安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>292号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------292号--2005.06.12------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「ザラメ・レトルト食品・薬草・大根(Q&
A)」「お茶」

-PR---------------------------------------------------------
浄化槽・排水処理のことなら、「環境デザイン.COM」に
http://www.kankyo-design.com/

浄化槽の設計・管理を通じてきれいな水環境つくりに貢献します。
きれいな排水が出て、維持管理費の安い浄化槽が設置できます。
ディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)もOKです。
-PR---------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 農薬の話で補足をいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 農薬ネットから、こちらのメールマガジンを知り購読さしてもら
っているものです。

 今回の記事にあった「フェノブカルブ」という農薬が思い浮かば
ず、インターネット検索して、別名「BPMC(バッサ)」である
ことを知った無知な農薬屋です。

 以前、茨城県産で生協販売している「干し芋」にも、農薬として
「グルホシネート液剤」1回使用と表示してあったものの、それが
除草剤の「バスタ」であることがわかり、安全性のことなど理解で
きる人がどの程度いるかと、包装パッケージを手にして、思わず突
っ込みたくなった訳です。

 知らない人にとっては、いくら基準値以内といっても、「ゼロ」
よりは危ないのではと思っていると思います。実際、環境計量をし
ている人でも、「閾値」以内よりも「ゼロ」の方が、やはり安全性
が高いと感覚的に言われたことがあります。そういった誤解をどう
解消していくか、悩ましいことです。

 学者や行政そしてマスコミの人が、「無農薬だから安全だ」とい
う趣旨の発言をしているのを聞くたびに、「あなたたちこそが無知
の人を惑わしている張本人じゃあないの」と思っています。

 今後とも、渡辺さんの活動が活発に続きますことを期待します。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 次も同様のものです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 米ぬかの件で補足致します。

 玄米からの農薬の検出率については、ご紹介のあった検査内容に
良く検出されている農薬が一部設定されていなかったので、本当は
もう少し検出率は上がると思います。しかし、その検出濃度は微々
たるものです。

 米ぬかに農薬が残留しやすい理由として、米ぬかの脂質も一つで
す。その他に稲の状態で農薬を散布するとどうしても表面にまずか
かり、根から吸い上げれば全体に行き渡ります。これは農薬によっ
て違いますが、傾向としては表面の方が多いと言えます。

 残りやすい米ぬかですが、基準から考えればそれほどご心配な量
にはならないと思います。しかし、米ぬかの効果がどれほどかは良
く考えた方がいいかと思います。今は色んないいものが氾濫してお
り、結局何を食べても体に良いのではと思います。番組で取り上げ
た食材を一年ぐらいまとめると面白いですよ。

 磁束活性水については、科学的におかしいと思いますし、うちも
新築のマンションに入居したとき、さも契約した不動産の指示でと
いった顔でセラミックの入った管を付けると水道管の持ちがよく
(まさしく水道管の汚れ、赤錆)、付けないと危険ですと説明して
いました。それも水が活性化してという説明です。化学をやってお
りましたので、笑ってしまいました。

 後で聞くと新築のマンションなどでばたばたしている時に一種の
詐欺的手口で脅し文句で言う事例はかなり多いようです。また浄水
器の業者も来ました。水関係のそういう売り込みは多いようで、業
者の態度は、科学的根拠を除いても、とても紳士的な対応とは思え
ませんでした。

 もしお困りでしたら、県などの生活科学センターなどがそういっ
た詐欺的手法の対応に熟知してますので、相談なさってはいかがで
しょうか?

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 最後はタンパク質の摂取量について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも楽しみに拝見しております。

 たんぱく質の摂取量についての記載がありましたが、今回ご紹介
された数値は2005年4月より新しい基準に変わっています。

 第六次改定日本人の栄養所要量
   ↓
 日本人の食事摂取基準(2005年版)

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2.html

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2a.html

 体格の変動などに合わせ見直されており、この基準は向こう5年
間使用されます。成人男性で推奨量が60g、女性で50gというところ
です。

 この改定でもたんぱく質の上限値は設定されていません。食べ過
ぎても大丈夫というところでしょうか。

以上ご参考まで

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうもありがとうございました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.ザラメについての質問です。

 昭和20年代の小生の子供の頃、沖に停泊した巡航船から伝馬船
に積まれて陸揚げされる荷物の中に、麻袋に入ったザラメがありま
した。その麻袋からこぼれたザラメを、皆で競い合って舐めた覚え
があります。

 そのザラメですが、
(1) 大正から昭和の初期には既にあったものでしょうか。
(2) その時の包装はやはり麻袋だったのでしょうか
誠に恐縮ですがご教授願えれば幸甚です。

