安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>569号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------569号--2010.10.03------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「Q&A」「レジ袋」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 今回は「米国食中毒情報」をいただいたので、紹介します。いつ
もお世話になっている、笈川さんかいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 私は現在、バイオメディカルサイエンス研究会(バムサ)のWorld
Focusの編集委員をしています。

 世界で、感染症に関する報告(食中毒も含む)は沢山ありますが、
これはという報告を選んで、World Focusで紹介しています。

 No.133(9月15日)で米国の食中毒の現状を紹介しました。(原
文はCDCのMMWR)内容は次のとおりです。

 気が向いた時には

http://www.npo-bmsa.org/wf.htm

を尋ねてください。どなたでも見ることができます。

 なお、No.133のアドレスは

http://www.npo-bmsa.org/wf133.shtml

です。

 アメリカにおいて毎年約7,600万人が食品由来疾患に罹患してい
る。この報告は、CDCによる2007年に発生した食品由来疾患のアウ
トブレイクに関する調査をまとめたものである。2007年、アメリカ
48州、プエルトリコおよびワシントンDCにて発生し、2010年3月ま
でに報告されたアウトブレイクは 1,097件、アウトブレイクに関連
する疾患数は21,244例であり、2002〜2006年における平均年間報告
数(1,193件)より8%、平均年間疾患数(25,079例)より15%少なかった。
各州および地域での発生数は0〜149件(10万人あたり0.03〜1.90件、
中央値:0.30件)であった。単一の病因物質によるアウトブレイクは
698件(64%、確定:497件、未確定:201件)、疾患数は15,477例(78%)
であり、確定されたアウトブレイクにおける病因物質は細菌:259件
(52%)、6,441例(50%)、ウイルス:199件(40%)、6,120例(48%)、化学
物質:34件(7%)、141例(1%)、寄生虫:5件(1%)、65例(1%)であった。
また、病因別ではノロウイルスが最も多く(193件、 39%)、ついで
Salmonella(136件、27%)であり、大腸菌O157は志賀毒素産生型大腸
菌 (STEC)による40件のアウトブレイクのうち、39件を占めていた。
複数の食品によるアウトブレイクは18件発生し (Salmonella:10件、
大腸菌O157:6件、ボツリヌス:1件、ノロウイルス:1件)、原因とな
った食品はサルモネラの場合、冷凍肉入りパイ、野菜スナック、卵、
ほうれん草/レタス、トマト、マグロ(生)、牛ひき肉、チーズ、ア
ルファルファ、バジル (生)などであった。また、3件の大規模アウ
トブレイクのうち、2件はSalmonella [フムス(802疾患)、冷凍肉入
りパイ(401疾患、死亡:3)]、1件はノロウイルス(526疾患)によるも
であった。これらのアウトブレイクはほとんどが散発性であり、報
告および調査システムにより食品の安全性に関する政策に重要な疫
学的情報が提供される。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ありがとうございました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.[キッチンかたづけペーパー]で梅を洗った時ふいて梅干しを2
キロ作ってしまいました。このペーパーは注意書きに小さな字で
「再生紙100%使用している拭き取り専用ペーパーの為調理時や
食品にふれる使用はお避けください」と書いてあるのが後で気付き
ました、この梅干しは食べないほうがよろしいでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.この商品は「再生紙使用」なんですね。食品用として使うには、
衛生基準をクリアしなければなりませんが、再生紙の場合は難しい
です。

 食品用ではありませんので、食品をそのまま包んだりしてはいけ
ませんが、本来の目的である「拭き取り」に使い、その食器などを
食品用に使うことについては問題ないと思います。

 それで問題があるようなら、一切使ってはいけない商品です。ま
さかそんなことはないと思います。

 一般に、食品用の用途に再生紙を使うのは危険です。回収までの
間に、どんな物質が入ってくるかわからないからです。

 どうしてそんなことをするのかと不思議ですが、「エコ」な雰囲
気を出したかったのでしょう。実に馬鹿げたことです。

 でも、ご質問の件については心配ないと思います。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「レジ袋」
------------------------------------------------------------

 昨年の1月ですから、もう一年半以上前の話ですが、こんなニュ
ースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

和歌山のスーパー190店舗、23日からレジ袋有料化
2009.1.22 02:32

 県内のスーパー190店舗が23日から、一斉にレジ袋の無料配
布を中止する。生産や焼却の過程で排出される二酸化炭素(CO2)
の削減がねらいで、県の呼びかけに29業者が応じた。

 レジ袋有料化の動きはスーパー業界や全国の自治体で進んでいる
が、府県全域の取り組みは近畿で初めて。しかし、自主的な協定で
強制力はなく、「地球全体からみてCO2削減効果は非常に少ない」
と参加を見送った業者もある。

