安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>271号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------271号--2005.01.16------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「虫歯・梨・中国茶・日本茶・サッカリン(Q&A)」
「ノロウィルス」

-PR---------------------------------------------------------
浄化槽・排水処理のことなら、「環境デザイン.COM」に

浄化槽の設計・管理を通じてきれいな水環境つくりに貢献します。
きれいな排水が出て、維持管理費の安い浄化槽が設置できます。
ディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)もOKです。
-PR---------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 今回はQ&Aの記事が多くなりましたので、そちらからごらんく
ださい。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.虫歯の治療に一般的に使われる銀歯の50%が水銀で出来てい
る!という情報を耳にしました。娘はまだ乳歯なのに4本も銀歯が
入っています。プラスチックにしておけばよかったかと後悔してい
ます。体内に水銀がたまっていくかと思うと心配です。今の銀歯も
有害なものを使っているのでしょうか?アメリカでは使用禁止にな
ったとか?

------------------------------------------------------------

A.虫歯の治療に使われる「アマルガム」のことですね。ご質問の
とおり、この物質の組成は次のようなものだそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 アマルガムの組成は、銀35%・スズ9%・銅6%・少量の亜鉛、
そしてあとは水銀です。水銀の占める割合は、全体の約50%にも
及びます。

http://www.ginza-dental.com/amalgam.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 アメリカでは使用禁止というわけではなく、問題にしている人た
ちがいる、ということのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 アメリカでも、アマルガムを規制する流れは起きています。

 コロラド州ではアマルガム充填の制限が法制化されていますし、
メーン州、アリゾナ州では、歯科医師が水銀の潜在リスクに関する
詳しい情報を患者に提供することが義務化されました。カリフォル
ニア州では、アマルガムを危惧する消費者団体などから複数の訴訟
が起きています。昨年11月には、カリフォルニア州知事が水銀を
使用した体温計などの、水銀撤廃の法制化に向けて法案が提出しま
した。

 日本でも、昨年10月に「歯科用水銀アマルガムに関する質問主
意書」が国会に提出されています。

 それに対する厚生労働省の答弁書によると、現時点では、アマル
ガム充填とアトピー性皮膚炎との間に因果関係があるかどうかは明
らかではないこと、アマルガムは歯科素材としての有効性が認めら
れており、歯科医師が個々の患者の特性を十分考慮しながら使用す
るものであるから、現段階では使用を禁止することは考えていない
が、今後とも、情報収集など適切な医療の提供の推進に努める旨な
どが、述べられています。

http://www.ginza-dental.com/amalgam.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 上のサイトは「反対派」のようです。「賛成派」のサイトもあり
ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 150年以上も使われ、1億人以上のアメリカ人の歯の修復に使
用されてきた。歯科用アマルガムは安全で丈夫であり手ごろな価格
で手に入るよい材料である。このアマルガムは水銀に銅や銀などの
金属の混合物を加え、そして科学的に合成されて硬く安定性のある
物質となる。

 歯科用アマルガムは今完璧な安全性を誇り、広く見直されている。
U.S.Pablic Health Service (アメリカ公共医療事業センター)に
よると、アマルガムアレルギーの患者は非常にまれにしかいず、そ
れを除けば、アマルガムに使用は何の害も及ぼさないと1993年
に報告されている。これは、歯科用アマルガムが安全で効果的な修
復材料であるという他の機関による結論を支持するものである。さ
らに1991年には、「信頼できる実績があり、アマルガム充填物
は今なおもっともよい選択である。」と Consumer Report(消費者
による報告書)は記している。

 アマルガム充填物から生じるわずかな水銀ガスよりも、食物や空
気から生じる水銀の方が多く我々にさらされている。アマルガム修
復からの水銀は、非常にわずかな数のアレルギー反応を除いては健
康を損なう危険性はない。150年あまり利用していても、アレル
ギー反応はわずかに100例しか記録にないのである。

 1991年には、FDA(Food & Drug Administrationアメリカ
食品医薬局)の歯科製品委員会はアマルガム充填を除去する必要は
ないと結論づけた。1993年い U.S.Public Health service は
「アマルガムをさけたり、除去したりする事が健康のためになると
信じられるような説得力のある根拠はない。」としている。実際、
健康の歯に構造的な損害を与えかねないので、不必要にアマルガム
を除去する事はすすめられない。

 アマルガムの除去が様々な硬化症からの回復に結ぶつくとか、ア
マルガムの使用が関節炎や、アルツハイマー病を引き起こすという
主張は科学的根拠などはない。

http://www.good-smile.com/kawamura/faq.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 現在でも引き続き使われているということは、賛成派の方が多数
派なのだと思います。とりあえず心配することはないでしょう。

