安心!?食べ物情報>Q&A>1101−1150






Q.1150 最近の輸入食品違反事例を見ていると、やたらとカカオ豆の残 留農薬が検出されています。この検査で見逃されたカカオ豆に残留 していた農薬はチョコレートの加工工程でなくなるものなのでしょ うか?この勢いで、違反が検出され続けるとチョコレートが食べら れなくなる火も来るのではと心配しています。また、カカオ豆を加 工する工程で安息香酸が生じることもあるそうですが、チョコレー トにも残って体に害のあるものでしょうか?


A.このところ本当に多いですね。以下のページで確認できます。

http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/1-4/0610.html

 ガーナとエクアドルばかりです。これだけ多いとマークされて、 検査でひっかかることも多くなりそうです。検査して出なければ輸 入が認められますので、輸入されたものは検査を通過したものだと 考えてもよいのかもしれません。

 輸出国(ガーナ、エクアドル)にとっては不名誉なことで、何ら かの改善が必要と思います。

 ただし、このことですぐに健康被害が出るというわけではないで すし、チョコレートになるまでの加工工程を考えると、それほど心 配をすることもないとでしょう。

 安息香酸の件も、自然にあるものについては別に心配ないと思い ます。自然に含まれるものでも心配なようでしたら、食品添加物と して許可されるはずがありません。添加物として使っても問題ない という根拠には、当然自然に存在するものについては心配ないとい うことがあるわけです。


Q.1149 ポリカーボネート樹脂が使用された可愛いタンブラーをいただい たのですが、熱いお湯を入れて紅茶を抽出してそれを持ち歩いて毎 日飲むのは身体に悪影響あるんでしょうか?凄い不安です。


A.食品の容器になるプラスチックは、一定の基準をクリアしなけ ればなりません。食品用として売られているものなら心配ありませ ん。

 「ポリカーボネート」について聞かれているのは、「環境ホルモ ン」問題のとき、話題になったからでしょうね。ビスフォノールA という物質はポリカーボネートの原料なんですが、弱い女性ホルモ ン作用があるとされています。

 しかしこれは健康被害が出るということとは違います。女性ホル モンなら女性にとってはもちろん、男性にとっても一定程度は体内 にある物質なのですから、何か害が出る可能性はないと思います。


Q.1148 うちの母がよく古いアルミ鍋でサツマイモの檸檬煮をつくりま す。その鍋に入ったまま保存しているのですが、考えたらアルミに 檸檬とか最悪なかんじですが・・・悪影響があるのでしょうか。早 く使うのをやめたほうがいいのでしょうか。


A.アルミ鍋は酸性に弱いので、なるべく酸性のものは避けるよう に、というのが一般的です。

 酸性の強いものを入れると、表面が浸食されるので、見た目で変 化がわかると思います。変化がないようでしたら、実際はたいして 酸性にはなっていないのでしょう。

 色が変ってきたり、穴があくようなことがなければ、心配するこ とはないと思います。でも気持ち悪いと感じるのでしたら、やはり 鍋を変えた方がよいでしょうね。一番酸性に強いのはホーロー鍋で しょうか。


Q.1147 「酵母エキス」を「たん白加水分解物」として原材料表示して もよいのでしょうか?


A.「酵母エキス」と「たん白加水分解物」は違うものです。やや こしいのは「酵母エキス」として売っていながら、実態は「たん白 加水分解物」に近い、というものがあることです。

 しかしエキス類は本来、化学的な処理をしないで、風味を濃縮し たものですから、本当の酵母エキスは「たん白加水分解物」ではあ りません。


Q.1146 「煮干いわし」と「いわし節」はどう違うのでしょうか?違う となれば原材料表示上も分けて表示しなくてはならないのでしょう か?


A.鰹節以外に「雑節」と呼ばれるものがあります。サバ節やソウ ダ節などが有名ですが、イワシやウルメイワシで作った節もありま す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 いわしの稚魚は煮干の原料となりますが、大きなものはいわし節 になります。うるめいわし・まいわし・かたくちいわしなどの種類 があります。

http://www.kaneso22.co.jp/dashitori/zatsudashi.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 製法は鰹節と同じように、いったん煮た後、火じ燻して乾燥させ るのがポイントのようです。煮干しとは別物と考えてよいと思いま す。

 使っているのが煮干しかいわし節かによって原料としては違って きますね。


Q.1145 プラスチックの容器で熱いお茶を飲むのは人体に有害なのでし ょうか?よく、有害物質が溶け出す、と聞きますが・・・いつもプ ラスチック製のタンブラーを持ち歩いて、熱いお茶を飲んでいます。


A.プラスチックに限らず、食品の容器となるものについては、安 全性の試験があり、それに合格したものでないと使ってはいけない ことになっています。

 具体的な規格は以下のページにあります。
http://www.tcn.zaq.ne.jp/kanno/public_html/plaanzensei.htm

 この規格に合格していないものであれば問題外です。普通に売っ ているものは合格しているはずですので、使って問題はありません。

 プラスチックに対する偏見は確かにありますが、実際の安全性に ついては心配する理由はありません。


Q.1144 かつおだしやいりこだし、節の粗砕品などが入っている袋が収 縮した様になるのはどうしてですか?


A.普通、削り節などが入っている袋はパンパンに膨らんでいます。 これはガス置換といって、主に窒素ガスなどを封入して、大気圧よ り高くしています。

 逆にへこんでいる場合は、「脱酸素剤」を使用しているものと思 います。こちらは空気中の酸素を取り除きますので、袋の中の空気 圧は大気圧より小さくなってしまいます。したがって、収縮したよ うな状態になるわけです。

 いずれの場合も、目的は酸化を防ぐために酸素に触れないように することです。酸素は食品の大敵と考えてよいのです。


Q.1143 5大アレルゲンは卵・乳・小麦・そば・落花生ですが、時々、 米・大豆・卵・乳・小麦と書かれているものを見かけます。米・大 豆も特定原材料に含まれるのでしょうか?


A.アレルギー表示の基準では、以下のようになっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

必ず表示しなければならない5品目

小麦/そば/卵/乳/落花生

表示が推奨される19品目

あわび/いか/いくら/えび/オレンジ/かに/キウイフルーツ/ 牛肉/くるみ/さけ/さば/大豆/鶏肉/豚肉/まつたけ/もも/ やまいも/りんご/ゼラチン

http://www.kishugiken.co.jp/topics/exp.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 大豆は義務ではなく、「表示が推奨される」品目です。米につい ては見当たりませんので、表示の必要はありません。しかし米アレ ルギーが皆無というわけではないので、表示すること自体は別に悪 いことではありません。

 どこまで表示するかというガイドラインとしては上記の品目で十 分だと思いますが、それ以上は製造者の裁量によるわけです。

 なお、原材料としては使用していなくても、環境からその成分を 含んでいる可能性がある場合は表示します。たとえば、その商品に は卵を使用していなくても、卵を使った商品と設備を共用していて、 ある程度の混入が避けられない場合などです。

 上記のページに解説がありますので、ごらんください。


Q.1142 開封済みの古いウィスキーを飲んで夜中に2度の嘔吐に襲われ ました。古いウィスキーは体に悪いのでしょうか。


A.ウィスキーなどの蒸留酒はアルコール濃度が高いので、滅多な ことでは腐敗しないのですが、よほど状態がよくなかったのでしょ う。

 メーカーのサイトではこう言っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ウイスキーは蒸溜したアルコール度数の高いお酒ですので、未開 栓で保存状況が悪くなければ、10年位は気づかれるような変化は生 じません。しかし、直射日光が当たったり、温度が高いところ、石 鹸など香りの強いものの近くに長期間保存された場合は、風味が落 ちたり移り香がしている場合があります。いずれにしても、瓶詰め 後はワインとは違ってそれ以上美味しくなることはありません。長 期間保存するのではなく、お早めにご賞味ください。また、一度栓 を開けた場合は、空気と触れ合う面が大きくなり、ウイスキーの風 味が影響をうける恐れがあります。きっちり栓をして、日の当たら ない風通しの良い所に保管し、お早めにお召し上がりください。

http://www.suntory.co.jp/customer/FAQ/whisky_how.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 開封して時間がたったものはやはり飲まない方がよいようですね。


Q.1141 金属アレルギーなのでしょうか?木製品なら問題はないのです が、ステンレスのスプーンやフォークで食事をするとキンキンと何 とも言いがたいほどの不快感があります。ステンレスの味も感じる ので、おいしく食事ができません。(鉄製品も同様)銀のカトラリ ーならもしかして問題ないかもしれませんが(試した事がありませ ん)気掛かりな事は4つの歯に金属の被せ物がある事です。これも 関係があるのでしょうか?銀製品なら問題なくなるのでしょうか?


