安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>556号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------556号--2010.07.04------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「Q&A」「クジラと水銀」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 前回の鶏卵について、いくつかメールをいただきました。まずサ
ルモネラ問題について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 おはようございます。日曜日の朝は、渡辺様から届いたメルマガ
を読むのを楽しみにしています。

 さて、本日は卵の公正表示のことが話題になっていましたが、サ
ルモネラ対策もぜひ話題にしてください。

 現在日本では生食を対象とした鶏卵の賞味期限記載を義務付けて
います。保存方法に要冷蔵とあるのに、いまだに販売時の陳列に冷
蔵を義務付けないのは不思議ですが、その結果サルモネラの食中毒
は激減しました。米国では採卵後の配送・販売まで含めたコールド
チェーン化を表示も含めて義務化し、英国ではワクチンによる生鮮
時の汚染防止を推進してきましたが、残念ながら効果は小さかった
ようです。

 表示と冷蔵とワクチンと、一番手軽な対策に見えた日本が一番効
果的な対策を採用していたというのも、結果論にはなりますが不思
議な感じがします。日本の卵は安全なんですね。

 個人的には、それでも昔のイメージでほとんどの卵が危険である
中、私が販売する卵だけが安全ですよという輩が少なくないのも寂
しい現実と感じています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 サルモネラ問題については、改めて書いてみます。次は「糞」の
話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 私は兵庫県の播磨に住んでいますが、姑が今も近所の鶏卵場から
卵をもらってきたといってうちにも持ってきます。糞や羽がついて
いるので 私は内心「うげっ」ですが姑はこういう卵の方が日持ち
するし安全だといい 洗いもしないでそのまま使うらしく 私にも
そうしろといいます。

 私は嫌なので 洗って乾燥させてから冷蔵庫にいれますが 卵を
あらうなんてと非難されます。

 小さい養鶏場の方などは 卵の殻にサルモネラがついていること
すら知らない方も多いと何かで読んだので 自分のところの卵にそ
んな菌だなんて!と怒りすらかいそうですが今やGPセンターでの洗
卵や選別、パッキングなどは常識だし それでも心配な私はメーカ
ーに問い合わせ 本当に安全か聞くぐらいです。なので怒りを買お
うがなんだろうがもらった養鶏場からの卵は洗います。

 買ってきた卵はもう洗卵済みなので洗う必要はないそうですが
そもそも 洗うとクチクラ層がはがれ細菌が侵入しやすくなり結果
サルモネラが殻に付着していた場合洗ったことがあだとなってしま
うなどと養鶏業者の方はよくいいますよね。

 「うちは洗っていません サルモネラなどいませんし安全です 
洗うとこんなデメリットがありますよ」など 平飼い健康鶏ですか
ら!!と強調されて。。。

 でも はっきりいって どこにそんな証拠が、、、と思います。

 普通に糞や羽がついているものは嫌でしょう なのにこと卵にお
いてはなんならその方が自然だ安全だみたいな風潮が 田舎ではと
くにまだまかり通っています。。

 サルモネラ保菌鶏がサルモネラ入りの卵を産む確率は。。。さら
に殻に付着する確率は。。。など私も調べましたが そんなことよ
りも インエッグがどうしても防ぎきれないならせめてオンエッグ
の可能性はゼロにするために 洗卵を100%義務付ければいいの
にと思います。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 いろいろとご苦労ですね。私も昔は洗っていない卵を配達してい
たので、雰囲気はわかります。事実を調べて間違いを訂正するとい
うのはなかなか難しいものです。

 最後は「放し飼い」について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも勉強させていただいております。

 555号で紹介されていた「放飼い」の定義についてですが,鶏
卵の表示に関する公正競争規約及び施行規則におけるルールは

1 「平飼い」と表示できるのは,鶏舎内又は屋外において鶏が床
面又は地面を自由に運動できるようにして飼育した場合

2 「放飼い」と表示できるのは,「平飼い」のうち,日中の過半
を屋外において飼育した場合

3 「放飼い(特定飼育卵)」と表示することができるのは,「放
飼い」のうち120日齢以降は1平方メートル当たり5羽以下で飼育
した場合とされています(規約5条1号,施行規則4条)。

