安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>125号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------125号--2002.03.31------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「核酸・薄口醤油・アスパルテーム(Q&A)」
「アルミ」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 前回のいただいたメールの中に、

「輸入鶏肉はブラジル産が圧倒的に多いけど、売っているところを
見た事無い。産地表示も良くわからないし、加工食品には何が入っ
ているかわかりませんよ。日本はオーストラリアからの食用ネズミ
も輸入していますので・・・。」

 という生協職員の言葉がありました。どう考えてもこれは、生協
側が消費者に対して話題を変えてごまかそうとしている言い方です
ので、その真偽のほどは言うまでもない、と思って無視していたの
ですが、これについての質問をいただきました。

 そこで、最初にいただいたメールへの返信を紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 食用ネズミというのは本当にあるのですが、この手のネズミやミ
ミズというのは、よくあるウワサです。

 「都市伝説」とかでインターネットを検索してみると、似たよう
な話がいっぱいでてきます。

 でも、食用ネズミというのは本当にあります。以下のサイトに、
食べた人の話とか、写真とかが出てきますので、存在することは間
違いありません。

http://www.sphere.ad.jp/saza/kikou2.html
http://www3.justnet.ne.jp/~sawashi/bolivia/img35.htm

 まあ、ネズミを食べるからといって驚くこともないのですが。

 グルメ用の結構高価な肉ですので、大量に輸入されたり、安い加
工食品に使われたり、ということはないと思います。

 昔はハム・ソーセージなんかにはウサギ肉がよく使われていまし
た。最近は豚肉の品質が良くなって、あまり使われないようですが、
ウサギ肉は非常に結着力が強いので、ツナギとして使われていたの
です。もちろん、豚肉などより高価なものです。

 昔は国産の豚肉はハムにできないほど品質が悪かったのです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 先日、テレビの女性アナウンサーの話題を集めた番組で、メニュ
ーがたくさんあるという変な食堂がでていて、そこのメニューに件
の大ネズミの料理が出ていました。

 輸入していることは間違いないようですね。

 それから、ブラジル産の鶏肉については、次のようなメールをい
ただいています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 結論からいうと、輸入の鶏はほぼ全量、加工用に回されます。中
国、タイ、米国、ブラジルあたりからの輸入が多いですね。(ちな
みに、最近はブラジルが多いようですけど、中国で鶏インフルエン
ザが発生する前は輸入のほぼ半分を中国産が占めていました。)

 では、スーパーで「中国産」「ブラジル産」と書いた鶏肉をまず
見かけないのはなぜかというと、味付け調理してしまえば法令上は
加工食品扱いになって、原産地を書く必要がないからです。ですか
ら、衣のついた唐揚げや、生肉でも下味のついたもの・たれのかか
っているもので産地表示のないものは、輸入物だと考えていただい
ていいと思います。あとはコンビニ弁当などの業務用ですね。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ということですが、この人は食肉加工会社の人らしいので、現場
からの情報、といったところです。

 ところが、先週の日曜日、スーパーの店頭で「ブラジル産」とい
う表示のある鶏肉を売っていました。私も実は初めて見たのですが、
なんだか時代が変わってきているのかなあ、と思いました。

 最初に戻って、この生協職員のような発言を聞いたら、消費者を
だます教育をされてきたんだなあ、と判断して良いと思います。内
容については言わずもがな、というやつで、私はどうもまともにコ
メントする気になりませんでした。

 それから、水道管のことについて、メールをいただきました。私
からの返信だけを紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 水道管に使われている材質は、鉄、鉛、銅、ステンレス、塩ビ、
ポリエチレンといったところです。

 このうち、配水管という本線の水道管は、だいたい鉄管のようで
すね。これはさびなどの問題があって、ステンレスに置き換えよう
としているところもあるようですが、高価なのであまり進んでいな
いようです。

 また、地震対策として、柔らかくて耐震性にすぐれる、ポリエチ
レン製のものも開発されていて、こちらは徐々に増えていくようで
す。

 その他の材料は主に家庭への引き込み用です。

 中でも鉛では、長時間水が滞留していた朝一番の水などは飲まな
い方が良いようです。

 この鉛の水道管の持ち主は誰か、というと、その家庭のもので、
水道局のものではないんだそうです。

 ご自分の家庭の引き込み管の材質を、確認されてみてはいかがで
しょうか。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この最後の部分ですが、鉛の水道管が使われているのは、個人の
所有物である、引き込みの部分なんだそうです。私も知りませんで
した。

 水道局では警告を出したりしているようですが、一例をあげてお
きます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 昭和55年以前に建設された住宅や施設などで、引き込み管に鉛製
の水道管を使用している場合があります。

