安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>773号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------773号--2014.08.31------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「Q&A」「クロマグロ漁獲規制」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://why0531.sblo.jp/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 以下は先週書けなかった「食品産地偽装」事件です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 しゃぶしゃぶなどで知られる木曽路が、メニュー表示と異なる安
い和牛の肉を提供していたことが分かった。

 メニュー表示と異なる食材を提供していたのは、大阪市や神戸市
などの木曽路の合わせて3店舗。松阪牛、佐賀牛とメニューに表示
していたのに、別の安価な和牛の肉を使っていた。

 肉の発注を行っていた北新地店の料理長は「材料費の目標管理が
楽になるなら」などと話しているという。

http://www.news24.jp/articles/2014/08/14/07257229.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「松阪牛」と「高級和牛」で2000円ほど違ったらしいですが、
品質差と価格差が一致しないのが最大の要因なのだと思います。

 次は今週発覚した事件で、今度は卸業者の方がやったようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 大阪の食肉加工会社が阪神百貨店など8社のギフト商品で産地を
偽った牛肉を卸していた問題で、この会社が、出荷の際に牛の個体
識別番号を書き換えていたことがわかった。

 食肉加工会社「萬野畜産」は、2007年6月から今年5月まで
の7年間にわたり中元や歳暮のギフト商品で「飛騨牛」などとうた
いながら、実際には異なる和牛を混ぜて、納入していた。商品は阪
神百貨店や近鉄百貨店和歌山店、ネット通販会社など8社を通じ、
計152商品、約18トンが販売された。

 また、萬野畜産は、偽装の発覚を免れるため、商品を出荷する際
に表示が義務付けられた牛の個体識別番号も書き換えていたことが
わかった。担当部署の社員全員が偽装を認識していて、必要な量を
確保できずにやったと話しているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140830-00000022-nnn-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 牛には「個体識別番号」があって、それに従って管理されている
はずなんですが、おそらく有名無実になっているのでしょう。

 元々、肉質を見て、「これは和牛でいけるな」などと言っていた
業界です。米業界と同じようなものです。

 次はちょっと危なそうなニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 奈良県生駒市の生駒山麓で、猛毒のキノコ「カエンタケ」が見つ
かり、同市は市内のハイキングコースに看板を設置するとともに、
ホームページなどで注意を呼びかけている。

 カエンタケは高さ3〜13センチで、円筒形や、手の指のような
形。鮮やかなオレンジや赤色で、コナラなどのナラ類の枯れ木の根
元に発生するという。

 触っただけでも炎症を起こし、食べると短時間で下痢や嘔吐から
運動障害や言語障害、多臓器不全などの症状を引き起こし、死亡す
る可能性もあるという。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140830/wlf14083011340016-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 さわっただけでも危ないのですね。今やキノコは山で取ってきて
食べるものではありません。海外でも、こんな情報がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 トロント公衆衛生局は、トロントの住民が野生のテングタケを食
べて入院した事例を受けて、野生のキノコを食べることによるリス
クについて助言する。

 野生のキノコを採って食べたりしないように。野生のキノコが食
べられるかどうかを見分けるのはとても難しい。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20140828#p1
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 最後は米の「全袋検査」がまた始まったというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 平成26年産米の放射性物質を調べる全袋検査は21日、二本松
市をトップに始まった。市内の農家3軒が収穫した早場米「五百川」
1袋30キロを計74袋(2220キロ)検査し、放射性セシウム
は全て検査機器の検出限界値(1キロ当たり12ベクレル)未満だ
った。

 市や生産者らでつくる二本松市地域農業再生協議会が、市内のJ
Aみちのく安達杉田駄子内倉庫で検査した。21日までに刈り取ら
れた「五百川」を、同市式部内の安斎孝行さん(60)が42袋、
同市新生町の斎藤登さん(55)が19袋、同市渋川の渡辺年雄さ
ん(57)が13袋搬入した。

