安心!?食べ物情報>Q&A>1051−1100






Q.1100 先日、お菓子を作っていたんですが生地を切るときにものさし を使いました。ところがそのものさしに赤ペンのインク(油性か水 性かは分からない)が付着していたため、生地にインクがついてし まいました。(焼く前)いそいで、生地を水で洗い、ひどいところ は切り落しましたが生地について食べてしまったかもしれません。 赤ペンのインクは害があるのでしょうか?心配でたまりません。よ ろしく御願いします。


A.ちょっと心配のしすぎですね。今さら心配しても仕方ないと思 いますよ。

 インクは多分有害です。しかし「有害」といっても、すべて量と 関係した概念であって、わずかでも存在するだけで害があるという わけではありません。どんな毒物であっても、症状が発生するため にはかなりな量が必要です。

 元からものさしについていた量、生地に移った量、取り除いた後 に残ったかもしれない量、食べてしまったかもしれない量、と考え ていくと、おそらく何の問題もないと考えてよいでしょうね。

 そのものさしを直接なめたって、被害が出るとは考えられません。 そんな量で被害が出るほど有害なものが身の回りにあったらそれこ そたいへんです。

 その上、これらは症状がでるかもしれないという仮定の話ですが、 実際にはすでに食べてしまって、何も症状が出ていないのでしょう? それ以上、何を心配することがあるのかと聞きたいくらいです。


Q.1099 2歳になる息子が、つくねが大好物です。デパートの焼鳥屋さ んでつくねを買うのですが、作ったものは原材料が記されていない ので、もし子どもに悪いものが入っていたら、と心配になってきま した。たとえば、ミートボールはクズ肉とビーフエキスと添加物で 作られると聞きましたが、つくねには、ビーフエキスや危ない添加 物は入らないのでしょうか。


A.加工用の肉が家庭で使っている肉より安いものであるのは事実 でしょうね。クズ肉という表現はあまりよくないですが、あたって いないことでもありません。ただし、量も多いので、本当のクズと いうわけではなく、安くて大量に購入した肉というのが本当のとこ ろだと思います。

 ヤキトリなどを作っているところでは、串にさしたときのロスに なった部分を使うということもあるでしょう。ただ、元の鶏肉には さほど違いがないので、つくね用に特別のものを用意しているとい うわけではないと思います。

 調味料などはメーカーによっていろいろです。本来は表示される べきものですが、デパートなどで計り売りをしているものは表示を 免除されています。これはあらかじめ包装しているものにしか表示 できないだろうということです。

 原材料の表示という面からは、計り売りのものより、包装して売 られているものの方がよいです。心配なら、そういうものを買って みるのもよいですね。

 あとはそのものの味が肝心です。充分おいしいものでしたら、割 とよい材料を使って、ちゃんと作ったものである可能性が強いです。 こういう粗悪なものもある、という情報は間違っているわけではあ りませんが、すべてにあてはまるものでもありません。お店の側が 味や信用を大切にするのはそのためです。


Q.1098 あるお店で購入した生肉を調理したところ、表層面(表面から 1ミリ程度)のみが赤く発色する現象がしばしば見られたため、現 物(調理によって発色した肉)をその店に持ち込んで問い合わせた ところ、『検査機関に依頼して調査してみたい』との対応をいただ きました。

 先日、その検査結果とともに、発色原因の説明を受けたのですが、 いまひとつ納得ができません。ご意見をお聞かせください。

 事の顛末は概ね次のとおりです。

○発色した生肉の種類
  スペアリブ(豚肉)、鳥がら、和牛スネ肉
   ※いずれも別々の日時に購入、調理したもの

○発色した頻度
  はっきりとは記憶していませんが、印象としては5〜6回に1 回くらい  の頻度で発色を確認していると思います。

○調理方法
  圧力鍋を使用し、2リットル程度のお湯でしっかりと煮立てま す。お湯には、肉とともに「セロリ」と「ローリエの葉」を入れて 香り付け  をしています。
  ※毎回、全く同じように、以上の調理方法によっています。

○発色の様子
  表層面(表面から1ミリ程度)のみが鮮やかな赤色で、中の方 は普通の  色(調理した時の肉の色)です。なお、赤く発色する のは赤身の部分のみで、脂肪層は変化ありません。

○検査機関による検査結果
 ・検査項目  亜硝酸根
 ・結果値   0.003g/kg
 ・検査方法  吸光光度法

○お店からの説明
  検査結果からすると、「亜硝酸根」により発色したものと考え る。同じ個体・部位の生肉からは「亜硝酸根」は検出されなかった。 「亜硝酸根」は野菜に含まれることから、セロリに含まれた同成分 と肉  とが反応を起こし発色した可能性が考えられる。生肉に添 加物や発色剤はいっさい使用していない。

◎小生の疑問
  お店側の説明にも一理はあると感じるものの、一緒に調理する セロリの量はわずか1本(お湯に入れるのは上半分の葉の部分のみ ですから正確には半本でしょうか。)である上、2リットルものお 湯とともに煮立ててあんなに鮮やかな赤色になるのでしょうか?現 に、検査結果では「0.003g/kg」と微量な濃度となってい ます。また、圧力鍋でけっこうしっかりと煮ているのに、なぜ表層 面だけの発色なのでしょうか?


A.こういう検査をして報告するというのは、小売り店では珍しい です。対応としては非常によいと思います。説明の内容も私なら納 得してしまいますね。

 肉の色はミオグロビンという色素の状態によって決まります。生 の肉の色が加熱によって変色するのは、ミオグロビンの状態が変化 するからです。

 加熱してしまうと元に戻りませんが、その前の状態では、酸素と 結合することによって赤くなります。しかしその後時間がたつと、 黒っぽく変色していくのはご存じのとおりです。

 亜硝酸はミオグロビンと酸素よりも強く結合し、元に戻ることは ありません。この性質を利用して、ハムなどの発色剤として使われ ています。

 ご質問の例では、まずセロリと生肉をいっしょに入れた時点で、 セロリの中にあった亜硝酸と肉のミオグロビンが結合します。この 結合はその後の調理でも壊れませんので、その部分だけが赤くなっ たままになるということでしょう。

 外部からきた亜硝酸ですので、当然この変化は肉の表面だけでお こります。

 対策としては、ある程度加熱して、肉が変色してからセロリを入 れるということを試してみてはいかがかと思います。


Q.1097 梅酒と一緒にミカン酒を造りました。梅酒は、ホワイトリカー と氷砂糖で、そして、ミカン酒はハチミツとホワイトリカーで、6 月15日に作りました。ミカン酒のミカンは、八朔の袋を取り除い たものを入れました。ミカン酒のほうだけ、度々、白く浮き上がる ものがあって、それが、今までは、ミカンの袋の白いのが浮かびあ がっているのだと思いました。それで、浮き上がるたびに取り除い ていました。ところが、見てみると、円筒形のパックの内側にも、 白いカビのようなものがついていまいたので、それが、白カビだと 判明しました。普通のカビの状態とは異なり、何か、カマンベール チーズの周りの白カビのように、固まっていています。このミカン 酒は捨てたほうがいいのでしょうか?それとも、白カビを取り除け ば、お酒は大丈夫でしょうか?中の八朔は捨てたほうがいいのでし ょうか?この白カビに毒性はあるのでしょうか?


A.カビはアルコール(エタノール)のある環境では生えませんか ら、その白いものはカビではないように思います。カビだというこ とはどのようにして確認したのでしょうか。

 柑橘類はペクチンなどの成分が多いので、そういう成分が固まっ てしまったのではないかとも考えられます。

 ミカン酒の作り方を書いているサイトでは、こう書いています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 夏みかんは皮をむき、白いフェルト状の厚い部分は取り除いて半 分に切ります。皮は表面をよく洗い1個分だけ入れ、5日間位で引 き上げることが大事です。レモンは皮をむき実の部分だけを輪切り にして入れます。夏みかんとレモンの実は2ヶ月で引き上げます。 引き上げた実をしぼった汁もおいしく飲めます。1週間で飲めるよ うになりますが、1ヶ月位が最適。

http://mild.sumomo.ne.jp/cook1/etc-2.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 皮の扱いがポイントのようです。

 毒性については、それほど心配することはないのかもしれません が、失敗したかな?と感じたら、やっぱりあきらめた方がよいでし ょうね。


Q.1096 遺伝子組み換えの食品を摂取することをどう考えていられます か?安全に関して意見が分かれたりしますよね。私は生協の商品を 取っていますが、遺伝子組み換えのえさを与えていない肉や牛乳の 商品にはそれが表示されています。そういうことをいちいち表示さ れると、遺伝子組み換えのえさを与えられている商品はだめなのか なってかえって思ったりしてしまいます。実際のところどうなんで しょうか?


