安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>409号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------409号--2007.09.09------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「蒸留酒・焼きそば(Q&A)」
「小麦の値上げ」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中

http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 まず、「飼料のリサイクル」についてメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 安心!?食べ物情報 の読者です。いつも楽しみにしています。

 408号拝読しました。

 今回の記事の中で、コンビニ弁当の、家畜用飼料への転用につい
ての話題がありましたが、僕も、転用にはあまり賛成できないです。
理由は、渡辺さんと同じです。

 しかし、もうすでにご存知かと思いますが、

>食品工場から排出される食品残渣を100%原料にして豚を飼育する、
>環境リサイクル型養豚

を謳っている養豚業者もあります。

 しかも、「豚用飼料がほとんどで残渣を少量だけ添加」ではなく
て、100%だそうです。

 この業者さんですと、

>環境にやさしい農業を目指し、食品残渣を100%原料にして豚を
>飼育する、「環境リサイクル型養豚」を行っております!

ということで、(食品というからには、おそらく人間向けの)食べ
ものの残渣を、飼料の原料にしているようです。

 残渣が何を指すのかよく分かりませんけれど。

 配合飼料は、長い研究を重ねて、「何を与えたら肉がおいしくな
るか?」を考えてあるのだと思いますが、こういった「食品残渣」
が及ぼす影響については、僕もよく分かりません。

 こういった業者さんについては、いかがお考えでしょうか?

 どの食品工場から出た、どんな残渣を食べさせているのか?これ
も是非知りたいところですが、表示したら、どうなるんでしょうか
・・・

 僕はあまり食べたいと思わないのですけど、気がつかずに口にし
ているかもしれませんね・・・。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「リサイクルは危険だ」と言った人がいました。このことはもっ
とまじめに考えてみないといけないですね。

 BSEの問題で、最も真剣に反省されたのがこのリサイクルでし
た。リサイクルが必ずしもよいことばかりではないというのは、こ
のときに明らかになっています。

 物事には必ず表と裏の両面があります。「もったいないから再利
用している」という面と、「得体の知れないものを食べ物に持ち込
んでしまう」という面は、どちらかだけが存在することはありませ
ん。

 これは子食べ物に限った話ではありません。食べ物については、
やはりリサイクルは危険が大きいのでできるだけ避けるべきだとい
う判断をせざるを得なくなったのがBSE問題以降です。

 ところがこの意味を理解せず、まだ食べ物についてもリサイクル
した方がよいと考えている人がいるようです。マスコミもBSEの
ときに何と書いたのか、覚えていない人が多いようですね。

 飼料に関してはリサイクルはダメです。肥料については、ダメと
はいいませんが、慎重に、というのが私の意見です。

 次は工場の衛生管理について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 始めまして。

 中国の食品が問題となっていますが、日本の食品についても安心
できる状況にはないという状況に直面しています。

 転職し大手食肉加工会社に勤めていますが、転職後程なくして自
社製品の購入を止めたのが工場内のあまりの酷さによるもので、カ
ビだらけのうえ、設備の清掃も充分ではなく、これがまたカビを呼
ぶありさまで、ひどいものです。

 カビ等の問題については指摘をしたことによるのか、かなり改善
されてきているがまだまだといったのが現状です。

 そのようななか、以下のような状況があり指摘したところ、「何
年も使ってきており問題は起きていない!」といった説明がなされ
ました。

 (略)

 問題が発生したか否かではなく、このような状況が許容されるの
かということではないかと思うのですが、

 このような状況についてどう思われますでしょうか?

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 (略)のところにはかなり具体的な指摘を書いてくれていたので
すが、ちょっと生々しいということで削除して掲載しました。ご了
承をお願いします。

 「問題は起きていない」のは事実でしょう。でもそれでよいわけ
はありません。企業はよりよいものを社会に提供するために存在す
るはずです。その結果として利益があがり、社員も潤うのです。

 具体的には難しい問題が多くて、一人の社員の声では限界がある
でしょう。

 会社に品質管理部門はないのでしょうか。本来、そういった部門
の仕事です。現場の声と、そういう管理部門とが一つになる必要が
あると思います。

 個別の問題には意見の出しようがないのですが、確かに心配なこ
とではあります。事故を起こさないよう、がんばってください。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.日本では96%の蒸留酒をどこで手にいれますか?

