安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>848号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------848号--2016.02.07------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「アクリルアミド」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず、食中毒事件のニュースをいくつか紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「和食さと」で5人食中毒 ノロウイルス検出、奈良

 奈良県は30日、橿原市御坊町の「和食さと橿原北店」で24日
に食事をした客5人が吐き気や下痢などの食中毒症状を訴え、全員
の便からノロウイルスを検出したと発表した。いずれも軽症で快方
に向かっている。

 県によると、5人は30〜52歳の男女。24日午後にしゃぶし
ゃぶやすし、焼き鳥などのコース料理を食べ、翌25日夜から症状
が出始めた。24日は207人が同店を利用、5人以外に発症者は
確認されていないという。

 従業員1人からもノロウイルスを検出したが、体に不調はない。
県は同店に対し、30日から3日間の営業停止を命じた。

http://www.sankei.com/west/news/160130/wst1601300060-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 一組だけしか発症していないのなら、この飲食店が原因とは断定
できないような気もしますが、従業員からも検出されたということ
で、処分になるのは仕方ないのでしょう。ノロウイルスの食中毒事
件はいつも少し気の毒です。

 次も似たような事件ですが、こちらはほぼ店が原因のようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食中毒 函南の飲食店で男女17人 ノロウイルス検出/静岡

 県衛生課は30日、函南町大土肥の飲食店「割烹 姫沙羅」で食
事した17人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、患者や従
業員からノロウイルスを検出したと発表した。いずれも軽症で、全
員快方に向かっている。県は食中毒と断定し、同店に当分の間の営
業禁止命令を出した。

 同課によると、17人は同町や長泉町などの男女9〜82歳。2
4日に昼食を食べ、翌日から症状を訴えた。診察した医療機関の医
師が東部保健所に連絡して発覚した。

http://mainichi.jp/articles/20160131/ddl/k22/040/278000c
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 次は先日もあった魚のヒスタミンによる食中毒事件です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■園児50人と職員15人が食中毒 イワシのつみれからヒスタミ
ン 調理会社を営業停止

 奈良県は4日、同県香芝市の私立「せいか幼稚園」と系列の二つ
の保育園で、今月2日の給食を食べた園児50人と職員15人がか
ゆみや舌のしびれなどの食中毒症状を訴えたと発表した。全員回復
している。

 県によると、園児は1〜6歳、職員は21〜54歳の男女。給食
に出たイワシのつみれからアレルギー症状の原因物質となるヒスタ
ミンを検出した。魚の鮮度が落ちると発生し、加熱調理でも分解さ
れないという。

 いずれも大阪市の「魚国総本社」に園内での給食調理を委託して
おり、県は同社に対し、4日からの最大3日間、3園での営業停止
を命じた。

http://www.sankei.com/west/news/160204/wst1602040083-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これもやっかいな問題です。次はイタリアでちょっと困ったニュ
ースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■硫酸銅まぶしたオリーブや偽オリーブ油を押収、イタリア警察

 イタリア警察は、色出しのため硫酸銅を塗ったオリーブ8万50
00トンと、シリアやトルコ産にもかかわらず「イタリア製」と表
示されたエキストラバージン・オリーブオイル7千トンを押収した。

 オリーブは、前年以前に収穫され色落ちしたオリーブに鮮やかな
緑色を着けるため、硫酸銅でコーティングされ「リサイクル」され
た。硫酸銅は殺虫剤などに使用される成分で、過剰摂取すると吐き
気やおう吐、腹痛などの症状が出るほか、死に至る場合もある。

