安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>871号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------871号--2016.07.17------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「ミカンバエとミカンコミバエ」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まずはわりと大きく報道されていた、商品回収のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■<キッコーマン>麺つゆにクモ混入 50万袋を自主回収 

 キッコーマンは14日、具入りの麺つゆ「具麺(グーメン)ソー
ス あまから肉ぶっかけ 120グラム」の約50万袋を自主回収
すると発表した。今年5月、購入者から異物混入の指摘があり、調
査したところアシダカグモと判明したという。

 製造委託先の茨城県内の工場を調べたが、混入経路は分からなか
った。他に混入例の報告はないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000084-mai-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「具入り」とのことですから、具の方に初めから入っていたので
しょうか。金属探知機なんかでは見つけられないのがつらいところ
です。

 次は「タマネギ」の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■淡路産タマネギ高騰 「べと病」で佐賀産品薄に

 タマネギの生育不良につながる「べと病」の流行に伴い、生産量
全国2位の佐賀県が記録的な不作となり、全国的に市場価格が高騰
している。この影響で、べと病被害が比較的軽い全国3位の兵庫県
(淡路島)産が注目され、主要卸売市場での価格はわずか1カ月間
で約2・7倍に値上がり。淡路の生産農家は出荷を急ぐが、県内小
売店の店頭価格も高止まりで、消費者には悩ましい人気ぶりだ。

 ブランド力が高い淡路島産タマネギの今年6月の市場価格は、1
キロ当たり170〜190円台に。この時期としては過去10年で
最高値水準となり、7月11日には202円と、再び上昇傾向とな
った。

 この高値により、淡路島では秋や冬の出荷用として冷蔵に回すタ
マネギの割合が大きく低下。収穫後すぐに出荷する生産者が増えて
いるという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201607/0009279638.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 間もなく北海道産が出てきますが、それまでは高値になりそうで
す。こういう場合、生産者は貯蔵せずに早めに売ってしまうでしょ
うから、しばらくは品薄になりそうです。

 次はアメリカでGMOの表示に関する法律ができたという話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■米国上院がGM表示法案を可決

 米国上院がGMO由来食品の表示に関する全国基準を作る法案を63
対30で可決した。

 この投票は7月1日からバーモント州で発効したような州毎のパッ
チワーク状の表示法案を阻止するために単一の国の基準を要請して
いた食品企業、農業団体、バイオテック企業の勝利を意味する。

 一方GMO批判者はこの法案を製品にGM成分が含まれるかどうかを
知りたいと思う消費者を適切に守らないと言う。

 この法案を支持したPatrick Leahy上院議員は、これが妥当な対
策だと言う。「この法案は全く安全性に問題のない食品に汚名を着
せることなく公正で客観的な情報を提供するだろう。何ヶ月もの議
論を経て、責任あるやり方で店舗や家庭に正しい情報を提供する賢
明な提案を見つけた」

 この法(S. 764)は各州がGMO表示を義務化する法律を出すことを
阻止するだろう。製造業者はGMO存在を示すUSDAシンボル、簡潔な
言葉での表示、あるいはQRコードでの情報へのリンクを含む表示を
する。小規模事業者は電話番号やインターネットのウェブサイトを
表示できる。USDAが2年以内にどの製品に表示を求めるかを決める。

 法案は下院に送られる。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20160711#p21
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このところ、州によっては過激な法律ができていたりしたので、
より上位の、連邦レベルの法律を作ったということのようです。

 次は何度か紹介してきた、BSEの検査廃止の件ですが、いよい
よ後戻りできないところまで来たようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■BSE検査、来年廃止=「健康影響なし」−食品安全委

 内閣府の食品安全委員会は12日の会合で、BSE(牛海綿状脳
症)対策として国内の食肉処理場で生後48カ月超の国産牛に義務
付けているBSE検査について、廃止しても「人への健康影響は無
視できる」とのプリオン専門調査会の報告を受けた。

 同委は8月をめどにこの内容を厚生労働省に答申する。これを受
け同省は省令改正などを行い、来年には検査を廃止する方針。

 一斉検査の廃止後も、足がふらつくなど運動障害がある生後24
カ月以上の牛に対するBSE検査は続ける。

 国内では2001年9月にBSE感染牛が初めて確認された。政
府は同年10月、感染防止のため牛の肉骨粉の飼料利用を禁止し、
食肉処理場で全ての月齢の国産牛を対象とするBSE検査の実施を
義務付けた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071200709&g=eco
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今まで段階的に縮小してきて、さすがのマスコミも煽るネタがな
くなっていますので、このまますんなり決まりそうです。