------------------------------------------------------------

A.外国の方のようですね。96%というのはもちろんアルコールの
濃度でしょうが、やはりあるようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 世界で一番強い蒸留酒はスピリタスというポーランドのウォッカ
でして度数は96度あります。2番目は同じくウォッカでブルガリ
ア産のバルカンで度数88度、3番目はレモンハート151という
ラムで度数75.5度です。

http://www.k3.dion.ne.jp/~okkuu/fw1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ここで出てくる「スピリタス」で検索すると、販売しているサイ
トが見つかります。

 余談ですがアルコール濃度60パーセントを越えると「危険物」
の扱いになります。簡単に引火して燃えますので、取り扱い注意に
はご注意ください。

------------------------------------------------------------

Q.初めまして。文化祭で焼きそばを作ることになりました。具材
は麺とお肉とキャベツを使うつもりです。お肉は前日に各自家で炒
め、当日クーラボックスで持っていくつもりです。キャベツは前日
に切り、当日クーラーボックスに入れて持っていくつもりです。

この保存方法でよろしいでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.文化祭ですか、楽しそうですね。私も生協の時代にそんなこと
をよくやりました。肉は前の日に炒めておくのがよいですね。本当
はキャベツなんかは当日に切った方がよいのでしょうが、時間の問
題がありますから、私たちも前の日に切っておきました。

 注意点としては、まずクーラーボックスを過信しないことです。
温度は低いほどよいですが、いくら低くしても、食べ物を完全に腐
敗から守ることはできません。

 肉は炒めたときには無菌状態になりますが、その後、すぐに微生
物が繁殖してきます。この方法だとそれ自体は心配することはない
ですが、食べる前にしっかり加熱して、増えてきている菌を残さな
いようにしてください。

 怖いのは食中毒菌が紛れ込むことです。加熱した後に、食べ物に
直接さわったりしないこと、みんながよく手を洗うこと、できるだ
けホコリっぽくしないことなどに注意してください。

 こんな注意を守ったら、あとはよく楽しむことです。みんな売り
切れるとよいですね。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「小麦の値上げ」
------------------------------------------------------------

 こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 日清食品は5日、2008年1月1日出荷分から即席の袋めん、
カップめん製品の大半の希望小売価格を7〜10%値上げすると発
表した。主力の「カップヌードル」シリーズが155円から170
円(税別)になるなど、各商品とも15円前後値上げする。値上げ
は17年ぶり。主原料の小麦価格の高騰に加えて、パーム油など原
料価格の上昇が長期的に続くと判断、コストダウンなどの企業努力
だけでは吸収できなとし、値上げに踏み切る。

 値上げの最大の要因が小麦相場の高騰。米シカゴ商品取引所では
4日、過去最高値を上回る1ブッシェル(約27キロ)=8ドルを
記録した。日清食品以外にも、製粉会社が業務用小麦粉の値上げを
検討しており、パンや菓子など小麦粉を使うメーカー各社も製品値
上げに動く見通しだ。

 小麦相場は、2005年は1ブッシェル=3ドル台で推移してい
たが、世界的な需要拡大を受け06年夏ごろから上昇。生産地の豪
州が干魃(かんばつ)に見舞われた06年秋には5ドルを突破した。
豪州に加えてウクライナなどの生産国も干魃の被害を受け、欧州の
小麦が不作だったことが影響し、今年6月ごろから上げ足が早まっ
ていた。

