安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>262号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------262号--2004.11.14------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「低温障害・エリスリトール・多糖類・テフ
ロン・プルーン(Q&A)」「リンクについて」

-PR---------------------------------------------------------
浄化槽・排水処理のことなら、「環境デザイン.COM」に

浄化槽の設計・管理を通じてきれいな水環境つくりに貢献します。
きれいな排水が出て、維持管理費の安い浄化槽が設置できます。
ディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)もOKです。
-PR---------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 こういうメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 木酢のページを読んでいて気になったことあります。

 渡辺さんは木酢に関する情報として以下のページを引用なさって
いますね。

木酢液専門店 木のぼり
http://homepage1.nifty.com/mokusano/

 私も木酢に興味があって Google で検索などして調べていたので
すが、上記ページの業者さんが 2chの園芸板で活動していたのを見
かけました。ハンドルネームはそのまま「木のぼり」さんと称して
います。

 この方は 2ch上で宣伝まがいの書き込みをしていて他の方から反
感を買ったらしく、木酢液をめぐっての議論が展開されていました。

 埒もない感情論や怒りにまかせた個人攻撃は 2chの慣例なのであ
まり興味はないのですが、それを差し引いても「木のぼり」氏の発
言にはいろいろ問題がありました。中途半端な科学(および化学)
の知識を背景とする効果の根拠付け、他社の木酢液に対する自社製
品の優位性の強調などを繰り返していました。

 渡辺さんのページで、木酢液の製造方法として「木酢原液抽出プ
ラント」というのを挙げていますが、これも「木のぼり」氏の店の
特許による製法だと主張しています。他の業者は炭焼きの副産物を
酢酸で水増ししたり、建築廃材から作った粗悪品が多いと言ってい
ました。

 他にも入浴剤として用いるとアトピーに止痒効果があるとか、水
虫に効果があるとか薬事法に抵触しそうなこともおっしゃっていま
した。

 中道の立場で木酢を評価しようとする場合、情報ソースとして参
照するにはこのような業者さんはあまり適切ではないように思いま
す。渡辺さんのページを見て木酢に興味を持つ方もいらっしゃるで
しょうから、できるだけ信頼性の高く中立な情報が望ましいと思い
ます。

 私が探した中では以下のページが参考になりました。

日本炭窯木酢液協会の Q&A のページ
http://www.jewa.jp/qa.html
※木酢液の業界団体のようです。

日本特用林産振興会の木炭・木酢液のページ
http://www.nittokusin.jp/4_moku/html/mokusaku.html
※林業団体らしいです。

 また、参考までに「木のぼり」氏が活動していた 2chの過去ログ
も挙げておきます。問題となった議論は下記(3)で集中的に行われ
ています。(2)および(3)は「木のぼり」さん自身が立てたスレッ
ドです。あるスレッドで叩かれると自分で別のスレッドを作るとい
うことを繰り返しているようです。

(1)木酢液ってどうよ?
http://life.2ch.net/engei/kako/988/988485112.html

(2)木酢液ってどうよ?
http://mentai.peko.2ch.net/engei/kako/989/989903957.html

(3)木酢液の質問に、お答えします
http://life.2ch.net/engei/kako/990/990082168.html

(4)木酢液を肯定する掲示板
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/engei/1026874274/l50

 最後に、私自身は木酢や「木のぼり」氏とは何らの利害関係もな
く、いち利用者として疑問を呈しているに過ぎないことを申し述べ
ておきます(^^;

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私の返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ご指摘の件、了解しましたが、対処方法について思案しています。
申し訳ありませんが、少し時間をください。

 人のサイトを利用する方法について、考えるチャンスと思います
ので、次回のメールマガジンで報告していこうと考えています。

  2chは私もときどき見に行きますが、ニュース系のところくらい
ですね。いろんな情報もありそうなので、利用したい気はあります
が、あまりに莫大な量ですので、とてもたどりつけないです。

 何気なくリンクした先の人が、こんなところで活躍?していると
は驚きました。後日、また報告します。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 その後、再度メールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今回のメールマガジンで書いておられた通り、インターネット上
でのリンク先の情報の信頼性というのは難しい問題ですね。現実問
題として、リンク先すべての情報の信頼性を保証や検証することは
不可能だというのは尤もだと思います。ただ、個々の情報の信頼性
は検証できなくとも、できるだけ信頼性の高い情報ソースを選定す
るように努めることは可能だと思います(もちろんサイトの信頼性
を「保証」することはできませんが)。