 県内で55店舗を展開するオークワ(和歌山市)は、レジ袋を1
枚5円で配布に変更。年間6000万枚、240トン分のCO2削
減を見込んでいる。同社によると、平成20年11月時点で県内店
舗のレジ袋辞退率は10.7%だったが、現在は2割にアップ。繰
り返し使えるマイバッグの無料配布などのPR効果がすでに出てき
ているという。担当者は「環境問題は業界全体で取り組むべきだ」
と話す。

 県循環型社会推進課によると、県の呼びかけに応じなかったのは
6、7業者。このうち1業者は折り込みチラシに23日以降も無料
配布の継続を明記し、「レジ袋は2次利用しやすく、手元になけれ
ば別の袋などを購入してしまいます」などと県の取り組みに“反論”。
担当者は「(買い物額で付与する)ポイントに応じてバッグを配布
しておりレジ袋の削減には賛成だが、消費者に負担をかけてまでや
るべきなのか」と疑問を投げかけている。

 消費者の多くは有料化に備え、マイバッグを準備している様子。
和歌山市内のスーパーで買い物をしていた主婦(40)は「有料化
されると少し高いのでマイバッグは必ず持っていく」。無料配布を
続ける店があることについて、同市内の主婦(38)は「バッグが
あれば値段と品質で店を選ぶ。レジ袋が有料か無料かは関係ない」
と指摘した。

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/090122/wky0901220233009-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私は和歌山市在住なので、おかげで不便をしていました。ここで
紹介されている反対派の業者というのは、地元のドラッグストア兼
スーパーである、「エバグリーン」というところです。

 そこのチラシにはこんなことが書いてありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 エバグリーンは2009年1月23日以降も、今までどおりレジ袋を無
料でお渡し致します。

 2009年1月23日より県のよびかけで、レジ袋有料化を実施する小
売店があります。当店は有料化してまでレジ袋の削減をしたとして
も、地球全体から見て、CO2削減に繋がる効果は非常に少ないと考
えます。

 レジ袋は2次、3次に利用しやすく、コスト的にも利便性にも優
れたものであるし、レジ袋が手元になければ、別の袋等を購入し利
用してしまいます。

 当店はお客様の利便性、コスト、環境に対する考え方等にさまざ
まな意見があることを考慮し、「マイバッグもよし!!」「レジ袋
もよし!!」の考えで、これからも今までどおり、お買い物の際に
レジ袋を無料でお渡し致します。

 当店はお客様と一緒に私達ひとりひとりの「ゴミを減らそう」
「ムダをなくそう」という意識を高め、地球環境を考えていきたい
と思っています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上記は私のチラシから私のブログで紹介した文です。当然、私も
これと同意見です。

 台所のゴミを捨てるとき、レジ袋を使っていたのでどうにも不便
になりました。一度ホームセンターでポリ袋を買ってきましたが、
本末転倒もよいところです。

 和歌山県のお役人が中心になってやったことですが、いったい何
を考えているのかと怒っていました。

 それがこの9月、見事に破綻したというニュースです。

 私も9月の始めにスーパーに行ってびっくりしましたが、Yahoo!
知恵袋ではこんなやりとりがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

gomatate27さん

 先日から、和歌山県の大手スーパーでレジ袋の無料配布が再開さ
れました。レジ袋有料になって、一年半。どうして、また無料にな
ったのでしょうか?私としては、生ゴミや分別ゴミを捨てる時に使
うので重宝するので、ありがたいのですが…。エコとか言ってたの
になぜ?と思いました。

ベストアンサーに選ばれた回答

meimei_sc2001さん

 全国各地で無料化のスーパーが増加しています。万引きが急増し
ているのです。おまけに売り上げが減少したのも要因となっていま
す。

 エコで利益が減少してはなにもなりませんからね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246536332
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 県内の大手スーパーが9月1日から無料配布を始めたのですが、
事前には発表されていなかったので、ちょっと驚きました。

 結局、9月も末になって、県も破綻を認めた形になりました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

レジ袋有料化推進協が断念
スーパーの半数、無料に戻る 足並みそろわず不満の声

 県と食品スーパーなどの事業者でつくる「わかやまノーレジ袋推
進協議会」は29日、環境対策の一環などとして進めてきたレジ袋
有料化について、「無料配布禁止」の方針を転換し、今後は各業者
が様々な手法でレジ袋削減を目指していくことを決めた。今月から
同協議会の半数のスーパーが、無料配布に戻しており、有料化を事
実上、断念したことになる。環境省によると、全県で取り組みを行
っている全国17県の中で、頓挫したのは初めて。(藤本将揮)

 県は2008年8月、業者や消費者団体に呼びかけて同協議会を
設立。09年1月、31業者192店舗が一斉にレジ袋を1枚5円
に有料化し、今年8月までに33業者215店舗に広がった。

 しかし、県北部で25店舗を展開するスーパーチェーン「松源」
(本社・和歌山市)が「事業者の足並みがそろっていない」として、
9月1日から無料配布に戻した。これに対し、県内54店舗を持つ
同「オークワ」(同)も、県北部の38店舗で無料配布に切り替え、
ほかの業者も追随。これまでに13業者約110店舗が無料配布し
ている。

