安心!?食べ物情報>Q&A>351−400


Q.400 水に興味がありましてあれこれ探すんですが、確かに人間にと って水は大切なものだと思うんですが何を基準に探せばいいのか教 えてください。


A.水は安全性を言うなら、水道水で充分だという見解もあります。 健康によい水というのもどうも私は信用する気になりませんので、 飲んでみて美味しいと感じればそれでOKではないかと思います。

 いくら美味しくても、井戸水を飲んでいてひどい目にあった人が いましたので、その辺は注意が必要でしょう。

 山へ出掛けて泉の水を汲んでくるのも風流ですが、汲み置きの水 はちょっとこわいです。

 私はこのごろ、お茶(杜仲茶ですが)を沸かして飲むようにして います。何も「水」という形にこだわることはないのではないでし ょうか。


Q.399 あのう、恥ずかしいのですけど、部屋の押入れを整理していた ら、贈り物や香典返しでいただいた緑茶や紅茶、ウーロン茶が一杯 出てきました。いずれも缶入りかアルミ箔入りで、開封されてませ んが、製造年月日を見ると、なんとみんな10年以上前のものばかり です。

 試しに紅茶の一缶を開けたら、一応ほのかな紅茶の香りがしたの で試しに沸騰させて飲んでみました。そう美味しいとは思えなかっ たのですが、まあ飲めないことはなく、紅茶の味がしました。どう なんでしょう。あまり古過ぎるのをもったいないと思って飲むのは 健康に良くないのでしょうか?


A.健康によいとか悪いとかいう話ではなくて、もう本来の味はし ないでしょうから、あきらめた方がよいと思いますよ。どうせ今ま で忘れていたものですから、腹もたたないところだと思います。

 食べ物は例外もありますが、そんなに長期間保存できないものだ と思ったほうがよいです。これしか食べるものがないときは、そん なことも言っていられないでしょうが。


Q.398 ナチュラルチーズを買った時、成分表示に「増粘多糖類(ロー カストビーンカム)」と言うものがありました。これはどういった ものなのでしょうか?


A.どんなチーズなのでしょうか?プロセスチーズなら、乳化剤は 必ず使っています。

 ナチュラルチーズは本来、増粘多糖類などは使用しないものです が、カマンベールチーズやクリームチーズなどでは使われていると 思います。ほどよい状態に固めるために使用しているのでしょう。

 北海道産のチーズのサイトでみかけました。
http://www.lilac.co.jp/bussan/guide75.htm


Q.397 ただいま、牛乳について調べています。「ホモ牛乳」と「ノン ホモ牛乳」、「低温殺菌乳」と「高温殺菌乳」とかの分類(大雑把 に分けるとですが)がありますが、「ノンホモの高温殺菌牛乳」と 言うものは存在するのでしょうか?また、ホモジナイズ処理過程に 於いて高圧を掛けますが、そのとき温度はどの程度まで上昇するの でしょうか?


A.「高温殺菌」というのは普通、75℃15秒程度の殺菌をする 「HTST」を指します。普通の牛乳は135℃数秒の「UHT」 ですので、「超高温殺菌」ですね。

 「高温殺菌」と「低温殺菌」はほぼ同等の殺菌効果です。

 ご質問は「ノンホモ・超高温殺菌」が存在するか?ということで しょうが、たぶん存在しないと思います。

 ホモゲナイジングしない牛乳は大きな脂肪球のままです。このま ま超高温殺菌の熱交換機に通すのはたぶんできないでしょうし、瞬 間的な殺菌ですから、殺菌効率も落ちてしまいそうです。

 ホモゲナイジングは超高温殺菌には欠かせない前処理だと思いま す。

 低温殺菌でも、ホモゲナイジングしないものは殺菌効率が下がり ます。その分、きれいな原乳を確保しないといけないのだそうです。


Q.396 健康情報誌などでは、白米を止めて玄米及び麦を主食にするこ とを推奨していますが、健康上どのような受け止め方をするのがい いか、御提言宜しく御願い致します。


A.ビタミンなどの栄養素に優れている、とかいうのでしょうね。 はっきりいって、根拠はありません。でも「情報誌」なので、何が しかの情報を提供しないといけないので、こういう話はよく取り上 げられます。

 こういう雑誌はエンターテイメントの一種ですから、楽しめれば それでよいのだと思います。

 でも、気にする人の中には、こういうのに振り回される人もいま す。

 一冊の雑誌の中に、矛盾する情報をのせて平気なのですから、真 に受けるのはどうかしていると私は思います。


Q.395 最近、アルカリイオン水を飲用するようになりました。最初は よく下痢をしたのですが、今では普通に飲めます。ところで、pHが 12ある水は飲んでも大丈夫なのでしょうか。不思議な水だと、紹 介されたのですが


A.そんな水を飲んだら下痢をして当然だと思いますが、慣れるも のなんですね。

 飲んだ後、何ともないなら別に害はないと思いますが、健康によ いとは思えません。

 世の中に健康によい水というのはたくさんありますが、じつは水 を飲むこと自体が健康によいのだと思っています。

 年をとってくると、どうしても水分不足になりがちですので、私 も一日2リットルを目標に水分をとるようにこころがけています。

 その動機づけとしてはこのような水もよいのでしょうが、pH12と いうのは、私は敬遠したいですね。

 アルカリが身体によいというのは、迷信です。


Q.394 食の安全についての立場から海苔の酸処理について知りたいと 思います。先日、北海道のサロマ湖で採れた海苔で作られた無酸処 理と表書きのある焼き海苔をいただきました。これをくれた人は食 物アレルギーのある人でそれまで焼き海苔を食べると口の回りがか ゆくなったのにこれは大丈夫と私にすすめてくれたのです。わが家 には夫の郷里から、宮城県松島産の焼き海苔が送られてくるのでず っといつもそちらを食べてきました。わが家ではいただいた海苔よ りやっぱり松島の海苔の方がおいしいと家族の意見が一致しました。 無酸処理をうたっていない焼き海苔は、どれにも酸処理がなされて いるのでしょうか?焼き海苔よりもやっぱり本当においしいのは、 昔ながらの半折になった海苔だというのはわかりますが。


A.海苔の養殖で、酸処理をするのはよくあるそうですね。具体的 には、養殖中の海苔に酸(有機酸)をかけて、雑菌をなくしたりす るのだそうです。使う量が多かったり、塩酸などの強い酸を使った りして、いろいろと問題になっているようです。

 ただ、どちらにせよ、海中でのことです。できた海苔を食べて、 違いがわかることはないと思います。分析しても、酸が残っている ことはないでしょう。

 問題があるのは、養殖している海の方であって、できた海苔では ないと思います。

 海苔は収穫後、すぐに感想して板海苔になって取引されます。一 般に、焼き海苔として売られているのより、板海苔のまま売られて いるものの方が高級な気がします。印象の問題なんでしょうけれど ね。


Q.393 「胚芽精米」についてなのですが、うろ覚えで正確な転記では ないのですが米の袋に「胚芽精米は(特に夏場)いたみやすいので、 早めに使い切りましょう。できれば冷蔵庫で保管下さい」「胚芽精 米にみられる緑色の米は、○○(←思い出せません)です」(↑要 はカビではないとの説明かと思われます)とあるのを見ました。

 私は「いたんだ米」「カビた米」を見たことも食べたこともない と思うのですが、食べることに適さない「いたんだ米」「カビた米」 というのは、すぐに気がつけるものなのでしょうか?「胚芽精米」 に見られるという「緑の米」と「カビた米」は明らかに違いがわか るものなのでしょうか?「米」が悪くなるというのは、どんな点か ら判断すれば良いのでしょうか?

