安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>823号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------823号--2015.08.16------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「サイクロスポラ」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
============================================================
煎りたてナッツ、入荷しました!【祝☆開店】
EVERYDAY HAPPY CRAZY!
ローストナッツの専門店「ロースターズ&ナッツ」
お試し3種セット<数量限定1200円>で発売中!
http://www.roastersandnuts.com/
============================================================
---〔話題〕-------------------------------------------------

 まず、こんなメールをいただきました。一部だけ紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「関係ない話ですが、上が男性、下は女性が書いたものだと、読めば
すぐわかると思います。」
とありますが、そのご見解に根拠はあるのか、不思議に思いました。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 申し訳ありません。これは私のミスで、元は下の方の引用はさる
女性のブログだったのです。その後、違う記事に差し替えたのです
が、ここはそのまま残ってしまいました。そもそも、この文自体が
余計なことでした。

 ということで、誤りですので、削除したいと思います。ご指摘あ
りがとうございました。

 次は電力の問題で、朝日新聞にこんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり

 東京都心で7日、最高気温35度以上の「猛暑日」が過去最長の
8日連続となるなど、各地で記録的な猛暑が続くなかで、大手電力
各社は比較的余裕のある電力供給を続けている。すべての原発は止
まったままだが、太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不
足の心配は遠のいている。

 電力供給にどれだけ余裕があるかは、その日の電気の供給力と、
一日で最も電力の需要が多いピーク時を比べた「最大電力使用率」
でわかる。東京電力や関西電力の場合、これが90%以上だと電力
の余裕が「やや厳しい」、95%以上だと「厳しい」とされる。1
00%に近づくと、必要な電力に供給が追いつかず、停電の恐れが
でてくる。

 7日までの1週間で、東京、中部、関西、九州各電力の最大使用
率をみると、95%以上になったのは1日の中部電だけだった。東
電では90%以上が4日あり、あとは90%未満の「安定的」だっ
た。

http://www.asahi.com/articles/ASH875HWYH87ULFA01Y.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ほぼ同じ内容の記事が毎日新聞にも出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 電力業界は、電力の安定供給を原発再稼働の理由に掲げる。だが、
この夏は記録的猛暑にもかかわらず、電力供給に余裕のある状態が
続き、原発必要論が揺らぎそうだ。

 福島原発事故前に原発比率が高かった関西電力(2010年度の
原発依存度44%)や九州電力(同39%)は、原発停止により電
力需要のピーク時の安定供給が懸念されてきた。

 ところが今年の夏は、7月1日〜8月11日までの42日間で、
関電管内では需給が「やや厳しい」とされる電力使用率90%以上
が3日だけ。九電管内は92%超を「やや厳しい」と位置付けるが、
同期間には一日もなかった。猛暑だった13年夏は、7〜8月中に
関電で22日、九電では16日だったことと比較すると大幅に少な
い。

 この背景にあるのが急速な太陽光発電の普及だ。国内の太陽電池
の出荷量は、固定価格買い取り制度(FIT)が導入された12年
度から3年間で出力約2160万キロワットに達する。出力は日照
で変わるが、うち約5割が稼働したとしても原発10基分に相当す
る規模だ。

http://mainichi.jp/shimen/news/20150812ddm002040055000c.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「太陽光発電の普及」がどの程度進んでいるからというと、以下
に資源エネルギー庁のデータがあります。今年の5月のものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

2−(1) 発電実績(総括)(平成27年5月)(単位:1,000kWh)

水力       7,994,929   14.19%
火力 48,122,117 85.42%
原子力 0 0.00%
風力 2,280 0.00%
太陽光 11,956 0.02%
地熱 205,146 0.36%
バイオマス (163,629) 0.29%
廃棄物 (22,487) 0.04%
合計      56,336,428

( )内は火力のうち、バイオマス及び廃棄物に係る発電分の再掲で
ある。

http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/electric_power/ep002/xls/2015/2-1-H27.xls
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これには私も驚きました。ほとんどが火力で、その他は水力以外
は取るに足らない値です。要するに上記朝日、毎日の記事はウソな
んですね。

