安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>732号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------732号--2013.11.10;7------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「富久娘酒造の違反表示事件」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 かまぼこの回収というニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■小麦アレルギーをお持ちのお客さまへのお詫びと商品回収のお知
らせ

 平素はイオングループ各店舗をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げま
す。

 このたび、中国、四国、九州地区の弊社グループ店舗にて販売し
ております「トップバリュ鯛入り蒲鉾(赤・焼・白)」におきまし
て、自主検査の結果、一部商品から本来使用されていない「小麦」
成分が検出されたことが判明いたしました。

 お客さまには、ご心配とご迷惑をおかけしますことを深くお詫び
申し上げます。

 弊社は、判明後直ちに当該商品を売場から撤去するとともに、店
頭でお知らせさせていただいております。

 小麦アレルギーをお持ちのお客さまにおかれましては直ちに喫食
をおやめいただくとともに、大変お手数ではございますが、お買い
求めの店舗または下記フリーダイヤルまでお申し出くださいますよ
うお願い申し上げます。

 弊社は、このような事態を招きましたことを真摯に受け止め、今
後は、品質管理体制の一層の強化に努めることで再発防止に万全を
期してまいります。

 お客さまにご心配とご迷惑をおかけしますことを重ねてお詫び申
し上げます。



1.対象商品

・「トップバリュ 鯛入り蒲鉾(赤・焼・白)」 98円
・賞味期限:11月11日〜11月19日
・製造所固有記号:J781
・JANコード:
4901810653911(赤)、
4901810653935(焼)、
4901810653928(白)

2.取扱い店舗

・中国、四国、九州地区計15県のイオン、マックスバリュなど2
31店舗

3.対象商品画像(製造所固有記号は商品の裏面 販売者の後に記
載しています。)
【鯛入り蒲鉾 赤】
【鯛入り蒲鉾 焼】
【鯛入り蒲鉾 白】

http://www.aeon.info/news/important/pdf/131111R_2.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 かまぼこにでん粉が使われることはよくあります。生で食べてお
いしいかまぼこには使いませんが、煮物などに向いたものは、煮込
んでも固くならないでん粉入りです。

 したがって、かまぼこ工場ででん粉を使い、それが小麦粉由来だ
ったのではないかと思います。

 問題は工場で故意に(増量のため)でん粉を使用したのか、それ
とも単なる混入か、ということです。これは含まれる量を見ればす
ぐにわかりますが、その情報がありません。

 イオンのプライベートブランドで、製造所固有記号がJ781と
のことですが、生産工場の情報も出ていません。

 各社のニュースを見ても、イオンの発表を丸写ししているだけで、
真相に迫ったものは一つもありませんでした。

 イオンによる業界支配が完成したというべきか、マスコミの取材
能力がなくなってしまったというべきか、いずれにせよ困った状況
になっています。

 アレルギーのない人には関係ないような書き方をしていますが、
一体何が起こったのかは闇の中です。

 少なくとも以下の各点について、公開すべきものと思います。

(1)小麦粉成分発見の経緯

(2)確認された混入量

(3)工場での混入経緯

(4)事故の原因と対策

 これらは商品製造時の事故を発表するときには当然語られるべき
ことです。

 今回は誰も追求しないまま終わりそうです。これで無事済んだと
思っていたら、そのうちもっと破滅的な事件が起こりそうです。

 最後に、フィリピンの台風被害で、思わぬところに影響が出てい
るというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 油脂大手の不二製油(大阪府泉佐野市)のフィリピン子会社のヤ
シ油工場が台風30号の直撃を受けて、ほぼ全壊したことで、供給
先の国内食品メーカーに不安が広がっている。

 不二製油のヤシ油は菓子やパンなどの原料に使われ、日本でトッ
プシェアを誇るが、生産は被災した工場のみで、今後の供給に支障
をきたす恐れが出てきたためだ。メーカー各社は代替調達先の確保
などを検討し始めた。

 フィリピン・レイテ島にある不二製油の子会社の工場では生産設
備が台風で損壊し、ヤシ油の生産が停止した。担当者は「詳細すら
把握できていない。復旧には時間がかかる」と話す。

 日本植物油協会によると平成24年の国内のヤシ油の供給量は約
4万トンで、不二製油がトップシェアを占める。独特の風味が特徴
のため別の植物油で代替できないメーカーもあるという。

 同社は6年にレイテ島に工場を開設し、ヤシ油を生産。14年に
は日本での生産を打ち切り、レイテ島での生産に集約していた。今
後の供給については「外部から調達して支障のないようにする」
(同)という。

http://news.livedoor.com/article/detail/8246876/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 生産の集中は効率を上げるけれど、リスクも大きくなるというこ
とがあるのは確かです。

 フィリピンの台風被害は復旧作業がなかなか進まず、困難な状況
になっています。

 国に経済力がないということが、こういう悲惨な状況をもたらす
のだと改めて思います。「命かカネか」などとお気楽なことを言っ
ている人たちには猛省を求めたいです。経済力があれば救えた命も
あるのです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「富久娘酒造の違反表示事件」
------------------------------------------------------------

