安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>745号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------745号--2014.02.16------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「消費税転嫁」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 「遺伝子組み換え」作物についてのニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

遺伝子組み換え作物:世界の栽培面積は過去最高 13年

毎日新聞 2014年02月13日 20時05分

 2013年の世界の遺伝子組み換え作物の総栽培面積は、過去最
高の1億7500万ヘクタールで、前年より約500万ヘクタール
増えた。栽培国は1カ国減って27カ国。NGO「国際アグリバイ
オ事業団」(本部・米国)が13日発表した。

 同事業団によると、栽培面積は商業栽培が始まった1996年の
170万ヘクタールから100倍以上になったが、前年からの増加
率は約3%で比較的低かった。同事業団は「先進国や途上国の一部
成熟市場で、成長が頭打ちで推移した」としている。栽培面積トッ
プは米国で約7010万ヘクタール。

 また、これまでの特定の除草剤で枯れない「除草剤耐性」や、害
虫が食べると死ぬ「害虫耐性」などに加え、昨年は米国で乾燥に強
い「乾燥耐性トウモロコシ」が初めて栽培された。

http://mainichi.jp/select/news/20140214k0000m020064000c.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ここにきてようやく頭打ち傾向なのですね。

 日本で認められている遺伝子組み換え作物は、品種としては結構
ありますが、意外なことに作物単位で言うとわずかな品目です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

安全性審査の手続を経た旨の公表がなされた遺伝子組換え食品及び
添加物一覧

厚生労働省医薬食品局食品安全部
平成26年2月12日現在

1. 食品(288品種)

じゃがいも(8品種)
大 豆(15品種)
てんさい(3品種)
とうもろこし(198品種)
なたね(19品種)
わた(41品種)
アルファルファ(3品種)
パパイヤ(1品種)

2.添加物(17品目)

http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 とうもろこしが圧倒的に多いですが、私たちが食べるものではな
く、飼料や加工品向けの品種です。

 次はアメリカの話ですが、カリフォルニアで旱魃が話題になって
います。史上最悪とかいう話も出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 米カリフォルニア州が、記録をとっている過去119年間で最悪の
干ばつに見舞われている。過去500年で最悪の恐れもあり、ジェリ
ー・ブラウン州知事は前月、非常事態を宣言した。

 家畜を飼育するための牧草は枯れ、放牧主は高騰する牧草を購入
するか家畜の一部を売却するかの選択を迫られている。一方、農家
は、農業用水の不足に直面しており、アーモンドの木など1年を通
じて水分を必要とする樹木の伐採も検討している。

 地方の17自治体では今後数週間以内に飲料水が枯渇する恐れも出
ている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3007960
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 カリフォルニアは農産物の大生産地ですので、いろいろと影響が
心配されています。ただ、最近雨が降ったそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

2014年2月14日金曜日

やっと雨が降って、川にサーモンが戻ってきた

 11月中旬あたりから3月までが雨期で、この間に一年分の雨が降
るのですが、この雨期は雨がちっとも降らず、マリンカウンティに
ある7カ所の貯水池の底が見えて大変な事態になっていました

→ 一日20ガロンの節水をしよう!

 もうやばいんじゃないか、断水を覚悟しないと...と思っていた
ところへ、どばっと雨が降ってくれました。

 2月に入って雨が降り始め、先週末には4日間続けて大雨になり嵐
となり、一部地域では小規模でしたが洪水が発生し、我家の前の道
路も一部冠水して一車線が通行止めになりました。

 降らないとなると一滴も降らないし、やっと降ったと思えば洪水
になるし、極端ですねぇ。この雨でマリンカウンティにある7つの
貯水池全体の水量の64%まで戻ったそうです。

 でも、これまでの平均貯水量よりは下回っているので、まだ油断
はできません。

 大雨が降り、湖に水が溜まり、干からびていた、あちこちのクリ
ークには水流が戻り、うれしい知らせがありました。

http://camarinlife.blogspot.jp/2014/02/blog-post_14.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 雨が降ったら洪水というのも困ったものですが、何とか最悪の事
態はまぬがれたようです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「消費税転嫁」
------------------------------------------------------------

 こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 消費増税や年金保険料の引き上げなど、今年は我々庶民にとって
は苦しい年になりそうだ。しかし、負担増となる大きな隠し玉がひ
とつ残っていた! それが日本最大の貿易国である中国の人民元高
だ。調べてみると、予想外の負担増と安全リスクがあった。

◆相次ぐ中国産回収は、人民元高と関係あり?

