安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>748号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------748号--2014.03.09------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「Q&A」「アクリルアミド」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 前回、シラスウナギが豊漁という話がありましたが、実際は豊漁
というほどでもないのだそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今季の漁獲量は、空前の不漁だった昨年を上回る見込みで、おそ
らく15トンぐらいまで伸びそうです。この漁獲量がどの程度か図
示してみましょう。極度な不漁続きだったここ数年の中では比較的
多い方だけれども、それ以前とは比較にならないような低調な漁獲
量なのです。

 海外では、資源が豊富な時代を基準にして、漁業の状態を判断し
ます。ノルウェーなどの漁業先進国では、漁獲が無い時代の30-40%
まで魚が減ったら、禁漁を含む厳しい規制をして、資源を回復させ
ます。たとえば、ニュージーランドでは、ホキ資源(マックのフィ
レオフィッシュの原料)が漁獲が無い場合の30%ぐらいまで減少
したときに、業界が漁獲枠の削減を政府に要求して、資源を回復さ
れました。漁業先進国の基準からすると、日本のシラスウナギは、
漁獲を続けていること自体が非常識となりそうです。

 資源が枯渇した状態を基準に、少しでも水揚げが増えたら「豊漁」
とメディアが横並びで報道するのは日本ぐらいです。目先の漁獲量
の増減に一喜一憂するということは、水産資源の持続性に対して長
期的なビジョンが欠如していることを示しています。

 先日、ある漁師と酒を飲んでいたときに「林業は100年先を考
えて木を植える。農業は来年のことを考えて種をまく。漁師はその
日のことだけ考えて魚を獲る」という話を聞きました。同じ一次産
業でも、生産現場をコントロールできる林業と農業は、長期的な視
野を持っているが、自然の恵みを収穫するだけの漁業は、その日暮
らしで、場当たり的に獲れるだけ魚を獲ってきたのです。

 現在のハイテク漁業は、海洋生態系に甚大なインパクトを与えて
います。一方で、種苗放流などの人為的に魚を増やす試みは失敗続
きです。魚がひとたび減少すれば、自然に回復するのを、何十年も
ただ待つしか無いのです。生産現場を人為的にコントロールできな
いからこそ、水産資源の持続性に対して、より慎重な姿勢が求めら
れます。

 シラスウナギの来遊量が去年よりも増えたのは、間違いなく良い
ニュースです。増えた魚をきちんと獲り残して、資源の回復につな
げる必要があります。日本のシラスウナギ漁には、漁期の規制があ
るのですが、これまで何十年もウナギが減少してきたことを考える
と、資源回復のために十分な措置とは言えないでしょう。実効的な
規制がないなかで、密漁が蔓延しているのです。管理できていない
現状を問題視するどころか、「豊漁で安くなる」と横並びで煽って
いるのが日本のマスメディア。このあたりにも、他の先進国と異な
り、日本では水産資源の枯渇が社会問題にならない原因があるのか
もしれませんね。

http://katukawa.com/?p=5451
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この記事に漁獲量のグラフがありますが、ずっと減ってきたもの
がほんの少し上向いただけなのです。たしかに、指摘どおりと思い
ます。

 そんな中、密猟のニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

シラスウナギ違法漁容疑で2人の男を逮捕(徳島県)

 禁止されている方法でシラスウナギ漁をしていたとして徳島海上
保安部は男2人を現行犯逮捕し4日、送検しました。逮捕・送検さ
れたのは徳島市川内町加賀須野の会社役員、朝井智仁容疑者45歳
と、藍住町徳命の自営業、関口良明容疑者38歳の2人です。徳島
海上保安部によりますと今月2日午前3時ころ、2人は共謀して松
茂町の今切川河口付近の海域に小型船を出し、押網漁をおこなった
疑いです。パトロール中の海上保安官が押し網漁で取ることが禁止
されているシラスウナギが船の上に大量にいるのを確認したため、
漁業法違反と水産資源保護法違反の容疑で現行犯逮捕し、きょう徳
島区検に送検しました。シラスウナギの密漁で逮捕者が出たのはこ
とし初めてです。シラスウナギは去年は極端な不漁のため、1キロ
200万円ほどで取引されていましたが今年は1キロ25万円ほど
です。買取業者によりますと密漁で捕獲されたシラスウナギは網で
大量にとるため傷がつきやすく、質が悪いということですが、密漁
はあとをたたないといいます。

http://news24.jp/nnn/news8672607.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こういう根こそぎ獲るような方法は禁止されているのですが、カ
ネのためには何でもする人がいるわけです。しかも会社員とのこと
ですから、漁業権もない、本当の密猟だったようです。