A.何だか不思議ですね。金属アレルギーというのは実はタンパク 質などに金属イオンが結びつくのが原因だとか聞いたことがありま す。そういう意味からいうと、アレルギーではなくて、何か電気的 な反応のように思うのですが、いかがでしょうか。

 本当かどうかはわかりませんが、こんな解説がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 要は、2種類の金属板が酸につけてあるとイオン化傾向の差によ り起電力差が生じて電流が流れるというものだ。口の中の場合も、 水銀アマルガムや金・銀など詰め物・差し歯のイオン化傾向の差、 および矯正具やスプーンが導線がわりになって電池が構成され、イ オン化が激しくなる。(ちなみに、スプーンを舐めていると、突然 「チカッ」と激しい痛みが顎骨に走ることがあるが、あれは電流が 流れた瞬間だ。)

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/8931/index9.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 歯の詰め物が関係しているということなら、歯医者の診察をうけ てみるのもよさそうです。


Q.1140 脱脂大豆を使った味噌はいまも製造されているでしょうか。昔 はあったが、いまはもうないはずというメーカーさんの声を聞いた のですが。調合味噌はどうでしょうか。


A.私も脱脂大豆を使った味噌というのは見たことがないです。

 醤油なら、脱脂大豆を使うのが普通なのです。醤油と味噌は元々 は同じ製法だったそうですが、今のような醸造法になったからは全 く共通点がなくなりました。醤油は日本酒の醸造法の方に似ていま す。

 醤油は液体なので、油脂成分は最終的には醤油から分離させます。 脱脂大豆ではなく、大豆をそのまま使用しますと、油脂由来のエス テル類などのせいで、香がよくなりますが、その分うま味成分であ るアミノ酸の量は少なめになる傾向があるようです。

 味噌の場合は仕込んだ量がそのまま味噌になるというイメージで す。この場合はやはり油脂成分を含んだ、丸のままの大豆の方がよ いのでしょうね。

 脱脂大豆でも作れないことはないと思いますし、いろんなタイプ のものが作られているので、一概には言えないですが、常識として は味噌は丸大豆から作られていると理解しています。脱脂大豆から 作った味噌も探せばないわけではないでしょうが、まず見つけられ ないと思います。


Q.1139 ついさっき冷凍しておいた豚ロースを解凍して焼いて食べたの ですが、若干ピンクだったこととほんの一部分が赤かったのですが、 食べてしまってからとても心配になり質問させていただきました。 ネットで見てみたらE型肝炎とか食中毒とか・・・すごく不安にな りました。そうなってしまう可能性は高いのでしょうか?妊娠を希 望しているだけに気になって仕方ありません。ちなみに「十分に加 熱」とはどのぐらいのことを指すのでしょうか?


A.肉の色では、「冷凍やけ」と呼ばれる変化があります。これは 冷凍したときに密閉が不十分だと、外気に触れる部分が乾燥してき て、その部分が赤く変色してきます。

 また、野菜などに接触すると、野菜に含まれる硝酸と反応して、 赤く発色したりします。

 十分に加熱しても、このような変色があった場合は、赤くなった ままになります。普通に食べられる場合は加熱は十分されています から、食べても問題ないと思います。生の状態だったら、普通の人 には噛み切れないです。犬や猫だったら平気なんですけれどね。

 ということで、発色の原因はよくわかりませんが、違和感なく食 べられたのなら、別に問題ないと思います。普通に肉が柔らかく食 べられるくらいになっていたら、十分に加熱されていると考えてよ いのではないでしょうか。


Q.1138 私は結構な虫歯持ちですが、その原因は寝酒だったと思います。 以前はその寝酒にワインを使用してました。ワインは果実酒ですか ら当然虫歯を引き起こす糖分が相当に入っていますので、飲んで歯 も磨かずにベットにバタンキューの毎日を過ごせばおのずと今の状 態になったのだと思います

 さて、本題。では製造上糖質が殆ど無いとされる蒸留酒、その虫 歯の進行加速度はどんなものなのでしょうか?食品栄養表示表など を見ると、焼酎はもとより甘さを感じるウィスキー、バーボン、ブ ランデーですら「糖質は、ほぼゼロ」です。理論上はそれこそ飲ん でバタンキュー、歯磨きしなくても虫歯にならずハッピーなのです が、世の中そんな都合のいい話しはないでしょう。


A.糖質と虫歯との関係は一概には言えないです。虫歯の原因にな るのは、糖質の中でも砂糖が一番であると考えられています。糖質 に含まれていても、ほとんど虫歯の原因にならないものも多いので す。

 また、虫歯の原因になる物質はもともとお酒にはほとんど含まれ ていないと思います。関係がありそうなのは「飲んで歯もみがかず に」というところでしょうね。

 おっしゃるとおり、歯磨きはしないといけません。病気やケガの とき、無理やりお酒を飲んで、「アルコールで消毒するのだ」など ということを言いましたが、これはアル中の言い訳に近いです。


Q.1137 イソフラボンは女性ホルモンに影響するから摂りすぎはよくな いけど、適量であれば良い効果(がん予防や更年期障害の緩和)が でると聞きます。そしてマカですが、これは男性ホルモンを活発に すると聞きました。だから女性がこのサプリメントを服用すると女 性に存在する男性ホルモンが活発になり生理が来なくなることがあ ると知りました。食べ物やサプリメントがそんな風に作用するとは 信じがたいのですが、実際どうなんでしょうか?


A.私も信じがたいですね。体内にあるホルモンと、食べ物から摂 取するホルモン類似物質では、その量が決定的に違います。したが って、基本的には食べ物の影響でホルモン作用が乱れるということ はないと思います。

 ある食べ物によって、男性化したり女性化したりするのは、SF ではよくある話です。でもそういうことが日常的におこっているわ けではありません。

 イソフラボンはその中で、ある程度の影響を与えている可能性を 指摘されています。日本人の女性で、乳ガンが少ないのはイソフラ ボンの摂取量が多いからだ、という説があります。しかし女性ホル モンは乳ガンの危険因子ですので、イソフラボンも危険因子ではな いか?などという説もあって、私にはよくわかりません。

 普通に食べ物から摂取する分には別に問題はないが、サプリメン トなどという形で大量に摂取するのは考えものである、という解釈 でいかがでしょうか。いつも書いていますが、サプリメントや健康 食品で一番大切なことは無害であることです。無害であるためには 生理的な影響が少ない方がよいのです。したがってイソフラボンの サプリメントなどは邪道であると思います。


Q.1136 ショ糖脂肪酸エステルが入ったサプリメントを飲んでいます。 これは古くから使われて安全な食品添加物だそうですが、どのよう なもので、はたしてどの程度安全でしょうか。また食品添加物即N Gということもないでしょうが、天然でも危険なものもあると聞い ています。食品添加物はどのように位置づけて認識したらいいでし ょうか。


A.まず、サプリメントをとりながら食品添加物を気にするのは、 かなり矛盾した立場だと思います。

 というのは、サプリメントは食品(健康食品)という位置づけで すから、有効成分は食品添加物にあたるはずだからです。

 食品添加物を避けるということなら、サプリメントの有効成分? も避けるべきだという結論になってしまいます。

 ショ糖脂肪酸エステルは文字どおりショ糖(砂糖)と脂肪酸から できたもので、分解したときのそれぞれの成分は問題になるような ものではありません。

 界面活性剤として使用されるもので、飲料のようですから、成分 を安定して分散させるのに使っているのでしょう。界面活性力があ るということは濃度によっては問題となる可能性はありますが、普 通の濃度ではどうということはありません。

 したがって安全性については問題ないと思いますが、もしそのサ プリメントが「無添加」などとうたっているようなものだった場合、 やはりあまり信用できないと考えるべきなのかもしれません。そう ではなく、サプリメントが食品添加物のかたまりだということが理 解できるように説明しているものでしたら、ある成分だけをとりあ げて気にすることに意味はないと思います。


Q.1135 レーズンパンを食べていたら、食べていた途中でかびがはえて いるのに気づきました。パンとパンがかさなっていて、その重なって いるところが、黄色や白色や青い色のカビが生えてるのです。途中 できずき、とりあえず吐き出したのですが、体にとっての害は大丈 夫でしょうか。さらに今6ヶ月の赤ちゃんに授乳中です。なにか影 響があるのでしょうか。腹痛などの症状もなく現在は体には変化は ありません。


A.お話からすると、カビの生えていたところを直接食べたわけで はないようですね。

 味噌や醤油、お酒などはカビを利用して作ります。カビ自体は別 に毒とは限りませんので、極端に心配することはないと思います。

 ただし、カビの中には毒素を生産するものもあり、カビが生えた 食物はもうすでに食べない方がよい状態になっていると思った方が よいです。

 食べた後から気付いたら?そのときは仕方ないので様子を見ます が、まず症状などが出ることはないと思います。気にしても仕方な いことでし、人間の身体は案外丈夫にできているものです。これか らもたぶん何事も起こらないでしょう。

 無神経になってもいけないし、気にしすぎてもいけないです。


Q.1134 私は今、水に関して調べているのですが、この話には私の知ら なかった情報があり、大変勉強させて頂きました。ありがとうござ いました。

 このお話の中で質問があるのですが、塩素を0.1ミリグラム残す のが法律で決まっていると書かれていますが、この残っている塩素 で金魚やめだかが死ぬのですか?人間に完全に影響しないと言い切 れることですか?私にはそれ以上に塩素が残っているように思える のですが…また高度処理で活性炭を使用した場合には塩素は残留し ないのですか?そしてこのコストは高いですか?


A.水道水には塩素が残留することが必要です。実際に、塩素の投 入をやめたためにコレラが発生した例もあります。塩素の害より、 病原菌の害の方がはるかに大きいことをまず理解する必要がありま す。

 塩素の害をいう人は、感染症にならないことを暗黙の前提にして いるのですね。そしてそういう意見は、塩素によって守られている から言えているのだ、ということです。

 食塩は塩素とナトリウムの化合物です。両方ともイオン化しやす い元素ですから、塩素イオンなら人間の体内にいつでもたくさんあ ります。だから鉛などの重金属と違って、「残留」という概念は適 当ではありません。問題になるのは直接被害が出るほど塩素イオン の濃度が高いときだけです。

 そういう被害が人間には出たことがないのは周知の事実です。も ちろん、水中の生物にとっては水中に塩素があるというのは迷惑な 話です。金魚の飼育などでは当然、塩素をなくしてから使います。 しかしこれは水道水の責任ではありません。金魚を飼うために水を 供給しているわけではないのですから。

 高度処理は活性炭を使ったりしますが、それだけではありません。 最終的に塩素を投入するのは当然おこなわれています。浄水の過程 で塩素を使うことがありますが、最終的には残留させる目的で最後 に塩素を投入しているのです。

 過度な塩素濃度では害がありますが、水道水に含まれる塩素は私 たちの味方である、と考えてください。浄水器などで塩素を除去し た水は保存しないことも大切です。


Q.1133 溶解性鉛についての質問です。現在住んでいる社宅が古く、水 道水の配管は現在では使用が禁止されている鉄管が使用されていま す。現在妊娠中(6週目)なのですが溶解性鉛の影響が心配です。 社宅に住み始めてからは2年半で簡易の浄水器は使用しています。 今後は水道水は食事・飲用には使用しないつもりですが今まで飲み つづけたという事で胎児にも影響は出てくるでしょうか?