 アベノミクス効果で円安が進むなか、対円ではこの1年で20%以
上も上昇した人民元。価格据え置きを要求する納品先業者との板ば
さみとなるなか、中間業者や現地の下請け企業はコストカットする
以外に生き残る術はない。

 前回( http://nikkan-spa.jp/579410)に続き、遼寧省大連市で
アクセサリーメーカーを営む日本人(36歳)も「日本のクライアン
ト側に品質低下を容認するような風潮がある」と話す。

「中国に拠点を構える日系企業の多くは、日本的なモラルでよくや
っていると思いますよ。『母国に粗末なものを入れたくない』とい
う思いは誰もが持っている。しかし、クライアントのなかには、価
格を一方的に押し付けてくる傍ら、『こんな方法もあるよね』と、
暗に品質を犠牲にしたコストカットを勧めてくるところもある。
『品質はある程度、目をつぶるから、とにかく価格は上げないでく
れ』というわけです。ただ、そういったところに限って、最終納品
先で問題となった場合は、『言っていない』とシラを切り、全責任
を押し付けてくる。結局、そういうクライアントの仕事は、モラル
度外視の非日系企業しか受注しなくなるのです」

 さらに悪気はなくとも、価格に拘りすぎるあまり、結果として製
品の品質低下を招いてしまうケースもある。広東省中山市のプラス
チック加工メーカーに勤務する日本人(37歳)は話す。

「為替変動を考慮しない日本の業者は、発注先メーカーとの交渉が
決裂すると、複数の新規メーカーに相見積もりをとって、かなりし
つこく価格交渉をやってくる。こういった業者には地雷が多い。と
いうのも、最終的に契約を結ぶのは納期ギリギリなのに、納期を遅
らせるという計らいはないから。結果、メーカー側は時間がないな
かで品質や安全性を犠牲に突貫でやらざるをえない。これが不良品
発生や事故の遠因となっている」

 広東省広州市在住の日系企業の駐在員(33歳)は、こうしたなか
で起きたという、ある事件の裏事情を話す。

「昨年、日本のコンビニチェーンが景品として配ったキャラクター
ものの中国製マグカップが、破損してけが人が出たため、回収され
る事件がありました。この背景には、コンビニと中国メーカーの橋
渡しをしていた商社が、中国メーカーに価格的にも納期的にもかな
り厳しい要求をしていたという噂がこちらでは広まっている。中間
に立つ商社は、客先には為替を理由に値上げを迫る一方、メーカー
からは安く仕入れてナンボ。ただ、彼らにとって幸いなことに、こ
こ中国では品質にさえ拘らなければ、安い業者を探せばいくらでも
ある。中国メーカーに言わせれば、『頂いた値段と納期で精いっぱ
いやった結果』なんです」

http://yukan-news.ameba.jp/20140212-31/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私がよく言う、バイヤーの責任転嫁の技です。よく、産地偽装な
どの不祥事が起こったとき、小売り側は知らなかったとか騙されて
いたとか言いますが、あれはほとんどウソだと思います。

 少なくとも、そういう不正の原因のある程度の部分は、バイヤー
からの要請によるものです。

 買う側の「無理な要求」に、売る側が「不正」でもって答えるわ
けですが、このあたりの呼吸はまともなバイヤーならわかってやっ
ているはずです。

 そこで、こんなニュースが気になります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

イオン 増税後も価格据え置き

2月12日 15時46分

 流通大手の「イオン」は、消費税率の引き上げで消費者の節約志
向が強まるとしてプライベートブランドの半数以上の商品の本体価
格を引き下げることで、増税後も消費税を含めた総額を据え置く方
針を明らかにしました。