 次は生協がやっている食品中の放射性物質の調査で、昨年の結果
が出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 日本生協連は2011年度から継続して実施している「家庭の食事か
ら放射性物質摂取量調査」の2013年度調査結果をまとめ、このほど
公表した。

 この調査は、▽家庭での日々の食事に含まれる放射性物質の量に
ついて、生協組合員の関心が高いので、その実態を科学的に調査す
る、▽被災地を中心に広く生協組合員の協力を得て、実際の食事と
使用した食材に関する情報や食事に対する意識を調査し、実情を把
握する、▽調査結果や関連情報を消費者へ分かりやすく提供するこ
とで、現状を正しく理解する一助とする、ことを目的に2011年度か
ら実施されている。

 13年度の調査は、6月29日から14年2月18日まで実施された。実
施数は388世帯435サンプル(うち福島県は153世帯200サンプル)。
各家庭の2日分の食事(6食分と間食)を1サンプルとし、すべて
混合して測定。測定物質は、セシウム134、同137、カリウム40、参
考値としてヨウ素131も測定したがすべて不検出だった。


◆435サンプル中428サンプルで不検出


 今回調査した435サンプル中428サンプルからは、検出限界以上の
放射性セシウムは検出されなかった(食事1kg当たり放射性セシウ
ム量)。不検出は全体の98.4%。1Bq/kgの検出が見られたのは7
サンプルで、都道府県別には福島県6、宮城県1だった(下表参照)。

 11年度からの3回の調査結果は表の通りだが、検出されたサンプ
ルの最大値は、11年度が11.7Bq/kg、12年度が4.2Bq/kgだったが、
今回は3.7Bq/kgと低くなってきている。また、検出したサンプル
の平均値も、11年度3.2Bq/kg、12年度2.2Bq/kgで、今回は1.8Bq
/kgと徐々に低くなってきている。

 3年間で1356サンプルを調査した結果から日本生協連は「1Bq/
kg以上検出する食事を継続して食べ続けている可能性は極めて低い
ことがわかってきた」としている。

 放射性セシウムの1年間あたりの食事からの内部被ばく線量は、
今回、もっとも高い検出をしたサンプルの3.7Bq/kgだったが、仮
にこの食事を1年間継続して食べ続けた場合、食事からの内部被ば
く線量は、0.032mSvと推定される。これは12年4月に施行された基
準値の根拠である「年間許容線量1mSv」に対して3.2%となる。

 原発事故に関係なく食品中に含まれる放射性カリウム40は、すべ
てのサンプルから検出された。その結果は、8.8〜68Bq/kgで、1
年間の内部被ばく線量は0.034mSv〜0.39mSvだった。

http://www.jacom.or.jp/statistics/2014/03/statistics140304-23575.php
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 既に(福島県でも)普通に食べているもので放射性物質が問題に
なることはない、というのが結論です。少なくともカリウム40の
変動幅を越えるような他の(原発事故由来の)放射性物質はあり得
ない状況です。

 これは長期にわたる、ほぼ完全な調査ですので、信頼性は高いと
思います。それにも関わらず、まだまだ社会的な問題は残っている
という記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 東京電力福島第1原発事故後、国の基準値を超える放射性物質の
検出が相次ぎ、東北や関東の一部の農産物に対する消費者離れが進
んだ。中でも、福島産を取り巻く環境は厳しく、産地にとっては今
も試練の日々が続く。事故から3年。数値の上では安全を確保しな
がら、「風評」という見えない敵と闘う現場では、店頭から業務用
への販売の転換も始まっている。【町田結子】

 ◇野菜 市場で地位低下

 農産物は原発事故以降、出荷前に福島県による放射性物質のモニ
タリング検査が続けられている。事故直後は野菜などから当時の国
の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシ
ウムの検出が相次いだ。だがその後、畑の表土を削り取ったり、表
層と下層の土を反転させたりして農地の除染を行い、基準値を超え
る比率は下がった。

 野菜と果物では、2012年春からの新基準値(同100ベクレ
ル)超えは12年度が全7271件中7件、13年度(2月末現在)
は全5734件中ゼロだ。しかも12年度以降はほとんどが検出限
界値(同約5ベクレル)未満だった。各農協などでも自主検査を実
施するなど、産地では徹底した安全管理も行っている。