 禁止対象添加物の使用および危険物含有の食品の販売を計画した
罪で19人が告発され、偽装で6人が捜査を受けているという。

 警察によると、偽装オリーブオイルは米国と日本で数千トンが販
売された。

 イタリアでは同国産の食のブランド力を悪用した偽装が長く問題
となっている。2014─15年には、悪天候、虫害、バクテリア
による被害などでオリーブの収穫が打撃を受け、偽装が行われやす
い環境が生まれていた、と当局は指摘している。

http://jp.reuters.com/article/olives-idJPKCN0VD0DK
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 硫酸銅で着色とは過激です。以前から「エキストラバージン」な
んて嘘ばかり…というウサワはありましたが、どうもイタリア産オ
リーブオイルは信用ならないというところです。

 最後は電気に関する話題を二つ。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■中国で走る電気自動車、「環境に優しい」のウソ

 自動車メーカー各社は、中国のグリーンカー市場の急成長を予想
するが、環境に優しいはずの電気自動車が逆に、大気汚染をさらに
悪化させるとの懸念が広がっている。というのも、電気自動車を走
らせるための電力のほとんどが、なお石炭による火力発電から作ら
れているからだ。

(略)

 中国は、都市で深刻な問題になっている大気汚染の緩和に向け電
気自動車の普及を推進している。会議に出席した財政相によると、
電気自動車の販売は昨年4倍となり、中国は電気自動車の最大市場
になった。

 中国国内では現在、乗用車全体に占める新エネルギー車の割合は、
1%弱に過ぎないとされる。ただし、電気自動車は着実に増加して
おり、大気汚染の悪化に寄与する可能性もその分高まっている。

 清華大学の研究によると、中国で充電される電気自動車はガソリ
ン車の2─5倍の粒子状物質(PM)や化学物質を排出していると
いう。

 中国のデータバンク、能源与交通創新中心(エネルギー・交通イ
ノベーションセンター)のディレクター、アン・フェン氏は「海外
の事例でも、大気浄化を電気自動車に依存することが、必ずしも得
策ではないことが分かっている。まず、発電所のクリーン化が必要
だ」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/china-pollution-autos-idJPKCN0V60K3?rpc=188
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 中国では空気が石炭の臭いがするのですね。石炭はとても安くて、
ろくでもない施設でどんどん燃やすものですから、そこでできた電
気を使っても「環境に優しい」とはならない、という話です。

 次は日本で、電気が高すぎるという話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■電気代が想定以上..見通し甘く? 南相馬の植物工場が操業停止

 太陽光発電と農業、職業体験を組み合わせた南相馬市原町区泉の
「南相馬ソーラー・アグリパーク」の植物工場の操業が昨年末から
停止していることが29日、関係者への取材で分かった。植物工場
を所有する市は2月12日まで新たな管理運営者を公募し、4月か
らの再開を目指している。

 運営していた地元の農業法人によると、電気代が想定以上にかか
っていることや、従業員の確保が難しいことなどから運営を撤退す
ることにした。農業法人の関係者は「見通しの甘さもあり、継続は
難しい」と話している。

 植物工場はエアドーム型2棟で、市が復興交付金約1億1500
万円をかけて建設。市から無償貸与を受けた農業法人が、隣接地の
太陽光発電所などから供給された電力を使ってサラダ菜などを水耕
栽培していた。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160129-046147.php
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 碌に採算も考えずにはじめたという点では馬鹿としか言いようが
ないですが、それにつけても電気の高さよ、というところです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「アクリルアミド」
------------------------------------------------------------

 何度も話題になっているアクリルアミドですが、最近、食品安全
委員会から報告が出てきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■高温調理で発生 アクリルアミド 「摂取減らす必要」

 イモなどの炭水化物を高温で調理すると発生する化学物質「アク
リルアミド」について、国の食品安全委員会の作業部会は「できる
だけ摂取量を減らす必要がある」とする報告書の案をまとめました。

 「アクリルアミド」は、イモなどの炭水化物を含む食品を高温で
調理した際に自然に発生する化学物質で、平成14年以降、海外で
動物実験の結果から発がん性が指摘されています。

