安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>486号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------486号--2009.03.01------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「野菜の産地偽装と1/4返金」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも楽しみに拝読させていただいております。

 生中華麺の製造メーカーで品質管理をさせていただいております。

 先日、当社の麺を共同購入でお買い上げ下さった某コープの組合
員さんから、「麺を茹でたらアンモニアのような臭いがした。」と
いう苦情を受付けた商品検査センターから連絡があり、保存サンプ
ルや製造日報、同一ロットの店頭商品を買い上げて確認するなどを
して、申告内容の事実確認を行いましたが、全くそのような現象は
確認されませんでした。

 複数食包装されていたため、苦情を申告された組合員さんから残
りをご返送いただき、同様に確認を行いましたが問題はありません
でした。さらに、商品検査センターから正常品を別途提出するよう
に求められ提出したところ、商品検査センターの担当者から「やは
り、相当きついアンモニアのような臭いがする」と言われました。

 物流会社等配送車は食品専用車両であることも改めて確認しまし
たが、当社の製品以外の積載事実はありませんでした。

 直接商品検査センターのご担当者と電話で仕様書に記載してある
「酒精」=食品添加物としてのエタノールと中華麺に使用する「か
んすい」のアルカリ臭いについて問い質した所、生麺の段階で開封
した時点で「アンモニアのような臭いがある」と表現されたため、
明らかにアンモニアの臭いを嗅いだ経験の無い方だと感じました。

 生中華麺を茹でた際に、普段の生活の中で嗅いだことのない方な
ら、かんすいのアルカリ臭・アルコール臭に違和感を覚えられると
思われました。その旨をお伝えすると、何事も無かったかのように
「では、そのように報告書を作成して提出してください。」とだけ
で、その後組合員さんへの対応や当社に対する対応は何もなく、帳
合会社の手前これ以上の突っ込みをいれるわけにもいかずの状態で
す。

 まして、本当にアンモニア臭のする製品を流通させていたなら、
メーカーとして待ったなしに製品回収をしなければならず、その判
断も我々にとっては重要な問題であるということすら配慮していた
だけていないことが非常に残念です。

 結果的に問題なしですが、今後の対応に禍根を残された気がしま
す。今回、コープの商品検査センター職員のレベルの低さとクレー
ムに対する対応姿勢に何ともいえない不安を感じたのでご連絡させ
ていただきました。

 ここ数年、各生協の品質管理担当者や苦情処理担当者の仕事ぶり
が、明らかに以前と異なり目に余るケースが増加しています。クレ
ーム担当者の商品知識の欠落もあると思います。クレームなのか、
単なる問い合わせなのか、生協としてクレーム対応をすべき事象な
のかそうでないのか、判断と対応力の低下に振り回されてしまう結
果に辟易とさせられてしまいます。

 全ての生協とは言いません。あくまでも一部の生協に限っての話
ですが、生協の信用はどこからくるのか疑問を感じてしまう出来事
でした。

 そうはいいながら、メーカーとしてのスキルアップも生協さんと
のお取引きを通じてはかったきたわけで、何とも言いがたい心境で
す。

 生協の安全神話は、立て直すどころか足元から崩れてしまわない
かという心配をしております。日生協や各事業連合での取組みは非
常に聞こえの良い内容ですが、現実を直視するといかがなものでし
ょうか?

 我々メーカーとして、どう対処していくべきか悩ましい状況です。
渡辺さんのご意見を伺わせてください。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 なんだか生々しい話ですね。言われている内容はかなり想像がつ
きます。よくあること…なんですよね。

 「非常に聞こえの良い内容」を語ってきたのが生協の歴史です。
その発想と建前だけで勝負してきたという面は確かにあります。ま
ともな商品担当者をなかなか育てられないのも、そのあたりに理由
がありそうに思います。

 その理由とは、「理念先行、現実無視」の傾向が強いということ
です。商品を扱うときに、その商品の勉強をするのは当たり前のこ
となのですが、連合会の開発担当者ならともかく、単協の担当者レ
ベルではなかなか思うにまかせません。

