安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>439号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------439号--2008.04.06------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「マーガリン(Q&A)」「海苔養殖」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 前回の「お米」の件で、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 438号で、田舎から送られてきたお米に一部黒くなった米が混
じっていた、とのことですが、カメムシが原因なのは農家の知り合
いからよく聞きます、「色米」と言うそうです。

 農家としては、米を農協に売る場合この「色米」の混入率によっ
て 等級下がり、高く売れないため等級を上げるのに、農薬の散布量
や回数を増やしカメムシの駆除をしているそうです。

 私も、知り合いの農家からお米を購入していますが、最小限の農
薬散布に押さえているので、「色米」は少し我慢して取り除いてお
いしく頂いています。

 よく見かけの悪い野菜は、農薬散布も少なめにしている家庭菜園
に多く、このため曲がり野菜になったりして? いますが逆におい
しいかも、あまり気にすることではないでしょう。

 お米もその土地や水に合わなければ、有名銘柄のお米を植えても
おいしい米が出来る訳ではないし、また賞味期限に振り回されずに
五感を養い、おいしくいただけるよう調理に自分を磨きをかけてい
ただく方がいいのでは。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 カメムシの害はなかなか困ったことだと考えていますが、放置す
る方がよいというご意見なのでしょうか。

 でも、商品として作っている以上、無視するわけにはいかないと
思います。いろいろと研究なども行われているようですが、成果の
ほどはどうなのでしょうか。

東北農研が斑点米カメムシ発生予察と被害抑制の共同研究を開始
http://www.tnaes.affrc.go.jp/press/2006/1011_4.html

 次は「並塩」について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

1334について
 添加物について大変勉強になり、ありがたく思っています。

 実は塩について勉強しており、波塩でなく並塩です。これはイオ
ン交換膜を利用した塩で天日塩ではありません。イオン交換膜塩を
つかう食品は大変多く、ビールーの水、乳児用のミルク、ジュース、
減塩醤油、砂糖の精製、海水を脱塩した水、塩などです。海の汚染
が世界的に心配されており、安全性からみると食塩です。並塩は現
在も売られていますが今も昔も業務用で食用塩での流通量は日本一
です。漬物には何が良いかといわれますと、私の家は漬物自慢で、
今も昔も食塩(昔はJT今は塩事業センター)で漬けており、町内で
は一番美味しい漬物だと言われています。キムチや白菜など漬物は、
漬物の素を使うので塩によって味は変わりませんし、またどんな塩
を使っても調理しても(漬物も含む)塩の違いはわからないという
東京都の調味実験もあります。要は「塩加減が大切だ」と白菜漬な
どなら重石が大切だということです。天日塩などのミネラル量は食
塩とほとんど同じで水分が多いだけです。食塩はサラサラしている
ので、漬物に使うときは湯冷ましを食塩に少し含ませるとよいでし
ょう。そうすれば野菜に塩が付着して失敗することが少なくなりま
す。漬物用の塩も出ていますが、水分の違いと添加物の違いだけで、
国が間接的に関与している安くて安全な塩である食塩をお勧めしま
す。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下のような記事があります。私も本などでこのような情報を得
ていて、そう書きました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 並塩は、天日塩を精製した精製塩で、塩化ナトリウム95%以上、
水分約1.4%の最も一般的な湿った塩です。並塩は、苦汁分が多く、
通常0.7%位含まれまています。

 並塩は、主に業務用に多く使われ、味噌、漬け物、水産物、麺類
などの食品加工に使われます。湿った塩として並塩は、最も汎用性
が高く、乾燥塩より価格が安いので広く使われています。

http://spice.kh23.com/flavor/archives/2005/10/post_45.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ところが、メールをいただいて、メーカーのサイトで確認したと
ころ、以下のような記述でした。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 並塩20kg1,284円(本体価格1,223円)

■製造方法 国内の海水をイオン交換膜法により濃縮し煮つめてい
ます。

■主な用途 食品の加工用、一般工業用として。

■特徴 しっとりタイプの塩です。

http://www.shiojigyo.com/a020products/post_199.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これはメーカー(塩事業センター)が言っていることが正しいの
でしょう。おわびして訂正します。

 輸入の天日塩を使っているのは「原塩」なんだそうです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.日本国内でのマーガリン(ファットスプレッドを含む)の生産
量、消費量について最新のデータを教えてください。

------------------------------------------------------------

A.こういうことを私に質問するのはどうかと思います。「最新の
データ」が必要なのはどういう理由なのかわかりませんが、「自分
で探せ!」というところです。

 とこれだけで終わるのも何ですので、「日本マーガリン工業会」
というサイトを紹介しておきます。

http://www.j-margarine.com/index.html

 ここには「統計データ」というページがあり、お望みのような情
報がたくさんあります。

 「マーガリン」で検索すると一発で出てきますので、私のサイト
よりこちらの方が見つけやすそうなものなのですが。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「海苔養殖」
------------------------------------------------------------

 こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 日本海沿岸を中心に1月中旬以降、大量のポリ容器が漂着してい
る問題で、環境省は22日、容器の中から表記と異なる劇物の塩酸
が検出されたと発表した。同省は20自治体に対し、住民に注意喚
起するよう通知した。

 同省によると、島根、石川両県で発見されたポリ容器は、「過酸
化水素」と表記されていたが、中の液体を詳しく調べた結果、塩酸
と分かった。同省はポリ容器の表記と内容物は必ずしも一致しない
ので「安易に触れないように」と呼びかけている。