 これは、イオンが開いたプライベートブランドの商品説明会で明
らかにしたものです。

 会社側では、4月の消費税率の引き上げで消費者の節約志向が強
まると予想されるとして、4月以降、およそ6000品目のプライ
ベートブランドのうち、半数以上の商品の本体価格を製造工程の見
直しや物流コストの削減などを通じて値下げします。

 そのうえで、増税後も消費税を含めた総額を据え置くとしていま
す。対象となる商品は、食料品や日用品が中心で具体的な商品の数
は来月中ごろまでに決めたいとしています。

 イオンは「消費者のニーズに見合った価格や品質の商品を提供す
ることで、他社との差別化を図りたい」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140212/k10015193341000.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 例によって例のごとくだな、という印象です。以前にも書きまし
たが、こういうことに関して、政府は重大な関心を持っていて、価
格転嫁のための法律を作っています。

 また、法律にそった調査もしているようです。以下はその調査票
に書かれている、不正行為の例示です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

消費税の転嫁拒否等の行為の有無についての調査

「買いたたきの例示」

1.対価を一律に一定比率で引き下げて,消費税率引上げ前の対価
に消費税率引上げ分を上乗せした額よりも低い対価を定める場合

2.原材料費の低減等の状況の変化がない中で,消費税率引上げ前
の対価に消費税率引上げ分を上乗せした額よりも低い対価を定める
場合

3.安売りセールを実施することを理由に,大量発注などによる特
定供給業者のコスト削減効果などの合理的理由がないにもかかわら
ず,取引先に対して値引きを要求し,消費税率引上げ前の対価に消
費税率引上げ分を上乗せした額よりも低い対価を定める場合

4.免税事業者である取引先に対し,免税事業者であることを理由
に,消費税率引上げ前の対価に消費税率引上げ分を上乗せした額よ
りも低い対価を定める場合

(注)免税事業者であっても,他の事業者から仕入れる原材料や諸
経費の支払において,消費税額分を負担している点に留意する必要
があります。

5.消費税率が2段階で引き上げられる予定のため,2回目の引上
げ時に消費税率引上げ分の全てを受け入れることとし,1回目の引
上げ時においては,消費税率引上げ前の対価に消費税率引上げ分を
上乗せした額よりも低い対価を定める場合

6.商品の量目を減らし,対価を消費税率引上げ前のまま据え置い
て定めたが,その対価の額が量目を減らしたことによるコスト削減
効果を反映した額よりも低い場合

「減額の例示」

1.対価から消費税率引上げ分の全部又は一部を減じる場合

2.既に支払った消費税率引上げ分の全部又は一部を次に支払うべ
き対価から減じる場合

3.本体価格に消費税額分を上乗せした額を商品の対価とする旨契
約していたにもかかわらず,対価を支払う際に,消費税率引上げ分
の全部又は一部を対価から減じる場合

4.リベートを増額する又は新たに提供するよう要請し,当該リベ
ートとして消費税率引上げ分の全部又は一部を対価から減じる場合

5.消費税率引上げ分を上乗せした結果,計算上生じる端数を対価
から一方的に切り捨てて支払う場合

「商品購入,役務(サービス)利用の要請の例示」

1.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,取引先にディナーショーのチケットの購入,自社の宿
泊施設の利用等を要請する場合

2.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,本体価格の引下げに応じなかった取引先に対し,毎年
定期的に一定金額分購入してきた商品の購入金額を増やすよう要請
する場合

3.自社の指定する商品を購入しなければ,消費税率引上げに伴う
対価の引上げに当たって不利な取扱いをする旨を示唆する場合

「利益提供の要請の例示」

4.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,消費税の転嫁の程度に応じて,取引先ごとに目標金額
を定め,協賛金を要請する場合

5.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,通常必要となる費用を負担することなく,取引先に対
し,従業員等の派遣又は増員を要請する場合

6.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,消費税率の引上げに伴う価格改定や,外税方式への価
格表示の変更等に係る値札付け替え等のために,取引先に対し,従
業員等の派遣を要請する場合

