安心!?食べ物情報>食べ物情報(3)酒・飲料など>水

トップページ
Index

宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス
宮沢賢治の童話と詩が読めるサイトです。

ここは「禁煙サイト」です。喫煙中の閲覧はご遠慮ください。
質問・意見などをお寄せください。
お名前
メールアドレス
<メッセージ>

食べ物情報(3)酒・飲料など


【本の紹介】

「水道水 安心しておいしく飲む最新常識」
   小島貞男 著 宙(おおぞら)出版

 著者は有名な水道の技術者です。小島さんの本を読むと、「技術 者」と「科学者」の違いを感じるのですが、この本でも、きわめて 実際的な、水についての知識が語られています。

 目からウロコ、の話が多いのですが、いくつか拾ってみました。

【塩素】

 水道水に塩素が含まれていることは知っていましたが、「殺菌の ため」程度に思っていました。著者は外国に行くと、ホテルの水道 水の「残留塩素」を調べるそうです。水道水が汚染されると、この 塩素が消費されてしまい、残留しなくなるそうです。つまり、残留 塩素が検出されれば、水道水が汚染されていない証拠ということで す。


【硬度】

 水の硬度(ミネラル含有量)をしらべ、200(ミリグラム/リ ットル)以下だったら、下痢することはないそうです。前記の塩素 とこの硬度のチェックで、「残留塩素あり、硬度200以下」だっ たら、生で飲んでも大丈夫!と著者は言っています。「外国では水 を生で飲んではいけない」のはどうして?と疑問に思っていました が、これで長年の疑問が解決しました。


【おいしい水】

 著者は「おいしい水は安全な水」と主張していますが、どんな水 がおいしいか、という要件は以下のとおりです。

蒸発残留物  30〜200ミリリットル/リットル
硬度     10〜100  〃
遊離炭酸    3〜30   〃
過マンガン酸カリウム消費量  3ミリグラム/リットル以下
臭気度    3以下(普通の人は感じない程度)
残留塩素   0.4ミリグラム/リットル以下
水温     20度以下

 ここで、「水温」が登場していることに注目してください。著者 によると、冷やした水道水は、生ぬるいミネラルウォーターより、 おいしいそうです。一度試してみてください。


【浄水器】

 現在、売られている浄水器は、使い方さえ間違わなければ、十分 な性能を持っているとのことです。注意点として、

(1)水を勢いよく出さない。浄水器を使うときは蛇口を全開にす ると、水の流れが速くなって、浄化しきれない。

(2)浄水器の水は塩素を含まないので、冷蔵庫でも、保存しては いけない。

(3)浄水器のカートリッジの寿命は通した水量によるので、直接、 飲んだり、食べたりする水以外は浄水器を通さない。

 実際に飲んだり、料理に使ったりする水は、水道水の1%以下だ そうです。そういえば、水洗トイレにも、庭の水やりにも、水道の 水を使いますが、このような水が「おいしい水」である必要はあり ませんね。

 著者は、費用をかければ、もっとおいしくて、安全な水ができる といっていますが、1%以下の飲用、食用の水のために、全部の水 道水をこのような高度な浄水にするのは不合理だともいっています。

 提案として、水道水は今の程度で十分とし、食用として、各家庭 で、高能力の浄水器を備えるのが良い、としています。そういわれ てみると、確かにこの案は合理的です。

 でも、そうなると、「健康に良い浄水器」なんかを売り込みに来 る人がきっと現れるんでしょうね。全部の家庭に、浄水器とはこの ようなもの、という知識を普及させるのは難しい問題です。

 著者は「水道局による一括の設置・管理」まで考えているようで すが、こんなことまで行政に面倒を見てもらわなければならないほ ど、日本人は程度が低いのか、とも思います。


【ミネラルウォーター】

 日本のミネラルウォーターと外国(特にヨーロッパ)のミネラル ウォーターとでは、ずいぶん中味が違うそうです。ヨーロッパでは、 厳重に管理された、無菌の水を、殺菌せずに容器に入れているもの が多いとのこと。また、硬度も高いようです。

 日本のものは、硬度の低い水を、加熱殺菌しています。「ミネラ ルウォーター」というと、看板に偽りあり、になりそうです。

 私の知っている、あるミネラルウォーターのメーカーでは、温泉 水(1300メートルの深さから汲み上げたもの)を原水にしてい ますが、そのままでは硬度が高すぎて、飲めないのです。

 製造時に、加熱殺菌として、いったん沸騰させると、硬度はすご く下がって、ちょうどよいくらいになるのだ、と言っていました。

 しかし、無殺菌のミネラルウォーターがあったとは、知りません でした。


【水の色】

 水道水の異常で、

「赤い水」鉄製パイプの赤サビが原因のことが多い。

「白い水」しばらく放置して、透明になったら、空気が泡になって いただけなので、異常なし。濁ったままだったら、「亜鉛引き鋼管」 の亜鉛が溶けてきたもの。

「青い水」銅が溶けています。銅管は湯沸し器などに使われていま す。銅は別に毒ではありません。

 著者は、「朝一番の水道水は飲むな」といっていますが、朝一番 には、このように、いろんな成分が溶けて水道水に混じっているこ とが多いそうです。夜、寝る前に汲み置きしておくのがよいそうで す。


★このページのトップへ★