 ベルトコンベヤー式の機器に米袋を通すと、検出限界値未満を示
す丸印が表示された。検査結果を受けた3人は「安心してコメを食
べてもらいたい」と安堵(あんど)の表情を浮かべていた。

 二本松市は昨年度、約32万袋を検査した。市の担当者によると、
作付けの状況などから昨年度より1万袋程度、上回ると予想してい
る。
http://www.minpo.jp/news/detail/2014082217603
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 作業されている方々は大変でしょうが、なんだか徒労感があるニ
ュースです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.うちの父親が農業に関わる仕事をしてるんですが、最近、豚に
飲ませた水から大腸菌が出たらしく、豚に何かしら影響はないのか
と言っていますが、もしかして死んでしまったりするんでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.大腸菌そのものは別に心配ないと思いますが、「水から大腸菌」
というのはよくありません。その大腸菌がどこから来たのかが問題
です。

 おそらく、外部からの汚染にさらされているか、内部で排水と飲
み水が分離できていないのでしょう。放置してよい問題ではないと
思います。

------------------------------------------------------------

Q.100%ピュアーで無い、別のものと交ぜた蜂蜜の見分け方を
教えて下さい。

------------------------------------------------------------

A.これは案外難しいですね。食べればわかるだろう?というレベ
ルの偽物もありますし、なかなかわからないものもあります。あま
り神経質に考えると、かえって騙されたりするので注意しましょう。

 普通に売っているものを、表示をよく見ながら買うのが一番安心
できると思います。

------------------------------------------------------------

Q.妊婦のリステリア感染について。妊娠14週の妊婦です。先日夕
方に突然の腹痛と下痢(水様便)を起こしました。3度程下痢した
後、症状は一日で回復しましたが胎児への影響を心配しています。
前日の昼にカルボナーラに少量のパルメザンチーズをかけました。
店に問い合わせたところ、使用しているチーズはイタリア産のグラ
ナチーズ(熟成度の低いもの)という回答をもらいました。わたし
のを数口食べた主人も翌日朝から同様の症状が出ています。健常者
が喫食しても症状が出ることは稀であるとネットで見ましたが私た
ち夫婦はリステリア菌に感染した可能性が高いのでしょうか?発熱
や頭痛等その他症状が出てない状態では血液培養しても陰性になる
のでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.症状がなければ心配しても仕方ないのですが、症状があるよう
なら、医師に診てもらうのが原則です。私に聞いても何も解決しま
せん。

 リステリア以外の可能性も高いように思います。あまり決めつけ
ないで医師に相談されることをお勧めします。 

------------------------------------------------------------

Q.グレープフルーツが1年そのままで腐らないとゆうのを知りま
したが、強力で大量の防腐剤が使用されているということでしょう
か?今まで知らずに食べていましたが、大丈夫でしょうか?

------------------------------------------------------------

A.よくある都市伝説の一つです。ものが「腐る」ということをき
ちんと把握していないと、こういう話に騙されます。

 どんなものでも「経時変化」というものがあります。しかしその
変化の仕方は物により、そのときの環境により、千差万別です。

 何となく持っている「腐る」というイメージと一致しないと、何
か特別のことがあるように思いがちですが、案外そうでもありませ
ん。

 ところで、「グレープフルーツ」が腐らないのは「怖い」という
反応になり、「奇跡のリンゴ」が腐らないのは「素晴らしい」とい
う反応になるのは、あまりに見事なダブルスタンダードだと思いま
せんか?