 シイタケやナメコなど原木や菌床を用いた栽培キノコ類では、原
木や菌床を管理した結果、12年度以降は検査対象が全て基準値以
下。現在、基準値超えが出ているのは、山菜や野生のキノコといっ
た除染できない山林で育ったものに限られている。

 しかしこれにより、福島産の野菜などの価格が震災前に戻ったか
と言えば、そうはなっていない。

 JA全農福島が扱った野菜のキロ単価は11年度の312円から、
12年度は豊作で流通量が増えたこともあって244円へ大幅に低
下。13年度(2月末現在)は324円と今度は大幅に上昇し、震
災前の10年度の340円にも近づいている。だが13年度の価格
の回復について、全農福島の担当者は「夏場の高温など栽培に不利
な気象が重なり、全国的に野菜の生産量が少なかったことが大きく
影響している」と説明。福島の販売数量も前年度の95%と減って
おり、14年度が豊作になれば福島産は途端に価格が下がる恐れが
あるという。

 東京都内の市場関係者も「小売業者でも業務用を扱う業者でも、
福島産を扱わないところはいまだにある。検査による安全確認の情
報が末端まで行き届いておらず、受け入れは簡単にいかないだろう」
と話す。

http://mainichi.jp/select/news/20140308k0000e040225000c.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうにも困ったことだと思いますが、最近の朝日新聞の記事には
こんなものがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)で、福島県の子ども
に甲状腺がんが増えるのか。結論はまだ出ず、不安は続く。

 ■がん検査、前例なく手探り

 福島県喜多方市の喜多方プラザ文化センターに2月下旬、就学前
の子どもを連れた男女や、高校生が次々とやってきた。福島第一原
発事故の影響を調べる甲状腺検査を受けるためだ。

 ついたてで仕切られたブースには、超音波検査器とベッド。枕元
にはぬいぐるみが置かれている。母親と一緒に入ってきた4歳の男
の子は、自分でベッドに横になった。

 福島県立医大の緑川早苗准教授(放射線科)が、温めたジェルを
男児の首に塗ると、男児は歯を食いしばった。緑川さんは男児の首
に器械を当てて、モニターを見ながら動かした。時間は2分足らず。
「よく頑張ったね」と声をかけると、男児は「はぁ〜」と息を吐い
た。くすぐったくて、噴き出さないようこらえていたのだ。

 子ども1人につき8枚の写真を撮る。画像を県立医大に持ち帰り、
複数の医師で診断する。迷う時には、外部の専門委の意見も聞く。
検査結果が本人に郵送で届くのは約2カ月後だ。

http://www.asahi.com/articles/DA3S11017552.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 内容としては甲状腺検査のことを書いているだけなのですが、リ
ード部分で「福島県の子どもに甲状腺がんが増えるのか。結論はま
だ出ず、不安は続く。」と思い切り不安を煽っています。

 世界中の研究者の結論は一致していて、今後放射性物質による健
康被害は起きないと言っています。

 すでに結論は出ているのに、あくまで不安を煽るという姿勢は一
貫しています。私が時々やり玉にあげる毎日新聞のおバカ記事とは
違い、一貫した(日本社会に対する)悪意が感じられる記事が朝日
には多いですね。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.甲状腺低下症で昆布を食べないようにしていますが、資生堂の
長命草を試飲したら、体主に頭の方に違和感を覚えました。増粘多
糖剤に海藻類が多いと書いてあり心配です。

------------------------------------------------------------

A.実は私も甲状腺機能が低下していると先日医者に言われました。
昆布を食べないというのは、ヨウ素を制限されているのですね。

 日本人にとって、ヨウ素の制限というのは非常に困難です。昆布
を直接食べなくても、昆布出しとか昆布エキスとかでもヨウ素を摂
取してしまうので、問題になることがあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

甲状腺機能低下症の食事はヨードに注意

 甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの不足が原因で起こる病気
なので食事は、甲状腺ホルモンの原材料のヨードを多く含む食品を
たくさん摂ったほうがいいと勘違いされてる人がいます。でもそれ
は逆で甲状腺機能低下症の人は、機能が低下している状態でヨード
を過剰に摂るとさらに機能が低下する懸念があるのです。