A.おっしゃるとおり、遺伝子組み換え作物の表示を見ていると、 危険だから表示しているのではないか、と思ってしまいます。しか し、もう少し考えてみると、もし危険だとしたら、どうして製造や 販売を禁止しないのか?ということに気づきます。

 薬害などでも、かつては国の責任とはされていなかったことが、 危険性の情報があった時点で、規制しなければ国の責任である、と されるようになってきました。もし少しでも危険な要素があるのな ら、表示させるだけではなくて、規制しなければいけないはずです。

 国や規制にかかわる人たちは、遺伝子組み換え作物を危険である とまったく認識していないということなのです。

 するとこんどは、危険ではないのなら、どうして表示する必要が あるのか?という疑問がおこります。この答は私にはよくわかりま せん。いくつかの可能性をあげておきます。

(1)国産では遺伝子組み換え作物はほとんど作られていないので、 非関税障壁として利用できると考えたから。

(2)遺伝子組み換え作物反対運動がうるさいから、ある程度主張 を取り入れることにしたため。

(3)お役人も流行に乗らなくてはいけない時代になったから。

(4)お役人の中にも、遺伝子組み換え作物反対運動をしている人 たちと同じような思想の持ち主がいたから。

 いずれも決定的ではありませんが、全くはずれているわけではな いと思います。私の意見は、全く無意味だからやめた方がよい、と いうものです。

 「遺伝子組み換え作物不使用」の豆腐のほとんどから遺伝子組み 換え作物のDNAが検出されるのは周知の事実です。世間では混入 ということになっていますが、それ以上に怪しいものも一部にはあ るはずだと思っています。

 混入がどうしても防げなくて、しかも混入しても何の被害もない わけです。その上、混入がばれても、あまりにも件数が多いため、 その後追求されるということもほとんどありません。要するに「言 ったもの勝ち」で、事実はともかく、そういう表示をしておくわけ です。

 遺伝子組み換え作物が絶対に安全か?と聞かれたら、そうではな いです。ただし、遺伝子組み換えでないものと比べて危険か?と聞 かれたら、これもそうではありません。遺伝子組み換えのものも、 そうでないものも、同じ程度に安全であり、同じように危険である かもしれない、という認識でよいと思います。

 エサに使っているかどうかという問題になれば、もうほとんど宗 教の世界です。イスラムでは豚肉を食べないのはもちろん、豚肉が 原料になった食べ物も食べてはいけないそうです。味の素が菌を培 養するのに、豚肉由来の酵素を使ったとして批判されていました。 これは宗教的には正しいとしても、宗教以外の世界では意味のある ことではありません。鶏や豚の食べたエサの「遺伝子組み換え」を 気にするというのはそういうことです。


Q.1095 アルミコーティングされた紙パック(ストローをさすタイプ) のべビー麦茶を9ヶ月の子供に飲ませていますが、先日ストロー口 からコップに移し替えたところ、ストロー部のアルミが破れたのか、 わずかなアルミの紙片のようなものがお茶に入っていました。(よ く目をこらさないと見えないようなくらい)。でも、これまで1日 に2、3パックも飲んでいたので、そのアルミ片をここ1ヶ月ほど 麦茶と一緒に飲んでいたかと思うと心配でたまりません。アルミは 胃腸で吸収されずに便として排出されるんでしょうか? 体に蓄積 されていないか心配です。


A.アルミ中毒というのはあって、特に腎臓病の患者では問題にな ることがありそうです。しかし一部に言われているアルミ鍋はいけ ない、などというウワサは事実ではありません。

 構造的に考えて、飲むたびにアルミ箔が麦茶の中に入っていたと いうのではないように思います。また、この程度の量で症状が出た りするものでもないでしょうから、これから気をつけるということ でよいのでは?

 赤ちゃん用の麦茶パックというものもあるのですね。うちでは普 通に麦茶をつくって、哺乳瓶やコップで飲ませていました。ストロ ーというのは赤ちゃんにはあまりよくないような気がしますし、普 通の麦茶で充分だと思います。


Q.1094 誤まっているかもしれないのですが、骨付きの鶏肉を調理した 際、食べるときに骨が割れることがありますよね?その骨は食べた らいけない、すぐに手を洗わないといけない人に言われたのですが、 何か悪いものが含まれているのでしょうか?まれにお店で買った鶏 肉にも髄?らしき茶色い部分がありますが、それもダメなのでしょ うか?おしえてください。


A.どういうことなのでしょうかね。私にはちょっとその理由はわ からないです。骨髄には別に毒があるわけではないし、BSEなど の病気も鶏では知られていません。牛の骨髄なら、確かにあまりさ わらない方がよいのですが…。

 鶏の骨は割れやすいので、犬などに食べさせてはいけないといわ れています。それ以外に危険情報というのは私は知らないです。

 鶏肉で茶色い部分というのは、脂肪の固まりが見えているところ だと思います。色が濃いのなら、血の固まりかもしれません。いず れにせよ、骨髄が残っている可能性はほとんどないと思います。


Q.1093 マーガリンの安全性についてお尋ねします。液状の植物油に窒 素を強制的に自然の脂肪酸でないものをつくり、これで固形の形に しているとのことで、外国では販売規制をしているとネットでみま したが、本当に安全なのでしょうか?


A.窒素ではなくて水素ですね。植物油に多い不飽和脂肪酸という のは、化合物中の水素の数が少ない(飽和していない)ので、その 分炭素原子同士の二重結合ができています。ここに水素を添加して 二重結合をなくすと、脂肪酸の融点が変化します。この結果液状だ った植物油が常温で個体のマーガリンになるわけです。

 このとき、一部の不飽和脂肪酸の二重結合が変化して、トランス 型になることが知られています。通常の脂肪酸の二重結合はシス型 と呼ばれる配置になっています。形としてはトランス型の方が飽和 脂肪酸に近く、栄養的には不飽和脂肪酸として評価されないようで す。

 このトランス型脂肪酸はとりすぎると害があります。自然にもあ るものなので、どの程度まで摂取してよいとかいろいろと議論され ています。このサイトにもたくさん情報がありますので、「トラン ス型脂肪酸」または「トランス酸」で検索してみてください。

 外国での販売規制は、デンマークなどではあるようです。しかし これは酪農国で、あえてバターの代替品を作る必要がないというこ とでもあります。ネット上ではよく「ドイツでは販売禁止」という ような情報が書かれていますが、これは全くのガセネタであること はドイツ在住の人からのお便りで判明しています。


Q.1092 レモン果汁のフタに青カビのようなものがあり、果汁の中には 胞子のようなものがあったのですが(もしかしたらレモンの果肉か もしれないけど)、先日知らずに紅茶に入れて飲んでしまいました。 ネットで調べるとカビの生えたものは発ガン性があったりと、今す ごく恐怖を感じています。もし良ければ、対策方法など教えていた だけたらと思い、質問させていただきます。よろしくお願い致しま す。


A.カビの胞子は目に見えるようなものではないでしょう。大量に あればホコリのように見えるのかもしれませんが、果汁の中に見え るのなら、それは胞子ではありません。それに胞子を食べてしまっ ても別に何もおこりません。スイカのタネを飲み込んだら、おなか の中で芽がでないか?などと心配したものです。

 気になるのは果汁の瓶の蓋にカビが生えていたということです。 本当にカビなら、かなり古いものということになりますが、保管方 法などは大丈夫なのでしょうか。いきなりカビの心配をするのでは なく、そういった全体的な注意からはじめてください。


Q.1091 子供が毎日ストローが飛び出てくるプラスチック水筒を持って 幼稚園に行っていますが、使用後にはお茶を入れている部分とスト ロー飲み口は毎回洗ってますが、細部や奥部(ストローの飛び出る 部分など分解しなければいけない部分)にどうしても茶色や黒っぽ いの汚れなどがついてしまい、ずっと茶渋だと思い目立ってくると 爪楊枝などでこすってとっていましたが、今になってこれはカビだ ったら?とかなり不安に思ってます。

 お茶しかいれていないのですが、このような状況で万が一カビだ ったとして発がん性などは大丈夫なのでしょうか?一部のカビには 発がん性があると聞き子供に申し訳なくってしょうがありません。 アドバイスお願いします(すぐに簡単な構造の水筒に買い換えまし た)


A.たぶん、普通に汚れていただけだと思います。その汚れの中に はカビなどの微生物もいたかもしれませんが、どこにでもいるもの ですから、心配しても仕方ないです。

 カビ毒の中で代表的なアフラトキシンを生成するカビは日本には いないとされています。それほど有毒なものはいないと考えてよい です。

 何か症状が出ている場合以外は、こういう心配はしても仕方あり ません。清潔や衛生管理ということは大切ですが、心配にとりつか れてしまうのはどうもいけません。

 もっと余裕が必要ですね。


Q.1090 1歳5ケ月の息子が朝かってにロールパン1つを食べていて、 3時ごろ袋に残ったパンに1cm弱の青いカビが1つ生えているのを 見つけました。息子が食べてしまったパンにカビがあったかは不明 で、朝食べてるのを見かけたときにはパッと見にはカビは見えなか ったので大量のカビがあったとは思えませんが、まだ小さい子供な ので不安です。(パンを食べてから半日ほどたちましたが特に普段 とかわりありません)カビには発がん性があるといいますが、パン のカビもでしょうか?


A.こういうのは心配は心配なんですが、どうもしようがないです ね。お医者さんに行ってもたぶん相手にされません。症状がないの ですから、手のうちようがありません。

 普通に考えて、何も異常がないのなら、心配しても仕方ないと思 います。カビの生えたものは食べない方がよいのですが、少しくら い食べたからといって、すぐに害になることもないと思います。

 発ガン性というとアフラトキシンを生成するカビもありますが、 幸い日本ではまず発生しないそうです。味噌や醤油もカビの力を借 りて作ります。そういうことを考えて、あまり心配しないのが一番 だと思います。


Q.1089 現在、第2子を妊娠中です。以前から「発芽玄米」「GABA」に 注目し、少し前から発芽玄米を食べています。そこで数点質問があ ります。1.妊娠中・授乳中の発芽玄米での食事は特に問題はあり ませんか?2.最近ネットで「GABA粉末」などが売られていますが、 GABA粉末を使ったチョコレートなどや「ギャバロン茶」などを妊娠 中・授乳中に食べても問題はないのでしょうか?