------------------------------------------------------------

A.まず、ザラメ糖の歴史は古く、輸入がはじまった当初からあり
ました。こんな記事が出ていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

大阪朝日新聞 1923.5.2(大正12)

原糖使用範囲拡張

 現在各精製糖会社が原糖として使用する瓜哇糖は全く黄双のみに
限られてる之れが為め各精糖会社は原糖買付けに際し瓜哇の黄双の
みに限られる不便あり其の上世界各国に於て現在黄双の如き品質の
低位にあるものを原糖として使用するものなく瓜哇トラストは単に
日本向けの為めにのみ故意に製品を粗悪にして黄双を製造する有様
である

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sinbun/sjlist/seit/seit011.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これ以前は全部「黄双(キザラ)を原料として使っていたという
ものです。純粋の砂糖は白いものですので、黄色をしているのは低
品質ということだったのでしょう。ただし、関税との関係で、白い
砂糖(ザラメ)をわざわざ黄色くして輸入していたという話もあり
ます。

 麻袋については、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

神戸新聞 1924.7.5(大正13)

砂糖包装 麻袋に改正決定

 糖業連合会では四日工業倶楽部に於て例会を開き砂糖の包装改正
を決定した現在我国に於ける砂糖包装はアンベラ百斤入り袋を使用
して居るが右は産地が支那広東奥の一地方に限られて居る関係上供
給不足で従って価格も高く百斤入り一袋約五十八銭見当であるが目
下世界各国にて使用せる麻袋は百五十斤入り四十五銭見当で価格に
於ても有利である許りすなく世界共通の包装であるから種々の点で
便利である

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/sinbun/sjlist/seit/seit800.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このころから麻袋の使用がはじまったというわけです。それまで
使われていた「アンベラ」は「高梁の茎を乾かして編んだ」ものだ
そうです。

 現在ではもう袋は使用していなくて、バラ積みになっているよう
です。下のサイトの「運河と「はしけ」による輸送」というところ
に、砂糖の荷卸しの写真が載っています。バラ積みの砂糖をショベ
ルでおろしています。

http://www.shinko-sugar.co.jp/05_enviromental/02_haiki.html

------------------------------------------------------------

Q.レトルト食品の一般細菌数を教えてください!

------------------------------------------------------------

A.レトルト食品(缶詰を含む)は食品を加圧した環境で加熱する
ことで、すべての細菌を殺菌できる温度で殺菌しています。

 一番高温に強く、しかも最も危険な、ボツリヌス菌の芽胞が死滅
する温度というのがターゲットになっています。

 一般細菌数は培地上に試料をのせて、生育してくる菌から、元の
試料にどれくらいの細菌数があったかを調べます。

 上記のような殺菌をして、しかも常温で長期間保存できるという
ことは、一般細菌数は0だということです。

 しかし、統計的に、食品の一部だけしか調べませんので、食品全
体については0ではなくて、一定数以下という表記になるそうです。
「実質0」と理解してよいのだと思います。

------------------------------------------------------------

Q.現在妊娠希望の34歳です。薬草をお茶として摂取したいのです
が、妊娠前、妊娠中、出産後も安心して飲めるものを探しています。
あるサイトに行き着いたのですが、無農薬自然農法で安心して飲め
そうだなと思ったのですが、妊娠中に飲んでも大丈夫かどうかわか
らないのです。薬草4種類「よもぎ、たら、とうもろこしの花柱
(ヒゲ)、かきどおし」をブレンドしたもの、薬草5種類「とうも
ろこしの実と花柱(ヒゲ)、よもぎ、はと麦、くこ」をブレンドし
たもの、薬草3種類「よもぎ、びわの葉、またたびの実」をブレン
ドしたものがあります。どれも飲んでみたいのですが、ビタミンA
やEのとりすぎになったり、妊娠中に向いていない薬草はどれでし
ょうか?

------------------------------------------------------------

A.どうして薬草?と思いますが、それほど強い薬でもなさそうで
すね。ただし、「無農薬」だから安心などと考えるのはとんでもな
いです。

 というのは、このような場合、問題になるのはあるかないかわか
らないような「農薬」ではなく、植物がもともと持っている生理的
に活性のある成分だからです。無農薬であろうとなかろうと、危険
は充分にあると考えてください。

 妊娠希望中ということですから、お医者さんに診てもらったりは
しているのでしょうか?できれば医者に相談することをおすすめし
ます。

------------------------------------------------------------

Q.大根を全部使い切らず、切った状態で冷蔵庫で保存していると
3、4日で切り口にカビのような黒い点々がつきます。カビだと思
い今まで捨てていましたがもしかしこれはてカビではないのでしょ
うか?

