安心!?食べ物情報>メールマガジンバックナンバー>120号


-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報---Food-Review----------------------------
-------------------------------------120号--2002.02.24------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「いただいたメール」「添加物・塩・有機栽培・蜂蜜」「無農薬」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 今週もたくさんメールをいただいています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 119号に「一番大きな要素は、市販のハミガキにほとんどフッ
素が含まれるようになったから、ということだという説もあります。
フッ素入りハミガキの効果は確かに大きいようです。ということで、
歯磨きだけで大丈夫と思いますよ。」 

 とありましたのが大変気になったので参考までにお知らせいたし
ます。

 「フッ素は虫歯の予防になる」という考えとは、正反対の恐ろし
い意見があります。

 フッ素は、斑状歯、骨軟化症、腎臓・心臓疾、患フッ素アレルギ
ーのほか、最近では、発ガン性と催奇形性が指摘されています。

 お知りになりたいなら、フッ素を考える新潟連絡会編「健康な歯
のために・・・それでもフッ素を使いますか?ーからだと環境を汚
染するフッ素ー」に参考文献とともに詳述されています。

 ちなみに牛乳も「飲めば飲むほど骨粗そう症になり百害あって一
利なし」だそうです。骨粗そう症も牛乳をたくさん飲むようになっ
た戦後の病気です。青野菜を食べて、低蛋白の食事をしていた明治
生まれのおばあちゃんは、牛乳を好まなくても充分な骨密度を保っ
ています。

 この情報もあまり広まらないと思います。畜産業界をゆるがして
しまいますから、、、、(厚生省のえらい人は知っていて、牛乳を
飲んでいないでしょう)

 牛乳は、牛の赤ちゃんの栄養です。横取りはいけません。

 O−157の本当の原因は、牛乳であるともいわれていますが、
3軒の貝割れ農家にかぶってもらいました。(数の理論です。)同
じく狂牛病も教えてくれます。「肉食の過ちを」

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 さすがにこの意見は偏りがありすぎと思いますので、疑問点を以
下にあげておきます。

(1)フッ素が虫歯を防ぐ効果は立証されています。それに対して
「フッ素の害」は軽微なものかまたは妄想です。フッ素の過剰な使
用が斑状歯を作ることは事実ですが、世界中で水道水にフッ素添加
をしているところで、ご指摘のような事実はありません。(あれば
それこそ大問題です。)

(2)牛乳が健康によくない、というのは人類史を冒涜する考えで
すね。「日本人は他の人類とは違う」などという話になりそうで怖
いです。最近、腰の曲がった年寄りの女性が急激に減ってきている
という気が私にはするんですが、昔の方が健康状態がよかった、と
いうのは、何を根拠にしているのでしょうか。

(3)堺市の給食食中毒事件で、O−157の原因にカイワレ大根
が疑われたのは、正当な疫学調査によってです。完全に特定できる
ところにまでは至りませんでしたが、現実的にはほぼ確定できる検
査結果だったと思います。それに対して牛乳に関しては全く疑いは
ありませんでした。どこからこのような話がでてきたのか、大いに
疑問です。

 牛乳を飲まないのも、肉を食べないのも、虫歯になっても平気な
のも、それぞれに自由ではあるんですが、私はこういうご意見がい
かなる信念から出てくるのか、いつも不思議に思っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 歯科医院に勤めていた者です。

 キシリトールは確かに虫歯の菌を押さえる働きがあるんですが、
ガムとして市販する場合、キシリトール100%ではとても高くて
生産できないため、ほかの甘味料が入っているそうです。

 そのため、ガムを噛んでいる間は、歯に付いた食べかすが取れた
り、唾液によって口の中の酸性が押さえられたりします。

 でもガムを噛み終わったあと、口の中に残った、キシリトール以
外の糖分を利用して、また口の中が酸性になってしまい、虫歯や歯
周病の菌が増えてしまいます。これは3分であっという間に広がる
そうです。

 そのためガムは外出先などで、歯磨きが出来ない時の応急処置と
して使うだけで、やはり今のところは歯磨きしか方法がないとのこ
とです。

 この話は”あるある大事典”でも紹介されていました。

 今はフッ素入りの歯磨き粉が充実していますが、まだまだ歯に関
しての正しい情報が広がっていないのが現実です。歯科予防に力を
いれている歯科医院が少ないのも現実です。

