安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>137号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------137号--2002.06.23------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「キシリトール・ゆでタコ(Q&A)」
「異性化糖」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず前回の記事に関してのお便りを紹介します。まず中国野菜の
ニュースから。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 このニュースを聞いて、我が家の冷凍庫を調べてみました。子供
が高校生なので、お弁当を作るのに冷凍ほうれん草はよく利用しま
す。そしたら、加ト吉の(中国産)冷凍ほうれん草が有りました。

 市の消費者相談センターに尋ねたら、政府のそういった機関(名
前は忘れてしまいました。)か、メーカーに連絡してください、と、
言われた。だけど、国の言うことは信用できないし、メーカーだっ
て隠したりするし・・・一体誰に聞いたら本当のことを教えてくれ
るのか?自分では産地以外に調べることは出来ないし、本当に困っ
たものだ。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こういうおたよりは他にもありました。私としてはメーカーにこ
ういう不信感をもつことには賛成できないのですが、このごろのニ
ュースをみていたら、反論しにくいですね。

 それから、「凍らせたお茶」に関して。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 凍らしたお茶の件ですが、冷凍すると細菌は全く増殖しませんか
ら、むしろ凍らしてお茶を持っていくほうが衛生的でなないでしょ
うか。

 もちろん熱いお茶をつめてもいいですが、さめたら細菌は増殖し
ます。凍らしたお茶も温度が上がってしまえば細菌は増殖しますけ
ど。さましたお茶を水筒に入れて持っていくより、冷凍したお茶の
方がずっと衛生的です。

 夏に冷たいお茶を飲むのなら、朝に凍ったお茶を持っていって、
お昼に飲む頃には程よく解けていて冷たいというのはちょうど良い
と思います。衛生的にも、冷たい状態(細菌の増殖が遅い)が維持
できるので良いです。

 市販のペットボトルを再利用しても問題ないです。長期保存はダ
メですが、家庭でお茶を沸かして少しさめた時にペットボトルに詰
め(よくすすいで乾燥したもの)、冷凍して朝に子供に持たせれば、
衛生上、何の問題も無いです。

 水筒のお茶は(1)熱いままで、熱いうちに飲む。(2)冷たい
ままで(冷凍ならなお良い)冷たいうちに飲む。(冷たいのはペッ
トボトルも可)が、いちばん衛生的です。(普通は、細菌が増えて
も水筒のお茶で食中毒は起こりませんけど)

 ですから、学校に凍らしたお茶を持っていくのは何の問題もない
はずなんですが。(衛生的には)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 なるほど。この方はどうも専門家のようですね。衛生的には問題
がない、ということに前回の記事を訂正しておきます。

 つぎは実践的なお話です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 子どもの学校でも、お茶はペットボトルではなくコップのついた
水筒で持たせてくださいといわれています。

 理由は、3つあります。一つは同じく衛生上の理由からです。大
腸菌とまでは明言しませんが、O−157の事件があってから慎重
になっているようです。

 二つ目にもうひとつには、子どもたちの回し飲みがあげられます。
足りなくなった子や、忘れた子に自分のお茶をあげるのにペットボ
トルそのままを回し飲みすることをやめるように言われています。
それを避けるためにコップつきの水筒が好ましいと・・・

 三つ目に氷だけをなめることで、ペットボトルの中に唾液がはい
るため不衛生だということです。

 こどもはどうしても冷たいものを飲みたがるので、我が家ではお
茶をキューブの氷にして、水筒にお茶と一緒にいれています。そう
すると、氷が溶けてもお茶が水っぽくならず、氷も一口で口にいれ
られるため子どもは喜びます。もちろん冷たさも持続します。

 いずれにしても、ペットボトルに固執するほどのことではないと
思います。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 冷静な情報をありがとうございます。考えてみると、学校の常識
というのは信じられないことが多いですね。私は学校の先生が超保
守的だからと思うのですが,いまだになになにはダメ、というのば
かりですね。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 スーパーで売られている中国産の食塩に日本で認可されていない
添加物が入っていたそうですが、香料のように加工食品に使われて
いるといったことはないのでしょうか?ちょっと心配です。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この件について、以下の情報を追加しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 埼玉県春日部保健所は14日、春日部市のスーパー「マルヤ」が
昨年12月から埼玉、千葉、茨城、栃木の4県の全77店舗で販売
した「中国青島製食塩」約6万3000袋に、食品衛生法で禁止さ
れた無認可添加物のフェロシアン化物が使われていたと発表した。

 健康には影響はないが、購入者に返品を呼び掛けている。
                         (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020615-00002109-mai-soci
------------------------------------------------------------

 フェロシアン塩は黄血塩、YPSともいいます。分子式はK4Fe(CN)6
で、塩の固結防止効果がある。

 FAO(アメリカ食品保健局)の提案でWHO(世界保健機構)は19
40年代に食塩に10ppmの添加を認めた。

http://www.siojoho.com/s02/08.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以下は私からの返信です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 この添加物はアメリカなどでは許可されていますが、使用量は減
ってきているそうです。いわば過去の添加物です。中国は岩塩の本
場ですが、今でも使っていたのですね。

 日本では岩塩はあまり使用されていません。ほとんどがメキシコ
などから輸入の天日塩です。

 したがって、加工品に使われていることはあまりないと思います。
また、使われていたとしても健康被害が予想されるようなものでは
ありません。

 この間の香料などの添加物の問題はあくまで法令という規則違反
のことです。健康被害などとは関係ありませんので、ご安心くださ
い。(輸入野菜の農薬なんかはちょっと危なそうですけどね。)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