 心配な場合は歯科医に相談ということになりますが、その歯科医
がどのような意見を持っているかによって、いろいろありそうです。
せっかくのインターネットですので、いろいろと情報を集めてみる
ことをおすすめします。

 インターネットの情報は玉石混淆どころか、ウソ、インチキまで
なんでもありですので、一つのサイトに過激なことが書いてあって
も、それと違う情報がないかどうか、探してみるのが基本的に必要
な姿勢です。

 上記二つのサイトはGoogleで「虫歯 アマルガム」で検索した結
果の最初のページに出てきました。もっとひどいことを書いている
ところももちろんありますが、この二つは歯科医のサイトで、まず
まず信用できそうでしたので紹介しました。

------------------------------------------------------------

Q.ある時、かかりつけの歯医者から果物の梨の甘味はミュータン
ス菌を増殖するので、必ず「うがい」をすることといわれました。
他の果物はそういうことは無いので気にする必要なしとのことです。
真実はどうなのでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.これはちょっと意味がわからないですね。虫歯の原因になるの
はやっぱり砂糖なんですが、果物の糖分は果糖主体なので、お菓子
などと比べると虫歯になりにくいはずです。梨だけ特別なのかなと
思って調べてみると、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 梨にはソルビトールという糖が多く含まれており(果肉 200g内
に 1.6g)虫歯になりにくい糖質なんです。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~totsuken/pear01.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「虫歯 梨」で検索してみると、同様の記事がたくさんあります。
どちらが正しいのかよくわかりませんが、その歯医者さんはどうい
う意味で言ったのでしょうね。「うがい」が虫歯予防にきくという
話もはじめて聞きました。普通はハミガキをすすめるところですが、
小さい子供の場合はうがいをすすめるのでしょうか。

 どうもよくわからない話で申し訳ありません。

------------------------------------------------------------

Q.この度、中国から茶葉の中に花などが入っている中国茶の輸入
を検討しているのですが、残留農薬などの安全性を知りたいため、
食品検査が必要だと考えております。この様な場合、どのような方
法を用いればよろしいのでしょうか。

------------------------------------------------------------

A.「花茶」というやつですね。日本ではジャスミン茶が有名です
が他にもいろいろ種類があるのでしょうか。

 残留農薬検査はしておいたほうがよいと思います。検査機関はた
くさんありますので、そこに持ち込むことになると思います。農薬
といってもたくさん種類があり、どういう物質を調べるのかが難し
いのです。検査機関の方でそのあたりのノウハウはありますから、
一般的な検査項目は教えてくれると思います。

 ただ、外国のことなので、日本では想像もつかない農薬が使用さ
れていたりする可能性があります。そのあたりの情報収集も大切で
しょうね。

 またサンプルを検査して合格したとしても、ずっと安心できるか
どうかは別問題です。栽培元までたどって、継続的に情報が入るよ
うになれば理想的ですが、それも難しいかもしれません。輸入のた
びに抜き取り検査するくらいになるのでしょうか。このあたりは検
疫機関とも相談してみられてはいかがでしょう。

------------------------------------------------------------

Q.日本茶の賞味期限について、製造日より何日めなのでしょうか

------------------------------------------------------------

A.賞味期限は別に公定のものがあるわけではなく、メーカーが自
主的に決めるものです。メーカーが責任を持ちさえすれば、何日で
もかまいません。

 お茶の賞味期限は以外と短くつけられているようですね。こんな
ページがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 お茶に賞味期限があることに驚く方も多いようです。もっとも、
お茶の場合は期限日をすぎたからといってその翌日から品質を保証
できないというわけではありません。

 お茶は乾物の仲間だと誤解されているかもしれませんが、実は3%
の水分を含んでいます。これはお菓子の「あられ」とほぼ同じ水分
量。たとえ、外見に大きな変化がみられなくても、お茶本来のおい
しい味と香りにはやはり寿命があるのです。

 保存食品のような感覚で、買いだめされるのはあまりおすすめで
きません。買うときは必要量を。なるべく2週間ぐらいで飲みきれ
る量を目安に、あるいは、小さな単位でパッケージされたお茶をい
くつかお求めになることをおすすめします。

 一保堂では、お茶を缶や袋に詰めた日(この日を包装日と呼んで
います)から数えて、賞味期限を設定しています。その日数は、お
茶の種類やパッケージの形態によって異なります。

http://www.ippodo-tea.co.jp/tea/freshness.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このページでは30〜90日くらいの日数です。お茶は一年のう
ち決まった季節にとれるものですから、製造日と包装日はかなり離
れています。その間は業務用の冷蔵庫で保管しているのです。もの
によっては冷凍庫だったりします。