 今年の夏に電力が不足していないのは、火力発電所が頑張ってい
るからです。需要も減っているようですが、これは値上げが原因と
いう、ミもフタもない理由でしょう。

 問題は発電余力を残すため、かなり無理をしていることです。定
期点検の延期などが行われているということで、不慮のトラブルの
可能性は依然として高いと思います。

 原発には天変地異級の災害まで心配するのに、火力には普通の運
転トラブルも想定しないのはいつもダブルスタンダードです。どん
な理由であれ、大規模停電が起これば、大量の死者が出ます。決し
て「許されることではない」のです。

 そういうことで、原発再稼働が実現できたことはよかったです。
私は大局的には脱原発が正しいと思っていますが、今ある原発を動
かさないで、電力危機に直面する…というのは御免被りたいです。

 次は台湾の対日食品輸入規制が緩和されそうだというニュースで
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日本食品「解禁の方向」 台湾・外交部長

 台湾の林永楽外交部長(外相に相当)は10日、日本食品の輸入
規制について将来、解禁する方向であることを明らかにした。中央
通信社が伝えた。林氏は、解禁の時期や対象品目は、台湾の衛生当
局が決めるとも述べた。

 日台双方は台湾が規制する5県のうち、福島を除く茨城、栃木、
千葉、群馬4県の食品の禁輸措置を緩和する方向で協議している。
林部長の発言は、こうした方針を認めた形だ。

http://www.sankei.com/world/news/150810/wor1508100029-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 最後は「熟成肉」について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■熟成肉に統一ルール 製法定めJAS認定 農水省検討
(2015/8/10)

 外食などで人気が高まっている牛の「熟成肉」=ことば=の安定
流通に向け、農水省は製造方法などに一定のルールを設ける検討を
始めた。現在、熟成肉に明確な定義はなく、製造者によって味や衛
生状態がまちまち。そこでルールを整え、畜産農家やJAなどが熟
成肉を作りやすくする。業界関係者は「ルール化で熟成肉の信頼性
が高まる。国産牛肉の付加価値販売にもつながる」と期待する。

・品質確保し信頼向上 

 対象となるのは、熟成肉として出回ることが多い「ドライエイジ
ングビーフ(DAB)」。日本農林規格(JAS)の品目に加えた
上で、熟成工程や仕上がった肉の状態、材料となる肉の部位などを
特定する方向だ。JASは、製造施設や品質管理の方法などを第三
者の認定機関が確認するため、同省は「品質が一定の水準にそろっ
ていく」(表示・規格課)とみる。

 JAS認定を受けた製造業者は、マークを付けて商品を販売でき
るため、味や「安全・安心」をPRしやすくなる。肉用種や乳用種
の経産牛の肉は「霜降り」の和牛より売値が安いが、JASマーク
付きのDABを作ることができれば、付加価値が高まり、畜産農家
や酪農家の所得増につながる。

 同省は今秋以降、食肉業者らでつくる専門委員会を立ち上げて検
討を始める。今年度末に方向性を示す考えで、早ければ2016年
度中にルールが決まる。

 DABでの自主基準づくりを進めてきた「日本ドライエイジング
ビーフ普及協会」の山本謙治氏は、JAS規格でのルール化につい
て「氾濫する熟成肉の品質差を無くすために必要だ」と説く。

 実際に同協会の基準に沿わず、人気に便乗した粗悪なDABには
「味や衛生状態が悪いものが多い」(山本氏)。同省によると、熟
成肉の安全性に疑問を持つ専門家からは「事故が引き起こされかね
ない状況だ」との声も上がっていたという。

 DABを国産牛肉の有望な用途に育てる上で、山本氏は「消費者
の信頼を得られる品質の実現と、製造業者の取り組みやすさの両面
に配慮したルールの検討が必要だ」と指摘する。

<ことば> 熟成肉 牛肉をより長く寝かせたもので、ドライエイ
ジングビーフはその一つ。温度・湿度を管理した冷蔵庫内で強い風
に当てて水分を抜くことで、通常の生肉にはないうま味や香りを生
じさせる。近年人気が高まり、提供する外食店が急増している。

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=34247
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今はまだ混乱状態ですが、今後に注目といったところです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「サイクロスポラ」
------------------------------------------------------------

 アメリカでちょっと聞き慣れない食中毒事件がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■米国でコリアンダーが原因と疑われるサイクロスポラ症

 米国疾病予防管理センター(US CDC)に報告されているサイクロ
スポラ感染確定患者は7月30日時点で計358人である。過半数(199
人、56%)の患者が、2015年5月1日以降に発症したことと発症の直
前に国外旅行はしなかったことを報告している。