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「クロマグロ漁獲規制」
------------------------------------------------------------

 前回、サバで「個別割り当て(IQ)」を実施するというニュー
スを紹介しましたが、「クロマグロ」の方はこんな規制をするよう
です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

水産庁はきのう26日(2014年8月)、クロマグロの獲り過ぎを防
ぐため未成魚(メジマグロ)の漁獲量に来年度から上限を設け、上
限に近づくと警報を発することを決めた。漁業者の全国会議で明ら
かにした。

 メジマグロは京料理などで重宝されるが、マグロ全体の中でのク
ロマグロの消費量は大きくはない。回遊魚のマグロを日本だけの規
制で守れるのかどうか。ことは単純ではない。

■歴史的低水準の漁獲量

 規制の対象は太平洋クロマグロの体重30キロ未満の未成魚(子ど
も)。02〜04年の平均水揚げ8015トンの半分、4007トンを上限とし
て設定する。回遊ルートと時期から日本周辺を6つに分けて、それ
ぞれに上限を決め、70%で「注意報」、80%で「警報」、90%で
「特別警報」、95%で「操業自粛要請」を出す。

■周りの国も…

 現在、クロマグロの漁獲高は80年代半ばの歴史的低水準近くまで
落ち込んで、12年は2.6万トンだった。水産庁は規制実施で、今後
10年で4.3万トンに増やしたいとしている。理由のひとつが、16年
のワシントン条約締約国会議で、クロマグロが絶滅危惧種に指定さ
れる可能性があるからだ。指定されれば全面禁漁となる可能性も出
てくる。

 ただ、消費面からいうと、マグロの総量39万トンのうちクロマグ
ロはわずか5%にすぎない。われわれが普段食べているのは、メバ
チマグロかキハダマグロだ。その意味では、規制の影響は少ないと
もいえるが、率先して日本が資源保護に動いていることを他国に知
らせる意味は小さくない。

http://www.j-cast.com/tv/2014/08/27214136.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 もう一つ、同じような記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 水産庁は9月の国際会議で、高級魚として知られる太平洋クロマ
グロの漁獲量を大幅に削減するルールを提案する方針を固めた。

 日本が独自に採用している基準を各国の共通ルールにすることで
乱獲を防ぎたい考えだ。しかし、一部の国が強く反発するとみられ、
議論の行方は見通せない状況だ。

 ◆独自ルール

 日米や韓国などが参加する国際機関「中西部太平洋まぐろ類委員
会(WCPFC)」は昨年、各国が14年の未成魚の漁獲量を02
〜04年の平均から15%以上削減することで合意した。

 しかし、水産庁は、削減幅を拡大しなければ太平洋のクロマグロ
の枯渇は避けられないと判断。日本独自の基準として、来年から未
成魚の日本の漁獲量を02〜04年の平均から半減し、年4007
トンに制限する方針を決めた。

 水産庁は26日、漁業関係者に対し、この半減方針の実現に向け
た方策を説明した。農林水産省の宮原正典顧問は「力を合わせて協
力しないと将来がなくなってしまう」と理解を求めた。

 具体的には、年4007トンの内訳として、漁船から大きな網で
魚をとる巻き網漁は2000トン、定置網漁などの沿岸漁業は20
07トンとした。

 沿岸漁業では、全国を「日本海北部」「太平洋北部」「太平洋南
部」「日本海西部」「瀬戸内海」「九州西部」の六つの海域に分け、
各海域ごとに、これまでの実績に応じた漁獲量を割り振った。政府
が漁獲量に地域別の上限を設けるのは初めてだ。

 各海域で漁獲上限の70%に達したら「注意報」、80%で「警
報」、90%で「特別警報」、95%で「操業自粛要請」を漁業者
に出す。

 ただ、日本はこれまでの自主規制の結果、12年の漁獲量は38
15トンで、既に新基準を下回っている。このため水産庁は、漁獲
制限による価格への影響は小さいと見ている。

 ◆韓国が反発か

 日本だけが02〜04年比「半減」を達成しても、他国は「15
%以上削減」では効果は小さい。

 このため日本は、福岡市で9月1〜4日に開かれるWCPFCの
小委員会で、各国にも半減を求める方針だ。太平洋クロマグロは日
本の消費が7割を占めており、太平洋でクロマグロを確保すること
は日本人の食生活にとっても極めて重要だからだ。日本は自ら大幅
削減する方針を決めていることを訴え、交渉をリードしたい考えだ。

