安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>386号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------386号--2007.04.01------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「メープルシロップ・豆腐・アスパルテーム
(Q&A)」「不二家報道で捏造」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
------------------------------------------------------------
ブログ毎日?更新中
http://www.kenji.ne.jp/blog/
------------------------------------------------------------
---〔話題〕-------------------------------------------------

 先週何気なく書いた生活クラブの話題で、こんなメールをいただ
きました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「そこまで腐敗しているとは思いたくない」

甘い!!甘い!!

今月の北海道生活クラブの機関誌
http://www.s-coop.or.jp/n_cyupu/cyp07-03.htm#01

「一日日の遺伝子組み換え問題の講座では、イリーナ・エルマコヴ
ァ氏の講演ビデオを本部消費委員会担当理事の泉屋めぐみさんに解
説してもらいました。子ラットが死んでしまうため、三代続けての
実験はできないと聞いた時は、子・孫の代に影響が現れるかもしれ
ないと、私たちは一様にショックを受けました。」

こんな話聞かされたんだろうなと想像します。腐敗でないとしたら
どうしようもないお馬鹿さんと言うことですよ。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 手厳しい批判ですね。事実としてはそのとおりなのがつらいとこ
ろです。善意だけは信じたいのですが、地獄への道は善意で敷きつ
められているというやつなのでしょうか。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.先日、13歳の子供がカビの生えていたメープルシロップを食べ
てしまいました。以前、下の子もカビの生えたぶどうやみかんを食
べてしまったことがあります。そういう私もゴマせんべいが少しか
び臭いと思いつつ、食べてしまったことがあります。下の子はそれ
が原因かどうかはわかりませんが、次の日に下痢をしました。食べ
た時に苦いと思ったそうです。上の子は何ともありませんでした。
私は食べて直後に腹痛がありました。発がん性のことが心配でなり
ません。どの位の頻度と量をとると、将来がんになったりするので
しょうか?よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

A.基本的にカビの生えたものは食べない方がよいです。下痢をし
たのなら、関係あるかもしれません。

 ガンについての心配はちょっと被害妄想的ですね。人間は一定の
率でガンで死にます。だから将来のことはわからないのですが、今
から心配していてどうしますか。「杞憂」という言葉がありますが、
まさに杞憂だと思います。

 ガンになるかどうかは、個人の問題としては誰にもわかりません。
ガンにならなくても(他の死因で)早く死ぬ人もいれば、ガンにな
っても長生きする人もいます。

 大切なのはガンになるかどうかということではなく、いかに生き
るかということです。子供の場合は人生はまだまだこれからです。
楽しいこともあるでしょうし、世の中のためにがんばることもして
もらわねばなりません。死に方の心配などしている場合ではないと
思いますよ。

------------------------------------------------------------

Q.豆腐について教えてください。我が家は、大手ドラッグストア
で豆腐を購入しています。いつでも、スーパーより格安で購入でき
るからです。しかし、安いので、何か体に悪いものが使われている
のではないかと心配になっています。内容は、絹ごしは充填豆腐、
木綿はカット豆腐です。気になっているものの、しっかりと表示を
見たことは無いのですが、遺伝子組み換え大豆不使用とのことです。
製造元が、関東のセンターのようなので、大量生産、流通の関係で
安価に提供されているのか、原材料でコストを下げられているのか、
いかがなものなのでしょうか?栄養的にも、あまり期待できないで
しょうか?