 国の食品安全委員会の作業部会では日本人の食生活におけるアク
リルアミドのリスクを5年にわたって検討してきましたが、1日、
報告書の案をまとめました。

 それによりますと、日本人の1日当たりの平均の摂取量は、体重
1キログラム当たりおよそ0.2マイクログラムで、これは動物実
験で発がん性が確認されている量と比べておよそ1000分の1だ
ったということです。

 ただ、人の健康への影響はまだ分かっていないことも多く、リス
クがないと判断できるデータはないなどとして、報告書案では「で
きるだけ摂取量を減らす必要がある」としました。

 食品安全委員会によりますと、日本人では油で揚げたジャガイモ
や炒めたもやしなど野菜からの摂取が多かったということで、長時
間、高温で揚げるなどしないことや、野菜を調理前に水にさらすな
どすることで、量を減らすことができるとしています。

 食品安全委員会では今後、パブリックコメントなどを行ったうえ
で正式に報告することにしています。

 食品安全委員会の姫田尚事務局長は、「アクリルアミドは家庭で
も減らす工夫ができる。何よりも健康のためにはバランスのよい食
事を心がけてもらいたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160201/k10010393291000.html --〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この報告の文書を見ていると、具体的な食品が含むアクリルアミ
ドの評価が出ていました。以下のようなものです。

 品名の次に数値が4つありますが、左から順に、摂取者数、平均
摂取量、アクリルアミドの濃度、アクリルアミドの摂取量です。

 最後のアクリルアミド摂取量の総計を問題にしていて、現状では
240ng/kg-bw/dayと評価しています。

 アクリルアミド摂取量が多い順に並べられているので、上から見
ていってください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

AA摂取量推定対象食品グループ名
              摂取者数 
                  全体の平均摂取量
                  g/kg-bw/day
                   AA濃度(平均値)
                   ng/g
                     AA摂取量(平均値)
                     ng/kg-bw/day