 「胚芽精米」は栄養があると聞き、購入しようかと思うのですが 初めて食べるものなので、いたんでいたり、カビているのも気づか ず「胚芽精米」はこういうものなのだろうと食べてしまうのでは? と心配になります。

 他のHPで、米からするニオイは糖が酸化したものという説明が あり、この場合は食べても大丈夫とあったのですが「酸化臭」がす るというのは、「いたんでいる」とは違うのですか?味が落ちてい ても、食べることに差し支えないのでしょうか?

 「米」をといだ「水」に「油分」が浮くのは当然なのでしょうか? これは「ぬか」から出たものですか?だとすると「無洗米」をとい だ「水」にも少々「油分」があるのっておかしいですか?我が家の 「お釜」に問題があるのかしら?と常々気になっています。


A.胚芽米は胚芽を残すように精米しています。七分づきなどと違 って、ヌカはできるだけ取るようにしていますが、やはり白米より はヌカが多く残っています。

 ヌカは脂肪を多く含みます。「米油」というのはヌカからつくっ た油です。この脂肪は酸化しやすいので、白米より胚芽米の方が痛 みやすいといわれるのだと思います。

 ただ、少し臭いがする程度でしたら、炊飯前に米をとぐときに、 酸化されたヌカはとれてしまいますので、それほど心配はないので しょう。

 緑色をしている米は未熟なもので、葉緑素が残っているのだと思 います。カビが生えると、米粒が固まってきますので、炊飯前には 気が付きます。

 毎日のことですので、米をとぐときによく見ていると、米の様子 もよくわかると思います。

 とぎ汁に脂肪分が出てくるのは、ヌカの性質からいって当然です。 米をとぐというのはわずかに残っているヌカを最後に取り除こうと しているのですね。でも完全にはとりきれないので、ご飯にも少し 残っています。ご飯を保存しておくと臭いが出てくるのはそのため だそうです。


Q.392 食品添加物(香料、着色料)が多く入っている食品をとりすぎ るとどんな害があるんですか。とくにコーラ


A.どんな害があるのでしょうね?

 はっきり害があるとわかっていれば、食品添加物の指定は取り消 されます。だから、現状で使用されている食品添加物は、その使用 量の範囲では無害と考えられるものです。

 もちろん、どんな場合でも完全に無害という保証はありません。 しかし、食べ物全体に、完全に無害なものは一つもないのです。

 食品添加物を多用した、安易な食品づくりがよいわけではありま せんが、食品添加物を何か毒物のように思っているとしたら、それ は誤解ですね。

 コーラも別にとりたてて食品添加物が多いわけではないと思いま す。スポーツ飲料の方が食品添加物はうんと多用していますから、 個別の物質ではなく、食品添加物一般について言うのは考えもので す。


Q.391 飲食店の店長をしております。仕事柄 食中毒の防止などに非 常に神経を使うのですが、水道管に強力な磁石をとりつけて、「美 味しくする」「料理やご飯の味が良くなる」「細菌の繁殖を抑制す る」などの効果をうたった商品が以前から出まわっていますが、実 際の効果はいかがなものなのでしょうか。特に殺菌効果は期待でき るものなのでしょうか。もし効果があるのであれば、磁石を取り付 けるだけで、維持費は全くかかりませんのですばらしいのですが。


A.味については感覚の問題ですので、何ともいえない部分があり ます。でも、細菌の話は簡単に実験できますので、事実かどうかは すぐにわかります。

 私の知っている範囲では、磁石で細菌の繁殖を抑制できたという 実験データはないと思います。

 結論をいってしまうと、この手の話は詐欺またはそれに近いもの です。まず効果があるとこはないと思います。

 相手にしないのが一番だと思いますよ。


Q.390 桃の袋をかける時期はいつごろが良いのか、産地によって違う と思いますが、果実の大きさなどで判断する方法を教えてください。


A.私は農業をしているわけではないので、こういう質問は困って しまいますね。

 だいたい、こんなところのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 5月20日頃〜5月末に、実がピンポン玉ぐらいの大きさになった ら、上から袋をかぶせます。この袋は二重になっていて、外側の袋 にはロウがひいてあり保温効果を高めます。内側の袋は薄い素材で 太陽の光を通します。

 このように袋をかぶせた実の状態を有袋<ゆうたい>といいます。 (逆に、袋を使わないで栽培された状態を無袋<むたい>といいま す。)

 有袋にすると

1)温室効果で実の成長が促進されます。
2)表面の保護。葉にすれて傷がついたり、虫がついたりするのを 防ぎます。

といった効果があります。有袋で栽培された桃は、表面が非常にき れいです。

 ただし、一個一個に手作業で袋をかけなければならず、大変手間 のかかる仕事です。

 桃がかなり大きく育ち、袋を突き破らんばかりになったら外側の 袋をはずします(これを除袋<じょたい>といいます)。

 この時の色はにまだ青いままです。

http://www.ykj.or.jp/miryoku/peach.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


Q.389 ソルビトールについて教えて下さい。一体どのような物質なの でしょうか?甘味料で耳にすることは多いのですが、他の目的とし てどのような使用方法があるのでしょうか?


A.グルコース(ブドウ糖)、ソルビトール、アスコルビン酸(ビ タミンC)と似たような物質です。化学式なとは以下のページを見 てください。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/sanpo/sanpo_03.htm
「D-グルコースのアルデヒド基を還元するとD-ソルビトールという 糖アルコールになる。」

 ブドウ糖の親戚ですが、清涼感のある液体ですので、粘りのある 食品にはよく使われます。のり佃煮なんかが代表的です。

 保存料のソルビン酸と名前が似ていて、よく混同されますが、全 く別の物質です。名前が似ているのはどちらもナナカマド(Sorbus 属)の実からみつかったからだそうです。

 リンゴで「蜜入り」といって、中心部が透明になって、非常に甘 くなるものがあります。このとき、中心部にたまっているのが、ソ ルビトールです。

 自然界に多く存在するものですし、安全性も問題ありません。


Q.388  L-アスコルビン酸ナトリウムは安全なんでしょうか?


A.難しそうな名前ですが、「ビタミンC」といえばおなじみです ね。人間には絶対に必要な栄養分です。どちらかというと簡単な構 造の物質で、ブドウ糖と似ています。

 大量にとっても必要量以上はすぐに体外に出て行きますし、おそ らく最も安全性の高い物質の一つだと思います。


Q.387 ガラス瓶もカメも溶け出すものがあるということですが一般的 に市販されているガラスの保存容器(果実酒用など)や漬物用の陶 器のカメは気にせず使って良いですよね!?

