安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>202号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------202号--2003.09.021------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「だしつゆ・ペットボトル・天然添加物・旨
味調味料・メープルシロップ・ラップ・シロアリ・漢方薬(Q&A)」
「有機農産物」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 今回もメールをたくさんいただきました。順に紹介します。まず
は水の話から。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 渡辺氏のご指摘通り、氏のいうところの「水商売」のひとつのよ
うで、いかにも怪しいですね。

 ところで「水素ラジカル」ですが、地上での一般的な状況で安定
に存在し続けられるとは、ちょっと思えないのですが。詳細は、詳
しい人に確認していただくとして、いわゆる「水素イオン」なり
「水素ラジカル」なりは、水中においては水和イオンとして安定す
るはずです。

 H+の場合ですと、H3O+ということで。

 うろ覚えのまま進めて恐縮ですが、他の陽イオンですと、たとえ
ば銅イオンだと、水中では水分子を5つほど配位させていたはずで
す。

 そもそも「活性酸素」とはなんでしょう。過酸化水素がそうだと
いうことのようですが。

 過酸化水素は確かに強力な酸化剤(自身の還元反応を通じて周囲
の物質を酸化させる力がある物質)ですから、体内に過酸化水素が
発生するのは、生命にとってよろしくないことと思えます。

 しかしこれだけの酸化剤を生成しているのに、同時に生成される
はずの還元剤(自身の酸化反応を通じて周囲の物質を還元させる力
がある物質)についての知見がまるでないのは、どういうことなの
でしょう。

 この辺りの話について、私はとても蒙いのですが、スパッと教え
てくれる人があるといいですね。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 続いて卵についての情報をいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも楽しく拝見しております。

 今週号に卵のコレステロールの記述があったのでご参考までにお
送りします。卵屋さんのHPですので悪いことは書いてないとは思い
ますが・・・。

 それから、最近読売新聞でコレステロールの特集をやっています。
これまでのコレステロールの考え方を変えなければならない時期に
きているようです。

http://www.nichirankyo.or.jp/

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 次も情報の紹介です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつもニュースをありがとうございます。以前、sarsのことでメ
ールを送らせていただいた者です。

 今回のニュースでの、大学院生の方の想い。よく分かります。

 そこで、この方のためにも、また渡辺様のご参考にもなればと思
い、このテーマにぴったりな本とサイトの紹介をさせていただきま
す。

http://www.metamedica.com/index.html

 このサイトは東北大学で疫学調査をされています、坪野吉孝先生
のサイトです。

http://www.bunshun.co.jp/tacho/tabemono/tabemono.htm

このサイトは、その坪野先生がお書きになった本の読後感想文で、
テレビの製作関係者が正直に書いたものです。

 これを読むと、いかにテレビの食と健康関連の番組が、いいかげ
んに作られているかが、よく分かります。

 今回、毎日新聞のことも書かれていましたが、たしかに新聞記事
も実にいいかげんです。科学的な報道とはなにか、ということを知
らないか、知っていて無視、扇動しているとしか思えません。

 そういった意味で、この坪野先生の本は、私たち消費者の武器に
なりえるものだと思います。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私の返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 教えていただいたサイト、私もときどき見に行っています。思わ
ぬ情報があって、おもしろいですね。

 疫学調査の方法論などもこのサイトではじめて知りました。イン
ターネットは本当に便利なものですね。

 それに比べて新聞記者の不勉強は有名です。私も昔生協つくりを
していたとき、新聞記者の取材を受けたことがあります。

 第一声が「生協ってなにをするところですか?」だったのでそん
なことは調べてから来い、と怒ったことがあります。

 いろんな情報がありましたら、また教えてください。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 皆さん、どうもありがとうございました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.ある日だしつゆのボトルの裏側に白い細かいものが付き、中身
のだしつゆには泡が浮いていました。酵母が発生したのかと思いま
したが、匂いが変わらなかったので使用してしまいました。偶然か、
お腹を壊してしまったのでとても心配です。危険性があるのかどう
か、教えて下さい。

------------------------------------------------------------

A.醤油でもときどきこのように酵母が繁殖することがあります。
だしなどは醤油より塩分が薄いので、わりとすぐにこうなります。
冷蔵庫に入れて、はやく使い切るようにしないといけません。

