安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>261号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------261号--2004.11.07------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「干しイモ・おしぼり・安息香酸・野菜(Q
&A)」「海苔」

-PR---------------------------------------------------------
浄化槽・排水処理のことなら、「環境デザイン.COM」に

浄化槽の設計・管理を通じてきれいな水環境つくりに貢献します。
きれいな排水が出て、維持管理費の安い浄化槽が設置できます。
ディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)もOKです。
-PR---------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 「アレルギー」の話題について、ご意見をいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 子供の腸の機能が大人と同様に完成するのは2歳半から3歳とい
われます。それまでは、腸の機能が未熟であり(母乳中の抗体など
有用な成分を吸収するためという説もあります)、大人より分子量
の大きいものも吸収してしまう構造になっています。つまり、食品
の抗原性が高いまま吸収してしまう「リスクの高い時期」というこ
とです。

 血液検査で非特異的IgEの値が非常に高い、また遺伝的環境か
ら、アレルギー体質が強いであろうことが推測できる、という乳幼
児の場合は、例え現在目に見えるはっきりした症状がなくても、血
液検査で抗原抗体反応が認められた食品はあえて除去する場合があ
ります。体内で抗原抗体反応が頻繁に起こると、腸が炎症を起こし
てさらに腸の機能が弱まったり、非特異的IgEが増え、アレルギ
ー体質が強くなる可能性があります。そうなれば、新たなアレルゲ
ンにも感作しやすくなります。結果、将来食べられるものを狭める
可能性があるだけでなく、喘息、花粉症含め将来にわたっての生活
の質に影響しかねないからです。

(以下は私の私見です。)

 上記考え方の場合、約3歳をめどに時期を見て「チャレンジフー
ド」し、あとは症状と相談で、おっしゃる通り「メリットと天秤」
です。保育園や幼稚園での給食の有無や子供の生活範囲、精神的な
影響など、いろいろな要素により対応が変わってくるでしょう。ま
た、現在「離乳食はゆっくりめに」というのが常識になりつつあり
ますが、5ヶ月と6ヶ月、9ヶ月と1歳、2歳…では腸の機能が全
然違いますので、丁寧な先生の場合は子供の発達を見ながら、適切
に助言を下さることもあるでしょう。

 私も、アトピー性皮膚炎を見せた瞬間に、「あ、とりあえず大豆
と牛乳と卵は抜いてみてね」みたいな医師は論外かと思います。ま
た、食品に100%の安全がないのと同様、自分のアレルギーに対
しても、「今日は体調がよくないから避けておこう」とか、「おい
しいけど蕁麻疹が出るからちょっとだけ…」のような、まさに「天
秤にかける」リスク管理が必要だと思います。が、上記のような考
え方に基づき、その子の将来の為にと、真摯に指導している小児科
医もおられます。(全ての乳幼児に除去を指導されているのではあ
りませんよ、念の為)親が管理しやすい離乳食・幼児食の時代だか
らこそ可能な、リスク低減対策ともいえると思います。

 アレルギーの指導はいまだ発展途上で百人百様ですので、あえて
「正解」とはいいませんが、あくまで「考え方の一つとしてご紹介」
させていただきましたので、ご理解下さい。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 子供の消化能力の問題は興味深いですね。次はパンについてのお
便りが2件ありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報260号」に「米粉パン」の話題が出ていまし
たが,「パウダーテクノコーポレーション有限会社(PTC)」とい
うベンチャー企業がグルテンを使わないパンを製造しているようで
す。参考までにお知らせします。
 ただし,私も情報として知っているだけで,実際に注文したこと
も食べたこともないので,味,値段等については全く分かりません。

  http://www.vbl-ptc.com/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 いろんな研究をしている人がいるものです。次も新しく登場した
パンについてです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 こんばんは、いつも感心して「安心!?食べ物情報」を読ませて頂
いております。私はいささかパン業界に携わって来た関係でe-ぱん
工房という家庭でのパンづくりのお手伝いをするHPを開いておりま
す。

 最近山崎製パンで臭素酸カリウムを使用した食パンを発売したと
いう衝撃的(私にとってはです)な事実を知り、黙っていられなく
なり私のHPにその危険性について掲載いたしました。宜しければ、
「安心!?食べ物情報」でみなさんに読んで頂きたい事と私の掲載内
容にご意見が拝聴出来れば幸いです。

掲載ページです。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/e-pan/colume/kbro3.htm

