安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>862号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------862号--2016.5.15------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「E型肝炎」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 先週の話に関連したニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■児童ら11人、校庭のスイセン食べ食中毒…長野

 長野県は7日、同県伊那市の小学校で児童10人と40歳代の女
性教員の計11人が、山菜のノビルと間違えて有毒植物のスイセン
の球根を食べ、食中毒になったと発表した。

 いずれも命に別条はなく、快方に向かっているという。発表によ
ると、児童らは6日、校庭に生えていたノビルを採取し、球根を電
子レンジで加熱調理して食べたが、一部にスイセンが交ざっており、
嘔吐などの症状を訴えた。ノビルとスイセンはよく似ており、校庭
には混在して生えていたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160507-OYT1T50104.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■バイケイソウで食中毒 木曽の60代家族2人、山菜と間違える

 県木曽保健所は、木曽郡内の60代男女の家族2人が山菜と間違
えて有毒植物のバイケイソウを食べたことによる食中毒が発生した
と発表した。植物の自然毒による食中毒は今年度に入って2件目。
県健康福祉部は、よく分からない植物は絶対に食べないよう注意を
呼びかけている。

 同保健所によると、2人は郡内で採取した植物をおひたしにして
2日の昼に食べ、吐き気やめまいなどの症状が現れた。植物を調べ
たところ、バイケイソウと判明し、山菜のオオバギボウシ(地方名
ウルイ)と誤って口にしたことによる食中毒と断定された。2人は
快方に向かっている。

 バイケイソウは吐き気や呼吸困難などを起こす有毒成分を含み、
芽が出たばかりのものはオオバギボウシと見分けがつきにくい。県
内では4月、中野市の家族4人がニラと間違えて有毒植物のスイセ
ンを食べて食中毒が発生している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000030-san-l20
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 季節的なものなのですが、特に今年は多いですね。

 さて、先週の「有毒植物」のリストにはありませんでしたが、ト
マトにも毒があるという話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■トマチン

 トマトに含まれるトマチンは、ジャガイモを貯蔵している間に塊
茎から芽が出たときその芽の中に含まれるソラニンと、似た構造を
もつアルカロイド配糖体です。

 トマチンとソラニンは共に多量摂取するとヒトに毒性があります
が、最近、トマチンは昆虫の嫌いな(忌避)成分であることがわか
り、植物は虫に食べられないようにするためにトマチンを合成して
いるようです。

 トマトの代謝産物を、網羅的に全て解析されておられる、かずさ
DNA研究所・植物ゲノム応用部長・バイオ共同開発センター長の柴
田 大輔博士から、トマチンがトマト植物のどの部位に多いか、ト
マト果実の生育段階での含量の変化、トマチンの毒性について詳し
い解説を頂きましたのでご覧下さい。

 トマチンのトマト植物での含量は、組織や生育時期ごとに異なり
ます。

 花、葉、茎に多く、根や未熟果実ではそれよりも少なく、完熟果
実ではかなり少なくなります。トマチン含量の測定値は、トマトの
種類などによっても異なりますが、報告されている測定例を次に示
します。

花(1100 mg/kg)

葉(975 mg/kg)

茎(896 mg/kg)

未熟果実(465 mg/kg)

熟した青い果実(48 mg/kg)

完熟果実(0.4 mg/kg)

 この様にトマトの果実が熟して、食べられる状態になるとトマチ
ンの量が急激に減少します。

トマチンの毒性は、マウスの腹腔内に投与したときの半致死量(LD
50)が32mg/kgであり、これを単純に50kgのヒトに換算すると、半
致死量は1600mg(1.6g)になります(マウスとヒトで効果が同じか
どうかはわかりませんが)。この量は完熟果実では、4000kg(4トン!)、
熟した青い果実では、33kg、未熟果実では3.4kg、に相当します。
中ぐらいの大きさのトマトは約100gですから、未熟果実でも34個を
一挙に食べないと半致死量には達しません。通常、そのような場合
は考えられません。

 毒性と生体機能活性は紙一重であり、最近では毒性よりもトマチ
ンの抗腫瘍活性、LDLコレステロール低下効果など、逆に良い効果
についての報告があります。

 トマトに限らず、普通に食べている食品でも、毒性が全くゼロと
いうことはありません。そのため、特定の食品や成分だけを大量に
摂取するとその毒性の面が顕著になるようになってきます。バラン
スよく食べることが大切ですね。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=803
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日本初のデュラム小麦新品種「セトデュール」