 前回19日のまとめで漂着個数は11府県で約1万5000個と
していたが、その後の調査で14府県で2万3000個が確認され、
うち約5500個にハングルの表記があった。いずれも容量20リ
ットル前後で、過酸化水素のほか酢酸、硝酸などの表記があり、一
部は液体が残っているという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/124829/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「塩酸」と聞くとピンとくる人も多いと思います。この謎解きは
簡単で、だいたいこんなことのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ポリ容器大量漂着問題、韓国政府が回収をノリ養殖業者に指導

 日本海沿岸に大量の廃ポリ容器が漂着している問題で、環境省と
外務省から原因究明と再発防止を求められた韓国政府が、国内のノ
リ養殖業者の団体などに対し、「ノリ網用酸処理剤の容器回収を徹
底せよ」と指導に乗り出していたことがわかった。

 韓国の政府系政策研究機関の関係者は読売新聞の取材に対し、
「ノリ網の余計な海藻を除くため、塩酸による違法な処理が横行し、
漁民らが証拠を隠そうと海中投棄している」と実態を証言する。韓
国政府は海中投棄を公式に認めていないが、環境省は「徹底した原
因究明を求める」と強い姿勢で臨む方針だ。

 環境省によると、ポリ容器の漂着は1月から3月13日までに1
9道府県で4万904個。九州、山口県では1万6924個が流れ
着いた。漂着は1999年ごろから確認されているが、今年は過去
最悪だ。

 ハングルや漢字で「硝酸」「酢酸」「過酸化水素水」「硫酸」な
どと表記されており、一部の容器から高濃度の塩酸やヒ素などが検
出された。各自治体は「液体に触れると炎症の恐れがある」と容器
に触らないよう注意を呼びかけている。

 7536個と全国最多の長崎県。海岸をパトロールし、回収・焼
却処理を続けている。「多大な労力を強いられている」と廃棄物・
リサイクル対策課は憤る。

 「早急に原因を究明し、回答してほしい」2月28日、在ソウル
日本大使館の外交官は韓国外交通商省を訪れ、漂流ポリ容器の写真
と漂着個数などを記した資料を手渡し、こう要請した。韓国側は
「関係省庁に通知し、早急に回答する」と返答した。

 日本政府が、漂着ポリ容器対策を韓国に要請したのは今回が初め
てではない。2003年6月、韓国海洋水産省(当時)は「ノリ養
殖業者が使った容器が海に流れ出し、日本に漂着した可能性がある」
と海上保安庁に説明、容器の保管施設建設などの対策を約束してい
た。

 それでも、漂着はなぜ止まらないのか――。

 「ノリ網をきれいにする酸処理で塩酸が使われている。空容器を
回収に回せば国内法で禁止する行為が発覚するため、養殖業者の一
部が海に捨てている」。韓国政府系政策研究機関の関係者は読売新
聞の取材に、こう明かした。

 漂着した容器に塩酸と別の成分表示がある点については、「塩酸
を小分けするために別の容器を再利用している」と説明する。韓国
政府はクエン酸などの有機酸の使用を奨励しているが、「塩酸は安
く効き目も強い。使うことで人体や環境への悪影響はほとんどない。
使えるよう韓国で法改正すれば、容器の漂着は止まる」と話す。

ソース:読売新聞  3月23日
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_08032301.htm

http://mascominews.blog56.fc2.com/blog-entry-3453.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 引用したのは個人のブログですが、元ネタは読売新聞の記事のよ
うです。読売新聞のサイトで調べましたがもうネット上にはありま
せんでした。

 ここでポイントは韓国では海苔の養殖に塩酸を使うことが禁止さ
れているということです。何故禁止になったかというと、どうも日
本側の意向を受けてのことらしいです。

 しかし現実には安くて効果の高い塩酸が使われていて、その使用
を隠すために容器を意識的に投棄しているわけです。

 記事にもありますが、塩酸を海に入れたところで、ほとんど影響
はありません。有機酸の方が影響が強く、微生物の繁殖に影響を与
えてしまうという意見があります。

 この意見では有明海の海苔養殖にも有機酸の投入がダメージを与
えているのだそうです。有機酸は塩酸と違い、微生物の栄養となり
ますので、影響が大きいのです。

 それにもかかわらず塩酸が禁止となったのは、塩酸が劇物である
というイメージもあり、また日本の養殖法の押しつけのような面も
あったといいます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 有明海の荒廃が(本書でも詳しく論じたが)有機酸剤依存のノリ
養殖法に原因があることを知っていたにもかかわらず、情けないこ
とに、韓国には輸出用の高価なノリを養殖させるためであろう、日
本の間違ったノリ養殖法を模倣した法令を韓国に施行させるまでに
影響を与えてしまった。

http://www.fujiwara-shoten.co.jp/book/book464.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 海苔の養殖に酸の使用が必要というのは、養殖法の移り変わりに
より、より生産量の多い方法がとられてきたためだと言います。そ
の影響が韓国に及んだのですね。

 禁止されているにもかかわらず、塩酸を使用して容器を海に投棄
するというのはやはり困ったものです。遵法精神なんかを期待する
のが間違っているのかもしれませんが、何とかしてもらわないとい
けません。

 記事にもありましたが、塩酸の使用を解禁するのが最も手軽な方
法です。でも、大陸の汚染の進んだ海で養殖された海苔を輸入して
くることを見直した方がもっと簡単なのかもしれません。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 海流の関係で大陸から日本に漂着物がやってくるのは避けられな
いです。大気も同じで、大陸の汚染は日本にやってきます。何とも
やっかいなものです。日本の東側は海ばかりなので、迷惑をかける
相手はいないのか、それともはるか太平洋の向こう側に影響を与え
ているのでしょうか。

 日本から出た漂流物がハワイに到着したら、それはそれですごい
ことかもしれません。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-439号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4922名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/