 渡辺さんも良くご存知と思いますが、健康食品や民間療法などを
扱う個人業者の中には、効果について誇大広告・詐欺すれすれの宣
伝をし、製品の作用機序についてエセ科学まがいの怪しげな説明を
しているところも少なくありません(もちろん優良な業者さんも多
数ありますが)。

 そういう意味で、業者のサイトは信頼性の低い情報を発信してい
る可能性があるということを念頭に置く必要があると思います。

 私見ですが、情報発信元のサイトを信頼性の高い順に分類すると
以下のようになると思います。

1. 公的機関・大学/研究機関のサイト
2. 消費者団体・非営利組織のサイト
3. 業界団体のサイト
4. 大手メーカーのサイト
5. 個人業者/個人消費者のサイト

 例えば、木酢の製造法であれば、情報発信元としては個人業者よ
り業界団体の方が信頼性が高いと思ったため、前回のメールでは日
本炭窯木酢液協会のページを紹介させていただきました。

 もちろんテーマによっては公的機関よりも消費者団体の方が信頼
性の高い情報を提供しているケースもあると思いますし、組織の利
害関係が関わる情報にはバイアスがかかっている可能性もあります
ので、その点は留意する必要はあると思います。

 最後に、読者の勝手な言い分であることは重々承知の上なのです
が、渡辺さんのサイトで提供されている情報は、売る側の論理より
も消費者側の立場に立ったものであるという期待が読み手側にはあ
ります。もちろん、提供された情報に対する最終的な判断は読み手
の責任なのですが、それでも「渡辺さんが紹介しているサイト」と
いうのは、渡辺さんに対する信頼が加味されて評価されることにな
りがちです。リンクするサイトの選定にあたってはそういったこと
を心に留めていただけると幸いです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「2.消費者団体・非営利組織のサイト」にはちょっと異議ありで
す。こういうところの情報は結構ひどいのが多いですよ。私も消費
者団体の一つである生協に長年いましたので、自信を持ってそう言
えます。

 メーカーや一般の流通業者なら、自分の扱っている商品について
勉強するのは当たり前だと思います。しかしこういう「非営利」の
団体の職員で、そういう勉強をする人というのは極めて稀な存在で
す。(私が言うのだから間違いありません。この辺の話はいずれ報
告したいと思います。)

 誰かがウソを言うと、若いものはそれを無批判に繰り返すだけ。
そういう風土なんです。非営利団体ほどウソがまかり通っていると
いう事実は知っておいてもらいたいと思います。

 ということで、「食べ物情報」の欄に続きます。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.果物や青果物の中で、低温障害という用語があることを最近知
りました。バナナや、サツマイモを低温で保存すると黒く腐敗して
しまいます。微生物的に腐敗しているのではなく、そういうことを
低温障害というらしいです。経験的にはなんとなく知っていました
が、どうして低温障害が発生するのか知りたいのです。

------------------------------------------------------------

A.「バナナ 低温障害」で検索すると、以下のようなサイトが見
つかりました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 食品を温度の低いところに保存しておくと腐りにくくなることは、
古くから経験的に知られています。果物も多くのものは、低温貯蔵
により、日持ち期間をある程度延長することができます。しかし、
熱帯性あるいは亜熱帯性の果物(バナナ、マンゴー、パイナップル、
グレープフルーツなど)は、ある温度以下に一定期間置くと、代謝
機構の調節ができなくなり、果肉や果芯の褐変などを起こして腐敗
するものもあります。これは病原菌とは関係なく、低温で発生する
品質の劣化なので「低温障害」といいます。といっても、このよう
な障害を起こす時の温度は、細胞中の水が凍る温度よりかなり高い
ので、低温障害を受けやすい果 物は、もともと低温によって生理
的な変化を起こしやすいものと考えられます。

http://www.fsic.co.jp/fruits/qa/qa/S3up.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 果物は収穫後も一定の代謝をしており、バナナなどは特に追熟し
てから食べるものです。青いバナナはそのままでは食べられません
が、やがて黄色く柔らかくなり、おいしく食べられるようになって
きます。そして最後には黒っぽい点がひろがり、腐敗していきます
が、腐敗する直前が一番おいしいのだとか。