 このところメニュー偽装問題が大混乱で、もはやどこで何が発表
されたのかも追いきれない状況です。

食品の偽装表示・不正表示
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/food_labeling_scandals/news_list/?pn=1

 発表するのなら今のうちだ、と言っていたことが本当になってき
ました。

 個別にはこれで厳しい追求を受けずにすんで助かるでしょうが、
外食産業全体にとっては大きなダメージになるのは間違いありませ
ん。

 そんなニュースに紛れ込んでしまっているのが、メニュー偽装と
は次元の違う、メーカーの明確な表示基準違反事件です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 神戸市灘区の酒造会社「富久娘酒造」は11日、「純米酒」に醸
造アルコールを混ぜたり、規格外の酒米を使った安い酒に「純米酒」
などのラベルを貼ったりするなど、国税庁の基準に違反する日本酒
を販売していたことを明らかにした。

 同社は該当する38銘柄の自主回収を始めた。今年1月〜10月
末に一升瓶換算で約25万本を販売したという。

 同社によると、不正表示は10月下旬、大阪国税局の指摘で発覚。
国税庁の基準では純米酒の原料は米と米こうじだけだが、醸造アル
コールを加えたものがあった。また、品質の劣る規格外の米を使っ
た酒に「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」といった高級酒のラベル
を貼って販売していた。

 同社が原料を記した書類などを調べたところ、少なくとも4〜5
年前から不正表示は始まっていたとみられるといい、詳しい時期を
調べている。読売新聞の取材に、小島久佳社長は「結果としてお客
様をだましたことになった。原因究明を徹底し、再発防止に努めた
い」と話した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131111-OYT1T01347.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「富久娘酒造」ではかなり継続的かつ大規模に不正をおこなって
いたようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

富久娘虚偽表示4、5年前から

11月12日 21時30分

 神戸市にある老舗の酒造会社、「富久娘酒造」が虚偽の表示をし
て日本酒を販売していた問題で、会社は少なくとも4、5年前から
吟醸酒などの原料に規格外のコメを使うなど表示と異なる製造方法
をとっていたことを明らかにしました。

 この問題は神戸市灘区にある「富久娘酒造」が、醸造アルコール
の入った酒を「純米酒」と表示したり、規格外のコメを原料に使っ
た日本酒を「吟醸酒」としたりするなど虚偽の表示をして販売して
いたものです。

 「富久娘酒造」の小島久佳社長は12日記者会見し、経緯につい
て明らかにしました。

 このうち、「純米酒」という虚偽表示については「2年ほど前か
ら純米酒に醸造アルコールを混ぜていたとみられる記録が社内に残
っている。製造の現場が、酒のアルコール度数を一定にするため、
醸造アルコールを使ったとみられる」と述べました。

 また、規格外のコメを使っていたことについては、「本来は、吟
醸酒など特定の酒用とそれ以外の酒用とをきちんと分けて仕込みの
作業を行うべきだったのに、異なる種類のコメを一緒に混ぜて一度
に仕込みを行っていた。少なくとも4、5年前からこうした方法が
取られ、規格外のコメが混ざることになったとみられる」と述べま
した。

 そのうえで「作業の効率化のために作為的に行われた可能性が高
いと認めざるを得ない」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131112/k10013005121000.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「富久娘酒造」はメニュー偽装事件と同じような言い方をしてい
ますが、これは現場の作業内容が違っていたというレベルの問題で
はありません。明白な虚偽表示で、メーカーとしての責任が問われ
る事態です。

 これをやってはおしまい、ということをやってしまったわけです
から、市場から退場せざるを得ないでしょう。

 それにつけても不思議なのは、今回発覚したのが国税庁の調査に
よると言いながら、過去数年以上見逃してきたことです。国税庁が
酒造メーカーに対して行っている管理は非常に厳しいはずです。

 あるいは国税庁がらみの事件になる可能性もあるのではないかと
思います。

 いずれにせよ、重大な問題なので、「メニュー偽装」と同列に扱
うことのないようにしてほしいです。

 ところで、日本酒の表示(名称)はかなりややこしいので、改め
て確認しておきます。まず個人のサイトにある各名称の説明です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

★大吟醸酒

 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を使用
し、香味及び色沢が特に良好なものをいいます。芳醇な香りと淡麗
な味はまさに日本酒の芸術品と言われています。

★吟醸酒

 吟醸酒とは、精米歩合60%以下の白米、米麹及び水、又はこれ
らと醸造用アルコールを原料とし、吟味して製造(低温でゆっくり
発酵)させたもので、特徴は、特有な芳香(吟香)を有する日本酒
です。

★特別純米酒

 特別本醸造、特別純米又は、特別本醸造とは、香味及び色沢が特
に良好であり、かつ、その理由を消費者が安易に理解できる客観的
事項で説明表示できるものをいいます。

★純米酒

 純米酒とは、精米歩合70%以下の白米、米麹及び水のみを原料
として造られ、醸造アルコールや糖類などを使用しない米だけの日
本酒です。使用されている米の旨みが特徴です。

