8日、全国で販売した「ヨコオ カロリー0 果汁ゼ
リー みかん280g」にカビが混入していたとして、約17万個
を自主回収すると発表した。健康被害の報告はないという。

 対象は6月14日〜8月8日までに販売した商品。商品やレシー
トと引き換えに返金に応じる。7月26日以降、消費者から4件の
問い合わせがあり、調査した結果、混入を確認した。製造会社ヨコ
オデイリーフーズの甘楽工場(群馬県甘楽町)での配管洗浄が不十
分で、カビが発生したという。

http://www.sankei.com/economy/news/160809/ecn1608090003-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「カロリー0 果汁ゼリー」というのが気になりますね。カロリ
ーのない果汁なんてあり得ませんが、こんなからくりがあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「カロリーゼロ」と書かれた清涼飲料水の場合、100mlあたりの熱
量(エネルギー)は5kcal未満です

「カロリーオフ」と書かれた清涼飲料水の場合、100mlあたりの熱
量(エネルギー)は20kcal以下です

http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_value/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「温州みかん・ストレートジュース」のカロリーは100gあたり41
kcalですから10%以下の使用だと、「カロリー0」と表示できます。
これで「果汁ゼリー」とはいい根性をしています。

 次も回収のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ジュースで越生梅PRのはずが…他県産、回収

 関東三大梅林といわれる越生梅林がある埼玉県越生町の第3セク
ター「越生特産物加工研究所」(社長=新井雄啓町長)が、他県産
の梅を原材料にしたジュースの容器に「越生町特産の完熟梅をギュ
ッとしぼった」と表示したラベルを2014年から貼って販売して
いたことがわかった。

 同研究所は読売新聞の取材に「越生産の梅を使っていると勘違い
される恐れがある」と認め、このジュースの販売を停止して商品の
回収を始めた。

 このジュースは「彩の国 完熟梅ドリンク」(180ミリ・リッ
トル、税別200円)。他県産の梅の果汁に蜂蜜やビタミンCを加
えて瓶詰にした製品を、県外から同研究所が仕入れ、独自のラベル
を貼って月約900本を町内の土産物店など約10店で販売。年間
約200万円を売り上げている。

 ラベルで「梅の里・越生町特産の完熟梅をギュッとしぼったおい
しい梅ジュース」「梅の里、越生から」と表示する一方で、同じラ
ベルの原材料名は「国産完熟梅」と記されている。

 同研究所の岡本文一専務によると、ラベルは14年、「もっと越
生の梅をPRしよう」と越生町が梅の産地であることを強調するデ
ザインに作り替えた。岡本専務はジュースの原材料が他県産である
ことを認め、「外部の指摘や内部の疑問の声がなかったため、販売
を続けてしまった」と釈明している。

 消費者庁は「産地などで明らかな虚偽の表示がある場合は、景品
表示法に抵触する可能性がある」としている。

 町内には約100軒の梅農家があり、同研究所は、キズなどで出
荷できない梅やユズを使った製品の開発、販売を目的に町が198
0年に直営で設立。87年から第3セクターとなった。今は約50
種類の商品を製造・販売し、6次産業化促進のため、2015、1
6年に国から計約1億3000万円の交付金を受けている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160805-OYT1T50158.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「越生」は「おごせ」と読むのですね。地名には強いと思ってい
ましたが、これは読めませんでした。読売の記事では難しい地名だ
とは考えていないようですが、関東の人にはそうなのでしょう。私
には関東の地名が一番わかりにくいです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 現在、越生町で栽培されている梅は栽培面積40ヘクタール、収穫
量約225トンを誇り、県内随一の産地として知られております。

http://www.town.ogose.saitama.jp/kankou/tokusan/umeyuzu/1453290408270.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 だそうですが、全国的にはこんな生産量です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ウメ(梅)の産地ランキング

1位 和歌山県 7万6,100トン 70.86%
2位 群馬県   4,850トン 4.52%
3位 福井県   1,880トン 1.75%
4位 奈良県   1,840トン 1.71%
5位 神奈川県  1,680トン 1.56%
6位 徳島県    639トン 0.59%

http://www.kudamononavi.com/graph/category/ca=7
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 やはり生産量が少ないため、梅ジュースの製造販売そのものに無
理があったということです。

 最後はこの春に多発した「クマ」の被害についの考察を紹介しま
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■相次ぐクマの出没。背景にある生息数に疑問

 クマの出没が各地で相次いでいる。(本稿では、クマと書けばツ
キノワグマを指すことにする。)

