安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>464号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------464号--2008.09.28------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「シリカ・エタノール(Q&A)」
「メラミン入り粉ミルク事件2」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 事故米のニュースについて、メールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 全くに同感です。(ギョーザ事件で日本で中毒症状を発症した)
メタミドホス、(悪魔の農薬ネオニコ代表化合物の一つ)アセタミ
プリド、(世界最強天然毒素)アフラトキシンが0.0Xppm残留ウン
ヌンをマスコミは大騒ぎして農水省を責め立てますが、それでは規
制強化のために予算人員を要求するに決まっています。

 直接食べてもなんら人体影響しない量を、更に加工(増量、醗酵、
蒸留、加熱し、分析限界以下の製品)した食品まで問題とするのは、
マスコミ(第3の権力)の横暴(科学的事象の無知?)と思います。

 私が心配しているのは、問題の本質を隠蔽していることです。問
題の本質とは

(1)三笠フーズ社長、事実を知る従業員が問題米を販売し儲けよ
うとする精神。法律遵守より、根本的な道徳心の欠如です。

(2)国内自給率唯一100%の米を輸入せざるを得ない状況。

(3)日本の基準で問題としても、喜んで援助米として受け入れた
くれる国々があるはず)であるが、何かが援助米として転用するこ
とを阻止している。

(4)日本古来からの「もったいな精神」と法律遵守との齟齬、落
差。(農薬に関して国際基準に準拠したため0.01ppmとの一律基準
を全てに適用したので)悪法も法なりのとなってしまったのが問題
である。人体に全く影響が無く、農薬残留が故意で無い場合(例え
ば、島根県のしじみ残留問題)は、何らかの免責条項が必要。

以上、読者の方々はどう思っているのでしょうか。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 気持ちが悪いから食べない、というのはやはり傲慢だと思います。
大して危険がないなら、無視してもよいという考えがどこかで出て
きてほしいと私も思います。

 次はバナナダイエットの話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 メラミン騒動の話、主食にしている赤ん坊以外は、大騒ぎする必
要が無いという解説有難うございました。お陰さまで、マスコミに
踊らされず安心して暮らせそうです。

 ところで、またしても、騒動というか、変なブームが始まったよ
うです。

 先週の9月20日土曜日頃から、近所のお店でバナナの売り切れが
続いており、今日9月24日水曜日も買えませんでした。

 私はバナナが大好きで毎朝欠かさず食べていただけに、困ってし
まいました。原因を調べようとインターネットで検索してみたら、
果たしてヒットしました!

 また、「あるある大辞典」の類似番組で、ダイエット食材に取り
上げられたらしいです。

 本当に、今の日本人は、こういう番組が好きですね!納豆・ゼラ
チン?だったか・色々出ましたが、今度はバナナらしいです。

http://www.asahi.com/food/news/TKY200809240247.html

【熊本】バナナ品薄/ダイエット番組効果

2008年9月24日印刷ソーシャルブックマーク

 売り切れの商品が出たバナナコーナー=熊本市内のスーパー

 熊本市の一部のスーパーでバナナが品薄だ。テレビのダイエット
番組がきっかけらしい。少し前には納豆ダイエットで納豆不足が起
きた。効果の実証は難しいが、ダイエットへの関心はなお、高いよ
うだ。

 19日に放送された。熊本市月出8丁目のハローグリーンエブリ
ー長嶺店では20日朝からバナナが急に売れ出した。22日になっ
ても、昼過ぎには数種類が売り切れた。

 青果部門の松下雄司課長(32)は「注文した半分しか入荷しな
い。売り切れが早まるだけで、売り上げが伸びるわけではないんで
す」。買いに来た主婦(70)は「探し回らないと買えなくなった」。
市内の別のスーパーには棚に「本日は売り切れました」の紙が置か
れていた。

 紹介されたダイエット法はバナナと水を朝食で取ると昼夕は何を
食べてもいいという内容。春ごろから本や雑誌で紹介され、テレビ
番組も何回か取り上げた。インターネットでも話題になっている。

 バナナはフィリピンや南米から年間約100万トンが輸入される。
輸入量の約3割を扱うドール(東京)は「テレビ放送があると確実
に売れ行きが伸びる。夏までの入荷量は昨年と変わらないが、ブー
ムを見て調整したい」。住商フルーツ(東京)は1月から4月まで
入荷量が前年を下回っていたが、6月にテレビで取り上げられ、7
月は約2割増。「夏場は売れ行きが落ちるのにありがたかった」

 〈ダイエットに詳しい熊本県立大学の鈴木公教授(栄養学)の話〉

 健康の基本は朝食を多く取り、夕食を控えめにすること。バラン
スの良い食事が大事で、バナナだけ食べればいいわけではない。
(中島健)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 みなさん本当にこういうのが好きですね。どうせ一過性のもので
すから、単なる娯楽であると考えて、無視してよいと思います。

