安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>752号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------752号--2014.04.06------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「Q&A」「アトピー商法」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 「調査捕鯨」について、大きくニュースで取り上げられています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 南極海での日本の調査捕鯨は国際法に違反するとして、オースト
ラリアが即時中止を求めて起こした訴訟の判決が31日、オランダ
の国際司法裁判所(ICJ)であった。ペテル・トムカ裁判所長は、
最大1035頭の枠で実施している現在の調査捕鯨は「科学目的の
ためとは言えない」として、中止を命じた。事実上、日本が全面敗
訴した。

http://www.asahi.com/articles/ASG305TK7G30UHBI014.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これに関連して、こんな記事もありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

楽天が鯨肉販売を禁止 イルカも、全店舗に通達
2014.4.2 17:09

 楽天が、運営するインターネット仮想商店街「楽天市場」の出店
店舗に、鯨肉やイルカの肉の販売を全面的に禁止する通達を出して
いたことが2日、関係者への取材で分かった。

 楽天は、日本に南極海での調査捕鯨をやめるよう命じた国際司法
裁判所(ICJ)の「判決を踏まえ、社として判断した」と説明し
ている。

 楽天によると、禁止したのは鯨やイルカの部位を用いた製品で、
肉だけでなく皮や脂、骨などのほか、これらを使った加工品も含ま
れる。

 通達は1日に全ての出店店舗にメールで送信。店舗向けのガイド
ラインに「禁止商材」として加えたことも通知し、4月30日まで
に該当商品を全ての出店ページから削除するよう求めた。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140402/biz14040217110020-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 調査捕鯨の中止と鯨肉の販売には何の関係もないのですが、いっ
たいどう考えてのことでしょう。

 和歌山県太地町では今も沿岸捕鯨をやっています。捕鯨全般が禁
止にも禁輸にもなったわけではありません。

 とはいえ、実は私も「調査捕鯨」はあまり続ける意味がないので
は?と思っていました。鯨肉の需要はそれほど多くありませんし。

 私の世代だと、給食にときどき出てきた鯨肉は、安くてまずいも
の、というイメージが強いので、今も食べたいとは思わないです。

 もう一つ、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

国内全インターチェンジに車体洗浄・消毒システム設置へ

■口蹄疫・シストセンチュウ対策

 家畜に被害を及ぼす口蹄疫や畑作物の生育不良の原因となるシス
トセンチュウ等の対策のため。近年の口蹄疫発生への対策の他、20
20年の東京オリンピックに向けて海外からの人や物の流入が増える
ことで、汚染土壌が持ち込まれるリスクが高まることに備える。

 実際の自動洗浄・消毒システムは現在埼玉県の専用試験場でテス
ト中(写真)。すでに農場や農産物を扱う工場で使用されているも
のをベースに、車速を下げなくても効果が上がる薬液仕様と噴霧器
の設定およびETCとの連動のタイミング等を研究している。

 当初、出路にも同じ装置を設置し、入路を国交省担当、出路を農
水省担当とする案で進めて来たが、財務省出身の国会議員から「平
成の馬鹿査定の一つになる」と叱責され、出路不要と削減されて農
水省で予算化できなくなることが予想されたため、入路のみとして
両省共同で管掌するように農水省側から働きかけた。

■薬剤噴霧に議論噴出

 ただし、高級車やカブリオレのユーザーを中心に反対の声が上が
っている。とくにオートバイや大型スクーター愛用者からは「ライ
ダーに水をかける気か」と、すでにクラブやチーム単位で反対署名
を集め始めている。

 これに対して、抗菌タイヤを研究しているタイヤメーカーや車載
消毒装置を研究している自動車メーカーからは「全国に装置を大量
に設置するよりも、走る側の研究を助成してもらう方が効率がよい」
(自動車メーカー)という意見も出ている。

 また、複数の市民団体が、ケミカルの大量使用により、土壌汚染、
大気汚染、水質汚濁の原因となることが危惧されるとする意見書を
提出している。

http://www.foodwatch.jp/primary_inds/39036
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 何だかトンデモな案のように書かれています。しかし社会全体の
安全を考えると、こういう手法は研究していく価値があると思いま
す。

