安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>860号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------860号--2016.5.01------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「地ビール」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 先週、新幹線復旧予定のニュースがありましたが、予定どおり復
旧しています。続いて高速道路も復旧のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■九州自動車道が全線復旧 2016年4月29日

 熊本を中心とする地震で一部区間が通行止めになっていた九州自
動車道(北九州・門司−鹿児島)は29日午前9時ごろ、15日ぶ
りに全線復旧した。大型連休初日に交通の大動脈が回復したことで、
被災地の復旧復興の足掛かりになりそうだ。ただ、工事が続いてい
る一部区間は、当面は片側1車線の対面通行で、渋滞が予想される。

 九州道は14日の地震で一部が通行できなくなり、16日の地震
後は一時、最長約232キロにわたって通行止めとなった。

 九州の高速道は、ほかに大分道の湯布院IC−日出JCTが通行
止めになっており、復旧は大型連休明けの5月9日以降になる見通
し。

http://www.daily.co.jp/society/main/2016/04/29/0009035198.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 鉄道、道路とも全面的ではありませんが、大動脈が復活したわけ
で、当初の予想より大幅に早く復旧しています。

 電気、水道、ガスもほぼ復旧したということですし、まだ地震は
続いていますが、すでに復興段階に入ったのだと思います。関係者
の皆さんにはご苦労さまでした。

 それにつけても、「電力自由化」が始まったばかりでよかったよ
うに思います。誰が復旧工事をするのか?という問題がありますか
らね。

 電力といえば、川内原発も地震の影響を受けず稼働中です。いわ
ゆる放射脳方面からはいろいろとデマも飛んでいますが、こんな傑
作なやりとりがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■Seven

 川内原発で異常発生確実 万一の場合への備えを

 川内原発で異常が発生していることは確実と判断しています。こ
の異常事態とは必要なときに原子炉に制御棒を挿入することが困難
になっているという事態と推定しています。

■ひまわり

 こういう人は震災直後に沢山見かけました。精神的な病なのか、
単なる嘘つきなのか。

■フル・フロンタル

 それにしても、川内原発制御棒デマに「原発反対運動の邪魔だ。
止めろ!」という声が全く聞こえない。自浄能力がないということ
である。

■おおさか維新支持&野党共闘支持

 何故有益なデマなのに止めないといけないんですか?

■ひまわり

 馬鹿「有益なデマ」

■KarenKaminSkiski

 「有益なデマ」っていう概念が、新し過ぎて私の脳がフリーズし
はじめた(おっと^^;

https://twitter.com/powerpc970
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 善意で言えば「有益な情報」と言いたかったのでしょうが、「デ
マ」という言葉に抵抗感がなさすぎでしょう。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

デマゴギー【Demagogie】

 事実の所在とは無関係に,他者を扇動するために流される宣伝。
しばしば悪意と中傷を含む流言【りゅうげん】として現象する。根
拠なき宣伝で他者を扇動する人を〈デマゴーグ〉といい,そのよう
な行為を〈デマる〉と日本語使用することもある。

 オルポートとポストマンはデマの流言性について〈R〜i×a〉
という有名な公式を作った。

 デマや流言(R)の頻度と分布は,その重要度(i)とその曖昧
さ(a)の積だという。コーラスはさらに第4の要因として受け手
の批判能力(c)を加え,〈R〜i×a×1/c〉とした。

 つまり,受け手にとって重要と思われ,しかも事柄の内容があい
まいであり,受け手の批判能力が低いほどデマ・流言が浸透しやす
いわけである。

http://www.blhrri.org/old/jiten/index.php?%A1%F6%A5%C7%A5%DE%A5%B4%A5%AE%A1%BC
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この定義、面白いですね。原発に関する現状は、「受け手の批判
能力」が低いところにデマ情報が集中していて、世間一般には流布
していない、ということです。

 そういえば、NHKがデマ情報を流すな、という方針を出したら、
文句を言っている人がいますが、自らデマゴーグ(煽動者)である
という自覚があるのでしょう。

 原発が止まらなかったのは、現地での地震が原発を止める基準の
揺れに達していないからです。他の場所の被害の大きさとは関係の
ない話です。

 東日本大震災のときは基準に達したので全原発は停止しています。
その後津波の被害で、一箇所で大事故になったわけですが、一基で
も動いていれば電源は確保できたわけで、止まった方が安全という
わけでもありません。

