安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>529号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------529号--2009.12.27------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「一年をふりかえって」「有機JAS偽装事件」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 今年も最後の配信となりました。一年間のご講読ありがとうござ
います。

 今年は食品関係では比較的穏やかな年だったのではないかと思い
ます。

 いわゆる「偽装事件」はまだまだ発覚が続いていますが、これか
らは詐欺的なものの摘発に中心が移っていき、かつてのように業界
に蔓延しているということではなくなっていくのではないかと考え
ています。

 それだけ業界内部での対応が進んでいるという判断です。

 私的にはいろいろあった年ですが、何といっても2冊目の本
『「食の安全」裏側の話』を出せた年でした。

 この本では生協時代の体験を語っています。生協をやめてもう10
年が経ちましたので、もう書かないつもりです。これが最後の体験
談になります。

 さらに私的な話になると、昨年から始めた中国語の勉強がすすん
だ年でした。3月と11月には中国に勉強に行きました、6月には中
国語検定3級に合格して、来年3月には2級を受けるつもりです。

 食品の世界では、中国産というだけで嫌がられるご時世ですが、
いずれ失地を挽回する日も来ると思っています。もちろんこれは中
国側の努力によることなのですが、今後もできるだけ中国へ行って、
そのあたりを見極めたいなどと考えています。

 日本国としては「政権交代」がありました。新政権については語
る気にもなれないのですが、その前に食品安全委員会の人事で、政
治的に意見を異にする科学者が排斥されるという事件がありました。
新政権の恣意的な科学への対応が心配です。

 それについて、「食品安全情報blog」でこんな記事を見つけまし
た。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

英ビジネス・イノベーション・技能省(BIS)
政府への科学的助言に関する原則

 この原則では信頼、尊敬、独立、透明性、公開性について扱って
いる。科学とイノベーション大臣Drayson卿が担当した。

例えば

信頼と尊敬

・ 政府は独立した科学助言者の専門性やプロとしての勝ちを尊敬
すべきである

・ 科学助言者は政府の幅広い要因に基づく決定をする民主的委託
を尊敬すべきで、科学は政府が政策を決定する際の検討項目の一
つでしかないことを認識すべきである。

・ 政府と科学助言者は立場の共有のために協力すべきで、相互信
頼を損なうような対応は決してすべきではない

など。

(日本はどっちもダメ?)

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20091222
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 自国のことを悪く言いたくはありませんが、やはりダメな部分は
ありますね。特に新政権の人たちは全くダメですし…。

 それから、ブーム真っ最中の「エコ」だの「リサイクル」だのの
話では、こんな記事もありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 国内では使われていない除草剤が輸入牧草を通じて国内の牛の体
内に入り、その牛のふんや尿から作った堆肥(たいひ)を使ったト
マトやキクが生育障害を起こしていたことを、畜産草地研究所など
の研究グループが突き止めた。有機農法や資源利用型農業として利
用促進されている堆肥で想定外の汚染が起こる可能性が示された。

 グループによると、長野県や愛知県などのトマトやミニトマト、
キクの生産農家の一部で2005年ごろから、牛の堆肥を使うと葉
がちぢれたり、実が細長くなったりする生育障害が起きることが問
題になった。

 当初は原因不明だったが、堆肥から日本では使われていない植物
ホルモン系の除草剤のクロピラリドが検出され、これで栽培実験す
ると同様の障害が起きた。また、北米などからの輸入牧草からも微
量に検出された。牧草は、干し草が束ねられ輸入される。

 クロピラリドは、人間を含め哺乳(ほにゅう)類には無害で欧米
などでは使われているが、残留期間が長く、日本では認可されてい
ない。

 農林水産省は因果関係が疑われた06年、都道府県に牛の堆肥の
大量使用で生育障害の恐れがあることを通知。その後、クロピラリ
ドが含まれる可能性がある堆肥の判定法などの対策マニュアルを作
り、畜産草地研究所を通じて今年公開した。

 農水省によると、クロピラリドの被害と思われる例は、06年に
5県で9件報告されたが、それ以降は確認されていないという。

http://www.asahi.com/science/update/1206/TKY200912060271.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 食品の「リサイクル」は危険だからやめておいた方がよいと考え
ていますが、堆肥でもこんなことがあるのですね。余った食品で堆
肥を作るというのが安易で危険なことであると、改めて警告してお
きたいです。

 最後に、来年こそは対策が進んでほしいのは以下のようなことで
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

