安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>615号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------615号--2011.08.21------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「Q&A」「和牛商法」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 今回はまぐまぐのサーバーがメンテナンスで停止していたため、
いつもより配信時刻がおくれてしまいました。

 米の収穫時期がやってきて、「放射性物質の検査」のニュースが
そろそろ出てきました。ほとんどが「検出せず」ですが、こんなの
もあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

収穫前の米から微量セシウム 茨城・鉾田 検出全国初
2011.8.19 13:02

 茨城県は19日、鉾田市で栽培された収穫前の米から、1キロ当
たり52ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は
「国の暫定基準値を下回り、安全性に問題はない。今後、収穫後の
玄米についても調査を実施し、さらなる安全性を確認したい」とし
ている。コメから放射性物質が検出されたのは全国で初めて。

 県によると、16日に鉾田市内の3カ所から収穫前の米を採取し
て検査。その結果、2カ所からは検出されなかったが、1カ所から
放射性セシウムが検出された。また、収穫後の玄米を検査した鹿嶋
市と神栖市では放射性セシウムは検出されなかった。

 県では平成23年産米の安全性を確認するためとして、国の指針
に沿って44市町村全てで調査を行っている。通常は収穫後の玄米
について検査を実施し、空間放射線量が平常時の値(毎時0・1マ
イクロシーベルト以上)を越える13市町村では、予備調査として
収穫前の米を検査している。予備調査で1キロ当たり200ベクレ
ルを超えた地域は、重点調査を行う。

 県では、国の定める暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)
を下回っている限り、出荷制限などは行わないとしている。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110819/ibr11081913460007-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これから、あちこちで同様の報道がされていくと思います。「検
出せず」ならよいのですが、微量検出された場合、問題視する報道
がきっと出てくるでしょう。

 「煽り」を目的にしているところはともかく、真面目に事実を報
道しようとしているところは書き方に悩んでいると思います。

 何かというと「全頭検査」などと言って、モニタリングと安全確
保をわざと混同させてきた報いであると言えます。

 そこで私が連想するのは、「アフトキシン」の扱いです。アフト
キシンは強力な発ガン性物質で、食品衛生法では検出されてはなら
ないとされています。

 ところが、検査すると結構数値が出てくるのです。この現状と検
出されてはならないというタテマエをつなぐために、ちょっとアク
ロバティックなことをやっています。

 アフトキシンの規制値はあくまで「ゼロ」なんですが、具体的な
検査方法を決めてあり、その方法では10ppb未満は「不検出」とな
るようになっているのです。

 その結果、タテマエの規制値はゼロで、裏規制値が10ppbという
ことになります。もちろん、外国では日本の規制値として10ppbが
紹介されていますので、バレバレのウソなんですが、法律に違反し
ないためにはこうするしかないのだそうです。

 これと同じように、暫定基準未満の場合は「不検出」になるよう
な検査方法を考えるというのはいかがでしょうか?

 そうすれば発表する側も報道陣も、余計なことを考えて悩みまず
にすみます。

 もちろんこれは冗談ですが、安全面からは意味のない数字の扱い
に困っている、日本の現状を見ると、ついこんなことを考えてしま
います。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.長年親の代から、ぬか漬けを食べ続けています。胡瓜や茄子が
自分の家で、採れる、春から秋までですが。冬期間は漬けるのは休
みます。身体によいと聞いては居ますが、いかがでしょうか。

 ぬか漬けの中へ卵の殻を入れて、野菜を漬けると、カルシューム
が倍増するという、本を見まして殻を混ぜています。これなどはい
かがでしょうか。2点についてお伺いします。よろしくお願いいた
します。

------------------------------------------------------------

A.「身体によい」というのは具体的な効果を期待されているので
しょうか?

 キュウリやナスのぬか漬けを食べて、何かの効果を期待するとい
うのは無理でしょうね。美味しく食べられればそれで充分と考える
べきところです。

 自家製の野菜をぬか漬けにして食べるというのも、現代ではかな
り贅沢なことになっています。そういう意味ではうらやましい環境
です。

 一般論としては、塩分の取りすぎはよくないとされていて、ぬか
漬けも食べすぎてはいけない、などという人もいると思います。あ
まり神経質になりすぎる必要はないと思いますが、もし医者に止め
られるようなことになったら、やはり我慢した方がよいのでしょう
ね。

 卵の殻でカルシウムというのは馬鹿げた話です。分析すればカル
シウムは増えているかもしれませんが、そのことに大した意味はあ
りません。もちろん、それで美味しくなるのならそれでよいのです
が。

 カルシウムの摂取にはそれに適した食べ物があります。牛乳の一
杯でも飲んだ方がよいです。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「和牛商法」
------------------------------------------------------------