 以上私の感想でした。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 同じメールに、以下のようなことも書かれていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 私は香港に住んでいるのですが、野菜に付いた農薬をどう洗えば
農薬が除去できるのか、というのを今探しています。

 香港では買った野菜は1時間水に浸ける、というのが香港の主婦
の常識なのですが、これではビタミンが無くなってしまうのでは?
と思っています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 よく洗えば、表面についている残留農薬は少しは減るでしょうね。
残留農薬はPPMの単位ですから、実際問題としてはあまり意味が
ないような気もしますが。

 でも、こうした関心が、中国での農薬使用に関して、一定の規制
力になっていくことを期待しています。今、中国では生産拡大の波
にのって、かなり無茶な使い方が横行しています。かつて日本でも
同様だったのですが、そういう行為がいかに消費者に不信感を与え、
長い期間にわたって禍根を残すのかは、日本の例を見れば明らかだ
と思います。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ずいぶん前のことで恐縮なのですが12月にトルマリンのことに
ついて書かれていましたね。家族がトルマリンにはまっているが大
丈夫なのかという読者のお尋ねに「トルマリンはほぼインチキだ」
と返答されていました。

 わたしの実家は貴金属の卸業をしています。そこでトルマリンの
ストラップ(兼ブレスレット)を扱っています。電磁波と静電気を
防ぐのに良いということがうたい文句です。

 実際、トルマリンを腕にはめていると静電気でバチッとするのが
激減します。ラジオの近くで携帯を使うと雑音がするのですがトル
マリンを付けていると雑音はしなくなります。

 詳しいことは分かりませんが静電気と電磁波に効果があるのは事
実だと思います。また、トルマリンをお風呂に入れると水が柔らか
くなります。

 水の肌触りが全く違うことが実感できます。それがどう健康にい
いのかと言われれば実体験からの証明はまだできませんがトルマリ
ンがなんらかの作用をしていることは疑いようがありません。

 トルマリンは別名「電気石」といいます。地球上で唯一、自ら電
気を発するからです。このことはキュリー兄弟が発見した学術的な
事実です。トルマリンはどんなに小さく砕いても+極と−極を持っ
ているので電子を永久的に流し続けます。

 エネルギーはどこから来ているのか?という疑問はこれで解決し
ますでしょうか?

 現在、トルマリンが流行っていますので、まがいものの便乗商品
もきっとあると思います。

 マイナスイオンが本当に体によいのかどうかも分かりません。飲
み水に入れていいのかどうかも知りません。しかし、トルマリンが
電気を発していることは事実で、静電気や電磁波を抑えること、水
になんらかの変化を与えることは私の体験からも証明できます。で
すから、「インチキ」という言葉でトルマリンすべてを否定される
のには反対です。そのあたりのフォローを是非お願いしたいと思い
ます。

 静電気防止のためのブレスレットはほんとーにほんとーにお勧め
ですよ!!!!

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 トルマリンは別名電気石ともいい、熱や圧力で静電気を発生する、
ということです。静電気防止には効果があるでしょうね。でも、静
電気と流れる電流とは違いますし、エネルギーの補給なしに電気を
発生するわけでもないと思います。

 トルマリンについては、以下のページの解説を私は参考にしまし
た。
http://www.tdk.co.jp/tjdad01/dad00001.htm
http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/MinusComQues.htm

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

Q.発酵調味料・酒精・アミノ酸・増粘多糖類が入っている食品は
安全なのでしょうか?また、このうち化学調味料やいわゆる添加物
といわれる物はあるのでしょうか?

------------------------------------------------------------

A.発酵調味料というのは漠然とした言い方ですね。しょうゆ、味
噌なんかも発酵調味料には違いないんですが、普通そんな言い方は
しません。たぶん「みりん」系の調味料と思います。

 みりんは本来酒なので、酒税がかかりまですが、アルコール分1
パーセント以下のものや塩を加えたものは酒税を免れるかわり、
「みりん」とは名乗れません。

 みりん風調味料といったりしますが、発酵させずにみりん風の味
をつくった調味料もありますので、それと区別するために「発酵調
味料」と言っているのではないかと思います。