 商品の勉強もしないで、商品担当をしているなんて、信じられな
いことですが、実際にはよくあります。

 もちろん、真面目にやっているところの方が多いのですが、その
力量となると、やはり疑問がつくことも多いと思います。

 一つの原因は、生協が意外と零細な企業体であるということです。
お金をかけること、人を育てることがきちんとできていない場合が
よくあります。

 生協は大きくても県域で区切られた組織です。全国的に統一して
運営されている一般の流通業とは違い、一つ一つの生協は資金的に
余裕のあるところは少ないのです。

 もう一つの原因は、きれいごと、体裁のよいことを言うことです。

 生協お得意のタテマエなんですが、これを言っているうちに、そ
れだけで自分たちは一般の業者より知識があるように思い込んでし
まうのです。

 スローガンやタテマエは覚えても、きちんとした事実の追求や、
基本的な知識の習得はなかなかできないのです。そういう風土は残
念ながらあります。

 だから、生協とつきあっていると、こういうこともあると覚悟す
るしかないというのが私の意見です。

 このメールマガジンを読んでいる人の中にも、生協関係者はいる
と思いますが、私の意見について、反論をお願いします。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@
kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「野菜の産地偽装と1/4返金」
------------------------------------------------------------

 またまた産地偽装ネタですが、さる生協のサイトで、こんな記事
をみかけました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

キャセイ食品の産地偽装 お詫びと返金のお知らせ

 日ごろよりパルシステムをご利用いただき、誠にありがとうござ
います。

 昨年の11月、キャセイ食品株式会社(本社・東京)の長崎工場に
おいて、中国産原料を混入させた冷凍野菜を「国産」として出荷し
ていたとの報道がなされました。本報道を受け、パルシステムでは
当該工場で製造していた商品の取り扱いを中止させていただきまし
た。その後、11月14日、農林水産省より同社に対し、野菜冷凍食品
の不適正表示としてJAS法に基づく指導がなされました。

 パルシステムでは調査を進めてきましたが、各種帳票類などは警
察に押収されており、パルシステムが取り扱っていた商品において
の偽装の有無について最終的な事実確認をおこなうことができませ
んでした。

 しかし、パルシステムで取り扱った商品においても混入の可能性
が高いと判断せざるを得ず、これまでに公表された下記の事実に基
づき、代金の一部を返金させていただくことといたしました。なお、
商品の安全性については問題ありません。

※キャセイ食品株式会社は、長崎工場において、国産原料に中国産
の冷凍野菜(さといも、にんじん、ブロッコリー、キヌサヤ、小松
菜、インゲン、グリーンアスパラ、カリフラワー、オクラ、大根葉
の計10品目)およびアメリカ産の冷凍野菜(グリーンピース)を混
入したにも関わらず「国産」として販売した。

※上記商品は少なくとも2008年1月から同年10月14日までの期間販
売されていた。

※上記商品の販売量は約698トンであり、そのうち外国産原料が約
348トン(約50%)混入されていた。

【返金対象商品と返金額】

返金対象商品と返金額は以下の通りです。

商品名                販売価格  返金額

豚汁用野菜ミックス(九州産)200g    312円   78円
e豚汁用野菜ミックス(九州産)200g   249円   62円
九州産ブロッコリー 250g        312円   78円
九州でつくったきざみオクラ 200g    312円   78円
九州産冷凍キヌサヤ 100g        248円   62円
国産ミックスベジタブル 300g      239円   59円
国産ミックスベジタブル(玉ねぎ入)300g 241円   60円

※返金額は、原料が異なることによって生じる価格差とさせていた
だきました。下記の通り、販売価格の4分の1とさせていただきます。

※外国産の混入率は50%としました。

※中国産と国産の価格差は50%(半額)としました。

http://www.pal-system.co.jp/topics/owabi/090223/index.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 混入率が半分で、差額が半額だから、1/4の返金になっていま
すが、こういうのは初めて聞きました。

 これはちょっとひどいのではないかと思います。こんな返金をす
るくらいなら、商品の見直しはするが返金は一切なしとした方がよ
ほどすっきりします。

 約束と違う商品を届けたのなら、全額返金するのが普通なのでは
ないでしょうか。

 こんな論法が通じるなら、挙げられたメーカーの罪も1/4にし
てやらないといけません。

 しかも自分たちの扱った商品について、まったく調査もできてい
ないわけです。まったく何をやっているのだか…。

 根拠もなしに「国産」表示をしてよい格好をするから、こんなこ
とになるのです。

 さて、この件はすでに昨年の11月に明らかになっていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

平成20年11月14日

農林水産省

キャセイ食品株式会社における野菜冷凍食品の不適正表示に対する
措置について

1 経過

1.平成20年9月25日から11月11日までの間、関東農政局及び九州農
政局がキャセイ本社、長崎工場及び栃木工場に、同年11月5日から
11月12日までの間、九州農政局がサンチ株式会社伊万里加工場に、
同年11月5日から11月7日に福岡県及び九州農政局が株式会社田中食
品に、それぞれ調査を行いました。