 テキサス、ウィスコンシンおよびジョージアの各州でレストラン
やイベントに関連した患者クラスターが特定され、テキサス州およ
びジョージア州でクラスターの調査が続いている。ウィスコンシン
州およびテキサス州でのクラスター調査の初期結果から、疑いのあ
る原因食品としてコリアンダー(シラントロ)が特定されている。

 クラスターに属していない患者に関連した具体的な食品を特定す
るための調査が継続中である。

http://www.foodwatch.jp/science/nihsreport/53004
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このコリアンダーはメキシコ産だったようで、禁輸措置がとられ
ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■メキシコ産コリアンダー、米が一部輸入禁止 腸疾患の原因
2015.07.29

 米食品医薬品局(FDA)は29日までに、2012年から米国
内で症例報告が相次いでいた腸疾患について、メキシコ・プエブラ
州の農家から輸入したコリアンダーが原因だったと断定し、毎年4
月から8月まで同州からの生のコリアンダー輸入を原則として禁止
すると発表した。

 FDAの27日の発表によると、プエブラ州から輸入した生のコ
リアンダーに関連して、12年以来、疾病対策センター(CDC)
や州当局が数百人のサイクロスポラ症感染を確認した。

 CDCによると、サイクロスポラ症は寄生性原虫のサイクロスポ
ラによって引き起こされる腸疾患で、消費から1週間ほどで下痢や
嘔吐などの症状が表れる。

 FDAはメキシコの当局と共に12〜15年にコリアンダーを生
産するプエブラ州の農家や包装工場11カ所の検査を実施。このう
ち5カ所で寄生虫の痕跡が見つかり、8カ所で不衛生な環境が確認
された。

 コリアンダーを生産している畑の中や周辺からは人間の汚物やト
イレットペーパーが見つかったという。トイレは水が流れず、石け
んやトイレットペーパーもなかった。コリアンダーの仕分けなどに
使われるプラスチック容器やテーブルは洗浄されず、ある農家では
従業員が用を足した後に手を洗うための水を供給するタンクから、
サイクロスポラの陽性反応が出た。

 FDAはプエブラ以外の州で生産された生のコリアンダーについ
ても、生産地などの証明書がなければ4月〜8月はメキシコからの
輸入を認めない方針。

http://www.cnn.co.jp/usa/35068042.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この「サイクロスポラ」についての解説です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

サイクロスポラ

■菌の特徴は

 サイクロスポラは寄生性原虫であり、クリプトスポリジウム同様、
環境中ではオーシスト(嚢胞体)の形で存在しており、1-2週間で
感染力のあるオーシストに発育します。

 塩素や薬剤、温度に対する抵抗性は不明ですが、水道水等に用い
られる塩素濃度では消毒することは困難といわれています。

■感染源は?

 一般に流行地では飲料水を介して感染するものと考えられていま
すが、外界で発育したオーシストで汚染された水及び食物を摂取す
ることで感染します。糞便中に排出された時点のオーシストには、
感染力がないことから、接触感染の可能性は考えられません。

■どんな症状ですか

 潜伏期間は2-11日と考えられます。感染部位は小腸で、主症状は
水溶性の下痢でトイレの回数が著しく増えます。その他の症状とし
ては、食欲不振、体重減少、むくみ、鼓腸、胃けいれん、悪心、お
う吐、疲労感、筋肉痛及び軽度の発熱などです。

 治療を施さない場合には、下痢症状が1ヶ月以上持続したり、再
発を繰り返したりすることがあります。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/cyclo.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 水道水の安全性を保証している塩素では死なないのはクリプトス
ポリジウムと同様なんですね。困ったものです。

 もう一つ、この感染症についての解説です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

サイクロスポラ感染症について

■流行は?