 「和牛商法」で有名な安愚楽牧場が倒産したというニュースがあ
りました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 放射性物質のセシウムに汚染された牛肉問題で、栃木県那須町に
本社を置く和牛畜産業「安愚楽(あぐら)牧場」が営業停止状態に
陥っていることが1日、東京商工リサーチの調べで分かった。(夕
刊フジ)

 汚染牛肉が全国的に流通し、消費の冷え込みと風評被害で出荷を
見合わせていた。現在、「取引先への支払いは停止状態」(関係者)
という。

 商工リサーチによると、安愚楽牧場は1979年に牧場経営を開
始。繁殖牛のオーナーを募集し、生まれた子牛を同牧場が買い取り、
支払う独自のビジネス「和牛オーナー制度」で知られる。超低金利
のなか、「高利回り金融商品」として注目され、会員数は3万人を
超える。

 同牧場は、全国40カ所に自社牧場を運営するほか、預託先牧場
を338カ所を抱え、黒毛和種牛牧場として国内最大規模。201
1年3月期の売上高は約1027億円、約5億円の利益を計上して
いた。

 だが、宮崎県での口蹄疫が一息ついた後の3月11日、東日本大
震災が発生し、福島第1原発の爆発で放射性物質が拡散。肉牛から
セシウムが検出され、汚染された稲わらや汚染牛肉が流通。市場価
格が暴落し、出荷を見合わせざるをえず、資金繰りが悪化していた。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/110801/bsd1108011854008-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こんな調子で報道されたので、原発事故の影響がこんなところに
も…と思った方も多いと思います。

 しかしこれは実は詐欺事件なのです。投資の総額は4000億円
を越えるそうで、その利払いのために新しい投資を呼び込むという
マルチ商法などでおなじみの典型的な詐欺事件です。

 もちろん、資金繰り悪化の原因の一つに震災や原発事故があった
ということはあるでしょう。しかし逆に補償金目当てで今、倒産さ
せたのではないかという見方もできます。

 そもそも、こんな馬鹿げた儲け話に騙されて、巨額の投資をする
人がどうかしています。震災や原発事故関連のお金が、この事件の
被害者救済に使われるのは間違っています。

 以下は詐欺の内容の説明です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 私の手元に安愚楽牧場なる会社の投資家募集広告があります。被
害者の皆様には言葉がありませんが・・・。雑誌の記事広告を改め
て読んでみました。カラー見開きの折込の葉書付き広告です。

「黒毛和牛のオーナーになって安定したリターンをゲット!」

「ローリスクとアクティブ投資のいいとこどりをした・・・」

といったコピーが書いてあります。

 3年投資すると毎年約10%の利回りとのことです。

 会社の毎期の決算内容他、本質的に会社や事業の信頼性を証明す
る説明はどこにも記載されていません。このブログの読者でまさか
黒毛和牛に投資した人はいないと思いますが・・・・

さらっと一読しての感想ですが、

■本当に人気のある投資商品は、広告を打たなくとも人が集まるも
の。莫大な広告費を掛けて売る投資商品に古今東西ろくなものはな
い。

■確実に毎年10%の利益を出せるのなら、莫大な広告宣伝で投資家
など集めず、低利で銀行から融資してもらい利益を自分の会社で独
占すればよい。それとも経営者は実はとてもよい人でうまい話を皆
で分かち合おうとしたのか???(そんな訳がない)

■畜産業がそんなに儲かるなら、他の農家も皆転業して畜産業を始
め、全国いたる所に「黒毛和牛御殿」が建っているはずだが、そん
な話しもニュースも聞いたことがない。

 そもそも以前も同様の黒毛和牛への投資商法があり破綻したケー
スがあったと思うのだが・・・。

 しかし、連日のニュースが伝える被害総額の大きさには驚きです。

 なんで、こんな投資商品?にひっかかるのか?私にはそもそも論
疑問です。よっぽど営業マンがある意味熱心で優秀であったのでし
ょうが・・・。

http://news.livedoor.com/article/detail/5797244/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 次の記事も同様ですが、もっと詳しく追求しています。一部だけ
引用しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「和牛預託商法」がブームだった頃から14年が経過、同社の規模
は倍増、オーナーは7万3000人、飼育頭数は14万6000頭になった。

 ただ、危機は「新規募集」でしのぐという自転車操業で、規模が
やむなく膨らんだという意味では、マルチの無限連鎖商法に似た危
うさを秘めていた。

 証拠に、原発事故で経営が悪化、それを乗り切るために高配当で
の委託オーナーを新規募集している。

 また、既存会員には「特別なオーナー様にだけご紹介」として、
半年で8%というとてつもない高利を約束。それが、破たん直前の6
月や7月に行われていたことから、「全国安愚楽牧場被害対策弁護
団」の団長である紀藤正樹弁護士は、「出資法、預託法違反の恐れ
が強い」と、指摘している。