A.「鉄管」とありますが、鉛を問題にしていますし、禁止されて いるということですから、「鉛管」のことでしょうね。

 こういうことは、実際に調べてもらうのがよいと思います。家の 水道に鉛管が残っている人で、調べてもらった結果が以下のページ にありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

区分      流水  朝一番の水   水質基準等
鉛    0.001  0.004   0.05以下

http://www.kawaie.com/diary4/P11.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 朝一番の水というのは、夜の間、水道水が滞留しているので、溶 けだす成分が多くなるということです。確かに少し多くなっていま すが、この家の場合は心配するほどではなさそうです。

 調べてもらって、基準値以下なら問題はありません。用心のため に朝一番の水は飲まないようにするのがよいですね。また、長期間 留守にしたときなどは特に注意した方がよさそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 鉛製の給水管をお使いのご家庭では…

 通常の使用状態では厚生労働省の水質基準に適合しており問題あ りませんが、水道水が管の中に長時間滞留すると水質基準を超える 鉛が溶け出すことがあります。

 朝一番に水道水を使うときや、しばらく水道水を使わなかったと きは、念のためバケツ1杯程度の最初の水は、散水など飲用以外に お使いください。

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/life/n_torikae.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


Q.1132 パーム油についてよくわかりましたが問題は安全性です。安く て美味しいので良いのですがバターのような成分だそうですが本当 にそうですか? 体に悪いトランス脂肪酸やシヨートニングのもと だそうです。このあたりを少し考察していただければうれしいんで すがよろしくおねがいします。


A.この間の日本テレビ系の番組「所さんの目がテン!」でパーム 油についてやっていました。マレーシアの農場も出てきました。

 そこではパーム油は植物性ではあるが、飽和脂肪酸が多く、常温 で固まることが紹介されていました。成分については、以下のよう なところです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 パーム原油には遊離脂肪酸含量によって品質に多くの 段階(3% から45%)があり、またパーム油はカロチンを多量(0.05〜0.2%) に含む ためオレンジ色を呈する。また、特有の芳香がある。

 沃素価44〜60、鹸化価190〜209、比重d・0.898〜0.905、屈折率n ・1.453〜1.459、 不鹸化物1.0%以下、融点27〜50℃の固体脂で、 脂肪酸組成は、ラウリン酸0〜1%、 ミリスチン酸1〜2%、パルミ チン酸39〜46%、ステアリン酸3〜5%、オレイン酸38〜44%、 リ ノール酸8〜11%である。用途としては、我が国では95%が食用 (マーガリン・ ショートニング、フライ用・製菓用油等)であり、 残りが工業用(鉄鋼の圧延用、石鹸、ろうそくの製造)に用いられ る。なお、精製パーム油を分別したものにパームオレイン、パーム ステアリンがあり、JAS規格では 前者は40℃で清澄なもの、後者は 60℃で清澄なものとされている。

http://www.abura-ya.com/oil/item/pamu.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 一般に油脂は、構成している脂肪酸の比率によって、融点が変わ ります。飽和脂肪酸が多いと融点は低くなり、不飽和脂肪酸が多い と高くなります。飽和脂肪酸が多い動物性の油脂(牛や豚など)は 常温では固体です。(鶏や魚の脂肪は違いますが。)

 バターは牛乳の脂肪から作ります。牛乳の脂肪は牛肉のものとは 違いますが、やはり常温では固体になります。植物性の油脂でバタ ーの代替品として製造されるマーガリンでは、不飽和脂肪酸を一部 飽和脂肪酸に変えて、融点を高くする加工をしています。

 「水素添加」と呼ばれていますが、この工程で一部の不飽和脂肪 酸が「シス型」から「トランス型」に変化することを問題にする人 がいます。(この件については私のサイトで検索してみてください。)

 その意味ではパーム油はもともと飽和脂肪酸が多いので、そうい う副作用からは安全なのかもしれません。(元々幾分かはトランス 型脂肪酸も含んでいるはずですが)

 ショートニングというのは使い方で名前が変っていますが、本質 的にはマーガリンと同じと考えてよいと思います。別にそれ自体が 身体に悪いわけではありません。

 近年、マレーシアを中心に、パーム油の生産は急成長してきまし た。このことを批判している人もたくさんいますが、私は的外れな 批判だと思っています。以下はマレーシア政府サイドのパーム油に 関する情報です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 パーム油には、他の植物油に比べビタミンAとEが多く含まれてい ることから、マレーシアでは、ビタミンA欠乏症の子供への補助食 品や、ビタミンEの抗酸化成分を利用した老化防止や抗がん性効果 を持つ食品として利用されています。また、マレーシアのパーム油 関係者は、パーム油は通常の新陳代謝で簡単に吸収されるほど消化 が早いため、健康志向の高い先進諸国や栄養不足に直面している国 などで、必要なエネルギーと脂肪酸を満たすための重要な役割を担 っていることを強調しています。

 パーム油生産量の約80%は食品用に利用されています。マレーシ アでは、マーガリン、アイスクリーム、コーヒー用クリーム、ショ ートニングなどの加工食品の重要な成分として、また、ココアバタ ーの代用品として菓子類やチョコレートにも利用されています。

 一般家庭においても、パーム油は最もよく利用される油で、日本 のサラダ油のように揚げ物、炒め物などの幅広い調理法に用いられ ています。パーム油以外では、ココナツ油も一般家庭でよく利用さ れていますが、こちらは調理油としての用途のほかにマッサージオ イルとしても利用されています。

 マレーシア政府は、食用への利用ばかりでなく、パーム油を工業 用に利用することも推進してきました。その結果、マレーシアは世 界のオレオケミカル市場の60%を占めるようになりました。以前は マレーシアからパーム油が輸出され、輸入国において化学製品に二 次加工されるのが一般的な形態でした。しかし、近年はマレーシア 国内で二次加工した製品を輸出するパターンに変化し、付加価値を 確保するようになりました。日本でも、パーム油を輸入し、脂肪酸 などの原料に利用していましたが、いまでは二次加工製品を輸入す ることが一般的になり、マレーシアにとってはオレオケミカルの主 要な市場の一つになっています。したがって、いま日本に輸入され ているパーム油のほとんどは食用に利用されているものです。

http://www.oil.or.jp/info/html/34/page11.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 昔の植民地時代のプランテーションと違って、マレーシアではパ ーム油を加工する、近代的工業も成功しつつあるのです。これは評 価したいですね。

 パーム油それ自体の安全性ということなら、別に問題ありません。 植物油としては非常に特色のあるものですが、安全性を疑うような 要素は何もありません。

 件の番組で、エビフライをパーム油で揚げたのを試食していまし た。揚げた後、時間がたってもおいしいのが特徴だということです。 そのかわり、揚げたてはたぶん他の植物油の方がおいしいのではな いかと思います。


Q.1131 ベジタリアンなどのホームページを見ていると、肉食がいかに も体に悪いということがデータの裏付けがあるように書かれていま す。本当に肉食が体に悪いというデータがあるのでしょうか。肉ば っかり食べるのは良くないというのならいいのですが、どうも肉食 自体を否定しているようです。


A.思想信教の自由というものがありますので、ベジタリアンが自 分の信条を述べることは問題ありません。科学的根拠があるとは私 には思えませんが、そのように信じている人もいます。それもやは り仕方ないですね。

 肉食を否定するという思想については、別に批判すべき点がある とは思えません。そう思う人は肉食をやめればよいのです。ただ、 そう思わない人が、肉食を否定する思想について、気にする必要は ありません。あくまで信仰、心の問題だからです。

 肉を食べすぎるリスクもありますが、全く食べないことのリスク もあります。そのあたりを理解した上でのベジタリアンであれば何 の問題もないのですが、あまりに偏った食事になっている人につい ては少し心配しています。しかしそれもいらぬお世話でしょうし、 昔は肉食どころか木食といって、穀物もとらないような修行をした 偉い坊さんもいました。ここまでくればただただ敬服するばかりで す。


Q.1130 現在アメリカのノースカロライナに住んでいます。今朝、ニュ ースでオーガニックのミルクを回収しているのを見ました。多分カ リフォルニアだったと思うのですが...?何か問題があったので しょうか?我が家もオーガニックミルクを飲んでいるので、気にな りメールさせていただきました。


A.アメリカのローカルなニュースはさすがにこちらではわからな いです。牛乳の回収自体はよくあることなので、それほど気にする 必要はないと思います。

 牛乳の生産工場では、かなり徹底した衛生管理がとられています。 HACCP(ハセップ)と呼ばれる方法論でやるのですが、この管 理の仕方には、どうすれば健康被害をおこすようなミスをなくせる か、ということと同時に、ミスが起こってしまったときの対処方法 も明記されています。

 したがって、回収するような事態が発生したということは、ほめ られたことではありませんが、そういうときにも管理は機能してい るということでもあります。

 回収の原因は異物の混入か殺菌の失敗が多いです。オーガニック ということですから、オーガニックの条件に違反した可能性もあり ます。この場合はオーガニックとしては失格ですが、衛生的な面で は問題ありません。

 いずれにせよ、こういうニュースに接したときは、自分の飲んで いるものが回収に該当していないかどうかを調べてください。そう でなければ、とりあえずは関係ない、ということでよいと思います。


Q.1129 てんぷら油処理用の固めるテンプルがほんの少し入ってしまっ たスープを間違えて飲んでしまいました。成分は天然油脂成分(唐 ゴマ)としか書いてませんでした。現在、妊娠5ヶ月なのですが赤 ちゃんに影響はありませんでしょうか?