A.発芽玄米も米には違いありません。発芽することで栄養的には 変化するのでしょうが、別に毒性を持ったりはしないと思います。

 GABA(ガンマ−アミノ酪酸)は広い意味ではアミノ酸の一種 ですが、タンパク質をつくるアミノ酸とは違う種類です。生理的な 活性があるということで注目されています。

 妊娠中に食べてよいかどうかは私にはわかりません。一般論とし ては、妊娠中にはなるべく特殊な食べ物は控えた方がよいと思いま すが、あまり神経質になるのもかえっていけないです。

 情報があふれすぎていろいろと心配になってきますが、昔の人は 貧しい食生活でも、また特別に気を使うこともなく立派に出産して きました。ごく普通にしていれば大丈夫だという考え方ではいかが でしょうか。


Q.1088 子どもが、あずき味のキャラメルが好きなので買い与えていま した。ある日、添加物を確認すると、「アカビート色素」が入って いました。1日あたり2個、多いときで5個ぐらいは食べていた (1箱10個入り)と思うのですが、大丈夫でしょうか。


A.ビートというとサトウダイコンですが、その中に赤い色素を持 つものがあります。その「アカビート」の色素を着色料にしている わけです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ビートレッドは、北アメリカ、ロシア、東欧諸国、イスラエル、 スーダン、ケニア、モロッコ、南米などに分布するサトウダイコン の一変種。根の表皮は赤く、肉色は紅、白、灰色などで横断面には 紅色または黄色の輪紋を数層持っているためウズマキダイコンとも 呼ばれています。

 地中海沿岸地方が原産で薬用として紀元前1世紀頃から知られて おり、その後アジア・カフカス、中近東に広まっていきました。2 〜3世紀にはローマに伝わり、耐寒性が強く冷涼な気候を好むこと から18世紀にはヨーロッパ全土へと広まり、料理に用いられていま した。

 生食、酢漬けのほか北欧、東欧、フランス各地でさまざまな料理 に利用されており、もっとも有名なものにはロシア料理の「ボルシ チ」があります。トマト、キャベツ、ジャガイモなどの野菜を長時 間ブイヨンで煮込んだこのスープは特徴ある赤色をしていますが、 この色はビートの赤色です。シベリア風からウクライナ風、ポーラ ンド式など多くのバリエーションがあるボルシチですが、そのすべ てにビートが入っています。ちなみに16世紀ごろまではビートその ものがボルシチと呼ばれていたともいわれています。

 またブドウ酒の着色料としても使われ、EU諸国、米国でも天然系 色素としてリストに入れられていることからもわかるように、評価 の相当定まっている色素といえます。

http://www.saneigenffi.co.jp/color/nbeet.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 食べて問題のあるようなものではないです。


Q.1087 野菜は家庭で普通洗って使いますが、飲食店などではあまり洗 わずそのまま使われることが多いようです。その場合、残留農薬の 危険性はどうですか?


A.まず前提として、現在市販されている野菜で、残留農薬が問題 になるほど検出されることはない、ということがあります。したが って、通常は農薬に関しては洗う必要はありません。野菜を洗うの は主に泥や虫なんかを落すためです。

 次に、農薬が洗ってどれくらい落せるのか、ということです。表 面にわざとつけた状態では、結構落せるようです。もし、内部まで 浸透しているものなら、洗っても落せないので、表面についている ものについては、洗うことも有効かもしれません。

 キャベツなどを切るとき、家庭では一枚ずつ葉を洗ったりします が、プロはだいたいそのまま切ります。キャベツの外の葉はとって いますので、中を洗う必要は泥や虫の心配を含め、ほとんどないの です。

 キャベツの葉は内側から出てきます。中の方の葉は外の空気にさ らされずに出てきますので、虫も外の葉の内側にはいますが、中の 方にはいないものです。

 ほかの野菜は一応洗うことが多いと思いますが、納入時にほぼ完 全に現れている場合は省略されることもあると思います。安全面か らはそれで心配するほどではないと思います。


Q.1086 アミノ酸、プロテインは以前よりだいぶ巷で売れているようで す。飲んだだけでは筋肉は太くならないでしょうが、運動も定期定 期にする条件で二重盲検法で行った臨床試験などはあるのでしょう か?また、通常の摂取では起こらないでしょうが、肝・腎障害など が起きたという報告はあるでしょうか?スポーツをやっている人は 飲んでいる人が多いですが、効果があるかどうか疑問なんですが… 効果無しでも害が無ければいいですが。


A.スポーツ医学の方ではプロティンの効果はほぼ確定しているよ うです。詳しい内容はわかりませんが、実際にスポーツ選手が使っ ていることから考えて、効果はあると思います。

 スポーツの世界はある意味では健康を犠牲にしても勝利をめざす 世界です。効果があれば明らかに悪影響のある薬品にでも手を出し かねないのがスポーツ選手の心理です。

 そういう世界で、プロティン飲料などは効果があって安全性の高 いものだと認識されています。でも、この場合の安全性は、普通に 言われている高いレベルのものではないと考えた方がよさそうです。

 ということで、素人が飲みすぎたりすると、害が出そうに思いま す。あくまで専門家の指導の元で、科学的なトレーニングとともに 摂取するべきものです。もちろん、量がすくなければ問題はないで、 軽く摂取する分には大丈夫です。当然ながらこの場合は大した効果 は期待しない方がよいですね。


Q.1085 食品の表示で 調味料(アミノ酸等)という表示があります。 これは化学調味料のみの表示でしょうか?調味料としてソースなど に入っているアミノ酸液やたん白加水分解物も調味料(アミノ酸等) と表示できないのでしょうか?酵母エキス、肉エキス、オイスター エキス等も同様な表示は出来ないでしょうか?みんなアミノ酸や核 酸等を含んだ調味料のような気がするんですが。


A.調味料については表記が微妙ですね。また、「化学調味料」と いうのも実はわかったようなわからないような名称です。

 歴史的にいいますと、食品添加物として「化学調味料」と表記さ れていた時代もありました。この場合は調味料としてある化合物を 化学的に精製したものを使ったというような意味で、具体的な物質 としてはグルタミン酸ソーダ、イノシン酸ソーダなどです。

 ところがこの表記ではいろいろと具合の悪いことがおきてきまし た。とくに高濃度にグルタミン酸ソーダを含んだ「昆布エキス」な どを使って、「化学調味料不使用」といいながらグルタミン酸ソー ダを大量に含む食品などもありました。自然食品として売られてい る商品を分析してあきれたことがあります。

 そういう経緯から、調味料としての食品添加物を使ったとき、そ の構成物質によって「アミノ酸」(これはほぼグルタミン酸ソーダ のこと)または「アミノ酸等」(イノシン酸ソーダなどを含むとき) という表記になっています。

 酵母エキスや肉エキスは普通そのとおり表記されます。エキス類 は天然物なので、食品添加物とは別の原材料扱いになります。グル タミン酸ソーダに関していえば、エキスだけではなく昆布やトマト を原料に使ってもたくさん入ってきます。肉や魚にも核酸系のうま 味成分があります。

 本来はこうした原料からうま味を引き出すべきなのですが、コス トや工程の都合で、精製された調味料を使うことが多いので、その 場合の表記が「アミノ酸」または「アミノ酸等」ということになる と理解しています。


Q.1084 先日友人から、「エコナ」を一箱貰いました。しかし、エコナ の主成分のジアシルグリセロールに発がん性の疑いがある、との記 事を読みました。今の段階で(再実験中ではっきり結論がでていな い)、消費者としてはどういう態度が賢明なのでしょうか。


A.この問題に関しては、現在まだ研究はすすめられているようで す。ジアシルグリセロールは普通の脂肪(トリグリセリド)がグリ セリンと3つの脂肪酸が結合したものであるのに対して、2つの脂 肪酸が結合したもので、「ジグリセリド」などともいいます。脂肪 酸が1つの「モノグリセリド」は「グリセリン脂肪酸エステル」と よばれて、乳化剤として食品添加物に指定されています。これらは いずれも天然の油脂の中にも存在するものです。

 そのジアシルグリセロールを「身体に脂肪がつきにくい」という 表現で特定保健食品に指定したため、高レベルの安全性試験がおこ なわれているわけです。

 この試験の経緯については以下のページが参考になります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 厚生労働省は今年の8月4日にジアシルグリセロール(DAG)の発が んプロモーション作用についての報告書を食品安全委員会に提出し た。高感度に発ガン性を持つように遺伝子を導入した雄ラットにお いて舌に発がんプロモーション作用が示唆されたという結果である。 ただし、雌の高感度ラットと通常ラットでは雄、雌いずれも作用は 認められておらず、「健康危険情報については結論しえない。追加 実験が望まれる」とされた。

http://www.sansokan.jp/healthcare/mlmg/pdf/200510-1.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 高感度ラットという特殊な生物で研究しているわけです。実際問 題としてはほとんど危険はないと思いますが、あきらめずに研究を 続けていくことも大切ですね。