 交渉を左右しそうなのが韓国の動向だ。韓国に「半減ルール」が
適用されると、来年の漁獲量を年718トンにしなければならない。
しかし、韓国の漁獲量は12年段階で1406トンもあり、達成は
難しいとみられる。

http://news.livedoor.com/article/detail/9190512/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「半減」は10年以上前の、まだたくさんとれていた時期からの値
で、近年の漁獲量や規制量に則したものではありません。

 「クロマグロが乱獲により絶滅の危機に瀕している→漁獲量を規
制しよう。」と思ったら、「近年の漁獲量を上回る漁獲量を規制値
にしよう。」ですから、実効性は全くありません。

 やる気がないことおびただしいですね。

 客観的にクロマグロの資源についての評価は「西太平洋のマグロ
の管理をしている国際機関WCPFCの科学委員(ISC)」から発表され
ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

1.資源の概要

 太平洋クロマグロは、太平洋全体で単一の系群を形成しており、
国際機関WCPFC(西太平洋)とIATTC(東太平洋)によって管理され
ている。産卵場は北西太平洋にしかない。それぞれの年級群の一部
は太平洋を横断して回遊し、北東太平洋で幼魚期の数年を過ごすも
のもいる。

2.漁獲の歴史

 太平洋クロマグロの漁獲記録はあまり整備されていないが、日本
沿岸では1804年、米国では20世紀初頭まで遡ることが出来る。
漁獲量の推定によると、1929から1940年は漁獲が多く、そ
のピークは1935年の47635トンであった。その後、第二次
世界大戦のために漁獲量が減少する。

 戦後、日本の漁獲活動が北太平洋全域に広がったために、194
9年にクロマグロの漁獲が急増した。1952年までに、多くの漁
業国で一貫した漁獲量報告システムが確立された。より信頼できる
漁獲統計によって、1952年から2012年までの漁獲量は、年
によって大きく変動することがわかった。

 この時期の漁獲のピークは1956年の40383トンで、最低
は1990年の8653トンであった。クロマグロは様々な漁具に
よって漁獲されているが、現在の漁獲の大部分は巻き網漁業による
ものである。

 1952年以降の漁獲は、未成魚中心であったが、1990年代
から、0歳の漁獲が大幅に増加している。

3.データと資源評価

(略)

4.資源状態と保全のアドバイス

■資源状態

 最新の資源評価では、2012年の産卵親魚量は、26324ト
ンで、2010年の推定値25476トンよりもほんの少し多かっ
た。

 新規加入量(卵から生き残って、新たに漁獲対象になった個体数)
の推定値は、モデルの設定を変えても、ほぼ同じような水準だった。
2012年の新規加入は比較的低水準(61年で下から8番目)で
あり、過去5年の新規加入は歴史的な平均水準を下回っていた。2
009−2011年の漁獲死亡係数の推定値は、0−6歳について
は、それぞれ19%,4%,12%,31%,60%,51%,2
1%増加したが、7歳以上については35%減少した。

 WCPFCおよびITTACでは、太平洋クロマグロについては、資源管理
のための目標や指標は決定していない。現在の漁獲圧は、Floss以
外の一般的に用いられているすべての管理指標よりも大きくなって
いる。2012年の産卵親魚量は、漁獲がなかった時代の6%以下
であった。一般的な管理指標と比較すると、乱獲が現在進行中であ
り、資源が乱獲状態にあるといえる。

(略)

 歴史的に見て、西太平洋の沿岸漁業が最も大きなインパクトをも
っていた。しかし、1990年代初頭から、西太平洋の巻き網のイ
ンパクトが増加し、これらの努力量がたのすべての漁業グループを
凌駕している。

 東太平洋のインパクトは、1980年代中頃まで大きかったが、
その後、大幅に減少している。西太平洋の延縄はすべての時期を通
して、限定的なインパクトしか与えていない。漁業の影響は、漁獲
される個体数と大きさの両者によって決定される。たとえば、多数
の小型の稚魚を漁獲することは、大型の成熟個体を漁獲するよりも、
未来の産卵個体群に対する影響が大きいこともあり得る。