 ポリ容器などの石油製品は使いたくなかったので高いけれどガラ スや陶器製を選んでいました。酸の強いものを長期にわたって保存 する容器でお勧めのものがありましたら教えてください。


A.普通のガラス瓶やカメで問題ないと思います。

 ガラスは個体ですが、いろんな物質が混ざった状態になっていま す。したがって何らかの成分が出てくるのはたしかですが、クリス タルガラスから鉛が出てくる以外は、あまり有害だという話は聞き ません。

 また酢などの酸性のものにも強いようです。

 カメなどは陶器ですが、表面に釉薬をかけています。これは実は ガラスと同じような物質で、粘土などが陶器を焼くときに溶けてで きています。だから、ガラス性の容器と似たようなものでしょう。

 どうもプラスチックが危険だという思い込みの人が多いので、ガ ラスだっていろんな物質が出てくるよ、とよく言っていますが、別 にガラスが危険だと思っているわけではありません。


Q.386 市販の梅と蜂蜜から作られた「梅シロップ」の瓶のフタ付近か ら何もしていないのに、蜂蜜がしみ出ているものは食べても大丈夫 ですか?(瓶が割れていることや隙間もなくて、シロップ事体も色 の変化や泡立ちなどは見た目に異常はありませんが、、加熱すれば 良いでしょうか?)


 フタからもれているからには、何かの力がはたらいているわけ です。おそらく、中で酵母などが繁殖して、ガス(二酸化炭素)が 発生したのだと思います。

 酵母は糖分から二酸化炭素とアルコールを作ります。これがお酒 ができる原因なのですが、糖分の多い飲み物などでは殺菌不足でと きどきこういうことがおこります。

 ジュースのビンだったら、栓がガスの圧力でとんでしまったりし ます。まだ、食べても毒ではないかもしれませんが、あきらめた方 がよいと思いますよ。

 缶詰なんかでも、缶がへんこでいるのはよくても、ふくらんでい るものは食べてはいけない、といいます。


Q.385 最近、友人が「砂糖を控えてそのかわりにメープルシロップを 使っている」と言っていました。メープルシロップは砂糖と成分が 違うからと言っていましたが、そんなに違うのでしょうか?また、 砂糖の代わりに取ることで、本当に糖分を控えることになるのでし ょうか?


A.メープルシロップはカエデの樹液から作ります。カナダの名産 品ですね。あの国は国旗からしてカエデで、いろいろと思い入れが あるそうです。

 メープルシロップの主成分は果糖でしょうから、糖分=砂糖分と いう意味でしたら、メープルシロップは砂糖とは全く違うものです。

 ただ、糖分=炭水化物、という意味なら砂糖とあまり変りありま せん。同じ量でのカロリーは少し砂糖より低いですが、使うときに 量を計って使うわけではありませんから、実際の使用ではあまり変 わらないでしょう。

 独特の風味のあるものですし、好みによって使うのはよいと思い ます。けれども「メープルシロップは身体によい」とかいって、甘 いものをたくさんとるのは考えものだと思います。


Q.384 先日、会社の健康診断で保健婦さんの問診を受けた際に、野菜 の摂取量が少ないと指摘されました。その方に毎日市販の野菜ジュ ースを飲んでいると答えたところ、市販のものは保存料が入ってい るため体に悪いと言われました。ジュースのボトルの原材料名欄に は保存料らしき記載はないようです。実際のところ野菜ジュースに は保存料が含まれており、体には悪いのでしょうか。


A.保健婦というプロでありながら、こんなことを言っているのは ちょっと情けないですね。

 市販の野菜ジュースには防腐剤は使用されていません。これは必 要がないからで、缶詰にわざわざ保存料を入れることがないのと同 じです。

 缶入りの飲料は殺菌を兼ねて加熱され、高温のまま、缶に充填、 密封されます。微生物の侵入の余地はありませんから、防腐剤は必 要ないのです。

 野菜ジュースが身体に悪いということはありませんが、野菜ジュ ースと野菜とはやはり成分が違います。

 野菜ジュースを飲んでいるからといって、野菜をとらないでよい わけではないと思います。

 そういう意味でその保健婦の気持ちもわかるのですが、「防腐剤」 を持ち出してくるのが間違っています。


Q.383 最近中国茶に人気が集まっているようですが、農薬の心配はな いのでしょうか?


A.あるでしょうね。でも、日本のお茶にも当然農薬は使用されて います。

 中国産だけを不安視する根拠はないのですが、やっぱり今の中国 では不安もありますね。

 輸入の賽には検査されていますし、以下のページで検査結果を報 告しています。

輸入食品監視業務ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1.html

 いまのところ農薬が検出されたという例は見当たらないです。


Q.382 嫁ぎ先で長女が妊娠致しました。そこで、だしじゃこ(煮干) を食べさせようと思い買ってきましたが、「酸化防止剤を使用して いない」との表示があります。このまま食べさせてもいいでしょう か、又、別の物には「密封方法として、炭酸ガス・窒素ガスを使充 填、機密容器入り」とありますが、妊婦がそのまま食べてもいいの でしょうか。


A.「酸化防止剤を使用していない」のなら、問題ないのではない ですか?酸化を防ぐ方法として、ガス置換包装も有効でしょうね。 これは袋詰めのとき、空気を抜いて代わりに窒素ガスなどを封入す る技術です。

 だしじゃこが酸化した場合、黄色くなってきますので、見てわか ると思います。大きめのだしじゃこはもともと脂肪が多いので酸化 しやすいから、小さくてよく乾燥したものがよいでしょうね。

 ただ、だしじゃこをそのま食べるというのはそんなによいものな のでしょうか。カルシウム補給という意味でしょうが、だしじゃこ のカルシウムはあまり消化吸収がよくなかったと思います。

 私なら牛乳やチーズをすすめますが、この辺は好みもありますか ら、難しいところです。

 ご質問のだしじゃこは別に問題ないと思いますが、あまり周囲が こういうプレッシャーを与えるのは妊婦には負担だと思いますよ。


Q.381 食品を包む用のアルミホイルですが、これで直接食品を包むこ とは、食品に対してよくない、ラップかなにかで包んだあとであれ ばホイルでつつんでよい、という意見がありましたが、どうなので しょうか。

 食品にアルミがついてしまってよくないのかなあ、と思ったりで もラップの方も、なんとなく体にわるいようなきがするのですが。


A.「アルミが身体によくない」という説でしょうか?アルミホイ ルはアルミ箔といって、アルミを薄く伸ばしたものです。

 アルミは地球上にいちばんたくさんある金属元素ですが、不思議 なことに生物はあまり使わないのです。

 それでも、土壌の中には大量にありますから、案外野菜などにも 含まれています。

 とりたてて必要な元素でもないし、別に害があるわけでもないと 思います。

 「害がある」という説は、だいたい「アルミはアルツハイマーの 原因だ」という話です。実際、アルツハイマーの人の脳を調べてみ ると、アルミが沈着しているのが見られるそうです。

 しかし、これはアルミが原因ということではなく、アルツハイマ ーの結果だと思います。

 研究者の間でも、アルミ原因説はごく少数派です。ステンレス鍋 の業者や販売している人などの関係者が言い出したことなので、私 は信用していないのです。

 それとも味の面からの話でしょうか?アルミが原因で味に影響す ることはあまりないと思います。ホイル焼きのような料理はよくあ りますし、味がよくないのでしたら、プロ使わないでしょうから。

 どちらにせよ、心配はないと思います。おっしゃるとおり、ラッ プの方が気持ちよくないですね。普通は心配ありませんが、直接食 品を包んで、電子レンジであたためるのはやめた方がよいと思いま す。(アルミホイルは電子レンジでは調味できませんよね。)


Q.380 アイスクリームの賞味期限についてですが、どの商品を見ても 賞味期限がついていないのですが、どうなっているのでしょうか? アイスクリームでない冷凍食品は賞味期限がついていますが、違い はなんですか?