★本醸造酒

 本醸造酒とは、精米歩合70%以下の白米、米麹、醸造アルコー
ル及び水を原料として造られた日本酒です。昔ながらの造りで、燗
酒としても美味しく頂けます。

★原酒

 通常、日本酒は加水調整といって、原酒に水を加えてアルコール
分を調整してから商品として販売されますが、この加水調整をしな
いアルコール分の高いものが原酒です。

★樽酒

 木製の樽(一般的には杉樽)で貯蔵し木の香(木香)のついた酒
で多くは樽に詰めた状態のまま(こもかぶり)、あるいは瓶に詰め
替えて市販されています。

★生酒

 一般の日本酒は、貯蔵する前と、瓶詰めをして製品化する前の2
回、火入れを行っています。「生酒」は、もろみを搾ってこしたま
まで一切火入れをしないもので、フレッシュな風味が特徴です。

★生貯蔵酒

 火入れ殺菌をしないで貯蔵し、瓶詰めされるときに一度だけ加熱
処理されます。生のまま貯蔵されるので、生のままの風味が生かさ
れております。

http://www.kytk.net/syurui.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この説明の根拠に「清酒の製法品質表示基準」というのがありま
す。国税庁のサイトにありますので、紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

清酒の製法品質表示基準

■任意記載事項の表示

 次に掲に掲げる事項は、それぞれの要件に該当する場合に表示す
ることができます。

(1) 原料米の品種名

 表示しようとする原料米の使用割合が50%を超えている場合に、
使用割合と併せて、例えば、山田錦100%と表示できます。

(2) 清酒の産地名

 その清酒の全部がその産地で醸造されたものである場合に表示で
きます。したがって、産地が異なるものをブレンドした清酒には産
地名を表示できません。

(3) 貯蔵年数

 1年以上貯蔵した清酒に、1年未満の端数を切り捨てた年数を表
示できます。

(4) 原酒

 製成後、水を加えてアルコール分などを調整しない清酒に表示で
きます。なお、仕込みごとに若干異なるアルコール分を調整するた
め、アルコール分1%未満の範囲内で加水調整することは、差し支
えないことになっています。

(5) 生酒

 製成後、一切加熱処理をしない清酒に表示できます

(6) 生貯蔵酒

 製成後、加熱処理をしないで貯蔵し、出荷の際に加熱処理した清
酒に表示できます。

(7) 生一本

 ひとつの製造場だけで醸造した純米酒に表示できます。

(8) 樽酒

 木製の樽で貯蔵し、木香のついた清酒に表示できます。なお、販
売する時点で、木製の容器に収容されているかは問いません

(9) 「極上」、「優良」、「高級」等品質が優れている印象を与
える用語

 自社に同一の種別又は銘柄の清酒が複数ある場合に、品質が優れ
ているものに表示できます(使用原材料等から客観的に説明できる
場合に限ります。)。なお、これらの用語は、自社の清酒のランク
付けとして使用できるもので、他社の清酒と比較するために使用す
ることはできません。

(10) 受賞の記述

 国、地方公共団体等公的機関から受賞した場合に、その清酒に表
示できます。

 上記以外の事項については、事実に基づき別途説明表示する場合
に限り表示しても差し支えないことになっています

■表示禁止事項

 次に掲げる事項は、これを清酒の容器又は包装に表示してはいけ
ません。

(1) 清酒の製法、品質等が業界において「最高」「第一」「代表」
等最上級を意味する用語

(2) 官公庁御用達又はこれに類似する用語

(3) 特定名称酒以外の清酒について特定名称に類似する用語

 ただし、特定名称に類似する用語の表示の近接する場所に、原則
として8ポイントの活字以上の大きさで、特定名称の清酒に該当し
ないことが明確に分かる説明表示がされている場合には、表示する
こととして差し支えありません。

 なお、この説明表示は、消費者の商品選択に資するために設けら
れたものですので、8ポイントの活字以上の大きさで表示してあれ
ばそれでよいということではなく、特定名称に類似する用語の表示
とバランスのとれた大きさの文字とするなど、消費者の方が特定名
称の清酒に該当しないと明確に分かる大きさの文字とする必要があ
ります。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/hyoji/seishu/gaiyo/02.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この基準は一般の食品のように自主基準ではなく、国税庁告示に
よる公的なものです。国税庁はこの基準が守られるよう、監督する
責任があるはずです。

 酒造業界のモラルの低さは昔から有名だ、と言われても文句が言
えません。というより、他でもやっているところがあるだろう、と
いうのが率直な感想です。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 フィリピンでは救援隊が現地に入れない状況だとか。何とかなら
ないかと思いますが、これが現実だと認めるしかないのかもしれま
せん。

 17日は中学校の同窓会があります。1967年卒業ですので、
46年ぶりの再会です。15クラス750人のうち130人が集ま
る予定だそうです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-732号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3716名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/