 日本では、海草や海藻(昆布、ワカメ、海苔、ひじきなど)の摂
りすぎで甲状腺機能低下症になる人が多いほどです。海草や海藻に
含まれるヨードは、甲状腺ホルモンの原材料ですが、慢性甲状腺炎
(橋本病)の人の中にはヨードを摂りすぎると却って甲状腺ホルモ
ンが作れなくなる人がいます。こういう場合、海草を逆に摂らない
ようにすると機能が正常 になり甲状腺ホルモン剤が必要でなくな
ります。

 日本は海に囲まれてるのでヨードを含んだ食材にあふれてます。
摂らないようにするのが難しいくらいです。ヨード含有が最も多い
のが昆布は避けたほうが良いです。昆布だしもそうです。次にひじ
き。海苔、ワカメ、寒天などに比べてヨードが多いですが、気をつ
けるくらいでよいでしょう。

 甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症の人もできるだけ化学物質
を避けてカフェインを含むコーヒーや、アルコールも控えます。カ
フェインはコーヒー以外にもお茶や紅茶にも含まれているので注意
しましょう。

http://hypothyroidism.seesaa.net/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「長命草」は「ボタンボウフウ」とも言う、沖縄で自生している
植物です。海草ではありませんので、特にヨウ素が多いということ
はないと思います。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

長命草

 琉球野菜

 和名はボタンボウフウ。沖縄本島では「サクナ」、与那国島では
「グンナ」、波照間島では「マンズ」、竹富島では「シュナイ」と、
島によって呼び名が変わります。

 那覇の市場では、野菜として売られていますが、与那国では海岸
に、波照間では道端にたくさん生えていて、わざわざ栽培しなくて
も、好きなだけ採取して利用できる野草です。

 特に与那国島には多く自生しています。島の南の、海底遺跡があ
るということで有名になった辺りの崖には、びっしり生えていまし
た。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kanou/choumeisou.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 また、海草から作られる多糖類も、ヨウ素が含まれている物質で
はないので、特に問題にすることはありません。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「アクリルアミド」
------------------------------------------------------------

 こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

食品安全委 GMジャガイモを審議

 アクリルアミド産生が低減できる、遺伝子組み換え(GM)ジャ
ガイモの安全性を評価する審議が内閣府食品安全委員会により、本
格的にスタートする。厚生労働省から同委員会に対し評価依頼があ
り、「遺伝子組換え食品等専門調査会」でまず評価を行う。フライ
などの加熱調理により生成されるアクリルアミドは、健康への影響
として神経障害の報告や、がんリスクの高まることなど懸念されて
いる。米国ではひと足早くその低減対策への取り組みが進んでおり、
日本でも作物品種からのアプローチに入る。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2014/03/06-14902.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今までジャガイモで遺伝子組み換えの品種はありませんでしたの
で、新登場です。しかも栽培面ではなくて、栄養面からの開発とい
うのが珍しいです。

 アクリルアミドは元々ジャガイモに含まれるのではなく、調理中
にできることがわかっています。

 どうしたらアクリルアミドができにくいジャガイモになるのだろ
うと思って調べてみたら、該当しそうな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

米国でアクリルアミド低減可能な遺伝子組み替えジャガイモの開発
に成功 (2011/6/23)

 アクリルアミドはデンプン質の食物を油調、ロースト、オーブン
焼きした場合に生成される物質であり、ドーナツからコーヒー豆ま
で、日常的に口にする多くの食品に含まれている。他のデンプンベ
ースのスナックに比べてフライドポテトとポテトチップスのアクリ
ルアミド含有量は比較的高いため、ジャガイモ加工業者はこの問題
の解決に懸命に取り組んでいる。これに対する一つの答えを見つけ
たのがウィスコンシン大学マディソン校園芸学教授で植物遺伝学者
のジミン・ジアン教授だ。同教授が開発したのは、アクリルアミド
を低減することができる新種のジャガイモである。研究は米国農務
省農業研究局の植物生理学者で園芸学准教授のポール・ベスキー氏
の協力を得て行われた。

 アクリルアミドの問題は貯蔵の時点から始まる。フライドポテト
とポテトチップスの加工業者は年間を通して原料のジャガイモを確
保する必要があるため、秋に収穫されたジャガイモの大部分を倉庫
で貯蔵するが、気温が低いため塊茎の単糖類が蓄積して「低温糖化
(cold-induced sweetening)」という現象が起こる。この糖が調
理時に遊離アミノ酸と反応してアクリルアミドを生成するのである。
また、同じ反応によって製品に焦げが生じて色上がりが悪くなるた
め、商品価値がなくなってしまうという問題もある。

