安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>168号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------168号--2003.01.26------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「特定農薬」「オレンジ・蜂蜜・みかん(Q&A)」「BSE」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 つぎのようなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

今回のメールマガジンでアイガモ農法についてかかれていました。

>そういう意味ではアイガモも立派な「無登録農薬」です。虫など
とちがって大きい動物です。もし日本中の水田がアイガモ農法に切
り替えたとき、かなり大きな自然破壊がおこるでしょう。

>だからやっぱり「農薬」として、きちんと管理する方向に向うべ
きだと思いますよ。

>そうした上で「有機栽培」に使用することは問題ないと思います。
生物由来、または生物そのものの農薬はほぼ無条件で有機栽培でも
使ってよいとされているからです。

というお話なのですが、そうなると全くのほったらかし栽培以外に
無農薬栽培という定義はなくなるのでしょうか?
私自身がよくわかっていないのですが、農薬の定義というのは
どういう風になっているのでしょう?
ちょっと漠然とした質問になってしまっていますが、よろしくお願
いします。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私の感想はともかく、「特定農薬」としてはつぎのようなニュー
スがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 農薬取締法の改正で創設された「特定農薬」の指定をめぐり、中
央環境審議会と農業資材審議会の合同会議は21日、アイガモやア
ヒルなどを除外する方針を決めた。指定の候補として挙げられた約
740項目のうち牛乳や米ぬかなど約600項目については指定を
保留し、効果などを再評価する。

 合同会議では、雑食性のアイガモ、アヒル、コイ、牛、羊、ドジ
ョウなどは「そもそも農薬ではない」として指定から外すことが確
認された。また、「効能の不明なものを指定するのは法の趣旨から
外れる」との意見が出され、牛乳、粉ミルク、米ぬか、中性洗剤、
木酢液、薬用植物の抽出液など約600項目は指定を保留する方針
だ。

 この結果を受け、30日に示される農業資材審議会農薬分科会の
農水相と環境相への答申では、ナスのウドンコ病などに効能がある
重曹や食酢のほか、害虫に寄生するハチやダニなど約120項目に
指定が限定される見通しだ。農水省と環境省は、保留された約60
0項目について優先順位をつけ、安全性や効能を評価する方法など
のガイドラインを作る。

http://www.asahi.com/national/update/0121/058.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 案外常識的な線に落ちつきそうですね。私は「アイガモも農薬の
ような使い方をする限り、無制限で使うのはよくない」と思ってい
ますが、別にここまで規制の対象にすくこともないです。

 「無農薬」ということに関しては、「無農薬」という概念自体が
過去のものとなったのだと思います。

 いままででも、「無農薬」といっている栽培法にはいろんな疑問
がつきまとっていました。「木酢液」はその最たるものです。

 宣伝文句より中身、具体的な栽培方法が問題です。「無農薬栽培」
という一つの確立した農法があるわけではありません。「うちでは
農薬を使っていないから……」という農家の言葉ははっきりいって
あまり信用しないほうがよいと思います。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.私はケーキ作りを趣味としています。オレンジの皮と身を使っ
たケーキが有るのですが、農薬等が気になって作れません。お湯に
サッと通すとか、塩でよく洗うとか友人は言うのですがそんなこと
で大丈夫かな・・・と思います。

 レモンは国産の無農薬のものがスーパー等でも手に入るのですが、
オレンジは見かけません。何か良い方法有りますか。

------------------------------------------------------------

A.輸入のものほど立派なのは難しいですが、国産でもオレンジは
ありますよ。

 全国どこでも手に入るほど流通していませんので、インターネッ
トによる直接販売などを探してみてはいかがでしょう。

 季節商品ですので一年中は無理でしょうね。

------------------------------------------------------------

Q.この冬自然採取の蜂蜜が固まった。電子レンジで解凍してもよ
いでしょうか ?