 この日、和歌山市内のホテルで開かれた同協議会には、大手事業
者や消費者団体が参加。事務局を務める県循環型社会推進課がレジ
袋削減の方法として、マイバッグ持参者へのポイント付与や割引な
ども認める案を提示、承認された。11月下旬をめどに各事業者で
調整し、12月から新方針による取り組みを開始する予定。

 事業者からは「レジ袋有料化は全事業者が足並みをそろえてとい
う条件だったのに、まだそろっていない」という声が上がり、消費
者団体は「ノーレジ袋推進というのに、県は腰がひけている」と批
判した。

 会議後、オークワの担当者は「有料化の取り組みに一定の成果は
あったが、そもそもボタンを掛け違えたところからスタートしてい
た。もう一度仕切り直したい」と話した。同課は「事業者の現状も
ふまえ、実施可能な方法を考えた。コンビニエンスストアやドラッ
グストアなど、ほかの業種にも協力を求めたい」とするが、今後、
県はマイバッグ持参率の調査などは行わないという。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20100930-OYT8T00092.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「事業者の足並みがそろっていない」というのは前述のエバグリ
ーンのことでしょうから、形としてはエバグリーンの良識の勝利と
いうことになります。

 しかし、エバグリーンは県内数店舗の小規模な企業です。実際に
それほど影響があったとは思えません。

 本当の理由は、知恵袋でもあったように、万引きの増加と売上の
減少でしょう。

 私も買い物の量が少ないときは、レジで清算をすませた後、その
ままカートでクルマまで運んだりしていました。商品が裸でカート
に乗っていますので、何か声をかけられるかと思いましたが、一度
もそんなことはありませんでした。

 要するに、商品を裸で店外に持ち出してもよくなったのですから、
万引き増えるのは当然です。売上の方はよくわかりませんが、有料
化当初、店がガラガラだったのは事実です。

 そもそも、各店の元々の動機が不純でした。お役人は単純に「環
境問題」に対処しているつもりだったのでしょうが、スーパー側の
事情は違います。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

容器包装リサイクル法に基づくリサイクル費用

平成18年度 197,617千円
平成19年度 168,968千円
平成20年度 1,418,194千円

http://www.okuwa.net/eco/eco_004.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 14億円とは巨額ですね。レジ袋を有料化して配布しないようにす
れば、万引きが増えることも、売上の低迷も予想はできたのですが、
この費用を免れるためなら仕方ないと判断したのでしょう。

 この法律はやはり天下の悪法と言わねばなりません。

 「環境問題」だと言って、お役人にフリーハンドを持たせるから、
こんな法律ができ、おかげで私たちも迷惑を被ったというわけです。

 それから、これはあまりニュースにはなっていませんが、こんな
こともありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

レジ袋無料配布中止に伴う収益金の還元状況について

 平成21年1月23日実施(一部事業者については平成21年1
0月1日)のレジ袋無料配布中止に伴うレジ袋収益金について、各
事業者における、平成22年3月末現在の還元状況は以下のとおり
となっていますのでお知らせします。

合計 9,220,977

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031800/kyogikai/shuuekikinn_.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こちらの金額はリサイクル法のべらぼうな金額とは比較になりま
せんが、スーパーにとっては踏んだり蹴ったりの目にあっているこ
とには違いありません。

 それでとうとう我慢しきれなくなったのですが、未だにスーパー
からは報道発表はしていないのはどうしたことでしょうか。

・容器リサイクル法の負担金を免れる。
・レジ袋を販売して儲ける。
・買い物袋を販売して儲ける。
・「エコ」なイメージ作り。

 という皮算用は見事に破産しました。今後は容器リサイクル法の
負担金がまた発生するのでしょうが、支払いを拒否して戦うという
姿勢を見せてほしいものです。

 それにしても、

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 消費者団体は「ノーレジ袋推進というのに、県は腰がひけている」
と批判した。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 とはいったい何を考えているのでしょうか。どんな団体が入って
いるのかと思って調べると、以下のようなところでした。

市民団体等
 和歌山県くらしの研究会
 和歌山県JA女性組織連絡会
 和歌山県生活学校連絡協議会
 和歌山県婦人団体連絡協議会
 NPOわかやま環境ネットワーク

 生協が入っていなかったのでほっとしています。もういい加減に、
実質の利益が伴わない、精神論だけの「環境運動」は卒業していた
だきたいものです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 このところ忙しくて、木曜日はとうとうダウンして一日寝ていま
した。もうあまり無理をしてはいけませんね。

 23日に花巻で、25日に和歌山でと夜に酒を飲んだのもいけま
せんでした。どちらも久しぶりに会った女性の友人と一緒でした。
久しぶりなので盛り上がったのですが、後のことも考えねば…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-569号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4135名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/