 このような変化は果物自身の持っている酵素などの作用でおこり
ます。そして「低温障害」というのはこういう生理作用がうまくい
かなくなることを言うのでしょう。

 ちなみに、バナナを腐敗させたものは昆虫採取のとき、最強の誘
引剤なんだそうです。いろんな虫が寄ってきて、逃げなくなるとい
うのです。一度試してみたいとは思っているのですが。

------------------------------------------------------------

Q.ダイエットや糖尿病の食餌療法などで使用される低カロリーの
甘味料に「エリスリトール」がありますが、これはどのようなもの
なのでしょうか。製品の説明などには、ブドウ糖から作られ、体内
でほとんど吸収されないためカロリーがゼロだと書いてあります。
この「エリスリトール」は実際にはどのように作られているのでし
ょうか。また安全性に問題はないのでしょうか。

------------------------------------------------------------

A.エリスリトールについては、農水省のサイトに次のような解説
があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 エリスルトールは、メロンや梨などの果実やしょうゆ、みそ、ワ
インなどの発酵食品に含まれる糖アルコールの一種です。製造方法
はとうもろこしから作られるコーンスターチを酵素で加水分解して
ブドウ糖にし、そのブドウ糖を酵母発酵させて作ります。

 エリスリトールの特徴として、(1)カロリー0(ゼロ)。(2)
清涼感がある。(3)砂糖に近い甘み(砂糖の75%)。(4)吸
湿性が低く取り扱いが容易。(5)非う蝕性(虫歯予防)。(6)
血糖値・インシュリンの分泌に影響しないなどの効果があり、飲料、
菓子類、健康食品などに利用されています。

http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/qa/alt/altqa030510.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 メーカーのサイトを見ても、同じようなことが書いてあります。
http://www.mfc.co.jp/erisuri/000index2.htm

 糖アルコールの一種ですから、安全性に問題はないと思います。
あまり取りすぎると下痢しやすくなると思いますが、糖アルコール
の中ではましな方だということです。

------------------------------------------------------------

Q.多糖類について:最近の情報としては多糖類が人体に危険だと
いうニュースを聞きましたが、いったいどういう意味でしょうか、
伺います。

------------------------------------------------------------

A.どういうことなのでしょうね。多糖類は海藻やその他の植物か
ら抽出されたもので、寒天やこんにゃくもその仲間です。特定の物
質ではなく、多糖類一般に害があるとは思えないのですが…。

 その「ニュース」は私は知りません。何かわかれば教えてくださ
い。

------------------------------------------------------------

Q.加工の剥げたテフロン加工のフライパンで調理をすると、有害
な物質を食べ物と一緒に摂取してしまうと聞きました。胎児の奇形
を引き起こすなど、深刻な影響があると言われたのですが、私はも
うすぐ妊娠7ヶ月になります。加工の剥げたフライパンを使い続け
ていたので、とても心配です。(揚げ物など、高温の調理もしてい
ました)どのような影響が考えられるのでしょうか。

------------------------------------------------------------

A.テフロンを高温にすると、有害な物質が発生するらしいですが、
通常の調理に使う温度では安定な物質です。だからテフロン加工の
フライパンを空だきするのはいけないとされています。

 揚げ物というのは別に高温調理ではありません。水を入れて加熱
すれば、水がある限り100度までの温度にしかなりません。子供
のとき、紙でコップを作って、水を入れて火にかける、という実験
をしました。同じように、あげ油が入っている限り、温度は180
度くらいにしかならないはずです。

 問題は何も入っていなくて、加熱を続けたときに、空だきという
状態になることです。このときには有害ガスが発生する可能性があ
ります。しかし実際に人体に影響があったという事故は報告されて
いないと思います。

 この件については、以下のサイトで詳しく考察されているので、
参考にしてください。私もここに書かれている以上の情報は持って
いません。
http://lts.coco.co.jp/isana/review/view.cgi?search_id=20030426180517

------------------------------------------------------------

Q.ミキプルーンを勧められていますが、薬局で買えるような安い
プルーンと違いはあるんでしょうか。含まれる栄養成分を具体的に
数字で比較してみたいんですが、どこかでそういうのを調べてくれ
ますか。

------------------------------------------------------------

A.メーカーによって原料や製法は違いますから、同じというわけ
ではないでしょうが、どれだけその違いに意味があるかは私にはわ
かりません。

 よく言う「ブランド品」のようなもので、そのブランドを好きな
人から見れば違いは大きいでしょうし、門外漢から見ると何が違う
のかよくわからない、ということがあります。