もやし(素揚げ・炒め)     2,385 0.088  752 66
じゃがいも(炒め)        507 0.028  463 13
レギュラーコーヒー(浸出液)  4,203 0.78   16 12
インスタントコーヒー(粉末)  7,159 0.018  668 12
れんこん(素揚げ・炒め)     848 0.0231  455 11
小麦系菓子類          2,273 0.058  174 10
ポテトチップス          568 0.020  471 9.4
キャベツ(素揚げ・炒め)    3,739 0.18   50 9.0
成形ポテトスナック        171 0.0066 1187 7.8
じゃがいも(素揚げ)       497 0.028  269 7.5
たまねぎ(下炒め)       3,914 0.18   37 6.7
ハヤシ・カレー・ビーフシチュールウ 2,847 0.060 101 6.1
緑茶・ウーロン茶(浸出液)   12,497 4.40  1.2 5.3
たまねぎ(素揚げ・炒め)    7,432 0.21   25 5.3
米菓類             2,284 0.052   99 5.1
炊飯米             23,605 6.6  0.59 3.9
ほうじ茶(浸出液)       1,329 0.41   7.6 3.1
ピーマン(素揚げ・炒め)    3,929 0.068   43 2.9
フライころも          5,916 0.12   24 2.9
ごぼう(素揚げ・炒め)     1,684 0.0344  80 2.8
麦茶(浸出液)         3,593 1.3   2.0 2.6
麦茶(PET)           955  0.36    7 2.5
かりんとう(含みつ糖使用)   141  0.0033  731 2.4
炒りごま            5,843 0.015  152 2.3
にんじん(素揚げ・炒め)    9,691 0.1443   16 2.3
コーヒー飲料          1,198 0.22   9.1 2.0
ロールパン等(トーストしない、
含みつ糖不使用)        2,152 0.13  13  1.7
じゃがいも(下炒め)      2,502 0.15  11  1.7
インスタント麺         1,019 0.065  26  1.7
コーンスナック         312  0.0097 142  1.4
ロールパン等(トーストしない、
含みつ糖使用)         239  0.014  91  1.3
食パン(トースト、
含みつ糖不使用)        5,459 0.33  3.3  1.1
シリアル類           270  0.011  93  1.0
ロールインパン・フランスパン等 1,117 0.062  16  1.0
根深ねぎ(素揚げ・炒め)    1,979 0.0221 43  1.0
含みつ糖(和三盆糖除く)    364  0.0025 387  0.97
アーモンド           373  0.0029 324  0.94
まんじゅう(含みつ糖使用)   100  0.0042 194  0.81
ココア(粉末)         679  0.0065 123  0.80
アスパラガス(素揚げ・炒め)  92   0.0020 400 0.80
なす(素揚げ、炒め)      1,067 0.056  12  0.67
かぼちゃ(素揚げ・炒め)    370  0.017  34  0.58
米みそ             14,671 0.19  3.0 0.57
菓子パン類           1,247 0.089  6.2 0.55
乾燥果実            685  0.011  47  0.52
さやいんげん(素揚げ・炒め)  417  0.0079  63 0.50
にんにく(素揚げ・炒め)    2,332 0.0031  173 0.5
しょうゆ            21,001 0.26  1.9 0.49
食パン(トーストしない、
含みつ糖不使用)        2,340 0.14   3.4 0.48
落花生             496  0.0060  75  0.45
ブロッコリー(素揚げ・炒め)  842  0.020  20  0.40
さやえんどう(素揚げ・炒め)  188  0.00093 393 0.37
芋けんぴ            67   0.0021 166 0.35
にら(素揚げ・炒め)      738  0.0114  30 0.3
きな粉             656  0.0039  75 0.29
飴(含みつ糖使用)       27   0.00024 1046 0.25
カレー粉            418  0.00033 423 0.14
クリームシチュールウ      786  0.017  8.0 0.14
紅茶(浸出液)         1,880 0.39  0.29 0.11
フライビーンズ         19   0.00049 120 0.059
豆みそ             362  0.0035 9.0  0.032
イングリッシュマフィン・ナン  124  0.0083 3.3  0.027
ボーロ             29   0.0011 20  0.022
麦こがし            8   0.000040 236 0.0094
和三盆糖            14   0.000066 85 0.0056
ピスタチオ           15   0.00011 34 0.0037
------------------------------------------------------------
推定AA総摂取量 (ng/kg-bw/day)             240

http://www.fsc.go.jp/fsciis/attachedFile/download?retrievalId=kai20160201ac1&fileId=230
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 アクリルアミドというと、ポテトチップスというイメージがあり
ますが、意外なことに「もやし」が断然多いのですね。コーヒーも
かなり多くて、個人差のあるものですから、コーヒーをよく飲む人
はかなりの量もアクリルアミドを摂取していることになります。

 コーヒーや茶以外に、野菜ではキャベツ、ごぼう、れんこんあた
りが多いようです。危険があるような量ではないと思いますが、知
っておいた方がよい情報かもしれません。

 最後に、食品安全委員会の報告の概要です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

加工食品中のアクリルアミドについて

○はじめに

 2002年4月、スウェーデン政府は、ストックホルム大学と共同で
行った研究の結果、ジャガイモのようなデンプンなどの炭水化物を
多く含む食材を高温で加熱した食品に、遺伝毒性及び発がん性が懸
念される化学物質である「アクリルアミド」が生成されるというこ
とを発表しました。

 その後、世界各国で研究が進み、高温により食品中のアミノ酸の
一種であるアスパラギンがブドウ糖、果糖などの還元糖と反応して
アクリルアミドへ変化することが明らかになっています。