 最後は和歌山の「勝浦漁協」が破綻したという話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■クロマグロが回転寿司から消える? 名門「勝浦漁協」破綻の衝
撃 水揚げ不振の背景に何が

 日本人が好むクロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。
日本有数のクロマグロの漁獲量を誇る和歌山県那智勝浦町の「勝浦
漁業協同組合」が5月に経営難から破綻・解散したことは、漁業関
係者に大きな衝撃を与えた。

 同漁協は今年初めに400キロ以上の超大型クロマグロを水揚げし
て話題になったばかりだが、全体の漁獲量低迷は深刻化していた。
背景には商品価値の高い中型クロマグロの減少が指摘される。回転
寿司でも“鉄板ネタ”のクロマグロが回らなくなる日がきてしまう
のか……。

 勝浦漁協は約11億7千万円の債務超過に陥り、地域経済活性化支
援機構(東京都)などの支援を受け、解散することが決まった。10
月をめどに市場などを那智勝浦町に譲渡、県漁協協同組合連合会が
事業を引き継ぐ。

 名門漁協の破綻は過去に抱えた貸し付けが不良債権化したことが
直接の原因だが、その背景として指摘されるのが近年のマグロ漁の
不振だ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1607/14/news067.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この後に、このごろは小型のマグロばかりだという話が続いてい
ますが、小型のものまでとり尽くしたから困っているわけです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「ミカンバエとミカンコミバエ」
------------------------------------------------------------

 奄美大島で、「ミカンコミバエ」が根絶されたというニュースが
ありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ミカンコミバエ“根絶宣言”に農家安堵

 奄美大島で発生した果物の害虫・ミカンコミバエについて14日、
農林水産省が“根絶宣言”を行った。これで島外への出荷が自由に
なり、生産農家は安堵の表情を浮かべた。

 ミカンコミバエが確認されたのは昨年秋。同12月には島外への
果物の出荷が禁止された。

 岡山さんの果樹園は、発見地点から半径5キロ以内にあり、果物
は廃棄対象となった。約23トンを地中に埋めた。廃棄分は県が買
い取る形となり補償されたが、「精魂こめて作った果実を捨てるの
は、やりきれなかった」と振り返る。

 JAあまみ大島事業本部の果樹部会長でもある岡山さんは「早め
の廃棄が早期の根絶につながる」と周辺農家にも理解を求めた。県
などの防除作業も功を奏し、昨年12月21日を最後にミカンコミ
バエは確認されなくなった。今年4月27日には島外への出荷が植
物防疫所の検査を条件に認められた。

 今回、島外への出荷禁止措置から約7か月ぶりに出荷規制が全面
解除され、奄美の果物や野菜が自由に市場に出回る。伊藤知事は
「植物防疫所をはじめとする関係機関や生産者らの協力のおかげで
規制解除に至った。(今後は)侵入警戒体制の強化や、万が一に備
えた迅速な防除体制の整備に万全を期したい」とのコメントを出し
た。

http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20160714-OYTNT50026.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は奄美大島で配布されている、ミカンコバエの啓発チラシで
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------
■ミカンコミバエのまん延防止にご協力ください!

 奄美大島へのミカンコミバエの再侵入により,植物防疫法に基づ
く緊急防除による規制対象品目の島外移動規制が12月13日から
はじまりました。ポンカンやタンカンなどの果実の廃棄作業も随時
市町村毎に開始されました。

 県では,国や市町村と連携し,計画的な防除に取り組んでいます。

(1)ミカンコミバエの発生状況を確認するトラップの増設と調査
回数の増加

(2)雄成虫を誘殺し,交尾機会を少なくすることで,ハエの密度
を下げるためのテックス板の設置→人力による設置とヘリコプター
による散布

(3)主に島外に出荷されていた果実の買上と廃棄

(4)ミカンコミバエが寄生する可能性がある寄主植物の調査とそ
の除去

 特に,各家庭の菜園や自生しているバンシロウ,かんきつ類など
の寄主植物の除去は,県・国・市町村などの関係機関だけでは難し
いため,生産者をはじめ,地域住民の協力が重要です。各市町村の
呼びかけに応じて,積極的な協力をお願いします。また,かんきつ
類の放任園がある場合は,市町村へ情報提供をお願いします。

1 ミカンコミバエは多くの果物・植物に寄生します!!