 次はボトル飲料で感染症という驚くべきニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ボトル入り飲料水に糞便物質、4000人以上ノロウイルス感染 ス
ペイン

 スペイン北東部カタルーニャ自治州で、ボトル入りの飲料水が人
の糞便物質で汚染されていたことから、4000人以上がノロウイルス
に感染していたことが分かった。地元の保健当局が25日、明らかに
した。

 カタルーニャの保健当局によれば、同自治州のバルセロナとタラ
ゴナで、企業などに設置された冷水器の水を飲んだ後、吐き気、嘔
吐、発熱を訴え、4146人が治療を受けたという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3085290
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 いわゆる「天然水」だったのでしょうね。どうせインチキの水を
売るのなら、水道水にしておけばよかったのに。

 最後も変なニュースです。変な話ばかりで申し訳ありません。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■酒の肴にコガネムシを食べた男性3人が食中毒2人死亡 ベトナム

 南中部沿岸地方クアンナム省ティエンフオック郡ティエンミー村
で20日、男性3人がコガネムシを食べて食中毒を発症し、25日まで
に2人が死亡した。

 死亡したのは、同村在住のボー・ディン・ラムさん(45歳)とファ
ム・フー・ニャンさん(46歳)の2人。ラムさんとニャンさんは20日
午前、チャン・ゴック・ビエンさん(20歳)と3人で揚げたコガネム
シを酒の肴にして飲んでいた。暫くして、3人は吐血や眩暈、下痢
などの症状が表れたため、同郡病院に救急搬送された。

 ラムさんは重体で、搬送中に死亡が確認された。ニャンさんも症
状が悪化し、21日早朝に同省総合病院に転送され集中治療を受けた
が、25日午後に死亡した。

 ビエンさんは症状が安定し、23日に郡病院を退院していたが、2
人目の死者が出たことで同省総合病院に再検査及び再入院を申し出
た。ビエンさんは現在、同省総合病院で経過観察中だという。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/160426123033.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 コガネムシが有毒という話は聞いたことがないですが、何かの事
情で有毒になったものがあったのでしょうか?揚げているので、細
菌による感染症というのでもなさそうです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「地ビール」
------------------------------------------------------------

 ドイツの話ですが、こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ビール大国ドイツ南部バイエルンで「ビールは大麦、ホップ、水
(後に酵母を追加)で造るべし」とした「純粋令」が制定されてか
ら23日で500年になるのを記念し、バイエルン州で22日式典
が開かれた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042200954&g=int
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「ビール純粋令」というのは歴史の時間に勉強しましたね。ドイ
ツ人の真面目で頑固で独善的な性格の現われです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 世界で一番古く、今なお効力を持つ食品関連の法律をご存知です
か?

 それは、ドイツのビールに関する法律「ビール純粋令」です。ビ
ールの原料を「大麦、ホップ、水(後に酵母が追加される)」に限
定したビール純粋令は、1516年にバイエルン王ヴィルヘルム4世に
よって制定されました。

 バイエルン生まれのビール純粋令が、5世紀を経た現在でもドイ
ツ全土で適用されているという事実は、ドイツ人の頑固なまでの美
味しいビールに対するこだわりの現れと言えるでしょう。

 1871年にプロイセン王を皇帝とする連邦国家、ドイツ帝国が誕生
すると、バイエルンは帝国に加わる条件として、「ビール純粋令を
ドイツ全土で有効にする」ことを要求しました。

 翌年に制定された酒税法では、帝国内でのビール醸造に澱粉や砂
糖を使用することが認められましたが、バイエルンは純粋令を主張
し続けます。

 そして同令に則って造られるバイエルンビールの美味しさは徐々
に帝国内に広まり、1906年にはドイツ全土でのビール純粋令の適用
が決まりました。

 もちろん、国内全土での適用には反対の声も上がりました。特に、
それまで原料に大麦以外の麦芽やコーンスターチを使っていた北ド
イツの醸造家は猛反対でした。

 しかし、ピルスナービールの流行も後押しし、副原料やスパイス
を使用したビールは次第に消えていきました。ドイツ帝国崩壊後の
ワイマール共和国、第2次世界大戦中のナチス・ドイツにおいても
純粋令は継承されます。

