安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>565号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------565号--2010.09.05------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「Q&A」「卵のリコール」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 前回の記事で、一つ間違いがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

正)
D(菌の急激な増加が起こるまでの日数)=86939-4109T+0048T^2
(T:保存温度)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 最後がTになっていましたが、正しくはTの2乗です。お詫びし
て訂正します。

 次は「コシヒカリBL」について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 BLコシヒカリの話題になっていましたが、味の違いがあるか?に
ついては、品種の問題より栽培の問題ではないかと思います。コシ
ヒカリは倒伏しやすい品種で良質な収穫をするための肥料管理と水
管理が難しいです。新潟のコシヒカリの評価が高いのは気候や水が
良いだけではなく、栽培管理法を確立して細かく指導していること
も重要な点です。BLも上手に育てれば劣ることはないはずですが、
従来と同じ栽培管理で育てると、倒伏しやすいこともあるようです。

 BLに合った栽培体系を研究してもBLは数年に1度は種を変更(変
更しないといもち病に対する抵抗力が失われる)するので、追いつ
かないようです。

 そこまでして得られる成果はいもち病に対する農薬を1〜2回省略
できるだけ。また、省略した結果、別の病気が出ている地区もあり
ます。

 また、BLは新潟県以外に出回らせず、新潟産と偽った他県産のコ
シヒカリを簡単な検査で発見するという目的もありました。しかし、
米の価格低迷や他県産ブランドの躍進などでその意味も薄れてしま
いました。「新潟産は他県産より値段が高くても売れる」から守っ
てきたブランドも、いまや「新潟県産は高いから敬遠される」時代
になっています。これが、不景気のせいなのかどうかはわかりませ
ん。

 よって、脱BLする農家は来年以降増えそうです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 新潟の取り組みは残念ながら的をはずしていたということのよう
ですね。新潟産コシヒカリの高値を背景にした名案?でしたが、そ
の根拠から動揺しているようです。

 最後にセブンイレブンの話です。長いですが全文紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 セブン-イレブンは「保存料・合成着色料不使用」を継続してい
ます。

ホームページでもアピールしています。
http://www.sej.co.jp/products/trivia/trivia_06.html

 また、消費者庁が「保存料・合成着色料不使用」をやめるように
言うとは、現時点では考えられません。その理由として、2点紹介
させていただきます。

 先日、消費者庁食品表示課課長補佐の講演を聞きました。そこで、
無添加調理とも関連して、次のような趣旨のことをおっしゃってい
ました。

「『無添加』や『保存料不使用』をなくすべきという意見には簡単
には賛成できない。消費者の選択に資するために食品表示はある。
『GMではありません』も安全性とは関係ないが、消費者が知りたい
から、選択に資するから表示されている。知りたいものを書くべき
でないとは思わない。原料原産地も同様。添加物表示も安全性とは
関係がない。しかし、知りたいのなら書いてもよいのではないか。
ただし、保存料不使用と書いて同じ役割を果たす他のものが入って
いる場合は問題であり、『保存料不使用だが、それに匹敵する○○
を使っています』と消費者にわかるように書くべきである。

 口蹄疫問題で、「安全上の問題はありませんので、『宮崎県産の
牛肉は使用していません』との表示を行うなど、消費者に根拠のな
い不安を与えることが内容適切な配慮をお願いします」というリリ
ースをした際には、省内も含めて強い抵抗があった。消費者の知り
たい情報を出させないのかということで、消費者庁は自ら存在意義
を否定したとまで言われた。消費者には知る権利があると。

 しかし、これはやってよかったと思う。権利があれば責任もある。
『宮崎県産の牛肉は使用していません』がなにを意味しているか。
『口蹄疫にかかっているかもしれない肉ではありません』と言って
いるのと一緒。口蹄疫に感染した牛の肉は出回らないように監視さ
れている。表示するには事実を伝えることが重要で、出回っていな
い肉を使用していないというのは違う。

 保存料や添加物の不使用は、それがなにを意味しているか。口蹄
疫と同じではない。保存料を使っていないから安全じゃないと受け
取る消費者もいるだろう。安全性とつながっているということで受
け入れられているということならともかく、必ずしもそうではない
と思う。あえて知らせるべきでないというほどのことではないだろ
う。」