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これは一部で話題になっている山崎製パンの「国産小麦パン」の
ことです。臭素酸カリウムを使って国産小麦でパンを作る技術を開
発したということです。何だか悪魔の取引のようですね。そこまで
して国産小麦を使う理由があるのか、疑問に思うところです。

 売れそうなネタなら何でも飛びつく、という傾向があるようです。
国産小麦パンにこだっわている人たちが、そんなにおいしいマーケ
ットだとは思えないのですが、果たして売れ行きはどうなのでしょ
うか。

 みなさん、どうもありがとうございました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.カビの生えた(白い細い繊維質なものと、緑色の点のようなも
の)干しイモを、少量なんですが食べてしまいました。体に異変は
ないのですが、なにかしら体に害のあるものでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.カビの生えた食べ物はやはり食べないほうがよいです。ただ、
多くの場合、食べてすぐ害が出るというものではないと思います。

 リスク要因として考えるということと、実際に害が出るというこ
とは必ずしもすぐに結びつくわけではありません。

 カビ以外にも、リスク要因は私たちのまわりにたくさんあります。
カビの生えたものを一度だけ食べることより、自分の周囲にタバコ
を吸う人がいることの方がより大きいリスクでしょうね。

 タバコを吸いながら歩いている人すとすれ違っても、それほど心
配しないと思います。とりあえずそんなものかな…と考えてはいか
がでしょうか。

------------------------------------------------------------

Q.飲食店等ではサービスの一環でよくおしぼりを提供しています
が、衛生面での心配はないのでしょうか?時々酸臭やベタベタした
ものが提供されることが経験上あるので気になります。

 おそらく、おしぼり業者がクリーニングして毎日各施設に提供と
使用後のおしぼりの回収をしているのだと思いますが、見た目の汚
れはなくても不衛生に思えることが多々あります。何か、業界での
衛生基準か厚生労働省あたりからの指導基準等があるのでしょうか?

 個人的にサービスがアダになってしまうケースを見かけてるので、
教えてください。

------------------------------------------------------------

A.おしぼりにはこういう衛生基準があるそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

貸おしぼりの衛生基準(厚生省 環境衛生局 通達 第157号)

○衛生基準
(1)変色及び異臭がないこと
(2) 大腸菌群が検出されないこと
(3) 黄色ブドウ球菌が検出されないこと
(4) 一般細菌は、1枚あたり10万個を超えないことが望ましいこと

http://www.oshibori.or.jp/oshibori_02.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 法律ではありませんから、遵守しているかどうかはわかりません
が、常識的に考えて、まともな業者ならこの基準くらいは守ってい
ると思います。

 加熱工程が必ずありますので、上記の微生物面の衛生基準は守ら
れているのではないでしょう。そういう意味で安全性に問題はない
と思います。ただ、潔癖すぎるとよく言われる、日本人の衛生観念
からすると、問題点はあるのかもしれません。でも、そのためにみ
んな使い捨てにしてしまうのも、別の意味で問題です。

 このあたりは難しいところですが、私はあまり潔癖に考えて、使
い捨てに走るのはどうかと思います。上記の衛生基準が守られてい
ればよしとするのが妥当ではないでしょうか。

 そのおしぼりが衛生基準を満たしているかどうかは調べることは
可能でしょう。検査方法の限界がありますので、すべてのおしぼり
が条件をクリアしているとはいえませんが、とりあえず抜き取り検
査でひっかからない程度でも、実害はないと思います。

------------------------------------------------------------

Q.安息香酸はイチゴに何パーセント含まれていますか?

------------------------------------------------------------

A.こういうデータについては、今は検索すると簡単に見つかりま
す。自分で検索してみるようにしてください。

いちご 0〜29.2 (μg/g)
http://www.fch.chuo.fukuoka.jp/dna/message/91.htm

 というデータがありました。μgは百万分の1グラムですから、
最大でも約30/百万です。パーセントで表すと、一万分の30です
から、0.0001×30=0.003パーセントになりますね。

 普通こういうときは ppm(百万分の1)を単位として使います。
30ppmというわけです。この数字がどれほどのものなのか、自分で
調べてみてください。

------------------------------------------------------------

Q.本のタイトルは忘れてしまったんですが、安心できる食べ方の
ような本を最近読みました。そこには、野菜は農薬が残っているの
でしっかり洗うと書かれていました。ほうれん草とかは流水で3分
ぐらいつけておくとか書いてありましたが、そんなことをすると栄
養素が大幅に流れていってしまうのではないかと私は思うのですが、
いかがなものでしょうか?きのこは母が洗わなくていいって言って
たので洗わず使っているのですが、野菜はどれぐらいきれいにあら
うものなのでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.まず、野菜にどれだけ農薬が残っているかということと、洗う
ことによってどれだけとれるのかということの二つが問題になると
思います。

