安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>870号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------870号--2016.07.10------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「築地市場の移転」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも掲題メルマガを拝読しております、

 さて、7/4に配信されたNo.869が、当方メーラーのフィルター
にかかりました。

 フィッシング詐欺メールの疑いがあるということで、ブロックさ
れております。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このメールマガジンには、冒頭に宣伝が入っていますが、これは
「まぐまぐ」が勝手に挿入するもので、私の方では関知していませ
ん。

 メーラーのフィルターの方で「ホワイトリスト」などで調整して
もらうのが一番なのですが、次善の策として、私のサイトでいつで
も閲覧できますので、そちらをごらんください。いつも、メールで
の配信よりも早く、こちらを更新しています。

「安心!?食べ物情報」のバックナンバー
http://food.kenji.ne.jp/review/reviewb.html

 さて、食中毒事件のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■懇親会で12人食中毒 大阪市の居酒屋 カンピロバクターを検
出 2日まで営業停止

 大阪市は1日、同市北区の居酒屋「博多BARU中村屋」で、6
月24日に職場の懇親会を開いていた大阪府と兵庫県に住む20〜
50代の男女計12人が、腹痛や下痢の食中毒症状を訴えたと発表
した。全員快方に向かっているという。

 市によると、発症が6月25〜27日に集中。24日夜に12人
が共通して食べたのが、同店が提供した生の鶏の肝などだった。検
査の結果、7人の便から食中毒菌カンピロバクターが検出された。

 市は店の料理が原因だったとみて、2日まで営業停止にした。

http://www.sankei.com/west/news/160701/wst1607010081-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「生の鶏の肝」とは!食べる方も悪いですが、店の方にもプロの
自覚が足りないです。

 ついでに、最近話題になったカンピロバクターの事件、「肉フェ
ス」の件も紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■イベントで起こった食中毒…鶏肉とカンピロバクター

 B級グルメの大会やイベントが各地で開催されるなど、今は日本
全体が食ブームで盛り上がっています。そんな中で、大きな人気イ
ベントで起こった集団食中毒のニュースが飛び込んできました。今
回は、この事例を参考にしながら、鶏肉とカンピロバクター食中毒
の関係について解説してみたいと思います。

□肉のイベントで発生した集団食中毒

 まず最初に、今回の事例に関するニュースをご紹介しましょう。
日本中の肉料理を堪能できる大きなイベントが、ゴールデンウィー
クに開催されました。東京都で開催されたイベントでは49人が、
福岡での同じイベントからは108人が、食中毒の症状を起こした
ということが報道されました。

『都内の「肉フェス」で食中毒…ハーブチキンささみ寿司を食べた
49人が発症』
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160517-OYTET50029/

『福岡の「肉フェス」でも食中毒、鶏肉握りずし食べた108人が
症状』
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160517-OYTET50031/

 これらのニュースのもとになった、行政からの報道発表資料はこ
ちらです。発症した人に共通していた料理は「鶏肉の握りずし」で、
一部の人たちの便からカンピロバクター菌が検出されています。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160518-OYTET50058/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「鶏肉の握りずし」などは食べてはいけません。

 次はしばらく前に話題になった、「廃棄物横流し事件」に関連し
て、こんなことを言っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食品廃棄物、破砕後に引き渡し=不正転売防止で指針案−環境・
農水両省

 環境、農林水産両省は6日、廃棄した冷凍カツが食用に横流しさ
れた事件を受け、食品廃棄物の不正転売を防ぐ事業者向けの指針案
をまとめた。食品事業者は、廃棄する食品を転売できないよう破砕
や刻印などの対策を取ってから産廃処理業者に引き渡す必要がある
と明記。意見公募などを経て年内に正式決定する。

 指針案は、食品廃棄物の転売防止と飼料などへの再利用促進の両
立を目指している。食品廃棄物の排出事業者には他に、委託時に産
廃処理業者の収集・運搬能力の確認や、適正な料金での契約などを
要請。処理終了後に食品廃棄物が再生利用されているか飼料業者に
確かめることも求めた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070600547&g=eco
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今までの法律をきちんと守らせればすむ話だと思いますが、また
またお役人が「焼け太り」を計っているようです。