 実際に効率よく消毒を行うのは難しいでしょうが、社会全体の動
きの中に、関門を設けて安全性を確保していくという発想は取り入
れられるべきものと思います。

 高速道路の自動集金システムは便利になりましたし、あちこちに
ある防犯カメラも非常に役立つようになってきています。

 「消毒」となると単なる情報収集とは違い、物理的な手段が必要
になりますが、これを解決していけば、新たな社会的安全管理の道
も開けてくるように思います。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.当方、ガン手術後1年で再発無しという状態です。いろいろな
ものを進められていますが、最近深層水セルピュアというのを薦め
られています。薦めた方はどうも販売側会社の方の70代のご婦人
で、もう13年飲んでいて、うつっぽいときでも飲むとすっきり楽
しくなると言ってました。風邪もひかないとか。29.6mlで表示は清
涼飲料水(濃縮液)、原材料は鉱泉水、海水、米酢 それを毎日8
滴を水に溶いて6〜10回飲むとよいといわれました。

 飲むと舌下からすぐに吸収されて活性酸素をやっつけるそうです。
2日間少なめに飲んでみていますが、抗がん剤の副作用の手先の感
覚異常とか、排便困難などが多少改善したような気もします。気温
が高くなったからか、塩分を減じたからか、などと考えてます。し
かしうつが改善などきくと変な薬がはいっていたら怖いなぁと思っ
ています。いかがなものでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.マルチ商法みたいですね。商品自体もインチキと考えてよいと
思います。関わればお金も健康も損します。すぐに関係を絶つよう
お勧めします。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「アトピー商法」
------------------------------------------------------------

 「アトピー商法」をやっている悪徳病院はたくさんありますが、
一つ摘発されたようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 アトピー性皮膚炎の治療に、広告と異なってステロイドが入った
「漢方クリーム」を処方していたとして、横浜市都筑区の山口医院
(山口了三院長)が4日、同区で患者向け説明会を開いた。約90
0人の患者や家族が参加し、症状の悪化などを訴えた。

 ステロイドは皮膚炎などの治療に効果がある一方、皮膚が薄くな
ったり、急に使用をやめると症状が使用前より悪化したりする副作
用もあるとされる。医院側によると、クリームを処方された患者は
東海や九州地方などにも及んでいる。

 説明会で医院側は、ステロイド混入の経緯について、「中国の医
師からクリームを仕入れて処方したが、ステロイドが入っていると
は知らなかった」と説明した。また、クリームに漢方成分が入って
いなかったことも明らかにした。

http://www.asahi.com/articles/ASG445WKDG44ULOB026.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下が消費者庁のリコール情報です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

商品名

医薬品
山口医院が処方した「漢方クリーム」

連絡先

山口医院
神奈川県横浜市都筑区中川1丁目5番9号
URL: http://www.tsuzuki-ku.jp/yamaguchiiin/

対応方法

 ステロイドには副作用の恐れがあるため、皮膚科を受診してくだ
さい。現在、医院が対応方針等を検討しており、26年4月4日に医院
が説明会を開催します。

対応開始日

 2014/03/05

対象の特定情報

 アトピー性皮膚炎に対し処方していた外用剤(1番、2番という
案内をしていたクリーム)

備考

[リコールの理由]

 アトピー性皮膚炎に対し処方していた外用剤(1番、2番という
案内をしていたクリーム)について、医院ではステロイドが入って
いないと説明していたが、実際にはステロイドが混入している可能
性があるため。

[クリームを使用中の方へ]

 ステロイドには副作用の恐れがあるため、皮膚科を受診してくだ
さい。

[説明会について]

 今回の問題に至る経緯,ステロイド製剤外用による一般的な影響,
および外用剤の回収,返金の範囲等も含めた当医院の対応方針等に
ついての説明会が開催されます。

日時:平成26年4月4日 午後2時〜午後4時
場所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央32−1都筑区総合庁舎内
   都筑公会堂メインホール

[クロベタゾールプロピオン酸エステルについて]