------------------------------------------------------------

A.ダイコンの黒変については、いろいろと原因があるようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ダイコンの変色に関しては多くの相談事例があり、外部の黒変に
関しても、ダイコンに含まれる成分、栄養状態、病気等幾つかの原
因が考えられます。

 ダイコンの成分由来のものとしては、野菜に一般的に含まれるポ
リフェノール等が、酸化を受ける等して変色することが考えられま
す。

 ダイコンの栄養状態によるものとしては、ホウ素の欠乏による変
色が考えられます。ダイコンはホウ素要求度が高い作物で、この不
足により導管部を中心として褐色ないし黒色への変色やコルク化が
起こり、すじ状の黒変が外部に見られることがあります。

 ダイコンの病気としては、黒斑細菌病や黒しみ病が考えられます。
黒斑細菌病は、始め根の頭部に灰色小斑が生じ、しだいに大きな黒
斑となるもので、温暖な時期に発生します。

 黒しみ病は、5℃以下で2ヶ月以上貯蔵したダイコンに発生し、
側根の基部から皮目に沿って黒斑を生じます。

 ダイコンの成分や栄養状態に由来する変色の場合は食べても問題
ないと考えられますが、病気による変色の場合は細菌が繁殖してい
ることもありますので、患部は食べない方が良いでしょう。

http://www.cfqlcs.go.jp/technical_information/consumer_consultation_case/yasai.htm#daikon
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上記の回答のなかで、あてはまりそうなものはあるでしょうか。
ご質問では、いつも同じようにおこるようですので、ちょっとひっ
かかりますね。冷蔵庫に特定の細菌が繁殖していたりするのかも?
カビかどうかはよくわかりません。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「レジ袋」
------------------------------------------------------------

 食べ物とは違うのですが、関連のものとして、レジ袋について、
いろいろとニュースになっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 スーパーやコンビニなどで無料配布されているレジ袋が、有料化
される見通しとなった。国が有料化のルールをつくり、業界を指導
する。年間300億枚が流通しているといわれるレジ袋の使用を控
えさせ、増え続けるプラスチックごみの減量化を狙う。金額や仕組
みは今後、議論する。環境省は、来年の通常国会に提出する容器包
装リサイクル法(容リ法)改正案に盛り込む方針で、早ければ07
年春にも実施したい考えだ。

 業界団体によると、レジ袋は、国民1人当たり年間約300枚使
われていると推定されている。家庭から出される袋は、容リ法では
プラスチックごみとして分別、再利用されることになっているが、
減量化はなかなか進んでいない。そのため、消費者が持参するマイ
バッグの普及とともに、レジ袋の有料化が必要と判断した。

 同省は、現在検討している容リ法の改正で、レジ袋の無料配布を
禁止することも検討したが、「営業の自由」を侵すとの議論もあり
難航。そのため、国はレジ袋の削減目標を定め、業界が達成状況を
報告、公表するルールを作る。有料化を徹底させるために、業界を
指導、勧告し、規制効果を持たせたい考えだ。

(略)

 有料化されると、レジ袋は「商品」となり、容リ法の対象外とな
る。これまで、小売業界が負担していた再商品化への負担金も取れ
なくなることから、新たなリサイクルの仕組みも作りたい考えだ。

(略)

 全国の主要スーパー約100社でつくる「日本チェーンストア協
会」は、無料配布を続ける店舗がでることを警戒。5月、法制化を
促すよう求める要望書を中央環境審議会に提出し、業界全体で一律
に有料化を実施できる方法を要望している。

http://www.asahi.com/life/update/0610/001.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 レジ袋を禁止とかいうわけではなく、有料化をめざすということ
のです。これはどうもチェーンストア協会の陰謀のようですね。

 レジ袋も一枚数円かかっていますので、これを有料にできれば、
年間?億円は儲かるという計算です。しかしこれには消費者だけで
なく、業界内部からも抵抗があり、一斉に実施は難しいので、お上
に泣きついたということです。

 しかしこれははっきり言って独占禁止法違反です。いくら役所が
主導するとはいえ、業界ぐるみの談合は不正取引ではないですか?
もちろん、法律に書いてしまえば違反にはならないのでしょうが、
こういうことは法律にはなじまないのではないでしょうか。

 私の感覚からいうと、レジ袋が有料化されても別に使用枚数が劇
的に減るわけではないと思います。レジ袋ってそのまま捨てるので
はなく、いろいろと利用しているわけですから、なくなれば別のも
のを買ってきたりします。結局目的(この場合はゴミ減量?あるい
は資源保護?)を達成することはできないです。