 原発事故から半年で倒産し、負債総額が4300億円というのは、債
務超過が続き、配当を新規募集でつなぐ自転車操業の証明で、決し
て原発事故が原因ではない。

 投資は自己責任が原則。だが、安愚楽牧場の勧誘方法が問われる
のはもちろん、ビジネスモデルが破たんした「和牛預託商法」を見
逃した行政当局の責任問題も生じよう。

 そうした破たん原因の解明と責任の追及なしに、「風評被害」で
安易に原発賠償金を支払ってはなるまい。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/16325
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 もちろん、会社側は詐欺だと認めるはずもなく、こんな弁解をし
ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 安愚楽牧場は、昭和56年に設立され、今日までの30年間に亘
り、畜産事業の分野において邁進を続け、黒毛和牛の畜産、黒毛和
牛委託オーナー制度の運営、食肉加工品の製造販売等により、全国
に契約農家・牧場を有する一大畜産企業へと成長を遂げました。

 ところが、昨年の宮崎県の口蹄疫問題を皮切りに、本年3月11
日の東日本大震災以降、福島第一原子力発電所の放射線漏れ事故に
よる牛の放牧制限、放射性セシウムの検出による福島県産牛肉の出
荷制限等と、同社の経営は大きな制限・打撃を受け、さらに「泣き
っ面に蜂」が如く、その風評被害による食肉市場全体での牛肉消費
の落ち込みは、その経営状況を一気に悪化させました。

http://www.agura-bokujo.co.jp/110801.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 債権者への説明会の報道でも同じような調子です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「口蹄疫、原発が原因」 安愚楽牧場、社長が債権者に謝罪
2011.8.19 19:25

 和牛オーナー制度が行き詰まり、民事再生法の適用を申請した畜
産会社「安愚楽牧場」(栃木県)が19日、都内で債権者への説明
会を開き、三ケ尻久美子社長が「(宮崎県の)口蹄疫の発生や福島
第1原発の事故でオーナーの解約が相次ぎ、資金繰りが急激に悪化
した。おわびする」と謝罪した。説明会は17日の神戸市に続いて
2回目。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の紀藤正樹団長は説明会後、「会
社側の話を聞く限り、口蹄疫の発生前から事実上の自転車操業に陥
っていたとみられる。発生後の資金集めは詐欺的要素が強い」と指
摘。全国弁護団による債権者説明会を9月1日に都内で開くことを
明らかにした。

 民事再生手続きの申立書によると、負債総額は約4330億円。
大部分は全国の出資者(7万3356人)への負債で計約4207
億円に上る。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110819/biz11081919270013-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 悪質だな、と思うのは、こういうブログの記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

サラリーマンの蓄財日記〜間違いなく億万長者になれる〜

2011年06月01日

安愚楽牧場は安泰!!

 1年待った、待望の日がやってきました。それは 安愚楽牧場の
分配金です。

 500万円投資して年間23.5万円です。

 経営破たんするのではとか、分配金未払いの噂等、いろいろあり
ましたが一安心です。満期まで、あと2年、何とか、持ちこたえて
ほしいです。

http://blog.livedoor.jp/fwht9851/archives/52180489.html#more

2011年07月20日

安愚楽牧場から郵便あり!!

 500万円投資している安愚楽牧場から郵便が届きました。

 郵便の内容は、福島県産牛肉よりセシウムが検出された問題の報
告とオーナー限定の投資口募集です。

 セシウム問題については

(1)福島県内に契約委託牧場があり、年間約1,500頭を出荷

(2)出荷額が低調となった場合もこれまで積み立てを行っていた
基金から差額が補てんされます

との説明でした。

 投資口の募集条件は1口100万円 契約年数1年 子牛売却利益金4
万円+クオカード5,000円プレゼント横浜馬車道あいす120mlを8個
プレゼント オーナー限定で100口募集ですが、何と4.5%の利回り
であります。

 資金集めに苦労しているのでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/fwht9851/archives/52195142.html#more
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この次ぎの記事が破綻報道の後になるのですが、別に削除するわ
けではなく、「安愚楽牧場は安泰!!」などの記事が残っているの
は笑えます。

 この人が関係者というわけではなさそうですが、こういう記事を
真に受けた人もきっといたでしょうね。

 最後に、もう一度書きます。これは詐欺事件であって、原発事故
の補償の対象になるようなものではありません。投資家の損失は莫
大ですが、自己責任で処理すべき性質のものです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 宇宙ステーションに滞在していると、1日1ミリシーベルトの放
射線を浴びるのだそうです。原因はもちろん宇宙線ですが、結構過
酷なものです。

 最近、迷惑メールが多くて困っています。そこでlivedoorとyahoo
のメールアドレスを受信拒否したら、ほとんど収まりました。この
2つのメールアドレスをお使いの方からのメールも受け取れなくな
っていますので、ご了承をお願いします。hotmailやgmailは問題あ
りません。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-615号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4024名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/