安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>235号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------235号--2004.05.09------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「お茶・タコ・ゼラチン(Q&A)」
「たばこ」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 今回はこんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも大変興味を持って読ませていただいています。

 ところで、渡辺さんはお仕事で中国にたびたび行かれるとのこと
ですが、どのようなお仕事なのですか?差し障りのない範囲で教え
ていただけると、今回の中国旅行記ももっと楽しくなりそうです。

 これからも、楽しくてためになるお話を期待しています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 そういえばここしばらく、プライベートの紹介はしていませんで
した。簡単に書いておきます。

 私は1998年まで約25年間、小さな生協で仕事をしていました。配
達、事務、商品の仕入など、生協の業務はほとんど何でもやってき
ました。コンピューターを導入したときも私が担当になり、初めは
ソフトウエアは業者に発注していたのですが、そのうち面倒になり、
結局生協のシステムを全部私が作ることになりました。独学で COB
OLを勉強したのがなつかしい思い出です。

 退職後、その経験をいかして、プログラマーとして仕事をしてい
ます。いわゆる派遣社員というやつで、あちこち行きました。扱う
言語はDelphi, VisualBasic, SQL, perl, JavaScript,COBOL, C#と、
まあなんでも屋です。

 退職と同時に趣味の宮沢賢治のサイト「宮沢賢治の童話と詩 森
羅情報サービス」を立ち上げました。一年後には生協時代の商品知
識をもとに、「安心!?食べ物情報」を作りました。これらは仕事と
は基本的に関係ありません。(「安心!?食べ物情報」は本になった
とき、収入になりましたが)

「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
「安心!?食べ物情報」
http://food.kenji.ne.jp/

 ボランティア活動として、私が会員である宮沢賢治学会のサイト
も私が担当して作っています。

「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」
http://www.kenji.gr.jp/

 3年前から、さるメーカーでホームページ作成の仕事をしてきま
した。ホームページもいったんできてしまうとヒマなもので、昨年
この会社が中国に進出したとき、中国で使うソフトウエアを私が担
当することになりました。

 いくら何でも中国語のソフトウエアは作れないので、杭州の大学
(浙江大学)関連のソフトウエア会社に作成を依頼し、私は内容の
確認などのため、何度か中国へ出張したのがこの間の中国との関わ
りの事情です。

 浙江大学は中国での超一流大学です。そこの出身である中国のソ
フトウエア技術者は私の息子とほぼ同年齢で、とても才能のある人
たちでした。若くて優秀な中国人と知り合いになれたのはよかった
です。

 現在は中国での開発は向うにまかせて、ASP.NETなどの開発に久
しぶりに取り組んでいます。だから当分中国出張はありませんので、
ちょっとさびしいですね。

 プログラマーとして、また食べ物関連や宮沢賢治関連の文や講演
など、ご注文があればよろしくお願いします。m(_ _)m

 次はBSEについてのご意見です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 中国旅行羨ましいですね!私も行きたくなってきました。

 ところで、BSE全頭検査の件ですが「効果の割に費用が膨大過
ぎて勿体ない」というのは理解できますが、それでも敢えて消費者
の安心&BSEの原因探査という目的で、定期的に一定の期間やっ
てもらった方が良いと思います。

 日本では全頭検査を実施した結果、ごく僅かな頭数しか感染した
牛が居ないことが分かり、大いに安心できました。しかも、感染し
た牛の経歴を遡って調査することで幼児期に共通の代用乳を飲んだ
こと等が分かりある程度は原因が分かり対策も打たれたのだと思い
ます。

 これを未来永劫続けねばならないとは思いませんが食肉業界に、
ある程度の緊張状態を維持する為にも抜き打ちで全頭検査を続けて
欲しいと思います。

 全頭検査が大変というなら、検査用サンプルは全頭分保存しその
一部を検査して、1匹でも見つかったら、そのルートのサンプルは
全頭検査というのでも良いと思います。

 アメリカでも、BSEが原因のある可能性のある患者・死者が数
十人見つかったという話も聞きましたから(知らずに危険な飼料を
使用する)危険な酪農家を発見し危険な飼料・代用乳の使用を避け
るように誘導するためにも全頭検査を行うのは良いことだと思いま
す。

 それに、アメリカ政府の行動の中には、深い疑いを感じてしまう
ものがあります。 民間で自主的に全頭検査をしたい企業があり検
査設備が整ったのに何故か政府側が禁止しているとニュースで聞き
ました。もしかして、政府ぐるみのBSE隠しが行われており、検
査されるとBSEが沢山発見されてしまうと知っているのではと邪
推してしまいます。

