安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>497号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------497号--2009.05.17------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「Q&A」「特定保健用食品」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

渡辺さん、いつも楽しくメルマガを読ませていただいています。

 さて、いまから5年前健康食品の店でパートをしていたとき、ラ
ジエントヒーターを知りました。当時騒ぎになり(いまは鎮静化し
ておりますが)ました電磁波の出ないヒーターとして大々的に売り
出していたのです。

 数年後おかしいと思い、福岡のメーカーに資料を取り寄せ、地元
の府広域振興局に問合せたら、電熱器と変わらないとの返事が。

 たしかに、電磁波は出ませんが、これでは詐欺商法だと言われて
も反論できないはずです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 我が家も老人が同居していた関係で、IHヒーターを使っていま
す。IHヒーターが2個あって、中央奥にもう一つヒーターがあり
ますこれが「ラジエントヒーター」なんですね。

 基本的に電熱器ですが、ヒーターは直接見えないようになってい
ます。我が家のは火力がとても弱くて、使い物にならないので全く
使っていません。それはこんなわけのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ラジエントヒーターが赤くなったり、消えたりするのですが故障
ですか?

 正常です。 ラジエントヒーターはトッププレートの温度が約600
℃を越えないように火力を調節していますので故障ではありません。

http://www.toshiba.co.jp/tcm_hac/ih/faq/index_j.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 あくまで、補助用のもので、保温とか海苔をあぶったりするのに
使うということですね。

 「電磁波」についてはもう言うのも馬鹿らしくなりました。電磁
波がどうのと言って売っているところはみんな詐欺のようなものだ
と思います。恐怖をあおっておいてそれにつけ込むという、いつも
のやり方です。

 「ラジエントヒーター」のみで売っているものについては、使え
ないこともないでしょうが、効率はかなり落ちるので、電気代は高
くなるのではないでしょうか。電熱で調理するというのはエネルギ
ー的にはあまりよくない行為です。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.こんにちは。いつも大変勉強になるメールマガジンの提供あり
がとうございます。質問なのですが、身内が、フローラのHB-101に
関心を持ち、畑に蒔いたり、ペットの猫に使用(どのように使うの
かは知りませんが)し ています。

 私自身は、成分表示もされないよくわからないもの、プラシーボ
効果と 思っているのですが…

 なにか怪しい雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.もう長い歴史を持つ商品ですから、それなりの支持者はいるの
でしょうね。でも、私も怪しい雰囲気を感じている者の一人です。

 以下の意見に私も同感です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 農家です。結論から書くと、この商品をおススメするしないでは
なく、あるいは、この商品が良い悪いではなく、私は嫌いです。嫌
いですから使いません。

 良い悪いの評価については、私はどちらとも書けません。ですの
で、おススメするつもりも、おススメしないつもりもないというこ
とです。ただ、この会社のやり方は、非常に嫌いです。嫌いですか
ら、私は使いません。

 農家が読む雑誌に「現代農業」という農文協から出ている雑誌が
あります。この雑誌には、毎月のようにHB101の広告が載り、し
かもそのほとんどは使用者の体験談です。

 申し訳ないけど、インチキくさいです。インチキではないのかも
しれないけど、インチキではないという証明が何も無いのです。

 質問者も「ある人」からおススメされたと書いています。この会
社の営業手法というのが、雑誌広告のほかには、知人のつてを辿っ
た口コミによるものが主なようです。

 私も数年前近所のオバサンから、まくし立てるようにおススメさ
れ、断るのが大変だったのを記憶しています。

 とりあえず置いていくから使ってくれ、金は後でいい、と言われ、
「ウチではそんなもの使わなくても、良いもの作っているよ」と啖
呵を切ったのを覚えています。

 重要なことは、この商品の評価について、体験談を元にしている
ということです。何か科学的なデータとかがあって生育が良くなる
ことを証明しているわけではありません。

 体験談は嘘ではありませんが、商品の説明としては不完全です。
淡谷のり子が美容ローラーを使ったということと、淡谷のり子が美
しい肌を保っているということ、この2つが事実だとしても、美容
ローラーを使うと美しい肌を保てるということの説明にはなりませ
ん。すなわち淡谷のり子でなく、例えば我が家の隣の家のおばあさ
んが美容ローラーを使えばシワが取れるのかというと、これはやっ
てみなければ分かりません。