------------------------------------------------------------

A.そういう心配をしながら安い豆腐を買うというのはいかがなも
のなのでしょうか。安い豆腐でよい、という割り切り方ができない
のであれば、違うものにした方がよいように思います。

 ただ、どれをとっても似たようなものであることは事実です。販
売価格を決めるのは基本的には製造コストですが、利益のとり方は
販売政策によって違うので、安い=粗悪とは限りません。

 食べてみておいしいですか?おいしいと感じられたらそれでよい
です。そうでないのなら、安ければおいしくなくても買うの?とい
う疑問があります。

 「遺伝子組み換え作物不使用」は流行のようなものです。調査報
告ではまず信用できないですし、どうでもよい表示の代表のような
ものです。

------------------------------------------------------------

Q.妊娠中、授乳中にアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物
入りのガムやミントの粒を大量に摂ってしまいました(例えばフリ
スク1日3-4箱など)。この化合物は人間の身体で分解されない、胎
児への蓄積がある、フェニルケトン尿症発症の危険があるなどいわ
れているようですが、大丈夫でしょうか。生後1年経ちましたが、
今後成長における影響などありますでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.「生後1年経ちました」で思わずコケるところです。フェニル
ケトン尿症は遺伝病なので、食べ物のせいで発症したりしません。
新生児のときに問題になるもので、病院では必ず検査しています。

 そのときにフェニルケトン尿症という診断が出なかったら、その
後に発症する可能性はありません。今さら何を言っているんですか。

 アスパルテームに「L-フェニルアラニン化合物」という表示をし
ているのは、フェニルアラニンというアミノ酸を含んでいるから注
意しなさいということなのですが、フェニルケトン尿症の新生児が
アスパルテームを含んだ飲み物や食べ物をとるわけがありませんの
で、よけいな表示の代表的なものです。

 そもそも、この話はアスパルテームをどうしても悪くいいたい一
部の「反添加物」屋さんの流したデマです。要するに真っ赤な嘘と
いうやつです。こういう嘘を流して得意になっている人の言うこと
を真に受けていると、そのうちひどい目にあいますよ。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「不二家報道で捏造」
------------------------------------------------------------

 一時世間を騒がせた不二家問題ですが、当時から報道内容につい
てはかなり疑問を持っていました。このところようやく不二家の側
も反撃に出たようで、こんなニュースが流れています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」で、不二家の不祥事
として報じた内容に対して、不二家が社外に設置した信頼回復対策
会議が「事実と異なる」と指摘していたことが明らかになった。し
かし、そんな、なまやさしい話ではなさそうだ。同会議長は、放送
内容そのものに「捏造の疑いがある」と指摘した。さらに、みのも
んた氏が「(不二家に)廃業してほしい」と発言したことについて
「営業上の損害とイメージの悪化を招いた」として、TBSを提訴す
る可能性があることを明かした。

ニュース自体に「捏造」である可能性

 みのもんた「廃業してもらいたい」発言で提訴の可能性も(TBS
より)「もうはっきり言って廃業してもらいたい。こんなバカなこ
とをやってる不二家がね、そのまま社長が交代したからといってね、
メーカーとして存続できること自体がおかしい。消費者をナメるん
じゃない!」「こういうメーカーがのうのうとしていること自体が
おかしいんですよ。みなさん」

みのもんた氏は2007年1月23日の放送でこのように発言した。し
かし、この発言の根拠になったのは、前日の「朝ズバッ!」で放送
された「新証言…不二家の”チョコ再利用”疑惑」と題されたニュ
ース。しかし、このニュース自体「捏造」である可能性が指摘され
ている。

この「新証言〜」では、不二家平塚工場の従業員とされる人物が、
賞味期限切れのチョコを溶かして再利用していると「証言」。さら
に、パッケージしなおすために、期限切れのチョコを裸にする作業
を行ったなどとした。「朝ズバッ!」では、アナウンサーが「信じ
られない新たな疑惑が浮上しました」と紹介し、みのもんた氏も
「もう信じられません。生クリームを使ったショートケーキに端を
発して、すべての製品にこういうことがあった」などと言い放った。
誰もが「ひどい」と思ってしまうようなこの証言、実は「捏造」の
可能性があるのだという。