○アクリルアミドの毒性

 動物実験の結果から、国際がん研究機関による発がん性分類にお
いて、アクリルアミドは、人に対しておそらく発がん性があるもの
として分類されています。

○食品中に含まれるアクリルアミドの人の健康への影響

 食品中に含まれるアクリルアミドを摂取した際の影響については、
発がん性の有無を含め、解明されていません。

 動物を用いた実験では、極めて高用量のアクリルアミドを投与し
た場合に発がん性が報告されていることから、人に対しても発がん
性を有する可能性が考えられています。このため、炭水化物を多く
含む食材を高温で加熱した際に生成される程度の、極めて微量のア
クリルアミドが、人に対して発がん性を示すかどうかについて、調
査研究が進められています。

 一方、アクリルアミドを使用する作業現場において、極めて高い
濃度のアクリルアミドに暴露された場合に、人の神経にダメージが
あることが報告されています。また、動物を用いた実験では、雄で
精巣萎縮などによる繁殖障害を示すことが確認されています。

 食品中で生成されるアクリルアミドのリスクをより正確に評価す
るためには、食品に含まれると同程度の微量の暴露条件下での毒性
に関する情報がより多く必要であるとされ、代謝、体内分布を含め、
現在、我が国(厚生労働省)、米国、欧州等で調査研究が進行中で
す。

○食品中でアクリルアミドが生成されるメカニズムについて

 スウェーデン政府の当初の報告によると、アクリルアミドは糖質
とアミノ酸が加熱により生成するものと考えられていました。

 その後、各国での研究の結果、数機関からほぼ同時期に、アミノ
酸の一種であるアスパラギンとブドウ糖などの還元糖が高温加熱に
より反応して、アクリルアミドが生成することが報告されています。

 現在、我が国(厚生労働省、農林水産省)、米国、欧州等で生成
メカニズム、生成抑制を含め調査研究が進行中です。

○どのような対応をするべきか

 アクリルアミドが高温で加熱した食品に含まれていることが判っ
たあとも、各国の公的機関で、特に今までの食生活を変えるように
指導しているところはありません。油で揚げるなど、従来から行わ
れてきた高温加熱の料理方法でもアクリルアミドを食品とともに摂
ってきたと考えられますので、これまでの食生活をただちに見直す
必要はないでしょう。

 大切なことは、

(1) 十分な果実、野菜を含む様々な食品をバランスよく取り、揚げ
物や脂肪が多い食品の過度な摂取を控える

(2) 炭水化物の多い食品を焼いたり、揚げたりする場合には必要以
上に長時間、高温で加熱しない

(3) 生のジャガイモを低温で保存するとデンプンの一部が糖へと変
化するため、冷蔵庫に保存した生のジャガイモは、揚げ物などの高
温加熱を避ける ※ ことです。

 なお、適切な加熱などの調理は、食中毒防止のための有効な手段
です。

※生のジャガイモを低温(2〜4℃)で保存すると、ジャガイモに
含まれているデンプンの一部が、高温で加熱した際にアクリルアミ
ド生成の原因となる還元糖へと変化します。このようなジャガイモ
を素揚げ調理に用いると、強い焦げ色がついてしまい、きれいに料
理が仕上がらないばかりでなく、生成するアクリルアミドの量が10
倍以上増加します。ただし、煮物や蒸し物にする場合はアクリルア
ミドは生成しません。市販されているポテトチップスは、揚げ色が
悪くならないように原料イモの低温貯蔵は避けられており、これは
加工後のアクリルアミドの生成を少なくする上でも好ましいことで
す。

https://www.fsc.go.jp/topics/acrylamide-food170620.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今、石垣島に来ています。土曜日は船で小浜島に渡りましたが、
出るときは海上保安庁の船しかいなかった港に、帰ってくると自衛
隊の大きな船が来ていました。例のミサイルに対処する部隊を運ん
できた輸送船だそうですが、なかなかの迫力でした。ホテルに着い
てテレビを見たら、石垣島の港が映っていて喜びました。

 石垣島は意外と寒くて、冬が寒くても当たり前なんだ、と改めて
思いました。明日は西表島です。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-848号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/