 消費者としてはあとは自分がどうするかを判断するだけです。こ の情報だけで使用をしないと判断するのはあまり適切とはいえない と思いますが、はたしてこのようなものを買ってきて使う必要があ るのか?という根本的な疑問の方が気になります。

 私の意見をいうと、このような「健康食品」はよほど気に入った ものでなければ、あえて使う必要がない、ということです。かなり 高価ですし、私も脂肪のとりすぎは気になる年齢ですが、普通の油 を控えめに使えばよいと考えています。実際にも使ったことはあり ません。

 「トクホ」は怪しげな健康食品よりはまともなものですが、ちょ っと偉そうにしている印象があり、そんなもの必要なのかよ?と毒 づいてみたくなるものでもあります。

 情報としては、以下のページも参考になると思います。下の方は メーカーのサイトです。上は批判を書いたサイトに花王の社員がコ メントをよこしたものも併記しています。

『健康エコナ』は本当に"健康"だろうか?
http://www.somos.co.jp/solution/046.htm

ジアシルグリセロール(DAG)の安全性
http://www.kao.co.jp/rd/eiyo/about-dag/dag06.html


Q.1083 いつもメールマガジンを興味深く読ませて頂いております。今 回、高麗にんじんについて質問させてください。

 私の母は60台後半で、血糖値が高めで、医者から食生活に気をつ けるようにと注意されています(糖尿病になりかけていると言われ ているそうです)。

 先日旅行の際、売店で高麗にんじんが「血糖値を下げるし不眠に も効果がある」と聞いて5000円程の粉末を購入してきました。しか し私は、高麗にんじん(朝鮮人参)は血圧を上げる効果もあると聴 いた事がありました。実は母は高血圧で、血圧降下剤も常用してい るのです。その為母には医者に相談するまで、飲用を辞めるよう伝 えました。

 これについて、ネットで検索したのですが、「高血圧の人は医者 に相談した方が良い」といった記載はあるのですが、医学的に「高 血圧の場合は服用を控えるべき」との信頼できる記載が見つかりま せん。

 渡辺様がこれに関して詳しくご存知でしたら、お教え頂けません でしょうか?

 追伸

 私の見つけた情報も一応リンク先を書いておきます。これらより も、もう少しはっきりした報告などがあればありがたいです。
http://iqsupli.livedoor.biz/archives/50094252.html
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak281_285.html#zakkan282
(雑感282)


A.ネットで調べると、こんな情報がありました。だいたいこのあ たりが納得できるところではないでしょうか。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 朝鮮人参は血圧降下が主要な効能ではありません。漢方医学では 朝鮮人参(薬用人参)「だけ」を高血圧症に用いる例はありません。 高血圧症の人が、疲労回復のために薬用人参を「短期間」飲むこと は問題がないでしょうが、高血圧の治療薬を服用している人が薬用 人参「だけ」を服用して「のぼせ」や「頭痛」を感じた場合には、 服用を中止する方がよいでしょう。

 薬用人参の主たる効能は、冷え症、貧血傾向、低血圧傾向の虚弱 状態(胃腸虚弱)の調整にあります。しかしながら血流を改善する 作用がありますので、高血圧症に用いる釣藤散や柴胡加竜骨牡蛎湯 に配合されています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 要するに、絶対にダメなわけではないが、高血圧の治療をしてい る人は朝鮮人参だけを飲むのはあまり好ましくないということです。

 それ以前に大切なことがあります。『漢方薬も薬です』から、素 人判断で扱うのは危険です。医師と相談しながら使うようにしてく ださい。特に高血圧の薬などを使っている人は、勝手に他の薬に手 をだしてはいけません。


Q.1082 唐辛子大好きな沖縄のおじさんです。家庭で使用する調味用に、 唐辛子(島唐辛子&ハバネロ)をすり潰したペーストを手作りした いと思っています。

 以前にも作ったことはあるのですが、沖縄は湿度が高いせいか、 常温で3〜4日程度にてペースト表面にカビが発生してしまいまし た。

 余分な化学添加物をできるだけ使用せずに、ペーストの保存効果 を高めたいと思い、塩と酒(泡盛、アルコール度数30度程度)の添 加を考えています。

(1)唐辛子に対する塩と泡盛の使用量(重量比?)について、目 安等が分かれば教えて頂きたく、メールいたします。

(2)上の、ペーストに発生するカビの有害性はどの程度のものな のでしょうか? 

(3)市販品の唐辛子ペーストもあるのですが、常温でもほとんど カビは発生しません。日持ちの良さは、強烈な防腐剤が添加されて いると考えてよいのでしょうか?

 以上、3点に関してご教授よろしくお願いします。


A.塩などの使用量についてはわかりません。アルコールは揮発性 ですから、あまり長期間の効果は無理なように思います。基本的に は塩分でしょうね。

 カビが生えるということは、水分活性が高いということです。味 噌などでも、塩分が足りないとすぐに生えてきます。味噌の表面は 空気中の水分のせいでどうしても水分活性が高くなり、カビが生え がちです。この場合は表面のカビの生えた部分だけを取っていると 思います。

 市販品ではカビが生えないというのは、充分水分活性を低くして あるからです。カビが生えない環境では、細菌なども繁殖できませ んから、こうしておくと長期間の保存が可能です。アルコールはカ ビを抑えますので、密閉している容器の中では、アルコール(酒) の添加は有効です。それ以外の食品添加物でカビを完全に抑えるも のはなかったと思います。

 カビは無害なものも多いのですが、環境によってどんなものが生 えるかはわかりません。沖縄だとアフラトキシンの心配も少しある ようですので、やはりカビの生えたものは食べないというのが原則 になると思います。


Q.1081 今までにも同じような質問があったのですが、不安なので質問 させてください。夕飯に残り物のたこ焼きを食べたのですが、プラ スチックの容器ごと電子レンジで加熱してしまい、レンジから取り 出すと容器に穴があいていました。しかし、最初から開いていた穴 だと思い、そのままたこ焼きをたべてしまいました。しかも、たこ 焼きにはマヨネーズとチーズをかけて加熱し、食べてしまいました。 溶けたチーズに溶けたプラスチックが混じっていたかもしれません。 ダイオキシンなどの有害物質は脂質に溶けやすいらしいですし、とて も心配です。病院に行った方がいいのでしょうか?


A.プラスチックというものについて、いろいろと誤解があるよう ですね。食品用に使われるプラスチックには、いろいろな種類があ ります。また、食品用としての衛生基準もあります。毎日使ってい て、有害な成分が溶けて出てこないことを見ているのです。

 プラスチックは巨大な分子(高分子)です。こういうものは私た ちの体内に入っても、まったく消化吸収されないので、生理的には 意味はありません。つまり、毒でも薬でもないのです。

 高分子にならない、単体の物質の毒性はいろいろですが、最も多 く使われているポリエチレンやポリプロピレンの単体分子は極めて 低毒性で、無害なものであることが知られています。一般に、食品 用のプラスチックは、食べても無害であると思って間違いないです。

 もちろん、食べるものではありませんし、加熱による変質なども 考えると、レンジで穴をあけたりしたものは食べない方がよいので す。しかし、そのこととすぐに被害があるように思うのとは違いま す。

 いったい、どのような被害が現実に起こり得ると考えておられる のでしょうか?このあたりが私にはわかりません。単に気持ち悪い ということなのでしょうか?

 私たちは日々、いろいろなものを取り入れ、外部からも影響を受 けつつ暮らしています。複雑にからみあったそれらの要素が、どの ような結果を招くのかは人知の及ぶところではありません。しかし 案外平然と暮らしているわけですから、よっぽどのことがない限り、 別に心配しなくてもよいのです。

 そういう心配を昔の人は杞憂と呼んでいます。これは杞という国 の人が天が落ちてくることを心配していたという話から、心配して も仕方ないことを心配するという意味です。心配しても仕方ないと いうことには二つの意味があり、一つには実際にはまずおこらない こと、もう一つはたとえおこったとしてもどうしようもないことで す。

 私にはご心配の件は、まさしく「杞憂」と考えるべきものだと思 われます。


Q.1080 昨日サプリメント(L-カルニチン)を病院で買いました。購入 後それには甘味料としてアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合 物が入っているのに気づきました。それで渡辺先生の過去の記事で アスパルテームを取り上げているのを読み、それほど気にしなくて もいいのかなとは思ったのですが、一応どのような感じか再度お伺 いしたくメールしました。以前は精子に影響があるやらないやらで 結局その後どうなんでしょうか?アスパルテームが仮に精子に影響 を与えるなら卵子に影響も与えるのかなとか、妊娠中は摂らないほ うがいいのかなとか思っていました。気になるなら購入したサプリ メントを中止すればいいのですが、私にとってかなり高額だったの で(L-カルニチン1か月分7700円)捨てることはできないし。どう しようか迷っています。どうかアドバイスお願いいたします。


A.L-フェニルアラニンというと何だか怖そうですが、実はタンパ ク質ならどこにでも含まれている、ありふれたアミノ酸です。毒性 などは一切ありません。

 「L-」とつくのは、厳密にいうとアミノ酸には2種類の立体異性 体があるからです。事実上は「L-」しか存在しませんから、普通は 省略します。わざわざつけるのは、厳密を期したい場合か、単なる こけおどしです。

 唯一、フェニルケトン尿症という先天性の病気を持って生まれて きた赤ちゃんの場合のみ、フェニルアラニンは避けるべきだとされ ています。産科の病院では必ずこの検査はしますので、何も言われ なければ心配することはありません。

 アスパルテームはフェニルアラニンを含む化合物です。タンパク 質なら含んでいて当然と考えられますが、甘味料ですので、あらか じめ含まれていることを記載しておくわけです。しかしフェニルケ トン尿症の赤ちゃんがアスパルテーム入りの食べ物をとる可能性は まずありませんから、余計なお世話だという気はします。

 というわけで、アスパルテームについては心配することはありま せん。しかしこのサプリメント自体はどうなのでしょうか。

 カルニチンが欠乏すると脂肪の代謝が阻害されるそうですが、余 分にとったからといって、脂肪を余分に分解してくれるものなので しょうかね。気分の問題だからどうでもよいのですが、それにして も高価なものです。こんなものを病院で売るというのは、いかがな ものなのでしょうか。私はこの病院の信頼性を疑った方がよいと思 います。


Q.1079 三日前に作り置き(室温にて)しておいたカレーに、白カビらし き白い物体がうっすら表面に浮いていました。毎日火は通していた ので、大丈夫かなと思い食べてみたら、酸っぱい臭いがしました。 結局全部食べてしまったのですが、大丈夫なのでしょうか?