------------------------------------------------------------

A.蜂蜜の結晶はふつう湯せんで溶かすと教わったのですが、電子
レンジでもできるようです。

 私はちょっとこわいような気がしますが、こんな記事がありまし
た。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

蜂蜜

固くなって白濁した蜂蜜はフタをはずしてビンごと2分程度加熱
※プラスチック容器に入っている場合は、耐熱容器に移してから加
熱してください

http://www.kochicoop.or.jp/resipi/mottotukaerurenji.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 バクハツしたりしないのか、ちょっと心配ですね。試してみてく
ださい。

------------------------------------------------------------

Q.なぜ、みかんが熟すると、みかんの皮は緑から黄色に変わるの
ですか?また緑のときは、すっぱいのは、体には害はないのですか?

------------------------------------------------------------

A.果物はたいてい未熟なときは緑色をしてますね。あれは葉と同
様に葉緑素を持っているからです。黄色の色素ももともとあるので
すが、葉緑素の色にかくれています。

 熟すと葉緑素が抜けて、黄色が残るので黄色くなってきます。秋
になると紅葉するのと同じですね。

 ピーマンは緑色をしていますが、あれは未熟なものを食べている
のです。熟すときれいな赤色や黄色になります。これも同様です。

 未熟なみかんには大量の酸(有機酸)があり、酸っぱく感じます。
熟すにつれて、この酸が分解していきます。酸っぱいのを我慢して
食べても、害はないと思います。

 古くなって酸が完全に抜けてしまうと、味がぼけてかえっておい
しくありません。ほどほどに酸っぱいのがおいしいと私は思います。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「BSE」
------------------------------------------------------------

 しばらくぶりにBSE感染牛が2頭、たてつづけに発見されまし
た。いままでの5頭につづいて、6頭めが和歌山、7頭めが北海道
で見つかっています。いずれも北海道生まれの牛で、いままで見つ
かった牛と同じ時期に生れた牛だそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 和歌山県内の食肉処理場で解体された乳廃牛(6歳11か月)が
19日、厚生労働省のBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)全頭検査で、
国内6頭目の感染牛と確認された。

 厚労省などによると、この牛は1996年2月10日に北海道標
茶町で出生したメスのホルスタイン種で、99年から和歌山県粉河
町の牧場で飼育されてきた。今月15日に和歌山市内の食肉処理場
に持ち込まれ、17日になって起立障害を起こしたという。

 同省によると、これまでの5頭の感染牛の出生地は、北海道3頭、
神奈川県1頭、群馬県1頭とばらつきがあるものの、出生日は95
年12月5日―96年4月4日までの約4か月間に集中していた。
6頭目もこの間に生まれていた。

 また、過去の5頭はいずれも、全国農業協同組合連合会(全農)
子会社の「科学飼料研究所」高崎工場で製造された代用乳が与えら
れていたことが判明している。ただし、BSEの感染源とされる肉
骨粉が飼料などに使われた事実は確認されていない。

http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/200301/ky20030120_01.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この代用乳について、続報があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 さらに、この感染牛には過去5頭と同じく、全国農業協同組合連
合会(全農)子会社の「科学飼料研究所」高崎工場(群馬県高崎市)
が製造した代用乳が与えられていたことも20日、確認された。

http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/200301/ky20030121_01.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こんどは7頭めの牛の報道から。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 北海道内で解体された乳廃牛(6歳9か月)が23日、厚生労働
省のBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)全頭検査で、感染牛と確認さ
れた。国内の感染牛は、今月19日に和歌山県で見つかったのに続
いて7頭目。今回の感染牛も、出生日がこれまでの6頭と同時期だ
った。過去6頭はいずれも同じ工場が製造した代用乳が与えられて
いたことから、農水省では、7頭目にも同じ代用乳が与えられてい
なかったかどうか、確認を急いでいる。7頭のうち5頭は北海道生
まれ。

 厚労省などによると、この牛は、1996年3月28日に北海道
湧別(ゆうべつ)町で出生した雌のホルスタイン種で、98年から
網走市内の牧場で飼育されてきた。

http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/200301/ky20030123_41.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 6歳を過ぎて、いよいよ廃用になる乳牛が多くなってきます。こ
の時期に生まれ、例の代用乳を飲んだ牛からはまだもうしばらくB
SE感染牛が見つかりそうですね。

 他の時期に生れた牛だったら衝撃の発見ですが、いまのところは
驚くニュースではありません。最終的にはどれくらいになるかわか
りませんが、十〜数十頭くらいは覚悟しておいたほうがよいのかも
しれません。