 家庭でも冷凍庫で保管するという奥の手があります。この場合は
賞味期限は無視して、長期間保存できます。ただしメーカーの責任
範囲外になりますので、あくまで自己責任ということです。

------------------------------------------------------------

Q.サッカリンの使用量の限度はどのくらいでしょうか。また、使
用を勧めても良いのでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.サッカリンは発ガン性があるということで、問題になった歴史
がありますが、発ガン性に関しては最終的に否定されたようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 この論文によるとサル20匹に生後すぐからサッカリンナトリウム
25mg/kg を与え続けて24年間飼育したそうです。対照群は16匹。実
験終了後に全てのサルを殺して解剖して病変を検索し、結果として
はサッカリンに由来する病変は何ら認められなかった、ということ
です。

 このために犠牲になったサル36匹。費やした時間は25年。気の遠
くなるような話です。実験開始が1970年代ですからその間にこの実
験そのものの意味が随分変わってしまったようで、その運命につい
て考えてみました。

 サッカリンが雄のラットの膀胱に対して弱い発癌性を示すことが
報告され、ヒトでも可能性があるとして FDAがサッカリンの使用を
禁止するよう勧告したのが1977年だそうです。ところがその後の研
究で、サッカリンが雄のラットの膀胱にのみ発癌性を示すのは、高
濃度の検体がもともと結石を作りやすい条件の雄のラットの膀胱で
結石を生じ、その物理的刺激によるものだということが明らかにさ
れました。これはヒトでは起こり得ないことで、その結果サッカリ
ンは「ヒトに対して発癌性があると考えられる物質リスト」から外
されています。ですから今回の報告を受けて朝日新聞が「サルの実
験で、サッカリンの発癌性が否定された」と報じたのは正しくあり
ません。ただこの報道は科学の世界と一般常識との乖離を象徴する
ものだとも言えます。

http://home.r07.itscom.net/uneyama/sacch.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 使用制限はもちろんありまして、以下のようになっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

サッカリンナトリウム 使用基準(使用制限):

こうじ漬、酢漬、たくあん漬 【2.0g/kg未満】
粉末清涼飲料 【1.5g/kg未満】  
かす漬、みそ漬、しょうゆ漬の漬物、魚介加工品(魚肉練り製品、
つくだ煮、漬物、缶詰または瓶詰食品を除く) 【1.2g/kg未満】  
海藻加工品、しょう油、つくだ煮、煮豆 【0.50g/kg未満】  
魚肉練り製品、酢、清涼飲料水、シロップ、ソース、乳飲料、乳酸
菌飲料、氷菓、【0.30g/kg未満】(5倍以上に希釈して用いる清涼
飲料水及び乳酸菌飲料の原料に供する乳酸菌飲料又は発酵乳にあっ
ては1.5g/kg未満、3倍以上に希釈して用いる酢にあっては0.90g/kg
未満)  
アイスクリーム類、あん類、ジャム、漬物(かす漬、こうじ漬、し
ょう油漬、酢漬、たくあん漬、みそ漬を除く)、発酵乳(乳酸菌飲
料の原料に供する発酵乳を除く)、フラワーペースト類、みそ
【0.20g/kg未満】  
菓子 【0.10g/kg未満】  
上記食品以外の食品及び魚介加工品の缶詰又は瓶詰め【0.20g/kg未満】  
特殊栄養食品の許可を受けたもの 【許可量】

http://www.eiken.city.yokohama.jp/food_inf/data/Additive_back/kanmi_01.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 甘味料としては砂糖よりはるかに甘いですが、砂糖のように食品
の物性に影響を与えるわけではありません。甘みだけがほしいとき
にこういう甘味料を使うようです。でもやはり自然の甘さとは違う
ような気がしますので、こういう甘味料入りの食品は好きになれな
いです。

 人にすすめてよいか?と言われるとちょっと困ります。食品添加
物として含まれている分には気にするほどでもないのでしょうが、
自分からすすんで使うようなものではないのでは?と思います。

 糖尿病や重度の肥満で、砂糖を制限したいということはあると思
います。アメリカではコーヒーの砂糖の代りにサッカリンが出てく
るのが普通なのだとか。こういう理由があるときは使用も仕方ない
のでしょうね。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「ノロウィルス」
------------------------------------------------------------