A.食べてしまったのなら、大丈夫も何もないですね。おなかをこ わしたりしませんでしたか?症状がでなかったのなら、大丈夫だっ たのでしょう。

 似たような話が以下のサイトにたくさん掲載されています。題し て「食中毒への道」です。
http://www.donnk.com/d/grp43.html

 

 こういうふうにネタにして笑っていられるうちはよいのですが、 冗談ではすまなくなることもありますので、ご注意ください。


Q.1078 香料製剤の中には香料物質と溶剤等が入っていますが、これを 使用した食品の表示は香料、または香料物質の起源原料名でもかま わないのでしょうか?

 たとえばバニラからバニラエキスを抽出し、エタノールを溶剤と した香料製剤の場合、バニラエキス、もしくはバニラとの表示はか まわないでしょうか?


A.これは私も疑問に思っていたのですが、一般に市販されている 食品添加物は、添加物以外に他の物質も含んでいます。製品化する ために使われる、溶剤などは添加物として表示しなくてもよいよう です。

 「製造基準」というものがあって、何を使ってもよいわけではな く、その基準に従っている限り、指定添加物だけを表示すればよい ようなのですが、どうもよくわからないことではあります。

 ラーメンの麺を着色するのに、ビタミンB2を使うことがありま す。ビンに入っていて、プロピレングリコールを溶剤として使って いましたが、これを使っても、プロピレングリコールは表示しなく てもよいのか??と不思議に思ったことがあります。

 ご質問には私もよくわからないとしか答えられないのですが、現 実にはそのように表示されているのは間違いないと思います。


Q.1077 教えていただきたいことがあってメールいたします。それはチ ーズの乳化剤と塩味の関係です。当該品(商品名にはクリームチー ズと入っていますが種類別ではプロセスチーズ)にはクエン酸三ナ トリウムとポリリン酸ナトリウムが合計1.8%含まれております。 食塩は使用されていませんが塩辛いと感じました。乳化剤が原因で は?と考えております。
(1)乳化剤中のNaも塩味の原因となるのでしょうか?
(2)添加量1.8%というのは普通の使用量なのでしょうか?


A.まず、栄養的にはナトリウムの含有量が問題になりますが、味 の面では「塩化ナトリウム」で、ナトリウムと塩素の両方があって はじめて塩辛く感じるはずです。

 また、ナトリウムは牛乳の中にはじめから含まれています。乳化 剤として添加されたナトリウムはそれと比べてほとんど問題になら ない程度です。

 塩味については、プロセスチーズの原料となる、ナチュラルチー ズが持っている味です。チーズと塩味は切り離せないものだと思い ます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

4.塩分を加えます。

 塩分による浸透圧により更にホエーの排出を促し、チーズに残る 水分量の調節を行います。また塩分を加えることにより乳酸醗酵が 抑制され、雑菌の繁殖を防ぐことができ、風味を良くする効果もあ ります。塩分を加える方法としては、型に詰める前にカード粒に塩 分を混ぜる方法、圧搾後、塩分を表面に塗り付ける方法、圧搾後、 食塩水の中に漬け込む方法があります。ゴーダやエダムなどは食塩 水に漬け込む方法で加塩します。

http://www.foods.co.jp/cheese/academy3-2.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 量的にはよくわかりません。たぶんそんなものだとは思うのです が…。


Q.1076 ハム作りに挑戦中ですが 亜硝酸ナトリウムが手に入らないの で硝酸カリウムだけでも機能するのでしょうか。宜しくお願いしま す。


A.硝酸カリウムは硝石とも呼ばれています。元々、ハムの発色剤 は硝石を使っていましてので、問題ないと思います。

 ハム作りは硝石を含む岩塩を使うことではじまり、その後意識的 に硝石を使うようになったそうです。自然にバクテリアによって還 元され、亜硝酸イオンができてきます。

 ただし、食品として使うには毒性の強いものですから、使いすぎ にはご注意ください。


Q.1075 8ヶ月になる息子がいます。はちみつで梅を煮たものを白湯で 少し薄めて与えてしまいました。この梅のはちみつ漬けは圧力釜で 煮たものです。はちみつは1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけな いとなっているのに大丈夫でしょうか?ボツリヌス菌は熱に強いと あってかなり心配です。どうしたらいいでしょうか。


A.圧力釜で煮たものなら、まず心配ないと思います。原料に蜂蜜 を使用していても、加工食品の場合はほとんど問題にされていなく て、生の蜂蜜を直接乳児に与えることが問題とされています。

 乳児ボツリヌス症は一過性のものなので、たとえ生の蜂蜜を食べ ても、その後しばらく症状がでなければ、何も問題はありません。

 少しでも症状が現れたら、すぐに治療を受けさせることが必要で す。異常なければ心配にはおよびません。症状はこんな感じだそう です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 初期に便秘、活気がない、哺乳不良、泣き声が弱い、さらに筋緊 張性低下、よだれが多い、首のすわりが悪くなった、眼球運動の麻 痺、無呼吸などがでてきます。

http://www.harenet.ne.jp/senohpc/disease/botulinus.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


Q.1074 ブリキをレモン果汁に浸したことろ、灰色に変色しました。灰 色に変色した原因と、変色部分に接した食品の人体への有害性を教 えて下さい。


A.ブリキは鉄にスズをメッキしたものです。表面のスズが酸に冒 されたのでしょうね。詳しいことはよくわかりません。

 ブリキ製の缶詰があります。最近は内面塗装缶といって、内側が プラスチックでコーティングされていることが多いのですが、ブリ キがそのままになっているものもあります。

 ブリキ缶にフルーツなどを入れた場合、酸によってスズが溶けて きます。このことで保存性をよくしているので、スズが溶けること 自体は問題ないとされているようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 缶詰には缶内面を塗装した塗装缶と、塗装しない無塗装缶があり ます。フルーツ缶詰や一部の野菜缶詰は製品保管中の品質の劣化を 防ぐために、無塗装缶が使用されています。缶材ブリキ(鉄にスズ メッキ)からのスズの溶出により、褐変による色・香味の変化を抑 え、ビタミンCの減少を防ぐ目的で国際的にも無塗装缶が使用され ています。

 スズは他の重金属と異なり、摂取されたスズは吸収されずに排泄 され、内臓器官に蓄積されることはないとされています。

http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/200402_1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このあたりを参考にしてください。


Q.1073 白米を食べるとガン、脳卒中になるという話に証拠はあるので しょうか?


A.食べ物と病気の関係は立証が難しくて、いろんな食べ物にいろ んなことが言われています。いずれも、証拠というようなものはほ とんどありません。

 白米も最近は食べる量が減って、あまり言われなくなりましたが、 かつて大量に食べていた時代にはやり玉にあがったものです。でも、 ガンと脳卒中では全く違う病気ですから、同時に言われているのは おかしいです。

 まず、白米とガンというのは、うわさレベルでも聞かないです。 日本人に胃ガンが多いということで関連づける考えもあったようで すが、どうなのでしょうか。

 脳卒中についても、白米が原因だという主張はあまりなくて、か つての日本型食生活(=大量のご飯と塩辛い漬物)で、塩分過剰と タンパク質不足が原因だとかいう、栄養学的な指摘だったと思いま す。


Q.1072 ご近所から自宅の庭になった夏みかんやかぼすをたくさんいた だく機会がありマーマレードをしょっちゅう手作りしていたら同居 の父が自分でも作り始めました。作ってみたら美味しくできたので 友達に配ってまわっています。最近はいただきものが無いので先日 はなんとわざわざスーパーで買ってきて作ってました。(上手にで きるのがよほどウレシかったようです。)

 そこで表題の「輸入オレンジ」です。通常どんなレシピ本をみて も「輸入物は防カビ剤など残留農薬の心配があるので国産の無農薬、 低農薬のものを使うように」と書いてあります。私はそれを素直に 守っていたのですが、父は「心配があるのは自分も知っているので ようく流水でゴシゴシ洗い、一日水につけおき、3回煮こぼしてか ら味をつけている」「これくらいやれば大丈夫なのではないか」と いう意見です。さて、父の方法で作ったマーマレードは安全なもの といえるのでしょうか?それともやはり輸入ものは加工しない方が 無難なのでしょうか?