 デュラム小麦は、日本で栽培されている普通小麦に比べて成熟期
が遅く、赤かび病に弱く、白粒で穂発芽耐性が弱いため、収穫時期
が梅雨に当たる国内ではほとんど栽培されておらず、これまで本格
的な品種育成は行われてきませんでした。

 そのため、スパゲッティを始めとしてマカロニ類のほとんどは海
外産のデュラム小麦から作られており、わずかに国産のパン用小麦
を使用した商品が販売されています。しかし、実需者や消費者から
は、国産のデュラム小麦を使用した商品が要望されています。

 そこで、当研究センターでは、温暖で、収穫時期の降雨が比較的
少ない瀬戸内地域ならデュラム小麦の栽培の可能性があると考え、
1998年にデュラム小麦の品種改良を開始しました。瀬戸内地域での
栽培を目指して、普通小麦品種の「農林61号」並の収穫時期を目標
に系統の育成を行いました。

 この系統を用い、2012年に開始した日本製粉(株)との共同研究に
おいて、兵庫県の生産者圃場における試験栽培、加工適性について
の試験を行いました。その結果、一般の圃場で栽培ができること、
加工適性にも問題がないことが確認され、十分に商業栽培が見込め
ることから「セトデュール」の品種登録出願を行いました。

新品種「セトデュール」の特徴

 普通小麦「農林61号」に比べて、成熟期はやや遅い中生の品種で
す。

 種子の特性は、粒色は黄の白粒で、「農林61号」や「ミナミノカ
オリ」に比べて千粒重はかなり重く、容積重も高くなっています。

 製粉では、普通小麦よりもセモリナ生成率が高く、セモリナ粉は
黄色みが高く、黄色色素が多くなっています。

 スパゲッティの色調や官能評価は、輸入されているCWAD(カナダ
・ウエスタン・アンバー・デュラム)よりはやや劣りますが、普通
小麦よりはかなり優れています。

用語の解説

1)デュラム小麦:スパゲッティなどのパスタに使用される小麦で、
パンやうどんなどに使用されている普通小麦の祖先になる小麦です。
デュラム小麦はABの2種類のゲノムをもつ小麦ですが、ここから進
化した普通小麦はABDの3種類のゲノムを持つ異なる植物種です。

5)セモリナ:粗挽きされた小麦粉を意味する。デュラム小麦は普
通小麦よりも種子が硬く、製粉すると粒子の大きい粗挽き粉が多く
取れます。

http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/warc/062694.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 オーストラリアでこんな「詐欺事件」があったそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■詐病ブロガー、訴えられる

 オーストラリアで、自然療法や食事療法で自身の脳腫瘍を治した
と主張し、人気ブロガーとなった女性が、病気や診断全てが嘘だっ
たと認めたそうです。

 この女性は、アプリや料理本も出していて、お金を儲けていたら
しいです。

 この件で画期的なのは、この人の本を出版した出版社にも制裁金
が課せられたこと。

 こういう人、私たち患者にとっては本当に迷惑な存在です。はっ
きり言って、やってることは殺人に匹敵するくらい罪が重いと思い
ます。この人のブログを読んで、治療をやめた人もいるかも知れな
い。

 がん患者に成り済まして商売しようとするなんて、許せません!
そして、私たち患者も、怪しげな代替療法に引っ掛からないように
するために、賢くならないといけませんよね。

http://ameblo.jp/hana0512-voice/entry-12158916024.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは日本でもありそうな話です。この手のものはウソばかり、
というのは常識ですから。

 そんなウソばかりのものも、必ずしも悪いことばかりじゃない、
という意見がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 水素水に関しては

・妙なサプリとか変な成分を摂取しなくなる

・今まで清涼飲料水系を飲んでいたのがただの水になり糖分が減る

・冬は水分が不足しがちになるので適度な水分を取るのは身体に良


 という理由で本当に健康になった人も結構居るというのを聞いて
爆笑してる

https://twitter.com/bottikurihu/status/728948866272223233
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これが「健康食品」の正しい使い方だ、と私も思います。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「E型肝炎」
------------------------------------------------------------

 今年になって、E型肝炎が急増しているというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目
ジビエの生食も一因か

 豚の肉や内臓を生で食べると感染することがあるE型肝炎の患者
が、過去最高だった昨年を上回るペースで増えている。感染拡大を
防ごうと、豚の生レバーや生肉の提供が昨年6月、食品衛生法で禁
止されたが、歯止めがかからない実態が浮かんだ。専門家は、食肉
の十分な加熱に加え、ジビエ(野生鳥獣)ブームで人気のイノシシ
やシカの肉なども生で食べないよう呼びかけている。