 ところが戦後、純粋令は窮地に追い込まれます。ヨーロッパ共同
体(EC)諸国からの圧力がかかったのです。フランスが先鋒となり、
「ドイツのみがビールの原料を限定することは、EC内の自由な貿易
を阻害する」とEC紛争裁定委員会に訴えたのです。(確かに、ベル
ギーのフルーツビールやアイルランドのギネスビールなどバラエテ
ィー豊かなビールまでもが締め出されるのは残念です)

 1987年に欧州裁判所は、「純粋令を保護主義的規定であり、非合
法」と判決を下しました。これにより、国内用に造るビールには純
粋令を適用するが、国外からの輸入品と国外への輸出品には適応し
ないことになりました。

 さらに1993年の酒税法改正により、国内で醸造、消費される一部
のビールにも、大麦以外の麦芽や砂糖を使うことが可能となりまし
た。

 法律改正により、ドイツのビールは変わったのでしょうか?

 いいえ、ドイツの多くの醸造家は変わらず純粋令を守り、ビール
を造っています。最新の醸造設備が導入されても、美味しいビール
を守るための頑固さは変わりません。

 ドイツで手にするビールには、しばしば「ドイツのビール純粋令
に則って造られています」と印刷されたラベルが貼られています。

 純粋令に則ったビールは、無添加で栄養価が高く、安全で健康的
な飲み物として消費者に愛されているのです。誰が何と言おうと、
純粋令はこれからもドイツの誇りであり、美味しさを約束するブラ
ンドの1つです。

http://www.newsdigest.de/newsde/gourmet/beer/2743-817.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 さて、日本ではこんな催しがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

大阪城クラフトビアホリデイ

4月21日(木)〜24日(日)大阪城公園駅前広場にて開催。日本各
地の個性派ブルワーが集まるクラフトビールの祭典です。

http://beerholiday.jp/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 また震災と関連して、こんなニュースもあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■熊本の地ビール救え…福岡のフェアで2銘柄販売

 熊本地震の影響で廃棄される恐れがあった熊本県内の地ビールが、
福岡市で29日に始まった「九州地ビールフェア」で特別販売され
ている。

 観光客が減少し、売り上げが落ち込んでいたことを知った同フェ
アの主催者がメーカーに出品を持ちかけた。会場を訪れた人は「少
しでも復興の役に立つのなら」と買い求めていた。

 同フェアは、福岡市早良区百道浜の福岡タワー前で、5月5日ま
で開催される。特別販売されているのは、熊本県南小国町・黒川温
泉の「湯上り美人」と、JR九州の観光列車「SL人吉」などで売
っている「小町麦酒」の2銘柄。いずれも熊本市のメーカー「熊本
クラフトビール」が製造し、県内限定で販売している。

 同社では、大型連休の需要増を見込んで、3月上旬から通常の倍
近い量の仕込みを始め、地震発生時には瓶詰め工程まで進んでいた。
ところが、地震の影響で黒川温泉は予約客のキャンセルが続出し、
SL人吉も15日から28日まで運休した。同社の倉庫には約20
00本が出荷できずに山積みになっていた。

 地ビールはビール酵母を濾過しないため消費期限が短く、同社で
は廃棄も検討していた。同社の鳥井誠人社長は「本当にありがたい。
早く製造を再開できるように頑張りたい」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160430-OYT1T50011.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は地ビールの定義など。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

1.地ビールとは

 平成6年4月の酒税法改正で、ビールの年間最低製造量が200
0キロリットルから60キロリットルに引き下げられました。これ
により、全国各地に少量生産のビールメーカーが続々誕生しました。
個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「地ビール」
といいますが、特に酒税法等の法律で定められた用語ではありませ
ん。

 クラフトビールと呼ばれることもありますが、双方、明確な定義
はありません。

2.ビールの種類

 「ビール」と一言で言っても、本当のビールの世界は一面的では
ありません。

 現在、ビールは世界150以上の国で生産され、銘柄は10000以上に
及ぶと言われていますが、「ビールの種類(タイプ)」も、その製
法や原材料、原産地などによって実に様々です。

 世界の代表的なビールをいくつかの種類に分類してみました。

 日本全国の地ビール各社では、個性豊かな、いろいろなタイプの
ビールをつくっています。それぞれのビールの味わいをお楽しみく
ださい!

