安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>423号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------423号--2007.12.16------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「舞茸(Q&A)」「チャイナ・フリー」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 「賞味期限」について、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも拝見し、勉強させていいただいております。

 賞味期限に関しての疑問ですが、賞味期限とは、製造メーカーが
その期間までは十分おいしくて、食べても安全で大丈夫ですよとの
保障している期間、もし期間中で美味しくなかったらメーカーとし
て責任を持ちますとの設定期間ではないでしょうか?消費期限とは
全く意味の異なるものではないでしょうか。この時点で認識間違い
をしていたら申し訳ございません。

 そのように考えた場合、昨今の偽装が問題になっておりますが、
やむを得ず期限の切れたものに対して、メーカーが再検査を行い、
安全は十分クリアしていると判断し、味に関しても再確認をして、
もう一度賞味期限を付け直し、もう一度メーカーとして、安全と美
味しさを保障すると付け直すことは、安心(心の問題)と安全(体
にとっての害)がともにクリアし、その責任も賞味期限としてメー
カーがその責任を明確にしているので、問題はないとは考えられな
いのでしょうか?

 そうでないと最近のニュースを見ていて、場所によっては食不足
といわれるのに、いくら飽食の日本といっても、安全で病気や人に
とって害があるわけでないのに、安心という心の問題の正義感をも
って、堂々と捨てられるニュースを見ていてすごくもったいないと
感じます。また、安心と安全という単語の意味の異なるものが同義
に使われすぎているような気がしますが、いかがでしょうか?

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 賞味期限について、厳密に考えると、おっしゃるとおりと思いま
す。保健所などでも、科学的な根拠があり、メーカーが責任を持つ
以上、賞味期限の付け替えは差し支えないという見解だったと思い
ます。

 ただ、現在問題になっているような内容に関して言えば、メーカ
ー側にそのような対応があったとは思えず、単なる偽装であると批
判されても仕方ない面が強いと思います。

 今まで、このあたりはグレーゾーンで、あえて突っ込まないとい
うことであいまいにしてきたと思います。人によっては日本は法治
国家ではない、などと言いますが、まさにこうしたことを指してい
ます。

 今はまだ「偽装表示はけしからん!」という程度の認識ですが、
やがて法令遵守ということの本当の意味が問われる時も来るはずで
す。

 インチキをしてもよいはずはありませんが、マスコミの論調のよ
うな安っぽい正義感で世の中がうまくいくこともありません。本当
の解決策はまだ私たちには見えていないのだと考えています。

 「安心」だの「安全」だのは私もよく言ってきました。言葉の意
味としては、安心と安全は違うなどと言いますが、実は言っている
方も聞いている方もそういうようには考えていなかったように思い
ます。

 言葉の意味ではなく、雰囲気で流れているだけなのですね。だか
ら大メーカーやファストフードの製品はよくないが、手作りのもの
はよいとかいうことが「事実の検証なしに」言えてしまうわけです。

 おまけに一流メーカーや大手チェーン店まで、こういう雰囲気を
利用して一儲けしようとしているのですから、日本人の病気の根は
深いです。

 次は前回のQ&Aの「ベジタリアン」についてのメールをいただ
きました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 こんにちは。毎回楽しみにしております。

 さて、422号を拝読し、一つ気になったことがありました。

===========================
Q.野菜全般、大豆、海藻類しか食べないベジタリアンです。今妊
娠5週目ですが、この先、赤ちゃんに影響がないか、とても心配で
す。肉や魚は昔から食べられません。
===========================

 小生は身近にベジタリアンを名乗る人がいないため、この方がど
のような境遇からこうした質問をされたのかは分かりません。が、
門外漢には単なる「エゴ」としか見えませんでした。

 「食べられない」というのが主義なのかもしれませんし、単なる
好き嫌いなのかもしれません。ただ、食べることを許されていない
食物が生きるために必要でないと考えているなら、胎児への心配を
すること自体が矛盾しているように思われます。また、雑食動物と
して動物性たんぱく質の摂取が必須であることを分かっているなら、
胎児の健康第一を考えればいいんじゃないでしょうか。

 サプリにしても、その原材料が動物由来なら摂取することはまか
りならぬ、ということなんですよね???