A.メーカーのサイトにはこう書かれています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 テンプルの原料は、唐ゴマの実から抽出した天然油脂を原料とし て製造された脂肪酸です。化粧品や界面活性剤の原料にも使われて いるもので、その他の有害な物質は全く含まれていません。特に応 急処置をする必要はありません。無理矢理吐かせたりせず、口をす すぐなどして様子をみてください。

http://www.johnson.co.jp/inquiry/119/tm01/index.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これからすると、心配なさそうですね。「唐ゴマ」で検索してみ ると、次のような記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 唐ゴマはトウダイグサの一種であり、別名「ヒマ」と呼ばれてい ます。その種子はひまし油の原料として使用されています。現在の 用途は下剤や化粧品、染料の原料としても使用されています。文献 によれば、葉、種子には毒性のあるリシニン(ricinine)というア ルカロイド化合物を含み、摂取すると吐き気、嘔吐、肝および腎臓 障害、痙攣、昏睡、低血圧、呼吸困難などを起こし、死に至ること もあるそうです。食用には適しませんので、決して食べないように するとともに、食用植物との隣接栽培による誤食にも注意してくだ さい。

http://homepage2.nifty.com/t-center/jigyou/sidou/soudan/kubun/nousan.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 唐ゴマ自身には毒性があるようです。生で食べると危険ですが、 抽出の過程でこの毒性成分は取り除かれているわけです。

 別に症状が出たりもしていないようですので、心配することは ないと思います。


Q.1128 食料品の賞味期限を教えて下さい。又食料品の賞味期限等が載 っている本がありました教えて下さい。宜しくお願いします。


A.こういう質問が一番困ります。何が知りたいのかがよくわから ないのです。また、本などは自分で書店か図書館に行って調べるの が一番です。ネット上にも情報はいろいろありますが、アテになら ないものも多いですし。

 一般論としては、賞味期限は食品の販売時に適切な保存可能期間 を表示するものだと考えてよいと思います。食品の性質によって、 その意味するところは微妙に違うのですが、大雑把にいってそうい うとらえ方になると思います。

 普通に保管していて、賞味期限以内に食べられない状態になった ときはクレームになる、メーカーの方はそう考えて対処しています。

 逆に賞味期限が過ぎても、必ずしも食べられないわけではないこ とはご存じのとおりです。ここから先は自己責任というやつです。

 自分で作った食べ物には、はじめから賞味期限はありません。こ のあたりを考えると、賞味期限というものが販売対策としてあるの だ、ということが実感できると思います。

 メーカーがどのようにして、商品の賞味期限を設定しているのか はなかなか興味のある問題です。問い合わせてみると、データを山 のように出してくるところとか、単に業界団体のガイドラインをコ ピーしているところとか、まさにいろいろです。本当に一口で言う のは難しいのです。


Q.1127 糖アルコール類はカロリーが低く虫歯にならないと最近菓子等 に使用されています。私もその利点から数年前から頻繁に利用して います。一方糖アルコールは多量に食べると一時的に下痢を起こす とあります。最初に糖アルコール製品を食べてもなんともなかった のですが、徐々に多量に食べたときに腹痛、下痢を起こすようにな りました。それが、最近1年くらいは本当に少量しか食べていない のに下痢を起こすようになったことです。だんだんと悪化している ようなのです。母親も同様の症状になっており、たとえば最初のこ ろはガムを20粒ほど食べても大丈夫だったのに、糖アルコール利 用の飴を一粒、ガム3粒食べたくらいで腹痛・下痢を起こすように なりました。あきらかに悪化しています。本当に安全なのでしょう か。アレルギーのようなものがあるのでしょうか。


A.糖アルコールが下痢の原因になることはよく知られています。 でもどちらかというと、慣れてきてそのうちあまり症状が出なくな るというように考えていました。

 はじめはあまり影響が出なかったけれど、そのうち反応するよう になったということなのでしょうか。ガム20粒というのはどうも 一度に食べる量としては多いような気がします。

 こういう反応には腸内細菌の存在が大きく影響すると思います。 そのあたりが変ってきたのかもしれませんね。

 この変化がよい方向であるのか、悪い方向であるのかは私にはよ くわかりません。様子をみながら、食べてみて、不安があるような らやめてみた方がよいと思います。無理に食べないといけないもの ではありませんから。


Q.1126 1歳の娘さんを持つ友人が、最近アスパルテームを含んだ飲料 などが、母乳によくないと聞いたそうなのですが、特に問題のない 赤ちゃんであれば、お母さんがそのような飲料を飲んでいたとして も、問題ないのでしょうか?できれば、やはり食品添加物等は、授 乳期間中はとらないほうがいいと思うのですが。問題ないとしても、 やはりやめたほうがいいでしょうか?その方は、ダイエットペプシ・ ダイエットスプライト等、飲んでいるそうです。


A.妊娠中に限らず、健康を気にするならコーラなんか飲むなよ、 というのが私の意見なんですが、それとは関係なく、アスパルテー ムの件はデマであると考えた方がよいと思います。何故デマなのか は私のサイトに書いてあると思いますので、探してみてください。

 世の中には企業の悪口をいうことで自分たちの勢力を拡大したい 人とか、自分たちの商品を売るために一般のものは何でも悪く言う 人とか、いろいろいます。そういう人たちが言っていることはだい たい根拠のない話なんですが、何しろ自分たちで勝手に言ったこと をあちこちに引用しますので、そういうインチキ情報に接する機会 も多くなります。

 企業のやっていることを疑うのは結構なんですが、悪口を言って いる人のことも疑ってみることが必要なのです。

 食品添加物全般を避けることは現実的には不可能ですし、その必 要もありません。よりよい食生活を求めるときに、あまり食品添加 物を多用したような食品を避けるのはよいことですが、別に食品添 加物に害があるからではありません。そういうものに頼らない、よ い食品を選びたいからです。


Q.1125 着色料の資料を拝見しました。私は調理にたずさわる者ですが 食品添加物の安全性を考えて現在天然着色料を探しております。メ ーカーより紅麹色素、クチナシ色素をサンプルとしてとりよせまし た。しかし知識が乏しいため自身で安全性を確認する事ができませ ん。何か安全性を確認する方法、資料等有りましたらアドバイスを 頂きたいと思いメールさせて頂きました。


A.あちこちに書いていますが、ほとんどの天然着色料は安全性の データが充分ではありません。だから「安全性を考えて」天然着色 料を使用するというのは疑問です。

 安全性のデータが充分でなくても、ほとんどの天然着色料はそれ 自体食品として食べられているもので、現実的な不安があるわけで はありません。

 食品として食べる分には安全性のデータは必要ないが、添加物と して使うときには安全性のデータが必要になる、ということです。

 このあたりの安全性についての考え方を、もう一度整理した上で、 天然着色料を使用するメリットについて考えてほしいと思います。

 私は発色に不満がなければ、天然着色料を使うのは悪いことでは ないと思います。その前に、着色料を使う必要があるのかどうか? という疑問もありますけれど。


Q.1124 こんにちは。出産してから、食べ物や添加物に興味がでてきた ので、いつもメルマガを楽しみにしています。先日、やきいもを食 べながら、ふと疑問におもったのですが。ジャガイモの芽には毒が あると聞いたのですが、さつまいもの芽にもあるのでしょうか?


A.さつまいもは芽が出てつるになっても、食べられます。芽にも 毒があるとは聞きません。

 でも、芽が出るというのはそれだけ芋は消耗するわけですから、 芽の出る前に食べた方がよいのでしょうね。

 その他、さつまいもについては以下のところに詳しく載っていま す。どこにも毒の記載はないです。

日本いも類研究会
http://jrt.gr.jp/

さつまいも&じゃがいも ホームページ
http://www.maff.go.jp/soshiki/nousan/imo/imoruihanindex.html

さつまいも小辞典
http://sv11.internet.pref.kagoshima.jp/home/s-anzen/13newsse/index.html


Q.1123 最近ブドウの種無しのためにジベレリン、フルメットが使われ ていますが、ブドウだけではなく、固体肥大や収量UPに野菜や他 果物にも使われているらしいのですが、最近の健康志向として、思 うに大変心配です。


A.ジベレリンやフルメット(サイトカニン剤)は植物ホルモンと 呼ばれています。植物が成長していくとき、全体に指示を与える、 重要な物質です。

 植物ホルモンは動物のホルモンとは全く違うもので、動物には活 性を持ちません。すべての植物が自然に含んでいるものなので、動 物にとって安全性が問題になるということはありません。

 ただ、こうした植物ホルモンを農業の現場で使うということに、 心理的な抵抗があるのも事実です。使わないですむ方法の方がスマ ートに感じられたりします。

 たとえば、トマトの着果、果実肥大促進にはトマトトーンと呼ば れる、オーキシン製剤を使います。蜜蜂などを使って受粉させるこ とで、トマトトーンを使わない方法もあり、その方がおいしいとい う評価のようです。