◎発酵方法による分類
○色による分類
■主な種類 原産地 コメント

◎上面発酵ビール
○淡色ビール

■ペールエール(pale ale) イギリス イギリスを代表するエール
の代表。「ペール」は「淡色」の意だが、ピルスナーと比べると琥
珀色度がつよい。芳醇な香りと強い苦味が特長

■ビターエール(bitter ale) イギリス イギリスのパブで一般的
なビールは、このタイプ

■ヴァイツェン(Weizen) ドイツ 原料に小麦麦芽も使用(60%前
後)したビールで、独特の香りが特長で、苦味はほとんど感じられ
ない。酵母入りのままで飲むことが多い。ドイツでは非常人気が高
いビール

■ケルシュ(Kolsch) ドイツ・ケルン ケルン地域のみでつくられ
るビール。苦味は弱めで喉ごしがよく、飲みやすい。現地では、酵
母はろ過しなければならない、という決まりがある(酵母入りの場
合は「ヴィーズ」という名称で区別する)。店では200ml入る筒
型の細長いグラスで提供される。

○中濃色ビール

■マイルドエール(mild ale)、ブラウンエール(brown ale) イギ
リス 鉄鋼所労働者むけにつくられたというビールで、軽く、苦味
も弱い。これを瓶詰めし、糖分を加えてさらに瓶内熟成させたのが
ブラウンエール

○濃色ビール

■ポーター(porter) イギリス 数種類のエールをブレンドしてつ
くられたのがはじまり。産業革命当時の労働者に愛飲された

■スタウト(stout) アイルランド 原料であるローストした麦芽
(大麦そのものをつかうこともある)に由来する香りと、ホップの
苦味がマッチングしたビール。世界的には「ギネス」がこのタイプ
の代表

■アルト(Alt) ドイツ・デュッセルドルフ デュッセルドルフで
つくられる、イギリスのエールの製造法をベースにつくられるビー
ル。旧市街には、醸造所併設の居酒屋が数件あり、一日中地元民で
賑わっている。円筒形の専用グラスで供される

◎自然発酵ビール

■ランビック(Lambic) ベルギー ベルギー・ブリュッセル近郊に
棲息している野生酵母や最近の働きを利用してつくる。木桶の中で、
1〜2年発酵させてつくる。できあがったランビックをブレンドし、
さらに瓶内熟成させた「グーズ」という種類もあり、中には10以上
熟成させたものもある

◎下面発酵ビール

○淡色ビール

■ピルスナー(Pilsner) チェコ・ピルゼン生まれ 現在、世界の
主流となっているビール。ドイツ人技師によってチェコのピルゼン
で誕生した

■ヘレス(Helles)等のドイツ淡色ビール ドイツ

■アメリカンビール

■ラガービール  下面発酵ビールの総称

○中濃色ビール

■ウィーンビール(Wiener) オーストリア・ウィーン 褐色のウィ
ーン麦芽を使用したラガービール

■メルツェン(Marzen) ドイツ・ミュンヘン ミュンヘンで、冷蔵
技術が未発達だった当時は3月に仕込まれていたビール。ウィーン
ビールを踏襲したもので、深い味わいが特長

○濃色ビール

■ドゥンケル(Dunkel) ドイツ ドイツのいわゆる黒ビールの一
般的呼称

■ミュンヒナー(Munchner) ドイツ バイエルン地方の伝統的な
黒ビールで、まろやかな味わいが特長。苦味は弱い

■ボックビール(Bockbier) ドイツ 北ドイツ・アインベックで生
まれ、その後バイエルンで広く作られるようになったビール。アル
コールは高めで、香りが良く、ホップの苦味の強い高級感のあるビ
ール

■ラオホ(Raochbier=燻煙ビール) ドイツ・バンベルク 北部
バイエルンのバンベルクでつくられる、煙の香りのするビール。ブ
ナの木を燃やした煙で燻蒸した麦芽を使用するため、独特のスモー
キーな味わいがする

※発酵方法による分類

 ビールの発酵方法は、使用する酵母の種類によって、大きく上面
発酵・下面発酵・自然発酵に分けることができる。

 上面発酵ビールは、発酵が進むにつれ泡と一緒に液面に浮かび上
がる性質をもつ上面発酵酵母を使用し、常温に近い温度(15〜25℃)
で発酵させたもの。下面発酵の技術が確立するまで、ビールといえ
ば上面発酵のものだった。