世界人口のわずか5.4%しか包括的禁煙法で守られていない

WHOが世界の煙草流行報告書を発表した。

WHOは各国に以下の努力を要請している。

・ 喫煙率をモニターし予防政策を執る

・ 煙草の煙から人々を守る

・ 禁煙を援助する

・ 煙草の危険性を警告する

・ 煙草の宣伝や販売促進活動を禁止する

・ たばこ税を上げる

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20091214#p4
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 今の政権下では何も進まないとは思いますが、私たちの「安全」
にとってはラスボスである、「全面禁煙」に取り組んでいきたいも
のです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「有機JAS偽装事件」
------------------------------------------------------------

 前回「アニュー」の表示違反の話題を紹介しましたが、また違う
ところで似たような事件がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

<アスカ>健康食品で「有機」偽装 農水省が改善指示

12月18日19時44分配信 毎日新聞

 有機原材料をほとんど使っていない健康食品なのに「オーガニッ
ク」などと偽装表示していたとして農林水産省は18日、食品販売
「アスカコーポレーション」(福岡市博多区)と同「ジュポンイン
ターナショナル」(東京都大田区)に対し、JAS(日本農林規格)
法に基づき改善指示を出した。

 農水省によると、アスカ社は08年11月〜09年8月、販売し
たサプリメントや飲料など健康食品20商品について有機原材料を
0.02〜39.28%しか使っていないのに「オーガニック」な
どと表示。さらに、5商品で全く有機原材料を含まず、うち1商品
では認証されていないにもかかわらず、EU(欧州連合)の有機認
証マークを付けていた。

 一方、ジュポン社はアスカ社と表示内容について協議し、ほとん
どの商品の製造を請け負っていた。

 アスカ社はこの期間中、通信販売で全国の約26万人に売り、約
17億円の売り上げがあった。有機食品を表示する場合、JAS法
で有機原材料が95%以上含まれていなければならないと定められ
ているが、同社は農水省の調査に対し「少しでも使っていれば有機
と表示できると思っていた」などと話しているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000087-mai-soci
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 変なおじさんが「天然、天然」と言っているコマーシャルのとこ
ろですね。

 「少しでも使っていれば有機と表示できると思っていた」などと
言っているところから見ると、(そんなはずはありませんので)明
瞭な詐欺事件と考えて間違いないです。バレたときのために、もう
少しマシな言い訳を考えておくべきでした。

 今回発覚した商品は以下のとおりです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

アスカコーポレーション「健康食品」(不適正表示)
【商品名】

オーガニックグランドアスカ A-style
 コラーゲン&プラセンタドリンク
 ヒアルロン酸 
 ビルベリー 
 スリミングサポート 
 グルコロイチンDX2000 
 ナチュラルイースト(天然酵母) 

オーガニックヘルスミッション 
 天然カロリミテッド70
 天然青汁DX
 天然Q10プラスダブルカプサイシンパワー
 天然桑の葉エキスプラス
 天然黒ニンニク卵黄油
 天然梅肉セサミン香酢
 天然カムカムC
 天然プロゼリー
 天然マルチビタミン
 天然マルチミネラル
 天然グルコロイチン
 天然スカールコラーゲン
 天然ナチュラルパワー
 天然ウコンプラス
 天然葉酸・ヘム鉄2
 天然ヘアミッションEX-5
 天然植物性乳酸菌+食物繊維
 天然カムカムコンク

オーガニックヘルスフード
 イタリアンオルゾオルガンテ 

宝匠 極 国産 玄米酢

【理由】
1. 農林水産省の定める有機JASを取得していない商品の一部に
誤ってオーガニックや有機原料の表示。

2. 輸入商品や原材料の一部に有機JASを未取得のものがあり、
これに有機表示を行う。

3. オーガニックヘルスフード イタリアンオルゾオルガンテに於
いて、大麦は遺伝子組換えのものが存在しないのに、誤って非遺
伝子組換えと表示。

4. 一部の商品に訂正シールの管理不備で訂正がなされないまま、
お客様に発送されました。

【対策】
使用済みの商品につきましても着払いにて適正な表示の品と無償交


http://recall-navi.com/modules/cclinks/index.php?CatID=1
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 なんと返品ではなく「無償交換」だそうです。ラベルを変えた商
品を交換品として送り、返ってきた商品はラベルを貼り替えてまた
使うというわけです。損害額は往復の送料のみですね。

 今回はこれだけでしたが、この会社のすべての商品が似たような
ものと思ってよいと思います。こんなところから買う人の気がしれ
ません。

 もちろん、前回紹介いただいた「アニュー」もそうです。一応自
然食品関係とされていますが、自然食品関係の中には、「催眠商法」
「マルチ商法」など、犯罪集団的なところもあることは承知してお
くべきです。

 こんなところに騙される方が悪いと思いますが、こんな人も関連
しているということを前回紹介いただいています。しつこくもう一
度掲載しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