 ふだんバナナを買っている人にとっては迷惑な話ですが、たまに
はバナナ屋さんにも儲けさせてやってもよいのでは。

 でも、バナナ屋さんもこういうので別に儲かるわけではないので
すよね。テレビで取り上げられるときは事前に業界に通知が回るの
ですけれど、それから仕入れ量を増やしたりできるとは思えないで
す。

 番組制作側と、こういう情報を流す側の関係とか、誰がカネを出
しているのかとか、いろいろと疑問の多い話です。そういう裏話を
誰かご存じないでしょうか。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.沖縄そばをお土産でいただき、麺を茹でた時、食品品質保持用
シリカ・エタノールと書かれたものを 一緒に茹でてしまいました。
スープの湯は別で、麺も途中から湯がきなおしましたが、人体に影
響はありますか?だいぶ沸騰はしてて、3分強鍋の中。まだわかりま
せんが、もし妊娠していた場合 胎児への影響はありますか

------------------------------------------------------------

A.シリカというのは乾燥剤、シリカゲルです。エタノールはもち
ろんアルコールで、カビを防ぐのに入れています。

 エタノールはお酒の主成分ですから、もちろん多量に飲めば有害
ですが、水が沸騰する温度では蒸発してしまって残りません。

 というより、開封前に大半は失われているはずです。エタノール
を包装の中に入れるのは、中で蒸発し、そのエタノール蒸気がカビ
を防止します。開封しなくても、徐々に蒸発していっているわけで
す。

 シリカゲルは主に二酸化硅素が主成分です。聞き慣れない名前で
すが、石英や水晶と同じ鉱物です。食べるものではありませんが、
人体に影響のあるものでもありません。

 ゆでたくらいでは溶けだしたりすることもないですし、たとえ食
べてしまっても素通りしてくるだけですから、どうということはあ
りません。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「メラミン入り粉ミルク事件2」
------------------------------------------------------------

 中国の粉ミルク事件について、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつもためになる情報をありがとうございます。今回の事件でと
ても気になっていることがあります。「新聞報道は全部本当のこと
でしょうか?」

 食品分析を知っている方なら常識と思いますが、たんぱく質含量
を測る一般的な方法はケルダール法といわれる方法で、濃硫酸を使
って長時間炭素などを燃やしてしまい、残った窒素を測定してその
ほとんどがたんぱく質だと推定する方法です。今回の事件はこの方
法の裏をかく方法として報道されています。

 この測定方法の問題点は濃硫酸を使用する工程にとても時間がか
かることです。だからこんな面倒な方法で原料乳買取を目的として
検査評価することはありえません。

 日本では原料乳を購入する時にたんぱく質単独での評価はしない
で、脂肪分率と固形分率で評価します。

 この評価方法は赤外線吸収波形を使用する測定器であり、1検体
あたり数十秒で結果が出ます。赤外線吸収波形ですから、当然、通
常原料乳に混入していないメラミンが入っていても脂肪率にも固形
率にも反映されません。

 メラミンが入っていても高い値段で購入することはありえません。

 中国ではどうしているのでしょうか?私が中国で見てきた方法も
日本と同じ測定器で赤外線吸収波形で測定していました。中国全土
が同じといえなくても大手乳業メーカーは同じと考えられます。ケ
ルダール法で測定するような面倒なことは考えにくいと考えられま
す。

 ではいつケルダール法は使用されるのでしょうか。通常は、製品
として出荷する時に出荷規格を満たしているかどうかという目的で
使用されています。

 ここまで考えると原料乳を供給する立場の人間がメラミンを混入
させたなら理由は別のところにあると考えざるを得ません。

 別の理由、もしくは別の人間・・・・

 ここから先は事実ではなく推測ばかりになるので、今回は書くこ
とを遠慮させていただきます。新事実がわかったら教えてください
ね。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 肝心なところなのに、なかなかこうした事実関係は報道されない
ですよね。菓子パンの回収さわぎなどはどうでもよいですから、こ
ういうところを調べてほしいものです。

 この件について、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 メラミンは、中国語では非常に響きのいい名称をもっており、
「脂肪エキス」という。メーカーは牛乳の水増しを防ぐため、原料
乳の脂肪量を検査する。この脂肪エキスを入れるとほぼチェックは
パスできる。毒もあるとは知っているが、農家は幼児を死なせるほ
どとは知らなかったという。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/backnumber/
n_china_milk_pollution__20080924_8/story/20080924jcast2008227418/

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 やはり牛乳に投入していたのは、「脂肪分を多く見せる」ための
「脂肪エキス」だったようです。牛乳でタンパク質の量を調べるこ
とは普通しないので、おかしいと思っていました。