 鉛は水道水中に溶け出しにくい物質ですが、安全のために次のこ
とを行ってください。

 水道を朝一番に使用するときや、長時間水道を使用しなかったと
きは、水が停滞し、鉛の濃度が一時的に高くなることがあります。
最初の水(おおよそバケツ1杯分)を飲用以外の用途に使用するよう
にしてください。

 ほかの材質への取り替えを、家の建て替えなどの機会に検討して
ください。費用は、水道メーターから蛇口までが自己負担になりま
す。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/ku/benri/env/namari.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ついでに言うと、「クリスタルガラス」は鉛を含んでいますので、
飲み物を入れて飲むのはあまり良くないそうです。気をつけてくだ
さい。

------------------------------------------------------------
--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.最近、健康食品が色々でていますが、タラの精子(?)からDN
A、RNAを精製して、タブレット状にしたものがあると思います。DN
A、RNA等、核酸をあえて特別に食品として摂ることは、必要なのか
疑問なのです。

 疲労回復、老化予防とうたわれていますが、実際どういった原理
で効能があるのでしょうか?

 また、健康食品でビタミン類、ミネラル類が一日当たりの必要摂
取量の2倍以上入ったものが、よく見られます。ビタミンAは特に
過剰摂取は問題なので、注意書きが表示されているものもあります
が、この点にメーカー側はどの様に考えいるのでしょう?

------------------------------------------------------------

A.核酸については、単なるインチキだと思います。核酸の原料が
不足するなんてことは、絶対にないはずです。また、多くとったか
らといって、意味があるわけでもないでしょう。

 では、なぜ、そういうものが売られているのか、というと…。

 三田誠広という人の「健康なんか怖くない」(?だったかな)を
読むと、健康食品というのはそういうちょっと本当らしく、ちょっ
とインチキくさい雰囲気を楽しむものなんだそうです。

 健康食品というものが、そのもっている雰囲気というか、付随す
る情報を楽しむものなんだ、ということで、少し謎が解けたような
気がしています。

 メーカーもその辺は心得ていて、いかにもそれらしく、実際は毒
にも薬にもならない線を狙っている、というところでしょうね。

 ビタミン・ミネラルにづいては、「必要量」より多い、というこ
とはあっても良いのではないか、と思います。

 過剰摂取の害の心配はありますが、「必要量」=これ以上は必要
ない、ということではなく、「これくらいは必要ですよ」というこ
とだと思います。

 カロリーなんかも、必要量的なものはあるのですが、人によって
はその倍くらいとっても、別になんともないですね。

 まあ、たくさんとっても、水溶性ビタミンなら尿に出て行くだけ
ですし、ミネラルなんかはおそらく吸収もしないと思いますので、
無駄といえば無駄なんでしょうが、その辺は人にもよりますので、
微妙なところです。

------------------------------------------------------------

Q.薄口醤油の小瓶が売ってないとうちのかみさんがいっていまし
た。500CCの小瓶があればいいですね。

------------------------------------------------------------

A.どの辺にお住まいですか?関西方面であれば、たぶん探せばあ
ると思います。薄口醤油というのは、もともと関西独特のものなの
で、関西方面でしかないのかもしれません。

 我が家では妻が先日、間違えて薄口醤油の500ミリリットルの
やつを買ってきていました。(和歌山市在住です。)

 あれで刺身なんかを食べると、やっぱり美味しくないですね。

 関西では煮物に濃い色がつくのを嫌いますので、薄口醤油の需要
は多いですが、味の面からいうと、塩分ばかり多くて、うま味の少
ない醤油なんです。

 色さえ気にしなければ、濃口醤油で十分だと思います。

------------------------------------------------------------

Q.最近「クレイジーメーカー」とゆう本で、アスパルテームに熱
を加えるとエタノールに変化して脳に悪影響を及ぼすとよんだので
すが、どう思いますか?その本にはサッカリンなども、非常に危険
とかいてあり困惑しています。

------------------------------------------------------------

A.どうも題からしていかがわしそうな本ですね。内容はだいたい
想像がつきますが、こうした煽動本というのは、一部、そうである
ことを願っている人には気持ちのよい本なんです。

 でも、普通の人が読んだら、やっぱりちょっと困ってしまいます。
読まないのが一番なんですが、見分け方が難しいですよね。

 私のところだけではなく、「アスパルテーム」で検索すると、た
くさんの情報がWeb上にはありますから、いろいろと比べて見て
ください。

 私の意見は、アスパルテームは別に勧めるようなものではありま
せんが、こうしたものを標的に悪口を言っている人というのは、お
そらく別に目的があるんだ、というものです。

 こうした煽動で不安をあおって、何かを売りつけようとしている
のか、何かの運動や宗教に誘おうとしているのか、またはあおるこ
と自体が金儲けになっているのか…。

 アスパルテーム自身には別に毒性はありません。

------------------------------------------------------------
--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「アルミ」
------------------------------------------------------------