 口蹄疫関連のリリースについてはご存知かと思いますが、下記URL
です。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin296.pdf

 次は、ファミリーマートの優良誤認の件で消費者庁表示対策課課
長とお話したときのことをご紹介します。

この措置命令は下記URLにあります。
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/091110premiums.pdf

 まず背景ですが、この措置命令が出された根拠として、「我が国
で肥育された鶏の肉は、外国で肥育された鶏の肉に比べ、一般的に
安全性が高い等として一般消費者に好まれる傾向にある。」という
記述がありました。

 この記述自体は、一般の消費者意識としてありうることと私も理
解できます。

 しかし、実際は日本産と外国産で安全性に違いがあるとは一概に
言えないことを付記してくれないと、かえって消費者の誤解の原因
になりうるということで意見交換をさせていただきました。

 その話し合いの中で、消費者が外国産より日本産の方が安心と認
識していると、消費者庁が認識している根拠は何なのかを尋ねまし
た。

 次のような趣旨の回答でした。

「コンビニは客の志向を研究して一所懸命作っている。客の志向に
専門的かつ敏感な人が国産コンセプトでやっていること自体が、消
費者の志向を裏付けている。」

 企業活動が消費者意識をミスリードした時にそれを正す役割はだ
れが担うのでしょうか?

渡辺様はどのように思われますか。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうもお役人の考えていることはよくわからないですね。私はで
きるだけお役人が口出しすることを少なくすることが必要と考えて
います。

 「消費者が知りたいから」などと、誰が決めているのでしょうか?
お役人の妄想でしかないのではないか?とは考えないのでしょう。

 「企業活動が消費者意識をミスリード」するのは確かに困ったこ
とですが、それに対して別に「正義の味方」が必要なわけではない
と思います。

 別に正義の味方が正さなくても、間違った企業活動はやがて淘汰
されていくと信じています。消費者はミスリードされるままの存在
ではないからです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.フィリピン産のバナナを食べました。

 皮をむいたところ、実の一部が赤茶色に変色していて、表面だけ
でなく内部にまで変色が見受けられました。一応その部分は取り除
きましたが、多少は食べてしまいました。農薬やかびによる変色の
心配はないでしょうか?

 大丈夫だとは思いましたが、2歳の子供も食べたので、急に不安
になり、質問させていただきました。

------------------------------------------------------------

A.バナナは変色しやすいので、こういうことはよくあると思いま
す。以下の説明をごらんください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 外気温度の変化、物流の温度管理等によりストレス(何らかの原
因で十分に栄養が行き渡らない)がかかった場合、まれに果肉の一
部が木のように固くなることがあります。ひどい場合には、一部で
はなくバナナ全体が木のように固化(木化)することもあります。
木化したバナナでは、果肉中のポリフェノール類が酸化し、黒く変
色します。通常、木化を起こしたバナナの多くは畑での生育中に落
下します。まれに成長しつづけた場合は、外見上から判断すること
が困難である為、今回のように通常の商品に混ざり流通してしまっ
たものと考えられます。

 仮に果肉がまったく硬くなっていない場合、木化以外の原因が考
えられます。この場合、輸送中の圧力や衝撃により、果肉の細胞壁
が壊れ、ポリフェノールが酸化する事により、芯付近が黒変した可
能性が高いといえます。どちらの原因だとしても、召し上がった場
合、人の健康を損なうとの報告はありません。

http://www.tottori.coop/coopqa/qa_banana.html#bn8
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 食べてよいとは言いませんが、食べても害がないものです。

------------------------------------------------------------

Q.レモン・りんご・ぶどう・ヨーグルト・サンポール(塩酸入り)
・粉せっけん・キンカン・パイプつまりの洗剤(水酸化ナトリウム)
入りはそれぞれ何性なんですか。お願いします教えてください!!!!!