 ステロイドは一般に、5段階(1群〜5群)の強さに分けられま
すが、クロベタゾールプロピオン酸エステルは、最も強い1群に分
類されます。湿疹に対して効果がある一方、細菌などの皮膚感染症
に対して使用してはならない(禁忌)とされています。また、皮膚
萎縮や緑内障等の副作用の恐れがあります。

http://www.recall.go.jp/all_ages/detail.php?rcl=00000008825
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 普通、アトピー商法をやる悪徳病院は、「食事療法」などと言っ
て、効果があるのかないのかわからないようにして稼ぐのですが、
ステロイド剤を出していたらそのうちバレるに決まっています。

 どうしてこんな馬鹿なことを始めたのか?と疑問に思っていまし
たら、その被害にあった方の報告がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

横浜市都筑区の山口医院 漢方クリームにステロイド入ってた。


 はじめまして。わたくしはアレルギーっこの2児の母です。

 都筑区にある山口医院の評判を友達から教えてもらい5年位前か
ら通っていました。

 友達のアトピーっこからステロイドの怖さや、脱ステ体験を聞い
たりしてた私はなるべくステなしでアレルギーを治したいと思って
いましたので山口医院に行ってみました。とても人気で数か月予約
待ち状態でした。

 はじめて行ったとき中国人の女性の蘇(そ)先生の出してくれる
漢方や漢方クリームは保険適応外で自費なのでお金がかかってしま
いますがだいじょうぶか?などと院長に聞かれましたが治したい一
心で治療をはじめました。

 ステロイドが入っていないと謳っている漢方クリーム1番と2番
は5gで4000円でした。成分を知りたいと聞くと3種類くらい漢方?
が載っている紙をもらいあとは言えないとの事。

 食後に飲む漢方は途中でツムラにかえたのですがソ先生が出して
いたカプセルに粉末が入っていたのは一個300円だった気がします。

 入浴剤も売っててはじめは買ってましたがすっかり値段は忘れて
しまいました。

 あと石鹸は数千円。シャンプーも売ってたようですが私は覚えて
ません。

 漢方を飲ませて漢方クリームを塗るとはじめは関節などがぐちゅ
ぐちゅだったわが子が本当にびっくりするくらいきれいになりまし
た。あまりにも効きすぎて少し怖くも思い「ステロイドは入ってな
いんですよね?」と聞きましたが「入っていないので赤ちゃんにも
安心して使用していいです」と言われました。

 基本的ないつもの診察は中国人の蘇先生の診察を受け体の状態を
みてもらいここ最近の困った事などの相談しながらツムラや漢方ク
リームの処方が決まります。そのあと山口院長先生に呼ばれ「最近
の調子はどう?」と聞かれ「いい感じです」というだけの診察?が
あり終わります。

 病院の受付で漢方クリームなどの自費分は払い処方箋をもらって
ツムラなどはちかくの薬局で受け取っていました。

 しかし残念ながら、ある皮膚科の先生ブログ(今は山口医院の記
事は消されています)や、某巨大掲示板で漢方クリームにステロイ
ドが入っているとの疑惑がでてきて不安になった私は山口医院に真
実を確かめに行きました。

 「ストロンゲスト級のステロイドが入ってたのは本当なんですか?」
と院長に尋ねると奥の部屋に連れてかれ、そこでステロイドの混入
を認めました。

 工場での洗浄不十分のため25年度の生産分にステロイドが混入し
たとの説明を受けました。しかし今まで通った5年間のうち25年度
だけよく効いたなんてことはなく信じれません。その場での返金に
も応じませんでした。

 国民消費センターに山口医院の漢方クリームと思われる商品テス
トの結果が2つありました。国民消費センターのHPで”漢方クリー
ム”と検索するとでてきます。以下結果です。

1.苦情品の漢方クリームを調べたところ、「No.1 顔(上半身)」
と書かれたシールが貼られていていた苦情品には0.055%のプロピ
オン酸クロベタゾールが含有し、「No.2 身体(下半身)」と書か
れたシールが貼られていていた苦情品には0.058%のプロピオン酸
クロベタゾールが含有していた。

2.苦情品の顔用と体用の漢方クリームを調べたところ、顔用には0.
057%、体用には0.054%のプロピオン酸クロベタゾールが含有され
ていた。

 プロピオン酸クロベタゾールは劇薬に指定されているものです。

 山口医院の漢方クリームのプロピオン酸クロベタゾールの含有量
はステロイド外用薬として一番強い外用薬デルモベート(I群:ス
トロンゲスト)とほぼ同じ濃度入っていたという結果です。