 最後は「高圧殺菌」の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■水産業界初の“超高圧製法”による加工品第二弾登場

 ニッポンハムグループのマリンフーズ株式会社は、7月7日(木)
より「回転寿司でおなじみ シーサラダ」を新発売します。

 本商品は、6月8日(水)に発売した漁師町バルシリーズに続き
、水産業界初の“超高圧製法”を利用した加工品です。超高圧製
法は、食品加工に1,000気圧(海底1万メートルに相当)以上の圧
力を利用することで熱を使わない殺菌(超高圧殺菌)が可能にな
る技術です。「シーサラダ」はその高圧処理と独自のノウハウに
より、チルド商品の味を維持しながら従来品と比べ日持ちを向上
させるLLC(ロングライフチルド)を実現しました。

 回転寿司チェーンの軍艦ネタとしておなじみになったシーサラ
ダをパンや野菜サラダ、おにぎりなど食卓への出現頻度が高いメ
ニューにご活用いただくことで、メニューの広がりを楽しめます。
主な原料のイカや貝は、部位ごとにその特性に合わせて別々に調
味してから混ぜ合わせるこだわりで、具材のおいしさがしっかり
と味わえます。

http://www.jpubb.com/press/1106717/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 高圧で殺菌すれば、加熱しなくてもすむので、サラダ用の食材な
どには適したものです。今後広がっていくのでしょうね。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「築地市場の移転」
------------------------------------------------------------

 こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■コバエや蚊だらけに? 豊洲新市場「海水使用禁止」の弊害

 「店舗が狭すぎてマグロが切れない」「水槽が重すぎて床が抜け
る」――。東京・築地市場の移転先である豊洲新市場に、続々と
“欠陥”が発覚している。

 大手メディアもこの問題を連日取り上げるようになり、大炎上寸
前。11月7日に開場を控え、さらなる“痛恨のミス”が明らかに
なった。海水魚を取り扱う市場でナント、「海水」が使えないのだ
という。築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)
はこう言う。

 「昨年夏ごろ、都から店舗のレイアウト案を提出するよう要請さ
れた際、『海水は床に流さないで下さい』と唐突に言われ、ビック
リしました。真水ならOKらしいのですが、それだとちょっとした
水たまりにボウフラやコバエの幼虫が湧いてしまう。築地では海水
で床掃除をしているので、コバエや蚊はほとんど湧きません。海水
ではボウフラは育ちませんからね。別の仲卸の仲間たちも『真水じ
ゃ掃除ができない』と怒ってましたよ」

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/184508
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 日刊ゲンダイの記事を真に受ける人もいないと思いますが、一読、
変なことを言っているという印象を受けました。

 この記事では「海水で洗浄」が素晴らしいという態度ですが、食
品を扱う場所の衛生管理としては、密閉された場所で、空調が完備
していて、床はドライで…というのが当たり前です。

 どうも「築地市場」はそうではないようなので、調べてみました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

2010-07-10 築地市場移転が急務な訳

■築地市場はとっても危険でヤバイです。

 最近築地市場で働く機会があった為、築地市場移転問題が巷でい
かに偏向報道され見当違いの論点と政治ゲームに翻弄されているか
よくわかったのでちょっと一筆。

 まず、なぜ移転するのか?これは簡単な話。

□限度を超えた老朽化の為。

 巷ではオリンピック問題やら利権がらみのゴシップ記事で溢れて
いますが、それはそれで「おまけ」としてあるのかもしれない。

 それはそれで「移転問題と切り離して論じてくれ!」(そもそも
石原の発言を時系列で並べるとつじつまが合わない、オカルトの世
界)

 さて、どんな老朽化による問題が起きているかというと

------------------------------------------------------------
■築地市場で事故続発、過密深刻化 2009.12.25 18:30

 老朽化と過密化が指摘されている築地市場(東京都中央区)の場
内では先月から今月にかけ鉄板などが落下する事故が続発し、年末
の緊急点検と修理に追われている。また、過密化の弊害でもある場
内の交通事故は今年1〜11月で316件発生した。昭和10年に
開場した市場は来年75周年を迎える。都議会では移転をめぐり議
論中だが、再整備は急がれている。