 ミカンコミバエは英名で「オリエンタルフルーツ・フライ(東洋
の果実に寄生するハエ 」と呼ばれ, )寄生する植物は,パイナッ
プル等を除くほとんどの果実,トマトやナスなどの一部の野菜,樹
木等の野生種を含めると約270種にものぼります。4月までは,
キンカンやビワへの寄生が心配されます。

2 ミカンコミバエの生態と見分け方!!

●ミカンコミバエは,在来のミカンバエに比べ,成虫・幼虫ともや
や小さいのですが,寿命が長く,産卵数が多く,繁殖力が旺盛です
冬場は15℃以下になると,交尾・産卵はしないとされていますが,
最高気温は17℃を越えるため,2月以降の発生が心配されます。

●簡単な見分け方法

・幼虫が1cmを越えると,ミカンバエ

・ひとつの果実に1〜2頭の幼虫数であれば,ミカンバエ

・3〜7月に幼虫がいたら,ミカンコミバエ

□ミカンコミバエ
分布 東南アジア
体長 7〜8mm
体色 黒地に黄,羽は透明
産卵数 1,200〜1,500個/雌
飛翔距離 40〜72km
休眠性 なし
羽化時期 周年
成虫寿命 約130日(25℃)
世代数 8世代(沖縄県)

□ミカンバエ
分布 九州〜台湾
体長 10〜12mm
体色 黄褐色,羽は透明
産卵数 30〜40個/雌
飛翔距離 −
休眠性 あり
羽化時期 6〜7月
成虫寿命 約40日
世代数 1世代

3 特に寄生しやすい植物は!!

(1)ミカンコミバエが特に好み,寄生しやすい植物は,下表の3
樹種になります。

バンシロウ

科 名:フトモモ科
重要度:★★★★★★★
寄生時期8〜12月

※ミカンコミバエが最も好む植物(秋に幼虫の寄生が確認された果
実の9割がバンシロウであった)

アセロラ
科 名:キントラノオ科
重要度:★★★★
寄生時期7〜11月

※果径1.5〜2cm,サクランボに似る 沖縄県で幼虫の寄生が多く
報告されている

モモタマナ
科 名:シクンシ科
重要度:★★★★
寄生時期11〜12月

※果径5cm,ラグビーホール状 街路樹や公園樹として植栽され
ている 沖縄県で冬季に幼虫の寄生が多く確認されている

(2)特に,バンシロウは,集落内や果樹園等,広範囲に植えられ
ています。また,廃屋や野良バンシロウも多く,管理面に不安が残
ります。

(3)必要以上のバンシロウや野良バンシロウは強めの剪定をしま
しょう。

http://goo.gl/7kO0rr
(http://www.pref.kagoshima.jp/~/49680_20160209222826-1.pdf)
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 昨年秋に発見されて、植物防疫法に基づいて島外移動規制されて
いたのが、関係者の努力の甲斐あって、無事復活できたというニュ
ースです。

 ここに「ミカンコミバエ」と「ミカンバエ」の対比がありますが、
ミカンコミバエの方が危険度が高いけれど、分布も少ない、という
関係のようです。

 ミカンバエの方はあまり広がらないので、それほど大きな問題に
はなっていませんが、九州の一部だけに生息しているようです。

 そんな中、九州の一部の県からアメリカへの輸出が可能になった
というニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■九州産ミカン、対米輸出可能に 佐賀など4県

 農林水産省は12日、九州産の温州ミカンの米国輸出が11日か
らできるようになったと発表した。日米間の協議で、九州から温州
ミカンを輸出する際は、生産園地やその周囲で、害虫のミカンバエ
の発生を調査するとの条件で合意した。

 輸出できるようになったのは、福岡、佐賀、長崎、熊本の4県で、
米国向けの温州ミカンの輸出を求めていた。一方で、大分、宮崎、
鹿児島の3県は米国との検疫条件を設けていないため、輸出できな
いままという。

 米国はこれまで、温州ミカンの輸入は本州産と四国産に限定。大
分県などでミカンバエの発生が確認されているとして、九州産を禁
止していた。

http://www.saga-s.co.jp/column/economy/22901/333295
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は農水省からの報告です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■米国向けうんしゅうみかんの輸出検疫条件の合意について(九州
産(福岡県、佐賀県、長崎県及び熊本県)うんしゅうみかんの輸出
解禁)