 一方、下面発酵ビールは、発酵が進むにしたがって沈下していく
下面発酵酵母をつかい、比較的低温(5〜10℃)で発酵さたもの。
上面発酵ビールに比べ、発酵時間は長い。世界の主流であるピルス
ナーは、このタイプである。

 また、空気の中に存在する野生酵母をつかって発酵させるのが自
然発酵ビール。最も古典的な製法であり、ベルギー・ブリュッセル
近郊でつくられるランビックが、この製法を踏襲している。

※色による分類

 ビールの色合いは、使用する麦芽の焙燥の度合いによって変化す
るが、大きく分けると淡色・中濃色・濃色に分類することができる

http://www.beer.gr.jp/local_beer/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 地ビールというと、ピルスナー系が主ですが、変わったものもた
くさんあります。

 以下は現在の地ビール製造所のリストですが、全国で200箇所
以上あるそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

地ビール・地発泡酒醸造所リスト
2015年3月31日現在

掲載醸造所数 221カ所

http://www.kitasangyo.com/BEER/beer_index.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 地ビール製造のプラントのサイトもあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

地ビール製造プラント

 当社の基礎技術をあますことなく注ぎ込んだ地ビール製造プラン
ト。ビールの製造プロセスと合わせてご紹介します。

・粉砕した麦と温水を入れ、ホップを加えて麦汁を作る。

・出来た麦汁は液と粕とに分けられた後、液は発酵タンクに送られ、
粕は外に排出される。

・仕込みタンクで作られた麦汁は発酵タンクに送られ、ここで酵母
が加えられる。発酵が始まると3週間ほどでビールができる。

・タンクは側面がジャケットになっており、1℃〜5℃に保たれてい
る。

http://www.sanwa-nmz.co.jp/001227/product_6.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 法律の改正でたくさん出てきた地ビールですが、一時は経営が苦
しくなったところが多かったようです。それでも持ちこたえたとこ
ろはこのところ販売実績も上昇しているようです。

 そのあたりの事情について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 首都圏に昨年から今年に掛けて地ビール専門店が10店舗ぐらい開
業、盛況のようです。

 毎年開催される「ジャパン・ビア・フェステイバル」の参加者は、
消費者と飲食店関係者ら17000人、3年前の3倍に。

 参加者は、約220銘柄の試飲をエンジョイしているそうです。

◆ 地ビールの歴史をさか上ってみると、

・1994年にビール製造免許取得条件の緩和:年間最低2000klから60
klに

・地ビール参入企業が増え一時的なブームに、

・品質が安定せず、認知度も低い、思うように売上増加せず

・開業時に過大設備投資実行、フル稼働できず採算悪化、廃業する
企業続出

◆ その後、

・「ジャパン・ビア・フェステイバル」等イベント開催による消費
者認知度の向上

・海外のビールや国内プレミアムビール体験等を通じた消費者の嗜
好の多様化、

・製造技術の向上による品質の安定・向上

・廃業企業から設備買取による投資コスト低減による開業・増設

・地域産業資源活用事業等の地域関係機関のバックアップの強化、

・インターネットによる販売チャネルの拡大

・店舗での日替わりビールの提供等の販売方法の工夫

 日本地ビール協会調査によれば、出荷量は2007年度、前年度比約
20%増の24000klに。今後も毎年10%の成長を予想。

◆ 地ビール復活の要因

 中小企業の事業進出・拡大の鉄則に沿っているからだと考えます。

中小企業の事業進出・拡大の鉄則とは?

・顧客のニーズ・競合者の状況等、外部環境の変化を的確に捉え、

・自社経営資源の強みを生かし競争優位性を発揮できる事業機会に
絞込み、

・小さく初めて大きく育てる

 地ビール業界復活の背景・要因を下記の通り整理し分析してみま
した。皆様方の新事業進出・事業拡大のご参考になれば幸いです

◆ 外部環境(1) 地ビール業界にとっての機会

・規制緩和⇒発泡酒免許は6kl以上⇒発泡酒にも進出可能
・地域振興策推進の必要性⇒地域産業資源活用事業等活用の可能性
・消費者のビールに対する嗜好の多様化⇒女性のビール愛好者も増