7.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,取引先に対し,取引の受発注に係るシステム変更に要
する費用の全部又は一部の負担を要請する場合

8.消費税率引上げ分の全部又は一部を上乗せすることを受け入れ
る代わりに,金型等の設計図面,特許権等の知的財産権,その他経
済上の利益を無償又は通常支払われる対価と比べて著しく低い対価
で提供要請する場合

http://www.jftc.go.jp/tenkataisaku/tenkasyomentyousa.files/tenkacyosa25.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 また、「消費税価格転嫁等総合相談センター」では「転嫁拒否等
に関する相談」も行っています。

 以下はそのQ&Aから。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

○ 転嫁拒否等に関する相談

Q.当社は事業者向けにオフィス等の賃貸事業を行っているところ、
4月以降の賃貸料については8%の税率を適用した金額を事業者に
請求することとしているが、オフィス等に入居している事業者が受
け入れてくれるか懸念がある。事業者が当社の請求を受け入れてく
れなかったらどうすればいいのか。

A.貴社が消費税転嫁対策特別措置法の特定供給事業者(資本金額
3億円以下)に該当する場合に、オフィス等に入居している事業者
(特定事業者)が、平成26年4月以降の賃貸料について8%の税
率を適用した金額を拒否する行為は、「買いたたき」又は「減額」
として消費税転嫁対策特別措置法上問題となります。このため、実
際にそのような行為を受けた場合には、公正取引委員会や事業所管
省庁などに御相談ください。

Q.取引先との契約書に取引金額は○○円(税込)とする内容の記
載がある場合、4月以降の取引金額の引上げについて当方から交渉
を持ちかけても、取引先から契約書に取引金額は○○円(税込)と
記載されているのだから、4月以降も取引金額は○○円(税込)の
ままで据え置くと言われるのではないか懸念している。

A.平成26年4月1日以後に課税資産の譲渡等が行われる取引につ
いては、経過措置の適用があるものを除き、新税率8%が適用され
ます。新税率8%が適用される取引について、平成26年4月以降
も税込みの取引金額を据え置くことは、合理的な理由がない限り、
「買いたたき」として消費税転嫁対策特別措置法上問題となります。
契約書に○○円(税込)と記載されているとの理由で取引金額を据
え置くことは合理的な理由とはなりませんので、実際にそのような
行為を受けた場合には、公正取引委員会や事業所管省庁などに御相
談ください。

Q.取引先の小売業者から消費税率引上げに伴う店頭販売のための
値札の付け替え作業を求められているが、当社(納入業者)が値札
の付け替え作業を行わなければならないのか。

A.消費税率引上げに伴う値札の付け替え作業を納入業者の費用負
担で行わせることは、「利益提供の要請」として消費税転嫁対策特
別措置法上問題となります。このため、実際にそのような行為を受
けた場合には公正取引委員会や事業所管省庁などに御相談ください。

Q.当社が役務の提供を委託している消費税転嫁対策特別措置法の
特定供給事業者に該当すると思われる事業者から4月以降も現在の
委託料金(消費税5%の税込料金)で構わないと申出が来ているが、
この料金で合意してしまうと転嫁拒否に該当するとして消費税転嫁
対策特別措置法違反になるのか。

A.平成26年4月以降も委託料金を据え置くことは合理的な理由
がない限り、「買いたたき」として消費税転嫁対策特別措置法上問
題となります。委託先事業者から申出があった場合であっても、申
出を余儀なくされるような事情があれば問題となります。

Q.当社(小売業者)は小売業を営んでいるが、消費税率の引上げ
前に販売促進のために取引先事業者に対して納入価格の引下げをお
願いしたいと考えているが、このような要請を行うことは消費税転
嫁対策特別措置法の規制対象となるか。

A.消費税率引上げ前に納入価格を引き下げる行為についても、消
費税率引上げ後の納入価格を引き下げることになる場合は、合理的
な理由がない限り「買いたたき」として消費税転嫁対策特別措置法
上問題となります。また、当該合理的な理由については貴社の側で
説明する必要があります。

http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/260214pres.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 長々と引用したのは、イオンをはじめとした大手小売業者では、
こういう不正行為を行いそうだという予感があるからです。