したがいまして,120日齢以降1平方メートル当たり5羽以下で飼
育していたとしても,例えば1日中鶏舎内(ウィンドレス鶏舎には
限りません)で飼育されていたような場合には,「放飼い」と表示
することはできません。

 ところで,鶏卵において「平飼い」や「放飼い」であるからとい
って美味しさや栄養価や安全性に違いが生じるとは思えませんが,
アニマル・ウェルフェア(動物福祉)の観点に基づくものなのかも
しれません。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうもありがとうございました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.お酒をペットボトルに入れて保存しても問題はありませんか?
ペットボトル入りのお酒は見かけないのでどうなのかなと思いまし
た。家庭で作った梅酒などを入れておいても大丈夫ですか?

------------------------------------------------------------

A.これはやめておいた方がよいでしょうね。

 容器の世界もいろいろと進歩してきて、昔は使えなかった容器を
使うようになったりしています。

 しかし、その場合も必ず裏には技術革新があって、新しい容器を
開発してきているのです。適当に使っているのではありません。

 容器の目的外使用はあまりよいことではありません。せっかく手
作りするのなら、雰囲気も含めてそれなりの専用容器を準備した方
がよいと思います。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「クジラと水銀」
------------------------------------------------------------

 少し前のことですが、和歌山県の太地町で、水銀の検査をしたと
いうニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「捕鯨の町」として知られる和歌山県太地町の住民約1千人につ
いて、環境省国立水俣病総合研究センターが調査した結果、毛髪の
水銀濃度が全国平均の約4倍に当たることがわかった。同センター
が9日、発表した。うち43人が世界保健機関(WHO)の安全基
準を超えた。鯨肉を食べる習慣との関連が示唆されたという。水銀
中毒症状など健康被害は認められなかったが、同センターの岡本浩
二所長は「高濃度の人もいるので調査は続ける」として、研究班の
設置を検討している。

 調査は同センターが太地町の要請を受け、2009年6〜8月と
10年2月に実施し、住民3526人のうち協力の得られた113
7人について測定した。

 その結果、毛髪水銀濃度は平均8.26ppm(ppmは100
万分の1)で、同センターが調査した全国14地域の平均2.12
ppmの3.9倍だった。男性は11.0ppm、女性は6.63
ppm。WHOが神経障害などを発症しかねない基準とする50p
pmを超えたのは43人で、最も高かったのは70代男性の139
ppm。

 水銀濃度が高かった人や希望者の計182人を対象に、神経内科
の専門医が視力や聴力、手の震えなど健康への影響を調べたが、水
銀中毒の可能性が疑われる住民はいなかった。水俣病を発症した患
者の水銀濃度は100〜700ppm程度との調査がある。

http://www.asahi.com/health/news/OSK201005090110.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このニュースの後に、週刊誌でも取り上げられて、そのときの調
査について、国立水俣病総合研究センターがコメントしています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 5月22日、週刊アエラからの依頼を受け、太地町町民8名(6名は
クジラを「よく食べる」、2名は「ほとんどあるいは全く食べない」)
の毛髪試料(5月 19、20日採取)の総水銀濃度を測定しました。

 測定結果は下表のとおり。「クジラをよく食べる」方で高く、そ
のうち、一人(70代男性)は、86.3 ppmで、国水研で測定した3万
人近い日本人の毛髪水銀データで最高値でした。その他の方は、ク
ジラは食べなくてもマグロなどを多食している他の地域の方にもた
まにみられる値と同じくらいかそれ以下でした。

 8名のうち5名については、今年1〜3月に別機関でも測定されてい
て、結果を比較すると、全員、低くなっています。メチル水銀の生
体内半減期は約70日であり、「以前の測定で高い値が出たので、心
配になってクジラを控えるようにした(週刊アエラ)」のであれば、
たとえば、3月11日の値(13.7 ppm)から2ヶ月後(5月22日)に6.58ppm
となっていることは理論値とちょうど合っています。