A.アイスクリームの賞味期限ですが、つけなくてよいことになっ ています。

 アイスクリームは温度の変化に敏感で、マイナス18度以上にな ると状態が変わってきます。保存中に温度があがると、容積が減っ てしまうので、見た目でわかります。

 逆に低温で保持している限り、品質は変化せず、何年でもおいし く食べられます。

 要するに、アイスクリームの保存に関しては、時間よりも温度の 方が大きな要素なのです。

 また、製造の実態からしても、小売りする容器につめた状態で作 られるのではなく、大きなかたまりで作って、出荷時に容器に入れ るのが普通ですので、容器に賞味期限を表示しても、あまり意味が ありません。

 このようなことから、今でもアイスクリームには賞味期限を表示 しないことが多いのです。

 別に表示してもかまいませんから、表示しているものもあると思 います。ただし、上記のような事情がありますから、あまり意味が ない、と考えられます。

 一般の冷凍食品では、温度の管理がよくても、徐々に劣化が進ん でいくこと、また途中で温度があがっても、販売時に低温になって いれば、消費者からはわからないこと、により、賞味期限をつける 必要があると思います。

 ただ、生鮮の冷凍品(エビ・カニなど)は大きな氷のかたまりの ような状態で輸入され、出荷時に小袋に分けるのが普通です。

 賞味期限はこの小分けした日を基準につけられますので、その点 では注意が必要です。

 小分け時にはいったん温度があがります。外国の産地で直接小袋 に入れて冷凍したものの方が品質的にはよいのですが、賞味期限を 見ると、古いような印象を与えてしまいます。

 製造年月日表示ではこの矛盾が一層ひどくなります。製造年月日 表示から賞味期限表示に変ったのは、こうしたことも原因ですね。


Q.379 赤色40号と青色1号の入ったキャンディーを知らず知らずの うちに結構食べていました。この2つは危険だと聞き、かなり不安 なのですが大丈夫でしょうか。


A.食品添加物の基準値は次のようにして決められています。まず、 最大無作用量といって,これくらいの量までならば健康に影響が出 ない量を決めます。

 つぎに、一生、毎日の食事で、その量を越えないためには、一日 の摂取量はどれくらいまで許されるかを決めます。(一日許容摂取 量)

 最後に、毎日の摂取量がそれ以下になるようにそれぞれの食品へ の使用基準を決めています。

 実際に摂取している量を調べることもしていますが、着色料など でこの一日許容摂取量を越えたということはないようです。

 だいたい、一日許容摂取量の数%くらいにしかなりません。だか ら少しくらいたべても、別に問題はないです。

 キャンデーをそんなに大量に食べたわけではないでしょう?


Q.378 現在私の住んでいる地域では、スーパーに有機や無農薬の商品 が少なく(野菜や加工食品など)、関東地域の自然食品宅配業者を 利用してみようか、と検討中です。何社か検討しておりますが、ど のような観点で業者を決定すればよいでしょうか?よろしくお願い いたします。


A.品物が良いこと、値段が安いこと、取り扱いの制約が少ないこ と、対応が親切なこと、ウソをついていないこと、常識的に言って こんなことでしょうか。

 でも、最初からなかなかわからないですよね。

 チラシなどで調べて、一度説明に来てもらえば、だいたいどんな ところかわかります。来た人がどんな人かで、だいたい判断がつく と思います。

 あまり調子のいいことばかりでなく、問題点や消費者側に守って ほしい約束事などをきちんと言う人なら、ある程度信用できると思 います。

 でも、中には消費者に対して偉そうに接する人もいます。こうい う人は消費者におもねる人と同じで、避けたほうがよいでしょうね。

 要するに感じのよい人が来てくれるところがよいのではないか、 というのが私の意見です。


Q.377 大豆油は加工食品などに良く使われているようですが、業務用 の販売はあっても市販品では一部のネットで販売されているくらい で大豆油としては売られているのを見かけません。菜種やコーンと ブレンドされているのは独特の風味か何かあるのでしょうか


A.業務用では「大豆白絞油」としてよく売られています。家庭用 では大豆単独の油というのはほんとうに見かけませんね。

 大豆油は淡白な味が特徴で、個性がない分、業務用では使いやす い、という話を聞いたことがあります。ただ、使っているとヘタレ やすく、耐久力の点では劣るようです。

 業務用の場合、大量に揚げますが、使う期間は短いのです。家庭 用の油では、期間をおいて何度も使いますから、大豆単独ではあま りよくないのだと思います。

 値段は大豆が一番安いですから、普通の食用油は大豆+なたねな んかが一番多いブレンドですね。

 なたねだけの方が持ちはよいのですが、味に個性があるので、い やがる人もいるとか。大豆油はそういう場合の裏方ですね。


Q.376 牛乳は、海外から輸入した牧草を牛に食べさせるのであまり飲 まない方がいいと聞きました。なぜかと言うと抗生物質が入れてあ るから、体に良くないと言うのです。子供などは、アトピーになっ たりすると聞きましたが本当でしょうか?飲むなら高原牛乳とか北 海道牛乳の国産で少し値段の高い物の方が良いと言われましたが。


A.基本的にこういう話はデタラメです。たしかに、輸入を牧草は 都市近郊の酪農ではよく使われています。単に牧草を干して固めた だけのものですから、あんなものに抗生物質のような高価な薬品を 使うとは想像もできないです。

 それから、牛乳は工場に集めるとき、出荷するときの検査で抗生 物質を検査しています。少しでも検出されたら、全量が廃棄される 仕組みになっています。

 牛に多い乳房炎などのときは、治療に抗生物質を使うことがあり ます。その抗生物質には赤い色がつけてあり、抗生物質が体内に残 留しているうちは赤い牛乳が出ます。これで抗生物質が入った牛乳 がまじってしまうことを防いでいます。

 もちろん、違法に人間用の抗生物質を使うということもないでは ないでしょうが、それは例外的なことで、その場合でも、ほとんど 上記の検査でひっかかります。

 牛乳は身近な食品で、なぜか悪口の対象になりやすいものです。 しかしほとんど例外なく、デタラメな情報ですから、眉にツバをつ けて聞いておいてください。

 北海道牛乳とか、高原牛乳とか、好みで選ぶ分にはよいですが、 上記の話との関連では、まったく根拠はありません。


Q.375 酢の容器についての質問です。瓶とペットボトルの2種類だと 思うのですが、ペットボトル容器の場合、酢に含まれる酸によって 容器が溶け出すことはないのでしょうか。市販されているので、そ のようなことはないと思いますが・・・。


A.ペットボトル容器の品質基準は次のサイトに掲載されています。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tcfk/plaanzensei.htm

 別に心配はないようですが、やはり感覚的にはビンの方が安心感 がありますね。

 実際、売られている酢は今でもビン入りが圧倒的に多いのではな いでしょうか。

 ただし、ガラスからもいろんな物質が溶けだしてきます。その量 はプラスチックより多いそうですから、ビンだから絶対安心という わけでもなさそうです。

 どちらにせよ、実用上問題はないと思いますので、気に入ったも のを買くればよいと思いますよ。


Q.374 昨年より、カスピ海ヨーグルトを始めました。2,3日前の朝 日新聞で、牛乳パックには雑菌がいっぱい、という記事が載ってい ました。このまま続けていいものか?考えています。