 先週ですが、毎日新聞にこんな記事が載っていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 アルミニウムと老年性アルツハイマー病の関連性を示唆する結果
が、大阪大の研究グループのヒトの神経細胞を使った実験で出た。
微量のアルミニウムにさらされた神経細胞は、通常より相当早く、
アルツハイマー病との関係が指摘されるたんぱく質を作り始めた。
専門家の間では、日常生活で摂取するアルミニウムの量ではアルツ
ハイマー病は発症しないとの見方が主流だが、今回の実験結果は微
量でも発症する可能性を示しており、専門家による詳細な検討が求
められる。
http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/847715/83A838b837e-0-2.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私のところではこれが一面トップだったんです。ちょっとびっく
りしましたが、読んでみてなあんだ、という感じ。毎日新聞はとき
どきこんな記事を持ってくるんですよね。(こういうセンセーショ
ナルなのが好きな記者がいるみたいです。)

 この記事は要するにこんなことです。

(1)ヒト神経細胞を実験的に培養した。

(2)微量のアルミ(濃度は不明)を添加して、変種PS2と呼ば
れるタンパク質をつくるかどうかを調べた。

(3)酸素不足にすると、アルミなしの場合は16〜24時間後に
変種PS2が発現したのに対し、アルミがあると約1時間で発現が
始まった。

 というのが実験結果です。そこで疑問点は次のようなことになり
ます。

(1)変種PS2というタンパク質は「脳の神経細胞が小さな血栓
などで酸素不足に陥った時などに大量に作られるたんぱく質。神経
細胞を死滅させ、老年性アルツハイマー病を引き起こす可能性が指
摘されている。」ということですが、「アルツハイマー病を引き起
こす」のか「アルツハイマー病の結果である」のかは解決している
のかどうか。

(2)要するに変種PS2というタンパク質をつくることとアルツ
ハイマーとの因果関係はどうなっているのか。

(3)酸素不足にすると、アルミなしでも結局は変種PS2をつく
るようだが、そのことはどう評価するのか。

(4)酸素不足にしなければ、変種PS2はつくらないのか、もし
そうなら、真の原因は酸素不足ではないのか。

(5)試験管での実験結果と生体内での実際の動きは同じという証
拠はあるのか。

 といったところでしょう。実験としては無意味ではないと思いま
すが、まだまだこれからの話です。と思ったら、記事の最後にコメ
ントが2つあって、どちらも専門の学者から、思いっきり否定され
ていました。要するに見出しだけ大きくて、中身は何にもなかった、
というやつです。

 でも、この新聞のコピーをとって見せれば、記事は読まずに見出
しだけ読みますから、また利用する人が出てくるわけです。

 アルミがアルツハイマーの原因だ、という話は、主にステンレス
鍋(20万円ほどする高いもの)を訪問販売で売っている人たちが
流している情報です。そのうちこの記事のコピーが出回ったりする
でしょうが、新聞社は責任をとらなくてもよいのでしょうか。

 アルツハイマーは身近な人には結構深刻な病気です。それだけに
情報としての価値もあるのでしょうが、本来なら論文誌に掲載され
るべき研究が、こういうセンセーショナルな報道になるのは困った
ことだ、と私は思います。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「Q&A」の3つめのものは、もとは掲載しないつもりだったん
ですが、メールアドレスが間違っていて届かず、仕方ないのでここ
に掲載します。メールアドレスの間違いにご注意ください。

 「アルミ」の記事の阪大の先生は、ずっとアルツハイマーの研究
をしているのですが、どうもものになっていないようです。

 で、土曜日の新聞にまたまた阪大ネタで、「文系出身者は理系出
身者より生涯賃金が5000万円多い」という記事が載っていまし
た。

 阪大の研究者が、阪大の出身者にアンケートをとって調べた、と
いうことですが、一読、統計学の初歩も理解していない、アホ丸出
しの調査?です。何でこんなものが新聞に載るのだ…。

 ある醤油屋さんから、上等の醤油をいただきました。何でもメー
ルマガジンを発行されるそうで、記事の転載をしてもよいか聞いて
こられたので、了解したところ、お礼のような感じでいただきまし
た。

 こういう話は他にもあって、原稿料などという話もいただきまし
たが、ひもつきのようになるのは気が進まないので、原稿料はいた
だかず、転載については出所を明らかにすることを条件に、OKし
ています。

 わざわざ転載するほどのこともないと思いますが、もしそういう
場合は上記のように対応しますので、ご連絡くださいませ。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-125号--------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://www.kenji.ne.jp/food/
------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
 購読者数3534名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://www.kenji.ne.jp/food/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://www.kenji.ne.jp/food/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/