 また、レジ袋の分別回収と再利用というのはファンタスティック
な発想です。普通はゴミを入れたりしてから使うでしょう?どうし
て分別できるのか、私にはわかりません。

 買い物袋を持っていけばよい、ということなら実はもうたいてい
のスーパーではレジ袋をいらないといえば値引きなどをしてくれま
す。これを買い物袋を持ってきても値引きせず、今まで無料だった
レジ袋を有料にしようというのですから、ムシのいい話です。

 別にレジ袋を有料にすることに反対というわけではありません。
それが正しいと思うのなら、どんどん有料化すればよいのです。た
だし、お上に頼らず、自らのリスクで行ってほしいと思います。

 こんなことがまかり通っていたら、お役所が正しいと思ったこと
は何でも法律になって、とても不自由な国になってしまいます。そ
して断言してもいいですが、お役人が正しいと考えることが後から
考えてやっぱり正しかったと評価されることは絶対にありません。
だから私はこういうやり方には断固反対です。

 ところで、レジ袋は現在どれくらい使われているのか、という情
報としてはこんなものがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

使用枚数  305億枚
総重量   302千トン(9.9g/枚)

 これらによる試算では、レジ袋の全製造エネルギー(原料、樹脂
製造、成形加工)は、17,124Kcal/Kgで、一枚あたり9.9
gのレジ袋のエネルギー量を原油の発熱量で割り返すと18.3ml
/枚という数字が得られます。つまり、レジ袋1枚のエネルギー量
を原油に換算すると、

レジ袋に物として固定された原油 11.5ml
製造工程等でCO2等になった原油 6.8ml

を合わせた18.3mlとなるのです。

 この数字と305億枚を乗じた結果が約55.8万KLになります。

 レジ袋の年間消費枚数を原油に換算すると、55.8万KL

・このうち、レジ袋に物として固定された部分は、35.2万KL
(輸入品は全体の57%、20.1万KLを占める)

・製造工程等でCO2等になった部分は、20.6万トン
(原油採掘から石油精製、樹脂製造、成形加工までを含む)

 わが国の年間原油輸入量は、約2億4千万KL(2001年)なので、
この輸入量とレジ袋の原油消費量を単純に比較すると、総輸入量の
0.23%に相当します。

 限られたひとつの製品としては、かなり大きなウェイトを占めて
いますが、ただ、先に述べたとおり、レジ袋の大半は製品の状態で
輸入されていますので、国産品のみで考えた場合には、0.1%程
度となります。

http://www.pof.or.jp/regigomi/r4.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この量が多いのか少ないのか、もう一つ判断できません。このサ
イトでは、レジ袋について、このようにコメントしています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 もう一つ大切なことは、物として固定された部分の再利用の問題
です。当然、袋としてのリユースを考えねばなりませんが、多くの
皆様はごみ袋として利用されていますね。その他にも便利な使い道
が沢山あると思います。

 さらに、袋としての役目を終えて、ごみとなって排出された後は、
焼却により石油と同等のエネルギー回収が可能ですから、これを利
用しない手はありません。(重油等を燃焼させる場合に比べれば、
熱回収率は劣ります。)

 即ち、レジ袋に限らず、プラスチック廃棄物は適正な条件で燃焼
させて、積極的に「熱エネルギー回収」を行うべきなのです。従前
どおり、不燃物として扱い、埋め立て処分をするのは資源の無駄遣
いといえましょう。

(略)

 レジ袋を製造販売する私達組合員は、もらったレジ袋はできるだ
け再利用をし、最後にはごみ出し用の袋として使って欲しいと願っ
ています。

http://www.pof.or.jp/regigomi/r5.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 紹介したサイトは「日本ポリオレフィン協会」のものです。
http://www.pof.or.jp/index.html

 ここが一番まともなことを言っています。チェーンストア協会は
レジ袋で儲けようなどと考えず、自分たちの商品の過剰包装を何と
かすることに知恵を出した方がよいですね。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 いくつかお便りを紹介しましたが、どれも専門家からの情報です。
このメールマガジンは一般対象なのですが、意外と専門家の人も読
んでくれているようです。ちょっとヤバイですね。

 日本ポリオレフィン協会のサイトは読んでいてなかなか感心しま
した。文章が読みやすく、内容が誠実に書かれています。こういう
情報がもっと増えてきてほしいです。

 東京都の問題(炭カル入りポリエチレン袋)も柔らかい表現です
が、鋭く批判しています。あれがよいと思っている人はぜひこのペ
ージを読んでみてください。東京のゴミ行政がいかにダメかわかる
と思います。
http://www.pof.or.jp/regigomi/g1.html

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-292号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4309名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/