 信頼回復対策会議の郷原信郎議長はJ-CASTニュースの取材に対し、
次のように述べる。

 「TBSは、(不二家の製品)『カントリーマアム』について、賞
味期限切れを捨てようとしたら怒られ、パッケージし直したとする
証言があるがどうなのかと、確かに不二家に確認してきている。し
かし、そもそも『カントリーマーム』は平塚工場で作っていないし、
そのことを伝えている。これは不二家に間違いのないメモが残って
います。その段階で、VTRの証言がウソだとTBSは気づくはず。にも
かかわらず、『カントリーマアム』の部分が削られていて、チョコ
の話として映像が流れていた。これが捏造の疑いがある点です」

 『カントリーマアム』というのはクッキーの中にチョコが入った
もの。チョコそのものとは違う。

「『あるある』なんてレベルじゃない誹謗中傷」

 また、番組中ではチョコの再利用について、不二家のコメントと
して「確認が取れていない」と紹介されていたが、不二家は「再使
用するなんてありえない」と答えたと郷原議長は指摘する。

 さらに、翌日の放送でみの氏が「廃業してもらいたい」「メーカ
ーとして存続できること自体がおかしい」などと発言したことにつ
いて次のように怒りを露にする。

 「『あるある』なんてレベルじゃないですよ。(「朝ズバッ!」
は)生きてる会社の従業員に対して誹謗中傷した。営業上の損害を
生み出した上に、イメージを悪化した。『廃業してほしい』発言に
TBSは『廃業しないように頑張ってほしいという意味では』なんて
ことを言ったようだが、ほんとTBSってどんな会社なんだと思う。
何言ってもいいと思ってるんじゃないですか。信じられませんよ」

 J-CASTニュースはTBSに事実確認しようとしたが、同社広報は
「そちら(J-CASTニュース)の取材には今後お答えしない」とまた
しても取材を拒否した。

 不二家広報によれば、この放送直後にTBSにたいして「事実と異
なる箇所があるので、訂正してほしい」と要請し、現在でもTBSと
「協議中」だとしている。

 さらに、郷原議長は、2007年3月30日に行われる信頼回復対策会議
のなかで、「TBSに法的責任を追及すべき」と提言すると、J-CASTニ
ュースに明かした。そのための合意を現在取りまとめているという。

http://www.j-cast.com/2007/03/29006494.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは「悪意ある捏造」と言われても仕方ないです。不二家のよ
うなニュースがあったとき、元従業員などという人から、いろんな
「証言」が出てくるのはよくあることです。

 全く事実無根ということは少ないのですが、その証言が事実を正
確に伝えているということもほとんどありません。要するに話半分
で聞いておくべきネタなんですね。

 その中で事実の検証に耐える正確な証言を拾い出し、裏付けもと
って報道すれば、これは報道機関としては殊勲であると言えると思
います。

 しかし裏付けなしに垂れ流すようでは報道機関としての資格を欠
いているということです。

 ところで、ここに名前が出てくる「信頼回復対策会議の郷原信郎
議長」というのは元検事・法科大学院教授で、1月にはこんな発言
をしています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

01/24
■桐蔭横浜大法科大学院教授 郷原信郎氏に聞く

 今回もマスコミは、不二家がかつて小さな食中毒事故を起こして
いたことや、菓子の袋に虫が入っていたことなどを次々と暴き、不
二家が食に携わる企業として失格と言わんばかりの報道を行ってい
る。1000人を超える従業員、そしてフランチャイズの人々は
「この先どうなるのか」と不安な日々を送っているに違いない。

 「こうしたときこそ、マスコミは、不二家が企業としてどうすべ
きかといった視点で、冷静に報道すべきでしょう」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/36301/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 『「法令遵守」が日本を滅ぼす』という著書があるそうです。こ
れは読んでみないといけないですね。