------------------------------------------------------------

A.宿題なのでしょうかね。本当はリトマス試験紙などを使って実
験すればよいのですが、とても簡単な見分け方を教えます。

 まず、酸っぱいものは酸性です。アルカリ性の場合は苦くなりま
すので、おいしい食べ物はほとんどの場合、酸性だと思って間違い
ないです。

 「水酸化」という名前がついているとアルカリ性のものです。塩
酸や硫酸が入っていたら、当然酸性です。炭酸もそうですから、炭
酸入りの飲料も酸性ですね。

 粉石けんはアルカリ性です。「中性洗剤」ならもちろん中性です
が、いろんな洗剤があるので、これは研究してみてください。

 以上を考えると、質問の中のもので、アルカリ性なのは粉石けん
と水酸化ナトリウム入りの洗剤です。それ以外は酸性です。

 さて、酸性、アルカリ性というのは、いったい何が違うのだろう
か?というのが次の疑問になると思います。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「卵のリコール」
------------------------------------------------------------

 8月20日の報道で、アメリカで卵のリコールというのがありま
した。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 米アイオワ(Iowa)州の卵生産会社が、生産した卵がサルモネラ
菌に感染している疑いがあるとして、19日までに卵3億8000万個の
自主回収を発表した。

 卵の回収を始めているのは、アイオワ州ゴールト(Galt)の卵生
産会社ライト・カントリー・エッグ(Wright County Egg)。同社
の卵は全米で143のブランド名で販売されている。これまでにサル
モネラ菌の中毒例数百件が報告されたことを受け、米食品医薬品局
(Food and Drug Administration、FDA)によると、13日から自主
回収を始めた。

 FDA公衆衛生・生物統計担当主任のシェリ・マクギャリー(Sherri
McGarry)氏によると「卵の回収としては近年で最大規模」という。

 19日電話会見したFDAの専門家によると、FDAでは5月〜7月に流行
したサルモネラ菌による食中毒1953例の汚染源を調査していた。今
期のサルモネラ中毒は通常の2倍を超えているという。中毒の増加
とライト・カントリー・エッグ社を直接関連付けることは避けたが、
FDAは同社の養鶏場でねずみによってサルモネラ菌が広がった可能
性は指摘した。

http://www.afpbb.com/article/politics/2749686/6093551
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は日本での報道です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 サルモネラ菌に汚染された恐れがある殻つき生卵の自主回収が米
国で拡大しており、米メディアによると、18日現在で計3億8千
万個に達した。これほど大規模な生卵の回収は珍しい。食品医薬品
局(FDA)などが汚染源を調べている。

 夏はサルモネラ菌による食中毒が起きやすい時期だが、今年6〜
7月、疾病対策センター(CDC)に、例年の約4倍に当たる毎週
200人の中毒患者の報告が寄せられるなどしたため、FDAなど
が調査。その結果、患者の多くがアイオワ州の養鶏場から出荷され
た殻つき生卵を食べていたことが判明した。

 この養鶏場は8月13日、スーパーマーケットなどに向けて5月
19日以降に出荷された生卵の回収を始めた。

 生卵を割って作る業務用の液卵に比べ、生卵は殻で守られていて
安全と考えられている。しかし、農務省(USDA)によると、サ
ルモネラ菌は殻にある細かい穴を通過することができ、産み落とさ
れたあと、鶏のふんによって汚染される可能性があるという。

 日本の厚生労働省によると、現在、米国から殻つき生卵は輸入さ
れていない。加工食品の原料として利用された場合でも、加熱処理
されており、国内への影響はないとみられる。

http://www.asahi.com/international/update/0820/TKY201008200196.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 さらに翌日、続報として他の養鶏場でもリコールの発表があった
ということが出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 米食品医薬品局(FDA)は20日、アイオワ州の養鶏業者がサ
ルモネラ菌汚染のおそれがある殻つき生卵の自主回収を始める、と
発表した。米メディアによると、回収対象の卵は1億7千万個。こ
の業者は、やはりサルモネラ菌汚染のおそれがある卵3億8千万個
を自主回収中の同州内の業者とは別だ。

http://www.asahi.com/international/update/0821/TKY201008210084.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下はリコール情報を日本語に訳したものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 2010年8月13日、FDAは下記たまごのリコールを発表した。

 リコールを実施するのはWright County Egg社(本社:Galt, Iowa)