 ノロウィルスによる食中毒については、このメールマガジンでも
ときどきとりあげてきましたが、今年になってどうも冗談ではなく
なってきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 全国の高齢者施設でノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎
の集団発生が相次いでいるのを受け、厚生労働省が感染が疑われる
ケースを調査した結果、今冬に少なくとも17都道府県の58施設
で、2214人の感染が疑われ、うち1652人からノロウイルス
が検出されていたことが11日分かった。調査中の自治体もあり、
さらに増える可能性がある。厚労省は同日、保育所や障害者施設、
病院などにも衛生管理の徹底を求める通知を出した。

 17都道府県のうち、感染者数が最も多いのは北海道、次いで大
阪府、秋田県、埼玉県と続いた。9都道府県では感染者全員からノ
ロウイルスが検出された。死者は、広島県の特養ホーム「福山福寿
園」の7人のほか、千葉、神奈川両県で各1人の計9人だった。

http://www.asahi.com/national/update/0111/032.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ノロウィルスによる食中毒は、件数はとても多いのですが、症状
は軽症だとされてきました。今回は死者まで出しています。また、
感染経路も人から人への感染が疑われているようです。こうなると
もう食中毒とも呼べなくなってしまいます。

 ただ、ノロウィルス自体はやはり貝類などの食品から来ていると
思います。二次感染(人から人への感染)を防ぐためにも、食べ物
にはより注意が必要です。死者は高齢者ばかりです。やはり高齢者
になま物はやめておいたほうがよさそうです。

 以下はネットでみつけた「ノロウィルスについてのQ&A」です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

Q ノロウイルスってどんなもの?

A 普通の細菌よりずっと小さく、電子顕微鏡でなければ観察でき
ないほど小さな粒子です。ウイルス粒子だけでは、増えることがで
きず、人間の生 きた細胞の中でのみ増えることができるのです。

Q どんな食べ物でこの中毒になるの?

A かきを含む二枚貝による食中毒が多く報告されています。その
他、このウイルスを持った人がトイレの後で手をよく洗わずに調理
をすると、ウイルスが食品に付着してしまい、汚染された食品が食
中毒の原因になることもあります。

 また、少量(数個から100個程度)でも感染するので、食べ物
だけでなく、人→人、人→器具→人などの感染もあります。気温の
低下する冬季(11月〜3月)に多く発生します。

Q だけど、食べ物の中では増えないはずなのに、ちょっと食べ物
を汚したぐらいで、なぜ、中毒を起こすの?

A このウイルスは、人間の体内で増えるので、糞便の中には多量
に出てきます。また、非常に少量(数個から100個程度)でも感
染しますから、ちょっと汚したぐらいと思っても安心できないんで
す。

Q なぜ、貝が原因になるの?

A 下水を検査すると年間を通じてこのウイルスが検出されること
が最近わかりました。これが、河川を通って海に流れ込みます。二
枚貝は大量の水を吸いこんでえさを取り込んでいて、えさと一緒に
ウイルスを体内に濃縮しているようです。だから、貝の住む海域が
このウイルスにどれだけ汚染されているかで、貝の体内のウイルス
量も変わるのです。かきなどは栄養が豊富な河口で養殖されること
が多いので汚染されやすいようです。

Q かきには「加熱用」と「生食用」があるから、「生食用」なら
大丈夫でしょう?

A 「生食用」とは細菌の量によって決めているので、このウイル
スが含まれ ていないという保証ではありません。

Q でも、新鮮なうちに食べれば大丈夫なんでしょう?

A 保存方法が悪いから貝の中で増えるというものではないので、
新鮮な ものでも食中毒になる恐れがあります。

Q どうやったら食中毒にならずに済むの?

A かきなどの二枚貝は、加熱して食べるほうが安全です。加熱す
る場合は、中心までよく火を通すようにしてください。

 調理する人は、トイレのあとや調理前に十分手を洗ってください。
特に営業者の方は、これらの点に細心の注意を払ってください。

http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/noro/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「人から人への感染」は以前から指摘されていたのですね。貝を
生で食べなければよいと思っていましたが、もう少し注意が必要な
ようです。

 次から次へと新しい感染症の原因が出てきます。今まで知られて
いなかっただけなのか、それとも本当に新しく出現してきたものな
のか、もう一つよくわかりません。

 そろそろ鳥インフルエンザの季節です。こちらの方はどうなりま
すやら、心配のネタはつきません。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 年末から正月にかけて、津波のニュースが大変でした。「稲むら
の火」の故事を思い出しました。あの話は私の地元、和歌山県が舞
台なんです。以下のページに紹介記事を書きましたので、ごらんく
ださい。
http://www.kenji.ne.jp/2005/050115.html

 今週は週末も仕事で、メールマガジンの発行も一苦労です。いろ
いろと情報をいただくとありがたいので、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-271号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4393名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/