 そうであるとするならば、美容ローラーを使うことと美しい肌を
保つこと、この2つのことを直接的に(淡谷のり子を媒介すること
なく)証明する必要があります。

 同様に、HB101で植物の生育が良くなったという「ある人」の
体験談は、「ある人」を抜きに、HB101がどうして植物の生育に
影響するのかを説明する必要があります。HB101にはその説明が
ありません。ホームページの説明も読みましたが、かなり独善的な
見解だと思いました。

 少なからずプロ意識を持って農業をやっている私としては、イン
チキだとは言いませんが、評価のしようがありません。少なくとも、
私はこの手の商品は嫌いです。手にとって使おうなどとはちっとも
思いません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211548682
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 もう少し具体的なツッコミとしては以下のページでいろいろと考
察してくれています。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~atotsugi/nouhou/HB-101_1.htm
http://www7a.biglobe.ne.jp/~atotsugi/nouhou/HB-101_2.htm

 支持者がいるということは、ある程度の効果があるのだろうとは
思うのですが、それが逆に怪しいようにも思います。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「特定保健用食品」
------------------------------------------------------------

 先日の記事で、こんなことを紹介しました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ヨーグルトActiviaについてのお腹の調子を整える・便通を改善
する、Actimelの身体の自然な防御力を高める、という強調表示申
請を取り下げた。これはEFSAが正式に科学的根拠がないと判断して
発表されるとブランドイメージに大きなダメージになることが予想
されるため。ネスレやユニリーバなどもいくつかの製品について申
請を取り下げている。

 (EFSAの要求している科学的根拠の水準から判断したのであろう。
根拠の水準が低いのは日本のトクホ。多分日本のトクホはEUで申請
したらかなりの確率で却下される。)

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090423
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「トクホ」は正しく言うと「特定保健用食品」です。以前にも紹
介しましたが、現在849品目もあります。

 具体的な商品名のリストがありました。こんな分類でまとめられ
ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「お腹の調子を整える」等の表示をした食品
 ・オリゴ糖類を含む食品
 ・乳酸菌類を含む食品
 ・食物繊維類を含む食品
 ・その他の成分を含む食品

「コレステロールが高めの方に適する」表示をした食品

「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」表示をした食品

「血圧が高めの方に適する」表示をした食品

「歯の健康維持に役立つ」表示をした食品

「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにく
い」表示をした食品

「カルシウム等の吸収を高める」表示をした食品

「骨の健康維持に役立つ」表示をした食品

http://hfnet.nih.go.jp/contents/sp_health.php
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 それぞれにリンクがあって、該当する商品名が表示されます。さ
らに商品名にもリンクがあって、その商品が「特定保健用食品」に
指定された根拠が書かれています。

 前述のうねやまさんの指摘は、この根拠となる論文などの評価の
ことを言っているのでしょう。残念ながら私はどの程度の信憑性に
なるのかわかりません。そこで、例としてよくテレビで宣伝してい
るものを見てみました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「黒烏龍茶OTPP」

許可された実際の表示

 本品は、脂肪の吸収を抑えるウーロン茶重合ポリフェノールの働
きにより、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるので、脂肪の多い食
事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方の食生活改善に役立ち
ます。

利用上の注意事項

 多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。

関与成分についての解説

【関与成分および作用機序】
【成分の特性】

 ウーロン茶を製造する際の、緑茶葉を半発酵させる過程でカテキ
ン類が重合して生じるウーロン茶特有のポリフェノールであるウー
ロン茶重合ポリフェノール(Oolong Tea Polymerized Polyphenols
;OTPP)を関与成分とする。

【作用・効果および機序】

 OTPPは膵リパーゼを阻害する作用を有し、腸管からの脂肪吸収を
抑制することが確認されている。

安全性に関する評価

(略)

有効性に関する評価

【ヒト試験】

研究1:

第1試験

対象:健康成人7名(男性:2名、女性:5名)。

方法:飲料水(対照飲料)とOTPP 87mg含有するウーロン茶(試験
飲料)を用いた単盲検交差比較試験を実施した。高脂肪食と同時に
対照飲料あるいは試験飲料を1本摂取させた。

結果:対照飲料摂取時に比べ、試験飲料摂取時には脂肪負荷4時間
後の血清TG値上昇を有意に(p<0.05)に抑制した。また、6時間後
までの血清TG値変化量曲線下面積も有意(p<0.05)に抑制した。

第2試験

対象:健康成人6名(男性:1名、女性:5名)。

方法:飲料水(対照飲料)とOTPP 56mg含有するウーロン茶(試験
飲料)を用いた単盲検交差比較試験を実施した。高脂肪食と同時に
対照飲料あるいは試験飲料を1本摂取させた。

結果:対照飲料摂取時に比べ、試験飲料摂取時には脂肪負荷3時間
後の血清TG値上昇を有意(p<0.05)に抑制した。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail767.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「所さんの目がテン!」という番組があって、よく見ていました。
このごろは時間が変わってしまったので見ていませんが、この番組
ではよく似たような実験をしていました。

 子供向けの科学番組として、単なる解説だけではなく、実際にや
って見せるというのがポリシーの番組です。少し強引なところもあ
りますが、意図としてはよくわかるものでした。

 上記の「試験結果」を読んで、この番組でやっていたのと同じだ
な、というのが率直な感想です。こんなのでよいのか…。

 科学的にこれで十分立証になっているというのならそれでよいの
ですが、上記でうねやまさんはそのあたりを批判しているのでしょ
う。

 科学的な根拠があるかどうか、どう判断するとよいか?という話
が他のところで出ていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

科学的根拠のある情報とは?

 ある食品(もしくは食品成分)が、わたしたちの体に対して有益
(あるいは有害)な作用を持っているという情報が、テレビや雑誌
などを介して数多く流されています。それらの中には科学的根拠に
乏しいものがあります。情報を適切に評価するため、「科学的根拠」
を理解する上でのポイントをQ&Aとして下記に示しました。

Q1 「科学的根拠のある情報」とはどういうものですか?
Q2 再現性とは何ですか?
Q3 テレビ、新聞、雑誌などで取り上げられていたのですが…?
Q4 「専門家」「博士」「研究者」が言っていたのですが…?
Q5 細胞や動物の実験で効果が証明されているようですが…?
Q6 特許番号は科学的根拠ではないのですか?
Q7 「体験談」は科学的根拠にはならないのですか?
Q8 「学会発表」と「学術論文」の違いがよく分からないのです
が。
Q9 専門誌に掲載になった学術論文ならば信頼できますか?
Q10インターネットなどで情報を調べる場合、どんな点に注意す
ればよいですか?
Q11情報がどれくらい信頼できるか、どうやって見分けられます
か?

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail771.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上記の質問に答えています。まとめとして最後の質問で、図示さ
れているのをテキストにしたものが以下です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

(1)具体的な研究に基づいているか?

はい ↓ いいえ×→(例:体験談、専門家と称する人の話)

(2)研究対象はヒトか?

はい ↓ いいえ×→(例:試験管内実験、動物実験)

(3)専門誌で論文報告されているか?

はい ↓ いいえ×→(例:学会発表、査読者のいない雑誌記事)

(4)信頼度の高い研究デザインか?

はい ↓ いいえ×→(例:少人数を対象とした症例報告)

(5)複数の研究で支持されているか?

はい ↓ いいえ×→(例:特定の研究者だけが報告)

それなりの評価はできるが、将来情報が覆る可能性もあるので注意

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 やはり「トクホ」では3、4あたりで引っかかるものが多いよう
に思います。気分のものだからいいのではないか?というところな
のでしょう。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 夫婦で花巻に来ています。昨晩は宮沢賢治学会の人たちと市内で
飲んだので、ビジネスホテルに泊まっています。シングルルームを
二つとったので、夜中に書いていても怒られません。我ながら用意
周到ですね。

 あと二日、温泉に泊まります。そちらではネットに接続できない
と思います。寂しいですが、これも骨休めということで。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-497号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4121名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/