 農林作物被害も増えているし、怪我人も多数出るようになった。
とくに秋田では4人が襲われて亡くなった。そして、駆除したクマ
の胃の中から人体の一部が見つかったとか……。

 私は専門家ではなく、クマの生態についても詳しくないが、学生
時代にクマの冬眠穴調査に従事したことがあり、クマが冬眠に利用
する岩穴や樹洞などを調べて回ったことがある。冬眠が明けてから
の季節だったが、もし穴の中にクマがいたらどうしようとビクビク
ものだった。木によじ登って樹洞を覗くとき、足が震えていたこと
を思い出す。

 ツキノワグマは、ヒグマと違って人間より小さいものも多い。し
かし、やはり猛獣であり怖い。正面からぶつかったら、生命の保証
はないだろう。

 なぜ、これほどクマの出没が多いのか。その点に関して「昨秋は
ドングリが豊作だったから春の出産が相次いで、子グマ連れが増え
たからではないか」という研究者の意見が紹介されている。

 ドングリが多く稔れば出産が増えるという見方に異議はないが、
子グマが多いことと里によく出ることの関連がはっきりしない。ま
た別の年の秋には、ドングリが不作だから餌を求めて里に多く出没
した、という見立てが語られていた。それではドングリが不作でも
豊作でも、クマは大量出没することになる。

 さらに奥山はクマの食べるものがないとか、クマの生息域に侵入
した人間が悪いとか……。地元民のタケノコ採取にいちゃもんを付
ける輩まで現れている。

 クマの大量出没に関しての各者の声を聞いていると、どうも隔靴
掻痒だ。

 各地のクマの出没理由、そして殺傷事件には固有の事情はあるの
だろう。しかし、もっとも気にかかる点について、あまり触れられ
ていないように思う。

 それは、クマの生息数である。

 クマの推定生息数は、諸説あるものの1万5000頭前後というのが
一般的だ。また成獣になるには3〜4年かかる。

 しかし駆除数は、毎年全国で2000頭前後。多い年は5000頭近い。
これほど駆除……有体に言えば殺処分しているのなら、クマは数年
で絶滅しかねず、姿を見ることも難しくなるのではないか。

 しかし、毎年クマは大量出没する。以前より頻度は増している。

 ならば、と門外漢ながら、私は思う。クマの出没が増えた根本理
由は、生息数が増えたからではないのか。数が増えたから里にも出
る、だから人と接触も増えたと考えた方がわかりやすくはないか。
つまり推定数が怪しい。

 なかには「奥山にクマの餌がないから里に出る」という主張もあ
る。そして、クマは絶滅寸前と訴える。まったく根拠がわからない。

 よく人工林には餌がないというが、実際に山を歩くとそうでもな
い。人工林の中にも広葉樹が繁り、実をつける下草も豊富なところ
は結構多い。クマの餌になりそうな植物はたっぷりある。

 加えて農業廃棄物が大量にある。晩秋から冬の里山には、収穫さ
れないままの野菜や、柿やミカンなどの果実が放置されている。ク
マだけでなく野生動物の有り難い餌になるだろう。しかも農作物そ
のものではないので、被害扱いされない。

 加えて駆除されたシカやイノシシは、山に放置もしくは埋められ
ているが、それが餌になっているという報告もある。

 もちろん、クマは九州では絶滅したようだし、四国もほんのわず
かしか生息しないとされているから、地域ごとに大きな違いがある
のだろう。

 しかし、目撃が相次ぐ東北各県に加えて中国山地や中部山岳地方
などでは、数が増えていると考えてよいのではないか。

 あるいは、これまでの生息数の推定に大きな誤りがあったかもし
れない。もともとたくさんいたのに気づかなかっただけ?

 駆除に加えてさまざまな理由で野生のクマは生命を落としている
だろうから、普通に考えれば、生息数は推定の数倍なければおかし
い。実際、別の方法で生息数調査をやり直すと、従来の4倍になっ
たという事例もある。

 私の学生時代、カモシカによる造林地の食害が問題になっていた。
その際もカモシカは増えているのか、奥山を追われて里に出てくる
のかが議論になった。必死で「奥山に餌がなくなった」と主張する
学者がいたことを記憶する。

 しかし、今では「増えている」ことに間違いないだろう。現在は
カモシカよりもシカやイノシシの方が増え過ぎたとされるが、食害
理由はあきらかに増えすぎたことだった。

 同じことはオオタカでもあった。全国に数百羽しかいないと絶滅
危惧種に指定されていたが、後に調べ直すと数万羽の生息がわかり
指定が取り消されたのである。

 野生動物の生息数の推定は難しい。とくに遊動性の強いクマの生
息数を推定するのは至難だろう。加えて、いつの時代にも野生動物
の生息数を少なく見込み、「絶滅寸前」と主張して保護を進めたい
人はいる。