長い潜伏期間

 国立感染症研究所によると、今年1月から4月10日までのE型
肝炎患者数は116人で、前年同期の2・2倍に上る。都道府県別
でみると、最も多いのが北海道で31人、次いで東京都16人▽神
奈川県9人▽埼玉県8人▽千葉県6人−と、主に北海道と首都圏に
集中している。

 豚の肉や内臓は、E型肝炎ウイルス(HEV)に汚染されている
ことがある。主に経口感染し、症状が出るまでの潜伏期間が14〜
50日と長いため、原因となる食品が特定されにくいが、これまで
の研究では多くが豚やイノシシなどの肉・レバーを生や生焼けで食
べたことが原因とみられる。

 患者が最多の北海道は、これまでにも加熱不十分な豚レバーを食
べて感染した事例が複数報告されている。今年、発症した患者につ
いて道食品衛生課は「すべての患者に聞き取り調査を行い、原因を
究明中」としている。

ジビエも生食NG

 焼き肉店の食中毒を契機に牛レバ刺しの飲食店での提供を禁止し
た平成24年以降、牛の代わりに豚の生レバーなどを提供する飲食
店が増え、それに比例するようにE型肝炎の感染が拡大。これを受
け、厚生労働省は昨年6月、豚の生レバーや生肉についても飲食店
での提供を禁じた食品衛生法の規格基準を施行した。患者の減少が
期待されたが、6月以降も患者は増え続け、昨年の患者数は過去最
高の212人に上った。

 東京都感染症情報センターによると、今年の患者の中に豚レバー
の生食が疑われる事例があったという。都内の保健所の担当者は
「加熱用といいながら、生レバーを提供する店がある。また、客の
中にも、焼かずにこっそり生で食べる人もいる」と明かす。禁止以
降も生食する人は絶えないようだ。

 一方、新たな感染源とみられるのが、生食提供が禁止されていな
いシカやイノシシなどジビエの肉や内臓だ。近年、農作物被害が深
刻な野生鳥獣を食用として利用するケースが増えており、農林水産
省も活用を推進。ジビエは新たなグルメとして注目を集めている。

 過去に野生のシカやイノシシの生食でE型肝炎の集団発生が報告
されているため、厚生労働省はガイドラインでジビエの生食として
の提供を禁じているが、強制力はない。

中まで十分加熱を

 感染症法は、E型肝炎患者を診断した医師に対し、直ちに保健所
に届け出ることを義務付けている。患者の増加は、23年にE型肝
炎の新たな検査方法が導入され、検査件数自体が増えた可能性も指
摘される。

 E型肝炎のほとんどは自然治癒するが、中には劇症肝炎(急性肝
不全)に進展し、死亡することもある。特に妊婦や高齢者が感染し
て発症した場合、劇症化する率が高いとされる。

http://www.sankei.com/premium/news/160430/prm1604300020-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 牛レバーの生食を禁止して以降、E型肝炎が増えている様子は以
下のとおりです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

E型肝炎(食品媒介性以外も含む。)発生状況
(国立感染症研究所「病原微生物検出情報」より抜粋)

年      2010 2011 2012 2013 2014

報告数(人)  66  61  121  127  151


・感染症法の4類感染症として報告されているE型肝炎の患者数(食
品媒介性以外も含む。)は、年間50名前後で推移してきたが、2012
年から年間100例を超えている。

・世界では毎年2000万人以上が感染しており(食品媒介性以外も含
む。)、そのうち330万人が急性症状を呈し、56600人が死亡ると予
測されている。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/pdf/150216_hev.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今年は過去最高だった昨年の二倍以上のペースというのはちょっ
と困ったものです。

 以下はE型肝炎の概説です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■E型肝炎について (ファクトシート)

 E型肝炎には、毎年推定で2,000万人が感染し、300万人以上がE型
肝炎を発症しており、E型肝炎に関連して56,600人が死亡していま
す。

●E型肝炎は、ほとんどが自然治癒しますが、劇症肝炎(急性肝不
全)に進展することもあります。

●E型肝炎ウイルスは、主に汚染された水によって糞口感染で伝播
します。

●E型肝炎は世界中で発生しています。しかし、有症率は東アジア
と南アジアが最も高くなっています。

●中国では、E型肝炎ウイルス感染を予防する初めてのワクチンが
生産され、承認されました。しかし、世界的にはまだ利用できませ
ん。

 E型肝炎は、E型肝炎ウイルスによって起こる肝疾患です。E型肝
炎ウイルスは、エンベロープを持たない、プラス鎖一本のリボ核酸
(RNA)ウイルスです。

 E型肝炎ウイルスは、主に汚染された飲み水を通して伝播します。
通常は自然に治る感染症で、4〜6週間以内に回復します。時に、劇
症肝炎(急性肝不全)に進展し、死亡することもあります。

http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2015/07241347.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下はE型以外も含めて、ウィルス性肝炎の説明です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

肝炎ウイルスとは?