■管理アドバイス

 現在(2012年)のバイオマスは歴史的な最低水準付近で有り、
Floss以外のすべての管理指標よりも高い漁獲圧がかかっている
(訳者注:Flossは資源が消滅に向かう漁獲圧なので、これを超え
なければよいというものではない)。

 将来予測をみても、現在採用されているWCPFC CMM(2013-09)お
よびITTAC(C-13-02)の管理措置を今後も続けた場合、現在の低水
準の加入が続く限り産卵親魚は回復しないと考えられる。

 NC9で要求された将来予測では、低水準の加入が続いた場合には、
もっとも厳しい管理シナリオ6のみで産卵親魚が増加した。シナリ
オ6の結果から、さらに大幅な漁獲死亡率とすべての未成魚の年齢
帯における漁獲量の削減によって、産卵親魚が歴史的最低レベルを
下回るリスクを削減できることが示された。

 もし、最近の低水準な加入が今後も続く場合、産卵親魚が歴史的
最低水準を下回るリスクが増加する。このリスクはさらに厳しい管
理措置を執ることで減少できる。

 NC9が要求した将来予測では、長期的な平均的な加入まで回復し
ない限り、産卵親魚増加は現在のWCPFCおよびITTACの保全管理手段
では望めない。

 産卵調査の結果に応じて、資源評価での未成魚の定義が変更され
た場合には、予測結果も変わる可能性がある。SSBが低水準であり、
将来の新規加入が不確実で、資源バイオマスに対する加入が重要性
であることを考慮すると、加入のトレンドをタイムリーに把握する
ためのモニタリングを強化すべきである。

http://katukawa.com/?p=5746
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「乱獲が現在進行中であり、資源が乱獲状態にあるといえる。」
という明確な見解です。対処方法は「さらに厳しい管理措置」しか
なく、具体的には「個別割り当て(IQ)」制度しかありません。

 前回、サバについて「個別割り当て(IQ)」を実施するという
ニュースを紹介しましたが、それに対してこんな批判的見解が出て
います。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 検討会で、大臣許可の巻き網漁業を対象にマサバ太平洋系群にIQ
を試験導入することになった。それ自体は良いことだと思うのだけ
ど、漏れ聞いてくる話を総合するととてもやる気があるようには見
えない。大型の巻き網船は5隻ぐらいで船団を組んで操業する。以
前は太平洋にに100を超える船団が集まったのだが、たこの足食
いのような乱獲レースでつぶし合いをした結果、現在は20船団弱
しか残っていない。今回のIQの実証試験では、規模が小さな2〜3
船団のみに個別の漁獲枠を導入する計画らしい。個別漁獲枠の目的
は、早獲り競争の抑制することによって、魚の質を向上させて、操
業コストを削減することである。ごく一部の漁船にだけ枠をいれて
も、早獲り競争は抑制できないのだから、IQの効果が期待できない
のは自明だろう。「IQの実証試験をやったけれど、効果がないから
やめます」というために実証試験をしているようなものである。実
証試験といいつつも、その実態は「資源管理をやらないためのアリ
バイ作り」なのだ。仕事をしないことにかけては、実に有能な組織
である。

http://blogos.com/article/92989/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「個別漁獲枠の目的は、早獲り競争の抑制することによって、魚
の質を向上させて、操業コストを削減することである。」

 なるほど、というところです。「早獲り競争は抑制できない」と
いうやり方ではどうしようもありません。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 ここしばらく「Q&A」は休んでいましたが、今回は突然たくさ
んいただきました。ありがとうございます。そのせいというのでも
ないのですが、何だか回答が短くて申し訳ありません。

 珍しく雨の多い夏でしたが、8月ももう終り。今年は秋が早そう
ですね。災害はあちこちでありましたが、電力が何とか持ちこたえ
たのはラッキーでした。いい加減サボタージュはやめて、発電所の
正常稼働をしてほしいものです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-773号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/