 クマの数は、現在の推定数よりずっと多い可能性を考えるべきだ。

 出没クマ対策は必至だ。しかし推定生息数が大きくズレていたら、
対策も根本的に誤りかねない。生息数調査をもっと厳密に行うこと
も重要だが、とりあえずクマは意外とたくさんいて、身近な野生動
物だと頭を切り換えることも大切ではなないだろうか。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20160616-00058889/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 テレビでは解説者がいきあたりばったりの無責任な解説をしてい
ますが、論理的に考えて納得できる理由は「クマが増えた」という
一点だと思います。

 いろんな問題に対して、もっと単純に、合理的に考える習慣をつ
けていきたいものです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.ポリエチレンが油等で加熱された場合、毒素や発ガン性物質は
発生しますか?

------------------------------------------------------------

A.ポリエチレンは「熱可塑性」なので、油などに触れて高温にな
ると、溶けたり変形したりします。見た目が変わるので、何か成分
的にも変化があって、悪い物質ができたりしているのでは…とよく
思われます。しかし、実際には形が変わっているだけで、ポリエチ
レンという物質そのものには変化はありません。

 熱可塑性プラスチックは熱してから型に入れて冷やすことで、形
を作ります。また熱すると、その形が維持できなくなるだけです。

 ポリエチレンは炭素と水素だけでできたプラスチックで、最も生
産量が多くて、身近なものです。食品用にも多用されますが、最も
安全性の高いプラスチックであると考えられます。

 食べるものではありませんが、もし体内に入ってしまっても、全
く問題ありません。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「オメガ脂肪酸」
------------------------------------------------------------

 最近、「オメガ脂肪酸」という聞き慣れない言葉が広告で目につ
きます。

 気にして調べてみたら、どうやら以下の一社のみが使っていたよ
うです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■脳に大切な栄養素「オメガ脂肪酸」のお話

 不飽和脂肪酸には、二重結合が1ヵ所の「一価不飽和脂肪酸」と、
2ヵ所以上ある「多価不飽和脂肪酸」がありますが、末端の炭素か
ら数えて、何番目の炭素に最初の二重結合があるかによって、さら
にいくつかに分類されます。

 その単位記号として用いられるのが、ギリシャ文字の最後の文字
「ω=オメガ」。

 最初の二重結合が末端の炭素(オメガ炭素)から数えて3番目に
ある脂肪酸を「オメガ3系脂肪酸」、6番目にあれば「オメガ6系
脂肪酸」と呼ばれます。

 オメガ3系脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA
(エイコサペンタエン酸)やαリノレン酸が、オメガ6系脂肪酸に
はARA(アラキドン酸)やリノール酸が、オメガ9系にはオレイン
酸があります。

 脂質を構成する脂肪酸のうち、サラサラして常温で固まりにくい
不飽和脂肪酸をサントリーでは「オメガ脂肪酸」と総称しています。
その中でも健康に有用な働きが期待されるDHA、EPA(オメガ
3系)、ARA(オメガ6系)等に注目しています。

http://health.suntory.co.jp/omega/library/omega3_6/#a01
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「ω3系不飽和脂肪酸」というのはよく聞きますが、サントリー
の製品はω6系も含むため、こういう言い方をしているようです。

 それなら単に「多価不飽和脂肪酸」と言えばよいのですが、「オ
メガ」という何だか占いに出てくるような語感を使いたかったよう
です。

 それにしても、以下のような宣伝文句は、もう薬事法違反のレベ
ルではないでしょうか?

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 サントリーが自信を持ってオススメする、年を重ねてもシャキッ!
としていたい方へ向けて作られた「サントリーオメガエイド」。い
つまでもハツラツと人生を楽しむ為に必要なオメガ脂肪酸のパワー
をぎゅっと1つにまとめたサプリメント!

 食事からでは摂りにくいDHA・EPAに加え、年齢とともに摂取が難
しくなる「アラキドン酸」が配合。見落としがちな加齢が進むにつ
れ足りなくなる成分に着目・配合をしたオメガエイドのオメガ脂肪
酸がスッキリ健やかを実現!

 あ!といううっかり忘れが多い…顔は分かるけど名前が思い出せ
ない…、何だか最近ボーっとしてしまいがち、家事や外出がおっく
うで頑張れない…そんな悩みを3種のオメガ脂肪酸がしっかりサポ
ート!