 デルモベートはもちろん赤ちゃんには使用できませんし大人でも
特に重症の方に短期間のみ出されるものです。とてもショックです。
友達は院長に「残りの1番は塗らないいほうがいいんですよね?」
と言うと「はい。そうして下さい。」と言われました。

 院長からの説明では市からの指導が入っているので患者に対し公
平に対応しなければならないので3月はじめに患者に手紙を送り中
旬に説明会を開くと言われました。そして数日後にはもう苦情殺到
で対応できないのか臨時休業というようになってると知りました。
ほんとにひどい。

 警察やいろんなところに相談したところ被害者は多くいずれ被害
者の会のようなのが出来て集団での裁判になるのではないかと言わ
れました。

 そこで大事なことはちゃんと証拠を残すことと教えてもらいまし
た。

 領収書などの書類などはもちろん、もしリバウンドしてたら症状
と日時、写真、院長とやり取りした方は内容と日時など。。。

 本当に悲しくて残念ですがこんなことになってしまい強い薬を子
供に塗り続けたのはくやしいです。

 これからどうなるのかはわかりませんが一人でも多くの方にこの
事実を知っていただきたいと思い書いてみました。

※追記  「山口医院被害者の会」の結成の呼びかけ
http://pyonkoring.hatenablog.com/entry/2014/04/04/225737

http://pyonkoring.hatenablog.com/entry/2014/02/28/120402
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これを読むと、「中国人医師」が主犯のようです。病院側は騙さ
れていた…という言い訳が登場しそうですが、実際、説明会ではそ
んな様子だったようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

4月4日の弁解だらけの説明会

 こんばんは。今日の説明会はひどいものでした。とりあえず間違
いや文章などおかしくなると思いますが内容を書きます。

 舞台に立っていたのは山口院長と弁護士3人、蘇先生はいません
でした。蘇先生は出席する義務はないと断られたと言っていました。

山口医院長・弁護士からの説明

 山口院長の兄(医者)から国賓留学生という蘇先生を紹介されも
ともと友人として3.4年つきあっていた。

 その時は中国雲南省でアトピー治療で実績がある漢方医ときいて
いた。

 漢方クリームは秘伝の古文書に残っていたレシピに蘇先生が手を
加えたものだと言っていた。

 息子がアトピー患者で困っていたら蘇先生が漢方クリームをわけ
てくれてとても良くなり院長も治療に有効だと思い山口医院で蘇先
生が漢方相談するようになりどんどん患者が増えるにつれ月に1回、
週に1回と最終的にはほぼいるようになった。

 漢方クリームのレシピの詳細は秘密なのだと言っていて蘇先生の
友人のチン・ウメズさんの工場で作っていた。

 そしてその工場から蘇先生が電話、FAXという方法で購入してい
たが発注書などはのこってなく取引契約などもないということです。

 院長が直接手配することはなく全て蘇先生がやり取りをしており
代金は現金で蘇先生に渡してその後工場名義の領収書が送られてき
た。

 去年の9月に行政から1番にクロベタゾールが入っていたと言われ
蘇先生に工場に事実確認してほしいと言ったが蘇先生の母が亡くな
ったので帰国してしまい工場と連絡が取れず工場からの連絡は1月
だった。

 1月23日まで患者に売っていた。

 しかし調べたところ工場など不審な点が多く院長は蘇先生を信じ
切っていたが弁護士のほうからの提案で漢方クリームを調べる事に
した。

*分析センターの結果は1.2番の分析したところ、主成分とされて
いた黄栢(オオバク)大黄(ダイオウ)は入っていなかった。

*00番、3番、4番、5番、6番にはクロベタゾールは入っていなかっ
た。(↑クロベタゾール以外のステロイドは調べてないって事です
よね?)