 このところ小売り業界の寡占の進行にともない、小売り側の横暴
が目立っています。少し古いですが、具体的な例を上げておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ビールなどの販売を巡り、大手スーパー「イオン」(千葉市)に
仕入れ値を下回る価格で卸した疑いがあるとして、公正取引委員会
は独占禁止法違反(不当廉売)で大手卸売3社に警告する方針を固
め、20日、事前通知した。

 ビール会社の販売奨励金が2005年に減らされて以降、3社は
イオンに赤字で卸していたという。公取委は、ビール大手4社とイ
オンにも不当廉売の原因があるとして、適正な価格で取引するよう
異例の協力要請を行う。

 警告を受けるのは、三菱食品、伊藤忠食品、日本酒類販売(いず
れも東京)。独禁法上の警告は、違反と認定するまでの証拠はない
ものの、違反の疑いが残る行為をやめさせるために行う行政指導。

 関係者によると、遅くとも09年以降、卸売3社は特定のビール
や発泡酒などについて、ビール会社からの仕入れ値以下の価格でイ
オンに納め続けた疑いがある。例えば1ケース(350ミリ・リッ
トル缶24本入り)で生産者価格が約3800円の場合、仕入れ値
を100円以上割り込んだ商品もあったという。安売りの影響で、
イオン各店舗の周辺で経営が悪化する酒店もあったとみられる。

http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/327.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上記はちょっとアレなサイトからの引用ですが、元はちゃんとし
た新聞記事です。

 続いて個人のブログに載っていた見聞ですが、実際にあったこと
と思って間違いない話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「日本赤十字社等の義援金の8割が未支給」という事ですが、そ
れでも日本全国から、続々と義援金が、様々な形で集まっているも
のと思われます。

 中には街頭で。中には店頭で。中にはお買い物のポイントで。

 そこには、義援金を出す人達の自由意志と、同意が存在するはず
です。

 しかし、その様なモノの存在が、全く無い状態での募金も、ござ
います。

 イオン春日井店の中に、友人が経営しております店がございます。

 そこでは家賃と一緒に、「義援金」を1500円支払う事になりまし
た。(既に施行されております)

 これに付きましては、事前に通達が有った様ですが、そこには、
各テナントの経営者の自由意志が、反映されておりません。

 ただただ、決定事項の連絡でしかなかった訳です。

(略)

 にもかかわらず、各テナント一律で、有無を云わさず徴収し、そ
して、「『イオングループ』からの義援金」として、支払われる訳
です。

 「義援金を集める」「義援金を支払う」という事は、実に素晴ら
しい事だとは思いますが、それはやはり、「自発的」に行われる行
為だからこそであって、「強制」で行われる事に、私は友人からこ
の話を聞きました時、違和感を感じざるを得ませんでした。

http://ameblo.jp/khensuke/entry-10947845547.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 時期的にはもうこの手の話が出ていることと思います。何とか円
滑に「消費税転嫁」を進めていけるようにしてほしいものです。

 そのためには、不正な要求を拒否する勇気が必要なことは、暴力
団排除と同様です。

 最後に、私自身は今でも消費税増税には反対です。しかし決まっ
た以上は全体がスムースに上げないといけません。当たり前のこと
ですが、「消費者が安い商品を望んでいる」からなどという理由で
消費税転嫁を拒み、結果として小売り業者が暴利をむさぼることは
許しがたいと思っています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 金曜日から土曜日にかけて、またまた大雪が降りました。私のと
ころでも本当に久しぶりの積雪がありました。おかげで市内は大混
乱です。

 これからしばらくは「寒い冬」が続きそうです。「温暖化」はど
うなっているのだ!と言いたいですね。

 それにしても、以前「二酸化炭素25%削減」などという無茶な
案に賛成していた人と、今「原発再稼働反対」と言っている人が重
なっているような気がしています。この二つは全く相反するもので
すから、どちらかしか選べないはずなのですが。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-745号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3716名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/