 今から始めれば来年、3年後、5年後、10年後に差が出るサプリ。
年齢を感じ始めたら、食事だけでは栄養は足りません!しっかり補
うパワーのあるサプリを賢く選びましょう!

http://www.buildingdirective.org/dha-epa-supplement/omegaeido.php
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 サントリーほどの大企業が、詐欺師まがいの行為をしても、得ら
れる利益は大したことはないのでは?と思います。それより信用を
大切にしてほしいもので、「恥を知れ!」という言葉を贈っておき
ます。

 と話はこれで終ってしまいますので、以下は「脂肪酸」について
の復習です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

【知っておきたい基礎知識】

■水産油脂

 水産油脂とは、近年は生産量の多い魚油を指している。魚油は、
原料となる魚(イワシ、サバ、スケソウダラ等)を煮熟し、煮汁の
中から油を分離したものである。また、魚の肝臓だけを原料にして
作られた油を肝油という。

 魚油の用途は、古くから硬化してマーガリン、ショートニングの
原料として使われ、最近では水産養殖魚の飼料に多くが使われてい
る。更に魚油中の脂肪酸に多く含まれるエイコサペンタエン酸(E
PA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)は、血中コレステロールの
増加抑制、発ガン予防、老化防止の効果等が報告されている。

■油やけ

 イワシやサバなどの脂肪含量の多い魚類の乾製品、塩蔵品、煮干
などで、乾燥中および貯蔵中に脂質酸化が進んで、黄色ないし赤褐
色に変化する現象をいう。

 脂質の自動酸化により生じたカルボニル化合物が原因物質とされ
ているが、着色物の化学構造は不明である。

 油やけしたものは、色調の劣化のみならず味や香りなど風味の劣
化も著しい。

 酸化を防ぐ簡単な方法はなく、実際には酸化促進要因の除去と酸
化反応を阻止する方法を組み合わせて、その効果を期待している。

 即ち、

1.酸素との接触を避けるため、ガス置換包装あるいは脱酸素剤を
使用する。

2.抗酸化剤を使用して酸化反応を抑える。

■エイコサペンタエン酸(EPA)

 海産の生物に広く分布している。魚では青みの魚やマグロなどの
脂質に多く含まれ、炭素数20で、二重結合が5つある不飽和脂肪酸
である。マイワシでは日本海産はDHAより高い含量を示すことが
ある。

 代謝物であるホルモン様な活性を示すエイコサノイド(プロスタ
グランジン、トロンボキサン、ロイコトリエン)はn−6系脂肪酸
のアラキドン酸の代謝物とは生理活性が大きく異なる。EPAは血
栓症の低減に効果が認められ、1990年に医薬品として認可された。

■ドコサヘキサエン酸(DHA)

 海産の生物にEPAと同様広く分布し、魚類には特に多く含まれ
る脂肪酸である。炭素数22で、二重結合が6つある不飽和脂肪酸で
ある。

 DHA摂取により血清コレステロールのうちHDLには影響は少
なく、悪玉コレステロールとよばれるLDLは顕著に低下する。ま
た血清トリグリセリドの低下作用が認められ、アトピー症状の改善
等の報告もあり、調製粉乳、卵、水産加工食品等への添加が行われ
ている。

 なお二重結合が多く酸素と結合しやすい活性メチレン基を5つ有
することから空気中では酸化劣化が著しく速い。

■脂肪酸

 脂肪酸の基本的な化学構造は、次のように示される。

 CH3CH2CH2・・・COOH

 末端にメチル基(CH3)を、一方の末端にカルボキシル(CO
OH)をもつ。このメチル基とカルボキシル基の間に炭化水素(C
H2など)をゼロから複数個結合している。

 炭素数が2から6のものを短鎖脂肪酸、8から10のものを中鎖脂肪
酸、12以上のものを長鎖脂肪酸といっている。

 炭素数2は酢酸(CH3COOH)、炭素数3はプロピオン酸(C
H3CH2COOH)である。

 天然の脂肪に含まれる脂肪酸は殆ど長鎖脂肪酸である。

 脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がある。

■飽和脂肪酸

 脂肪酸の中で、二重結合をまったくもたないもの。食品には、炭
素数4から20までのものが含まれている。よいエネルギー源となる。
代表例がパルミチン酸とステアリン酸である。

■不飽和脂肪酸

 不飽和脂肪酸は、一個以上の二重結合(CH=CH)を含む。

■高度不飽和脂肪酸

 多価不飽和脂肪酸ともよばれるが、二重結合2つ以上のものを多
価不飽和脂肪酸といい、4〜5以上のものを高度不飽和脂肪酸という
ことが多いが、明瞭な区別はされてない。魚油に多いエイコサペン
タエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがある。