 健康食品の老舗ブランドですから、それなりの評価もされている
のだと思います。実際に使っている人の評価を真に受けるかどうか、
ちょっと思案するところですね。

 栄養成分の分析というのはあると思います。でもミクロの世界の
話ですし、プルーンは別に医薬品ではなく、ただの果物ですから…。

 私は健康食品というのはファッションの世界と似たようなもので、
あくまで「趣味」のものだと思います。自分の感性にあうかどうか
で決められてはいかがでしょうか。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「リンクについて」
------------------------------------------------------------

 Q&Aなどで、リンク先を紹介してお茶を濁すことがよくありま
す。様々な質問に自分では答えきれないこと、だいたい知っていて
もあやふやで自信がないとき、詳しいデータがあるので裏付けとし
て読んでほしいとき、とその動機はいろいろです。

 私はだいたいgoogleを利用しています。ブラウザにgoogleバーを
仕込んであって、そこから検索したサイトを紹介しているわけです。
内容を読んで使えそうだと思えばすぐに紹介してしまい、どこのサ
イトであるかはほとんど気にしていませんでした。

 インターネット上の情報は(私のサイトを含め)実にいい加減で、
玉石混淆といってもほめ過ぎなくらいです。でもその中に大切な情
報が含まれていることも事実で、情報の海の中をうまく泳いでいく
ことがこれからの人間には必要な技術になると思います。

 とかいって紹介した先のサイトが信用できるかどうか、見た人が
自分で判断すればよい、と簡単に考えていたのです。

 しかし紹介した方の責任はどうか、と言われるとさすがに反省し
ています。全部の紹介先に責任を持つことなど到底できませんが、
少なくともインチキ商品の販売サイトではないかどうかくらいは確
認するべきでしたね。

 逆にいうと、商品についてそれなりの詳しい説明があり、読んで
矛盾がなければ、とにかくこういう情報もありますよ、と紹介して
しまっていたわけです。

 これは商品販売サイトを運営する人にとってはちょっとしたヒン
トになると思います。手にとって商品を見ることができないネット
販売では、商品そのものより、こうした附属の情報がそこから購入
するかどうかを決める手がかりになります。また私のようなものが
勝手に宣伝してくれたりするわけですから、情報の提供がいかに大
切かがわかります。

 実際にはたいていのサイトの情報はどこかの無責任な発言からの
孫引き、曾孫引きがほとんどで、だんだんと劣化コピーされてきて
読むに耐えないものがほとんどなのですが…。問題の引用先は、少
なくとも自分の言葉できちんと書いてあったと思います。私はそれ
にひっかかったわけですね。

 私がネット上で利害関係を持っているのは、製作を依頼され、私
と同じサーバー上で展開している、「環境デザイン.COM」だけ
です。ここは個人下水道の提唱者、中西準子さんの昔からの協力者
で、「浜田式合併浄化槽」の発明者でもある、浜田弘さんから直々
に依頼いただき、主に私が書いた文章を掲載しています。もちろん、
内容には私が責任を持ちますし、自信を持ってお薦めしています。

 それ以外のサイトはリンク先も含め、利害関係はありません。食
べ物関連の情報サイトで紹介するからには、私が信頼しているとこ
ろがほとんどであることは言うまでもありませんが、100%責任
が持てるかといわれると、そうではないのも事実です。

 以前に「引用」について、議論がありましたが、「紹介」につい
ては全く逆の面から問題になってしまいそうです。今までのスタン
スを変えるつもりはないのですが、「木酢」のページについてはち
ょっと困りました。別に食べ物について直接語っているわけではあ
りませんし、とりあえずこのページはお蔵入りさせようと思います。

 みなさんからいただいた情報で再登場させられればとてもうれし
いのですが…。よろしくお願いします。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「隠れ2ちゃんねらー」がバレてしまいました。これは有名な掲
示板のサイトで、よい子は近づいてはいけないとされているところ
です。

 書き込みはしたことないのですが、あまりの馬鹿馬鹿しさと情報
の速さと広さが面白いので、ときどき見に行っています。ここで拾
ったネタも多いです。心臓と眼力に自信のある人は一度見に行かれ
ては?
http://www.2ch.net/2ch.html
もちろん気の弱い人にはおすすめできません。

おれたちのような初心のものに
居られる場処では決してない
(宮沢賢治「宗教風の恋」より)

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-262号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4411名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/