A.その記事は私は見ていません。どんな内容かわからないのです が、まあ「雑菌でいっぱい」というのはウソではないでしょう。

 牛乳は1ミリリットル中に5万個以下の細菌でなければいけない とされています。

 1リットルのパックには、5千万個の細菌がいてもよいわけです。 これが数億個に増えても、飲んでもわからない程度です。

 個数でもって「いっぱい」と言っても、人間界の常識でははかれ ない数なんですね。

 どこにでも、億や兆個の細菌はいますので、あまり気にしてもし かたないです。

 ところで、「カスピ海ヨーグルト」ですが、構成している細菌は たぶん不明です。また、作っていくうちに、細菌の構成は移り変わ っていくと思います。

 たぶん、健康に害が出ることはないと思いますが、危険性はじゅ うぶんありますから、あまり手を出さない方がよいのではないか、 と私は考えています。

 人によって考えは違いますが、安全性を重要に思うのなら、やっ ぱり腰が引けますね。


Q.373 無添加の手作りクッキーの賞味期限はどのくらいなのでしょう か?ケーキ屋さんや市販の手作り風のものはだいたい1カ月位だと 思うのですが・・・。


A.そのクッキーはどこかで売っていたものでしょうか?店で売っ ていて、賞味期限がついていないのなら、ちょっと問題ですね。

 自分で作った、また誰かが作ったものをもらったものなら、最初 から賞味期限という概念はありません。

 賞味期限というのは、メーカーが客に対して、この日までは大丈 夫です、とう保証しているものなのです。

 販売していて、それを表示しないのはいけません。ボランティア 団体などで、そういうところはときどきありますが、私はそれでは 物を販売する資格がないと思っています。

 販売しているものでないのなら、賞味期限は関係ないというのは、 要するに我が家で今日炊いたご飯には賞味期限がない、ということ です。

 もちろん、いつまでも食べられるわけではありませんが、食べら れるかどうかは各自が判断すればよいだけの話です。

 クッキーというのは焼き固めてあるわけですから、日持ちはよい と思います。見た目に変化がなければ、食べられると思いますよ。


Q.372 最近スーパーで「遺伝子組み替えでないエサを食べた牛の牛乳」 というのをみつけてビックリしました。そう書いていないものは、 遺伝子組み替えのエサを食べさせたものなのでしょうか。ちなみに その「組換えでない餌を食べた牛の牛乳」はあまりおいしくありま せん。


A.乳牛のエサは「粗飼料」と「濃厚飼料」に分けて考えています。 粗飼料は干し草などが主なもので、牛は本来こんなものを食べるの ですね。

 美味しい牛乳を出すには、粗飼料だけでは足りないので、栄養価 の高い、穀物などの濃厚飼料もたくさん与えます。

 いろんな原料を配合するのですが、主成分はトウモロコシです。

 輸入のトウモロコシは普通、遺伝子組み換えの品種も含んでいま すので、一般の牛乳は遺伝子組み換えの品種をエサにしていると思 ってよいと思います。

 ご質問の牛乳は、トウモロコシを使っていないか、遺伝子組み換 えでないトウモロコシを手配したかのどちらかでしょうね。

 あまり美味しくないということですから、使っていないのかもし れません。


Q.371 ソーセージとハムの違いはどこで判断すればいいのでしょうか? また、たびたびメルマガの中でもでてきますがやはり無添加のハム を作成するのは難しいのでしょうか?


A.ハムにもいろいろありますね。ロースハムはロース肉をそのま ま使います。ボンレスハムはモモ肉から骨をとったものが原料です。 骨付のハムもあります。

 ソーセージというのは挽き肉を原料にして、羊の腸などに詰めた ものです。

 プレスハムというのがちょっとややこしくて、豚肉を小さくカッ トして、適当な大きさのケーシングに詰めて作ります。

 ソーセージとどかが違うのか?といわれそうですが、ミンチほど 細かくしないで、豚肉のかたまりを詰めているという感じだと思い ます。

 手作りのハムは手間がかかりますが、それほど難しくはありませ ん。無添加ハムも問題なくつくれると思いますよ。

 一度、挑戦してみてください。

 ただ、「燻製」という工程は木の煙でいぶすのですが、必ずしも 安全とはいえないと思います。


Q.370 いつも行くスーパーに「抗生物質不使用・無投薬鶏」という鶏 肉が売っているのですが、パックによって色が全然違います。特に 胸肉は、ベージュに近い物からかなり濃い色の物までさまざまです。 「同じ物」として販売されているのですが、買うときにいつも迷っ てしまいます。何か違いはあるのでしょうか。


A.その鶏肉は品種的にも普通のブロイラーとは違うのでしょうね。 いわゆる「地鶏肉」では、こういうことがよくあります。

 「地鶏」といっても、ある品種の純粋なものではなく、品種を掛 け合わせたものがあります。

 シャモなどの美味しいといわれる品種と、ブロイラー系の安定し て肉がたくさんとれる品種との掛け合わせなどがよく行われていま す。

 こうした場合、個体によってバラツキが大きいのです。

 また、出荷までの生育日数を伸ばすと、オス・メスの差も出てき ます。

 たぶん、こうした事情で、パックによって肉の色が違うようにな ってしまったのだと思います。


Q.369 1年ほど前に友人から(容器の底の方にあったもの)蜂蜜を大 量に頂きました。茨城産で濃縮(鼈甲色をしておりました)されて おり、ヨーグルト等に入れて美味しく戴きました。残ったものを約 600ML入る瓶に2本密封し常温で保管しておいたところ、何年 か前に流行した「紅茶キノコ」のようなものが発生しております。 このような状態のものを湯煎した上で食用しても大丈夫なものでし ょうか。そのまま捨てるのは勿体ないような気がしますので、是非 食用の是非についてご教示下さい。


A.蜂蜜は保存中に結晶して固まってしまうことがあります。ご質 問のものも、結晶が始まったのではないかと思います。

 そのままにしておくと、結晶がひろがって、全体が固まってしま うでしょうね。

 湯煎などして、温めてやると、元にもどります。それで普通に使 えます。もし、元に戻らなかったら、予想外のトラブルがあるかも 知れませんので、食べないほうがよいと思います。


Q.368 n-3系脂肪酸の割合が高くしかも高温での抽出をしていなくて、 水素添加もしていないつまりトランス型脂肪酸の少ない食用油につ て教えてください。そんな食用油が手に入りますか。


A.n-3系脂肪酸の代表はα-リノレン酸です。以下のページの説明 をごらんください。
http://www.nisshin.oilliogroup.com/health/power/power04.html