 同教授が考案したのは、ジャガイモから抽出したDNAの小断片を
同じジャガイモのゲノムに挿入するという方法である。挿入された
DNAは、ショ糖をブドウ糖と果糖に分解する酵素をコードする液胞
酸インベルターゼ遺伝子の発現を阻止する。ブドウ糖と果糖はアク
リルアミド生成と褐色反応の原因となる物質であるが、これら2つ
の単糖類への分解を抑えるプロセスによって、調理時にアクリルア
ミドがほとんど生成されないジャガイモ系統を開発することに成功
したのである。

 通常、ポテトチップスに含まれるアクリルアミドの濃度は1000ppb
前後であるが、この方法を用いれば約200ppbまでの低減が可能であ
る。これは食品加工業界にとって計り知れないほど大きな可能性を
秘めた技術であり、現在ウィスコンシン大学卒業生研究財団によっ
て特許申請が行われているところである。

http://www.potatonews.jp/NewFiles/UW-Madison.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「低温糖化」というのは、野菜栽培時に低温にさらすと糖が増え
て甘みが増すという減少ですね。食べれば美味しいのですが、その
糖類、特に単糖類がアクリルアミドの元になるというわけです。

 そこで単糖類の生成を抑える遺伝子を組み込んだのが問題のジャ
ガイモです。

 この記事は2011年のものですから、2年半ほどかかってここまで
こぎ着けたものだと思います。

 さて、ついでに厚労省のサイトのアクリルアミド解説記事を紹介
しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

Q5:わが国でのアクリルアミド濃度測定結果は諸外国と比較して
どうですか。

A5:FAO/WHO専門家会合報告書にある海外5カ国(ノルウェー、
スウェーデン、スイス、英国、米国)の結果と比べると、わが国で
測定した結果はほぼその値の範囲内です。

(参考)最大値と最小値(単位はμg/kg)

             国立衛研     海外5カ国
ポテトチップス     467〜3,544     170〜2,287
フレンチフライ     512〜 784     <50〜3,500
ビスケット、クラッカー 53〜 302      <30〜3,200
朝食用シリアル     113〜 122     <30〜1,346
とうもろこしチップス類 117〜 535      34〜 416
食パン、ロールパン   <9〜 <30      <30〜 162
チョコレートパウダー  104〜 141     <50〜 100
コーヒーパウダー    151〜 231      170〜 230
ビール         <3         <30

Q6:国際的には、アクリルアミドについてどのような議論がなさ
れていますか。

A6:FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)において、20
05年及び2010年にアクリルアミドの評価が行われており、次
のような報告がなされています。


○ ヒトのアクリルアミドの摂取量

・平均的な摂取量は、体重1kgあたり一日1μgであり、高摂取群
では、体重1kgあたり一日4μgと推定される。(2005年、
2010年)

○ アクリルアミドのヒトへの影響

・推定摂取量と動物における毒性用量から算出した暴露マージンを
リスク評価に用いることとした。(2005年)

・平均的な摂取量では生殖毒性、発生毒性および他の毒性影響(発
がん性は除く)は想定されない。(2005年)

・平均的な摂取量では神経学的な影響はないと考えられるが、高摂
取群では、動物を用いた毒性試験でみられた神経の形態学的変化が
ヒトでも生じる可能性を排除できない。(2005年、2010年)

・遺伝毒性及び発がん性を有する化合物の暴露マージンとしては低
く、健康への懸念を示唆するものである。(2005年、2010
年)

○ その他の指摘

・食品中アクリルアミド濃度を減らす努力を続けるべきである。
(2005年)

http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/11/tp1101-1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「減らす努力を続けるべき」という状況で、実際に減らせる有力
な手法が開発されたわけです。

 これを使わない手はないと思いますが、いかがでしょうか。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 Q&Aにも書きましたが、先日から甲状腺機能が低下していると
言われて、甲状腺ホルモン剤を飲んでいます。あまり効いているよ
うな気はしません。

 そちらはオマケのようなもので、本命は腎臓で「ネフローゼ症候
群」という診断になりました。先日の検査入院に続いて、10日か
ら入院治療に入ります。一カ月ほどかかる予定です。よほどのこと
がない限り発行は続けられると思いますが、もしかしたら発行がイ
レギュラーになるかもしれません。あらかじめご了承をお願いしま
す。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-748号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3716名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/