 落下したのは長さ約1メートル幅約8センチの薄い鉄板と、長さ
約15センチ縦横約5センチのコンクリート片。けが人はなかった。
いずれも水産仲卸業者の売り場で、鉄板は市場が開場する前の昭和
8年に完成した鉄骨の建物。市場によると、海水を濾過(ろか)し
て床の洗浄に使っていることなどから、鉄骨の腐食が進んだことが
原因とみられるという。

 事態を受け、市場は落下を防ぐネットを設置。点検でほかに1カ
所、もろくなっている天井が見つかり、あらかじめコンクリートを
たたき落とすなどの対策を行っている。鉄骨がむき出しの状態だが、
市場は「移転が控えているので、あまり手をかけられない」と頭を
抱える。

 一方、市場内での交通事故は過去2年間、年間400件を超えて
推移しており開場日1日当たりおよそ1・5件。事故は商品運搬用
車両同士の衝突など関係者の事故が大半だが、観光客が運搬用車両
に足を踏まれるなどの例もある。

 前年同期比で54件減少したものの、繁忙期の年末年始は事故が
多い。市場は来年1月23日まで、観光客に人気のマグロの競りの
見学エリアを閉鎖。市場は「観光客が殺到すると危険」と説明して
いる。

 交通事故の主な原因は、鉄道輸送が主だった時代に建設されたな
ごりで、車両の明確な導線がないため。車両と歩行者の導線を分け
た平成元年建設の大田市場(大田区)は、広さが築地市場の約2倍
にもかかわらず、20年の年間事故数は153件と築地の半分以下
だ。市場は場内での時速15キロでの走行を呼びかけているが、関
係者は「それでは周りに遅いといわれる。導線がないため我先に突
っ込んでいるのが現状だ」と指摘。市場は「根本的な解決には移転
しかない」としている。

 築地市場の再整備をめぐっては、都は豊洲地区(江東区)に移転
新築し、26年の開場を目指す。予定地で土壌汚染が判明し、都議
会第1党の民主は現地での再整備を掲げるが、都は土壌改良で安全
は確保できるとしている。22年度の予算要望では、民主が移転関
連予算を計上しないよう求める一方、自民、公明は計画通り移転を
進めるよう要求。真っ向から対立している。
------------------------------------------------------------

>先月から今月にかけ鉄板などが落下する事故が続発

 水産仲卸で起きた事件だけど、普通の建築物・施設であればとう
の昔に「使用中止命令と立入禁止措置」がとられて然るべき事故で
ある。

 また、この件に関して場内で働いていれば、どこに鉄骨が落下し
たか知っているだろうけど、移転反対派がデマを流しています。あ
の時の特別警戒区域は第5大通りと第6大通りの間、2000番〜5000
番の辺りだったわけで、これはもう、中枢部分が老朽化してヤバイ
って話です。

>市場内での交通事故は過去2年間、年間400件を超えて推移

 この記事が書かれた12月に、なんと1ヶ月に100件超えの事
故が発生し、安定して年間400件超えの交通事故生産現場となっ
ている。

 交通事故の主な原因だが、記事にもある通り「鉄道輸送に最適化
された設計の市場で、世界にも類を見ないほどの魚の取引をトラッ
ク物流で行っているから!」

(略)

 建物そのものを導線通りに並べて、場内の交通の必要性を極力減
らすのが通常の設計で、鉄道時代なら理にかなった設計なわけ。

 しかし、トラック物流に移行して、全門から一斉に卸・仲卸を目
指した車の流れと、そこから脱出する空荷のトラックの流れと、下
ろした荷物を適正位置に運ぶフォークリフトやターレーの大渋滞、
そして5時頃から魚を仕入れに来る業者さんの大渋滞、そこを邪魔
する観光客!