■不飽和脂肪酸の炭素と二重結合の位置の表わし方

 不飽和脂肪酸中の炭素の位置および二重結合の位置を表わすのに
二通りの方法がある。

□カルボキシル基側を基点にする方法

 カルボキシル基(COOH)の炭素を1位の炭素(1C)とし、メ
チル基側に向かって順次2位(2C)、3位(3C)、4位(4C)・・
・・とし、メチル基の炭素をn位(nは総炭素数)として炭素の位
置を表わす。

 二重結合の位置は、△に炭素の位置数を示す。9位と10位の間に
あれば△9と表わす。

 例えば、リノール酸は18個の炭素と2個の二重結合をもっており、
その二重結合は9Cと10Cの間および12Cと13Cの間にある。

 18個の炭素と2個の二重結合は18:2と表わし、2個の二重結合の
位置を△9,12と表わす。従ってリノール酸はC18:2△9,12と表示
される。なお、C18:2(9,12)あるいは単に18:2(9,12)と表示
することもある。

□メチル基側を基点にする方法

 メチル基の炭素に最も近い二重結合をもつ位置を数える。

 例えば、リノール酸CH3(CH2)3CH2CH=CHCH2CH
=CH(CH2)7COOHは、メチル基に最も近い二重結合がCH
3から6番目のCにある。

 CH3から6番目に二重結合をもつ脂肪酸をn−6(エヌマイナス6
と読む)系不飽和脂肪酸という。また、これをω(オメガ)6系不
飽和脂肪酸ともいわれる。

 CH3から3番目に二重結合をもつ脂肪酸をn−3系不飽和脂肪酸
という。また、ω3系不飽和脂肪酸ともいわれる。

http://www.suisan.or.jp/html/kisochishiki.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 オメガ何とかというのは最後の「メチル基側を基点にする」表現
方法なのですね。

 また、「n−」という書き方もあり、その方が普通かもしれませ
ん。主な不飽和脂肪酸の分類は以下のようなものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■n-9系

□オレイン酸

オリーブ/菜種/アーモンド/ピーナッツ/アボカド

■n-6系

□リノール酸

紅花油/ひまわり油/大豆油/コーン油/ごま油/くるみ

□γ-リノレン酸

食品には余り含まれていな い。母乳、特 別な種子、藻類に含まれる。

□アラキドン酸

レバー/卵

■n-3系

□α-リノレン酸

亜麻/しそ/えごま

□エイコサペンタエン酸(EPA)

うなぎ/まぐろトロ/ぶり/さば/さんま/はまち

□ドコサヘキサエン酸(DHA)

さば/はまち/きんき/まいわし/うなぎ/さんま/ぶり

http://hontonano.jp/nutrition/002_lipids.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 不飽和脂肪酸のうち、ω3系とω6系は「必須脂肪酸」とされま
すが、以下のような理由によります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ω-3脂肪酸

 α-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA),ドコサヘキサエ
ン酸(DHA)に代表されるω6位とω3位に2重結合を有する不飽
和脂肪酸で,ヒトでは生合成によっては産生されないため,食餌に
よって補充する必要がある必須脂肪酸である.

 ヒトを含む動物は,ステアリン酸からオレイン酸を生成するΔ9
-脂肪酸デサチュラーゼを有してはいるものの,ω6位に二重結合
を作るΔ12-脂肪酸デサチュラーゼも,ω3位に二重結合を作る
Δ15-脂肪酸デサチュラーゼもどちらも有していないので,リノ
ール酸もα-リノレン酸もどちらも自ら合成することができない.

 ω-3脂肪酸による抗炎症作用や,学習能,視力への関与が報告
されている.

http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?ω-3脂肪酸
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 動物は脂肪そのものを食べ物から摂取するしかなく、食べ物に既
にこれらの脂肪酸も含まれているので、わざわざコストをかけて合
成する必要はないということでしょう。

 ここでも結論は「バランスのよい食生活」です。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 義母の「初盆」でお寺に参ってきました。妻の実家は旧高野山領
で、当然真言宗なのですが、門徒の家に育った私からみると、何と
も面倒なものです。他人がやっている分には興味のある仏教習俗で
も、自分がやるとなると大変すぎます。

 今年は暑くなるのが遅かったので、8月も半ばになって本格的な
夏が来た感じです。暦ではもう秋で、「残暑」というべきなんです
けれどね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-875号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/