 とはいえ、やはり現実面では効果があり、安全面でも問題がない わけですから、全体としては使うのをやめる方向にはいかないと思 います。

 問題は健康志向や安全性ではなく、農業のあり方ということにな ります。農業をやっている方にとっては、勝手に美化されたり、あ るべき姿を示されたりしても迷惑な話です。このあたりはなかなか 難しいですね。


Q.1122 いつも楽しく拝見いたしております。メディアの報道に踊らさ れることなく、正しい知識を身につけ公正な判断ができるようにな れたらと、貴殿の著書をはじめ色々な書籍を最近読むようになった 者です。

 残留農薬や添加物はさほど心配する必要はなく、怖いのは自然毒 や微生物等による食中毒だというのはわかりました。そこでアフラ トキシン等のカビ毒のリスクについて教えてください。

(1)アフラトキシンといえばナッツというイメージですが、パ ンやミカンの皮、あるいは浴室で目にするカビでも含まれている可 能性はあるのでしょうか。

 (2)致死量が非常に小さいという事ですが、実際に被害に遭わ れている方の数と被害の程度はどのようなかんじなのでしょうか。

 (3)行政などの検査体制はある程度しっかりされているとは思 いますが、被害に遭わないように消費者が気をつけるべきことは、 何かあるのでしょうか。


A.アフラトキシンを産出するカビは日本には生息していないとい うことになっています。したがって、普通にカビが生えたものに対 してアフラトキシンの心配をすることはありません。

 問題になっているのは、アフラトキシンを含む輸入食品です。ナ ッツ類やトウモロコシなどで現在でも少なくない件数でアフラトキ シンが検出されています。

 アフラトキシンによる被害では、過去に大規模な事件がおこった ことがありますが、現在ではそういう大事件というのではなく、日 常的に存在するリスクのうち、代表的なものということで、個別の 因果関係が明らかな事例はほとんどないと思います。

 アフラトキシンは主に肝臓ガンを作るので、アフラトキシン汚染 地域では肝臓ガンの死者が多く、そのうちの多くにアフラトキシン が関与しているだろうとされています。

 だから厳しく規制されているわけです。トウモロコシは飼料用な ので、直接食べるものではナッツ類が気になるところです。食べる 必要があるものでもありませんので、敬遠しておくのも手ですね。

 通常の食生活をしている限り、あまり心配することはありません。 ただし、アフラトキシンに限らず、カビの生えた食べ物はやはりリ スクがありますので、食べないようにするのがよいと思います。


Q.1121 スーパーの卵の陳列の仕方についてお尋ね致します。どの卵に も10度以下で保存と書いてありますがお店で売ってるものはほと んど冷蔵されていないので疑問です。あの卵の並べ方は問題ないの でしょうか?かといって卵で食中毒になったことはありませんが・ ・・・。考えすぎでしょうか?以前牡蠣とハマチで食中毒を起こし、 お産より苦しい思いをしたため保存方法とかとても気になります。


A.卵を冷蔵で販売することは推奨されていますが、まだほとんど 普及していません。そこで現実的には「冷蔵保存」の意味は以下の ようになっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 冷蔵保存は、パック卵であれば家庭における保存から、業務用の 箱玉であれば、飲食店や食品工場等での保存から冷蔵保存をするこ ととなっています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/tamago/tama02.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 本来は養鶏場出荷時から冷蔵輸送する、冷蔵流通がよいのです。 しかしコストや業者の体力面などから、そこまでの処置はとられて いません。

 鶏卵はもともと保存性のよい食べ物で、常温でもかなり長期間、 腐ることはまずありません。賞味期限が設定されたり、冷蔵保存が 要請されたりしているのは、主にサルモネラ汚染が原因です。サル モネラの中毒は鶏卵を生または不完全に加熱して食べたときに問題 になるので、生で食べるためにはこのような注意が必要だというこ とです。

 安全を考えるのであれば、卵は必ず完全に加熱してから食べるよ うにするのが一番よいです。でも、卵を完全に加熱するのはなかな か難しいのですよね。そういうこともあって、生で食べても大丈夫 な鮮度の卵を選び、できるだけ加熱して使うというのが現実的な態 度だと考えています。


Q.1120 アルギン酸について質問ですが、ヨード成分はアルギン酸抽出 の時点でなくなり、食品添加される時点では成分が検出されないの でしょうか。


A.アルギン酸は褐藻類に含まれる多糖類です。原料の褐藻はヨー ド成分を含んでいますから、製品化されて「アルギン酸」として使 われているものに、ヨード成分が含まれているかどうかということ ですね。

 まず、アルギン酸は「グルロン酸」と「マンヌロン酸」がたくさ ん結合したものだそうです。どちらも糖類で、いわゆる炭水化物の 仲間です。分子中には炭素、水素、酸素しかありませんので、純粋 なアルギン酸はヨードは含みません。

 あとは原料に由来する不純物がどれくらいあるかということです。 これについては残念ながら私にはわかりません。個別の商品を調べ るしか方法はないと思います。


Q.1119 農薬の検査を公平な立場で行っているところはどこでしょうか? 農薬の問い合わせで、国の検査結果をお客さんに説明したら、「国 の検査結果は検出率も数字のトリックを使い、異常に低く誤魔化し ていると聞いたから信用できない」と言われ、困っています。国以 外で信頼できる検査結果を公表されている組織をご存じでしたら教 えて下さい。他のデーターでもう一度説明したいと思います。


A.何だかご苦労な話ですが、どういう立場で説明しようとされて いるのでしょうか?

 農産物を販売されている立場であるなら、一般的な検査情報では なくて、自社の販売物について語った方がよいような気がします。

 全般的な状況についての検査情報は、国がやっているもの以外に ありませんし、個別の検査ではその代わりは勤まりません。

 国がやっている検査が公平でないというのは理解に苦しみますが、 国家権力=悪、という図式をいまだに信じている人もいます。

 こういう懐疑派?の人には何を言っても聞いてもらえないところ があります。私の経験では、こういう人たちには数字を持ち出して 反発されるより、その人が何を気にしているのかをよく聞き、自分 たちの取り組みを語って理解を求める方向で話すのがよかったです。

 要するに数字ではなくて、物語が必要なのです。あんまりやりす ぎると自分が詐欺師になったような気がしてきますが、ある程度は やむを得ないです。


Q.1118 現在妊娠8週目です。レンジ使用可のタッパーに凍らせていた ハヤシライスのルウをレンジで解凍・過熱し食べたところ、中に誤 って惣菜屋のケースのポリ蓋が入っていたことが分かりました。蓋 の淵が溶けた状態だったのでルウに何かが溶け出していたらとお腹 の子供への影響が心配です。


A.この間、すでに同じような質問をたくさんいただいています。 Q&Aのページをごらんください。

 要点だけもう一度書きます。

・食べてしまったものを心配しても仕方ないです。以下の理由で影 響がある可能性は極めて低いです。

・プラスチックは人間には消化できない異物ですので、食べても別 に害はありません。(食べるものではないですが)

・添加物や不純物が問題ですが、食品用のものなら規制値があり、 特に心配するほどではありません。

・ちょっと失敗したから、これから気をつけよう、ということでよ いのでは?

・小さなことで心配するのはよくないです。人生余裕が大切です。


Q.1117 主人の実家で、味噌は昔から手作りしているのですが、ある時 実家で味噌を使おうとしたところ、白いカビが生えていました。義 母に言った所、かき混ぜてしまえば、食べても全然問題は無いと言 っておりましたが、本当でしょうか?味噌のカビはかえって体に良 いような事も言っておりました。


A.伝統的な手作り食品というのはこうしたものです。カビが危険 でないという根拠はありませんが、実際問題としてすぐに害がある 可能性は限りなく低いので、普通は無視しています。かえって身体 によい、というのも全くの嘘ではないのかもしれません。信じるほ どでもないですが。

 ただし、リスクという面からは安全とは言い難いものであること は承知しておいた方がよいです。それで食べる分には問題ありませ ん。安全でないものは食べない、などと言い出すのはすでにある種 の病気です。

 しかしカビをかき混ぜてしまうというのはちょっと乱暴ですね。 できればその部分は取り除いた方がおいしいと思います。


Q.1116 1歳の子供が重度の卵白アレルギーなのですが、「はちみつは 精製時に卵白を使用しているものもある」と聞いた事があります。 この話は本当なのでしょうか。国内産、外国産ともに注意したほう が良いのでしょうか?