 お腹をこわした程度ですんでよかったですね。やはり酵母=カビ
の出たものは食べないようにしたほうがいいです。

 でも、これ以上どうということはないと思います。

------------------------------------------------------------

Q.ペットボトルについて、炭酸飲料の入っている耐圧性のペット
ボトルは、どれぐらいの圧力に耐えられるのですか。耐圧性に関す
る規格等はあるのですか。また、ペットボトルの形状と種類、用途
を教えてください。

------------------------------------------------------------

A.炭酸飲料用のペットボトルは「耐圧型」と呼ばれているそうで
す。底が丸くなっているのが普通です。「ペットボトルロケット」
などというものを作るときはこの耐圧型を使わないと危険ですね。

 だいたい14気圧くらいまで耐えられるそうです。

 規格などについては私にはわかりません。

------------------------------------------------------------

Q.現在、1051品目あるといわれる天然添加物の安全性につい
て、どのくらいの確認ができているのでしょうか?お教えください。

------------------------------------------------------------

A.今は「天然添加物」ではなく、「既存添加物」の扱いになって
います。安全確認がすんだものから、一般の添加物の範疇になりま
すので、「既存添加物」はすべて、安全確認はできていないという
ことです。

 これは一般の食品について、安全確認がされていないのと対応し
ています。私たちは安全確認されていない食べ物を食べているわけ
です。

 既存添加物の安全性は一般の食べ物と同等と考えられますから、
それでよいという考えもあります。

 でも「天然添加物」の方が安全だというのは明らかに間違ってい
ます。

------------------------------------------------------------

Q.旨味調味料について初めてお便りします。かってむかし、いの
一番が世に出た頃、暮らしの手帳などを愛読しておりました私は少
量で旨味を発揮してくれるこの調味料を料理の友としてずっと使用
していました。

 いの一番は「イノシン酸」であるとの認識で。以来主婦暦40年
にもなるのですが商品の成分など見ることもありませんでしたが、
最近、料理好きの息子がいの一番はグルタミン酸だよ、というので
まさか、あれはイノシン酸よ、といいまして製品の成分をみました
ら息子の言うとおりでした。イノシン酸はどこへ行ってしまったの
でしょうか?

------------------------------------------------------------

A.「いの一番」は味の素ではなく、タケダ薬品かなにかの商品で
したね。味の素にイノシン酸を加えたものがハイミー、いの一番に
イノシン酸ではなんという商品でしたか…。

 いずれにせよ、主成分はグルタミン酸で、イノシン酸はわずかし
か使っていないはずです。グルタミン酸に少量のイノシン酸を混ぜ
ると、効果が劇的にあがるのだそうです。

------------------------------------------------------------

Q.いつも興味深く役立つ内容で、感謝しております。1つ教えて
いただきたいことがあるのですが、メープルシロップで、オーガニ
ックとされたものとピュアメープルシロップとあるだけで、オーガ
ニックの認定のないものとがあり認定のないものについて問い合わ
せをしたところカナダの楓の農園では農薬は使われてないというこ
とで認定を受けるには費用がかかり、商品が高額になるため認定は
ないが、無農薬無化学肥料であるということでした。実際のところ
はどうなのでしょうか。ピュアメープルシロップなら、オーガニッ
クのものとかわりないものなのでしょうか。

------------------------------------------------------------

A.メープルシロップの作り方を書いたサイトがありました。
http://www.yasashisa.net/shizen/shouhin-maple.html

 農薬などとは無縁なもののようですね。

 オーガニックというのは、農薬を使っていないということではあ
りません。使ってもよい農薬を決め、それ以外は使っていないこと、
どういう栽培をしたのかが証拠に基づいて明らかにされていること、
が一番の特徴です。

 私はこういうやり方はよいことだと思っていますが、そこに価値
を認めるかどうかは人によると思います。

 単純に「無農薬」を求めるのと「オーガニック」とは違うことを
ご理解ください。

 ご質問の件でしたら、普通のメープルシロップで問題はないと思
います。

 でも、オーガニックと同じというわけではありません。認証がつ
いているということはそれ自体で意味があると思ってほしいところ
です。

------------------------------------------------------------

 以下の質問はどうも私としては困ってしまう種類のものです。え
らそうにQ&Aなどをやっていますが、私は単なる怪しいおじさん
ですので、あまり深刻な健康問題などは持ち込まないでください。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