 代用乳については極めて怪しくなりました。実はイギリス産の肉
骨粉を使っていた、ということならかえって安心なのですが、未知
の感染ルートが存在する可能性があるのが氣味の悪いところです。

 メーカーはウェブサイトで以下のように主張しています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

株式会社 科学飼料研究所

BSE(牛海綿状脳症)に対する当社製品の安全性について

 わが国で3頭のBSE感染牛が発見されたことに係わり、当社の
「代用乳」についてさまざまな報道がなされておりますが、事実は
以下のとおりであり、BSEの発生原因とは何らの関係もない安全
で高品質な代用乳であることを確信しております。

1.当社が製造する牛・豚用代用乳および豚用人工乳には、過去一
度も肉骨粉を使用しておりません。

2.「牛用代用乳」の原料に使用していた血しょうたん白は、米国
産の豚由来のもので、米国農務省の輸出証明書に基づき国の動物検
疫所の許可を得たものを使用してきました。

3.「動物性油脂」は、BSE防疫上安全であることから農水省の
平成13年10月1日付け通達においても、規制品目から除外されてお
ります。さらに当社では、OIE(国際獣疫事務局)基準に合致し
た原料を使用しております。

4.当社の製品は、飼料安全法ならびに行政当局の指導を遵守し、
徹底した製造・品質管理のもとに製造しております。

5.牛用代用乳と豚用代用乳・人工乳は、それぞれの専用ラインで
製造しております。

 当社は、行政が全力を挙げて取り組んでいるBSE発生原因の早
期究明に対し積極的に協力しております。

http://www.kashiken.co.jp/jpn/bse/001.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この文は3頭めが発見された時点で書かれたようです。文の内容
は疑うところはないのですが、6頭めまで同じ代用乳を飲んでいた
わけですから、ちょっと旗色が悪くなってきています。

 この文のとおりに作られていた代用乳が、未知の原因によってB
SEの感染源になっていたとすると、ちょっと大事かもしれません。

 東大の吉川教授という人が【感染症論から見たBSE】という文
を公開しています。
http://www.eco-online.org/support/BSE/report020115/page1.shtml

 これはなかなか説得力のある論考です。人へのリスクはだいたい
以下のようだそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

英国
 BSEウシ 75万頭
 vCJD 500〜1300人

EU高汚染国
 5千〜6千頭(食用に回ったのは3千〜4千頭)
vCJD ?

日本は?
7〜10頭
vCJD  0.005〜0.007人

http://www.eco-online.org/support/BSE/report020115/page5.shtml
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 日本人でvCJDを発症する可能性はイギリス滞在経験者のほうが高
いだろうとのこと。散発型のCJDは日本でも年間100人くらい
発症しているので、そういう事例が加わったとしても1%発症率が
あがったことになるだけだそうです。

 牛から人への感染ルートが爆発的に拡大するか、人から人への感
染ルートが維持されているか、どちらかの場合にしか感染症として
流行することはない、という論理です。現状は牛から牛への感染ル
ートの遮断に成功しているという状況判断がその前提にあります。

 BSEのように潜伏期間が長い病気では、過去におこった感染が
あとで出てきます。そのため、まだ感染ルートがあるかのように見
えます。だからもう感染ルートは遮断された、という見解はもっと
もなのですが、はたしてそれで正しいのかどうか、ちょっと心配な
ところはあります。

 全体として、非常に参考になると思います。ぜひご一読ください。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 私は和歌山市在住で、6頭めのBSE感染牛が発見された粉河町
はすぐ近くの町です。西国三十三ヶ所の巡礼というのがあり、その
第三番札所、粉河寺があるところで、紀ノ川ぞいの町です。

 牛乳の生産量などごく少ない県ですから、まさか近くでこういう
ことがおこるとは思っていませんでした。

 乳牛の飼育年数から考えると、今年あたりが発見のピークになる
のかもしれません。発見した年より感染した年が重要です。1996年
以降の生まれの牛からの発見がなければよいのですけれど、どうな
るでしょうか。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-168号--------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3438名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/