 現在の築地は「交通事故を発生させるための設計」と言っても過
言じゃないだろう。

 そして、魚を筑地に運んでくるトラックや、筑地に仕入れにやっ
てくるトラックや乗用車は、当然ディーゼルだったりガソリン車だ
ったりするわけで、それが大渋滞するもんだから築地市場の排気ガ
ス濃度も半端じゃない。

 一応、場内のターレーの電動化を進めることで半端じゃない場内
の大気汚染を食い止めようとしてはいるけど、電動ターレーは馬力
がないし電圧が落ちてくると坂も上れなくなるので場内では非常に
評判が悪い。

 移転反対派の大部分は「食文化の保護」とかもっともらしい事を
言うが、そんな命の危険と大気汚染(魚に有害物質が付着する危険)
を抱えた現市場で何の文化を守るんだろうね?

http://d.hatena.ne.jp/ottyanko/20100710/1278788528
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「海水を濾過して床の洗浄に使っていることなどから、鉄骨の腐
食が進んだ」のですから、新施設ではこんなことはやめよう、とな
るわけです。

 築地市場は衛生管理としては落第クラスであると思った方がよさ
そうです。

 施設のおそまつさについては、以下のところでも言及されていま
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■最先端の施設で安全に効率よく魚を捌く

 じつは現在の築地場内市場は甲子園の銀傘のような屋根はついて
はいるものの、密閉はされてないんです。

 ある意味、吹き曝しのようなもので、真夏の日差しや風雨を凌ぐ
にはあまりにもおそまつなもので、結構シビアすぎる環境みたいで
す。

 新市場では完全密閉のインテリジェントビルに生まれ変わり、温
度管理も徹底されているので、新鮮なお魚をばっちりキープできそ
うですね。市場で働くかたも、1年中快適に仕事が出来そうですね。

 築地市場の前で、毎朝大渋滞を起こしていたトラックも、十分な
駐車&荷捌きスペースが確保されるので、プロの殺気も少しは収ま
るカモ!?

http://www.zauo.com/tips/1326/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 移転が計画されている新施設については、こんな記事があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■築地市場、豊洲移転のビフォーアフター。世界最大級の卸売市場
に受け継がれるブランドの行方

2015年09月07日

●広大な敷地面積

 豊洲市場の敷地面積は東京ドーム9個分にあたる40.7haで、築地
市場の1.8倍。高度な品質・衛生管理が可能な卸・仲卸売場、物流
の効率化を図る広大な駐車場や荷捌きスペースが配置される。

●物流の効率化

 錯綜する動線が円滑な物流を阻害していた築地に比べ、豊洲では
施設を一体的に配置することで物流を効率化。荷捌き場と売場を近
くに配置して大型トラック、小口、大口の買出車両といった車両動
線を分離する。またまたICタグを活用した車両誘導システムの導入
で移動時間を短縮する。

●品質・衛生管理の強化

 市場施設を閉鎖型・高床式にすることで生鮮食料品を高温や風雨
から守り、品質・衛生管理を強化。これにより、産地から消費者ま
で温度管理を徹底して鮮度を保持するコールドチェーンシステムが
確立される。

●加工機能の強化

 商品のニーズが素材から加工・調製品などの形態に変化している
ことを受け、仲卸業者の店内加工や共同加工スペースなど加工機能
を強化。仲卸業者以外の加工業者も、豊洲市場で原料調達する場合
は施設使用が認められる。

●環境への配慮

 施設の増大や温度管理の徹底でエネルギー消費量は高まる一方で、
場内の全運送車両電動化、国内屈指の太陽光発電などによりCO2排
出量を削減。環境負荷は築地市場よりも低くなる。

●情報インフラ整備

 入荷予定量、入荷量、売買価格などの取引に必要な情報を、市場
業者がリアルタイムに把握できるシステムを構築。取引、物流、決
済機能など市場機能の高度化を図るための情報インフラが整備され
る。また買出人の市場内キャッシュレス・システムやトレーサビリ
ティシステムの導入なども検討されている。

https://www.foods-ch.com/shokuhin/1441187532811/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 市場側からは移転に関してのサイトがあります。

新市場Q&A なるほど納得!築地市場移転
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/faq/

 ここで、以下のPDFファイルが公開されています。

「疑問解消ブック」
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/pdf/book/book_all.pdf

 どう考えても、移転に反対する根拠はないと思います。外国から
の観光客に人気とか言っていますが、こんなところを見せるのは、
「日本の恥」だと言えます。

 もちろん、移転反対派の声もあります。前掲の記事をはじめ、マ
スコミではそちらの方が多いくらいです。その中から一つ、紹介し
ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

[2]新店舗が「狭い」!?