A.蜂蜜の精製に卵白を使うというのは私は知りません。ネットで 調べてもよくわかりませんでした。

 それより1歳程度でしたら、蜂蜜を食べるのはまだ早いように思 います。もう乳児とは言えないでしょうが、やはり慎重になった方 が…。

 卵白アレルギーというのはどういう症状なのでしょうか。重度と いうことですから、ちょっとたいへんですね。ただ、医者によって も意見が違うことがありますので、違う医者の意見を聞いてみるこ とをおすすめします。


Q.1115 はじめまして!7ヶ月の赤ちゃんの母です。先日ポジティブリ スト制についてTVのニュースでちらっと見て「しめしめ、これで 離乳食に無農薬などの値段の高いものでなく中国産のねぎやタイ産 のアスパラとか使えるかも。でももうちょっと様子をみよう。すぐ には安全なものが出回らないだろうし..」と思い続報を待ってい ました。ところがTVでもスーパーでも反響がないというか..。 スーパーなどでは大々的にポップなどで宣伝するかと思っていたの に。ネットで調べてやっとこのサイトに辿り着きました。かなり詳 しく分かったのですが、実際にスーパーなどでの小売店で既に検査 を通った安全なものが流通していると考えていいのでしょうか? (先日新聞で検査といってもBSEと同じで全部検査は出来ないの でざる法に近い..といったことが書かれていました)少なくとも 生鮮食品は安全になったのでしょうか?お教えください!ちなみに スーパーで尋ねてみたのですが「はっ?」という感じだったので恥 ずかしくなって聞くのを止めました..。根性なしです。今のとこ ろは値段の高〜い安全そうな食材を使っています。


A.農薬の検査は残念ながらご期待どおりにおこなわれているわけ ではありません。輸入品では通関時のサンプル調査があり、頻繁に ひっかかるようだと同じ品目は全数検査されることもあります。

 国産の農産物は基本的に検査なしで出荷されます。出荷団体(農 協など)が自主的に検査していることはあるようです。それ以外は 検査機関が市場からサンプル調査をしています。

 「ポジティブリスト制」で今まで基準値のなかったものにもすべ て基準値ができましたが、すべての農作物を検査するということに なるわけではありません。

 市場での農作物の残留農薬がどの程度であるかは公表されていま す。このとき、基準値オーバーがどれくらいあるかが問題です。今 までは0.3%くらいでしたが、これがどの程度増えるのか、まだ よくわかりません。

 生産者の方では新しい基準値にそなえて、対策をとっておられる ようです。全体としては今までより改善されていても、基準値オー バーの数は逆に増えてしまうと思います。これはある程度仕方ない でしょうね。

 消費者としては、現状で(検査をとおっていなくても)充分安全 な農作物を手に入れることができると考えてよいと思います。ほと んどの野菜で基準値を超えていたり、基準値よりはるかに高い数値 になったりした場合は問題ですが、そのような状況のときは、抜き 取り検査にも必ず反映されます。

 一を聞いて十を知る、ではありませんが、少しの検査でも全体の 様子を探ることはできる、と考えてください。テレビの視聴率調査 なんかでも、調査しているのはごく少数の家庭ですが、全体の視聴 率とあまり違わない数字になっていると考えられています。あれと 同じですね。


Q.1114 私の友人に栄養士の人がいます。その友人曰く、「日本では企 業の政治家への献金が盛んだから、健康には良くない添加物であっ ても企業の都合で許可されてしまう。最近は葬儀場などで氷を使わ なくても遺体が腐らないのは、保存料などの添加物が大量に体内に 蓄積されているためだ!!

 逆にオーストラリアなど世界中に食料を輸出している国の食べ物 は安全で、世界中からの信用を保つために検査が大変厳しい。添加 物が多い日本の食べ物は世界中から信用されるのは難しいだろう。」 などなど、ネガティブな事を私に聞かせます。

 外国では禁止されていても、日本では許可されている添加物はあ るのでしょうか??

 少量では有害ではない添加物であっても、体内に蓄積される事は あるのでしょうか??


A.「死体」の話はタチの悪い都市伝説です。栄養士ともあろうも のがこんな話を真に受けるのは情けないです。死者を冒涜してはい けないという倫理観を持ってほしいですね。氷ではなくドライアイ スを使っていますが何か問題でも?というところです。

 また企業の献金がどうとかいう話はそれこそお里が知れるという ものです。政府や大企業が自分の都合で何でもできるのは、中国の ような独裁権力の国であって、日本のような議会制の国ではありま せん。

 この話は以上で終了です。添加物がどうという以前の問題である と知ってください。

 食糧輸出国がそうでない国より規制が厳しくなる傾向があるのは 当然のことで、その意味では事実なんですが、これは複数の国の規 制をクリアする必要があるためで、当然のことです。輸出をほとん どしていない国がマネをする必要はありません。

 添加物の許可は国ごとに、実情に合わせて許可をしています。許 可をしていないということと、禁止していることとは違います。実 際に使っていないとか、使う必要がないとかいうものは当然許可に はなりませんが、禁止しているのとは意味が違います。

 危険でも何でもなくても、必要がなければ許可しないものです。 必要があり、安全性も確認して許可している国が、許可していない 国に遠慮することはありません。

 ただし、許可していない国に輸出しようとすれば、それに対応す る必要があるので、前述のように輸出国はつらいよという話になる わけです。

 体内に蓄積するのであれば、少量では無害という判断にはなりま せん。そもそも、蓄積するという概念があてはまるのは有害な元素 とか、一部の非常に難分解性の分子の話で、当然そんなものは添加 物としては許可になりません。

 生物の身体は非常に複雑なメカニズムで動いています。食べ物と して摂取されたすべての分子は、そのメカニズムのなかで変転を繰 り返していきます。その変転を追求するのが科学であって、真実を 追求せずに妄想を語るのがニセ科学です。ほとんどすべての食品添 加物批判論は残念ながらニセ科学に相当します。


Q.1113 食器を洗剤で洗うとき、飲食店などではあまり洗剤をちゃんと 落とすことについては指導がなされてないようです。洗剤の残留成 分が付着したまま食器を使った場合、洗剤の成分が身体に与える影 響についてはどうでしょうか?また最近広く使われている食器洗い 器は有効に汚れや洗剤が落とすことが出来るのでしょうか?


A.飲食店での皿洗いは確かに気になりますね。店によってレベル が相当違うということもありますし、家庭での洗い方とは違って結 構乱暴に見えたりもします。

 保健所も衛生管理面ではいろいろとうるさいのですが、こういう 方面はあまり言わないと思います。

 残留する量について考えると、家庭で洗うより多いと思った方が よいと思います。ただし、家庭でも完全になくなるわけではなく、 お店の方でも極端に多いというほどでもありません。要は程度の問 題です。そしてどちらも別に健康状態に影響するほどでもないのは 間違いありません。

 保健所がうるさく言わないのも、その結果の被害をほとんど予想 していないからです。洗剤の成分も無害ではありませんから、よほ ど多くとれば害があります。しかしそんな量になると、料理の味に 影響してしまいますから、問題なく営業できなくなってしまいます。

 つまり、何もしなくても安全装置が働くというわけです。このあ たりが気付かずに食べてしまう食中毒菌との違いです。

 私は5年ほど前に引っ越ししまして、新しい家には食器洗い器が 備えつけになっています。これに食器を入れるのは私の役目です。 入れ方にもよりますが、まず問題ないレベルで洗えているようです。 ときどき洗えていない部分があるのは、入れ方のせいだと考えてい ます。

 入れる前に残っている分をざっと洗い落としています。あまりや ると食器洗い器の美点である、「水の使用量が少ない」というのに さわりますので、様子をみながら、少しずつ減らしてきました。で も、マヨネーズがついている食器などはつい手が出てしまいますね。

 使う前は何だかもったいないような気がしていましたが、全体の 評価としては、家族の団欒のことを考えれば充分有効だと思ってい ます。何といっても1〜2分で後片付けが済んでしまうのですから。


Q.1112 『病気にならない生き方』(新谷弘実)を読んで、マーガリン や乳製品好きな私は、本当だろうか?と悩んでいます。真実を教え てください。


A.例のトンデモお医者さんですね。私なんかはこういう話を信じ る人の気が知れないと思っています。

 ポイントは、主張していることが事実に裏付けられているかを確 認することです。こういう人はこういう病気になる、と断言するだ けでは無意味です。ちゃんとデータをとって、統計として実証でき ない以上は単なる妄想と考えて無視するのがよいのです。

 医者が「私はこの方法でたくさんの患者を治した」などと言って も、あまり信用してはいけません。もし本当なら、門前市をなして いるはずで、自分から売り込んで本を書いたりしているのはまず怪 しいものです。

 世の中には科学者とは言えないレベルの医者も多い、ということ は意識しておいた方がよいと思います。

 もし牛乳が病気の原因になるという統計がとれたら、相手にして もよいですが、まずそんな可能性はないでしょうね。


Q.1111 アルギン酸について質問ですが、ヨード成分はアルギン酸抽出 の時点でなくなり、食品添加される時点では成分が検出されないの でしょうか。


A.アルギン酸は褐藻類に含まれる多糖類です。原料の褐藻はヨー ド成分を含んでいますから、製品化されて「アルギン酸」として使 われているものに、ヨード成分が含まれているかどうかということ ですね。

 まず、アルギン酸は「グルロン酸」と「マンヌロン酸」がたくさ ん結合したものだそうです。どちらも糖類で、いわゆる炭水化物の 仲間です。分子中には炭素、水素、酸素しかありませんので、純粋 なアルギン酸はヨードは含みません。

 あとは原料に由来する不純物がどれくらいあるかということです。 これについては残念ながら私にはわかりません。個別の商品を調べ るしか方法はないと思います。


Q.1110  ニンニクの芽についての質問がありましたが、芽が出ていても食 用できるとのことでした。今、私の手元には2週間前に購入した青 森産と中国産のニンニクがあります。青森産のものは発芽していま すが、中国産のものは変化なしです。この違いは何でしょうか、ま た、どちらも食用可能でしょうか。


 私も気になったので、少し調べてみました。まず、産地のレポー トで、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今でこそニンニクは1年中、店頭に並ぶが、以前は冬から春にか けて出荷できなかった。消費者に嫌われる芽が出て、商品価値がゼ ロになってしまうからだ。

 国内で使用が認められているニンニク用の発芽抑制剤は一つしか ない。まさに「切り札」だ。

 ところが、昨年春、製造メーカーが突然、「発がん性物質が発生 する疑いがある」として販売中止、自主回収を発表した。

(略)

 青森県で発芽抑制剤が使われ始めたのは約30年前。当時の栽培 面積は現在の15分の1で、トップを競っていた宮城県や岩手県の 3分の1にすぎなかった。

(略)