A.輸入の柑橘類の検査報告がありました。その中からオレンジの 部分を引用します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 検査項目      検出数/検体数 検出範囲 (使用基準)
チシベンダゾール     4/5 0.58〜3mg/kg (10mg/kg)
オルトフェニルフェノール 1/5 0.17mg/kg  (10mg/kg)
ジフェニル        0/5              (70mg/kg)
イマザリル        3/5 0.81〜10mg/kg(5mg/kg)

http://www.city.kawasaki.jp/35/35seiei/home/kennsahyou_2.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 やはり気になるところですね。ただ、このうち基準値を越えたも のがあるのはイマリザルだけで、あとは基準値以下です。

 検出していないものも、検出限界以下だったというだけですから、 実は基準値を越えているかどうかの方が問題です。

 全体としては心配するほどではないが、基準値を越えているもの もあるので、注意が必要といったところでしょう。

 ということで、私も輸入ではないものの方がイメージとしてはよ いと思います。お父さんの見解も、別に間違っているわけではなく て、そういう考えもありだと思います。このあたりは安全にかかわ るというより、趣味の問題だと考えた方がよさそうですね。


Q.1071 商店を経営していますが、カップ麺の賞味期限を2週間ほど過 ぎたものを売ってしましました。お客様の中にそれを食べて下痢が 止まらないとのことでクレームになりました。保存状態は悪くはな かったのですが、その程度でこのような症状がおきるのでしょうか? ちなみに家族や従業員間で期限切れを食べても特に問題が起きたこ とはありません。保健所に言われた場合、どのような問題になるの でしょうか?よろしくお願いいたします。


A.賞味期限を過ぎた商品があったのはまずかったですね。実際の 商品の変化には差がありますし、食べた人の健康状態なども様々で す。だから賞味期限はある程度の余裕を見て設定されています。

 ただ、インスタント麺は油が酸化する問題があって、半年程度の 賞味期限はそれほど余裕がなかったと思います。人によっては賞味 期限切れのインスタント麺で下痢をするのはありそうなことです。

 賞味期限は品質保証の意味があります。売った時点では大丈夫で も、家庭ですぐに食べないときもあります。開封した時が賞味期限 以内だったらメーカー側の責任で、それ以降だったら消費者側の責 任です。

 これは賞味期限以内に販売することが条件です。買った時点で賞 味期限が過ぎているときはメーカーではなく、販売者側の責任にな るのではないでしょうか。(気付かなかった消費者にも責任はあり そうですが。)

 売った時に2週間ほど過ぎていたのはわかっているようですので、 やはり責任はありそうに思います。クレームとして誠意ある対応を すべきところでしょう。行政や法的な問題は私にはわかりません。

 一般に販売者にとっては、クレームとその対応は、ピンチをチャ ンスに変えるよい機会です。誠意をもってがんばってほしいと思い ます。


Q.1070 先日スーパーでひじきを買ったのですが、何箇所かにカビのよ うなものが付着していました。たべてもだいじょうぶでしょうか? 買ってきた翌日で賞味期限内でした。ちなみにこの白いカビ状のも のは何ですか?


A.出し昆布にも白い粉がよくついていますね。これを気にする人 があまりいないのは、やはり慣れのせいでしょうか。ひじきだと気 になるようですね。

 この白い粉の説明は以下をごらんください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「乾燥ひじきに白いものが付着しているが、カビではないか」との 相談が寄せられました。実体顕微鏡で観察したところ,写真(右) のように針状結晶がみられたので、 FT-IR及びキャピラリー電気泳 動で調べたところ、マンニトールであることが確認されました。

 ひじきや昆布等の海藻類には旨み成分の一種であるマンニトール (マンニットとも呼ばれ、糖アルコールの一種)の結晶が析出して くることがあります、もちろん食べても大丈夫です。

http://www.fch.chuo.fukuoka.jp/dna/message/74_76.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


Q.1069 米国などからの輸入小麦粉を子供の頃からパンや麺類で摂取し 続けて来ましたが、今後も摂取し続けて行っても大丈夫と言えるで しょうか。私は最近は国内産の小麦粉を買っていますが、ホットケ ーキミックス粉は国内産小麦粉の製品が近所では手に入りません。 輸入小麦粉の殺虫剤・防腐剤の残留は、心配する必要の無い程度と 判断して良いのでしょうか。小学校の給食のパンを国内麦粉のパン に切り替える地方自治体も在るとインターネットでは見たのですが。


A.輸入小麦を食べてもよいかどうかというと、別に問題ないと考 えてよいです。ただし、これは絶対の安全性を保証するものではあ りません。何を原料にしようと、絶対に安全なものなどできません ので、とりあえず被害が出る恐れがなければよいとしようではあり ませんか。

 その上で、よりよいものを考えるのは悪いことではありません。 しかし出発点が、すぐにでも被害が出るように思う、誤解からです と、実はもっと危険な方に飛びついてしまったりします。

 ときどき、健康食品で被害を受けたニュースが出ていますが、そ ういう誤解と短絡的な発想が根本にあります。もっと情報を集め、 冷静に状況を判断していく知恵を身につけることが大切です。

 学校給食の件は具体的には知らないのですが、小麦産地で地元産 小麦の消費拡大をねらったものでしたら、よい考えですね。もし国 産でないと安全でないと思ってやったのなら、馬鹿げた考えです。


Q.1068 今、市販の野菜ジュースが流行っています。小瓶一本で1日分 の本当に直接野菜を食べるのと同じ価値があるのでしょうか?


A.メーカーはそう主張していますね。別にウソというわけでもな さそうです。でも、メーカーの宣伝を鵜呑みにする必要はないです。

 「価値」として同じだというのはおかしいと思います。食生活全 体で考えたとき、野菜を食べることと、野菜ジュースを飲むことで はやはり意味が違うでしょう。

 野菜ジュースを飲んだから、食事のときは野菜をとらなくてもよ い、というのはおかしいと思います。

 どうしても不足がちなので、他の飲料を飲むくらいなら野菜ジュ ースにしておくということなら、それで問題はありませんが、どう も気になるところです。 


Q.1067 水に関するものを読んだのですが、トリハロメタン、やはり少 し気になります。赤ちゃんに白湯や麦茶を与えていますが、沸騰し てすぐ止めていたので・・・。長時間沸騰とはどの位の時間なので しょうか?また、トチュウ茶にして飲んでいるとのことですが、そ れは沸騰してすぐのお湯を使っているのでしょうか?


A.住んでいる場所によって、多少は違うでしょうが、現在では基 本的に心配しなければならないほどトリハロメタンが含まれている 水道水はないと思います。

 もし、そういう水道があるときは、個人的な対処ではなく、行政 と市民がともに問題解決にむかわねばなりません。

 悪質な業者の宣伝がなくならないですが、そういう手にひっかか らないようにしましょう。

 日本の基準はWHOの基準よりかなりきびしく、実際の検出量は それよりさらに低い値になっています。ゼロではないので、絶対に 安全とはいえませんが、これを気にするのはもう病気の一種です。

 「短時間の加熱ではトリハロメタンはかえって増加する」という ことを気にされているのでしょうが、あまり気にすることでもない と思います。水道水中の有機物も塩素も、大量のトリハロメタンを 生成できるほど含まれているわけではありません。

 沸騰によるトリハロメタンの減少については、以下の記事を参考 にしてください。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 トリハロメタンは、加熱条件により多少異なりますがおおよそ5 分程度煮沸すればほとんど除去できます。また、活性炭入りの浄水 器でも低減できますが、除去能力は次第に低下しますので、メーカ ーの使用法に従い、定期的にカートリッジを交換してください。

http://www.pref.chiba.jp/suidou/suisitsu/situmon/toriharo.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 浄水器を売り込むためによくネタに使われますが、完全にトリハ ロメタンを取り除くことができる浄水器はないと考えてよいです。 安いものではほとんど効果がなく、高級品でも徐々に能力は低下し てきます。真水をつくる逆浸透膜を使えばほぼ除去できますが、こ れは喧嘩に戦車を持ち出すようなもので大げさすぎると思います。

 杜仲茶はお茶といっても麦茶のようなもので、10分ほど沸騰さ せないといけないので、面倒です。


Q.1066 残留塩素を検査する商品で「ミヒラーチオケトン」という名前 を目にしましたが、どのようなものなのでしょうか?


A.「チオケトン」というのは化学物質のグループで、「ケトン」 の炭素原子が硫黄原子に変わったものです。「ミヒラーチオケトン」 もそうした物質の一つで、試薬として使われているようですね。

 この物質を塩素と反応させて、量をはかる「ミヒラーチオケトン 法」という測定方法があるそうです。詳しいことは私にはわかりま せん。

 ところで、残留塩素というのはやはり水道水でしょうか?水道水 には残留塩素がなければいけないことになっていますので、塩素を はかることはあまり意味がありません。

 蛇口から出てきた水に残留塩素がなければ、これは大事件になり ます。ペルーだったと思いますが、水道に塩素を投入するのをやめ たせいで、コレラが発生したという事件がありました。

 もちろん塩素が多すぎるのもいけないのですが、臭いでわかりま すので、そうしたことは普通おこらないと思います。

 一般的に、残留塩素をはかることをすすめるのは、水関係の商品 を売る目的のことが多いので、少し気になりました。


Q.1065 近所の方から生のひじきをたくさんいただきましたが、保存方 法と消費期限を教えてください。ひ素が含まれているとの話を聞い たのですが、毎日食べるのはよくないのでしょうか?