------------------------------------------------------------
--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.昨日の古館の買い物ブギという番組で、キシリトールの働きに
ついて虫歯菌の働きを弱めるなどの効果をいっていたのですが、以
前あまり効果はないというような話も聞いたことがあります。どち
らの内容のほうが正しいでしょうか。  

------------------------------------------------------------

A.キシリトールはまず虫歯の原因にならない甘味料ということで
した。そういう意味では他の糖アルコール類(ソルビトールとか)
と同じような位置づけになります。

 別にキシリトールだけが虫歯の原因にならないというわけではな
いのですね。

 ところがその後、虫歯菌はキシリトールのある環境では繁殖しに
くいというデータが出されているようです。

 テレビ番組はそれを取り上げたのでしょう。

 キシリトールを含むガムなどはある程度虫歯に有効だと思います。
ただ、それはあくまで補助的なものなので、他の虫歯対策(歯磨き
など)がいらなくなるわけではありません。

 そういう意味では「効果がない」という説も間違っているわけで
はないと思います。

------------------------------------------------------------

Q.先日ゆでタコを購入しました。そこには、添加物として、ph調
整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸NA,亜硫酸塩)とありました。
体にはどれほどの影響があるのでしょうか?また添加物を使用しな
いゆでタコはあるのでしょうか?(どのタコを見てもそれらが添加
物として書いてあったので)

------------------------------------------------------------

A.PH調整剤としては有機酸が使われることが多いと思います。
酸性にして保存性をよくするのですね。

 エリソルビン酸はビタミンCと同じような物質です。亜硫酸塩は
変色防止のためにエビやカニに使われます。ゆでタコにも同じよう
な目的で使うのでしょうね。ワインにも使われています。

 いずれも、毒性に関してはあまり問題はないでしょう。

 ゆでタコというのが、ああいうきれいな色をしているのは、こう
した添加物を使用しているからですので、たぶんどのゆでタコにも
入っていると思います。

--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「異性化糖」
------------------------------------------------------------

 「異性化糖」ってどういうものか、という質問があったのですが、
メールアドレスが記入されていませんでした。そこでここに書いて
みます。

 これは普通「ブドウ糖果糖液糖」という表示で使われている甘味
料です。要するにブドウ糖と果糖の混合物です。

 原料はでんぷんです。このでんぷんはイモ・トウモロコシなどか
らとれるものです。

 でんぷんはブドウ糖がたくさんつながったものです。これを酵素
で分解するとブドウ糖が得られます。砂糖よりはずいぶん安くでき
るのですが、ブドウ糖は砂糖ほど甘くないので、甘味料としてはあ
まり使われていませんでした。

 ここに登場したのが「異性化酵素」です。ブドウ糖と果糖とは同
じ化学式の分子ですが、分子の構造が違う分子「立体異性体」です。
この酵素はブドウ糖にあうと果糖に変え、果糖にあうとブドウ糖に
変える、両方向へのはたらきがあります。

 ブドウ糖溶液にこの酵素をはたらかせると、だんだんと果糖がで
きてきて、最終的にブドウ糖と果糖との混合物ができます。果糖は
砂糖より甘味が強いので、この混合物は砂糖とあまりかわらない甘
味をもっています。

 液体ですし、砂糖のような保水力はありませんのですべてが砂糖
と同じではありません。しかし安くて使いやすい甘味料として、幅
広く使われるようになりました。

 砂糖の原料のサトウキビは熱帯の植民地で単一作物のプランテー
ションとして広く栽培されていました。「サトウキビの大地」がひ
ろがっていたのです。

 この異性化糖の登場は国際砂糖価格を暴落させ、植民地から独立
した新興諸国に大打撃をあたえました。それほどインパクトの大き
いものだったのです。

 「ブドウ糖果糖」と書いたり、「果糖ブドウ糖」と書いたりしま
す。これは多い方から先に書く慣例のためです。もちろん後者の方
が甘いわけです。

 果糖は蜂蜜の主成分でもあります。果糖の特徴として、温度が低
い方が甘味が強くなることがあります。

 冷やしたコーヒーなどには砂糖ではなく蜂蜜か果糖の多いシロッ
プが適しているのはこのためです。

 異性化糖もこの性質をひきついでいるため、低温で食べる食品に
は好んで使われます。とくに冷やして飲む清涼飲料水などには必ず
使われています。

 菓子類では砂糖のもつ物理的な力を利用しているものが多いので
す。したがってあまり異性化糖は使われていないと思います。

 同じような用途に使われる甘味料として、ソルビトールというも
のもあります。保存料のソルビン酸と混同している人が多いので、
あまりよくいわれませんが、これはブドウ糖にアルコール基が一つ
多くついた「糖アルコール」と呼ばれるものです。いま話題のキシ
リトールも同じような仲間です。

 ソルビトールは甘味は強くないのですが、粘りのある液体のため、
佃煮などの食品には欠かせない存在になっています。

 いずれも毒性については全く問題はありません。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 同じく宛て先不明の質問で「次亜塩素酸は酸がつくのに何故アル
カリ性なのですか?」というのもありました。

 どうしてアルカリ性ということになったのでしょうか。ちょっと
不思議に思いました。次亜塩素酸は酸そのものですよ。

 メールアドレスが不明のおたよりは本当に困りものです。ほって
おけばよいのでしょうが、出した方は間違いに気づいていないでし
ょうし、調べる手段もありませんし。

 それから、携帯のメールアドレスで質問がくることもあります。
そのむね書いていただければ、文字数の制限にひっかからないよう
にしますので、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-137号--------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3381名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/