------------------------------------------------------------

Q.妊娠4ヶ月に入ります。今朝、ぼうっとしていて、冷凍してあ
ったグラタンをポリエチレンラップをかけたまま解凍し、そのまま
250度くらいでオーブン調理してしまいました。気づかず、すこ
し食べたところで気づいてやめたのですが、お皿の部分は溶けて黒
く焦げており、グラタンの部分はちりちりしたビニールがこびりつ
いていました。医者に聞いても、答えられないと言われ、不安です。
食べたのは本当にフォークで2口くらいですが・・、どうか教えて
ください。お願いします。

------------------------------------------------------------

A.お医者さんでも答えられない話を私のところに持って来られて
も困るんですが、やはり心配になりますよね。

 家庭用のラップは塩ビなどが多いのですが、ポリエチレンラップ
を使っておられたようです。これはラッキーかも。

 ポリエチレンはプラスチックの中でも最も安全性が高く、ほとん
ど無害と思ってよいでしょう。

 以前のポリエチレンラップはいろんな添加物が使われていました
が、今ではほとんど無添加のポリエチレン単体でできています。

 ちょっと気持ち悪いですが、あまり心配することはないと思いま
すよ。

------------------------------------------------------------

Q.シロアリ用の薬剤散布を考えています。実施する会社に問い合
わせたところ、「ハチクサンFL」と言う薬剤を使うということです、
散布後、5年間の保障がつき、安全な薬剤だと、その会社は、言っ
ていますが、5年もの間、薬効が持続するのは、常識的にみて、非
常に強い毒性があるのでは、と思ってしまいます。その会社は、以
前は、「カレート油剤」又は「メトロフェン油剤」をつかっていた
が、より安全な、「ハチクサンFL」に替えたということです。

 有機リン系の薬剤が使われていた頃は、健康被害もあったと聞い
ています、ハチクサン等は、有機リン系ではないと思いますが、実
際のところ、安全なのでしょうか、それとシロアリを防ぐためには、
薬剤の散布がどうしても必要なのでしょうか、教えてください。

------------------------------------------------------------

A.ハチクサンFLについては以下のページに情報がありました。
http://www1.sphere.ne.jp/shiroari/hati.htm
案外、危険性の少なそうな薬品ですね。

 こういうのは利害が複雑です。私も前の家でシロアリ駆除をすす
められたのですが、やっぱり気持ち悪いので何もしませんでした。

 それでも20数年たって、まだ別に問題はないです。子供ができ
たころに建てた家で、20年ももてば上等だと思っていました。

 家の建て方や被害の状況で一概にはいえないと思いますが、あえ
て行う必要があるかどうか、私は疑問だと考えたわけです。

 そのころはインターネットもありませんでしたから、薬品の危険
性なんかも全然わからなかったのです。

 上のページを見る限り、それほど心配することはないのかもしれ
ません。一つしか見ていないので、他にもあたって、調べてみられ
てはいかがでしょうか。

------------------------------------------------------------

Q. こんにちは。小柴胡湯という漢方薬についてお聞きしたいと
おもいます。

 3歳になる娘にのませています。その娘はよく熱をだしたり風邪
をひきます。熱をだすと熱性痙攣をおこします。それらの症状の体
質改善のために薦められのませているのですが、もうかれこれ3ヶ
月以上のませていて、効果は、まだ見られないのかそれともないの
か わかりません。かかり付けの医者に飲ませていることを相談し
たところ飲ませないほうがいい、とのこと。でも、親としては、熱
性痙攣をおこすとおもうと怖くてほんとうに、体質の改善になるの
ならわらにもすがる思いでのませたいと思っています。漢方薬とは、
ほんとうに体質改善につながるのでしょうか