 酒精はアルコール(エタノール)のことです。

 アミノ酸は調味料として使われていますが、その実態はおそらく
グルタミン酸ソーダそのものだと思います。いわゆる「味の素」で
す。

 イノシン酸やグアニル酸などのアミノ酸ではないものを使ったと
きは「アミノ酸等」と書くのがお約束です。

 増粘多糖類は海藻などの抽出物で、寒天なんかのお仲間と思えば
よいです。結構用途が広く、便利に使われています。

 というところです。「化学調味料」というのは定義も難しいとこ
ろがありますが、「アミノ酸」という表示の部分は化学調味料と思
った方がよいでしょうね。

------------------------------------------------------------

Q.はかたの塩や沖縄の塩などにもMSGを使用しているのでしょ
うか?にがりのおいしさだけではないのでしょうか

------------------------------------------------------------

A.はかたの塩などは通常の食塩に「ニガリ」を添加したものです。
ニガリは海水に含まれる塩分のうち、塩化マグネシウムを中心とし
た、非常に溶けやすい部分です。

 潮解といって、自然に空気中の水分を吸収して、自分で溶けてい
く性質があります。このため、製塩の最終段階で、流れ落ちてしま
うのが普通です。その部分を何らかの手段を講じて、残したり、ま
たあとから添加したりしたものが「自然塩」と呼ばれるタイプの塩
です。

 食塩(塩化ナトリウム)以外の成分を含むため、味は格段によく
なります。これが「おいしい塩」といわれる所以ですね。

 この「おいしさ」はうま味とはまた違います。したがって、化学
調味料を使うようなことはありません。

 少なくとも、私の知っているかぎり、化学調味料を使った「自然
塩」はなかったと思います。

------------------------------------------------------------

Q.狂牛病にかかった牛の肉骨粉を、畑の肥料として使用した場合、
作物への影響は本当にないのでしょうか・・・有機栽培で野菜を作
っています。

------------------------------------------------------------

A.狂牛病の病原体は動物のもっているタンパク質です。作物に感
染したり、蓄積したりする可能性は全くありません。

 だいたい、植物はタンパク質を取り込んだりしないことはご存じ
のとおりです。

 可能性があるとすれば、その病原体自身が作物に付着している場
合ですね。ミクロの世界の可能性としては、絶対ないとは言い切れ
ませんが、実際問題として、影響があるということは考えられない
と思います。

 ミクロの世界の常識は私たちの世界とは違います。うろ覚えなん
ですが、コップ一杯の水を海に入れ、十分攪拌できことすると、世
界中の海の水にはコップ一杯あたり、さきほどの水の分子が必ず入
っているそうです。

 海の水の総量/コップ一杯の水の量 ≒ コップ一杯の水中の水
分子数

 なんだということです。科学者はこうした感覚で「ないとは言い
切れない」といいます。

 それと実際問題として、危険があるかどうか、ということとは別
のことだと思います。

 ただ、有機栽培というのは、危険がともなうことも事実です。リ
サイクルにともなう危険、というのでしょうか。

 狂牛病なんかより、もっと身近な危険はいろいろとあると思いま
す。投入する資材の素性には、くれぐれもご用心をおねがいします。

------------------------------------------------------------

Q.今日、知らなくて乳児に蜂蜜を飲ませてしまいまいした!咳が
出る程度の風邪だったのでビタミンCと蜂蜜が良いと思いミカンに
レモンを絞って蜂蜜を混ぜて飲ませました。40度のお湯で2倍に
薄めた物ですが50cc程飲みました。その5時間後くらいに下痢をし
ました。HPでボツルリヌス菌を知ってとても心配です。下痢はそ
の1度だけで機嫌も悪くはなく今は眠っています。どうしたらよい
でしょうか注意点を教えてください!

------------------------------------------------------------

A.ちょっと心配ですね。蜂蜜の中にはボツリヌス菌の芽胞がある
可能性があって、赤ちゃんの体内で増殖するかもしれない、という
ことで乳児には飲ませてはいけない、ということになっています。

 ただ、そうして発症する可能性はそれほど高くないと思いますか
ら、このまま何事もない、ということも予想されます。そうなれば
よいのですが。

 今日は日曜日ですが、もし、少しでも様子がおかしければ、医者
に診てもらってください。症例は以下のサイトにあります。
http://www.iph.pref.osaka.jp/report/harmful/detail/487ehime.html

 病院で手当てすれば、重大なことにはならずにすむようですね。
もちろん、症状からすぐに見破るのは不可能ですから、ハチミツの
件は医者に言ってください。

------------------------------------------------------------
--〔食べ物情報〕--------------------------------------------
「無農薬」
------------------------------------------------------------

 ネットで以下のようなニュースを見かけました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ○○会産としてお届けしていました青果物について、「ある会員
が『時々』グループ以外の産物を出荷していた」「その会員は脱会
してもらった」との報告を受けました。