 いつだったか、思想上の都合で、自分の子供への輸血を一切拒否
して(子供が)死亡に至った、という事件があったような気がしま
す。失礼ながらこの質問は、その事件を連想させるものでした。

 本来、これは渡辺様ではなく、ご本人にお送りする内容なのです
が、それもかなわないので、一報致しました。質問でもなんでもな
くてすいません。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「食べられない」というのは文字どおり食べられないということ
で、あえて言えば好き嫌いの一種だと思いました。好き嫌いはよい
ことではないですが、食べられないものは仕方ないですよね。

 たぶん、おっしゃるような主義主張でそうされているのではない
と思います。もしそうなら、こんな質問はしてこないはずですから。

 私はベジタリアンということに関してはあまりよく思っていませ
ん。だから基本的にはご意見に賛成です。でもそういう考えをベジ
タリアンに押しつけるのも意味がないと思います。

 何を食べようと、食べなかろうと、人それぞれでよいのではない
でしょうか?

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.「まいたけ」を天ぷら、すき焼きなどで食べると毎回なのです
が食後30分位でお腹が凄く張ってきて、その後かなりの下腹痛が
してきます。4,5時間で治まるのですが。これはまいたけアレル
ギーでしょうか?また、「キーウィ」を食べるとすぐ吐き気が起こ
るのもアレルギーなのでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.アレルギーかどうかはわかりませんが、食中毒とかではなく、
特異的な反応のようですね。

 舞茸もキウイも、そういう反応をする人はけっこういるようです。

 食べないですむのなら避けた方がよいでしょうし、心配ならやは
り医者に診てもらったほうがよいと思います。

 医者の方もこういう話を聞いただけではどうしようもないですか
ら、症状のあるときに診てもらってください。といってもなかなか
そういう症状のときに診てもらうのは難しいです。

 食べて調子が悪くなるものは敬遠するのが正解なのかもしれませ
ん。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「チャイナ・フリー」
------------------------------------------------------------

 今年の食べ物関係の話題としては、偽装表示と中国産食品の諸問
題が両横綱だったと思います。

 今回も久々というか、またまたというか、中国ネタです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 広西壮族自治区柳州市で、街頭で売られている薬酒を飲んで中毒
をおこし、1人が死亡、1人が重体となっている。中毒を訴えて入院
した4人のうち、残る2人は回復に向かっている。

 柳州警察所の捜査で、柳州市と来賓市で「夫婦遊医」を名乗る生
薬販売商が逮捕され、2人の住居から大量の生薬が見つかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000019-scn-cn
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 街頭で「薬」と称しているものを売っているのがいかにも中国ら
しいです。中国人はものすごく薬好きなんですよね。百貨店などで
も、健康食品らしきものの売り場はたいへん大きく、怪しげなもの
がたくさん売られています。

 漢方薬にはある種の信仰のようなものがあり、今でも副作用がな
いとか、効き目が穏やかだとか信じている人がたくさんいます。

 しかし実際には中国で売られている「漢方」や「健康食品」には、
一般人が使っては危ない薬品が入っていたりすることが多いのです。

 アトピー性皮膚炎に効くという「漢方薬」が実は普通は医師でも
使わないような強力な薬品を含んでいたりしたことは有名です。

 また、実際に中国産健康食品で死亡例が出ていたりもします。

 中国産の「農薬もどき」で、植物保護剤などとして販売している
ものから、違法な農薬が検出されたという例もあります。

 中国では薬品や健康食品に、内容を表示する義務がないのだそう
です。

 漢方医学の歴史や伝統には敬意を表しますが、現状では中国産の
薬や健康食品は避けるのが賢明です。一般の食品を警戒するのでは
なく、こうしたものを警戒してください。

 こんなショッキングなニュースもありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 中国雲南省昭通市魯甸県楽紅郷楽紅村で3日午前8時ごろ、地元
小学生4人が、登校途中にインスタントラーメン1個を買い分け合
って食べたところ、まもなく腹痛や吐き気を訴え、病院に運ばれた
が約1時間後に死亡した。5日付新京報が伝えた。