------------------------------------------------------------

A.こういうのはまさに医者の領分です。かかりつけのお医者さん
がやめろと言っているなら、そうした方がよいと思いますよ。

 漢方薬というのはいろいろと誤解されていますが、決して副作用
がないわけではなく、素人が勝手に使ってよい薬ではありません。

 漢方薬は病人の症状をみながら使うのが原則です。どちらかとい
うと、漢方薬の方が専門医に処方してもらう必要があると思います。

 みたてがよくてピタリとあえば、すごくよく効くそうです。でも、
「体質改善」などということが素人療法でできるとは思えません。

 漢方の専門医にみてもらう、という手も考えられますね。今のお
医者さんに相談してみてください。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「有機農産物」
------------------------------------------------------------

 有機農産物について、こんなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いつも楽しみに読ませて頂いております。今回は、有機農産物の
ことをきちんと説明してくださってありがとうございます。

 最近は、マスコミでも間違った認識によって叩かれることが多く
真面目に生産に取組んでいらっしゃる人々やその検査・認証業務を
おこなっている私たちにはつらいものがありました。

 さて、輸入の小麦やバナナについてですが有機農産物として認証
マークをつけて流通するには検疫時の「無薫蒸証明」が必須になり
ます。日本に入るまで無薫蒸であっても検疫で虫が見つかったら薫
蒸処理されます。そうした農産物は残念ながら有機とはいえません。
涙をのんで一般品として流通するわけです。

 そういうことも含めて、有機食品はやや値段が張るということを
消費者のみなさんに理解して頂けるとありがたいです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 プロの方も読んでおられるとは、気が抜けないですね。他にも有
機農産物について、こんな角度からのおたよりもありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 食品添加物にしろ、有機野菜にしろ、スローフードにしろ、ブラ
ンド化して、一種のステイタスになっているように私は感じます。
渡辺さんはどう思われますか?

 有機野菜を選ぶ、スローフードの支持、食品添加物に対する否定
的な見方、その本質よりもそれを自分が気にかけていること自体を
かっこいい、おしゃれだという風潮は感じられないでしょうか。

 純粋に本質をみつめ、支持している方ももちろんおられると思い
ますし、実際、そういう方も知っています。が、やはり大半は格好
の方を重視しているのではないかと感じます。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私の返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 食べ物のブランド化はおっしゃるとおりです。食べ物はどうして
も必要なものである反面、消費量に限界がある商品でもあります。

 他の工業製品なら、新しい商品を開発して需要を作り出すことが
できるのですが、食べ物は一つの食べ物が売れると、他の食べ物が
それだけ売れなくなる、という関係にあります。

 これは人間の食べる量に限りがあるからです。どんなお金持ちで
も、それに応じて食べる量が増えるわけではありません。

 売る側からすれば、よいイメージを持ち込んで、その競争に勝つ
必要があります。有機農産物などはそういうブランド作戦なのです。

 日本では農家にそういう意識がなくてやっているところもありま
すが、きちんとブランド戦略を持っていないとたぶん成功しないと
思います。

 食べ物も商品なんです。日本人はそのへん潔癖というか、農本主
義がしみついていて、何か特別のものと思ってしまう傾向があるよ
うですね。

 あと、スローフードとかいうのはあまり中身はないです。これは
どちらかというと懐古趣味ですね。

 一部エリートがよき時代を懐かしんでいるといったところでしょ
う。それにつけこんで自分の商品を売ることもそれはそれでよいの
ではないでしょうか。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ちょっとよけいなことを言ってしまいました。でも、農業につい
て、私としてはいろいろと思うことがあるのです。ご批判などもあ
ると思いますので、ぜひ感想をお寄せください。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「いの一番」の話は調べればわかるのでしょうが、記憶だけで書
いてみました。男の子三人の兄弟で、私だけが母親にくっついて、
料理の手伝いなんかをよくする子だったと思います。それで案外こ
んなことも詳しいんです。

 でも、記憶にも自信がなくなってきています。ツッコミなど、よ
ろしくお願いします。

 それから、途中にも書きましたが、あまり深刻な話題は私のとこ
ろに持ってこないように。せいぜい雑学程度の、他愛もない話は得
意なんですけれどね。

 中国へ来て、またまた中華料理を食べすぎています。来週は日本
に帰っている予定ですが、どうなりますやら…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-202号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数4458名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/