 説明会に向けての話し合いの中でお金の話ばかりになり院長も蘇
先生にだまされたのではないかとなっていきました。

 ステロイドクリームは意図的なすり替え蘇先生が金儲けのために
したのではないかと考えるようになった。

 当初の返金は25年度の物だけと思っていたが意図的な混入の可能
性が出てきたので25年度のみとはいかなく1番、2番に関しては全額
返金したいと思っている。

 しかし過去のクリームまですべて返金できるだけの資金を持ち合
わせていない。

 漢方など自費による商品の売り上げは24年度だけで8127万円、漢
方クリームの仕入れは45% 1.2番ではg当たり1900円でした。

 蘇先生に対し年間は1500万払っていた。また蘇先生の親族が薬草
を採取などに協力していたため80万、25万を月々払っていた。

 さらに中国への渡航費、中国で借りた倉庫の支払いなどで漢方ク
リームの売り上げの9割は蘇先生が受領していることに気付いた。

 蘇 川博(カワヒロ・センハク)と名乗っていましたが公的な書
類での名前は蘇 エイとなっていた。中国の医師免許はある。

 返金への対応は破産手続きして患者に分配するか、患者の同意が
あれば山口医院を民事再生し継続して得た収益で返金していくかに
なる。払いきれない部分に関しては圧縮という形になる。

 今まで売った1.2番は総額3億円程度で今の山口医院の資産状況で
は返済できるのが2割程度になる。院長としては病院を続けて返金
したいとの事。

http://pyonkoring.hatenablog.com/entry/2014/04/04/222256
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「薬の中身も知らないで患者に出す」医師が本当にいるとは信じ
られません。

 知っていたのなら、バレずに済むと考えるのもどうかしています
が、詐欺師の心境はわからないですね。病院側も、弁護士も、中国
人医師も、みんな詐欺師のご一党という理解しかできないです。

 それにつけても、こんな皮膚科医師のぼやきが聞こえてきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 10年くらい前から、アトピーの患者さんで、ステロイドはなるべ
く塗りたくない、塗るとしても非常に弱いものをごくわずかしか塗
りたくない、時には、何があっても塗りたくない、というような考
えを口にする人が目に付くようになりました。重症のアトピー性皮
膚炎であるのにステロイドを塗らないと決心している人がいて、そ
のような患者さんの皮膚は悲惨そのものです。目の前に有効な薬が
あるのにどうして塗りたくないのか尋ねてみますと、いろいろな答
えが返ってきます。

 (1)怖い薬だとみんながいっている

 (2)長く使っていると皮膚が駄目になってしまうらしい

 (3)顔が丸くなったり、骨がもろくなったりする

 (4)リバウンドという恐ろしい現象があり、一度使いだすとやめ
られない

 (5)ステロイドは自然の治癒力を阻害する

 (6)効き過ぎるのでかえって怖い、といったところが代表的な意
見です。

 (6)はだれでも感じる直観的なもので一応理解できますが、(1)か
ら(5)は誤解もはなはだしいという他はありません。特に我々のよ
うにステロイドを使ってアトピーを治療していこうとしている医師
にとってショックだったのは、「ステロイドには強い副作用があっ
て、長く使っていると結局患者のためにならないことは少しでも勉
強している医師にとっては常識である。それを知りながら一時凌ぎ
のためにステロイドを処方する医師が後を絶たないのは、大問題で
ある」というような極端なとらえ方をする人が出てきたことです。
患者さんのために一番よい治療法を提供しようと、一生懸命やって
いるつもりであるのに、問題医師扱いされたのではかないません。
我々皮膚科医は、ステロイドについての誤解を解き、正しい理解を
広める努力をしなくてはなりません。

http://kanahifu.umin.jp/story/story-03.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 みんな忘れていると思いますが、昔、某ニュース番組で久米某氏
が反ステロイド剤を煽ったあたりがこういう事件の根本にあります。

 万死に値する、というやつです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 現在、私もネフローゼ症候群でステロイド剤で治療を受けていま
す。症状は比較的早くに改善していますが、服用量が多いので、退
院させてくれませんでした。

 少しずつ減らして、ようやく7日(月)に退院です。その後は半
年から一年くらいかけて、徐々に減らしていく過程になります。国
から「治療指針」が出ているのですが、その指針どおりの治療計画
です。

 症状が改善してから、体重が10キロほど減りました。50歳以降、
少し太ったと思っていましたが、あれは全部「水」だったのには驚
きました。全身の「むくみ」がとれて、身体が軽くて仕方ないです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-752号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3716名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/