 こういう疑いを晴らす為にも、例えば1ヶ月間と期間を切ってア
メリカでも牛の全頭検査を実施し、その結果を公表すると良いと思
います。勿論、検査装置・人員に応じて検査に必要な時間が1ヶ月
では済まない可能性はあると思いますから、その1ヶ月間で採取し
た全頭サンプルを冷蔵して、無理のない範囲で1年ぐらいかけて順
番に検査して発見次第公表していくという、ゆっくりとしたプロセ
スでも良いと思います。

 そうすれば牛のトレーサビリティー&検査装置も進化するでしょ
う。膨大な量の検査装置が必要になれば安価で高速検査の可能な装
置が間違いなく開発されます。とても安価な検査装置やRFIDなども
開発され大量に売れて日本の電気メーカーも大いに潤うと思います!
研究開発に必要なエンジニアの雇用で失業問題もいくらかは緩和さ
れるでしょう。

 結果的に、ごく僅かな費用で全頭検査が可能となり安心が安く買
えるようになるでしょう。

 勿論牛肉の値段が検査費の影響で2倍になっては駄目ですが、輸
入牛肉100g50円に検査費用50銭ぐらいに抑えられれば誰も文句を言
わないとおもいます。

 以上個人的な希望も混ざってしまいましたが、意見を書かせて貰
いました。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私の返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ご意見は次回のメールマガジンにて紹介させていただきます。い
くつか私の意見も書いておきます。 

 まず、日本での全頭検査については、私も同様に思います。ただ、
いずれ見直しをする時期がきますので、今はもうその準備をする時
期だと思っています。

 つぎに、アメリカでBSEによる死者が…という話ですが、これ
について真偽を明らかにすることは私にはできません。しかし一般
的にいって、こういう話には眉にツバをつけて聞いておくべきだと
思います。本当の話であれば、自然とわかってきます。この情報が
これ以上進展しないようでしたら、単なるデマと断定してよいでし
ょうね。もちろん私は単なるデマの方に賭けます。でもこういう賭
けは成立しないのです。何しろ書いた人も信じていない情報ですか
ら。

 それから、全頭検査をしようとする業者の申し出が拒否された件
はそれほど勘繰る必要はないと思います。論理の整合性と商売での
儲けのどちらをとるか、という話ですから。アメリカ政府は儲けよ
り論理的に一貫した立場をとろうとしたのでしょう。私は逆に、日
本政府の姿勢に、BSE問題を口実に、国内業者の利益を図ろうと
している姿勢を感じているくらいです。まあ、これも単なる勘繰り
にすぎませんが。

 最後に、検査にかかる費用を考えるのは大切なことです。おっし
ゃるように検査費用が安くなれば、前提条件も変ってきます。いず
れ全頭検査も見直す必要があるというのも、巨額の費用がかかるか
らというのが大きな問題です。ただ、検査にかかる費用の大半は人
件費でしょうから、そんなに安くなるとは考えにくいですけれど。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 それから、こんなご相談もありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 私どもは、無添加のクッキーを作りたく安全な無添加の小麦粉を
探しています。小麦粉を作る工程で、何か入ってるのではないか心
配しています。有名大手の小麦粉は安く手軽に手に入ることから使
用したいのですが、表示を見ても『小麦粉』としか表示していまい
せん。無添加の小麦粉を探す方法、見分け方を教えてください。又、
どの商品を使ってもいいならそれに越したことは無いのですが・・。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私の返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 小麦粉は小麦を粉にしたものです。粉にする工程は機械的なもの
ですので、基本的に食品添加物が必要なものではありません。

 昔は品質改良剤として臭素酸カリウムを使うことが多かったので
すが、小麦粉の熟成期間をとることで使用しなくなっています。

 食品添加物の問題としては以上のとおりで、どこのメーカーのも
のであっても、別に問題はないと思います。

 ただし、商品政策としては考えどころがあります。「無添加クッ
キー」を作って売りたいのですよね?

 売り物としての商品価値を演出するためには、少し原料の小麦粉
にも工夫をした方がよいかもしれません。

 価格的にもおすすめなのが「国産小麦」を使用することです。小
麦粉メーカーでは国産小麦粉を割と安く価格設定して売っていると
思います。品質的にはあまりよいものではありませんが、クッキー
なら問題ないと思います。

 他にも小麦粉やその他の原料で、何か特徴を出せるものがあるか
もしれません。研究してみてください。

 これは別に安全性の問題で言っているのではありません。単にイ
メージ戦略ですので、御承知ください。

 無理やり商品を差別化して売り込むのが商売人のテクニックでし
て、多くの消費者はそれにのせられているのが現状です。

 ちょっと心苦しいのですが、やはり商売を考えるなら、こういう
戦略も必要だろうと思うのです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ここだけで教える金儲けの方法、という感じですね。ご質問の方
が商売を考えているかどうかわかりませんが、そんな気がしたもの
で…。