 これにメラミンが入っていたというのがよくわかりません。

 メラミンを入れることで脂肪分を多く見せることができるのでし
ょうか。それとも不純物として入っていたのでしょうか。

 ともかく、そういう背景があって、中国では牛乳にメラミンを投
入することが常態化していたようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 18日付の中国紙、新京報は「粉ミルクへのメラミン混入は一時
的な事件ではなく、業界内で“暗黙のルール”になっていた」との
分析記事を掲載した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/179515/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 儲けるためには何でもあり、の中国では、こうしたことをやらな
い方が不思議なんでしょうね。

 また、上の記事にあった情報の隠蔽については、WHOも厳しく
批判しています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 世界保健機関(WHO)のトレッドソン駐中国代表は26日、北
京で記者会見し、粉ミルクが有害物質メラミンで汚染された事件に
ついて、「いくつもの報告遅れが事態悪化を招いた」と指摘した。
代表は「報告遅れは、故意の情報隠しや反応の鈍さなどが組み合わ
さってもたらされた。速やかに情報が公開されていれば、このよう
な被害の規模に至らなかった」と述べ、当局や企業の対応を批判し
た。

[ 2008年9月26日16時49分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_who__20080927_2/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これはWHOの中国駐在事務所の発表ですが、同じ日にジュネー
ブのWHO本部ではこんなことを言っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 世界保健機関(WHO)は26日の会見で、中国製の乳製品に有害
物質のメラミンが混入した問題に関して「生後6カ月間までのすべ
ての乳児には母乳だけを与えることを推奨する」との見解を発表し、
粉ミルクの使用を控えるよう訴えた。ただ、粉ミルクは世界各国で
普及しており、WHOの見解は今後論議を呼びそうだ。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080927AT2M2700627092008.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 安全性の確保という面からすると、粉ミルクではなく母乳を、と
呼びかけたくなるのは理解できます。

 いくら安全性に気をつかっていても、数ヶ月にわたった一つの食
品だけをとり続けるというのは、かなりリスキーな行為です。

 母乳礼賛というわけではなくても、とりあえず最低限の安全性を
保証できるのは母乳であろうというわけです。

 以上をまとめると、以下のようになります。


(1)中国では牛乳にメラミンを投入することは常態化していた。
目的は脂肪分を多く見せるためらしい。

(2)メラミンの毒性から考えて、通常の牛乳として飲んだり、加
工食品の原料として使われた場合は被害が出る可能性は少ない。

(3)粉ミルクだけは非常に危険なので、こういうものを与えては
いけない。粉ミルクではなく母乳で育てることが推奨されている。


 以前から、魚の腹から鉛玉が出てきたなどという話が中国方面で
はよくあります。これは重さをごまかそうとしたわけです。

 脂肪分をごまかせるものがあれば迷わず使うのが中国では当たり
前ということが今回はおこっていました。やはり根本的には同じこ
となのだと思います。

 その結果として、当然以下のようなことになります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

メラミン混入 食品各社、中国産見切る動き グリコは調達中止

 有害物質メラミンが混入した中国製牛乳を使った食肉加工大手、
丸大食品の商品回収問題を受けて、日本の食品メーカーの間に、中
国産原材料の購入や検査体制を見直す動きが広がっている。菓子大
手の江崎グリコが中国子会社が使う乳原料の現地調達を取りやめた
ほか、森永乳業やサントリーは現地の検査体制見直しを検討してい
る。今回の問題を受けて、中国産原材料に対する消費者の不信感が
広がっており、今後、原材料購入や検査体制にとどまらず、生産体
制の見直しに踏み切るメーカーも出てきそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000098-san-bus_all
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 食品業界で、中国からの輸入で儲かる時代は完全に終わったよう
です。早く逃げ出したもの勝ちというところでしょうか。

 不動産バブル、株バブルが崩壊中の中国経済に、追い打ちをかけ
ることになるとは思いますが、ここらで一度金儲け熱から醒めて、
正常な状態に戻る必要があります。

 その間、中国人は苦しい生活に耐えて、世界から信用されるよう
になるまで、がんばってほしいものだと思っています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 花巻で温泉に入ってきました。鉛温泉の「白猿の湯」というのは
よくテレビでも紹介されている、有名な名湯です。くり抜いた岩盤
の底から、自然に湯が湧いているのです。

 帰ってきてから、中国語のレッスンに行っています。来年には中
国に短期間ですが、行って勉強する予定です。この時期に酔狂な!
と家では馬鹿にされています。

 土曜日のNHKで、「上海タイフーン」というドラマをやってい
ます。日本で仕事も恋人も失った女性が、上海でがんばる話なんで
すが、すごく面白いです。女優さんがわかりやすい中国語をしゃべ
るのもいいですね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-464号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4553名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/