 相場上昇を受け、農林水産省は4月、輸入小麦引き渡し価格を2
4年ぶりとなる1・3%値上げを実施したのに続き、先月24日に
は10月から10%値上げすると発表した。これを受け、製粉最大
手の日清製粉グループ本社は、業務用小麦粉の値上げ幅や時期の検
討を進めている。森永製菓は「コストダウンなど内部努力だけでは
吸収できない」(広報・IR部)ことから、値上げの検討に入った
という。

 各社は「値上げの要因は小麦だけではない」と声をそろえる。バ
イオエタノールの需要拡大や中国などでの消費が増大を背景に、大
豆やトウモロコシ、乳、油脂といった原材料価格が軒並み高騰。原
油価格高騰で輸送費や包装資材も上がっている。すでに、マヨネー
ズやチーズ、食用油、冷凍食品、オレンジジュース、焼酎などが相
次ぎ値上げされているが、小麦価格の上昇で主食ともなるパンやめ
ん類の価格も上がれば、家計には大きな打撃となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000001-fsi-bus_all
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 世界的な食料価格の上昇が、ようやく小売り価格にも影響を与え
てくるようです。昨年あたりから、石油に続いて食料も価格上昇局
面に入っています。

 中国などの需要増加もあるのですが、「バイオエタノール」によ
る価格上昇への誘導が効いているようです。バイオエタノールは温
暖化対策?としてよく取り上げられますが、実際は農作物=食料を、
食料以外にも振り分けようという大きな戦略転換を意味しています。

 日本でもバイオエタノール生産を、などと言っている人もいます
が、日本の食料自給率を見てそんなことを言えるのは全くの能天気
です。アメリカ、ブラジル、EUなどでは余剰農作物があるから、
バイオエタノール生産にふりむけて食料としての供給を減少させよ
うとしているわけです。

 農業は工業と違って、生産増加が価格低下と直接結びついてしま
う大きな問題点があります。需要の量がほぼ固定されているため、
少しの供給過剰が市場価格の低下をもたらしてしまうのです。生産
は増やしたいが、価格維持のためには生産量を調整しなければなら
ない…というのが世界の農家の悩みです。

 相場とは無関係に米を作り続けて、余った米の心配は農家ではな
く政府がしてくれるというのは日本だけの特殊事情です。日本でも
余った米をバイオエタノールにまわしたいところでしょうが、そん
な高価なものがガソリンの代用になる時代がくるとは思えません。

 ということで、やり方は気にくわないのですが、農産物の価格上
昇は歓迎しておきます。ある程度価格が上がればこそ、世界の農業
生産は維持拡大できるでしょうから。

 この記事では「家計には大きな打撃となる。」と言っていますが、
実際に買い物に出かけている私としては、本当にわかって言ってい
るとは思えません。

 エンゲル係数が20%に近づいてきている日本の社会で、インス
タントラーメンなどの値上がりがどれほど家計に打撃を与えると考
えているのでしょうか?

 個人的にはいろいろとあるでしょうし、私も退職以後はできるだ
け食費を切り詰めるような努力をしましたので、値上がりがよいと
は言いません。しかし大局的に見て影響があるように言うのは間違
いだと思います。

 私は世界中の人が飢えることなく、健康で文化的な生活をするこ
とができるようになってほしいと思います。そのためにも、食料の
価格上昇は決して悪いことではありません。価格低下は農業の疲弊
をもたらし、その打撃は先進工業国ではなく、農業に頼って生きて
いる人に大きいのです。

 食品の品質を高め、安全性を確保し、何よりも世界中から飢えを
追放するために、食料価格をもう一度見直すべきではないか?はっ
きり言えばもっと高くてもよいのではないか?と考えています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 香港から帰って以後カゼをひいたりして、体調がよくありません。
カゼは治ったのですが、セキが残っています。この週末は本当は休
んでいる場合ではないのですが、休養にあてています。

 とはいえ土曜日の朝に図書館と買い物に行くのは恒例です。一週
間分ということで、結構たくさん買ってきます。わが家は他に道楽
がないので、エンゲル係数が高めなんですよね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-409号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4804名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/