A.ヒ素については、今回の他のQ&Aに書いています。ひじきは あまり大量に食べるものでも、毎日食べるものでもないです。でも、 もらったときには毎日食べても、一年中そうではないですから、心 配するほどではありません。

 保存方法は生のままならとりあえず冷蔵するのでしょうね。長期 間保存するのなら、乾燥させるのでしょうが、調理してから冷凍す るのもよいです。このあたりは常識的なところです。

 消費期限(賞味期限)については、いつも言っていますが、工場 でつくられて包装され、店で売られているものにつけるものです。 そうでないもの、例えば生鮮品とか、自分で調理した食べ物には賞 味期限はありません。

 ではどうやって判断するのかというと、自分で見て、臭いをかい で、味をみて判断するわけです。この程度の判断はできないと困り ます。


Q.1064 私は管理栄養士をしているのですが、最近ひじきについて質問 を受けました。ひじきを食べたいのだけど、海草の汚染が気になっ てあまり食べることが出来ないとのことでした。私はどこまで海草 類の汚染が広まっていて、それがどの程度人体に影響するのかが分 からなかったため、そのときは「気になるようでしたら選んでひじ きを購入さえれると良いと思います。」とお話ししました。私自身、 ひじきに関して汚染がこわいと思ったことがありませんでしたので。 海草の汚染、その影響等情報がありましたら教えて下さい。


A.海の汚染と「ひじき」がどうして結びついたのか、不思議なと ころがあります。他の海藻類や魚介類は心配ないのでしょうかね。

 ひじきについてだけ問題とされていることに、「ヒ素」の問題が あります。汚染一般ではなく、このことを気にされているのかもし れません。

 厚生労働省のサイトに以下のようなQ&Aがあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

Q.1 ヒジキについて、英国が発表した内容はどのようなもので すか。

A.1 英国食品規格庁(Food Standards Agency、FSA)は、 7月28日にヒジキを食べないように英国民に対して勧告を出しま した。その理由は、FSAの調査で、ヒジキに発ガンリスクの指摘 されている無機ヒ素が多く含有しているとの結果が得られたためと しています。

Q.2 ヒジキを食べることで、健康上のリスク(危険性)は高ま りますか。

A.2 平成14年度の国民栄養調査によれば、日本人の一日あた りの海藻摂取量は、14.6gですが、これは、海苔や昆布といった他 の海藻類を含んだ量です。海藻類の国内生産量、輸入量及び輸出量 から、海藻類のうちのヒジキの占める割合を試算したところ、6.1% であり、摂取量の割合もこれと大きな差はないと推定すれば、ヒジ キの一日あたりの摂取量は約0.9gとなります。

 一方、WHOが1988年に定めた無機ヒ素のPTWI(暫定的耐容週間摂 取量)は15μg/kg体重/週であり、体重50kgの人の場合、107μg/人 /日(750μg/人/週)に相当します。FSAが調査した乾燥品を水 戻ししたヒジキ中の無機ヒ素濃度は最大で22.7mg/kgでしたが、仮 にこのヒジキを摂食するとしても、毎日4.7g(一週間当たり33g) 以上を継続的に摂取しない限り、ヒ素のPTWIを超えることはありま せん。

 海藻中に含まれるヒ素によるヒ素中毒の健康被害が起きたとの報 告はありません。

 また、ヒジキは食物繊維を豊富に含み、必須ミネラルも含んでい ます。

 以上から、ヒジキを極端に多く摂取するのではなく、バランスの よい食生活を心がければ健康上のリスクが高まることはないと思わ れます。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2004/07/tp0730-1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 極端に多く食べない限り心配はないようですね。イギリスではも ともと海藻を食べる文化がなかったので、用心しているわけです。

 国によって基準が違うのは、背景の食文化が違うので、当然のこ とです。他国での情報は注意は必要ですが、必ずしも日本でも同じ というわけではありません。


Q.1063 最近、強い日差しのせいか?(年齢のせいか???)頬のしみ が目立つようになりました。サプリメントなどは全く信用していな かった私ですが、さすがに気になり粉末コラーゲンを飲み始めまし た。原材料はコラーゲンペプチド とだけ記入してあります。コラ ーゲンは体に存在するたんぱく質の一種なので、パソコンなんかで 調べると害はないと書かれていますが・・・どれもコラーゲンを販 売する会社のホームページばかりで、それが本当の情報なのか、そ れとも販売目的が主で、短所は記載されていないのか判断できませ ん。

 使用上の注意では、アレルギー体質、薬を服用中の方、お子様、 妊娠、授乳中の方は必ずお医者様に相談してくださいと書かれてい ます。ちなみに私が飲んでいるのは日本で購入したもので、毎朝、 ローズヒップなどのお茶に入れて飲んでいます。


A.コラーゲンはタンパク質ですから、アミノ酸に分解されてから 吸収されます。コラーゲンそのものが吸収されるわけではありませ ん。しががって、体内のコラーゲンは摂取したアミノ酸から作られ ています。

 「ペプチド」というのはタンパク質ほど大きくない、アミノ酸の 化合物です。「コラーゲンペプチド」というのは、コラーゲンをあ る程度分解して、消化吸収しやすくしているのでしょう。

 コラーゲンの構成アミノ酸をとるのは、少しはコラーゲン合成に 有利かもしれませんが、アミノ酸は他のタンパク質からも摂取して いますので、それほど重要ではないです。

 体内でコラーゲンを合成するとき、ビタミンCが必要です。ビタ ミンCの欠乏によって、壊血病がおこりますが、これはコラーゲン が不足してしまうことが原因です。したがって、コラーゲンを補う 目的なら、ビタミンCを摂取する方が効果的なはずです。

 ところで、「シミ」にコラーゲンが効くのでしょうか?もし、コ ラーゲンを摂取することで、体内のコラーゲンを増やしたとしても、 「シミ」には関係ないのではないかと思います。「シミ」というの は色素の問題ではないのでしょうか。このあたりはよくわかりませ んが、私としては疑問に思っています。


Q.1062 菓子製造〔餅、おはぎ等〕用の水として、水道水の水質が非常 に悪く、山間部の天然水を手当てしてもらい使用することを考えて おります。この記事にポリバケツでの保管について問題があるよう に書いてあり、迷っているところですが、ポリバケツで運搬してそ の水を3.4日保管して使用するといった場合に、品質に問題がな いのかどうか、あれば煮沸するとか何か方法等について教えていた だきたくお願い申し上げます。


A.まず、「天然水」が飲用に適するかという問題があります。茨 城県でおいしいからといって井戸水を飲んでいた人たちが、ヒ素の 被害を受けたことがありました。一見きれいに見えても、安全かど うかは別問題です。必ず検査が必要です。

 環境は常に変っていきますから、検査も一度限りではなく、常時 行う必要があります。「天然水使用」のビールなどでは、工場でそ ういう検査をしているはずです。

 水道水なら、供給側が常に検査しています。これに優る安全な水 を確保するのは極めて難しいと思います。

 ポリバケツにためておいた水が、水道水よりよいところがあると はとても思えません。水道水の何がよくないのかわかりませんが、 よくない原因があるとすれば、それを取り除くことを考えてはいか がでしょうか。

Q.1061 「食塩無添加」の表記を考える場合、「酵母エキス」や「たん 白加水分解物」の精製時に生じる「塩」は、食塩の添加と見なされ るのでしょうか?元々の基原原料自体に含まれる「塩」に関しては、 食塩の添加とは見なされないと考えますが…


A.食塩は食品添加物には入っていないです。したがって、食塩そ のものを使ったとき以外は、表示の必要はないと思います。

 いろんなものにそれぞれに塩分が含まれていますので、全体の塩 分を表示することが多くなっています。その際、具体的にどの原料 に由来したものかは問題にされていません。

 また、食品添加物は使用量が少ないので、その中に不純物として 含まれる食塩の量は、全体の塩分に影響することはほとんどありま せん。誤差程度ではないでしょうか。

 「食塩無添加」の表記は実際にしているものがあるのでしょうか? 意味のない表記ですし、誤った情報を与えてしまう、不正表示の一 種だと思います。そもそも食塩は添加物ではありませんから、語義 そのものが間違っています。

 塩分について語るなら、全体の塩分量以外は無意味です。


Q.1060 ニンニクから発芽した芽の部分には毒性があるのでしょうか? また、あるならどんなものですか??