 2000年12月13-14日にドイツ南西部のあるレストランで、6人、6
人、7人、20人の計4グループ計40人が午餐をとりました。この40人
の内から2000年12月29日から2001年1月18日にかけて、長引きぶり
返す胃腸炎症状で医療機関を受診した人たちがいました。通常の細
菌・ウイルス・寄生虫検査では、病原体は検出されませんでした。

 胃腸炎症状に改善がなく、熱帯医学診療所の外来部門を紹介され
て、腸内原虫の検査を受けた人がいました。便の検査で Cyclospora
cayetanensis が検出されサイクロスポラ感染症と判明しました。
40人中34人でサイクロスポラ感染症の発病が見られました。潜伏期
は、5-14日でした。

 症状としては、1日に4回以上の便通がある下痢が大部分の患者
(96.0%)で見られまし。水様の下痢が95.8%で多く、粘液便が61
.1%で見られ、血便は見られませんでした(0.0%)。他には、鼓
腸が95.5%で、体重減少が92.0%で、吐き気が91.7%で、腹の痙攣
性の痛みが79.2%で、嘔吐が52.6%で、発熱が42.9%で見られまし
た。有症状期間は15-42日間でした。

 サイクロスポラ感染症の診断が確定次第、ST合剤による7日間
の治療が行われました。レストランで出されたサラダが原因と考え
られました。サラダの材料の野菜かハーブが病原体のサイクロスポ
ラで汚染していたものと考えられました。

 発展途上国などでは、レタスなどの野菜からサイクロスポラのオ
ーシスト(卵)が検出されることがあります。サイクロスポラのオ
ーシスト(卵)は患者の便の中に出てきますが、発展途上国などで
は、野菜に与える水が便で汚染されている可能性も考えられます。

 交通・運送手段の発達した現代では、発展途上国などのそのよう
な汚染のおそれのある野菜や果物が、国境を越えて遠方の他国の食
卓に載ることもありえます。このドイツの例では、サラダの材料は、
ドイツだけでなく南フランスや南イタリアで作られたものも使われ
ていました。

 また、野菜がクリプトスポロジウムのオーシストやサイクロスポ
ラのオーシストで汚染していた場合、野菜を洗うことはクリプトス
ポロジウムのオーシストやサイクロスポラのオーシストをある程度
除去するものの、野菜を洗うことによっては完全にはクリプトスポ
ロジウムのオーシストやサイクロスポラのオーシストを除去しきれ
ないと考えられています。

 アメリカ合衆国におけるサイクロスポラ感染症の集団発生では、
ラズベリー(きいちご)、生のバジル、メスクラン・レタスといっ
た食物を介したものが起こっています。このうち、ラズベリーにつ
いては、1996年にグアテマラから輸入されたラズベリーが原因でア
メリカ合衆国だけでなくカナダにも患者が発生し、総計1465人の患
者発生となっています。

 グアテマラの農場でラズベリーに殺虫剤か殺菌剤をスプレーした
際に、殺虫剤か殺菌剤を希釈するのに使った水がサイクロスポラの
オーシストで汚染していたとする説があります。加熱することなく
生で食べられるような食物については、注意が必要です。

 アメリカ合衆国におけるラズベリーによるサイクロスポラ感染症
の集団発生では、ラズベリーを一粒食べた人からもサイクロスポラ
感染症患者が発生しています。

■どんな病気?

 サイクロスポラは、顕微鏡で観察しないとわからないような単細
胞の小さな寄生生物です。小腸の粘膜の細胞に寄生し、消化器症状
を起こします。症状としては、爆発的な水様の下痢が長期にわたっ
て繰り返され(下痢と便秘とが交互に繰り返される場合もあります)、
吐き気、疲労感、食欲不振、体重減少が見られます。

 症状は7週間、エイズ患者では4ヶ月にも及ぶことがあります。一
方で、感染しても何の症状もない人もいます。潜伏期は約1週間で
す。治療にはST合剤(trimethoprim-sulfamethoxazole)が使われ
ます。ST合剤による治療をすることにより、有症状期間短縮と症
状再燃防止とが期待されます。下痢症状のある人は、安静にして、
消化のよいものを食べ、水分をよく補給しましょう。

 患者の便の中に未熟なオーシストが出てきます。この未熟なオー
シストは、そのままでは感染を起こすことはありません。成熟した
オーシストが人間に摂取されることで感染を起こします。

 便の中に出てきた未熟なオーシストが成熟したオーシストとなる
までには、日数がかかります。その日数は、温度によって左右され
ます。Smithらは、温度条件を変えてオーシストの成熟を観察しま
した。22度あるいは30度で保温した場合のほうが37度で保温した場
合よりも成熟(spoturation)が早く、その成熟したものの割合も高
かったです。摂氏4度では、2ヶ月待っても成熟したものは出現しま
せんでした。しかし、1-2ヶ月4度で保温した後、30度で保温すると、
6-7日で成熟したものが出現しました。

 便の中に出てきた未熟なオーシストが成熟したオーシストとなる
までには、日数がかかるため、人から人への直接の感染の可能性は
少なく、成熟したオーシストで汚染された飲食物を介しての感染が
大部分と考えられています。

■病原体は?