 肝炎ウイルスには、A型、B型、C型、D型、E型などがあり、A型・
E型肝炎ウイルスは主に水や食べ物を介して感染し、B型・C型・D型
肝炎ウイルスは主に血液・体液を介して感染します。これらのウイ
ルスは主に肝臓に感染し、炎症を引き起こします。それがウイルス
性肝炎です。

■A型肝炎ウイルス

 主に水や食べ物を介して感染します。日本も以前は感染者が多か
ったのですが、衛生状態の改善により、感染者は劇的に減少してい
ます。ところが、感染者の減少に伴いA型肝炎に対する抗体を持っ
ている人の割合も減少してきています。特に若い人の抗体保持者は
少なく、そのような人が衛生状態の悪い国において感染、もしくは
輸入食品で感染する事例が多く報告されています。また、男性同性
間の性的接触により感染する場合もあります。慢性化することは、
ほぼありません。A型肝炎ウイルスにはワクチンがあるため、ワク
チン接種により予防することができます。

■B型肝炎ウイルス

 主に血液・体液を介して感染します。以前は、B型肝炎の主な感
染ルートは母子間(垂直感染)でしたが、わが国では1986年にB型
肝炎の母親から生まれてきた子供に対し、ワクチン接種が開始され
て以来、母子感染は激減しました。また、近年ではしっかりとした
感染対策が取られ、輸血を含め、医療行為による感染はほとんどな
くなりました。B型肝炎ウイルスが免疫機能の正常な成人に感染し
た場合は、ほとんどが急性肝炎の形態を取り治癒します。しかし、
健康成人が感染しても慢性化しやすい欧米型のB型肝炎(ジェノタ
イプ A)が、特に性的接触等により増加しています。B型肝炎ウイ
ルスに対するワクチンがあり、多くの方でワクチン接種による予防
が可能です。

■C型肝炎ウイルス

 B型と同じく、主に血液を介して感染します。以前は輸血による
感染が非常に問題となっていましたが、1992年に輸血血液について
より高感度なC型肝炎ウイルス抗体検査が導入されたことにより、
輸血による感染はほとんどなくなりました。性的接触による感染は
少ないのですが、覚せい剤等の注射の回し打ち、入れ墨(タトゥー)
等の針の使いまわし、不衛生なピアス処置などにより感染します。

■D型肝炎ウイルス

 血液等を介して感染しますが、B型肝炎ウイルスに感染している
人にのみ感染します。D型肝炎ウイルスの重感染により、肝炎が増
悪することがあります。

■E型肝炎ウイルス

 主に水や食べ物を介して感染します。近年、わが国においては豚、
イノシシ、シカのレバーや加熱不十分な肉の摂食によりE型肝炎を
起こした例が複数例報告されています。慢性化することはありませ
んが、妊婦が感染した場合、重篤な経過をとることが報告されてい
ます。

http://www.kanen.ncgm.go.jp/kan-en/knowledge/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 A型とE型だけが水や食べ物で感染するようです。そして比較的
軽症が多いA型に比べて、E型はかなりやっかいなようです。

 そのA型とE型の違いなどの説明です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■肝炎ウイルスによる肝細胞の感染

 ウイルスの臓器感染には二通りあります。一方には、一つだけで
なく複数の臓器に感染するウイルスがあります。この場合でも、脳
だけは別で脳の血管の壁にはウイルスを通さない仕組みがあって、
それによって感染を防いでいます。脳は大切ですので、格別な保護
がされているのだと思われます。もう一方には、決まった臓器にだ
け感染するウイルスがあり、肝炎ウイルスはその代表格です。肝臓
は体の中にあって、外に露出していませんから、肝炎ウイルスが肝
臓に到達するためには先ず血液の中に侵入する必要があります。血
液はあらゆる臓器を環流しています。肝臓を構成する肝細胞の表面
には、肝炎ウイルスが付着する「受容体(レセプター)」があって
両者がまるで鍵と鍵穴のように、ぴったりと合致します。肺と腎臓
など、他臓器の細胞表面には肝炎ウイルスに対する受容体がないの
でウイルスは付着できず、従って感染が起こりません。