 なたね、大豆などの油に多いようですね。

 なたねは油分が多いので、まず圧搾して油をとり、残りをノルマ ルヘキサンという有機溶媒で抽出します。

 大豆は油分が少ないので、はじめから抽出法によります。

 油をしぼるときは加熱しますが、成分に影響するほどのものでは ありませんので、加熱はあまり心配しなくてよいと思います。

 椿やオリーブなどでは加熱せずに搾るのをセールスポイントにし ているものがありますが、あれは主に香りの成分が失われないこと が目的です。

 水素添加というのは不飽和脂肪酸が多く、常温で液体である植物 油を、常温で個体のマーガリンにしたりする工程で行われるもので す。

 液体のまま売られている普通の植物油には無縁のものです。

 ということで、ご質問の答としては、「なたねの一番搾り油」が おすすめ、です。「一番搾り」は前述の圧搾法のことで、「二番搾 り」が抽出法になります。「一番搾り」とか「圧搾法」とかいう表 示のなたね油は、少し高価ですが、それほど珍しいものではありま せん。お店で探せば見つかると思います。


Q.367 中国では、SARSの感染者が続出していますが、輸入食品に ついての安全性の問題はどうでしょうか?生産者、集荷場、市場、 輸送ルートなどでの生鮮食品への影響が心配です。


A.この病気の原因は新種のウィルスと言われていますね。本当か な?と思ったりするのですが、このごろは研究も進んでいるようで す。

 ウイルスは空気中を広く広がって感染するというのではないよう です。咳などで体外に出たウイルスは小さな飛沫となって飛び、伝 染するわけです。伝染可能な範囲は1mくらいといいますので、患 者の近くにいないかぎり、そんなに感染しないと思います。

 それより、その飛沫がついたものにさわっての感染が重要のよう です。だから、輸入の食品にウイルスがついていないか心配になり ます。

 じつはウイルスは数時間しか体外では感染力を持っていないそう です。だから輸入の食品から感染する可能性は全くないと考えてよ いと思います。

 その他の情報は厚生労働省のホームページをごらんください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0318-1d.html


Q.366 車糖の語源はよくわかりました。ありがとうございます。そこ で白双(しろざら)についてはなぜそう呼ばれているのかがわかり ません。お教えください。


A.「ザラメ糖」はある程度大きな結晶の砂糖の総称です。語源は よくわかりませんが、文字通りザラッとした感じですので、そう呼 ばれているのだと私は思っていました。

 漢字では「粗目」と書くのが本当のようです。「双目」は本当は 「ゾロメ」ですよね。

 昔、砂糖が原料ではなく製品として輸入されていた時代、色によ って関税が違っていたことがありました。白い砂糖は純度が高く、 高級品なので関税が高かったのです。そこでわざわざ黄色に着色し た「黄ザラ」というのが作られたということです。現在では「白ザ ラ」と「中ザラ」というらしいです。

 砂糖の種類については、以下のページに写真入りで紹介されてい ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

白ザラ糖

グラニュー糖と同じ、「ザラメ糖」と呼ばれるものの一種。さらに 結晶が大きく、純度がもっとも高い高級品。家庭ではあまり使われ ないが、お菓子や果実酒に向く。

http://www.nhk-book.co.jp/ryouri/spice/0212.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


Q.365 カラメル3号というものは日本では全面的に使用禁止となって いるのでしょうか。生協関係の使用基準では禁止されているようで すが・・・。


A.カラメル色素としては同じものですが、製法の違いで1〜4の 種類にわけているようですね。食品添加物としてはどれも認められ ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

ADIは,カラメル1で特に定める必要なし,カラメル3および4で 0〜200mg/kgと設定されています。

 カラメル2は,国内での生産実績はありません。なお,カラメル 2,3,4において変異原性が報告されていますが,3,4につい ては発がん性は認められていません。

http://www1.odn.ne.jp/~cak40870/kakou-t-chakushoku.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 生協ではこう言っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 カラメルは着色料として使用しますが、4通りの製造方法があり ます。

カラメル1:糖類・糖蜜などを熱処理する
カラメル2:糖類・糖蜜などに亜硫酸化合物を加え熱処理する
カラメル3:糖類・糖蜜などにアンモニウム化合物を加え熱処理す る
カラメル4:糖類・糖蜜などに亜硫酸化合物とアンモニウム化合物 を加え熱処理する

 2〜4の方法については毒性評価が行われている添加物ですが、 パルシステムでは1の方法で製造されたカラメルのみ使用していま す。

 この方法はご家庭で砂糖を焦がしてカラメルを作るのと同じです。

http://www.pal.or.jp/do-coop/prod_info/bk_12.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

同じカラメル色素なら、一番単純な製法のものを使おう、というこ とだと思います。禁止されているわけではありませんが、あえて3、 4の製法のものを使う必要はないのではないでしょうか。


Q.364 化粧品やシャンプーや食品に入っている【香料】についてお聞 きしたいのです。香料と聞くと、アトピーの私は倦厭してしまいま す。香料はどうして、アトピーの皮膚には受け入れられないのでし ょうか?

 香料には、植物由来等安心かと錯覚させられるような形で入って いたりします。香料にはどのような種類があり、またどれが安全で どれが安全でないのかわかりません。そして、香料の原材料をどの ように加工し入れているのでしょうか?(特に植物由来等の謳い文 句のもの)【香料】だけでは、どのような物が入っているのか、わ からない表示ですよね!


A.香料はたいへん種類が多いので、国際的にも他の食品添加物と は扱いが少し違うようです。もともと、天然由来のものですし、使 用量もごく少ないので、とりあえず問題はないだろう、ということ で安全性の評価は後回しになっています。

 一般にアレルギーの原因になることはないと思いますが、人によ っては刺激として反応することはあるかも知れません。

 通常の使用量で毒性があるような香料は知られていないと思いま す。これは毒性がないというより、使用量が少なすぎて問題になら ないのだと思います。

 香料の内容は調べようと思えば調べられますし、メーカーに問い 合わせれば教えてくれると思いますよ。


Q.363 いま、いろんな商品に「化学調味料 無添加」と、いったよう な表示がされるようになってきましたが、化学調味料と呼ばれるも のはグルタミン酸ソーダ以外にはどんな物質があってどんな使われ 方をされているのでしょうか?教えてください。


A.実は「化学調味料」にはちゃんとした定義はありません。俗称 のようなものです。

 一応、調味料のうち、「有効成分を精製、結晶化したもの」くら いに考えておくことにしています。

 そうすると、グルタミン酸ソーダ以外には、イノシン酸ソーダ、 グアニル酸ソーダくらいが該当すると思います。

 これらはグルタミン酸ソーダと併用することでごく微量でも効果 が高まる性質を持っています。

 ほとんどの場合、グルタミン酸ソーダが主で、イノシン酸ソーダ、 グアニル酸ソーダを微量追加して使います。

 表示としてはグルタミン酸ソーダ単独のときは「調味料(アミノ 酸)」、その他を使ったときは「調味料(アミノ酸等)」と表示さ れるはずです。


Q.362 商品のパッケージの中で 化学調味料不使用といった表現は法 律的に問題はないのでしょうか?