 私も自分のブログでこんなことを書きました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

01/19: 3秒ルール

 不二家の事件で、こんなニュースがあったそうです。

------------------------------------------------------------

下に落ちて3秒以内に拾えばOK 不二家であった??トンデモない
「ルール」

 2007年1月17日に放送されたフジテレビの報道番組「とくダネ!」
では、倉庫で仕分け作業を担当していた従業員とされる人物の証言
を紹介。それは、

「(商品が)落っこちて、3秒以内に戻せばOKと(いう状態だった)」

といい、床などに落ちた菓子も商品として消費者に提供していたと
するものだった。

------------------------------------------------------------

 毎日新聞にも載っていました。不二家はまさにマスコミのいじめ
の対象になっているようで、官庁に呼びつけられた不二家の社長を
記者たちが罵倒している様子はまさに気の毒の一言です。何の権利
があった彼らは人を罵倒できるのか、不思議に思います。

 「3秒ルール」というのは子どもたちがよくいうやつで、給食で
おかずを落したとき、3秒以内にひろったら、なかったことにしよ
うというものですね。こういう話が出てきたら、まず本当かどうか
疑うのがまともな神経というものでしょう。

 それを検証なしにテレビが垂れ流し、新聞が後追い記事にする、
というのは無責任の極みです。たぶん言った人は衛生管理が甘かっ
たことを表現したかったのが、(記者の誘導に乗せられて?)口が
すべったのだと思います。常識で考えて、「3秒ルール」が存在し
ていたとは思えません。マスコミの人たちは世の中にそんなルール
を取り決める職場があるとでも思っているのでしょうか。まことに
不思議なことです。

http://www.kenji.ne.jp/blog/index.php?itemid=19&catid=4
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この記事を引っ張りだしてくることになるとは思っていませんで
したが、当時の雰囲気はこんなものでした。報道機関にまともな神
経の持ち主はいないのか?と本気で思いました。

 TBSの捏造報道は23日ですから、この記事よりも後のことで
す。報道機関としての足腰が弱いTBSが、他より遅れて、最もタ
チの悪いネタをつかまされたようです。

 この時点で出てくる「証言」はもう「誤解」ではなくて「まっ赤
な嘘」である可能性が高かったと思います。不二家から事実のレベ
ルで反論されているのですから、当然こんなネタは報道するべきで
はありませんでした。

 未だになんとか言い逃れをしようとしているようです。関西テレ
ビの「あるある」捏造も厳しく批判されていますが、こちらの方が
より悪質です。おそらく民事訴訟で敗訴することになると思います。

 昔、銀行業界が政府の保護によってかえって世界に遅れてしまっ
たという批判を浴びていました。今はテレビ業界が既得権益の巣窟
となり、腐敗の極みに至ったようです。

 左翼臭の強いTBSだからという偏見?もあるようですが、基本
的にテレビ業界はみんな似たようなものです。NHKなんかもどこ
が公共放送なんだという政治的偏向ぶりですし。

 私はNHKの分割民営化と電波の公開入札制度を導入して、とに
かく放送の自由化を行うべきだと思っています。国民から見捨てら
れるのを防ぐ道はこれしかないというのが私の意見です。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 先日、朝日新聞の記者という人からメールがありまして、4月か
らの連載記事の中で、「食品添加物」について取り上げるので取材
したいということです。私が書いた本は実は朝日新聞社から出てい
ます。朝日新聞というと、「買ってはいけない」のお仲間と思われ
がちなんですが、そうでもないわけです。

 「これまでの朝日新聞の世論調査などでも「添加物は不安」と答
える方は多いのですが、どんな添加物があり、どんな試験を経て安
全性を確認しているのかなど、基本的な部分はあまり知られており
ません。その一方で、「○×は危険」といった情報ばかりが喧伝さ
れており、読者のみなさんにデータできちんと理解して食品添加物
と向き合ってもらえれば、と思っています。」

 ということですので、今週中に一度会う約束をしました。どのよ
うな記事になるかはまだよくわかりませんが、ボツにならないよう
にはしたいですね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-386号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4709名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/