・廃業者の優良ビール製造設備活用⇒比較的小資本でも開業・増設
可能
・インターネットの普及⇒販売チャネルの複線化可能
・大手ビールメーカーの狙う規模でない⇒大手参入の可能性は低い

◆ 外部環境(2)地ビール業界にとっての脅威

・業界規模増加による大手ビールメーカ進出の可能性
・消費者の焼酎・ワイン等既存アルコール飲料への回帰・嗜好変化
の可能性
・景気後退による嗜好飲料品消費量全体の減少の可能性
・業界規模増加による安価な設備投資機会の減少

◆ 内部環境(1) 地ビール業界の強み

・地域企業であるため地域振興策のバックアップを得やすい
・製造技術の向上⇒品質の安定・製造コスト引き下げ可能に
・日本酒・焼酎業界の低迷⇒技術を持っての転業の可能性
・地ビールの差別化⇒地ビール同士の競合は比較的少ない
・業界団体の結束⇒地ビール認知度の向上

◆ 内部環境(2) 地ビール業界の弱み

・製造量が少ない⇒規模の経済が成り立たない⇒コストが高い
・プロモーション力が弱い⇒まだまだ認知度が低い

http://www.kaki-keiei-concierge.jp/article/13325432.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上の記事はちょっと古いですが、以下は今年の記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■若者からビール市場復活兆し 「クラフト」多彩、非日常に酔う

 小規模生産で素材や製法にこだわった「クラフトビール」が復活
傾向だ。一九九〇年代前半、「地ビールブーム」に乗って販売量を
増やしたクラフトビール。その後は価格が安い発泡酒や「第三のビ
ール」に押され低迷していたが、大手ビール会社が麦芽やホップ以
外にユズやサンショウも原料に使うなど特色ある商品を売り出すと、
「非日常」を好む若者たちが再び目を向け始めた。

 キリンビールの推計では、二〇一五年のクラフトビールの販売量
は三年前の四倍の四万キロリットルに達する見込みだ。最近は地方
の醸造所の技術力が向上。インターネット販売や、クラフトビール
を提供する飲食店が増えたことも功を奏し、販売量が伸びている。

 縮小を続けてきたビール市場は昨年、十九年ぶりに出荷量が前年
を上回った。デフレ傾向の中、大手ビール各社はそれまで価格が安
い発泡酒や第三のビールの開発競争でしのぎを削ってきたが、ビー
ル市場の低迷に危機感を抱いたキリンビールがクラフトビール事業
に参入。支持を得ると、アサヒビールなども追随した。クラフトビ
ールは価格が高めで、ビール会社は利益を出しやすい利点がある。

 クラフトビールの市場規模はビール市場全体の1%程度にすぎな
い。しかし、業界内には「若者がビールに関心を持つきっかけにな
った。これが十九年ぶりのビール出荷量全体の増加につながった」
との見方もある。関係者は「大手酒造会社もクラフトビール市場へ
の参入を検討しており、市場はさらに拡大するだろう」と予測する。

◆こだわりの小規模生産

<クラフトビール> 小規模な醸造所で少量生産されるビール。1
994年の規制緩和で生産量が年60キロリットル以下(それまで
は2000キロリットル)でも醸造所と認められるようになり、地
方での生産量が増えた。ミカンやこしょうも原料に使うなど、幅広
い味や香り付けができるのが特長。キリンビールは「一番搾り」の
「横浜づくり」「名古屋づくり」など、味や色が微妙に違う派生商
品を製造しているが、既存の大型醸造タンクでつくっており、クラ
フトビールとは異なる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201603/CK2016032502000124.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私は地ビールというと、あまり美味しくないものが多いという認
識なんですが、ちっうど生協時代の終りころ、出来の悪い地ビール
をよく飲まされたからです。

 そういうのは早くに消えてしまって、現在まで生き残ったところ
は美味しいものが多いのでしょうね。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 いよいよ連休です。先日は北海道で雪というニュースがありまし
たが、やっと初夏の陽気になってきました。

 先日は大連で久しぶりに中国のビールを飲みました。「水みたい」
と言われる中国のビールは麦芽臭がなくて飲みやすいのです。

 中国料理には中国茶と中国ビール、日本料理には日本茶と日本ビ
ール、やはり相性というのはあります。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-860号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/