 ○○会から「○○会産」として出荷されてきた青果物の一部に、
会のメンバー以外の産地のものが含まれていた訳です。誠に申し訳
ありません。心よりお詫び申し上げます。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ある生協の組合員向けのニュースです。ほめられたことではあり
ませんが、こうした実態が日常化していても、平気で扱いを続けて
いる生協が多い中では、好感のもてる態度だと私は思いました。

 実際、生協へ出荷している農民組合が、不足の野菜を他の農家か
ら買っているとか、市場から買ってくるなどということはよくあり
ますし、農薬を減らしたせいで見かけが悪くなったら、組合の方か
らちゃんと農薬を使えという指導を受けた、などという話もよく聞
きました。

 そういうことですので、別に気にもとめていなかったのですが、
調査報告を読んで驚きました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

・午前10時より、「元会員」本人からの聞き取りと台帳の点検
・1月31日(木)に「○○会」から届けられた「報告書」に基づ
き、本人から話を聞き、台帳を確認して、コピーをもらいました。
・午前11時より、「元会員」が、にんにくを買い受け、出荷した
Kさんと会い、圃場を見せてもらい、話を聞きました。
・栽培は無農薬・無化学肥料でした。
・ただし、隣接園地に果樹があり、その下草の除草が大変なので除
草剤を使っていました。

(略)(他の場所で)

・栽培内容は、「元会員」が指定し、無農薬・無化学肥料で、除草
剤も使っていませんでした。堆肥は馬糞堆肥で、自宅で醗酵させて
いました。圃場を確認しました。

(略)(他の場所で)

・栽培は、鶏糞堆肥を中心に、「5・5」という化学肥料も少し使
っていました。農薬や除草剤は使っていませんでした。

(略)(他の場所で)

・栽培内容は、無農薬・無化学肥料でした。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 一回の聞き取り調査で、「無農薬・無化学肥料でした。」と報告
する神経が私にはわかりません。

 そういう不正行為に手を貸した農家が、「おれのところも無農薬
で作っている。」などという言い訳をする可能性を考えてもいない
のでしょうか?

 まさかその農家が「有機栽培」の認証をとっていたわけでもない
でしょう。いかなる方法をもって、「無農薬」という認定をしたの
か、何も書かれていませんが、ぜひ聞かせてもらいたいものです。

 こういうことで事態を収拾しようという気持ちはわかりますが、
これでは元々の「無農薬」などということが、この程度のものだ、
ということを暴露してしまっていると、私は思います。

 私の経験でも、今までは市場に出荷しているのに、「うちでは農
薬を使っていないから」と言って売り込みにくる農家の、ほぼすべ
てが嘘を言っていたと思います。

 農薬を使わない栽培にはそれなりの苦労も工夫もついてきます。
今まで市場に出していた農家が、「無農薬」で栽培している、など
と言っても信用してはいけないのは常識に属すると思っていたので
すが、そうでもなかったようです。

 私も覚えがありますが、生協なんかに籍をおいていると、つい仕
入れというのが騙し騙されのビジネスの世界である、ということを
忘れがちになるんですね。

 私とは別に関係のない生協であり、生産団体なので、余計なおせ
っかいですが、ちょっと気になったので書かせてもらいました。

 実際にはきちんとした調査をしていた、ということでしたら、以
上の発言は訂正しますので、ぜひお知らせください。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 雪印食品はついに会社を解散するとか。工場なんかはどこかの会
社が引き取るのでしょうか。従業員の人たちはどうなるのでしょう
か。気にはなりますが、全体としはこれでよかったのだと思います。

 食品の表示に関して、罰則規定を強化するとかいう話もあります
が、バレれば即倒産、ということ以上の罰則はないと思います。担
当者が刑罰をくらって、会社は生き延びるというよりは、今の方が
よっぽど良いのではないでしょうか。

 今週も積み残しのメールがあります。できるだけ返事は早くする
ようにしていますが、もし遅れている人はご容赦を。遅くなっても
掲載していく方針です。

 以前、「車糖」の語源を質問されてわからなかったのですが、答
を見つけました。回答は次回のお楽しみに。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-120号--------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://www.kenji.ne.jp/food/
------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
 購読者数2439名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「安心!?食べ物情報」)は
http://www.kenji.ne.jp/food/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://www.kenji.ne.jp/food/food2.html へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/