 米国は、九州産のうんしゅうみかんの輸入を禁止していましたが、
日米間の植物検疫協議の結果、ミカンバエを対象とした検疫措置を
含む輸出植物検疫条件に合意しました。これにより、この植物検疫
条件を満たすことで、九州(福岡県、佐賀県、長崎県及び熊本県)
からの輸出が7月11日付けで可能となりました。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/160712_2.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「輸出植物検疫条件」は以下のようなことのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■米国向け九州産(福岡県、佐賀県、長崎県及び熊本県)うんしゅ
うみかんの輸出植物検疫条件の概要

【1】ミカンバエを対象とした検疫措置

(1)生産園地の登録

 生産者は、植物防疫所に生産園地を登録するための申請を行う。

(2)生産園地及びその周囲のミカンバエに対するモニタリング調


1.実施期間は、6月1日から10月31日であること。

2.タンパク質加水分解物を誘引剤としたガロントラップを使用す
ること。

3.トラップ設置密度は、4平方キロ当たり1個とし、生産園地及
びその周囲に設置すること。

4.2週間ごとにトラップを点検し、誘引剤は2週間ごとに交換す
ること。

(3)生産園地でのミカンバエに対する生果実調査

1.実施期間は、9月1日から10月31日であること。

2.調査間隔は、2週間に1回とすること。

【2】その他の検疫措置

(1)園地における薬剤散布

 準備された防除暦に基づく病害虫防除と栽培管理を行うこと。

(2)果実の表面殺菌

 植物防疫所により登録されたこん包施設においてカンキツかいよ
う病に対する表面殺菌がなされたものであること。

(3)輸出検査

1.こん包施設内で植物防疫所はロットごとに3%(小数点以下切
り上げとし、最低2箱)の箱を抽出し、箱内の全量を検査する。

2.ミカンバエの寄生果が見つかった場合、当該生産園地の登録を
取り消すとともに、その生産園地が所在する県からのその年の果実
は、輸出が認められない。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/pdf/160712_2-01.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 なんだか大変そうですね。ミカンバエについては以下のような説
明があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日本にもいる果実ミバエ(ミカンバエ)

 外国から昆虫学者が来る度に話題となるのがミバエのことです。
彼らは異口同音に日本にミバエ問題がないのはなんと幸運なことか
と言うのです。チチュウカイミバエやクイ−ンズランドミバエなど
で農産物の輸出対策に苦しんでいる国々から見れば当然のことでし
ょう。

 しかし日本にも数多くのミバエがいます。代表的なミスジミバエ
等はカラスウリの実や過熟したカキなどに産卵するのですが,幸い
なことに未熟な果実に産卵するものはほとんどありません。ミバエ
ではありませんがサクランボに寄生するオウトウショウジョウバエ
が時々話題になる程度です。

 しかし本当は日本にもカンキツに産卵するミカンバエというれっ
きとした果実ミバエがいるのです。このミバエは生息地が限定され
ており,飛翔能力も短いと云うことで数年前までは話題になること
はありませんでした。

 しかし道路の整備や温暖化などに伴い,分布の中心だった大分県
中部から分布を拡大し,愛媛県や山口県でも発生や被害に悩まされ
るようになりました。大型のミバエなので他のミバエと区別するの
は容易です。

http://www.jppa.or.jp/kyokai/dr_takagi/014/mikannbae.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「ミバエ」というのは、果物の実の中に入ってしまう害虫です。
そのうち、ミカン類に寄生するのが「ミカンバエ」です。

 以下は防除法など。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

ミカンバエ

○被害と発生生態

 本種は日本在来のミバエで、カンキツ類のみに寄生する。主な発
生源は放任園や管理不良のミカン園である。成虫が発生園から周辺
の園に飛来し、果実に産卵することによって管理園でも被害を受け
る。

 寄生果は、10月頃から特に果梗部周辺が早く着色し、ヘタ落ちす
るが、収穫期まで落果しない果実もある。県内で確認された寄生種
はウンシュウ、小ミカン、ポンカン、ハナユズである。せとみ、イ
ヨカン、スダイダイ等の果皮の厚いカンキツでは被害は確認されて
いない。

 成虫の雌は、体長11mm程度の大型のミバエで、6月下旬から7月
の上旬に表土中より羽化する。7月の産卵前期間はほ場から一時姿
を消すが、7月下旬〜8月上旬に再び現れ、主に8月に幼果に産卵
する。幼虫は、15mmに達するいわゆるウジで、産卵から約 100日を
経過した後、3齢で果実から脱出する。脱出は早生ウンシュウでは
9月下旬から、普通ウンシュウでは11月上旬から始まり、11月中下
旬にピークとなり、12月中下旬で収束するが、翌年に脱出する幼虫
も少数いる。表土中にて囲蛹で越冬する。発生は年1回である。