 リコールの理由はサルモネラ菌汚染の可能性があるため。

 リコールされたたまごは、下記ブランドの名前で販売された。

 リコール対象のブランド名:
Lucerne, Albertson, Mountain Dairy,
Ralph's, Boomsma's, Sunshine, Hillandale,
Trafficanda, Farm Fresh, Shoreland, Lund,
Dutch Farms, Kemps

 出荷されたのは、Illinois, Missouri, Colorado, Nebraska,
Minnesota, Wisconsin, Iowaの食品卸販売業者や食品サービス会
社などだが、これらの業者が全米に出荷した。

 パッケージには、6個入り、12個入り、18個入りなどがあり、
Julian datesのレンジは136〜225
plant numbersは1026, 1413,1946

 これらの日付やコードはたまごのカートンに写真下のように印字
されている。

http://offline-keitai-usa.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-6152.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 2010年8月20日、FDAは下記たまごのリコールを発表した。

 リコール実施会社:Hillandale Farms (Iowa)

 リコール理由: サルモネラ菌汚染

 リコール対象のたまごが出荷されたのは、下記14の州:
Arkansas, California, Iowa, Illinois, Indiana,
Kansas, Minnesota, Missouri, Nebraska,
North Dakota, Ohio, South Dakota, Texas, Wisconsin

 リコール対象のブランド名:
Hillandale Farms, Sunny Farms, Sunny Meadow
6個入り、12個入り、18個入り、30個入り、60個入りがある。

 さらにWholesome FarmsとWest CreekのLoose eggsがあり、15個
入りと30個入りのトレイに入ったものがあり、それらはさらに別の
パッケージにされている可能性がある。

 リコール対象となっているたまごは、上記ブランドで
プラントコードがP1860 か P1663でJulian datesが
下記のものが対象である。

P1860 -- Julian dates 099〜230のもの
P1663 -- Julian dates 137 〜230のもの

 ブランドネームがマッチしても、プラント番号とJulian datesが
マッチしなければ、リコールの対象ではない。

 リコール対象となっているたまごを購入している場合は、食べず
に購入先に返品して全額返金してもらうこと。

http://offline-keitai-usa.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-c07f.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 サルモネラ中毒が多発していて、卵が原因らしいというところま
ではわかっているようです。そして農場を調べたところ、疑わしい
ものがあったので、リコールするということです。

 アメリカでは昨年来、サルモネラ問題が発生していて、なかなか
抑えられていません。今まではちょっと意外なものが原因でしたが、
ついに本命の卵にまで出てしまったわけです。

 アメリカという国の衛生状態がいま一つよくないことが察せられ
ます。先進国のようで先進国でない、もう一つのアメリカの問題で
す。

 ただ、すごいなと思うのは、日本で卵のリコールというのはちょ
っと想像できないことです。プラントコードとジュリアンデートで
リコールを発表できるというのはなかなかすごいことです。

 ちなみ「ジュリアンデート」というのはアメリカではよく使われ
る日付の現し方です。単純に一年の日数を1月1日を1として数え
たものです。プラントコードは農場というか鶏舎の番号でしょう。

 どういう根拠で日付まで指定できるのか、よくわかりませんが、
FDAが発表しているのですから、確かな証拠があるのだと思いま
す。

 日本ではサルモネラ中毒が激減していると伝えたばかりで、アメ
リカの現状を聞くと、その差に驚きます。ここは素直に日本の衛生
状態の方がずっと優れている証拠だと受け取りたいです。

 日本人はアメリカに行ったら、なるべく生のものは食べないよう
にするのがよいと思います。

 それでも、日本では卵のリコールなどという芸当はできません。
これはやはりアメリカという国はすごいなというのが私の感想です。

 なんか好対照ですが、日本とアメリカそれぞれに特徴があり、世
界的にはどちらも変な国なのでしょうね。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 先週は大分にいましたので、この週末は久しぶりに家でゆっくり
しています。来週は京都に歌舞伎を見に行きます。妻の誕生日のお
祝いだそうですが、いろいろと忙しいものです。

 相変わらず暑いですが、その割に今年の米のできはそれほどよく
ないそうです。平年なみかやや良いくらいのところが多く、豊作と
いうほどではありません。初期の低温が響いているということです
が、そういえば4月5月は寒かったです。こう毎日暑いと忘れてし
まっていました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-565号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4128名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/