 収穫1週間前までに畑に散布する発芽抑制剤を積極的に使った。 栽培面積は一気に増えた。今では、青森県だけで国内産ニンニクの 生産量の約8割を占める。

(略)

 厳しいせめぎ合いの中で降ってわいた発芽抑制剤の販売中止。青 森県の関係者はいま、氷点下2度で冷蔵する「低温貯蔵」、50度 で乾かす「乾熱処理」、さらに38度で保温する方法など、新しい 発芽抑制技術の開発に躍起だ。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe124/20030322_01.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 以前は「発芽抑制剤」が使われていて、現在では使用できなくな った、ということです。商品名「エルノー」、有効成分は「マレイ ン酸ヒドラジッド」で、他の作物にも使われていたようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

マレイン酸ヒドラジッドによるパイナップルの冠芽伸長抑制

 本剤は、2002年4月22日付けで販売中止、出荷品回収の措 置がとられていますので、使用することができなくなりました。

使用できなくなった理由

 理由は、製造メーカーの日本ヒドラジン工業から農水省に、「エ ルノー液剤は、品質劣化により遊離ヒドラジンが増加する」と報告 があり、遊離ヒドラジンの基準値を設定することになりました。メ ーカーは、この基準値をクリアーすることが困難として販売中止と 出荷品回収を指示しました。

1.薬剤の説明
  一般名:マレイン酸ヒドラジッド
  商品名:エルノー
  含量及び剤形:39%液剤

http://www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/cyouseizai/pinegrowth.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 発芽抑制剤は普通にイメージする農薬(殺虫剤、殺菌剤など)と は働きが違いますが、農薬の登録を受けています。農薬の登録は厳 しいので、わずかでも不安があるとこのように取り消されてしまい ます。

 最近、発芽しかけているニンニクをよく見るような気がしていま したが、どうもこのせいだったようです。産地では冷蔵設備を作っ たり、いろいろと対策に困っているようです。

 こんなニュースもありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 八戸市のポリエチレン製造・包装資材販売業「三信包装」は、三 菱ガス化学の関連会社・エージレスサービスセンター(本社東京都) と共同で、ニンニクの発芽抑制剤を開発、販売している。出荷時に ネットの中に入れておけば流通段階での発芽を抑えられる上、熱処 理の必要がないため風味も保てる。同社によると、同様の発芽抑制 剤はほかになく、県内関係者から反響も出始めているという。

 同社は植物ホルモン「エチレン」が発芽を抑制する効果に着目し た。エチレンを吸着させた鉱物の一種である「ゼオライト」を、乾 燥剤などで使われる通気性のある小袋に収納。ニンニクから湿気が 発生するとエチレンを放出する仕組みだ。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0116/nto0116_2.asp
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 効果はあるようですが、コストが問題ですね。高級品には使われ ると思いますが、中国産と競争になっている市販のニンニクには難 しいかもしれません。

 中国産については、上記のレポートの続きで、こんな記事があり ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 収容量5000トンの巨大冷蔵庫を前に、中国側の関係者は「6 月から出荷直前まで氷点下2度で保管する。翌年4月の出荷後半ま で、発芽の心配は全くない」と胸を張った。

 だが、川村課長は「バイヤーは、中国産は芽や根が出て困ると話 していた。中国側の説明は、額面通りには受け取れない」と言う。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe124/20030323_01.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 どうも何かしているような印象です。もう少し調べてみると、こ んな記事を見つけました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 中国では、ニンニクの発芽防止や香辛料等の殺菌方法として、20 品目以上の食品に放射線照射が認められ、年間10万トン以上の食品 に放射線が照射されています。

(略)

 食品に通常含まれている炭素や窒素などの原子が放射線を受けて 放射能を持つようになるためには、10メガ電子ボルト以上のエネル ギーが必要です。その10分の1のエネルギーの放射線照射を受けれ ば、10分の1の放射能を持つというものではなく、10メガ電子ボル ト以下であれば、放射能を持つことはありません。

 国内で「ばれいしょ」の照射に使われるコバルト60のガンマ線は、 最大でも1.3メガ電子ボルトのエネルギーですから、照射された 「ばれいしょ」が放射能を持つことはありません。

 このように、管理された条件のもとで照射される限り、食品に当 たった放射線は熱に変わったり、食品を通り抜けてしまい、食品の 中にとどまって放射線を出すようなことはありません。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/11/2-2.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 手品のタネはこれだったようです。日本では北海道に一つだけ、 ジャガイモの放射線照射施設がありますが、それ以外では使われて いない技術です。

 ここにも書かれていますが、安全性の高い技術なので、飢饉の際 の援助物資など、もっと使われてもよい、という議論もあります。 国際的にはすでに使用がはじまっていると考えてよいようです。

 照射された作物は危険ではありませんが、放射線の元になるコバ ルト60は非常に危険な物質です。放射線照射は農薬と違って、個人 の農家で使える技術ではないところが問題です。日本でやるとすれ ば、農協あたりで施設を作るのでしょうが、あまり現実的ではない と思います。

 中国で放射線を扱うとなると、何だかコバルト60を素手で扱って いたりしそうに思いますが、まさかそんなことはなく、ちゃんとし た産地で、立派な施設を作っているのでしょうね。そういうものと 競争しなければならないのですから、ニンニクの生産者もたいへん です。

 ニンニクの芽には毒はありません。芽が出ても気にせず使うとい うことでよいと思いますが、いかがでしょうか。


Q.1109 簡単なようなんですが、ジャムの定義について教えてください。 (普通のペーストとどう違うのか?)


A.「ジャム類のJAS(日本農林規格)とCODEX(国際食品規格)」と いうページがありました。以下にJASの定義を引用します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

ジャム類 次に掲げるものをいう。

1 果実、野菜または花弁(以下「果実等」と総称する。)を砂糖類 等とともにゼリー化するようになるまで加熱したもの

2 1にゲル化剤、酸味料、香料等を加えたもの

ジャム

 ジャム類のうち、マーマレード及びゼリー以外のものをいう。

マーマレード

 ジャム類のうち、柑橘類の果実を原料とし たもので、柑橘類の 果皮が認められるものをいう。

ゼリー

 ジャム類のうち、果実等の搾汁を原料としたものをいう。

プレザーブスタイル

 ジャムのうち、いちごその他のベリー類の果実を原料とするもの にあっては全形の果実、ベリー類以外の果実等を原料とするものに あっては5mm以上の厚さの果肉等の片を原料とし、その原形を保持 するようにしたものをいう。

果実等含有率

 原料として使用した果実等(マーマレードにおいて、使用した果 皮の果実全体に対する割合が通常の果実が有する果皮の割合を超え る場合にあっては、その超える部分に相当する果皮を除く。)及び その搾汁の重量の製品の重量に対する割合をいう。

http://www.jca-can.or.jp/~njkk/standard.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 詳しくは上記のページをごらんください。


Q.1108 Q.ケチャップの主成分ってなんですか。


A.トマトです。で一行で終りですね。厳密にいうと、トマト以外 のケチャップというのもありだそうです。でも、普通はケチャップ といえばトマトケチャップのことですよね。

 あるケチャップの原材料はこんな表示でした。

「トマト、糖類(砂糖、ぶどう糖、ぶどう糖果糖液糖)、醸造酢、 食塩、たまねぎ、香辛料 」

 多い順に書いています。原料の大半はトマトで、砂糖、酢、塩が 調味料です。たまねぎも普通少量ですが入っています。たまねぎ以 外の香味野菜を使うこともあります。香辛料はコショウなどでしょ う。

 着色料が書いていません。トマトケチャップのまっ赤な色はトマ トの色です。市販のトマトとは違って、ケチャップの原料になる加 工用のトマトは、全体がまっ赤になるまで熟したものを使います。


Q.1107 冷凍していいものダメなものってありますか?たまねぎは切っ て冷凍しても平気でしょうか?キャベツなどは無理でしょうか?


A.冷凍したときに問題になるのは、氷の結晶が育つことによって 組織が壊れることです。肉や魚類は比較的細胞が強く、冷凍保存が 可能ですが、野菜類は基本的に生のままでは無理です。凍らせたと きは問題なく冷凍できたように見えても、解凍するときにもとのよ うに戻ってくれません。

 したがって、野菜類は調理してから冷凍するのが普通です。

 たまねぎは冷凍できるという報告もあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 玉ねぎをフリージングする時は、煮物や味噌汁、サラダなどに使 いやすくて便利な、くし形切りにして、1回分ずつラップに小分け し、ジッパー式バックに入れて冷凍します。さらにフードプロセッ サーでみじん切りにしたものも、同じように冷凍します。

 みじん切りの玉ねぎは、余裕があれば、さらにあめ色になるまで 炒めてから冷凍しておくと、調理の時間も大幅に短縮でき、便利で す。

http://my.noevirstyle.jp/81823023/archive/591
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 キャベツも冷凍したという話があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 僕んちの冷蔵庫、野菜室のすぐ上がやたら冷えるらしく、キャベ ツが凍っていた〜。それを、たまたま野菜炒めに使う為に切ると。 。。な、な〜んとっ!めちゃくちゃ切り易いではあ〜りませんか♪ バサバサ散らからずに、サクサク切れて、しかも纏まっている。 おおっ!これは、おもしろい!と思いきや今度は炒めると。。。な、 な〜んとっ!解けたら火がとおったみたいにシンナリとして出来上 がりも、はや〜〜!!笑

http://plaza.rakuten.co.jp/luchapthk/diary/200502210000/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これらは解凍したとき元に戻るのではなく、解凍と同時に調理し てしまえば、組織が壊れていることが気にならない、ということな のでしょう。調理時間が短くてすむというのはそのためです。

 本来の意味では冷凍保存できていないのですが、ものは使いよう というわけです。まだまだ工夫の余地はありそうですね。


Q.1106 キュウリやトマトやピーマン等を長い間、冷蔵庫に眠らせてし まっていると、じきに妙な透明感が出るというか黒っぽくなるとい うか、水っぽくなってブヨブヨになりますよね?母はその現象を 「腐った」というのですが、具体的には野菜の中で何が、どう起こ った結果なんでしょうか?