 サイクロスポラの仲間が最初に記述されたのは、1870年のことで
す。モグラの腸内の微生物としてEimerによって記述されました。
サイクロスポラの仲間は、Eimerの名に因んだEimeriidae科に属し
ます。その後、他のげっ歯類(ネズミの仲間)やヘビでサイクロス
ポラの仲間が認められました。

 Cyclospora cayetanensis が人の下痢の原因となる病原体として
注目されるようになったのは、20世紀も終わりに近づいてからのこ
とです。

 人以外の動物が Cyclospora cayetanensis に感染して Cyclospora
cayetanensis を放出して人のサイクロスポラ感染症の原因となっ
ているかどうかについては、まだよくわかっていません。そのよう
な動物はまだ見つかっていないので、人獣共通感染症というわけで
はありません。

■予防のためには・・・

1.便で汚染されている恐れのある飲食物は、飲食を控えましょう。
生水は飲まないようにしましょう。

2.サイクロスポラ感染症がよく見られる国(中南米、カリブ海の島
々、東欧の一部、東南アジアなど)では、生ものや生水は控え、よ
く加熱されたものを食べましょう。

3.トイレの後、調理の前、食事の前は、手をよく洗いましょう。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/cyclospora1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 日本ではサイクロスポラ感染症の報道はほとんどありませんが、
食べものに潜在するリスクとして、覚えておいた方がよさそうで
す。

 以下は危害分析のうち、生物学的危害のリストです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

食品衛生上の危害原因

生物学的危害

■病原細菌

サルモネラ    ヒト・動物の糞便、食肉・食鳥肉、卵
腸炎ビブリオ   海水、魚介類
カンピロバクター ヒト・動物の糞便、食肉・食鳥肉、卵
病原大腸菌(腸管出血性大腸菌O-157含む)
         ヒト・動物の糞便、食肉・食鳥肉、卵
黄色ブドウ球菌  ヒト・食鳥肉
ウエルシュ菌   ヒト・動物の糞便、食肉・食鳥肉、卵、乳
セレウス菌    穀物類、香辛料、調味料、土壌
ボツリヌス菌   土壌、魚介類、容器包装詰食品
エルシニア・エンテロコリチカ 食肉・食鳥肉、乳、カキ、生野菜
リステリア・モノサイトゲネス 食肉・食鳥肉、乳、魚介類、昆虫類

■腐敗微生物

バチルス     食品や環境
クロストリジウム 食品や環境
シュウドモナス  食品や環境
乳酸菌      食品や環境
酵母       食品や環境

■ウイルス

ノロウィルス   魚介類、水
A型肝炎ウイルス 魚介類、水

■寄生虫

肝吸虫      淡水魚
横川吸虫     淡水魚
顎口虫      ライギョ、ドジョウ
アニサキス    イルカ、サバ、その他海産魚類
旋尾線虫     ホタルイカ
トキソプラズマ  哺乳類
クリプトスポリジウム 水、ヒト
サイクロスポラ  水、果実、野菜
ジアルジア    水、野菜

■病原微生物

赤痢菌      ヒトの糞便、魚介類、水、生野菜
コレラ菌     ヒトの糞便、魚介類、海水
Q熱リケッチア  牛乳

https://www.shokusan.or.jp/haccp/basis/1_3_about_hazard.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「サイクロスポラは寄生性原虫」ですので、「寄生虫」の分類に
入っているのは変な感じです。

 「ジアルジア」についてもよく知らなかったのですが、やはり原
虫の一種らしいです。

国立感染症研究所:ジアルジア症
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k00-g15/k00_12/k00_12.html

 食中毒の原因も、いろいろあるものです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今日(16日)にまた大連に行きます。7月末は大連も暑かった
ですが、もう立秋も過ぎているので、涼しくなっていると思います。
日本ではあまり季節感と合わない二十四節気の名前ですが、中国の
北の方では結構季節感に合っています。大陸の方が季節の進み方が
早いということなのでしょう。

 今年の前半は息子の結婚式、孫の誕生、母の手術、義母の葬式と
忙しい日々でした。8月中には四十九日の法要も終り、やっと落ち
着くと思います。秋には旅行に行きたいですね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-823号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/