 築地市場の広さは、東京ドームが五つ入るという23ヘクタール。
これに対し豊洲新市場は40ヘクタールと、広さは約2倍になる。駐
車場や通路などの物流スペースを広げて、大型トラック輸送が中心
の物流に対応するのが目的だ。ところが、仲卸業者たちからは「店
舗が狭い」と悲鳴が上がっている。マグロなどの「大物」を扱う仲
卸業者「洸峰(こうほう)」の渡部峰夫社長がこう語る。

「豊洲の店舗では、狭くて包丁が引けないんですよ。マグロの包丁
は刃渡り70〜80センチ、長さ1メートルほどもあるが、店の横幅は
1.5メートルで、壁もあるから実際はもっと狭い。包丁を引くと、
背後の壁に肘が当たる。これではケガ人が出ます。別の場所に作業
場を設けるという話もあったが、お客さんの前でマグロを切らなけ
れば商売にならない。築地が狭いから広いところに移転するという
話だったのに、こんなバカな話がありますか」

 現在の築地の店舗は手狭な中でも何とか備品を配置しているが、
新しい店には入りきらないという。

「マグロ等を入れるダンベ(冷蔵庫)が長さ3メートル以上あり、
魚を切る台やストッカー(冷凍庫)、マグロ解体機もある。新店舗
が狭いので、小さいものに買い替える必要が出てくる。冷蔵庫が小
さくなれば、それだけ扱える商品の量も減ってしまいます」(渡部
氏)

 大型備品は一つ50万円から150万円ほどもする。備品の買い替え
を余儀なくされる業者は、他にも多数存在するという。何のための
広大な敷地なのか。新市場整備部に聞くと、

「現在の市場の店舗1コマあたりの面積は平均7.2平方メートルです
が、新市場では8.25平方メートルになる。狭くなることはないはず
ですが……」

 との答え。どういうことなのか。記者は築地市場内の「水産仲卸
モデル店舗」を訪れた。豊洲市場にできる新店舗の“モデルルーム”
だ。

 実際に目にした店舗はモデルとはいえ、どこかよそよそしい事務
的なたたずまい。築地との最大の違いは「壁」の存在だ。築地では
各店舗間や通路との間に壁がない店舗が多く、開放的な空間が広が
っている。一方、豊洲のモデルでは2店舗ずつのユニットが、一部
に透明な窓がついた壁に覆われ、「部屋」のようになっている。さ
らに、室内の2店舗間にも間仕切り壁の設置が義務づけられるとい
う。

 「これまでなかった壁があり、各店舗に流し台の設置も義務づけ
られる。壁にも柱や造作物などの影響で凹凸がある。数字上の面積
が広くなったとしても、実用面ではとても狭くなったというのが実
感です」

 にぎにぎとした市場の雰囲気も、がらっと変わってしまうのか。
取材した卸売業者たちは「壁はいらない」と口をそろえるが、都の
福祉保健局に問い合わせると、

「食品衛生法にある営業許可のための基準に、『使用目的に応じて
区画をしなければならない』とあり、法的に必要です」

 とのこと。「築地市場の店舗には壁がありませんが」と尋ねると、
こんな答えが返ってきた。

「壁はあるはずですが……。もしないとすれば、築地市場の開設が
1935年で、47年に食品衛生法が制定される前だったからかもしれま
せん」

 確かに法律ではそういう決まりなのかもしれないが、実際に市場
で働く業者が悲鳴を上げている現実に、運用面で折り合いをつけら
れないものか。

 渡部氏の娘で中央区議の渡部恵子氏がこう語った。

「『卸売市場法』10条には市場の認可の条件に『適切な場所に開設
され、かつ、相当の規模の施設を有するものであること』とありま
す。包丁も引けない施設が『相当の規模』とはとても言えない。今
や築地の魚はアジア各国にも輸出され、『日本の台所』から『世界
の台所』になっている。これだけ使い勝手の悪い施設をつくって、
その機能が維持できるのでしょうか」

http://dot.asahi.com/wa/2016030200129.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「中央区議の渡部恵子氏」が何党なのかはあえて言いますまい。
「使い勝手のよい施設」より、「安全で衛生的な施設」の方が大切
だとは思わないようです。

 「狭い」というのは、要するに現在は「壁」がないことを利用し
て、勝手に店舗で使う面積を広げているのに、新施設ではそれがで
きない、と言っているわけです。

 それにしても朝日新聞さん、食品表示法を守れ!と言わなければ
ならない立場なのではありませんか?