 WHOは、毛髪水銀濃度50 ppm〜125 ppmまででは神経症状はみられ
ていない、としています。この記述からすると、86.3 ppmを示した
方については、直ちに重大な健康影響があるとは考えにくいものの、
念のため、神経内科的診察を受けておくことをお勧めします。

 なお、計算上は、体重60 kgの大人が、メチル水銀10 ppmのハク
ジラ肉を毎日50g食べ続けると毛髪水銀濃度は80 ppm程度まで上昇
することになりますが、体内に蓄積されたメチル水銀の一定割合が
排泄されるので、それ以上に蓄積していくことは考えられません。

 また、メチル水銀のヒトの体内半減期が70日ですから、仮に毛髪
水銀濃度が80 ppmあったとしても、普通の魚食かイワシクジラの様
なヒゲクジラ中心の生活に変えると、1年後には日本人の平均レベ
ルである2.5 ppm程度まで下がることになります。

 いずれにしても、水銀が高濃度に含まれているハクジラの内臓
(肝臓、腎臓、肺)などは、摂取を控えたほうがいいでしょう。

 また、メチル水銀の影響を最も受けやすいのは発育中の胎児であ
り、妊婦においてはバンドウイルカであれば2カ月に1回程度まで、
コビレゴンドウであれば 2週間に1回まで、などの目安が厚生労働
省から出されています。

 食文化としてクジラが定着している太地町においては、妊娠可能
な女性については毛髪水銀濃度の測定をしておくことを推奨します。

 なお、小児では胎児ほどの健康影響は考えにくいものの、毛髪水
銀濃度を測定しておくことで安心を得ることができると考えられま
す。また、クジラを日常的に食べている方は、念のため、毛髪水銀
測定をしておくことをお勧めします。

 調査を実施されるのであれば、ご協力いたします。

http://www.nimd.go.jp/kenko/kiji/2008061303_kujira.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今回問題になっている件では、クジラ類を食べたことが水銀濃度
の上昇の原因になっていることは間違いないようです。

 ただし、その濃度はそれほど高くなくて、重大な被害が出るとい
うような状況ではありません。

 わずかに神経障害がおきる可能性がある、というところでしょう
か。それも妊娠中の胎児以外はそれほど問題にはならないようです。

 したがって、妊娠の可能性がある人は少し注意が必要といったと
ころです。水銀についての目安が上記の記事にありましたが、こん
なところです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 魚介類等を食べることは、栄養面で必要なことです。しかし、一
部の魚介類等では食物連鎖等によりメチル水銀が蓄積することによ
り、胎児に影響を及ぼすおそれがあるレベルの水銀を含有している
ことから、妊娠している方等については、魚介類等の摂食について、
次のことに注意することが望ましいと考えています。

■バンドウイルカについては、1回60〜80gとして2ヶ月に1回まで

■ツチクジラ、コビレゴンドウ、マッコウクジラ及びサメ(筋肉)
については、1回60〜80gとして週に1回まで

■メカジキ、キンメダイについては、1回60〜80gとして週に2回
まで

 なお、妊娠している方等以外の方々はすべての魚種等について、
妊娠している方等にあっても上記の魚種等を除き、現段階では水銀
による健康への悪影響が一般に懸念されるようなデータはないこと、
魚介類等は一般に人の健康に有益であることから、できるだけ、魚
介類等を含めバランスよく食品を食べて健康の維持に努めましょう。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/06/tp0613-1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 妊婦向けのパンフレットなども作られています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-2a.pdf

 それから、少し古いですが、こんな話もありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「やはり日本のメディアには取り上げられなかった」というのが
この問題への最初の感想です。

 そもそも日本でまだクジラ肉が給食に出されていることすらあま
り知られていない現在、ましてやその出されているクジラ肉が汚染
されているということを知る人は少ないと思う。