A.「ニンニクの芽」という野菜があります。普通に売っているニ ンニクとは品種は違うのでしょうが、ニンニクの芽を大きくして食 べることには違いないですね。

 ということは別に毒性はないと考えてよいと思います。

 芽の部分は焦げやすいし、色も違うので、芽が出てきたら取って 使うのが普通だと思いますが、気にしない人はそのまま使ってしま うそうです。


Q.1059 コゲには発がん性物質がありますが、食べても全然大丈夫と聞 きました。それは本当ですか


A.タンパク質が焦げると発ガン物質ができるという説が有力です。 だから真っ黒に焦げたものは食べない方がよいとされています。

 ただし、程度の問題ですので、普通に食べている限り、心配する ほどではありません。

 私たちの周りには発ガン物質はたくさんあります。タバコなどの ようにわざわざ発ガン物質をとるのは間違っていますが、普通の食 事に含まれるわずかな発ガン物質については、あまり気にしても仕 方ないと思います。


Q.1058 海外在住の者です。チャイナタウンが近いため、よく(ほぼ毎 日)東南アジア系の袋に入った即席めんを食べているのですが、タ イやベトナム、インドネシアなどの食品衛生の基準や食品添加物の 安全性が心配です。以前、東南アジア系の即席めんから発がん性の ある物質もしくは日本の基準を大幅に超えた濃度のダイオキシンが 検出された、などと聞いたことがあるのですが、このまま食べ続け て大丈夫でしょうか。MSGも相当の量が入っていると聞きました。


A.ほぼ毎日というのはちょっと多いですね。国によって基準は違 いますが、普通に食べていて問題があるようなものは売っていない はずです。

 即席めんの心配なところは油の酸化です。古くなった即席めんは 食べない方がよいです。賞味期限表示などは確認しておいてくださ い。油が酸化していれば、味でわかると思いますが。

 いずれにせよ、同じような食べ物を毎日食べるというのはあまり 感心したことではありません。海外での生活はいろいろとたいへん でしょうが、食生活には特に要注意です。基本的に現地の人と同じ ような食事がよいという説もありますが、好みの問題もあって、難 しいでしょうね。


Q.1057 無添加のパンを買って食べてたのですが、乳化剤(レシチン)と あるのですが、これはどんなものですか?害があるのでしょうか? どんな働きをしているのでしょうか?


A.乳化剤を使っていて「無添加」というのは困ったものですね。 こういう表示をしているものは、他の点でも信用できないと思った 方がよいです。

 たぶん「防腐剤を使っていません」程度のことなのでしょうが、 そんなものは珍しくもありません。

 乳化剤を使用するのはこんな効果をねらってのことです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 乳化剤を使うことによってパンの水分を保持し、長時間にわたっ て柔らかさを保つことができます。

http://www.kobeya.co.jp/qa/qa_1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 引用したのは「神戸屋」のサイトの記事です。ご質問の「無添加 パン」のメーカーはは神戸屋よりも劣ると考えてください。

 レシチンは大豆などからとる成分で、乳化剤として広く使われて います。安全性については別に問題ありません。


Q.1056 ショウガやタマネギ、大根すり等のいわゆる香辛料となるもの には、どれくらいの抗菌(殺菌、静菌)効果があるのでしょうか?シ ョウガエキス入りのたれなどいわゆる香辛料となるものが多く入っ たものは、香辛料が入っていないものより保存性が高いのでしょう か?


A.香辛料というのは昔は防腐効果も期待されていたのだそうです。 現在ではその有効成分を抽出して使われています。いちばんよく見 るのはワサビを使ったシートですね。これは食品添加物ではなく、 刺身の上にのせているシートにワサビの有効成分を含ませたもので す。

 香辛料が食品に含まれているからといって、保存性が高くなると いう期待はしない方がよいと思います。というのは、これらの有効 成分はだいたい揮発性のもので、時間がたつと失われていくからで す。

 前述のワサビシートも、仕出し弁当などではかなりの効果を発揮 しますが、数時間という単位のものです。決して何日ももつわけで はありません。

 厳密に比較すると、香辛料入りの方が保存性がよいという議論も 成り立つかもしれませんが、実際問題としては意味がない程度しか 違わないだろうというのが私の予想です。

 保存性を高めるのは、製造時の衛生管理を徹底して、含まれる菌 数をおさえること、密閉包装すること、そして低温管理です。


Q.1055 アルカリイオン整水器にミルクや薬は「浄水」で、と書かれて いますが、アルカリイオン水で飲む事は何らかの弊害があるのでし ょうか?


A.「ミルク」というのはたぶん「粉ミルク」を溶かすときのこと でしょうね。

 アルカリイオンというのはカルシウムやマグネシウムなどの金 属イオンです。これらを赤ちゃんに大量に摂取させるのは問題があり ます。

 また、薬も普通の水と一緒に飲むのが前提です。薬の種類によっ てはこれらのイオンが弊害をもたらす可能性があるということなの でしょう。

 安全面からいうと、このような金属イオンの多い水を日常的に飲 むのはやはりリスクがともなうということだと思います。


Q.1054 妊娠2ヶ月ですが、毎日自分で作ったカスピ海ヨーグルトと、 煎った黒豆(少し焦げて苦い)を食べています。両方とも胎児に影 響が出ると言う事はないでしょうか?


A.別に心配することはなんと思います。「煎った黒豆」というの はおもしろいですね。おいしいのでしょうか。

 「カスピ海ヨーグルト」は自家製でしょうか。微生物の勢力図は 変化していきますので、ずっと同じ状態でいることはないと思いま す。現在、どのような状態になっているか知る方法がありませんの で、安全とはいえないです。でも胎児に影響が出るというのも考え にくいのでは?などと思います。

 赤ちゃんは案外丈夫で、何事もなく生まれてくるものです。食事 内容が偏らないようにすること、あまり気にしすぎないことくらい が注意点でしょうか。


Q.1053 天然の材料(かつお・昆布)などを使用した天然ダシの賞味期 限が知りたいのですが。天然ダシの賞味期限を引き伸ばす方法(天 然の塩を入れるとか)宜しくお願いします。 


A.これは自分で作ったものなのでしょうか?市販されているもの なら、賞味期限の表示がありますが、もし自分で作ったものなら、 賞味期限はありません。

 自分で調理した食べ物は、「食べられるうちは食べられる」とい う、簡単な原理に従います。店で売っているものは、どのようにし て作り、保管・流通してきたかわかりにくいので、メーカーが賞味 期限を保証することになっています。

 自分で調理したものなら、いつ、どのようにして作ったかわかっ ていますから、まだ食べられるかどうかは自分で判断がつくという わけです。判断がつかない場合は作ってすぐに食べてしまうように しましょう。

 「だし」の保存は発生してくる微生物をどうして抑えるかという ことになります。高温または低温にしてやるのが一番よいですね。 高温にしておくと微生物の繁殖は完全に抑えられます。しかし時間 がたつと煮詰まってきたり、味がかわったりしますので、長時間な ら冷蔵の方がよいでしょう。冷凍してしまうのが一番長く保存でき る方法です。

 何かを添加して保存期間を延ばすのはおすすめできません。塩な どは味を変えてしまいます。味を変えないで保存期間を延ばすなら、 保存料のようなものが必要ですが、素人がそんなものを使うことは 危険です。絶対にやめましょう。


Q.1052 JAS有機の認定を受けている原産地の農園で生産された紅茶 を輸入し、レストランなどに卸した場合、そのレストランでメニュ ーにオーガニックと表示することは出来ますか?


A.JASの認定を受けいてるということは国内なのでしょうか? 紅茶は加工品なので、農園だけでなく、工場も認定を受ける必要が あると思います。

 紅茶に認定マークがついているときは、そのあたりも解決してい るはずですから、レストランでそういう表示をすることは問題ない と思います。でも、「オーガニック紅茶使用」とかいう表示になる でしょうね。


Q.1051 レトルト食品を家庭で食べる際に、包装袋に加熱時間が記載さ れています。例えば、「熱湯で5分間加熱するように・・・」とい うように書かれたカレーがあります。その場合、家族の者は、たっ ぷり水を入れた鍋にカレーの袋を入れてお湯が沸騰してから5分間 じっくり加熱を続けてから食べており、包装紙に書かれている限り、 そうするべきものであると理解しております。一方、私は本来レト ルト食品は調理済みのはずですから、一旦温まってしまえば食べら れるものと考えて、ガスの節約のためにも、小さな手鍋にぬる目の お湯の状態の鍋に入れておいて、沸騰した頃には充分加熱がされた ものと考えて、すぐに鍋のガスを切って食べますが、期待通りに充 分加熱されていておいしく食べられます。このように、私と家族で 意見が分かれていますが、ガスの節約のためにやっているやり方は、 メーカーが想定しているレトルト食品の本来の調理法ではないので しょうか。やはり、包装紙に記載された加熱時間の数値には、何ら かの意味が込められているのでしょうか。


A.レトルトカレーはカレーを煮込んだあと、さらにレトルト殺菌 しているものですから、加熱しないでも食べることは可能です。

 加熱しないとおいしくないので、完全に温まってから食べてくだ さい、という意味の加熱時間です。したがって、おいしく食べられ る程度に温まっていれば問題ありません。

 お湯の量や加熱をはじめる前に沸騰していることなどは別に必要 な条件ではありません。「沸騰したお湯に5分間」というのは、誰 がやっても絶対に失敗しないための条件です。

 したがって、ご質問のやり方でおいしく食べられるなら、全く問 題ないです。ただし、結果として時間が短くて、完全に加熱されて いない可能性はあります。中身のカレーは熱が伝わりにくくて、一 部に温度が低いままのときがありますので、ご注意ください。

 レトルトカレーの加熱時間は昔は3分だったのに、しらないうち に5分になってしまいました。中身が贅沢になった分、温まりにく くなったのでしょうか。

 私は水とレトルトカレーを小さな鍋に入れ、5分間加熱するので 充分だと思っています。