 障害者の作業所などで、クッキーを焼いたりすることが多いので
すが、なかなか事業としては成立しません。商売のコツがわかって
いないからなんです。発想の転換が必要ですね。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.ある雑学サイトに「ペットボトル入りのお茶、内容物の材料原
価(お茶葉&水)は500ミリリットルで約10円」。 なんて書いてあ
りました。原価は相当安いとは思ってましたが、ってことは何十円
かは容器代なんでしょうね・・たぶん。とすると緑茶系の飲料でト
クホとして売られている商品があれほど高いのは開発や申請にかか
るコストを上乗せしてるということでしょうか

------------------------------------------------------------

A.材料の原価をいえば、そんなものでしょうね。もっと安いかも
しれません。これは緑茶系に限らず、他の飲料すべてそんなもので
す。

 「トクホ」の場合はその効果を認定させるための費用はかかると
思います。それ以外では、ボトルの原価や開発費もそんなに大きく
ありません。各段階の物流経費と利益が販売価格の大半を占めてい
ます。

 極端な話、中に何をつめても、販売価格はみんな同じになってし
まいます。

 広告宣伝費もありますが、物流経費に比べると、それほど大きく
ありません。巨額の宣伝費を使っても、販売量の多いメジャーな商
品では、1本あたりは小さな金額になります。

 それに比べて、物流費はある程度の規模までは販売量に応じて下
がりますが、百倍売れば百分の一になるのではないので、それほど
下がらないものなのです。

------------------------------------------------------------

Q.「タコの足先には毒がある」と母親が言うのですが本当なので
しょうか?同年代の友人はみな知らないと言うのですが、職場の年
配の方でも2人の方が「うちでもタコの足先は食べないようにして
いる」とのことでした。ただの迷信でしょうか?おかげで私はタコ
の足先を食べたことがありません。

------------------------------------------------------------

A.ネットでタコ料理のレシピを見ても、「タコの足先を少し切り
落とし」などと書いていますね。

 足の一部だけに毒があるというのもヘンな話ですので、調べてみ
ました。これが正解のようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 イカやタコの足には、多くの吸盤があります。吸盤の中は雑菌が
たまりやすいので、塩でもんだりよく水洗いする必要がありますが、
足先の吸盤は小さく密集しているので、充分に雑菌を洗い流すこと
は難しいようです。

 また、イカやタコの足先は見た目も悪く、加熱すると硬くなって
食感も悪くなり、あまりおいしいとは言えません。 このため、こ
の部分は切り落として使うことを勧めるようになったと思われます。

 しかし、イカやタコの足先に毒があるわけではないので、食べて
も全く問題はありません。

http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/shokuzai/362.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

これなら納得できる説明です。わかってみると案外簡単ですね。

------------------------------------------------------------

Q.ゼラチン関連は大丈夫ということなのでしょうか。牛肉騒ぎが
おきてからというもの、カプセル類が恐ろしくなり、どうもゼラチ
ンを含んだ錠剤、カプセルを飲む気がしないのですが。。。

------------------------------------------------------------

A.ゼラチンは安全とされているようです。理由は、

(1)原料はほとんどが皮であり、危険部位ではない。

(2)製造工程にアルカリ処理があり、その結果BSEの感染力は
なくなることが確認されている。

ということです。

 詳しくは以下のページをご覧ください。

ゼラチンのBSE安全性についての研究
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf133.html

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「たばこ」
------------------------------------------------------------

 たばこの害について、新しい研究結果が発表されています。厚生
労働省の研究班がおこなったもので、たばこを全廃すれば毎年9万
人がガンにならずにすんだ、という結果報告です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 たばこがなかったら、国内で毎年約48万人発生しているがん患
者のうち、約9万人はがんにならずにすむはず。厚生労働省の研究
班(班長・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部部長)が23日、
喫煙とがんについての調査報告と試算結果を発表した。

 研究班は、90年から約10年間、岩手、秋田、長野、沖縄など
8県に住む40〜69歳の男女約9万人を対象に追跡調査した。

 期間中にがんにかかったのは、約5千人。男性で最も多かったの
は胃がん(がん患者のうち26.3%)で、次いで肺、結腸、肝臓
が続いた。女性では乳がん(同17.7%)、胃、結腸、肺の順に
多かった。

 喫煙者のがんの発生率は、これまで吸ったことのない人に比べ、
男性で1.6倍、女性では1.5倍。禁煙している人のがん発生率
も、男性は非喫煙者に比べ1.4倍で、過去の喫煙の影響が見られ
た。