 現状は真っ赤な「食品表示法違反」ですよ。

 海水で洗浄することで「コバエや蚊」はいないと言っていますが、
こんなものはいるようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

築地市場移転で巨大ドブネズミが銀座へ大移動の懸念
2016.02.18

 11月に予定されている東京・築地市場の豊洲移転に伴い、中央区
が場外への拡散が危惧されるネズミを駆除する“ネズミ退治プロジ
ェクト”を始動させた。

 「具体的な作業としては5月と8月に隣接地域の巣穴やマンホール
に殺鼠剤を投入し、植え込み等へ捕獲用ボックスを設置。9月から
来年3月にかけて近隣の住宅や飲食店に捕獲用の粘着シートを配布
します。ネズミはかなり手強いので、プロの業者に委託する。約22
00万円の予算が計上されています」(中央区生活衛生課)

 中央区が駆除する対象エリアは市場の場外。場内は店を構えてい
る各業者が日常的な駆除にあたってきた。

 築地市場・副場長の村上章氏によれば、市場が休みに入るゴール
デンウィークとお盆の年2回、市場全体で一斉に殺鼠剤や粘着シー
トを使用し、ネズミ駆除に取り組んできたという。

 「市場移転の際は、限られた時間の中で解体工事やゴミ処理など
を一気に行なわなければならない。ネズミ問題についても、駆除の
タイミングや方法をこれから詰めていきます」(村上氏)

 築地市場内にいるネズミの大半は、魚肉を好むドブネズミ。中に
は500グラムを超える子猫並みの大きさのものもいるという。個体
数は不明だが、「手強い相手」だけに根絶することは難しい。数年
前に築地市場でネズミの調査をした、ねずみ駆除協議会会長の矢部
辰男氏がいう。

 「ドブネズミは水のある場所を好み、足が濡れていたり油が付着
していたりするので、粘着シートで捕まえられないこともあります。
市場移転の際に完全に駆除することは難しいでしょう」

 矢部氏は駆除しきれなかったネズミが街に溢れかえる“ネズミ騒
動”を危惧する。舞台は築地に隣接する日本一の高級繁華街・銀座
だ。

 「住処とエサを失ったドブネズミが営巣のために、銀座まで大移
動する可能性は十分あります。1991年に東京都庁が新橋から新宿に
移転した際も、旧庁舎の解体後、周辺のビルにネズミが増えたこと
がありました。ドブネズミは土の中に巣を作るので、植え込みの中
に身を潜め、飲食店から出る生ゴミをエサにします」

 高級ブランド店の隙間をネズミの大群が駆けていく──想像する
だけで背筋が寒くなる。中央区とネズミの戦いが“イタチごっこ”
にならないことを祈るばかりだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20160218_385491.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こんなところで大量の食品を扱っているのか、と驚きます。

 何事につけ、悪いことは日本と同じという傾向のある韓国でも、
似たような話題があります。

■韓国で人気の魚市場、「移転問題」で大モメ
レトロな雰囲気が観光客から好評だったのに
http://toyokeizai.net/articles/-/125198

 内容はあえて紹介しませんが、「レトロな雰囲気」の市場がどん
なに汚いかは想像できますね。

 築地市場も、外国人から見れば、食品衛生に関して後進国である
日本の「レトロな雰囲気」が受けているだけだと気付いてほしいも
のです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 肺炎ワクチンの接種以後、体調最悪です。また痩せてしまいまし
た。このところ順調に体重を減らしてきて喜んでいたのですが、そ
ろそろ「痩せすぎ」になりそうで要注意です。

 土曜日には昨年亡くなった義母の一周忌をしました。月日の経つ
のは早いものです。母親の介護がなくなれば、旅行に行きたいと言
っていましたが、毎日息子が犬を預けに来るので、思うにまかせま
せん。近所では「犬の保育園」と陰口をたたかれています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-870号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/