 E型肝炎ウイルスは、ブタなどの家畜とネズミにもいることがわ
かって、特にブタのE型肝炎ウイルスはヒトE型肝炎ウイルスと殆ど
見分けがつかないくらい、よく似ています。ですからヒトからブタ、
あるいはブタからヒトへとE型肝炎ウイルスが伝染する可能性があ
りますし、その証拠も出始めています。これを「人畜共通感染症」
といいます。

■A型・E型肝炎ウイルスの感染経路

 A型とE型の肝炎ウイルスには、ウイルスに汚染された飲料水ある
いは食物を、飲んだり食べたりすると感染します。これら二つのウ
イルスには“外殻”(エンベロープ)がないために加熱、酸、アル
コールおよび洗剤で消毒することが難しいのです。

 もちろん、液体でしたら飲む前に沸騰させ、それ以外でしたら十
分に煮るか焼けば肝炎ウイルスは死んでしまいますので、感染の危
険性がなくなります。

 経口感染するこれらのウイルスは、胃の中の酸に壊されることな
く腸にまで行って、そこから血液の中に侵入して、門脈を通り、肝
臓に到達して肝細胞に感染します。そして肝臓の中で増殖し、その
ために肝炎が起こります。沢山のウイルスが胆汁を通って腸のなか
に排泄され、それが便の中に出てきます。便が下水から飲料水のな
かに混入して、消毒が不十分であると大勢の人々が感染します。

 また、川から海の中にウイルスが放出されると、貝類がそれを取
り込んで、ふるいにかけて濃縮します。肝炎ウイルスを含む貝類を
十分に加熱調理しないで食べると、食べた人が感染して、一度に沢
山の人々に肝炎がおこることになります。

 A型とE型の肝炎ウイルスに感染してからの経過はよく似ています。
一つ注意しなくてはならないことがあります。風邪のウイルスでも
同じなのですが、感染した人に症状が出る以前から、他人にウイル
スを感染させることができるのです。その間にもウイルスが盛んに
増えて、便の中に排泄されるためです。また、肝炎の症状がおさま
ってからも数週間はウイルスの便中排泄が続きますので、この間は
感染が広がる可能性があります。

 E型肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルスに比べて糞便中に排泄され
るウイルス量が桁違いに少ないので、たとえ感染者が出ても、家族
が感染することはA型よりずっと少ないと考えられています。また、
そのために食物を介して感染することも少なく、かなりの量が飲料
水に混じった時だけ、爆発的な流行が起こります。

 E型肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルスと比べて感染性が少ないた
めに、感染する人が少ないのですが、いったん感染すると症状はA
型に比べてずっと重くなります。A型肝炎ウイルス感染後に、劇症
肝炎になる割合は0.1%ですが、E型肝炎ウイルスに感染すると1%も
の人が劇症肝炎(脳症状が出て、多くが数週間で死亡する恐ろしい
病気です)となります。妊娠後期の妊婦が感染すると、この割合が
20%にも増加しますので、インドなどE型肝炎ウイルスが蔓延してい
る国では妊婦が感染しないよう細心の注意が必要です。

 A型およびE型の肝炎ウイルスに感染してから3〜4週たって、ちょ
うど症状が出始める頃、血液中に抗体ができます。A型肝炎ウイル
スに対するIgG型の抗体は感染後とても長く続くので、治ってから
は再び感染することはありません。しかしE型肝炎ウイルスに対す
るIgG抗体は長続きせず、また再感染を防ぐ力が弱いと考えられて
います。

 ですからA型肝炎ウイルスにかかると一生の間二度とこのウイル
スには感染しませんが、一度E型肝炎ウイルスにかかっても再び感
染する危険があります。IgM抗体は感染の初期だけに作られ、短時
間で消滅しますので、それが検出されれば急性のA型肝炎ウイルス
とE型肝炎ウイルス感染の診断に役立ちます。

http://www.tokumen.co.jp/column/kanzo1/03.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 E型肝炎の特徴をまとめると、以下のようなものです。

(1)「人畜共通感染症」であり、動物の肉などから感染する可能
性が高い。

(2)感染力はA型より低いが、重症化しやすい。(1%が劇症肝
炎になる)

(3)免疫が持続せず、再感染の危険がある。

 ということで、どんなものであっても、生肉は食べてはいけませ
ん。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 ようやく初夏らしい気候になってきました。昨年は日焼けして痛
い思いをしましたので、今年は注意しなければと、薄い長袖の上着
を買いました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-862号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/