○防除方法

(ア)耕種・物理的防除

・発生源である放任園を伐採することが、発生を減少させるのに最
も有効である。

・被害果(異常着色果、早期落下果実)は、ビニール袋に詰めるな
ど、適切な処理に努める。

・柑きつ園周辺の雑木を伐採するとともに、防風林を刈り込み、明
るい園にする。

(イ)薬剤防除

・8月下旬〜9月上旬に1〜2回、浸透移行性の高い殺虫剤を必ず
散布する。防除は、果実の全面に薬剤が付着するようにていねいに
散布する。

http://goo.gl/etsg1u
(http://www.nrs.pref.yamaguchi.lg.jp/)
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 具体的な防除用薬剤は以下に紹介されています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 防除の薬剤としては、以前からジメトエート乳剤の効果が高いこ
とは分かっていましたが、同センターでの試験の結果、ネオニコチ
ノイド剤の効果が高いことが判明。アクタラ顆粒水溶剤、ダントツ
水溶剤、モスピラン水溶剤などが、ミカンバエの防除薬剤として登
録されました。

 現在、どうすれば効率的に防除できるか、防除回数や適期などの
課題について取り組んでいます。「まだ小さな幼虫の時は表皮近く
のミカンの中にいるので、浸透性のある薬剤だと効果がありますが、
成長するとミカンの奥深くに潜ってしまうので薬剤が効きにくくな
ります。また、不妊のオスを作って野外のメスと交尾させることで
根絶できる可能性があるかもしれません」。

□発生地域拡大の一番の原因は、ミカン園の荒廃化

 かつてミカンバエの発生地域は限られていたのに、なぜ今、じわ
じわと広がりつつあるのか。それについて西専門研究員はこう話し
ます。「一番の原因は、荒れたままのミカン園や、生産者の高齢化
やミカン価格の低迷などによって、人手不足となって適期防除が行
えず、中途半端な世話しか行えないミカン園が増えていること。そ
こで増殖し、ほかのミカン園へ広がりつつあるのではないかと考え
られます」

http://www.ymg-ssz.jp/chiikiseeds/mydbusers/view/10091/10
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「放任園や管理不良のミカン園」が原因で広がっているという指
摘は共通しています。

 以下は管理不良園の見本です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■がんばれ!福岡自然農園。ミカンバエに負けるな!

 福岡自然農園(みかん・甘夏柑他の生産者。愛媛県伊予市)のみ
かんに大被害

 みかんの実に卵を産み、幼虫が中から身を食べてしまう害虫「ミ
カンバエ」が発生、被害が拡大しました。

 一般農家なら農薬を使って「根絶」させるのですが、福岡自然農
園は<農薬を使わない栽培>を実践してきた農園です。自分の園の
被害だけなら、ともかく、同じ地域の一般みかん農家にも大打撃を
与える害虫であることから、苦渋の決断として、「農薬は使わず」
は守り、発生したミカン山のみかんをすべて摘み取り、幼虫が出て
こないよう密封して駆除、その後、みかんの木をすべて伐採して、
根絶させる手段をとる決断をされました。

□福岡自然農園は…

 「自然農法・わら一本の革命」を著し、自然農法で有名な故福岡
正信さんの農園。息子の福岡雅人さんから今は孫の福岡大樹さんが、
正信さんの考えを継承しつつも有機肥料、除草は取り入れた無農薬
栽培をおこなっています。生活クラブ都市生活とは、生協となる以
前から30 年を越える取り組みです。

http://hyogo.seikatsuclub.coop/news/2016/03/_225_12_t204_ok_6.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうして「農薬を使わない」価値が「ミカンバエを防除する」価
値より上位となるのか、理解に苦しみます。

 農業をとりまく様々なリスクの一つに、このような害虫もありま
す。農薬を使えなかった時代、先人たちがどんなに苦労したかに思
いを致すべきところです。

 それはそんなに昔のことではなく、わずか100年ばかり前のこ
となのです。そして今でも、様々な苦労は続いています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 入手困難と思っていた原百代著「武則天」(講談社文庫・全8巻)
をネットの古本屋でみつけて、購入しました。やっと晩年のところ
まで読みましたが、1300年前の稀代の名君、大政治家が、女で
あるというだけで(儒学者、歴史家に)今までどんなに貶められて
きたか、胸に迫ります。

 18日から、范冰冰主演のドラマ「武則天」がCSで始まります。
中国で大評判だったということで、楽しみにしています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-871号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/