 調べによると4人は、口から泡を吐き、意識の混濁やけいれんな
どの症状を訴えたという。病院では食中毒と診断したが、警察は4
人のおう吐物を調べるなどして死因の特定を急いでいる。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1205&f=national_1205_006.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この事件の続報は以下のようなものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 雲南省昭通市で12月3日、地元の小学生4人が即席めんを食べ
た直後に死亡した事件で、同省公安当局は7日、4人が食べた豚の
脂身の加工食品に付着した殺そ剤による中毒死だったと発表した。
9日付で新華社が伝えた。

 公安当局によれば、死亡した4人のうちの1人が家から豚の脂身
の加工食品を持ち出す際、誤って殺そ剤が付着したビニール袋に入
れ、友達に分けたらしい。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1210&f=national_1210_007.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これが本当なら、インスタントラーメンが疑われたのは間違いだ
ったことになります。しかしこの当局の発表が信用できるものかど
うか、私にはよくわかりません。

 殺鼠剤をそのまま食べたのならともかく、「付着していた」程度
で人が死ぬのでしょうか。ネズミと人間の体の大きさから考えて、
ちょっと想像できません。

 段ボール肉まん事件がマスコミの捏造だったとされたのと同じで、
当局の隠蔽策ではないかという疑いが出てくるのです。そこまで勘
繰るのもよくないとは思いますが、はたしてどうなのでしょうか。

  と思っていたら、こんなニュースも出てきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 中国のニュースサイト「中国新聞網」によると、中国雲南省曲靖
市の中学校で13日、昼食を終えたばかりの生徒20人余りが頭痛
や吐き気などを訴え、近くの病院に運ばれ、14日までに2人が死
亡した。

 死亡した2人はいずれも1年生の男子生徒。地元警察などは昼食
の成分を検査したが異常は発見されておらず、さらに詳しい捜査を
進めている。

 曲靖市と隣接する同省昭通市では今月3日、通学途中に殺そ剤の
混入した即席めんを食べた小学生4人が死亡する事件があったばか
り。両事件が関連するかどうかは不明だが「食の安全」徹底に向け
当局の対策強化を求める声が強まりそうだ。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/071214/chn0712142107004-n1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こうなってくると、何かがおこっていると考えた方がわかりやす
いです。

 先日、「中国の危ない食品」という本を読みました。ブログの方
に書いておきました。この本の内容に全面的に賛同するものではな
いですが、全体としての指摘は間違っていないと思います。

 中国は今、非常に深い危機の淵にあります。中国人がこの危機を
乗り越えていってほしいと期待していますが、それほど簡単なもの
ではありません。日本の「民主」党の面々が中国政府のご機嫌をと
りに行ったりしていましたが、全く何を考えているのだか。

 中国と北朝鮮だけが、腐敗した共産党政権をどうすることもでき
ずにいるのは何故か?などと考えてしまいます。

 そしてそんな中、中国人の迷走の結果としていろんな危険性が発
生し、国外まで影響を及ぼしているわけで、「チャイナ・フリー」
などと言われるのも偏見ばかりではなく、やはり理由があるのだと
思います。

 私は中国びいきなので、あまり言いたくはないのですが、今後日
本でも「チャイナ・フリー」などと言い出す会社が出てくるのでし
ょうか。アメリカの問題ならとことん追求する、「市民団体」など
がどう出るか、ちょっと注目しています。

 生協あたりが「チャイナ・フリー」をやればインパクトは大きい
ですが、政治的な理由から、おそらくそうはならないだろうと予想
しています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 何だかもう年末ですね。上にも書きましたが、今年は「偽装表示
と中国産食品」の一年でした。国の内外ともに問題山積といったと
ころです。

 でも、長年の膿を出してしまうチャンスではあると思います。今
までの怪しい慣行を改める努力がどれだけ成果をあげられるのかが
問題です。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-423号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4828名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/