A. 事実に反した記述(実は使っていたとか)であれば問題ですが、 そうでないなら、いけないという法律はなかったと思います。

 商品によっては、表示事項に特別の規則があることがあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

不当景品類及び不当表示防止法

 公正取引委員会の所管する法律で「商品の取引に関連する不当景 品類及び表示による顧客の誘因を防止する(第1条)」ことを目的 としており、業界の自主規制である公正競争規約に関する規定を設 けている。畜産物に関しては9つの業界の公正取引協議会(飲用乳、 はっ酵乳・乳酸菌飲料、殺菌乳酸菌飲料、ナチュラルチーズ・プロ セスチーズ及びチーズフード、アイスクリーム類及び氷菓、はちみ つ類、ローヤルゼリー、ハム・ソーセージ類、食肉)がそれぞれ公 正競争規約を定め、表示に関して詳細なルールを設定している。規 約の改正等に関しては公正取引委員会の認定が必要である。また、 罰則は会員について適用され、会員以外には、公正取引委員会が警 告を与えることができることとなっている。

http://lin.lin.go.jp/alic/month/dome/2000/aug/tayori-1.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「公正競争規約」が設けられているのは、食品では次のようなも のです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

飲用乳/はっ酵乳・乳酸菌飲料/殺菌乳酸菌飲料/チーズ/アイス クリーム類及び氷菓/はちみつ類/ローヤルゼリー/うに食品/辛 子めんたいこ食品/削りぶし/食品のり/食品かん詰/トマト加工 品/粉わさび/生めん類/ビスケット類/チョコレート類/チョコ レート利用食品/チューインガム/凍豆腐/食酢/果実飲料等/コ ーヒー飲料等/合成レモン/豆乳類/マーガリン類/観光土産品/ レギュラーコーヒー等/ハム・ソーセージ類/食肉/包装食パン/ 即席めん類等/ビール/輸入ビール/ウイスキー/輸入ウイスキー /しょうちゅう乙類/泡盛/酒類小売業

http://www.jftc.go.jp/kyousou/kyousoukiyaku_list.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 たとえば、ハム類で「不使用」の表示についてはこうなっていま す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

(5)無添加、不使用の表示

 基本的には、無添加表示や不使用表示は禁止されていますが、施 行規則第3条第6号に定めるような特殊な場合は認められています。

 例えば、卵アレルギー体質の人に提供する製品に「卵、卵製品は 含まれておりません」などと表示することは認められています。

 また、ある種の添加物を使用していないために、製品の品質や安 全性について重大な誤解を受ける恐れがある場合、その消費者の誤 解を避けるために説明文を書くことは認められますが、単に売らん がための表示は認められません。

http://group.lin.go.jp/hamukumi/keiji/kiyaku.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 実際に「発色剤・化学調味料不使用」という表示のハムが売って います。これは見た目に色がちがうし、味も違いますので、「重大 な誤解を受ける恐れ」にあたるのでしょう。

 このへんは表現や表示のサイズなどにもよりますので、具体的に は規約を管理している団体に問い合わさないとわかりませんね。


Q.361 食品とは直接関係はありませんが、アルミ鍋から溶け出すアル ミとアルツハイマー病との関連についてご意見をお聞かせ下さい。


A.アルミとアルツハイマーの因果関係は明らかになっているわけ ではありません。アルミがアルツハイマーの原因だという説に根拠 はないと思います。

 また、アルミは非常に大量に存在する元素です。野菜などにも普 通に含まれています。アルミ鍋から溶けだす分を気にすることはな いと思います。

 そもそもこの話はステンレスの高価な鍋セットをホームパーティ ーを開いて販売している人たちが言い出したことです。

 デマ宣伝の一種だと思いますよ。


Q.360 ハムとベーコンの違いは?


A.ハムは普通、豚肉を塩漬けし、熏煙・ボイルしたものです。ベ ーコンは豚肉(バラ肉が多い)を塩漬け、熏煙したもので、ボイル していません。だから焼くとたくさん脂肪が出てくるのですね。

 その他、ハム類については以下のサイトが詳しいです。

「ハム・ソーセージなんでも相談室」
http://www.ham.co.jp/un4.htm


Q.359 現在、妊娠3ヶ月目の主婦です。ふと、自分が食べているもの、 飲んでいるものが胎児に影響ないのかと心配になり、色々調べてい たところこちらのサイトにたどり着きました。

 今、一番気になっているのがスクラロースやオリゴ糖、アステル パームやステビア等の「低カロリー人工甘味料」と、流行の「アミ ノ酸飲料」です。これらのものは、妊娠中に摂取しても胎児に影響 はないものでしょうか。カフェインを控えた方がいいと聞き、飲み 物は水かこれらの飲み物を好んで飲むようになっています。


A.はっきり言って、あまり気にしない方がよいと思います。ただ、 人工甘味料を使った飲料をいつも飲んでいる、というのはあまりよ いイメージではないですね。

 普通に水やお茶を飲んでいてはいけませんか?

 カフェインを含むものはあまりとりすぎないほうがいいでしょう が、いろいろ少しずつ飲んでいれば、問題ないと思います。

 あまりダイエット飲料の悪口をいうのも何ですが、妊娠中にわざ わざ飲むようなものではないと思いますよ。

 オリゴ糖やアミノ酸などについても同様です。


Q.358 先月来、3名のお客様から別々に、次のような質問をされまし た。「バターには製造過程でジブチルヒドロキシトルエンが使用さ れているそうで怖いですね。これを使用していない安心なバターの 選び方を教えて下さい」

 大手バターメーカーさんに聞いてみたところ、次のような参考意 見をもらいました。「国内の大手メーカーのバター商品にはジブチ ルヒドロキシトルエンはまず使っていない。海外製のバターに使っ ているものがあると聞く。国内に海外バター製品がどのくらい流通 しているかはその年によってわからない。」


A.メーカーの人の言っているので間違いないのではないですか?

 私もBHTを使用したバターというのはあまりみかけたことがな いです。

 ただ、メーカーの言うことが信用できない、という感情について なら、これは難しい問題ですね。

 メーカー側には何とか消費者の信頼を得られるよう、努力しても らいたいものです。

 もっとも、こういった感情はたいていの場合、それを利用する人 たちがあおっています。こういう人たちの方が信用できない、とい うのが私の意見です。


Q.357 肉の冷凍をして何ヶ月ぐらいは安心して食べられますか


A.冷凍庫の能力と、肉の包装によると思います。冷凍中は腐敗す ることはありません。ただ、だんだんと乾燥してきて、最終的には 食べられなくなると思います。

 完全に密封しておいて、マイナス40度くらいの冷蔵庫で保管して おけば、何年でももちます。

 家庭用の冷蔵庫では、それほどの能力は期待できます。パックの まま冷凍しても、1ヶ月くらいが限度だと思います。

 いずれにせよ、状態は眼でみて確認できます。解凍して、普通の 状態だったら、別に問題はないです。


Q.356 三輪素麺でお聞きしますが、産地が他県であっても表示をすれ ば「三輪素麺」の表示を明記してもいいのですか?聞いたところに よると、組合から支給された原料を使用していないものは認知され ないと聞きましたが……また組合から鳥居の帯が目安と聞きました がどうなんでしょうか?よろしくお願いします。


A.しばらく前に問題になりました。産地では、島原産のそうめん を「三輪そうめん」として売っているのは誰でも知っていることで、 常識に属するんだと思っていました。

 でも、言われてみれば不当表示には違いないですね。

 で、産地の表示ですが、このような規定になっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

(手延べそうめん類品質表示基準)

 製めん地で包装したものに表示する場合又は製めん地以外で一般 消費者向けに包装したものについて「製めん地・○○」の用語を商 品名を表示した箇所に近接した箇所に記載し、「○○」には当該製 めん地名を記載する場合

http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jas_6/11.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ということは「三輪そうめん(製めん地・島原)」という表示は 問題ないようです。

 組合云々はよくわかりませんが、組合の自主基準に適合している、 というような話だと思います。


Q.355 缶詰の賞味期限についてお尋ねします。12、13年前に買っ たカニの缶詰がひょっこり台所の片隅から出てきました。缶詰は缶 の蓋が膨らんでなかったら大丈夫だというようなことを聞いたこと がありますが、どんなもんでしょうか?