2.この結果、キャセイが以下の行為を行っていたことを確認しまし
た。

(1)キャセイは、長崎工場において、自ら加工した国産原料に自
ら仕入れた中国産の野菜冷凍食品(さといも、にんじん、ブロッコ
リー、キヌサヤ、小松菜、インゲン、グリーンアスパラ、カリフラ
ワー、オクラ及び大根葉計10品目)及びアメリカ産の野菜冷凍食品
(グリーンピース)を混入させ、新たに野菜冷凍食品を製造したこ
と。

(2)(1)の商品の包装(一括表示欄外)及び原料原産地表示欄
(一括表示欄内)に、「九州産」又は「国産」等と事実と異なる表
示をして、一般消費者向け及び加工食品原料等の業務用として販売
していたこと。

(3)キャセイは(1)の野菜冷凍食品を、少なくとも平成20年1月
から平成20年10月14日までの間、以下のとおり製造し、販売したこ
と。

(ア)国産原料に外国産野菜冷凍食品を混入させ、新たに野菜冷凍
食品(さといも他8品目)約248トンを製造し、一般消費者向けとし
て食品卸売業者等10社に販売したこと。

(イ)国産原料に外国産野菜冷凍食品を混入させ、新たに野菜冷凍
食品(さといも他9品目)約450トンを製造し、業務用として食品卸
売業者等16社に販売したこと。

(ウ)(ア)及び(イ)の製品について、販売量の合計約698トン中、外
国産原料を約348トン(概ね50%)混入させたこと。

(4) キャセイは、(1)から(3)までの産地を偽装するため、以下の行
為を行っていたこと。

(ア)サンチに対し、平成20年3月まで、田中食品に対し、同年10
月まで、自ら仕入れた外国産野菜冷凍食品を自ら手当てした無地の
段ボール箱に詰め替えさせたこと。

(イ)田中食品に対し、平成20年2月まで、キャセイを製造者とし
た国産品である旨の表示がされている小売用小袋に小分けさせたこ
と。

2 措置

 キャセイが、野菜冷凍食品に事実と異なる原料原産地を表示した
行為は、野菜冷凍食品品質表示基準第4条第1項第3号及び第5条第3
項において準用する第4条第1項第3号に違反するものであり、また、
包装に「国産」等の産地名の意味等を誤認させる表示をした行為は、
加工食品品質表示基準第6条第2号及び第3号に違反するものである。

 このため、キャセイに対し、JAS法第19条の14第1項の規定に基づ
く指示を行いました。

 また、自社を表示責任者とする商品をキャセイに製造委託してい
た広域業者4社に対して指導を行う予定です。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/081114_1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「自社を表示責任者とする商品をキャセイに製造委託していた広
域業者4社」の中に生協も入っていたわけです。

 結局、自力では調査できず、3ヶ月もかかって出た結論が上記の
「1/4」返金です。

 ケチくさい返金にもあきれますが、本当に必要な反省は、商品管
理の改善であり、「国産」表示の見直しなのではないでしょうか。

 国産品と偽装する業者の動機には、両面があります。一つは普通
に利益獲得に走るためですが、もう一つは国産品を出荷しろと言っ
てくる流通業者からの圧力です。

 商売でやっている以上、なかなか「ない」とは言えないので、つ
い他のものを渡してごまかすことになります。

 どちらが主要な原因なのか、判断はできませんが、どちらか一方
だけであることはないはずです。

 つまり、原料の確保についての配慮や点検もせずに、「国産」品
を出すように要求してきた側にも責任はあるということです。

 業者には危ない橋を渡らせておいて、自分は善意の第三者を装い、
発覚すれば業者のせいにして返金も値切る…。どうも都合がよすぎ
るのではないかと思います。

「この価格では国産品だけでは手配しきれません。いったい国産品
のどこがよいのですか?」

「農場まで行って国産品を確保してきました。価格は高いですが、
我慢して買ってください。数量限定です。」

 このどちらかでないといけないのに、実際はこう言っているわけ
です。

「生協では国産品を扱っています。業者が国産と言っているから国
産です。やはり国産品は安心ですよね!おまけに価格も生協ですか
ら安いです!」

 そして、こういうオチがつきます。

「業者に騙されていました。申し訳ありません。返金に応じますが、
返金額は1/4ということでお願いします。生協も被害者ですので。」

 これはまったくひどい話だと思います。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 生協を離れてもう10年以上たちますので、あまりそちら方面の
話題には近づかないようにしているのですが、いただいたメールの
話題で、生協特集のようになってしまいました。

 偉そうなことを言っていますが、現在の私は趣味のプログラマー
です。そのあたり、誤解のないようにお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-486号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4330名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/