アニュー(ナチュラルグループ本社)の広告塔か

 安部司の公式サイトでは、講演日程が意外と少ないなと思えるが、
自身のサイトに載っているほかに、こんなところ
http://www.anew.co.jp/promotion/lecture/abe_200906.html
(魚拓)
http://megalodon.jp/2009-0528-2235-27/www.anew.co.jp/promotion/lecture/abe_200906.html
でも活躍している。通常の講演よりも多くの回数をさいているらし
い。

 とりあえず書いておこう。ナチュラルグループ本社の橋本幸雄会
長とは、日本の催眠商法の始祖とされる「新製品普及会」出身(催
眠商法の別名の「SF商法」とは新製品普及会に由来する)であり、
その「新製品普及会」を率いていたのは島津幸一なる人物。島津は
その後、日本の初期三大マルチ商法(ホリデイマジック、APOジャパ
ン、ジャッカーチェーン)の一つ「APOジャパン」で教育係を努め、
自己啓発セミナーライフダイナミクスに関わり、ジョセフ・マーフ
ィーを紹介した。付け加えれば、その「APOジャパン」を率いてい
たのは、のちに「L&G」事件を起こす波和二。あ痛ててぇ。こりゃ
由緒正しい(?)香具師の血筋だ。新製品普及会は1970年に破綻す
るが、ノウハウを覚えた連中が独立して同じようなビジネスを展開
する。アニューも最初は移動店舗だったが、悪評が高くなって船井
総研にコンサル頼んで、固定店舗に転換する。

 安部司が講師を務める、関連団体「社団法人日本緑十字社」(戦
後の食糧難時代に設立された休眠法人を買い取ったらしい)の社長
は、マクロビオティック普及者として有名な久司道夫。生体内で原
子転換が行われるという疑似科学的主張をしており(千島学説でも
有名な主張だが、そんなことが起こることを論文にすればノーベル
賞ものだ)、あの船井幸雄とも共著がある人物。

 橋本や島津に関しては、斎藤貴男著『カルト資本主義』所収の
『第五章 「万能」微生物EMと世界救世教』を一読あれ。あの、EM
の比嘉照夫と島津との繋がりなんかも出てくる(『カルト資本主義』
によれば、二人を繋げたのは稲葉修・元法相だという)。

(付記)「厚生労働省認可の公益法人」で講師を務めているってい
うのは、普通はプロフィールに書きたがるものだろうけど、安部司
の著書や講演では、「日本緑十字社」と関係があるということは出
てこない。おそらく、アニューと関係ない方面には、意図的に伏せ
ているのだろう。一方、アニューのセミナーに連れて行かれれば、
「あの添加物の神様が言っている」と、コロリと騙されてしまうわ
けである。

http://d.hatena.ne.jp/usagi-snowrabbit/20090528/1243492094
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 同じブログで、私の名前が出ていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

安部司の毒気にやられちゃったときのための処方箋。

 イエロージャーナリズムに陥りがちな、食の安全に関する情報の
発信者のなかで、比較的まともな人の名前を何人か挙げてみる。元
毎日新聞記者の松永和紀氏、群馬大学教授でフードファディズムの
提唱者として知られる高橋久仁子氏、以前このブログでも紹介した、
健康食品管理士認定協会理事長で鈴鹿医療科学大学教授の長村洋一
氏、武庫川女子大学教授の松浦寿喜氏、毎日新聞現役記者の小島正
美氏、元生協職員の渡辺宏氏、東大名誉教授の唐木英明氏、食品安
全情報BLOGの畝山智香子氏といったところ。あと、環境リスク学の
中西準子氏。

http://d.hatena.ne.jp/usagi-snowrabbit/20090529/1243565725
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 中西先生と並べられているのは光栄ですね。

 さて、アニューのサイトに、こんなページがあります。

食の学習帳
http://www.anew.co.jp/manabu/

 悪質なマルチ商法のサイトからリンクされているのですが、一見
なかなかまともなのですよね。

 先入観なしに読んで、生協や「真面目な」自然食品系のサイトと
区別がつかないのではないかと思います。

 主観的には真面目にやっているところも、主張している内容は詐
欺グループとほとんど同じである、ということにもっと危機感を持
ってもらいたいと思います。

 以前から言っていますが、生協などに飽き足らなくなった消費者
が、詐欺師の餌食になるという図がよくあると思っていますので、
関係諸氏には、今一度、自分たちの主張と詐欺師の違いが明らかで
あるかどうか、ご確認をいただきたいものです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今回はみなさん忙しいのか、一つもメールをいただけませんでし
た。私自身も珍しく何回か続いて外で飲んだので、忙しい日々でし
た。

 東京の飲み会では、畝山さんにお会いして、本を直接買わせてい
ただきました。サイン入りです。

 このメールマガジンも10周年を迎えることができました。今年
も一年、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-529号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4160名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/