 私は昨今の「中国産野菜がどうこう」「保存料がどうこう」騒い でいる方々が理解出来ない(そんな事を言っていたらコンビニでジ ュースも買えないし、レストランで食事も出来ない事になってしま うのに!矛盾した方々だ!)、非常に大らかなタイプの人間でして、 少々の程度なら煮込み料理にしたりして(さすがに食感は悪いです ので)食べてしまいます。自分で処分して、さすがに家族には食べ させませんけどね。

 それと、地面に落としてしまった桃やメロン、リンゴも似たよう な状態になっていますが、前述の野菜と同じ現象が起こっているの でしょうか?


A.食べ物が変化していって食べられなくなっていく過程で、大き な要素は二つあります。一つはごく普通に見られる、「腐敗」とい う現象で、これは微生物が繁殖して、食べ物を分解してしまうこと でおこります。

 もう一つは「自己消化」と呼ばれるものです。これは食べ物自身 が持っている酵素で、自分自身を分解していってしまうものです。

 普通は並行しておこるものなのですが、冷蔵庫などで冷やしてい ると微生物の繁殖は抑えられるので、自己消化が目立つようになり ます。

 詳しいメカニズムとかはよくわからないのですが、おおまかに言 って、こういう理解でよいと思います。

 自己消化の典型的な例は、ステーキをおいしく食べるには、ある 程度保存しておいた肉がよい、といわれる現象です。これは自己消 化によって、タンパク質や核酸が分解されて、うま味成分ができて くること、また組織が壊れることによって柔らかくなることなどが 原因です。

 野菜が自己消化をおこすと、だんだん水っぽくなって、最後は溶 けてしまいますよね。もともと水分が圧倒的に多いので、そのよう になるのだと思います。果物などが部分的に痛むのも、その部分が 物理的な刺激によって自己消化をおこすのではないかと思います。


Q.1105 ウーロン茶を煮出して使用しています。ティーパック式のもの です。以前葉っぱも使用したことがあったのですがそのときは油膜 には気づきませんでした。COOPの商品ですので昨年聞いたときは3% の脂肪分があるとのことでした。この時はウーロン茶には脂肪分が あるのかなーとそれだけ思っただけでしたが、今年食用油を製油す る時添加物使用することを知りました。ウーロン茶の脂肪分は製造 過程で発生するのでしょうか。もともとあるのでしょうか。


A.ウーロン茶も茶の葉を加工したものですから、脂肪分はどこか らくるのでしょうか。元の茶の葉に含まれているということなので しょうかね。ちょっとわからないです。「ウーロン茶重合ポリフェ ノール」という、脂肪に似た成分も含まれているそうです。

 植物油についてですが、ウーロン茶製造のときに植物油を使った りしているわけではないと思います。植物油の製造時に、加工助剤 として添加物が使われていますが、製品に残ることはありません。 製品に残る添加物としては、シリコン樹脂などが使われたこともあ りますが、最近は見なくなりました。

 いずれにせよ、食品添加物−植物油−ウーロン茶という連想ゲー ムです。これらの「モノとモノの関係」を考え、「量」を考えてみ ると、こういう連想ゲームが意味のないものであることが理解でき ると思います。


Q.1104 この覧でもひじきのカビについて載っていましたが、白色でな くすこし黄色ががった粉が付いてるのは何でしょう。虫眼鏡でみる と小さな粉のようです。洗えば 水に浮きます。また乾燥ひじきな どにかび毒があるようなカビが生えることがありますか?


A.「黄色い粉」って何なんでしょうね。少し調べてみましたが、 よくわかりません。ご存じの人は教えてください。

 乾物類は保存性をよくする目的もあって、乾燥したものです。乾 燥が完全なら、カビは生えません。カビなどの微生物が繁殖するた めには、水分が必要だからです。

 微生物の中でカビが最も乾燥に強いので、カビも生えられないも のには、その他の微生物も繁殖してこないはずです。だから乾物類 は日持ちするわけです。

 しかし、乾物ももし湿ってしまったら、すぐにカビが生えてきま す。日持ちがよいのはあくまで乾燥しているときだけの話で、水洗 いしてしまったりすると、普通の食べ物と同じです。


Q.1103 先月買った冷凍のえびシューマイを、今朝、電子レンジで袋の まま温めて、そのままお皿に小分けして置いて置き、お昼に2人の 子供が食べたところ、中の一つに、蛆虫の幼虫(保健所でそういわ れました)が、底にうじゃうじゃといました。15個のうち12個 を食べてしまっているのですが、体に影響は、ありませんか?蛆虫 は、内臓を破ってでてくるとか聞くと心配です。また、後々の影響 が心配です。メーカーに電話をすると、ありえない、自宅で付着し たのではないかといわれました。どういう状況なら、蝿が、直接蛆 虫を生みつけることができるのでしょうか?また、この場合、病院 へ行った方がいいのでしょうか?


A.レンジであたためて時間はたっていますが、微生物ならともか く、「虫」が発生するには早すぎます。つまりこの虫はレンジであ たためてから発生したのではなく、元からあったと思われます。

 製造時、または保管時に何か問題があった可能性が強いです。メ ーカーの対応は不誠実のように思いますので、もう一度強く言って みられてはどうでしょうか。

 もし、虫を食べてしまっていても、単なる栄養源です。食べた後 も問題はおこっていないようですから、毒ではないことは確実です。 また、こういう虫は寄生虫でもありませんので、あとに影響がある こともないです。

 何か症状があったら病院に行くべきですが、何も症状がないのに 行っても、お医者さんが困るだけだと思います。


翌週、読者の方からこんなコメントをいただきました。 おわびして訂正します。


ここのところですが、「元から入っていた」と判断するのはちょっ と無理があるのではないでしょうか。ハエの一種に「センチニクバ エ」というのがいます。日本中にごく普通に生息している種ですが、 これは「卵胎生」という珍しい生態を持っています。要は食べ物に 卵を産み付けるのではなく、体内で孵化した幼虫を生みつけるので すが、産み付けるのに要する時間はほんの数秒で、今回の事例のよ うに数時間放置してあったのであれば、それこそうじゃうじゃ産み つけるのは簡単です。

 元々、冷凍食品の工場は気温が低めに設定されていますので、ハ エが好んで活動する環境ではありません。製造されてから冷凍され るまでの時間もごく短いはずですから、今回の「うじ虫」はこれだ ったのではないでしょうか。一概に「不誠実なメーカー」というの は酷なような気もします。ただ、気の利いた品質管理担当者がいれ ば幼虫の同定をして原因を確定するでしょうが。


Q.1102 肝臓がよくないので添加物の少ない食品をとりたいのですが、 添加物の入っていない食品はほとんどない世の中。肝臓によくない 添加物はなんでしょうか?大豆由来とか書いてあるのはいいような 気もするのですが。


A.食品添加物で肝臓の心配をしなければならないものは実質的に はないと考えてよいです。

 ADIといって、これ以下の摂取なら影響がないという値があり ます。市販の食品を普通に食べていた場合、食品添加物の摂取量は 一部を除いてこの値の1%以下であり、最大でも数%にとどまるこ とが知られています。

 ただし、例外があって、亜硝酸だけはADIを越えていると思わ れます。しかしこれは食品添加物ではなくて、野菜に由来するので す。

 亜硝酸を恐れて野菜を食べなければ、たぶん食べないことの方が 害があるでしょう。

 食べ物に気を使うのはよいことですが、漠然とした不安を持つ必 要はありません。肝臓によくないのは一に酒、二にタバコ、と考え て間違いないと思います。あとは食べ過ぎにご注意でしょうか。


Q.1101 味の素食品が「グリナ」という健康食品を販売しています。ア ミノ酸の一種であるグリシンが、睡眠の質を高める効果をもたらす のだそうです(「グリナ」の原材料表示は「グリシン、クエン酸、 香料」となっています)。ところで、グリシンは食品の保存料とし て一般的に使われていると聞きました。「グリナ」を飲み続けても 大丈夫でしょうか。また、この製品にかぎらず、各種のアミノ酸製 品に使われているアミノ酸は、どのように製造されているのでしょ うか?教えてください。


A.グリシンは最も簡単な構造をしたアミノ酸です。甘みがあるの で調味料にも使われていましたが、添加物として使うと保存性を高 める効果があるということも知られています。

 ただし、直接微生物を殺したりするわけではありませんので、保 存料として扱われているのではありません。

 睡眠などと関係した生理的な活性については、ごく最近に話題に なっています。このことの真偽は私にはわかりませんが、少なくと も健康に害がある物質であるとは思えません。

 グリシンはアミノ酸ですから、タンパク質を構成しています。コ ラーゲンに多く含まれるということですので、そういうタンパク質 を分解しても得られます。また、非常に簡単な構造のため、他の物 質から変化させるのもできそうです。具体的にどのような方法で作 られているのかはわかりません。

 メーカーもこのあたりを積極的に発表してくれればよいのですけ れどね。一度メーカーに問い合わせてみられてはいかがでしたでし ょうか。