A.確かに中が腐敗してくると缶詰はふくらんできます。ふくらん でいなかったら、たぶん腐敗はしていないと思います。

 ところで、カニの缶詰はカニの身を紙のようなもので包んでいま すね。あれは缶詰(ブリキ)のスズと反応するのを避けるためだそ うです。

 こういうのが10年以上もたてば、やはりスズと反応して、味が 変わっているのではないでしょうか?

 食べられるとは思いますが、安全かつ美味しいかというと、やっ ぱり疑問です。私ならあきらめますね。


Q.354 大豆油を使用している場合にアレルギー項目への大豆の表示義 務はあるのか?


A.アレルギー表示については、以下のような規定です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

1.アレルギー物質を含む食品については、特定のアレルギー体質 を持つ方の健康危害の発生を防止する観点から、食物アレルギーを 引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数、重篤度 から勘案して表示する必要性の高い小麦、そば、卵、乳及び落花生 の5品目(以下「特定原材料」という。)を食品衛生法施行規則 (昭和23年厚生省令第23号。以下「規則」という。)別表第5 の2に掲げ、これらを含む加工食品については、規則第5条に定め るところにより当該特定原材料を含む旨を記載しなければならない としたこと。

2.アレルギー物質を含む食品として、規則では5品目が列挙され ているところであるが、食物アレルギーの実態及びアレルギー誘発 物質の解明に関する研究から、あわび、いか、いくら、えび、オレ ンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、 鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの19 品目についても、特定のアレルギー体質を持つ方に、過去に一定の 頻度で重篤な健康危害が見られていることから、これらを原材料と して含む加工食品については、当該食品を原材料として含む旨を可 能な限り表示するよう努めるよう推奨していること。

http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 したがって、大豆については表示義務ではなく、表示を推奨され ている、という解釈でよいと思います。

 アレルギーはごく微量で反応する場合がありますので、「大豆油」 だけの使用であっても表示を推奨されている、と思います。

 極端なところでは、同じラインで使用していて、混入のおそれが あるから表示している、ということもあるようです。こうなるとも う呪文のようなものですね。


Q.353 小麦を使用しない醤油はあるのですか?


A.小麦を避ける理由はどんなものなのでしょうか?小麦アレルギ ーなのでしょうか。

 残念ながら、昔から醤油の原料は大豆と小麦と決まっています。 したがって、小麦を使用しない醤油はありません。

 小麦を使わず、「醤油のようなもの」を作ることはできるでしょ うが、それはもう醤油とは呼べないでしょうね。

 こう書いたら、次のようなメールをいただきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

醤油

「大豆と小麦の加熱処理したものに麹菌を生やして麹をつくり、こ れに食塩水を混合した醪(もろみ)を、分解、発酵、熟成させてから 分離した透明な液体」と定義される場合もありますが、 「穀類や鳥獣魚肉、野菜、海藻などの材料に塩を加えて発酵させた もの」という場合もあるので、

「小麦を使わないものは醤油とは呼べない」

とまで言ってしまうと、他の醤油君達が寂しがるような気がします。 「穀醤(油)」「魚醤(油)」「肉醤(油)」

大豆のみでつくる「たまり醤油」もあるようですし・・・。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「醤」の字がつくのと、「醤油」とはちがうと思いますよ。「豆 板醤」「甜麺醤」「芝麻醤」といろいろありますが、醤油とはちが うものです。

 「魚醤」は醤油ではない、と私は思います。JASで規定されて いる醤油は「こいくち(濃口)しょうゆ/うすくち(淡口)しょう ゆ/たまり(溜)しょうゆ/さいしこみ(再仕込)しょうゆ/しろ (白)しょうゆ」の5種類です。私は「濃口醤油」を普通「醤油」 と言っていますので、そのつもりで書きましたが、「たまり醤油」 というのもありましたね。

 たまり醤油も、主原料は大豆ですが、小麦を全く使わないわけで はないようです。この話は「醤油」 のらんで続けます。


Q.352 先日会社の同僚からあるダイエット粉末を紹介されました。食 後の20分くらいに飲むと摂取した油を吸着して吸収カロリーが激減 するということです。オフィシャルホームページをのぞいてみまし たが、主成分は大豆レシシチンで、その他松ヤニから精製された新 成分が界面活性剤を使わずに油分をミセル化して包み込む働きをす るそうです。
http://www.nst21.com/bows_bows/

 先日松ヤニから摂取したフラバンジェノールというのが血圧を下 げるのに有効だと知ったばかりなのですが上記のダイエット粉末も このフラバンジェノールの仕業?なのでしょうか?


A.こういうの、多いですね。私は基本的に信用できないと思って います。

 松ヤニの件はよくわかりません。

 効果があればそれで結構なので、高くても買う人がいても不思議 ではありません。

 でも、本当に効果があるのでしょうかね?

 また、薬効のある成分が含まれている場合、長期的にはどんな影 響があるか、心配です。

 私の意見は高いのにそんなのを買うのはやめておけば、というも のです。あとはご自分の判断ですね。


Q.351 知人が賞味期限に無頓着な人で、お中元やお歳暮でお醤油・油 ・缶詰などをたくさんもらってさばききれないのはわかるのですが、 未開封とはいえ賞味期限が10ヶ月もすぎた缶詰のスープを平気で 飲み、同じく1年過ぎた油を使い、開封後は冷蔵庫に、と書いてあ るしょう油(期限切れ間近で開けたもの)も冷蔵庫には入れず、冷 蔵庫や冷凍庫に入れておけばいつまでももつと思っている、食べて 味が変じゃなければ大丈夫・・・という感じです。最近大腸ガンの 手術をしたのに、相変わらずこういうことをしているのです。こう 言う事が原因でガンになったということはありませんか?体に悪く ないですか?どうにかして止めさせたいのですが。


A.ツワモノですねえ…。何事も自己責任でされているなら、他人 が口出しすることもないのでしょうが、ちょっと気になりますね。

 ガンとの因果関係については、何ともいえません。誰に聞いても わからないと思います。それ以外の心配なら、食べたあとでおなか を壊さなければ別に何ということもないと思います。

 眼で見て、匂いをかいで、味をみて、食べられるかどうかを判断 するのは、基本的に正しい態度です。

 実は賞味期限などというものに頼りすぎなんです。

 食べられる期間のうち、メーカーの責任であるということを表明 しているのが賞味期限です。これ以前に、(未開封で)食べられな くなったら、メーカーの責任だから苦情をいってきてください、と いう意味ですね。

 だからその食品を食べられるかどうかは、賞味期限と直接の関係 はありません。つまり、賞味期限内でも食べられなくなっている可 能性があるのです。

 食べられると判断して食べるのは結構ですが、その前に食品の保 存に関しての基本的な知識が必要です。

 この掲示板はバカなことばかりやってますが、その知識について は役に立ちますよ。
http://food3.2ch.net/test/read.cgi/food/1049646712/

 でも件の人にこんなのを見せたら、逆効果になりそうです。w(^_^)?