 発生率は、1日の喫煙本数が多くなるほど高くなり、本数が少な
くても長期間吸っていれば高くなった。

 こうした発生率の差をもとに、日本全体でのがん発生率を計算し
たところ、男性ではがん全体の29%にあたる約8万人、女性では
がん全体の4%にあたる約8千人がたばこが原因でがんにかかった
と推定された。

 津金班長は「たばこが原因で死亡した例では肺がんが代表的だが、
胃や結腸、肝臓などさまざまな臓器でがんのリスクを高めているこ
とが裏付けられた。禁煙後、たばこの影響がなくなるのは10〜2
0年後。早めの禁煙を」と話している。

http://plaza.umin.ac.jp/~harasho/nsmk/kzh/asa040423.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ちょうどこの津金昌一郎さんが書いた「がんになる人ならない人」
(講談社ブルーバックス)を読んでいました。この本にくわしく書
かれていますので、ぜひご覧ください。

 この本で、がんの原因を次のように分類しています。

たばこ      30%
食事       30%
運動不足      5%
職業        5%
遺伝        5%
ウィルス・細菌   5%
周産期・生育    5%
生殖        3%
アルコール     3%
社会経済的要因   3%
環境汚染      2%
紫外線など     2%
医薬品・医療行為  1%
食品添加物・汚染物質1%

 食事というのは、日常的な食事全般のことです。運動不足がかな
り大きな原因になっています。この本でも、がんにならない方法と
して、効果が歴然としているのはたばこをやめることと適度な運動
をすることだと書いてあります。食事はやめるわけにはいきません
から、当然こうなります。

 私も運動する時間があったら、本を読んだり、パソコンをさわっ
ている方が好きなので、ちょっと気になる情報です。

 上のリストで「生殖」というのはセックス+出産なんでしょうね。
アルコールは意外と少なく、汚染物質などもたいしたことはありま
せん。「食品添加物・汚染物質」とまとめて1%ですが、このうち
食品添加物がどれくらいかはわかりません。それから、農薬は出て
きません。放射線もありませんが、「医療行為」にはレントゲンも
入っているでしょうし、宇宙線などは「紫外線など」に入っていそ
うです。

 それで結論は、ガンにならないためには一刻も早くたばこをやめ
ること。これを除外した対策はほとんど効果がなさそうです。しつ
こいですが、とにかく禁煙をひろめたいですね。

 「健康増進法」改正から一年たちました。こんなニュースがあり
ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 日本郵政公社は、全国2万4700カ所の郵便局すべてで全面禁
煙にすることを決めた。27日付で通知し、利用者への周知期間を
経て5月31日の世界禁煙デーまでに完全実施する。

 郵便局窓口がある「お客さまルーム」についてはこれまで、分煙、
原則禁煙など局によって対応がばらばらだった。空気清浄機などを
設置して分煙する局も多かったが、利用者から受動喫煙の苦情が相
次いだため、全面禁煙に踏み切った。空気清浄機や灰皿はすべて撤
去する。

 利用者が出入りせず、職員しか利用しない場所は、これまで通り
分煙にとどめるという。【位川一郎】

http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2004/04/26/20040426dde001040042000c.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 厚生労働省の庁舎でもようやく禁煙になったそうですが、喫煙場
所は残しているようです。上の記事でも職員には喫煙場所を確保し
ているようで、ちょっと情けないです。

 学校や医療機関などでは全面禁煙のところも増えてきました。子
供の出入りする場所でたばこを吸うのは論外です。今、一番緊急の
環境問題として、禁煙運動がもっと盛んになってもらいたいもので
す。

 ほとんど実害の出ていないダイオキシンや環境ホルモン、遺伝子
組換え作物などには熱心な団体が、たばこにはもう一つ無関心なの
はどうしたことでしょう。津金さんもたばこを吸いながらダイオキ
シンなどを論じているのは噴飯ものだ、と言っています。

 たばこを周囲に吸う人がいるだけで相当危険です。皆さんもまず
家庭から、たばこを追放するよう、考えてみてください。赤ちゃん
がいる家の中でたばこを吸う父親がいたら、離婚を考えてもよいと
私は思います。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 禁煙してから20年たつと、ほぼ非喫煙者と同レベルになるそう
です。私は長男の誕生と同時にたばこをやめました。もう24年た
ちますので、ほぼ大丈夫かな。思えば馬鹿なことをしていたもので
す。

 実は高校生のときから少し吸っていまして、試験の回答用紙を取
り替えてやったら、お礼にタバコを持って家に来た馬鹿な同級生が
いたりしたものです。不良だ…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-235号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4432名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/