 実際に調べたものでは、問題になるほど残っていることはほとん
どないようです。一生懸命洗っても、もともとのこっていなければ
意味はないですよね。

 農薬をわざわざつけて実験したところでは、洗えば落ちないこと
はないそうです。だから「よく洗って農薬を落す」のはウソではな
いのですが、無意味なことを主張していると思います。農薬という
ものへの誤解ないしは思い込みでしょうね。

 ネット上には「農薬を落す薬剤」とかいって、野菜をつけておく
と白く濁ってくるなどの画像をよく見かけます。あれも農薬とは全
く関係のない物質で濁って見えているだけですから、インチキなも
のです。(完全に農薬がのこっていなくても、濁ります。)

 このあたりのことは「農薬ネット」というサイトに詳しく書かれ
ていますので、ご覧ください。
http://www.nouyaku.net/situmon/kotae1.html

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「海苔」
------------------------------------------------------------

 海苔の問題というより、諫早湾干拓の問題について、メールをい
ただきました。長文ですので、一部を省略して紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

(略)

 まず最初に結論といたしまして,

 ノリ落ちの原因を薬品の処理が主要因とする説は,無いとは言え
ないがそれのみを主要因とするには無理がある.まして干拓による
影響を原因とする説を陰謀だとするのは,偏った考えといわざるを
えません.

 これは現時点での生態学者一般の見解に近いと思います.以下,
長くなってしまいましたが,根拠等を述べさせていただきます.

(略)

 おっしゃりたいことはよくわかります.しかし,生態関係の学会
(たとえば日本生態学会,日本ベントス学会,日本プランクトン学
会,日本海洋学会,日本水産学会など)では現時点でかなりの情報
が蓄積しており,諫早湾干拓と結びつく学説を多くの研究者が発言
しているのが現状です.

 たとえば一番よくまとまったごく最近の出版物では日本海洋学会
沿岸海洋部会 「沿岸海洋研究」42:1-65.(2004)シンポジウム
「沿岸海洋学からみた有明海問題」があります.これは2003年長崎
大学において開催されたシンポジウム内容をまとめたもので,10題
の講演と討論内容をくわしく記録したものです.

 ここに書かれている内容を直接引用してもいいのですが,かなり
長くなり読むのに負担となりそうですので,下に要旨的な内容をま
とめてみました.

 「沿岸海洋研究」は大学図書館の検索エンジンWebcat(Googleで
すぐ出てきます)で検索すればどこの大学の図書館にあるかがわか
ります.また書店にある本で背景について理解されたいのならば,
佐藤正典編 (2000) 有明海の生きものたち 干潟・河口域の生物
多様性 海游舎 に「諫早湾干拓事業の影響」という項目がありま
す.

 以下に,解説します.

1.有明海の環境の異変はノリに限った話ではない.

 ノリだけではなく,二枚貝が含まれる底生動物の資源量の激減が
著しい.特にアサリ,タイラギは広い範囲にわたり近年かなり減っ
ているため漁を制限するほ どになっている.

2.ノリの不作は大規模な赤潮の発生に伴っている

 赤潮(植物プランクトン)の発生は97年以降増加の傾向が認めら
れ,特に記録的なノリの不作のあった2000年には大発生がみられた.
赤潮発生に伴う水中の栄養分の吸収と二次的な水質汚染により低酸
素化が進み,ノリ不作が生じた.2001年には幸い赤潮の発生は前年
よりも低下し,ノリも通常に収穫され た.

3.環境の変動は潮位の変動と関わっており,諫早湾との関係性が
強く示唆されている(注意,断定を避けているのは科学的表現です).
有明海の浄化力は日本最大の潮汐による撹拌が関わっており.潮汐
差の減少と透明度の増大は浄化力の低下を意味している.諫早湾の
締め切りにより,潮位変動と流速の低下が観測されており(たとえ
ば宇野木2002,

水産庁増養殖推進部2001),また大規模に赤潮が発生するようにな
った時期と,諫早湾堤防締め切りにより潮汐に変化が生じた時期が,
ほぼ一致している.よって,諫早湾の締め切りによる潮汐の変化が
環境変化の一因であることが,強く示唆される.