 これは、一般の人の関心が低いとともに、メディアもこの問題を
タブー視して報道することをしないことにも原因があると思います。

 ただ、さすがに今回は日本のメディアも取り上げると思いました。
なぜなら400年前からの捕鯨町である和歌山県太地町の現職の町議
が異議を唱えて、汚染されているクジラ肉を給食にだすことをやめ
るようにと声を上げたからです。

 このニュースはJapan TimesやAFPなどの英語メディアでは大きく
取り上げられましたが、日本ではJANJANで詳しく報道されただけで
した。

 その JANJANによると現職の町議である山下氏が、地元産のごん
どうくじらと表示された肉を購入し民間の厚生労働省登録検査機関
にPCB、総水銀、メチル水銀の3項目について分析を依頼したそう
です。

 その結果、厚生労働省の定める暫定規制値を超えた(基準値の10
倍以上という数字もあった)以下のような値が検出されたとのこと

PCB:0.27ppm(0.5ppm)、
総水銀:4.0ppm(0.4ppm)、
メチル水銀:3.1ppm(0.3ppm)

PCB:0.66ppm(0.5ppm)、
総水銀:6.39ppm(0.4ppm)、
メチル水銀:3.6ppm(0.3ppm)
(※カッコ内はそれぞれ厚労省の暫定規制値)

 この肉が、学校給食で出されていたそうです。

 このような肉を給食で出してしまう太地町の鯨肉に対する安易さ、
沿岸の汚染の深刻さももちろん問題視すべきだと思いますが、特に
食の安全に非常に敏感なメディアがこの問題を取り上げなかったこ
とも大きな問題でしょう。

 さらに、太地町では、この汚染された肉を提供するなどのために、
同時に3億円以上の税金をかけて25名程度しか利用していないクジ
ラの解体場の新築も考えているとのこと。

 伝統捕鯨の精神はこのようなものだったのでしょうか?

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/blog/95
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 わざわざ給食にクジラ肉を出すというのはどうなんでしょうかね。

 この件についての中西準子先生のコメントです。基本的な情報の
解説もありますので、ぜひ見に行ってください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 太地町の伝統的な漁業を続ける、伝統的な食習慣を続ける、その
ためにも、もう一度何を食べているか、その水銀値はどのくらいか
をしっかり把握する必要がある。

 同じクジラ類でも、ハクジラとヒゲクジラで水銀値は大きく異な
る。残念ながら、イルカの水銀値は相当高いようだ。こういう現実
を冷静に見て、少なくとも、 30代以下の女性の毛髪中水銀値を 11
ppm 以下に抑えることを目標に、もう一度、何を食べ何を食べない
のか、そこをはっきりした方がいい。

 先に書いたように、このラインを超える人はそう多くはない。し
かし、もう少し構造的に計画的に対策を考え実施した方がいい。

 男性の特に年齢の高い人の摂取量について、何を目標値にして管
理すればいいかについては、少し時間をかけて考えたいが、減らさ
なければならないことは自明であろう(水俣病にならないという目
標は、どうも納得できないので)。

 日本の伝統的な食習慣を守りたいという気持ちは良く分かるし、
イルカ漁は可哀相みたいな外国からの非難には同調したくないが、
そのこととは別に安全問題を考えるゆとりがほしい。

 太地町の水銀問題について、東京や大阪の人も理解しなければ、
皆がクジラを食べなくなり、結局伝統漁業を続けることができなく
なる。また、クジラの種類を区別して対策を考えるという姿勢で臨
まないと、クジラは全部ダメということになる。やはり、区別しよ
う。

 心配なく食べることができるものと、量に注意しなければいけな
いものと、食べるには適さないものと、区別が大事だ。被害は出て
いない今のうちに、クジラはすべてダメという世論が形成されてし
まわないうちに、賢明な策を考えたい。

http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak521_525.html#zakkan524
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 しかしこういう議論を主導して、賢明な対策を考えるというのは、
いったい誰がやるのでしょうか?

 民主党政権が続く限り、事態は絶望的なような気がします。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 土曜日に中国から帰って来て、何も書いていないうちに寝てしま
いました。さすがに疲れています。

 明け方に急いで書きましたので、間違いがあったらごめんなさい。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-556号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4120名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/