4.二枚貝資源の減少はそのまま水の濾過による浄化力の低下をも
たらす二枚貝は水中懸濁物を吸い込み濾過し餌として取り込み分解
を助けているため,二枚貝の激減は有明海全体の浄化力の低下を意
味している.とりわけ諫早湾の干拓では干拓による大規模な二枚貝
の死滅がもたらされたため.浄化力の低下に関わった点は想像に難
くない.

以下のページは私が干拓後に訪れた時の情報です.参考にして下さ
い.
http://www.zspc.com/mokuzu/watch/watch01.html

(以下略)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「酸処理主因説」に反対する意見が多いということと、「干拓原
因説」の研究もあるということですね。これについては前回の情報
を訂正させていただきます。

 このメールはURLが書かれていますので、学者さんからのもの
だとわかります。次のメールは海苔を扱う流通業者の方からのよう
ですが、ご意見をいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

(略)

 この問題、実は、諫早のダム、だけだと仮にすると、実地検から
言うとおかしいのです。何故かならば、あの大不作の年からまた海
苔生産枚数が戻ったからです。(開門・浄化していないのですよ)

 この問題について、自然破壊、公共・防災の工事で海苔がダメに
なったという人、の中で、もっと一歩深く話を聞くと「諫早はダメ
押しで、ダメ押しアウトになったのかな?」と・・その前に「熊本
港整備工事」と「筑後大堰工事」があり、この三発が複合したのか
な?という見解があります。

 その他、「生活排水汚濁説」(住民が数年ががりで気をつけたら、
数年後に戻った、むという浜もあるのです)。例の「海苔酸処理、
多用未中和投棄説」。ほかに「海底炭採掘のし過ぎ、海底陥没説」。
「黒潮蛇行有明海侵入説」。台風が無くかき混ざらず水温が高い、
説・・・まざらないことによる、海水の透明化による日光過多投射
のプランクトン増殖説・・

 私が業務上知り得た個人的情報の説でも、こんなにあり、正直、
私もかなり興味を持って調べていますが、わからないのです。

 ただ、渡辺様の指摘された「金・政治からみ」は、同感です。あ
の大不作の時は参議院戦の前だったので、政治家と漁民は、与・野
党攻防で大物がこぞって地元視察して「政局にしようとした」(漁
民・報道・政治家、共にです)。これは事実と思います。騒げば保
証金ももらえるし、政治家は動けば票になったのですから・・

(以下略)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こちらも一部省略しています。この後に、生産の回復は海苔養殖
業者の努力の結果である、ということも補足されていました。

 干拓事業については、私もよく思っていないことは前回にも書き
ました。ただ干拓と海苔の問題とを直接結びつけるのはどうか、と
思うのです。干拓反対は別に海苔の問題だけではなく、あくまでそ
の一部なのに、声の大きいところに乗っかっているところがあるの
ではないかということです。

 また海苔の問題から見ても、干拓はあくまでその一部なのに、そ
こにばかり力を入れると、全体を見誤ることがあるように思います。
海苔の問題はそれ自体として追求するべきことで、結論を決めてか
かるものではないはずです。

 まじめに研究している人たちもいるようですので、今後解明され
ていくと思います。研究の足を引っ張るつもりはないので、素人で
ある私からの言及はこのくらいにしておきたいと思います。どうも
ありがとうございました。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今回もたくさんのメールをいただきました。長文が多くて処理に
困り、一部を省略させていただきました。そこでお願いなのですが、
私にいただくメールは基本的にこのメールマガジンに掲載されます。
そのことをふまえて、「読者向けに」「簡潔に」書いていただくと
大変助かります。また、「山崎製パン」の件のように、こみいった
説明はホームページへのリンクにしていただいても結構です。

 私もQ&Aなどで、適当に見つけたサイトへのリンクで解説を省
略することがよくあります。今回、そのリンク先のサイトがあまり
よくないよ、というご指摘をいただきまして、どうしようか思案し
ています。

 インターネットでのリンクは情報の連鎖であり、別にリンク先の
サイトを信頼しているわけではありません。そこの情報が信頼でき
るかどうかは訪問者自身が判断すればよいと考えていました。でも
具体的に指摘されると、やはり責任を感じてしまいます。次回まで
に対処方法を考えて、報告します。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-261号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4393名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/